図面 (/)

技術 被排出媒体排出装置、被排出媒体搬送装置及び電子機器

出願人 セイコーエプソン株式会社
発明者 井上恵介中澤済
出願日 2006年7月13日 (13年8ヶ月経過) 出願番号 2006-192592
公開日 2008年1月31日 (12年1ヶ月経過) 公開番号 2008-019058
状態 未査定
技術分野 付属装置、全体制御 堆積物収容具
主要キーワード 面取り部位 外観デザイン性 JIS規格 挿抜動作 配置部位 被搬送媒体 ペーパーサポート 略矩形板
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2008年1月31日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (4)

課題

小サイズの被排出媒体が排出される排出口の部分の空間を広くして、当該被排出媒体の取り出し性を向上させた被排出媒体排出装置及びその被排出媒体排出装置を備えた被排出媒体搬送装置並びにその被排出媒体搬送装置を備えた電子機器を提供すること。

解決手段

被排出媒体が排出される前面開放された排出口131における一方側の上部に配設され、前記被排出媒体に関する所定の処理を実行する処理実行部132と、前記処理実行部の配置部位を除く前記排出口を開閉自在となるように配設され、排出される前記被排出媒体を積載するスタッカ部133とを備える。これにより、排出口の空間を狭くする処理実行部を排出口における一方側の上部に移動させたので、排出口における他方側は広い空間を確保することができ、排出される被排出媒体が小サイズであっても当該被排出媒体をユーザは容易に手を差し込んで取り出すことができる。

概要

背景

一般に、電子機器の1つである記録装置は、背面側から給紙される用紙を搬送しつつ記録し、記録完了した用紙を前面側に排紙する。このような記録装置には、排紙口から排紙される用紙を積載するためのスタッカが配設されている。このスタッカは、略矩形板状に形成されて排紙口の下部で回動自在に軸支持されており、使用時は排紙される用紙を積載するために排紙口の下部から前方に向かって突き出た状態に回動され、不使用時は設置スペースを節約するため及び排紙口の内部への塵や埃等の侵入を防止するために排紙口を覆って塞いだ状態に回動される。

また、デジタルカメラ等による撮影画像電子データが格納されたメモリカード挿抜可能なスロットを備えた記録装置がある。このメモリカードのスロットは、ユーザによるメモリカードの挿抜動作が容易となるように、通常は排紙口の上部に配置されている。そして、メモリカードのスロットへの静電気の飛びの防止や塵や埃の侵入を防止するため、下部にて回動自在に軸支持されたカバーで覆われている。このような記録装置であれば、パーソナルコンピュータを接続しなくても、スロットにメモリカードを差し込むことにより撮影画像を直接記録することができる(特許文献1参照)。

特開2005−59295号公報

概要

小サイズの被排出媒体が排出される排出口の部分の空間を広くして、当該被排出媒体の取り出し性を向上させた被排出媒体排出装置及びその被排出媒体排出装置を備えた被排出媒体搬送装置並びにその被排出媒体搬送装置を備えた電子機器を提供すること。被排出媒体が排出される前面開放された排出口131における一方側の上部に配設され、前記被排出媒体に関する所定の処理を実行する処理実行部132と、前記処理実行部の配置部位を除く前記排出口を開閉自在となるように配設され、排出される前記被排出媒体を積載するスタッカ部133とを備える。これにより、排出口の空間を狭くする処理実行部を排出口における一方側の上部に移動させたので、排出口における他方側は広い空間を確保することができ、排出される被排出媒体が小サイズであっても当該被排出媒体をユーザは容易に手を差し込んで取り出すことができる。

目的

本発明は、上記のような課題に鑑みなされたものであり、その目的は、小サイズの被排出媒体が排出される排出口の部分の空間を広くして、当該被排出媒体の取り出し性を向上させた被排出媒体排出装置及びその被排出媒体排出装置を備えた被排出媒体搬送装置並びにその被排出媒体搬送装置を備えた電子機器を提供することにある。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

被排出媒体を排出する被排出媒体排出装置であって、前記被排出媒体が排出される前面開放された排出口における一方側の上部に配設され、前記被排出媒体に関する所定の処理を実行する処理実行部と、前記処理実行部の配置部位を除く前記排出口を開閉自在となるように配設され、排出される前記被排出媒体を積載するスタッカ部とを備えたことを特徴とする被排出媒体排出装置。

請求項2

前記排出口における他方側の上部に位置する部位が、面取り加工されていることを特徴とする請求項1に記載の被排出媒体排出装置。

請求項3

前記面取り部位を覆う面取り被覆部が、前記スタッカ部に設けられていることを特徴とする請求項は2に記載の被排出媒体排出装置。

請求項4

前記スタッカ部が閉じたときに前記排出口における上部を覆う上部被覆部と前記処理実行部とは、対称配置されていることを特徴とする請求項1〜3の何れか一項に記載の被排出媒体排出装置。

請求項5

前記処理実行部は、前記被排出媒体に関する所定のデータが書き込まれた記録カード挿抜可能なカードスロット部であることを特徴とする請求項1〜4の何れか一項に記載の被排出媒体排出装置。

請求項6

前記被排出媒体は、前記排出口における他方側の端部を基準に排出されることを特徴とする請求項1〜5の何れか一項に記載の被排出媒体排出装置。

請求項7

被搬送媒体を搬送して排出する被排出媒体搬送装置であって、請求項1〜6の何れか一項に記載の被排出媒体排出装置を備えたことを特徴とする被排出媒体搬送装置。

請求項8

請求項7に記載の被排出媒体搬送装置を備えたことを特徴とする電子機器

技術分野

0001

本発明は、被排出媒体を排出する被排出媒体排出装置及びその被排出媒体排出装置を備えた被排出媒体搬送装置並びにその被排出媒体搬送装置を備えた電子機器に関する。

背景技術

0002

一般に、電子機器の1つである記録装置は、背面側から給紙される用紙を搬送しつつ記録し、記録完了した用紙を前面側に排紙する。このような記録装置には、排紙口から排紙される用紙を積載するためのスタッカが配設されている。このスタッカは、略矩形板状に形成されて排紙口の下部で回動自在に軸支持されており、使用時は排紙される用紙を積載するために排紙口の下部から前方に向かって突き出た状態に回動され、不使用時は設置スペースを節約するため及び排紙口の内部への塵や埃等の侵入を防止するために排紙口を覆って塞いだ状態に回動される。

0003

また、デジタルカメラ等による撮影画像電子データが格納されたメモリカード挿抜可能なスロットを備えた記録装置がある。このメモリカードのスロットは、ユーザによるメモリカードの挿抜動作が容易となるように、通常は排紙口の上部に配置されている。そして、メモリカードのスロットへの静電気の飛びの防止や塵や埃の侵入を防止するため、下部にて回動自在に軸支持されたカバーで覆われている。このような記録装置であれば、パーソナルコンピュータを接続しなくても、スロットにメモリカードを差し込むことにより撮影画像を直接記録することができる(特許文献1参照)。

0004

特開2005−59295号公報

発明が解決しようとする課題

0005

従来の記録装置は、デザイン上の観点から前面側から見て左右対称となるように各構成部が配置されており、メモリカードのスロットを覆うカバーは、排紙口の中央に配置されている。ところが、排紙される用紙が例えば名刺のような小サイズの場合、ユーザは排紙口から手を差し込んで当該用紙を取り出す必要があるが、上記カバーが配置されている場所は手を差し込む空間が狭くなり、特にカバーが開状態のときは更に手を差し込む空間が狭くなるので、当該用紙の取り出し性が悪化する。

0006

本発明は、上記のような課題に鑑みなされたものであり、その目的は、小サイズの被排出媒体が排出される排出口の部分の空間を広くして、当該被排出媒体の取り出し性を向上させた被排出媒体排出装置及びその被排出媒体排出装置を備えた被排出媒体搬送装置並びにその被排出媒体搬送装置を備えた電子機器を提供することにある。

課題を解決するための手段

0007

上記目的達成のため、本発明の被排出媒体排出装置では、被排出媒体を排出する被排出媒体排出装置であって、前記被排出媒体が排出される前面開放された排出口における一方側の上部に配設され、前記被排出媒体に関する所定の処理を実行する処理実行部と、前記処理実行部の配置部位を除く前記排出口を開閉自在となるように配設され、排出される前記被排出媒体を積載するスタッカ部とを備えたことを特徴としている。これにより、排出口の空間を狭くする処理実行部を排出口における一方側の上部に移動させたので、排出口における他方側は広い空間を確保することができ、排出される被排出媒体が小サイズであっても当該被排出媒体をユーザは容易に手を差し込んで取り出すことができる。

0008

また、前記排出口における他方側の上部に位置する部位が、面取り加工されていることを特徴としている。これにより、排出口における他方側にユーザが手を差し込んだときに、当該上部に位置する部位との接触を回避することができるので、排出される被排出媒体が小サイズであっても当該被排出媒体をユーザは更に容易に手を差し込んで取り出すことができる。また、前記面取り部位を覆う面取り被覆部が、前記スタッカ部に設けられていることを特徴としている。これにより、スタッカ部を閉じたときに面取り部位を隠すことができるので、外観デザイン性を向上させることができる。また、前記スタッカ部が閉じたときに前記排出口における上部を覆う上部被覆部と前記処理実行部とは、対称配置されていることを特徴としている。これにより、排出口の空間を狭くする処理実行部を排出口における一方側の上部に移動させても、外観デザイン性を損ねてしまうことは無い。

0009

また、前記処理実行部は、前記被排出媒体に関する所定のデータが書き込まれた記録カードが挿抜可能なカードスロット部であることを特徴としている。これにより、ユーザは小サイズの被排出媒体の取り出しのみならず、メモリカードの挿抜も容易に行うことができる。また、前記被排出媒体は、前記排出口における他方側の端部を基準に排出されることを特徴としている。これにより、特に小サイズの被排出媒体の排出を排出口における広い空間が確保された他方側へ集中させることができるので、当該被排出媒体をユーザは更に容易に手を差し込んで取り出すことができる。上記目的達成のため、本発明の被排出媒体搬送装置では、被搬送媒体を搬送して排出する被排出媒体搬送装置であって、上記各被排出媒体排出装置を備えたことを特徴としている。また、本発明の電子機器では、上記被排出媒体搬送装置を備えたことを特徴としている。これにより、上記各作用効果を奏する被排出媒体搬送装置又は電子機器を提供することが可能である。

発明を実施するための最良の形態

0010

本発明の実施形態について、図面を参照して説明する。尚、以下に説明する実施形態は特許請求の範囲に係る発明を限定するものではなく、また実施形態の中で説明されている特徴の組み合わせの全てが発明の解決手段に必須であるとは限らない。

0011

図1は、本発明の一実施の形態に係る被排出媒体搬送装置を備えた電子機器である記録装置の外観構成の全体を示す斜視図である。この記録装置はインクジェット式プリンタ100であり、例えば名刺、カード、L判/2L判、ハガキ、六切やJIS規格のA6判からA4判までのサイズの用紙(被排出媒体、被搬送媒体)と、例えばCD−R(Compact Disc−Recordable)やDVD−R(Digital Versatile Disc−Recordable)等の光ディスクレーベル面に記録することができる機能を備えている。このインクジェット式プリンタ100は、全体が略直方体状ハウジング101で覆われている。ハウジング101の上面における前面(以下、「前面」は図1に示す設置状態のときの前面をいう)側には操作部110が配設され、ハウジング101の上面における背面(以下、「背面」は図1に示す設置状態のときの背面をいう)側には給紙部(被排出媒体搬送装置)120が配設されている。そして、ハウジング101の前面側には、本発明の特徴的な部分である排紙部(被排出媒体排出装置、被排出媒体搬送装置)130が配設されている。尚、ハウジング101の内部には、用紙を給紙部120から図示しない記録部を通して排紙部130へ搬送する図示しない搬送部(被排出媒体搬送装置)が配設されている。

0012

操作部110は、略矩形状の操作パネル111を備え、この操作パネル111の略中央部に操作状態等を表示する液晶表示パネル112が装着され、この液晶表示パネル112の両側にパワーオンオフするパワー系、用紙の頭出し等を操作したりインクフラッシング等を操作する操作系、画像処理等を行う処理系等の複数のボタン113が配設されている。ユーザは、液晶表示パネル112を見て確認しながら各種のボタン113を操作することができるので、誤操作を防止することができる。給紙部120は、上方に向かって矩形状に開口した給紙口121を開閉する機能及び給紙する用紙を1枚もしくは複数枚サポートする機能を併せ持ったペーパーサポート122を備えている。ペーパーサポート122は、後端回転軸を中心に図示矢印a方向に回動可能に取り付けられている。ユーザは、インクジェット式プリンタ100を使用又は不使用のときは、ペーパーサポート122の両側に指を掛けてペーパーサポート122を回転させて給紙口121を開閉することができるので、用紙の差し入れを容易に行うことができ、また給紙口121内への埃の侵入を防止することができる。

0013

排紙部130は、前方に向かって矩形状に開口した排紙口(排出口)131における上部に配設されたメモリカードスロット部(処理実行部)132と、このメモリカードスロット部132の配置部位を除く排紙口131を開閉する機能及び排紙される用紙を1枚もしくは複数枚スタックする機能を併せ持ったスタッカ部133を備えている。メモリカードスロット部132は、複数のスロット132b(図3参照)が形成され、複数種類のメモリカードに対応可能に構成されている。そして、各スロット132bは、図示矢印b方向に開閉自在なカバー132aで覆われている。ユーザは、インクジェット式プリンタ100をパーソナルコンピュータに接続しなくても、インクジェット式プリンタ100単独の状態でメモリカードスロット部132のスロット132bにメモリカードを差し込むのみで、メモリカードに格納されている画像等のデータが読み出され、当該画像等を用紙に記録することができる。また、排紙口131の上部に配設されているため、カバー132aを下方に向けて開け易く、かつスロット132bに対するメモリカードの抜き差しが容易になる。スタッカ部133は、下端回動軸を中心に図示矢印c方向に回動可能に取り付けられている。ユーザは、インクジェット式プリンタ100を使用又は不使用のときは、スタッカ部133の上部に指を掛けてスタッカ部133を回動させて排紙口131を開閉することができるので、セッティングを容易に行うことができ、また排紙口131内への埃の侵入を防止することができる。更に、記録後の用紙は常に前面側から排紙されるので、ユーザは用紙を容易に取り出すことができる。

0014

ここで、課題においても説明したように、排紙される用紙が例えば名刺のような小サイズの場合、ユーザは排紙口131から手を差し込んで当該用紙を取り出す必要がある。ところが、従来のメモリカードのスロットを覆うカバーは、デザイン上の観点から前面側から見て左右対称となるように排紙口の中央に配置されているため、手を差し込む空間が狭くなる。特に、カバーが開状態のときは更に手を差し込む空間が狭くなるので、当該用紙の取り出し性が悪化する。そこで、このような課題を解消するために、本実施形態は以下のように構成されている。

0015

図2(A)、(B)は、上記排紙部130を前面左側から見たときのスタッカ部133の開閉状態を示す斜視図、図3(A)、(B)は、図2(A)、(B)の平面図である。メモリカードスロット部132は、インクジェット式プリンタ100の前面側の排紙口131における図示中央上部ではなく、排紙口131における図示左側上部に移動させて配設されている。そして、スタッカ部133は、排紙口131における図示右側上部からその下部全体、即ちメモリカードスロット部132の配置部位を除く排紙口131全体を開閉自在となるように配設されている。このような構成によれば、スタッカ部133を回動させて排紙口131を開いたときには、メモリカードスロット部132は排紙口131における図示左側上部に位置しているため、排紙口131を図示右側上部からその下部全体にかけて大きく開口させて広い空間を確保することができる。よって、排紙される用紙が例えば名刺のような小サイズの場合であっても、ユーザは排紙口131から手を差し込んで当該用紙を容易に取り出すことができ、当該用紙の取り出し性を向上させることができる。更に、このインクジェット式プリンタ100は、前面側から見て右端部に用紙の給紙及び排紙の基準面を形成し、この基準面に用紙の右側縁を沿わせて給紙及び排紙を行うように構成されている。よって、小サイズの用紙の排紙を広い空間が形成されている右端部に集中させることができるので、ユーザは更に容易に排紙口131から手を差し込んで当該用紙を取り出すことができる。

0016

また、メモリカードスロット部132は、カバー132aが閉じられた状態ではインクジェット式プリンタ100の前面側から見たときに矩形状に形成されて、排紙口131の図示左側上部を覆うように配置されている。従って、スタッカ部133は、閉じられた状態ではインクジェット式プリンタ100の前面側から見たときに排紙口131と略同一の矩形状であって、図示左側上部がメモリカードスロット部132と略同一の矩形状に切り欠かれた形状、即ち略逆L字状に形成されている。このスタッカ部133は、伸縮自在な2段構造となっている。即ち、スタッカ部133は、ハウジング101に回動自在に取り付けられた本体スタッカ133aと、この本体スタッカ133aの先端に対して引出収納自在な補助スタッカ133bを備えている。本体スタッカ133aは、上述した排紙口131における下部全体を覆うことが可能な略矩形状に形成され、補助スタッカ133bは、本体スタッカ133aに収納された状態では、上述した排紙口131における図示右側上部を覆うことが可能な形状に形成されている。即ち、補助スタッカ133bの先端部(上部被覆部)133baは、スタッカ部133が閉じられた状態ではメモリカードスロット部132の高さ方向の寸法と同一寸法を有する略矩形状に形成されている。従って、スタッカ部133が閉じたときの補助スタッカ133bの先端部133baとメモリカードスロット部132とは、対称配置となるので、メモリカードスロット部132を排紙口131における図示左側上部に移動させても、外観デザイン性を損ねてしまうことは無い。

0017

また、メモリカードスロット部132の図示左側は、メモリカードスロット部132の高さ方向の寸法と同一寸法でハウジング101が迫り出されている。そして、この左迫り出し部101aには、USB(Universal serial bus)コネクタ102が配設されている。そして、デザイン上の観点からインクジェット式プリンタ100の前面側から見て左右対称となるように、スタッカ部133が閉じられた状態での補助スタッカ133bの図示右側も、補助スタッカ先端部133baの高さ方向の寸法と同一寸法、即ちメモリカードスロット部132の高さ方向の寸法と同一寸法でハウジング101が迫り出されている。そして、この右迫り出し部101bにおける図示左側面の下角部101ba、即ち排紙口131側に向いた右迫り出し部101bの下角部101baは、C面取り加工されている。これにより、ユーザが排紙口131から手を差し込んだときに、右迫り出し部101bの下角部101baとの接触を回避することができ、あるいは接触しても線接触ではなく面接触となるので、ユーザは更に容易に排紙口131から手を差し込むことができる。そして、補助スタッカ先端部133baの図示右側面には、スタッカ部133が閉じられたときに、右迫り出し部101bの下角部101baを覆う図3(B)の拡大図に示すリブ(面取り被覆部)133bbが突設されている。これにより、スタッカ部133を閉じたときに右迫り出し部101bの下角部101baを隠すことができると共に、補助スタッカ先端部133baの前面と右迫り出し部101bの前面を面一とすることができるので、外観デザイン性を向上させることができる。

0018

以上のように、本実施形態の排紙部130を備えたインクジェット式プリンタ100によれば、前面開放された排紙口131における一方側の上部に配設され、用紙に関する所定の処理を実行するメモリカードスロット部132と、メモリカードスロット部132の配置部位を除く排紙口131を開閉自在となるように配設され、排紙される用紙を積載するスタッカ部133とを備えているので、排紙口131における他方側は広い空間を確保することができ、排紙される用紙が小サイズであっても当該用紙をユーザは容易に手を差し込んで取り出すことができる。また、排紙口131における他方側の上部に位置する右迫り出し部101bの下角部101baが、C面取り加工されているので、排紙口131における他方側にユーザが手を差し込んだときに、右迫り出し部101bの下角部101baとの接触を回避することができ、排紙される用紙が小サイズであっても当該用紙をユーザは更に容易に手を差し込んで取り出すことができる。尚、右迫り出し部101bの下角部101baは、C面取り加工ではなく、R面取り加工であっても同様の効果を奏する。

0019

また、右迫り出し部101bの下角部101baを覆うリブ133bbが、補助スタッカ先端部133baに設けられているので、スタッカ部133を閉じたときに右迫り出し部101bの下角部101baを隠すことができ、外観デザイン性を向上させることができる。また、スタッカ部133が閉じたときに排紙口131における上部を覆う補助スタッカ先端部133baとメモリカードスロット部132とは、対称配置されているので、排紙口131の空間を狭くするメモリカードスロット部132を排紙口131における一方側の上部に移動させても、外観デザイン性を損ねてしまうことは無い。尚、排紙口131における一方側の上部に移動させる処理実行部は、メモリカードスロット部132に限定されるものではなく、排紙口131の空間を狭くするものであれば同様に適用可能である。

0020

被排出媒体排出装置を備えた記録装置であれば、例えばファクシミリ装置コピー装置スキャナ等であっても適用可能である。また、記録装置に限らず、被排出媒体排出装置を備えた一般的な電子装置にも適用可能である。

図面の簡単な説明

0021

本発明の一実施の形態に係る被排出媒体搬送装置を備えた電子機器である記録装置の外観構成の全体を示す斜視図である。
図1の記録装置の排紙部を前面左側から見たときのスタッカ部の開閉状態を示す斜視図である。
図2の平面図である。

符号の説明

0022

100インクジェット式プリンタ、101ハウジング、101a 左迫り出し部、101b 右迫り出し部、101ba下角部、110 操作部、120 給紙部、130 排紙部、131 排紙口、132メモリカードスロット部、132aカバー、132bスロット、133スタッカ部、133a 本体スタッカ、133b補助スタッカ、133ba 先端部、133bb リブ

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • キヤノン株式会社の「 記録装置」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】 簡易な構成により、使用者に不快感を与えることなく、効率的に排気を行うことができる技術を提供する。【解決手段】 本発明に係る記録装置は、記録媒体に画像を記録する記録手段と、記録手段により画... 詳細

  • キヤノン株式会社の「 情報処理装置、制御方法及びプログラム」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】受信バッファに誤取り込みデータが格納されていたことを特定することを目的とする情報処理装置、制御方法及びプログラムを提供する。【解決手段】情報処理装置は、所定の記憶領域の第1のアドレスに格納され... 詳細

  • スター精密株式会社の「 印刷システム、カスタマディスプレイ、ホスト端末および印刷関連処理方法」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】印刷に関する処理からホスト端末を解放しつつ、印刷の実行状況に関して必要な情報をオペレータが把握できるようにする。【解決手段】カスタマディスプレイ200Aは、ホスト端末100から受信した購買に関... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ