図面 (/)

技術 美顔器及び美容方法

出願人 有限会社提案室
発明者 関井まゆみ
出願日 2006年6月29日 (13年11ヶ月経過) 出願番号 2006-179337
公開日 2008年1月17日 (12年5ヶ月経過) 公開番号 2008-006057
状態 未査定
技術分野 マッサージ装置
主要キーワード ローラー保持部材 保持ホルダー 余剰粉末 化粧用材料 保持部側 ローラー部材 真珠粉末 あごの
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2008年1月17日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (3)

課題

真珠成分を効率的に顔の皮膚表面に接触することができると共に、製造コストを低減することができる美顔器及び美容方法を提供する。

解決手段

押当面13上に真珠の球面の一部を露出した状態で当該真珠を回転可能に保持する真珠保持部10aと、真珠保持部10aに連接する把持部20とを有する美顔器100である。また、顔の皮膚表面上において複数の真珠を転がして当該真珠の成分を顔の皮膚表面に付着させる顔の美容方法である。なお、押当面13は略円形状であり、真珠保持部10aは押当面13上に真珠を環状に配置する。また、真珠保持部10aは、略円柱形状の頭頂部10の一の端面に取り付けられ、把持部20は、頭頂部10の側面に設けられている。さらに、真珠保持部10aは頭頂部10からの取り外しが可能である。なお、真珠には、アコヤ本真珠を使用することが好ましい。

概要

背景

真珠粉末は、古くから漢方として服用されていた。また、化粧用材料としても真珠の粉末が使用され、中国においては皮膚への塗布も行われていた。これは、真珠のもつ成分が美肌効果をもたらすと考えられているからである。具体的には、真珠は、炭酸カルシウムを主成分とし、他にマグネシウム亜鉛、銅、硫酸カルシウムコンキリオンアミノ酸燐酸カルシウムゲルマニウム等を含有する。特に化粧用としては、カルシウム成分、及びコンキリオンアミノ酸が美肌効果を発揮すると考えられている。

そこで、従来は、真珠粉末を化粧用として化粧製品に混ぜて使用されることが多かった。例えば、真珠粉末を液体に混ぜて乳液状にした化粧製品を使用する場合、この化粧製品を皮膚に塗布し、その後に余剰粉末を洗い流すのが一般的である。この場合、塗布した真珠粉末のほとんどが皮膚に残らない余剰粉末として洗い流されてしまい、真珠粉末を効率的に使用することができないという問題があった。さらに、真珠粉末は、非常に高価なものが多いので、効率的に使用することが重要であった。

この問題を解決するための技術として特許文献1には、少なくとも真珠粉末を含有させた層を、円筒状基体の上に形成させたローラー部材と、該ローラー部材を回転自在に軸着させるとともに把持部を有するローラー保持部材とからなる皮膚接触ローラーが開示されている。

しかし、特許文献1に記載の皮膚接触用ローラーは、真珠の粉末を使用して、真珠粉末含有層を形成する必要があるので、この真珠粉末含有層の形成に係る製造コストが高いという問題があった。

また、特許文献1に記載の皮膚接触用ローラーは、顔の皮膚表面に真珠粉末含有層を接触させながら使用するものであるので、顔の皮膚表面からの美肌効果を期待することができる。しかし、さらに美肌効果を高めるためには、顔の皮膚の内面と外面からケアすることにより相乗効果をもたらすと考えられる。

特開2001−245945号公報

概要

真珠成分を効率的に顔の皮膚表面に接触することができると共に、製造コストを低減することができる美顔器及び美容方法を提供する。押当面13上に真珠の球面の一部を露出した状態で当該真珠を回転可能に保持する真珠保持部10aと、真珠保持部10aに連接する把持部20とを有する美顔器100である。また、顔の皮膚表面上において複数の真珠を転がして当該真珠の成分を顔の皮膚表面に付着させる顔の美容方法である。なお、押当面13は略円形状であり、真珠保持部10aは押当面13上に真珠を環状に配置する。また、真珠保持部10aは、略円柱形状の頭頂部10の一の端面に取り付けられ、把持部20は、頭頂部10の側面に設けられている。さらに、真珠保持部10aは頭頂部10からの取り外しが可能である。なお、真珠には、アコヤ本真珠を使用することが好ましい。

目的

本発明は、上記で示した点を鑑みてなされたものであり、真珠成分を効率的に顔の皮膚表面に接触することができると共に、製造コストを低減することができる美顔器及び美容方法を提供することを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

押当面上に真珠の球面の一部を露出した状態で当該真珠を回転可能に保持する真珠保持部と、前記真珠保持部に連接する把持部と、を有することを特徴とする美顔器

請求項2

前記押当面は略円形状であり、前記真珠保持部は前記押当面上に真珠を環状に配置することを特徴とする請求項1に記載の美顔器。

請求項3

前記真珠保持部は、略円柱形状の頭頂部の一の端面に取り付けられ、前記把持部は、前記頭頂部の側面に設けられていることを特徴とする請求項1または請求項2に記載の美顔器。

請求項4

前記真珠保持部は前記頭頂部からの取り外しが可能であることを特徴とする請求項3に記載の美顔器。

請求項5

前記頭頂部の他の端面には半球形状の押当面が設けられていることを特徴とする請求項3または請求項4に記載の美顔器。

請求項6

前記把持部における前記真珠保持部側の端部とは反対側の端部には、スプーンの掬い部の形状をしたスプーン部が設けられていることを特徴とする請求項1乃至請求項5のいずれか1項に記載の美顔器。

請求項7

前記真珠は、アコヤ本真珠であることを特徴とする請求項1乃至請求項6のいずれか1項に記載の美顔器。

請求項8

顔の皮膚表面上において複数の真珠を転がして当該真珠の成分を顔の皮膚表面に付着させることを特徴とする顔の美容方法

技術分野

0001

本発明は、真珠を利用した美顔器及び美容方法に関する。

背景技術

0002

真珠の粉末は、古くから漢方として服用されていた。また、化粧用材料としても真珠の粉末が使用され、中国においては皮膚への塗布も行われていた。これは、真珠のもつ成分が美肌効果をもたらすと考えられているからである。具体的には、真珠は、炭酸カルシウムを主成分とし、他にマグネシウム亜鉛、銅、硫酸カルシウムコンキリオンアミノ酸燐酸カルシウムゲルマニウム等を含有する。特に化粧用としては、カルシウム成分、及びコンキリオンアミノ酸が美肌効果を発揮すると考えられている。

0003

そこで、従来は、真珠粉末を化粧用として化粧製品に混ぜて使用されることが多かった。例えば、真珠粉末を液体に混ぜて乳液状にした化粧製品を使用する場合、この化粧製品を皮膚に塗布し、その後に余剰粉末を洗い流すのが一般的である。この場合、塗布した真珠粉末のほとんどが皮膚に残らない余剰粉末として洗い流されてしまい、真珠粉末を効率的に使用することができないという問題があった。さらに、真珠粉末は、非常に高価なものが多いので、効率的に使用することが重要であった。

0004

この問題を解決するための技術として特許文献1には、少なくとも真珠粉末を含有させた層を、円筒状基体の上に形成させたローラー部材と、該ローラー部材を回転自在に軸着させるとともに把持部を有するローラー保持部材とからなる皮膚接触ローラーが開示されている。

0005

しかし、特許文献1に記載の皮膚接触用ローラーは、真珠の粉末を使用して、真珠粉末含有層を形成する必要があるので、この真珠粉末含有層の形成に係る製造コストが高いという問題があった。

0006

また、特許文献1に記載の皮膚接触用ローラーは、顔の皮膚表面に真珠粉末含有層を接触させながら使用するものであるので、顔の皮膚表面からの美肌効果を期待することができる。しかし、さらに美肌効果を高めるためには、顔の皮膚の内面と外面からケアすることにより相乗効果をもたらすと考えられる。

0007

特開2001−245945号公報

発明が解決しようとする課題

0008

本発明は、上記で示した点を鑑みてなされたものであり、真珠成分を効率的に顔の皮膚表面に接触することができると共に、製造コストを低減することができる美顔器及び美容方法を提供することを目的とする。

0009

さらに、本発明は、顔の皮膚表面の外側から真珠の美肌効果を利用すると共に、内側から効果的に美肌効果を高めることができる美顔器及び美容方法を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0010

本発明は、例えば、図1、2に示すように、押当面13上に真珠の球面の一部を露出した状態で当該真珠を回転可能に保持する真珠保持部10aと、真珠保持部10aに連接する把持部20とを有することを特徴とする美顔器である。
また、本発明は、顔の皮膚表面上において複数の真珠を転がして当該真珠の成分を顔の皮膚表面に付着させることを特徴とする顔の美容方法である。

0011

なお、押当面13は略円形状であり、真珠保持部10aは押当面13上に真珠を環状に配置することを特徴とする。また、真珠保持部10aは、略円柱形状の頭頂部10の一の端面に取り付けられ、把持部20は、頭頂部10の側面に設けられていることを特徴とする。さらに、真珠保持部10aは頭頂部10からの取り外しが可能であることを特徴とする。また、頭頂部10の他の端面には半球形状の押当面15が設けられていることを特徴とする。さらに、把持部20における真珠保持部10a側の端部とは反対側の端部には、スプーンの掬い部の形状をしたスプーン部30が設けられていることを特徴とする。なお、真珠には、アコヤ本真珠を使用することが好ましい。

発明の効果

0012

本発明によれば、真珠成分を効率的に顔の皮膚表面に接触することができると共に、製造コストを低減することができるという効果を奏する。また、顔の皮膚表面の外側から真珠の美肌効果を利用すると共に、内側から効果的に美肌効果を高めることができるという効果を奏する。

発明を実施するための最良の形態

0013

以下、本発明の実施の形態である美顔器について、図面を参照して詳細に説明する。

0014

[第1の実施の形態]
図1、2は、本発明の一実施の形態である美顔器100を示す図である。図1(1)は美顔器100を示す上面図であり、図1(2)は美顔器100を示す側面図であり、図2(1)は美顔器100を示す斜視図であり、図2(2)は図1(1)に示す美顔器100のA−A断面を示す断面図である。

0015

美顔器100は、頭頂部10と、把持部20と、スプーン部30と、カバー40とを有する。

0016

頭頂部10は、真珠保持ホルダー10aと、第一押当面13と、側面14と、第二押当面15とを具備する。

0017

真珠保持ホルダー10aは、アコヤ本真珠11a〜11cを回転可能に保持する真珠保持部であり、円形の孔を3つ具備する。なお、美顔器100には、真珠保持ホルダー10aの孔の直径よりも、最大直径が小さいアコヤ本真珠を使用するので、図2(2)に示すように、この孔から第一押当面13側にアコヤ本真珠11a〜11cが出ない構造になっている。

0018

また、図2(2)に示すように、真珠保持ホルダー10aの裏面に設けられたツメ10bと頭頂部10本体側に設けられた取付部17とによって、真珠保持ホルダー10aと頭頂部10本体とは取り外し可能となっている。これによって、アコヤ本真珠11a〜11cの交換が容易である。なお、ツメ10bと取付部17とは、切欠部12a〜12cに対応する位置に設けられている。

0019

さらに、例えば、図2(2)に示すように、孔13bにアコヤ本真珠11bが保持されている場合には、アコヤ本真珠11bの最下部が頭頂部10本体の凸部16に接し、アコヤ本真珠11bの半球面の表面の一部が第一押当面13よりも突出する構造となっている。

0020

第一押当面13には、アコヤ本真珠11a〜11cを保持するための3つの孔と、切欠部12a〜12cとが設けられている。また、第二押当面15は半球面であり、切欠部12a〜12cに対応する位置に切欠部が設けられている。

0021

第二押当面15は、顔筋美顔器であり、頬骨の脇を軽く押していく場合に使用する部分である。

0022

把持部20は、美顔器100を使用する場合に手で握る部分である。
スプーン部30は、ティースプーンの掬い部の形状を具備する部分であり、頭頂部10とは反対側の端部に設けられたものである。

0023

カバー40は、美顔器100を使用しない場合に、アコヤ本真珠11a〜11cを保護するために、第一押当面13に取り付けるカバーである。

0024

次に、美顔器100の使用方法について説明する。
使用者は、カバー40を取り外し、美顔器100の把持部20を手で持ち、第一押当面13(アコヤ本真珠11a〜11c)を使用者の顔の表面に軽く押し当る。続いて、第一押当面13を顔の表面に押し当てた状態で、顔の表面上において美顔器100を移動させる。このように、顔の表面上において美顔器100を移動させることによって、アコヤ本真珠11a〜11cの表面が回転しながら顔の皮膚表面に接触する。このようにすることによって、真珠の成分を顔の皮膚から直接吸収させ、真珠の成分によって美顔の効果を発揮する。また、長期間、直接皮膚に接触させることによって、真珠の表層真珠層)が少しずつ剥離し、真珠の成分が肌に吸収されやすくなる。

0025

第一押当面13側で美顔器100を使用した後、または、第一押当面13側の使用と共に第二押当面15を使用する場合等について説明する。

0026

使用者は、美顔器100の把持部20を手で持ち、第二押当面15を使用者の顔の頬骨の脇を軽く押し当る。続いて、第二押当面15を顔の表面に押し当てた状態で、顔の表面上において美顔器100を移動させる。このように、美顔器100の使用による顔筋マッサージにより、しわ、たるみ改善に効果があると共に、皮膚表面と皮膚内面の両方から、しわ、たるみ、しみ等を防止することができる。また、従来のように、頬骨の脇を指で押した場合には、力が一点に集中しやすくなってしまうが、美顔器100を使用すれば、第二押当面15が半球面であるので、力が一点に集中することはなく、効果的にマッサージ効果を得ることができる。

0027

また、頭頂部10の両端部には第一押当面13と第二押当面15とが設けられているので、いずれかの面を使用中であっても、美顔器100の把持部20を手で持った状態で、他の面の使用に切り換えることが容易である。

0028

次に、美顔器100の端部に設けられたスプーン部30を使用する場合について説明する。

0029

使用者は、美顔器100の把持部20を手で持ち、へスプーン部30の凸部の表面を使用して、顔のあごの中央→の下、鼻の下→こめかみ、と二段階に分けて、下から上へスプーン部30の凸部の表面を押し上げるように、マッサージする。このように、へスプーン部30の凸部の表面を使用してマッサージをすることによって、ほうれい線の解消に効果を発揮する。なお、ほうれい線とは、加齢によって、両小鼻から口元にむかってできる八の字状のしわである。

0030

本実施の形態によれば、略同一平面上に配置された3個の真珠で皮膚表面に接触するので、真珠成分を効率的に顔の皮膚表面に接触することができる。さらに、美顔器100自体を簡単な構造とし、使用するアコヤ本真珠についても粉末にする等の処理をする必要がないので、製造コストを低減することができる。

0031

第一押当面13側での使用と共に、第二押当面15またはスプーン部30を使用することによって、顔の皮膚表面の外側から真珠の美肌効果を利用すると共に、内側から効果的に美肌効果を高めることができる。

0032

また、真珠保持ホルダー10aと頭頂部10本体とが取り外し可能であり、アコヤ本真珠11a〜11cの交換や取り外しが容易であるので、真珠の洗浄や長期間使用による真珠の交換が容易である。また、アコヤ本真珠11a〜11cの交換や取り外しが容易であるので、必要な真珠のみを交換すればよく、経済的である。

0033

また、美顔器100と他の真珠粉末を使用した化粧品とを併用して使用することによって美肌効果をさらに高めることができる。

0034

なお、本実施の形態は、真珠保持ホルダー10aに3個のアコヤ本真珠を配置する構成であるが、1個または2個または4個以上配置する構成とするようにしてもよい。この場合に、第一押当面13上に複数の真珠を環状に配置するようにしてもよく、環状以外の配置で均等に配置されるようにしてもよい。

0035

また、美顔器100に使用する真珠としてアコヤ本真珠を使用するが、美肌効果が認められる他の真珠を使用するようにしてもよい。

0036

次に、本発明の一実施例である実施例1について説明する。
図1、2に示す美顔器100において、合成樹脂材質として美顔器100の各部材をそれぞれ一体成型し、頭頂部10の両端部間の高さを3.9cm、頭頂部10の側面の両端部間の長さを2.7cm、頭頂部10とスプーン部30との両端部間の長さを14.3cmとし、各孔の径を7mmとした。なお、真珠として、7.5mm〜8.0mmのアコヤ本真珠を3個使用した。これらの構成によって、上記で示した効果を得ることができた。

0037

他の美顔器や顔用マッサージ器等に本発明を適用することができる。

図面の簡単な説明

0038

美顔器100を示す図。
美顔器100を示す図。

符号の説明

0039

10……頭頂部、
10a……真珠保持ホルダー、
13……第一押当面、
14……側面、
15……第二押当面、
20……把持部、
30……スプーン部、
40……カバー、
100……美顔器。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • ファミリーイナダ株式会社の「 マッサージ装置」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】エアセルがクッション部材を変形させて沈む虞がなく、マッサージ装置の構造および製造工程を簡素化でき、所望の位置にエアセルを配置することができ、所望の材質、厚み、硬さを備えたクッション部材を使用す... 詳細

  • ファミリーイナダ株式会社の「 マッサージ機」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】被施療者の身体部位に対して広範囲にマッサージを行い、さらに複雑な刺激を与えることができるマッサージ機を提供する。【解決手段】被施療者の上肢または下肢を支持する身体支持部を有し、身体支持部は、身... 詳細

  • 株式会社QUIXの「 関節部マッサージ器」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】膝などの屈曲した状態の関節部に気軽に装着して使用できる軽量かつコンパクトな関節部マッサージ器を提供すること。【解決手段】第一体部12と関節13と第二体部14の各部からなる、屈曲した状態の関節部... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ