図面 (/)

技術 漢字検索装置及び漢字検索方法

出願人 一般社団法人共同通信社
発明者 山本容士
出願日 2006年7月5日 (13年0ヶ月経過) 出願番号 2006-186128
公開日 2008年1月24日 (11年5ヶ月経過) 公開番号 2008-015781
状態 特許登録済
技術分野 文書処理装置 文書処理装置
主要キーワード エロス 文字構造 文字部品 各部品毎 関連文字 繁体字 簡体字 検索数
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2008年1月24日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (10)

課題

目的の漢字検索するにあって、必ずしも該当漢字の部品或いは正確な部品を指定しなくても目的の漢字を検索でき、検索者の操作及び検索手順が単純で容易かつ迅速に目的の漢字を検索できることを目的とする。

解決手段

各漢字毎に該当漢字の検索用文字を記憶する漢字文字データファイル9と、入力部3と、出力部2と、指定された検索用文字を検索キーとして対応する漢字を漢字文字データファイル9から検索する漢字検索処理部4とを備え、検索用文字は該当漢字の構成部品、該当漢字の構成部品のよみ、該当漢字の構成部品と該当漢字に外観が類似する他の漢字や漢字以外の文字及び記号、該当漢字の構成部品と外観が類似する文字及び記号、該当漢字の構成部品を含む他の漢字、該当漢字の構成部品と外観が類似する文字を含む他の漢字から選択される1以上の文字又は記号が含まれることを特徴とする漢字検索装置1。

概要

背景

現在多用されているパーソナルコンピュータ等のワードプロセッサ機能を備えた電子機器において、日本語文書の作成時に通常のキーボード操作では所望の漢字が得られないことがある。このような場合に、従来から目的の漢字の部首検索キーとして検索を行う部首検索、目的の漢字の画数を検索キーとして検索を行う画数検索、マウス等を用いて手書きした文字を検索キーとして検索を行う手書き検索等により検索を行うことが行われている。

しかし、これらの検索方法は夫々利点があるものの、部首検索の場合には、多くの漢字が検索されてしまい、その中から目的の漢字を探すのに時間がかかるといった欠点や、目的の漢字のどの構成部分が部首であるのかがわからない場合などには検索が出来ないといった欠点があった。又、画数検索の場合には、画数が多い漢字では画数を数えることが煩雑であり、又、正確な画数がわからない漢字もあるので検索が出来ないといった欠点や、やはり多くの漢字が検索されてしまい、その中から目的の漢字を探すのに時間がかかるといった欠点があった。又、手書き検索では、操作が煩雑であり、又、意図しない漢字が検索されることが多々あり、しかも目的とする漢字が検索されないこともあるといった欠点があった。

そこで、部首検索の考えを進歩させて、部首が不明でも間単に目的の漢字の検索を行えるこことも目的として、漢字を複数の部分に分解して、この部分を検索キーとして用いる検索方法が提案されている。この部分には部首も含まれ、例えば漢字「」の部分として「木」と「寸」、漢字「昭」の部分として「日」と「召」或いは「日」と「刀」と「口」が該当する。

このような検索方法として、各部品を含む漢字群を各部品毎収納する文字部品辞書と、各部品毎に該部品に外観上類似する(関連する)部品群を収納する関連字辞典と、漢字が有する分解可能な部品群を各漢字毎に収納した文字構造辞典をROMに格納し、段階1で、目的の漢字の部品a、bに対して、関連字辞書を用いて関連部品リストa1、a2、b1、b2を検索し、段階2で段階1で検索された一方の部品a1等に対して文字部品辞書を用いて関連部品を含む漢字のリストを検索し、段階3で段階2で検索された漢字に対して文字構造辞書を用い複数の部品に分解して、複数の部品に分解した夫々の漢字に、段階1で検索された部品b1等を含む漢字を検索し、部品a及びbを含む漢字が検索され、その中から目的の漢字を選択して検索を行う方法が提案されている(例えば、特許文献1参照。)。

又、上記方法では、目的の部品を直接指定することが出来ない場合に、部品a、bを含む漢字Aの部品bが漢字Bに含まれる場合、漢字B(部品bc)−部品cで部品bを求めて、上記段階1から3を行う検索方法も提案されている。

特開2001−142876号公報

概要

目的の漢字を検索するにあって、必ずしも該当漢字の部品或いは正確な部品を指定しなくても目的の漢字を検索でき、検索者の操作及び検索手順が単純で容易かつ迅速に目的の漢字を検索できることを目的とする。各漢字毎に該当漢字の検索用文字を記憶する漢字文字データファイル9と、入力部3と、出力部2と、指定された検索用文字を検索キーとして対応する漢字を漢字文字データファイル9から検索する漢字検索処理部4とを備え、検索用文字は該当漢字の構成部品、該当漢字の構成部品のよみ、該当漢字の構成部品と該当漢字に外観が類似する他の漢字や漢字以外の文字及び記号、該当漢字の構成部品と外観が類似する文字及び記号、該当漢字の構成部品を含む他の漢字、該当漢字の構成部品と外観が類似する文字を含む他の漢字から選択される1以上の文字又は記号が含まれることを特徴とする漢字検索装置1。

目的

そこで、本発明は上記従来技術の問題点を解決し、目的の漢字を検索するにあって、必ずしも部品或いは正確な部品を指定しなくても目的の漢字を検索できることを目的とする。又、検索者の操作及び検索手順が単純で容易かつ迅速に目的の漢字を検索できることを目的とする。又、漢字をよく知らない人でも容易に検索が出来ることを目的とする。又、目的の漢字を確実に検索し、しかも最終的に検索される漢字が絞り込まれてその中から目的の漢字を探すのが容易且迅速とすることを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

漢字毎に該当漢字の検索用文字を記憶する漢字文字データファイルと、検索条件が入力される入力部と、各種情報が出力される出力部と、入力部を介して指定された検索用文字を検索キーとして対応する漢字を漢字文字データファイルから検索する漢字検索処理部とを備え、検索用文字は関連文字類推文字を含み、関連文字には該当漢字の構成部品を含み、類推文字には、該当漢字の構成部品のよみ、該当漢字と外観が類似する他の漢字や漢字以外の文字及び記号、該当漢字の構成部品と外観が類似する文字及び記号、該当漢字の構成部品を含む他の漢字、該当漢字の構成部品と外観が類似する文字を含む他の漢字から選択される1以上の文字又は記号が含まれることを特徴とする漢字検索装置

請求項2

検索用文字は字解説明文を含むことを特徴とする請求項1記載の漢字検索装置。

請求項3

部首データファイルを備え、関連文字には当該漢字の部首を含むことを特徴とする請求項1又は2記載の漢字検索装置。

請求項4

ユーザーに検索キーたる検索用文字の入力を促すステップと、入力された検索用文字で漢字関連文字データファイルを検索して、入力された検索用文字を備える漢字を抽出するステップと、検索された漢字の一覧を出力部に出力するステップとを備え、検索用文字は関連文字と類推文字を含み、関連文字には該当漢字の構成部品を含み、類推文字には、該当漢字の構成部品のよみ、該当漢字の構成部品と該当漢字に外観が類似する他の漢字や漢字以外の文字及び記号、該当漢字の構成部品と外観が類似する文字及び記号、該当漢字の構成部品を含む他の漢字、該当漢字の構成部品と外観が類似する文字を含む他の漢字から選択される1以上の文字又は記号が含まれることを特徴とする漢字検索方法

技術分野

0001

本発明は、漢字検索装置及び漢字検索方法に関し、特に検索キーとして部首以外に様々な文字が使用できる、漢字検索装置及び漢字検索方法に関する。

背景技術

0002

現在多用されているパーソナルコンピュータ等のワードプロセッサ機能を備えた電子機器において、日本語文書の作成時に通常のキーボード操作では所望の漢字が得られないことがある。このような場合に、従来から目的の漢字の部首を検索キーとして検索を行う部首検索、目的の漢字の画数を検索キーとして検索を行う画数検索、マウス等を用いて手書きした文字を検索キーとして検索を行う手書き検索等により検索を行うことが行われている。

0003

しかし、これらの検索方法は夫々利点があるものの、部首検索の場合には、多くの漢字が検索されてしまい、その中から目的の漢字を探すのに時間がかかるといった欠点や、目的の漢字のどの構成部分が部首であるのかがわからない場合などには検索が出来ないといった欠点があった。又、画数検索の場合には、画数が多い漢字では画数を数えることが煩雑であり、又、正確な画数がわからない漢字もあるので検索が出来ないといった欠点や、やはり多くの漢字が検索されてしまい、その中から目的の漢字を探すのに時間がかかるといった欠点があった。又、手書き検索では、操作が煩雑であり、又、意図しない漢字が検索されることが多々あり、しかも目的とする漢字が検索されないこともあるといった欠点があった。

0004

そこで、部首検索の考えを進歩させて、部首が不明でも間単に目的の漢字の検索を行えるこことも目的として、漢字を複数の部分に分解して、この部分を検索キーとして用いる検索方法が提案されている。この部分には部首も含まれ、例えば漢字「」の部分として「木」と「寸」、漢字「昭」の部分として「日」と「召」或いは「日」と「刀」と「口」が該当する。

0005

このような検索方法として、各部品を含む漢字群を各部品毎収納する文字部品辞書と、各部品毎に該部品に外観上類似する(関連する)部品群を収納する関連字辞典と、漢字が有する分解可能な部品群を各漢字毎に収納した文字構造辞典をROMに格納し、段階1で、目的の漢字の部品a、bに対して、関連字辞書を用いて関連部品リストa1、a2、b1、b2を検索し、段階2で段階1で検索された一方の部品a1等に対して文字部品辞書を用いて関連部品を含む漢字のリストを検索し、段階3で段階2で検索された漢字に対して文字構造辞書を用い複数の部品に分解して、複数の部品に分解した夫々の漢字に、段階1で検索された部品b1等を含む漢字を検索し、部品a及びbを含む漢字が検索され、その中から目的の漢字を選択して検索を行う方法が提案されている(例えば、特許文献1参照。)。

0006

又、上記方法では、目的の部品を直接指定することが出来ない場合に、部品a、bを含む漢字Aの部品bが漢字Bに含まれる場合、漢字B(部品bc)−部品cで部品bを求めて、上記段階1から3を行う検索方法も提案されている。

0007

特開2001−142876号公報

発明が解決しようとする課題

0008

しかし、上記従来の方法では、検索キーとして必ず部品を指定する必要があるので、部品に分解することが困難な漢字の場合や部品の読みがわからない場合には検索は困難であり、部品を指定するために複数の段階を経ることが必要な場合には手順が複雑化して煩雑であり、又、部品のみの入力が煩雑な場合もあった。更に、漢字をよく知らない人が用いることは出来なかった。又、指定した部品に対して全く不要な部品が検索されてしまい、結果として多くの漢字が検索され、その中から目的の漢字を探すのに時間がかかるといった欠点があった。又、複数の辞書を備えなければならず、検索手順複数段階必要で複雑であり、構成及び手順が複雑であり、検索時間も長くかかった。

0009

そこで、本発明は上記従来技術の問題点を解決し、目的の漢字を検索するにあって、必ずしも部品或いは正確な部品を指定しなくても目的の漢字を検索できることを目的とする。又、検索者の操作及び検索手順が単純で容易かつ迅速に目的の漢字を検索できることを目的とする。又、漢字をよく知らない人でも容易に検索が出来ることを目的とする。又、目的の漢字を確実に検索し、しかも最終的に検索される漢字が絞り込まれてその中から目的の漢字を探すのが容易且迅速とすることを目的とする。

課題を解決するための手段

0010

上記課題を解決するための手段としての本発明は、各漢字毎に該当漢字の検索用文字を記憶する漢字文字データファイルと、
検索条件が入力される入力部と、
種情報が出力される出力部と、
入力部を介して指定された検索用文字を検索キーとして対応する漢字を漢字文字データファイルから検索する漢字検索処理部とを備え、
検索用文字は関連文字類推文字を含み、
関連文字には該当漢字の構成部品を含み、
類推文字には、該当漢字の構成部品のよみ、該当漢字と外観が類似する他の漢字や漢字以外の文字及び記号、該当漢字の構成部品と外観が類似する文字及び記号、該当漢字の構成部品を含む他の漢字、該当漢字の構成部品と外観が類似する文字を含む他の漢字から選択される1以上の文字又は記号が含まれることを特徴とする漢字検索装置である。

0011

漢字文字データファイルには各漢字毎に検索キーとなる関連文字と類推文字を対応付けて記憶しているので、単純な装置構成とすることが出来、又、漢字文字データファイル内のみを検索すればよく、検索手順が単純で容易かつ迅速に目的の漢字を検索することができる。又、一度に総ての検索キーを検索可能なので、検索キーの入力は1回で済むと共に複雑な計算式等を指定することなく容易に検索キーの入力ができ検索者の操作手順が単純で容易かつ迅速に検索を行える。更に、様々な文字及び記号を検索キーとして使用できるので、必ずしも部品或いは正確な部品を指定しなくても検索でき、漢字をよく知らない人でも容易に検索が出来、最終的に検索される漢字が絞り込まれてその中から目的の漢字を探すのが容易且迅速となる。

0012

そして、上記漢字検索装置において、検索用文字は字解説明文を含むことが好ましい。このような構成とすることで、関連文字と類推文字の把握が困難である場合、その指定が煩雑である場合等であっても、容易に検索を行うことが出来る。又、上記漢字検索装置において、部首データファイルを備え、関連文字には当該漢字の部首を含むことが好ましい。このような構成とすることで、より検索が容易となると共に、検索される漢字が絞り込まれる。

0013

更に、ユーザーに検索キーたる検索用文字の入力を促すステップと、
入力された検索用文字で漢字関連文字データファイルを検索して、入力された検索用文字を備える漢字を抽出するステップと、
検索された漢字の一覧を出力部に出力するステップとを備え、
検索用文字は関連文字と類推文字を含み、
関連文字には該当漢字の構成部品を含み、
類推文字には、該当漢字の構成部品のよみ、該当漢字の構成部品と該当漢字に外観が類似する他の漢字や漢字以外の文字及び記号、該当漢字の構成部品と外観が類似する文字及び記号、該当漢字の構成部品を含む他の漢字、該当漢字の構成部品と外観が類似する文字を含む他の漢字から選択される1以上の文字又は記号が含まれることを特徴とする漢字検索方法である。

発明の効果

0014

以上のような本発明によれば、必ずしも部品或いは正確な部品を指定しなくても目的の漢字を検索することが可能となった。又、検索者の操作及び検索手順が単純で容易かつ迅速に目的の漢字を検索できることが可能となった。又、漢字をよく知らない人でも容易に検索が出来ることが可能となった。又、目的の漢字を確実に検索し、しかも最終的に検索される漢字が絞り込まれてその中から目的の漢字を探すのが容易且迅速とすることが可能となった。

発明を実施するための最良の形態

0015

以下本発明を図に従って詳細に説明する。図1は漢字検索装置1の構成を示す概略図であり、漢字検索装置1は各種情報を出力する出力部2と、ユーザーにより検索条件が入力される入力部3、プログラム上に形成された検索処理を行う漢字検索処理部4と、制御部10により実行される各種プログラムやデータ等を記録するデータ記録部5と、データ記録部5に形成されている漢字文字データファイル9、制御部10を備えて構成されている。制御部10は記録部5に記録されているプログラムを実行することで各部を制御する。データ記録部5には部首データファイル8を形成させてもよい。

0016

このような漢字検索装置1は図2に示すようなコンピュータ等の情報処理装置を利用してプログラム(ソフトウエア)により実現することが可能である。このコンピュータは制御部10としてのコンピュータを制御するCPU11、ROMやRAMを含んで構成されるメモリ12、出力部2としてのディスプレイ13、プリンタ14、入力部3としてのマウス15及びキーボード16、漢字検索処理部4としてのデータ記録部5に記録されたアプリケーションプログラム、データ記録部5としてのハードディスク17、磁気テープ磁気ディスク光ディスク光磁気ディスク等の各種情報記録媒体の読み書きの為の媒体読み書き装置18、図示しない通信インターフェイス等からなり、バスを介して接続されている。

0017

このようなコンピュータを漢字検索装置1の構成手段として機能させるためのアプリケーションプログラムやデバイスドライバ等の各種プログラム及び漢字関連文字データファイル9等は、媒体読み書き装置18又は図示しない通信インターフェイスを通じて取り込まれてハードディスク17に蓄積、形成され、必要に応じてハードディスク17からメモリ12にロードされ、CPU11により実行される。又、漢字検索装置1はユニコードの文字を入力部3を用いて入力させるものであり、ユニコードで対応された漢字を検索し、入力することを前提として説明する。勿論ユニコードに限定されず、JISコードその他のコードを用いることとしてもよい。

0018

部首データファイル8内には、部首毎に部首ID、部首、部首名、部首画数が対応付けられて記憶されている。部首IDに対応付けられたフォントデータは部首データファイル8内に格納してもよいが、他のファイルに格納し、データ記憶部5に記憶させてもよい。漢字文字データファイル9内には、各漢字毎に、ユニコードと1個以上の検索用文字が対応付けられて記憶されている。勿論、同時に各漢字毎に、部首ID、部首内画数、総画数、音読み及び訓読みの読みをも対応付けて、部首検索、画数検索や読み検索を行えることとすることが好ましい。尚、ユニコードに対応付けられたフォントデータは漢字文字データファイル9内に格納してもよいが、他のファイルに格納し、データ記憶部5に記憶させてもよい。

0019

検索用文字は検索キーとなるもので、関連文字と類推文字を含み、関連文字とは該当漢字に関連する文字であり、該当漢字の部首その他の該当漢字の構成部品、該当漢字の簡体字繁体字通行字、異体字略字、旧字、俗字等が含まれ、類推文字とは、該当漢字の構成部品のよみ、該当漢字に外観が類似する他の漢字や漢字以外の文字及び記号、該当漢字の構成部品と外観が類似する文字及び記号、該当漢字の構成部品を含む他の漢字、該当漢字の構成部品と外観が類似する文字を含む他の漢字が含まれる。漢字関連文字データファイル9内に記憶される各漢字毎の検索用文字は1個以上の関連文字及び類推文字から選択される1以上の文字又は記号が含まれている。

0020

該当漢字の構成部品は、漢字を1以上の部分に分解して得る漢字の構成部分であり、部首やつくり等が含まれ、例えば該当漢字が「嵌」である場合には「山」、「甘」、「欠」があり、「類」である場合には「米」、「大」、「頁」等がある。

0021

該当漢字の構成部品のよみは、漢字を1以上の部分に分解して得る漢字の構成部分のよみであり、部首及びつくりの名前を含み、音読み、訓読みを含み、例えば該当漢字が「類」である場合には「こめ」、「べい」、「だい」、「ぺーじ」、「伸」である場合には、「にんべん」、「しん」、「雄」である場合には「む」、「ふるとり」等がある。このような文字及び記号を検索キーとして使用することにより、容易に構成部品を指定することが出来る。

0022

該当漢字に外観が類似する他の漢字や文字及び記号は、例えば該当漢字が「奏」である場合には「奉」、「徴」である場合には「微」、「之」である場合にはひらがなの「え」、「乙」である場合にはローマ字の「Z」等がある。このような文字及び記号を検索キーとして使用することにより、漢字の構成部品を特定できなくても検索できる。又、漢字の構成部品が多数あり、部品を特定する操作が煩雑である場合にも、総ての部品を指定することが不要であり、該当漢字に外観が類似する他の漢字や文字及び記号と一部の部品を指定することが出来、又、一部の部品のみを指定した場合に多数の漢字が検索されてしまい、その中から見つけ出すことが大変ということがない。

0023

該当漢字の構成部品と外観が類似する文字及び記号は、構成部品と同一ではないが、外観上類似し、その文字や記号から該当漢字の構成部品が思い浮かぶものであり、ひらがな、カタカナ、欧文字、数字、該当漢字以外の漢字等が含まれ、例えば該当漢字が「国」である場合には、カタカナの「ロ」、「王」、「、(点)」があり、「帰」である場合には、カタカナの「リ」、「ヨ」があり、「修」である場合には、カタカナの「イ」、「タ」、「ミ」、記号の「|(縦棒)」、数字の「1」等がある。このような文字及び記号を検索キーとして使用することにより、漢字の構成部品を特定できなくても検索でき、検索キーの指定がきわめて容易となる。

0024

該当漢字の構成部品を含む他の漢字は、例えば該当漢字が「通」である場合には「道」、「」等があり、「奏」である場合には「奉」や「湊」等がある。このような漢字を検索キーとして使用することにより、一々部首又はつくりを指定しなくてもよく、キーボードのみで容易に検索キーを指定でき、又、漢字の構成部品を特定できなくても検索できる。

0025

該当漢字の構成部品と外観が類似する文字を含む他の漢字は、例えば該当漢字が「」である場合には「坦」、「新」である場合には「斥」等である。このような漢字を検索キーとして使用することにより、知っている漢字が少なくても、目的の漢字を容易に検索することが出来る。

0026

このように、類推文字とは該当漢字そのものではないが、視覚的、感覚的に該当漢字或いは該当漢字の部品と結びつけることが出来る文字、数字等を含む記号を含む。そして、類推文字を検索キーとして使用することにより、検索キーの決定が容易且迅速となり、曖昧検索が可能となる。

0027

又、漢字文字データファイル9内には、各漢字毎に、漢字コードと字解説明文が対応付けられて記憶され、検索キーとして字解説明文を用いることとしてもよい。字解説明文とは、漢字を口頭で説明する際に用いる説明文であり、例えば該当漢字が「」である場合には、「カタカナのヨエロに漢字のスン」や「ヨエロスン」、該当漢字が「這」である場合には、「しんにょうに言語のゲン」等である。

0028

従って、漢字文字データファイル9には、漢字「測」の場合、検索用文字として、該当漢字の構成部品の「」、「則」、「目」、「部首のさんずい」、該当漢字の構成部品のよみの「かい」、「のり」、「め」、「さんずい」、該当漢字に外観が類似する他の漢字の「側」や「則」、該当漢字の構成部品と外観が類似する漢字以外の文字及び記号のカタカナの「シ」、「ツ」、「リ」、「ハ」、該当漢字の構成部品を含む他の漢字の「河」、「財」、字解説明文として「さんずいにか貝にカタカナのり」等を記録することが出来る。

0029

又、漢字「慕」の場合、検索用文字として、該当漢字の構成部品の「日」、部首のくさかんむり、該当漢字の構成部品のよみの「ひ」、「くさかんむり」、該当漢字に外観が類似する他の漢字の「」、該当漢字の構成部品と外観が類似する文字及び記号の「心」、カタカナの「ハ」、該当漢字の構成部品を含む他の漢字の「河」、「財」、「恭」等を記録することが出来る。

0030

又、漢字「施」の場合、検索用文字として、該当漢字の構成部品の「方」、「也」、該当漢字の構成部品のよみの「ほう」、「なり」、該当漢字に外観が類似する他の漢字の「旅」、「族」、該当漢字の構成部品と外観が類似する文字及び記号のひらがなの「せ」、該当漢字の構成部品を含む他の漢字の「旅」、「族」、「地」等を記録することが出来る。

0031

又、漢字「暹」の場合、検索用文字として、該当漢字の構成部品の「日」、部首の「(点が二つのしんにょう)」、該当漢字の構成部品のよみの「ひ」、該当漢字に外観が類似する他の漢字の「進」、該当漢字の構成部品と外観が類似する文字及び記号の部首の点がひとつのしんにょう、該当漢字の構成部品を含む他の漢字の「辷」、該当漢字の構成部品と外観が類似する文字を含む他の漢字の「返」等、字解説明文として「点二つのしんにょうに日に進の右」等を記録することが出来る。

0032

又、漢字「槐」の場合、検索用文字として、該当漢字の構成部品の「木」、「鬼」、該当漢字の構成部品のよみの「き」、「おに」、「きへん」、該当漢字に外観が類似する他の漢字の「鬼」、該当漢字の構成部品と外観が類似する文字及び記号のカタカナの「ム」、「ル」、「田」、該当漢字の構成部品を含む他の漢字の「魅」や「魃」、字解説明文として「木片に鬼」等を記録することが出来る。

0033

又、漢字「橘」の場合、検索用文字として、該当漢字の構成部品の「木」、「予」、「口」、「矛」、該当漢字の構成部品のよみの「き」、「じゅう」、「やわら」、「きへん」、該当漢字に外観が類似する他の漢字「桶」、該当漢字の構成部品と外観が類似する文字及び記号のカタカナの「マ」、「ル」等を記録することが出来る。

0034

又、漢字「瞬」の場合、検索用文字として、該当漢字の構成部品の「目」、「ヰ」、「冖(部首のわかんむり)」、「舛」、該当漢字の構成部品のよみの「め」、「めへん」、該当漢字に外観が類似する他の漢字として「舜」、該当漢字の構成部品と外観が類似する文字及び記号のカタカナの「ノ」、「ツ」、「シ」、「ワ」、「タ」、該当漢字の構成部品を含む他の漢字の「燐」等を記録することが出来る。

0035

漢字検索処理部4は制御部10の制御のもとで、データ記録部5に記録された漢字文字データファイル9に対する処理を実行するもので、ユーザーに検索キーを選択させる選択画面を生成して出力部2において表示させ、入力部3で入力された検索キーに従って、検索キーに指定された検索用文字即ち関連文字又は/及び類推文字を検索キーとして有する漢字を漢字文字データファイル9から検索して、該当する漢字を抽出して、表示部2に検索結果画面53で抽出された漢字として漢字の一覧を出力(表示)させる。ユーザーは表示された漢字の一覧から目的の漢字を選択する。

0036

図5は漢字検索装置1における検索処理の概略の流れを示す図である。予め各漢字毎に該当漢字の検索用文字を記憶する漢字文字データファイル9をデータ記録部5に形成しておく。検索の開始要求がユーザーから入力部3を介してなされると、漢字検索処理部4は出力部2に図6で示す検索画面51を表示させ、ユーザーに検索キーたる検索用文字の入力を促す(S101)。ユーザーは入力部2を介して1以上の検索用文字を検索画面51の入力エリア511に入力し、検索開始タン512を指定する。漢字検索処理部4は検索キーの入力を確認し、記録部5に検索キーとして一時書き込み(S102)、検索キーを読み出して、読み出した検索キーで漢字文字データファイル9を検索して、総ての検索キーを同時に満たす、即ち総ての指定された検索用文字を備える漢字を抽出する(S103)。

0037

漢字「測」を検索する場合、上述のように漢字文字データファイル9には、漢字「測」の漢字コードと対応付けられた検索キーとなる検索用文字としての「貝」、「則」、「目」、「部首のさんずい」、「側」、「則」、「シ」、「ツ」、「リ」、「ハ」、「河」、「財」、字解説明文としての「さんずいに貝にカタカナのリ」が記憶されている。ユーザーはキーボード16を用いて適宜の検索用文字をディスプレイ13に表示された図6に示す検索画面51の検索用文字入力エリア511に入力する。部首を入力する場合には、部首ボタン513を指定する。漢字検索処理部4は部首ボタン513の指定に従い、部首データファイル8に記憶された部首を部首一覧表示画面でディスプレイ13に表示し、ユーザーは検索用文字として選択する部首をマウス15で指定する。漢字検索処理部4は該指定に従い入力エリア511に該選択された部首を入力する。又、ユーザーは字解エリア514、読みエリア515、総画数エリア516に夫々字解説明文、読み、総画数を入力してこれらを検索キーとして選択することも出来る。

0038

漢字検索処理部4は検索用文字の数、種類に大小に関わらず、漢字文字データファイル9内のみを検索すればよく、字解説明文、読み、総画数が検索キーとして選択された場合であっても、漢字文字データファイル9内のみを検索すればよい。

0039

次に、漢字検索処理部4は出力部2に、検索の一次結果として、図7に示す一次結果画面52を表示させ、S103で検索して得た漢字の件数を表示し(S104)、ユーザーにこの件数の漢字を表示することを望むのか、再検索を望むのかの指示を要求する。ユーザーは検索数の漢字の出力を望む場合には、マウス15を用い表示ボタン521を指定し、再検索を望む場合には、再検索ボタン522を指定する。漢字検索処理部4は入力部2を介したユーザーの指示に従い(S105)、再検索の指示を受けた場合にはS101に戻り、表示の指示を受けた場合には、図8に示す検索結果画面53を表示して、検索された漢字の一覧を出力部2たるディスプレイ13に表示させ(S106)、ユーザーに一覧から選択するように要求すると共に各種処理の指示を要求する(S107)。ユーザーは目的の漢字を発見した場合には、該目的の漢字「測」をマウス15で指定すると共に、詳細表示ボタン531、コピーボタン532を指定するか、再検索ボタン533又は終了ボタン534の何れかをマウス15で指定する。漢字検索処理部4は入力部2を介したユーザーの指示に従う(S108)。

0040

漢字検索処理部4は詳細表示ボタン531が指定された場合、入力部2を介したユーザーの選択に従い、選択された漢字を検索キーとして漢字文字データファイル9を検索して、図9に示すように目的の漢字、そのユニコード、読み、総画数、部首等を漢字詳細情報画面54にて出力部2に表示させ、選択された漢字の字形、コード、読み等の漢字詳細情報を表示し(S109)、漢字詳細情報の印刷の要否の指示をユーザーに要求する。ユーザーは印刷を要求する場合には、漢字詳細情報画面54の印刷ボタン541をマウス15で指定し、漢字検索処理部4はユーザーからの入力部2を介したユーザーの印刷指定に従い(S110)、出力部2たるプリンタ14に出力させる(S111)。

0041

漢字検索処理部4は詳細情報を出力後、又は印刷の要求がなくユーザーにより漢字詳細情報画面54の戻るボタン542がマウス15で指定された場合には、S106に戻り、検索結果画面53を出力部2たるディスプレイ13に表示させ、コピーの要否及び終了の指示をユーザーに要求する(S107)。ユーザーはコピーを要求する場合には、検索結果画面53のコピーボタン532を指定し、終了を要求する場合には終了ボタン534を指定する。漢字検索処理部4はユーザーからの入力部2を介した指示に従い(S108)、ユーザーがコピーを要求する場合には漢字をメモリにコピーして(S112)、処理を終了する。ユーザーにより検索結果画面53の再検索ボタン533が指定されて再検索の指示を受けた場合にはS101に戻る。

0042

尚、S104及びS105のステップは適宜省略可能で、S103の処理の後S106の処理へ移行してもよい。又、S108からS111の各ステップは適宜省略してもよく、S107の後、漢字検索処理部4は入力部2を介したユーザーの選択に従い、選択された漢字をメモリにコピーして(S112)、処理を終了することとしてもよい。

0043

このように本発明では漢字検索において、検索キーの入力は1回で済み、漢字の構成部品のみならず、類推文字を検索キーとして使用できるので、様々な文字及び記号を検索キーとして使用でき、しかも検索キーを指定するために、複雑な計算式等を指定することなく容易に検索キーの入力ができる。

図面の簡単な説明

0044

本発明一実施例漢字検索装置の構成を示す概略図
本発明一実施例漢字検索装置をソフトウエアにより実現する為のコンピュータの構成の一例を示すブロック図
本発明一実施例漢字検索装置の漢字文字データファイルに記憶された漢字データ
本発明一実施例漢字検索装置の部首データファイルに記憶された部首データ
本発明一実施例漢字検索処理の流れを示すフロー
本発明一実施例検索画面を示す図
本発明一実施例一次結果画面を示す図
本発明一実施例検索結果画面を示す図
本発明一実施例漢字詳細情報画面を示す図

符号の説明

0045

1漢字検索装置
2 出力部
3 入力部
4漢字検索処理部
5データ記録部
8部首データファイル
9漢字文字データファイル
10 制御部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ