図面 (/)

技術 カメラのパラメータ値を構成するための方法および装置

出願人 アクシスアーベー
発明者 マティアスカインドボルグハンスオルセンマイケルライヘンアウアー
出願日 2007年7月2日 (13年5ヶ月経過) 出願番号 2007-174132
公開日 2008年1月24日 (12年11ヶ月経過) 公開番号 2008-017476
状態 特許登録済
技術分野 閉回路テレビジョンシステム 選択的呼出装置(遠隔制御・遠隔測定用) 電話通信サービス
主要キーワード 照度減少 基準イメージデータ 遠隔制御通信 テストイメージ イメージ要求 回転値 データ通信インターフェース セキュリティ要員
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2008年1月24日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (12)

課題

異なる場所に設置された、監視カメラ等の複数のカメラから得られる画像を見易くするために、カメラからの入力データのパラメータ値再構成する方法を与える。

解決手段

複数のカメラからイメージデータを取得する。複数のカメラからのイメージデータをバッファリングする。複数のカメラからのバッファリングされたイメージデータを表示する。複数のカメラの第一の部分集合に関する少なくとも一つのパラメータ値を変更する。その後、少なくとも一つの変更されたパラメータ値を、複数のカメラの第一の部分集合に伝送する。複数のカメラの第二の部分集合からの変更されたイメージデータを取得する。複数のカメラの第二の部分集合に関するバッファリングされたイメージデータを、複数のカメラの第二の部分集合に関する前記変更されたイメージデータに置き換える。最後に、複数のカメラに関する保存されたイメージデータを表示する。

概要

背景

最近のセキュリティーシステムは、複数の監視カメラを含むことが多くなっている。監視カメラは、セキュリティ要員が、オフィスビル内の複数の階などの広い区域監視することを可能とする。

複数のカメラがある場合、複数のカメラから得られる画像の外観は、輝度鮮明度などに関して、実質的に同一となることが好ましいが、それは、監視作業をより楽にするためである。特に、人間の視覚にとっては、異なる外観をもつ複数の画像を分析するよりも、同一の外観をもつ複数の画像を分析するほうが、より楽なものとなる。

複数のカメラがある場合、これらのカメラは、異なる照明条件を持つ、異なる場所に設置されることが多く、このような場合、予め決められた設定では、最適な結果が得られないものとなる。さらに、これらのカメラは、例えば、異なるイメージセンサを有する、異なる種類のカメラで構成されることもあり、このような場合、予め決められた設定では、最適な結果を得ることはかなり難しいものとなる。

特許文献1には、像の照度減少の抑止(de-vignetting)、コントラストホワイトバランスの調整に関して、デジタル全方向性カメラの実用的なリアルタイム校正を行うことを開示している。また、デジタル全方向性カメラ設備色彩校正のための新しい解決方法と、画像の照度減少の抑止のための効果的な方法が示されている。さらに、パノラマ状あるいはモザイク状イメージを合成するための各目的に応じた方法も提示されている。
米国公開2003/0234866A1号公報

概要

異なる場所に設置された、監視カメラ等の複数のカメラから得られる画像を見易くするために、カメラからの入力データのパラメータ値再構成する方法を与える。複数のカメラからイメージデータを取得する。複数のカメラからのイメージデータをバッファリングする。複数のカメラからのバッファリングされたイメージデータを表示する。複数のカメラの第一の部分集合に関する少なくとも一つのパラメータ値を変更する。その後、少なくとも一つの変更されたパラメータ値を、複数のカメラの第一の部分集合に伝送する。複数のカメラの第二の部分集合からの変更されたイメージデータを取得する。複数のカメラの第二の部分集合に関するバッファリングされたイメージデータを、複数のカメラの第二の部分集合に関する前記変更されたイメージデータに置き換える。最後に、複数のカメラに関する保存されたイメージデータを表示する。

目的

上記に鑑み、本発明の目的は、上述した問題を解決すること、あるいは、少なくともそれらの問題を緩和することである。特に、本発明の目的は、複数のカメラに関するパラメータ値を構成するための方法を提供することにあり、本方法では、パラメータ値を再構成した後で、イメージフィードバックが行われる。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

複数のカメラ(100a〜100f)に関するパラメータ値を構成するための方法であり、前記複数のカメラ(100a〜100f)から複数のイメージデータを取得するステップであり、前記カメラは、前記カメラにより取得されたイメージデータの外観を調整するパラメータ値を保存するステップ(1000)と、前記複数のカメラからの前記イメージデータをバッファリングするステップ(1002)と、前記複数のカメラからの前記バッファリングされたイメージデータを表示するステップ(1004)と、前記複数のカメラの第一の部分集合(600/700/800/900)に関する少なくとも一つのパラメータ値を変更するステップ(1006)と、前記少なくとも一つの変更されたパラメータ値を、前記カメラの第一の部分集合(600/700/800/900)に伝送し、前記第一の部分集合の各カメラの前記少なくとも一つのパラメータ値の更新を可能とするステップ(1008)と、第一の部分集合のカメラを少なくとも含む前記複数のカメラ(100a〜100f)の第二の部分集合から、変更されたイメージデータを取得するステップ(1010)と、前記カメラの第二の部分集合(602/702/802/902)のために前記バッファリングされたイメージデータを、前記カメラの第二の部分集合に対する変更されたイメージデータで置き換えるステップ(1012)と、前記複数のカメラ(100a〜100f)の前記バッファリングされたイメージデータを表示するステップ(1014)とを含むことを特徴とする方法。

請求項2

請求項1記載の方法において、前記第一の部分集合(600)は、前記第二の部分集合(602)の部分集合であることを特徴とする方法。

請求項3

請求項1記載の方法において、前記第一の部分集合(700)は、前記第二の部分集合(702)の部分集合であることを特徴とする方法。

請求項4

請求項2又は3記載の方法において、前記第二の部分集合(802/902)は、前記複数のカメラ(100a〜100f)に等しいことを特徴とする方法。

請求項5

請求項1から4のいずれかに記載の方法において、前記変更するステップは、ユーザからのユーザ入力を受信するステップと、前記ユーザ入力に応じて、前記少なくとも一つのパラメータ値を変更するステップとを含むことを特徴とする方法。

請求項6

請求項1から4のいずれかに記載の方法において、前記変更するステップは、基準イメージデータを決定するステップと、前記基準イメージデータにもとづき補正値を計算するステップと、前記補正値に応じて前記少なくとも一つのパラメータ値を変更するステップとを含むことを特徴とする方法。

請求項7

請求項1から6のいずれかに記載の方法において、前記イメージデータの取得するステップは、イメージデータ要求を前記複数のカメラ(100a〜100f)に送るステップを含むことを特徴とする方法。

請求項8

請求項1から7のいずれかに記載の方法において、前記変更するステップは、予め決められたパラメータ値の組から、少なくとも一つのパラメータ値を取り出すステップを含むことを特徴とする方法。

請求項9

請求項8記載の方法において、前記予め決められたパラメータ値の組は、屋外条件に対応した予め決められたパラメータ値の組と、屋内条件に対応した予め決められたパラメータ値の組と、蛍光照明条件に対応した予め決められたパラメータ値の組、白熱光照明条件に対応した予め決められたパラメータ値の組と、赤外線照明条件に対応した予め決められたパラメータ値の組とからなるグループの中から選択されることを特徴とする方法。

請求項10

請求項8および9のいずれかに記載の方法において、前記取り出すステップは、ユーザからのユーザ入力を受信するステップと、前記ユーザ入力に応じて、前記予め決められたパラメータ値の組を取り出すステップとを含むことを特徴とする方法。

請求項11

請求項1から10のいずれかに記載の方法において、前記少なくとも一つのパラメータ値は、ホワイトバランス値と、コントラスト値と、回転値と、圧縮値と、鮮明度と、カラーバランス値とからなるグループの中から選択されることを特徴とする方法。

請求項12

請求項1から11のいずれかに記載の方法において、前記パラメータ値は、イメージデータの前記取得において、前記イメージデータとともに、前記複数のカメラ(100a〜100f)から取得され、イメージデータの前記表示において、前記イメージデータとともに表示されることを特徴とする方法。

請求項13

請求項1から12のいずれかに記載の方法において、前記イメージデータのバッファリング、前記イメージデータの表示、前記第一の部分集合に関する少なくとも一つのパラメータ値の変更、前記第二の部分集合からの変更されたイメージデータの取得、前記バッファリングされたイメージデータの前記第二の部分集合との置換え、および前記イメージデータの表示は、ユーザ受領信号がユーザから受信されるまで繰り返されることを特徴とする方法。

請求項14

処理装置(306)と、イメージデータを示すために構成されたディスプレー(300)と、入力装置(302)と、複数のパラメータ値を保存しイメージデータをバッファリングするために構成されたメモリ(308)と、複数のカメラ(100a〜100f)との間でデータ通信ネットワーク(102)を介して通信を行うために構成されたデータ通信インターフェース(310)とを含む装置とを含む装置(104)であり、前記処理装置(306)は、前記複数のカメラ(100a〜100f)からイメージデータを取得し、前記複数のカメラからの前記イメージデータを前記メモリ(308)にバッファリングし、前記複数のカメラからの前記バッファリングされたイメージデータを前記ディスプレー(300)に表示し、前記入力装置(302)の操作にもとづき前記複数のカメラの第一の部分集合(600/700/800/900)に関する少なくとも一つのパラメータ値を変更し、前記少なくとも一つのパラメータ値を前記カメラの第一の部分集合(600/700/800/900)に対して前記データ通信ネットワーク(102)を介して伝送し、前記複数のカメラの第二の部分集合(602/702/802/902)から前記データ通信ネットワーク(102)を介して変更されたイメージデータを取得し、前記カメラの第二の部分集合(602/702/802/902)に関する前記バッファリングされたイメージデータを前記メモリ(308)中の前記カメラの第二の部分集合(602/702/802/902)に関する前記変更されたイメージデータで置き換え、前記複数のカメラ(100a〜100f)の前記バッファリングされたイメージデータを前記ディスプレー(300)に表示するように、構成されていることを特徴とする装置。

請求項15

請求項14記載の装置(104)において、前記装置(104)は、パーソナルコンピュータ(PC)を含むことを特徴とする装置。

請求項16

請求項14記載の装置(104)において、前記装置(104)は、移動端末を含むことを特徴とする装置。

請求項17

請求項14から16記載の装置(104)において、前記処理装置(306)は、請求項1から13のいずれかに記載の方法を実行するように構成されていることを特徴とする装置。

請求項18

データ通信ネットワーク(102)を介して装置(104)に接続されたカメラ(100)のパラメータ値を構成する方法であって、前記カメラは、前記カメラによって取得されたイメージデータの外観を調整するパラメータ値を保存し、前記カメラにおいて、前記装置からのイメージデータ要求を受信し(1100)、前記イメージデータ要求の受信によって前記パラメータ値を用いてイメージデータを生成し(1102)、前記イメージデータを前記装置に伝送し(1104)、前記装置からパラメータ値変更要求を受信し(1106)、前記カメラに保存された前記パラメータ値の中の少なくとも一つのパラメータ値を、前記パラメータ値変更要求にもとづき変更し(1108)、変更すべき前記パラメータ値を用いて、変更するイメージデータを生成し(1110)、前記変更されたイメージデータを前記データ通信ネットワークを介して前記装置に伝送する(1112)ステップによることを特徴とする方法。

請求項19

処理装置(204)と、複数のパラメータ値を保存するように構成されたメモリ(204)と、データ通信ネットワークを介して通信を行うように構成されたデータ通信インターフェース(210)とを有するカメラ(100)であって、前記カメラは、前記カメラによって取得されたイメージデータの外観を調整するパラメータ値を保存し、処理装置(204)は、前記データ通信ネットワーク(102)を介して装置(104)からのイメージデータ要求を受信し、前記イメージデータ要求の受信によって前記パラメータ値を用いてイメージデータを生成し、前記データ通信ネットワーク(102)を介して前記装置(104)に前記イメージデータを伝送し、前記データ通信ネットワーク(102)を介してパラメータ値変更要求を前記装置(104)から受信し、前記メモリ(206)に保存された前記パラメータ値の中の少なくとも一つのパラメータ値を、前記パラメータ値変更要求にもとづき変更し、前記パラメータ値変更要求の受信に応じて、変更すべき前記パラメータ値を用いて、前記変更すべきパラメータ値によって変更するイメージデータを生成し、前記データ通信ネットワーク(102)を介して前記装置(104)に前記変更されたイメージデータを伝送するように構成されていることを特徴とする処理装置。

請求項20

複数のカメラ(100a〜100f)の少なくとも一つのパラメータ値を構成するためのシステムであり、データ通信ネットワーク(102)と、前記データ通信ネットワークに接続された、請求項14から17のいずれかに記載の装置(104)と、前記データ通信ネットワーク(102)を介して前記装置(104)との間で通信を行うように構成された複数のカメラ(100a〜100f)を含むことを特徴とするシステム。

請求項21

請求項1から13のいずれかに記載の方法のステップを実行するためのコンピュータプログラムコードを含むことを特徴とするコンピュータプログラム

技術分野

0001

本発明は、一般的に、複数のカメラに関するパラメータ値を構成するための方法に関するものである。また、本発明は、一般的に、処理装置と、イメージデータを示すために構成されたディスプレーと、入力装置と、複数のパラメータ値を保存し、イメージデータをバッファリングするために構成されたメモリと、複数のカメラとの間でデータ通信ネットワークを介して通信を行うために構成されたデータ通信インターフェースとを含む装置に関するものである。また、本発明は、一般的に、カメラのパラメータ値を構成するための方法であって、カメラは、処理装置と、複数のパラメータ値を保存するために構成されたメモリと、データ通信ネットワークを介して通信を行うために構成されたデータ通信インターフェースとを含み、前記カメラは、前記カメラによって取得したイメージデータの外観を調整するパラメータ値を保存することを特徴とする方法に関するものである。さらに、本発明は、一般的に、複数のカメラの少なくとも一つのパラメータ値を構成するためのシステムであって、カメラと装置とコンピュータプログラムを含むことを特徴とするシステムに関するものである。

背景技術

0002

最近のセキュリティーシステムは、複数の監視カメラを含むことが多くなっている。監視カメラは、セキュリティ要員が、オフィスビル内の複数の階などの広い区域監視することを可能とする。

0003

複数のカメラがある場合、複数のカメラから得られる画像の外観は、輝度鮮明度などに関して、実質的に同一となることが好ましいが、それは、監視作業をより楽にするためである。特に、人間の視覚にとっては、異なる外観をもつ複数の画像を分析するよりも、同一の外観をもつ複数の画像を分析するほうが、より楽なものとなる。

0004

複数のカメラがある場合、これらのカメラは、異なる照明条件を持つ、異なる場所に設置されることが多く、このような場合、予め決められた設定では、最適な結果が得られないものとなる。さらに、これらのカメラは、例えば、異なるイメージセンサを有する、異なる種類のカメラで構成されることもあり、このような場合、予め決められた設定では、最適な結果を得ることはかなり難しいものとなる。

0005

特許文献1には、像の照度減少の抑止(de-vignetting)、コントラストホワイトバランスの調整に関して、デジタル全方向性カメラの実用的なリアルタイム校正を行うことを開示している。また、デジタル全方向性カメラ設備色彩校正のための新しい解決方法と、画像の照度減少の抑止のための効果的な方法が示されている。さらに、パノラマ状あるいはモザイク状にイメージを合成するための各目的に応じた方法も提示されている。
米国公開2003/0234866A1号公報

発明が解決しようとする課題

0006

上記に鑑み、本発明の目的は、上述した問題を解決すること、あるいは、少なくともそれらの問題を緩和することである。特に、本発明の目的は、複数のカメラに関するパラメータ値を構成するための方法を提供することにあり、本方法では、パラメータ値を再構成した後で、イメージフィードバックが行われる。

課題を解決するための手段

0007

複数のカメラについては、それら全てが、所定のデータ通信ネットワークに接続されたカメラとしてもよいが、それらのカメラのうち一部のみが、データ通信ネットワークに接続されたものであってもよい。

0008

カメラによって生成されたイメージデータは、アナログ形式あるいはデジタル形式のどちらでもよいが、デジタル形式であることが好ましい。さらに、イメージデータは、静止画像あるいはビデオ動画像のいずれかであってよい。一実施例では、複数のカメラは、通常、ビデオ動画像を生成するが、イメージフィードバックとして用いるために、静止画像も生成する。

0009

本発明の第一の態様は、複数のカメラに関するパラメータ値を構成するための方法であり、本方法は、前記複数のカメラから複数のイメージデータを取得するステップであり、前記カメラは、前記カメラにより取得されたイメージデータの外観を調整するパラメータ値を保存するステップと、前記複数のカメラからの前記イメージデータをバッファリングするステップと、前記複数のカメラからの前記バッファリングされたイメージデータを表示するステップと、前記複数のカメラの第一の部分集合に関する少なくとも一つのパラメータ値を変更するステップと、前記少なくとも一つの変更されたパラメータ値を、前記カメラの第一の部分集合に伝送し、前記第一の部分集合の各カメラの前記少なくとも一つのパラメータ値の更新を可能とするステップと、第一の部分集合のカメラを少なくとも含む前記複数のカメラの第二の部分集合から変更されたイメージデータを取得するステップと、前記カメラの第二の部分集合のために前記バッファリングされたイメージデータを、前記カメラの第二の部分集合に対する変更されたイメージデータで置き換えるステップと、前記複数のカメラの前記バッファリングされたイメージデータを表示するステップとを含むことを特徴とする方法である。

0010

この第一の態様の利点は、パラメータ値を変更した後で、イメージデータのフィードバックを行うことにある。このようにして、第一の態様の方法によるステップを実行するように構成された装置のユーザは、パラメータ値の変更により、所望の結果が得られたかどうかを容易に判断することが可能となる。

0011

本方法での第一の部分集合は、第二の部分集合の一部となっていてもよい。

0012

あるいは、第一の部分集合は、第二の部分集合と同一であってもよい。

0013

あるいは、第二の部分集合は、複数のカメラと同一であってもよい。

0014

パラメータ値を変更することは、ユーザからのユーザ入力受け取り、前記ユーザ入力に応じて、少なくとも一つのパラメータ値を変更することであってもよい。

0015

この利点は、第一の態様の方法によるステップを実行する装置のユーザが、自分自身で、パラメータ値をどのような方法で変更するかを決定できることにある。

0016

あるいは、パラメータ値を変更することは、参照イメージデータを決定し、前記参照イメージデータにもとづいて補正値を計算し、前記補正値に応じて、前記少なくとも一つのパラメータ値を変更することであってもよい。

0017

この利点は、ユーザによる介入を必要としない点にあり、パラメータ値の構成が迅速に行えることである。

0018

本発明の第一の態様の方法によるイメージデータを取得するステップは、イメージデータ要求を、前記複数のカメラに伝送することを含んでいてもよい。

0019

第一の態様の方法は、さらに、予め決められたパラメータ値の集合から、少なくとも一つのパラメータ値を取り出すことを含むものであってよい。

0020

この利点は、異なる環境に対応して予め決められたパラメータ値の複数の組を、装置のユーザに提供し、第一の態様の方法によるステップを実行して、予め決められたパラメータ値の各組を、選択可能なテンプレートとして用いることができる点にある。このようにして、装置のユーザは、予め決められたパラメータ値の所望の組を選択することにより、適切なパラメータ値の第一近似を容易かつ迅速に行うことが可能となる。

0021

予め決められたパラメータ値の組は、次のものに限定されるものではないが、屋外条件に対応した予め決められたパラメータ値の組、屋内条件に対応した予め決められたパラメータ値の組、蛍光照明条件に対応した予め決められたパラメータ値の組、白熱光照明条件に対応した予め決められたパラメータ値の組、および赤外線照明条件に対応した予め決められたパラメータ値の組からなるグループの中から、選択することができる。

0022

パラメータ値を取り出すステップは、さらに、ユーザからのユーザ入力を受け取り、前記ユーザ入力に応じて、予め決められたパラメータ値の前記組を取り出すことを含むものであってよい。

0023

少なくとも一つのパラメータ値は、次のものに限定されるものではないが、ホワイトバランス値コントラスト値回転値圧縮値、鮮明度およびカラーバランス値からなるグループの中から選択される。

0024

さらに、パラメータ値は、イメージデータの前記取得において、前記イメージデータとともに、前記複数のカメラから取得され、イメージデータの前記表示において、前記イメージデータとともに表示される。

0025

さらに、前記イメージデータの取得、前記イメージデータのバッファリング、前記イメージデータの表示、前記第一の部分集合に関する少なくとも一つのパラメータ値の変更、前記少なくとも一つのパラメータ値の送信、前記第二の部分集合からの変更されたイメージデータの取得、前記バッファリングされたイメージデータの前記第二の部分集合との置換え、および前記イメージデータの表示の各処理は、ユーザ受領信号がユーザから受信されるまで繰り返される。

0026

本発明の第二の態様は、処理装置と、イメージデータを示すために構成されたディスプレーと、入力装置と、複数のパラメータ値を保存しイメージデータをバッファリングするために構成されたメモリと、複数のカメラとの間でデータ通信ネットワークを介して通信を行うために構成されたデータ通信インターフェースとを含む装置とを含む装置であり、処理装置は、前記複数のカメラからイメージデータを取得し、前記複数のカメラからの前記イメージデータを前記メモリにバッファリングし、前記複数のカメラからの前記イメージデータを前記ディスプレーに表示し、前記入力装置の操作にもとづき前記複数のカメラの第一の部分集合に関する少なくとも一つのパラメータ値を変更し、前記少なくとも一つのパラメータ値を前記カメラの第一の部分集合に対して前記データ通信ネットワークを介して伝送して、前記第一の部分集合の各カメラの前記少なくとも一つのパラメータ値を更新可能とし、前記複数のカメラの第二の部分集合から前記データ通信ネットワークを介して変更されたイメージデータを取得し、前記カメラの第二の部分集合に関する前記バッファリングされたイメージデータを前記メモリ中の前記カメラの第二の部分集合に関する前記変更されたイメージデータで置き換え、前記複数のカメラの前記バッファリングされたイメージデータを前記ディスプレーに表示するように構成されている。

0027

第二の態様にもとづく装置は、パーソナルコンピュータ(PC)を含んでいる。

0028

この利点は、LAN(ローカルエリアネットワーク)に接続され、複数のカメラが接続されている任意のPCが、本発明の第二の態様にもとづく装置として用いることができる点にある。

0029

第二の態様にもとづく装置は、もう一つの形態として、移動端末を含むものであってもよい。

0030

本発明の第二の態様にもとづく装置は、本発明の第一の態様にもとづく方法を実行するように構成されていてもよい。

0031

本発明の第三の態様は、データ通信ネットワークを介して装置に接続されたカメラのパラメータ値を構成する方法であって、前記カメラは、前記カメラによって取得されたイメージデータの外観を調整するパラメータ値を保存し、前記カメラにおいて、前記装置からのイメージデータ要求を受信するステップと、前記イメージデータ要求の受信によって前記パラメータ値を用いてイメージデータを生成するステップと、前記イメージデータを前記装置に伝送するステップと、前記装置からパラメータ値変更要求を受信するステップと、前記カメラに保存された前記パラメータ値の中の少なくとも一つのパラメータ値を前記パラメータ値変更要求にもとづき変更するステップと、変更すべき前記パラメータ値を用いて、変更するイメージデータを生成するステップと、前記変更されたイメージデータを前記装置に前記データ通信ネットワークを介して伝送するステップとを含む方法である。

0032

本発明の第四の態様は、処理装置と、複数のパラメータ値を保存するように構成されたメモリと、データ通信ネットワークを介して通信を行うように構成されたデータ通信インターフェースとを有するカメラであって、前記カメラは、前記カメラによって取得されたイメージデータの外観を調整するパラメータ値を保存し、処理装置は、前記データ通信ネットワークを介して装置からのイメージデータ要求を受信し、前記イメージデータ要求の受信によって前記パラメータ値を用いてイメージデータを生成し、前記データ通信ネットワークを介して前記イメージデータを前記装置に伝送し、前記データ通信ネットワークを介してパラメータ値変更要求を前記装置から受信し、前記メモリに保存された前記パラメータ値の中の少なくとも一つのパラメータ値を前記パラメータ値変更要求にもとづき変更し、前記パラメータ値変更要求の受信に応じて、変更すべき前記パラメータ値を用いて、前記変更すべきパラメータ値によって変更するイメージデータを生成し、前記データ通信ネットワークを介して前記変更されたイメージデータを前記装置に伝送するように構成されている。

0033

本発明の第五の態様は、複数のカメラの少なくとも一つのパラメータ値を構成するためのシステムであり、本システムは、データ通信ネットワークと、前記データ通信ネットワークに接続された第四の態様にもとづく装置と、前記データ通信ネットワークを介して前記装置との間で通信を行うように構成された複数のカメラを含んでいる。

0034

本発明の第六の態様は、第一の態様にもとづく方法のステップを実行するためのコンピュータプログラムコードを含むコンピュータプログラムである。

0035

本発明の第三から第六の態様は、適用可能である場合には、実質的に、第一と第二の態様と同一あるいはそれらに対応した特徴を有するものである。

0036

本発明の他の目的、特徴および利点は、図面と、付属する従属クレームと、以下の詳細な開示とから明白なものとなる。

0037

一般的には、請求項で用いられる全ての用語は、その意味を明示的に定義した場合を除き、それらの通常の意味にもとづいて解釈することが可能である。a/an/theを詞につけた要素、装置、機器、手段、ステップなどは、前記要素、装置、機器、手段、ステップなどの少なくとも一つのインスタンスを指すように解釈されるべきである。ここで開示される任意の方法のステップは、特に指示のない限り、開示されている順序忠実に従って実行する必要はない。

0038

本発明の上記の特徴と利点、さらにその他の目的は、同一の要素について同一の符号を用いて示した以下の図面とともに、本発明の好適な実施例に関する以下の例証と、それに限定されない詳細な説明によって、より良く理解されるものとなる。

0039

一般的な監視カメラシステム
図1は、複数のカメラ100a〜100fを有する一般的な監視カメラシステムを示す図である。各カメラは、TCP/IPベースのローカルエリアネットワーク(LAN)やTCP/IPベースの無線ローカルエリアネットワーク(WLAN)などのデータ通信ネットワーク102に接続されている。また、カメラ100a〜100fからのイメージデータを受信し表示するための装置104が、データ通信ネットワークに接続されている。

0040

TCP/IPなどの確立された標準規格を利用することは、極めて利点があるものの、それらを利用することは必須ではない。実際には、アナログあるいはデジタルの情報をカメラから装置に伝達するように構成された任意のデータ通信ネットワークを、本発明を実現するために用いることができる。

0041

さらに、装置104は、各カメラ100a〜100fのパラメータ値を構成するために用いることもできる。例えば、本装置は、各カメラの鮮明度パラメータ値を適切な値に設定することもできる。

0042

図1では、単一の装置のみが示されている。本発明を実現するために、一つの装置が必要となることだけを意味してものであるが、一つあるいはそれ以上の数の装置が存在していてもかまわない。

0043

カメラ
図2は、図1に示したデータ通信ネットワーク102に接続されたカメラ100a〜100fの一つを詳細に示した図である。

0044

カメラ100は、レンズ200、イメージセンサ202、処理装置204、メモリ206、圧縮エンジン208およびデータ通信インターフェース210を含んでいる。

0045

レンズ200は、入射光をイメージセンサ上に焦点を合わせるように構成された光学系を含んでいる。さらに、入射光を制御するために、光量を調節するためのシャッターやカメラの露光時間を制御するための露光時間制御装置などの複数の付属装置がレンズ200に取り付けられている。以下では、レンズ200を指す場合には、これらの付属装置も含めて指すものとする。

0046

一般的に、光は、レンズ200を通して、イメージセンサ202に送られる。イメージセンサ202では、処理装置204に送られるイメージデータを生成することにより、画像が取込まれる。処理装置204は、イメージセンサ202により生成されたイメージデータを処理するように構成された、一つあるいは複数のプロセッサである。このイメージデータの処理とは、動作検知、現状イメージデータへのタイムスタンプ付加、およびイメージセンサ202のパラメータ値の変更である。例えば、この処理装置としては、AXISコミュニケーション社により商品化され市場入手可能なETRAX 100LX 32ビットASICを用いることが可能である。

0047

さらに、メモリ206は、処理装置204により、例えば、パラメータ値を保存するために用いられる。メモリは、ランダムアクセスメモリ(RAM)とフラッシュメモリとに分割されている。

0048

さらに、イメージデータは、圧縮エンジン208に転送される。圧縮エンジンにおいては、イメージデータは、MPEG−4あるいはMotion−JPEGなどのデータ圧縮形式に従って圧縮される。

0049

最後に、圧縮されたイメージデータは、データ通信インターフェース210を介して、データ通信ネットワーク102に出力される。データ通信インターフェースは、RJ−45コネクタ物理的接続によって、イーサネット登録商標準拠とすることが可能である。

0050

さらに、カメラ100は、データネットワークインターフェース210を用いるデータ通信ネットワーク102を介して、新たなパラメータ値を受信するように構成されている。新たなパラメータ値を受信した後、メモリ206に保存された現在のパラメータ値は、処理装置204を用いることにより、受信された新たなパラメータ値によって置き換えられる。

0051

さらに、カメラは、バッテリなどの何らかの種類の電源(不図示)を含んでいるか、電気ケーブルあるいはイーサネット(登録商標)ケーブル内に含まれる(イーサネット(登録商標)給電IEEE802.3af)として知られている)電気ケーブルを介して主電源に接続されている。

0052

装置
データ通信ネットワーク102に接続された装置104を、図3に詳細に示す。

0053

図3において、装置104は、一般的に、ディスプレー300と、キーボードとして描かれている入力装置302と、計算ユニット304とを含むPCとして示されており、ここで、計算ユニット304は、さらに、処理装置306と、メモリ308と、データ通信ネットワーク102との間で通信を行うデータ通信インターフェース310とを含んでいる。

0054

データは、データ通信インターフェース310を介して、データ通信ネットワーク102に対して、受信および送信が行われるが、このデータ通信インターフェースは、カメラ200のデータ通信インターフェース210と同様のものである。

0055

受信されたデータは、処理装置306に送られ、そこでデータが処理される。もし受信されたデータがカメラからのイメージデータである場合には、この処理は、受信されたイメージデータをディスプレー300に転送する処理である。

0056

また、データは、入力装置302から処理装置306により受信される。このデータは、例えば、カメラのパラメータ値の変化あるいは新たな値を示すデータであり、ユーザによって入力装置302を操作して入力され、データ通信ネットワーク102を介してカメラ100に送られるデータである。

0057

装置104は、PCとして描かれているが、この装置は、他の実施例としては、移動端末、PDA、あるいは表示と処理の機能を有する他の装置であってよい。

0058

図3に示したような有線接続のキーボードに代わるものとして、入力装置302は、計算ユニット304との間で無線で通信を行うことも可能である。例えば、入力装置302は、赤外線光を介して計算ユニット304との間で遠隔制御通信を行うものとして実装することも可能である。

0059

他の実施例としては、入力装置302は、GSMネットワークなどの移動端末通信ネットワークを介して、計算ユニット304との間で通信を行う移動端末とすることも可能である。この実施例では、計算ユニット304に、移動端末ネットワーク通信インターフェースを付加する必要があるようにしてもよい。

0060

他の方法
カメラ100a〜100fに加えられた変更に応じて、装置104を入力用の副装置と出力用の副装置とに分割するような他の方法を用いることも可能である。

0061

入力用の副装置は、移動端末とすることが可能であり、この移動端末は、GSMネットワークなどの移動端末通信ネットワークを介してカメラ100a〜100fとの間で直接通信を行うものであり、この場合、移動端末ネットワーク通信インターフェースをカメラ100a〜100fに付加する必要がある。

0062

出力用の副装置は、複数のカメラからのイメージデータを同時に表示するように構成されたTV装置あるいは他の好適な装置とすることが可能であり、このTV装置は、カメラ100a〜100fからブロードキャストされたイメージデータを受信するように構成されており、この他の方法においては、この場合、各カメラ100a〜100fには、ブロードキャスティングインターフェースを付加するように構成されている。

0063

入力用の副装置から送信された情報を、特定の関数に関連付けるために、出力用の副装置によって表示されるイメージデータに引用情報を付加する。

0064

装置のグラフィカルユーザインターフェース
図4は、本発明による、装置のグラフィカルユーザインターフェース(GUI)400の一例を示す図である。

0065

GUI400は、パラメータ値部402を含んでいる。この部分には、利用可能なパラメータ値が表示され、各パラメータ値に対する制御ボタンを使って、各パラメータ値を調節することが可能となっている。例えば、制御ボタンは、スライダーとして実装され、その最右位置は、パラメータ最大値を指示し、その最左位置は、パラメータの最小値を指示するものとなっている。

0066

イメージデータ部404には、複数のカメラからのイメージデータが同時に表示される。本例では、4つの異なるカメラからのイメージデータが、4つの異なるイメージデータ領域420a、420b、420c、420dに表示される。

0067

例えば、イメージデータ領域420a、420b、420c、420dは、各々、カメラ100a、100b、100c、100dからのイメージデータを表している。

0068

フレーム406a、406b、406c、406dは、各イメージデータ領域420a、420b、420c、420dの周辺に置かれている。イメージデータ領域は、図中で破線で示された420cがアクティブな状態にあり、420b、420c、420dがアクティブではない状態になっている。イメージデータ領域420cがアクティブな状態にある場合、パラメータ値部402に加えられた変更が、このアクティブな状態となったイメージデータ領域420cで示されたカメラに適用されるのは、新たなパラメータ値がこのカメラに送られた時である。

0069

イメージデータは、会社名あるいはロゴなどの、テキストあるいは記号407を含んでいる。テキスト407は、ユーザによってイメージデータに付加される。特定のカメラからテキスト407がイメージデータに付加された際には、このテキスト情報は、イメージデータ部404に表示される。

0070

この利点として、テキスト407は、カメラ100のメモリ206に保存される。このようにして、どの装置がイメージデータの表示に用いられるかによらず、テキストが表示される。さらに、テキストあるいはロゴを透明にするかどうかを、パラメータ値の一つで設定することが可能である。

0071

さらに、イメージデータの更新チェックボックス422a、422b、422c、422dを、各イメージデータ領域420a、420b、420c、420dに関連付けることができる。チェックボックス422b、422cをアクティブな状態とした際には、これらに関連付けられたイメージデータ領域420b、420cが、新たなイメージデータが要求された場合の新たなイメージデータで更新され、イメージデータ領域420b、420cに対応したカメラが、カメラの第二の部分集合に属するように設定される。これについては、さらに図6、7、8、9にて詳細に説明する。

0072

この利点として、パラメータ値を変更した後にイメージフィードバックを行うことがほとんどの場合に適切であることから、チェックボックス422cが自動的にアクティブな状態となり、同時に、イメージデータ領域406cの周囲のフレーム420cがアクティブな状態となる。

0073

パラメータ値を改善し、その選択を容易にするために、複数のテンプレート、すなわち、特定の環境に応じたパラメータ値の組が利用可能となっている。テンプレートは、テンプレート領域408に表示され、現在のテンプレート410が、その他のテンプレートと区別されるようにより濃色で表示されている。

0074

“テキスト/ロゴ設定”ボタン414と、“イメージ更新”ボタン416と、“完了”ボタン418とを含むボタン領域412が設けられている。

0075

“テキスト/ロゴ設定”ボタン414は、テキストあるいはロゴ407を設定するために用いられる。ボタン414を押すと、新たなウインドが開き、そこにテキストあるいはロゴを生成するためのツールの組が表示されるか、ダイアログボックスが表示され、そこでテキストあるいはロゴを含むファイルを選択し、それによりテキストあるいはロゴ407が設定される。テキストあるいはロゴ407を生成あるいは選択した後、それをパラメータ値とともにカメラ100a〜100fに送るために、一時的に装置104内に保存する。あるいは、テキストあるいはロゴ407は、生成あるいは選択してすぐに、カメラ100a〜100fに送られる。

0076

“イメージ更新”ボタン416は、アクティブ化されたフレーム406cに対応したカメラ100c内のパラメータ値を更新し、イメージデータチェックボックス422b、422cに対応した新たなイメージデータをカメラ100b、100cからダウンロードするために用いられる。

0077

特に、第一のステップでは、新たなパラメータ値は、パラメータ値部のスライダを用いて設定されたものであるが、その値は、表示されたカメラにフレーム406a〜406dを介して送られる。次に、新たなパラメータ値が、ひとつ又は複数のカメラによって受信され、カメラ206のメモリ内に保存された現在のパラメータ値が、受信された新たなパラメータ値によって置き換えられる。この場合、図4に示すように、カメラ100cのパラメータ値のみが更新されるものとして表示される。

0078

第二のステップでは、新たなイメージデータを、イメージ更新チェックボックス422b、422cを介して示されたカメラから取込む。例えば、この処理は、指示された一つのカメラあるいは複数のカメラに対して、イメージ要求を送ることにより行うことができ、この例では、カメラは100bと100cである。

0079

このようにして、パラメータ値変更を行う際には、“イメージ更新”ボタン416を押すと、そのパラメータ値の変更結果が表示される。従って、各更新に対してイメージフィードバックが自動的に行われ、それが利点となる。さらに、イメージフィードバックは、データ通信ネットワークに接続され選択されたカメラの各々に対して行うことも可能であり、この場合は、複数のカメラに対するイメージデータの外観が同一でないならば、この状況をユーザに対して簡単に通知するものとなる。

0080

適切な動作方法としては、まず初めに、各カメラにテンプレートを設定する。例えば、図4の中央のイメージデータ領域420b、420cが屋外環境から取得したイメージデータを表示し、これらのカメラには、屋外環境に対応したテンプレートが関連付けられる。その後、屋外環境テンプレートにもとづいて、パラメータ値部402のパラメータ値スライダを手動で操作して、パラメータ値の微調整を行う。

0081

イメージデータ領域420a、420b、420c、420dが、同一の外観を有するものと判断される場合には、“完了”ボタン418が押されるので、これにより、ユーザからの承諾信号が発行されたものとみなされる。

0082

複数のカメラのパラメータ値を設定するための一般的な方法
図5は、本発明による、複数のカメラのパラメータ値を設定するための方法の一般的な処理ステップを示すフローチャートであり、図1および図3の詳細を引用している。

0083

第一ステップ500において、装置104とカメラ100a〜100fとの間の接続を設定する。この接続は、データ通信ネットワーク102を介して設定される。

0084

第二ステップ502において、テストイメージデータとパラメータ値を、装置104によってカメラ100a〜100fから取得する。

0085

第三ステップ504において、取得されたテストイメージデータとパラメータ値が、装置104のディスプレー300に表示される。

0086

第四ステップ506において、カメラ100a〜100fから取得されたイメージデータは同一の外観を有するかどうか、例えば、特定の緑色の対象物が、各カメラ100a〜100fからのイメージデータ中で同一の緑色で表現されているかどうかを調べる。

0087

この第四ステップ506は、装置104のユーザの手作業によって行うことも可能である。例えば、図4で示したようなGUIを用いることが可能である。

0088

あるいは、この第四ステップ506を、自動的に行う方法もある。例えば、装置が基準カメラを決定し、基準カメラにもとづいて他のカメラを調整する方法である。

0089

この方法は、基準カメラで取得した基準イメージデータを選択し、基準イメージデータの複数の特性値、例えば、平均の赤色値を計算し、基準イメージデータの特性値と、他の一つあるいは複数のカメラで取得したイメージデータの対応する特性値とを比較し、この比較にもとづいて一つあるいは複数の補正値を計算し、この補正値にもとづいて他の一つあるいは複数のカメラで取得した特性値を変更することにより行うものである。

0090

カメラ100a〜100fから取得されたイメージデータが、同一の外観を有するものと判断された場合には、パラメータ値は正しく構成されているが、これとは反対に、カメラ100a〜100fから取得されたイメージデータが、同一の外観を有しないものと判断された場合には、処理を第五ステップ508に進める。

0091

第五ステップ508において、パラメータ値を変更する。これは、テンプレートを選択するか、あるいは、各パラーメータ値を個別に構成することにより行われる。

0092

第六ステップ510において、更新されたパラメータ値をカメラ100a〜100fに送る。

0093

その後、第七ステップ512において、受信された変更されたパラメータ値にもとづいて、カメラのパラメータ値を更新する。

0094

次に、カメラからのイメージデータが同一の外観を有すると判断するまで第二ステップ502からの処理を繰り返し、すなわち、テストイメージデータを再度取得する以降の処理を繰り返す。

0095

第六ステップ510において、変更されたパラメータ値が、装置104からカメラ100a〜100fに送られるため、第二ステップ502を繰り返す際には、変更されたパラメータ値をカメラ100a〜100fから必ず取得する必要はない。しかし、多くのユーザによって、カメラ100a〜100fのパラメータ値を変更することが可能となる場合には、変更されたパラメータ値をその都度取得することが妥当なものとなる。

0096

以上を要約すると、本方法は、繰り返し処理にもとづく方法である。すなわち、カメラから取得したイメージデータが、同一の外観を有すると判断するまで、ユーザあるいは装置は、本方法の処理ステップを繰り返す。基本的に、繰り返しの回数は無制限である。

0097

4つの実施例
図6図7図8および図9は、各々、本発明の第一、第二、第三および第四の実施例を示すものである。これら全ての実施例では、6台のカメラ100a〜100fを用い、これらが図1に示した装置104に接続されている。他の実施例においては、実際のカメラの台数は、6台よりも少なかったり多かったりしてもかまわない。

0098

一般的に、以下の実施例の全てにおいては、最初に、全てのカメラ100a〜100fからイメージデータを受信し、ディスプレー300に表示する。次に、全カメラのいくつかのものを含む第一の部分集合は、他のカメラのイメージデータと同一の外観を有するイメージデータを提供するものではないと判断され、このため、第一の部分集合に含まれるカメラのパラメータ値を変更する。その後、第一の部分集合のカメラを少なくとも含む第二の部分集合のカメラから、変更されたイメージデータを取得する。

0099

図6に示す第一の実施例において、第一の部分集合600は、カメラ100a、100bを含み、第二の部分集合602は、カメラ100a〜100dを含んでいる。

0100

第一の部分集合のカメラの数よりも多くの数のカメラを第二の部分集合に含ませることにより、パラメータ値に変更のないカメラからのイメージデータと、変更されたパラメータ値を有するカメラからのイメージデータとを同時に生成する。これは、イメージデータが同一の外観であるかどうかを判断するための条件を向上させることを意味している。

0101

例えば、カメラ100a〜100d、すなわち、第二の部分集合のカメラが、屋内を監視していて、屋内に照明が設けられている場合には、パラメータ値の構成には乱れが生じることはないが、これは、カメラ100a〜100dからの全てのイメージデータの組が、照明の点灯前であるか点灯後であるかによらず、同一の時刻に生成されるためである。

0102

第二の部分集合に、全てのカメラ100a〜100fを含めない理由は、カメラ100e、100fによって監視されている環境の照明状態は、第二の部分集合602に含まれるカメラ100a〜100dによって監視されている環境とは大きく異なるためである。

0103

例えば、第二の部分集合602に含まれるカメラ100a〜100dによって監視されている環境は、屋内環境であり、カメラ100e、100fによって監視されている環境は、赤外線光によって照明されている環境である場合もある。

0104

図7は、第二の実施例を示す図である。本実施例において、第二の部分集合702と第一の部分集合700は、ともにカメラ100a、100bを含んでいる。

0105

本実施例は、カメラ100a、100bが、所定の照明環境を監視する唯一のカメラであり、カメラ100a、100bのいずれもが適切なパラメータ値を有していない場合に好適な実施例である。

0106

図8は、第三の実施例を示す図である。本実施例は、第一の部分集合800は、カメラ100a、100bを含んでおり、第二の部分集合802は、カメラ100a〜100fを含んでいる。

0107

本実施例は、全てのカメラが同一の照明状態を有する環境を監視しており、カメラ100a、100bのみが、適切なパラメータ値を有していない場合に好適な実施例である。

0108

図9は、第四の実施例を示す図である。本実施例において、第二の部分集合902と第一の部分集合900は、ともにカメラ100a〜100fを含んでいる。

0109

全てのカメラが、必ずしも適切なパラメータ値を有していない場合に、この実施例は好適なものとなる。

0110

各々、第一の部分集合600、700、800、900と第二の部分集合602、702、802、902を有する利点は、パラメータ値の構成の間に、必要となるイメージデータのみがカメラ100a〜100fから装置104に送られる点にある。これは、データ通信ネットワーク102の不必要な使用を減らすことを意味している。

0111

本発明は、計算機プログラムとして実装される場合には、第一の部分集合と第二の部分集合を容易に決定することができるように実装することが可能である。例えば、カメラ100a〜100dの各々に関連付けられたチェックボックス422a、422b、422c、422dを設け、各チェックボックスが、各カメラが第二の部分集合602、702、802、902に関連付けられているかどうかを表すように構成することにより、これを実装することができる。カメラのパラメータ値が変更された場合には、第二の部分集合602、702、802、902だけでなく、第一の部分集合600、700、800、900を自動的にカメラに関連付けることが可能となる。

0112

パラメータ値を構成するための方法
他の特徴に従った、複数のカメラのパラメータ値を構成するための方法を、図10により説明する。本方法の処理ステップは、装置104によって実行される。

0113

第一ステップ1000において、イメージデータを複数のカメラ100a〜100fから取得する。

0114

第二ステップ1002において、イメージデータをバッファリングする。

0115

第三ステップ1004において、イメージデータを表示する。

0116

第四ステップ1006において、カメラの第一の部分集合600/700/800/900に関して、少なくとも一つのパラメータ値を変更する。

0117

第五ステップ1008において、少なくとも一つのパラメータ値を、カメラの第一の部分集合600/700/800/900に送る。

0118

第六ステップ1010において、カメラの第二の部分集合602/702/802/902から、変更されたイメージデータを取得する。

0119

第七ステップ1012において、カメラの第二の部分集合602/702/802/902に関するバッファリングされたイメージデータを、カメラの第二の部分集合602/702/802/902に関する変更されたイメージデータで置き換える。

0120

最後に、第八ステップ1014において、複数のカメラ100a〜100fのイメージデータを表示する。

0121

カメラのパラメータ構成のための方法
データ通信ネットワーク102を介して装置104に接続されたカメラ100のパラメータ値を構成するための方法を、図11を引用して説明する。本方法の処理ステップは、カメラで実行する。

0122

第一ステップ1100において、装置104からのイメージデータ要求を、カメラ100が受信する。

0123

第二ステップ1102において、カメラ100によってイメージデータを生成する。

0124

第三ステップ1104において、カメラ100から装置104にイメージデータを送る。

0125

第四ステップ1106において、装置104からのパラメータ値変更要求を、カメラ100が受信する。

0126

第五ステップ1108において、パラメータ値変更要求にもとづき、パラメータ値を変更する。

0127

第六ステップ1110において、変更されたパラメータ値にもとづく新たなイメージデータを、カメラ100が生成する。

0128

最後に、第七ステップ1112において、データ通信ネットワーク102を介して、新たなイメージデータを装置104に送る。

0129

以上のように、本発明について、主にいくつかの実施例を引用して説明した。しかし、当業者であれば容易に理解できるように、以上で述べた以外の他の実施例も、特許請求の範囲で定義されている本発明の範囲内で同様に実施可能である。

図面の簡単な説明

0130

複数のカメラと、データ通信ネットワークと、装置とを含む、一般的な監視カメラシステムを示す図。
一般的な監視カメラシステムにおける複数のカメラの一つを、より詳細に示す図。
一般的な監視カメラシステムにおける装置を、より詳細に示す図。
装置のグラフィカルユーザインターフェースを示す図。
複数のカメラを構成するための一般的な方法を表すフローチャートを示す図。
本発明の第一の実施例を示す図。
本発明の第二の実施例を示す図。
本発明の第三の実施例を示す図。
本発明の第四の実施例を示す図。
パラメータ値を構成するための方法を示す図。
カメラのパラメータ構成のための方法を示す図。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ