図面 (/)

技術 収穫機

出願人 井関農機株式会社松元機工株式会社
発明者 石田伊佐男小田切元高木真吾岩部孝章松元芳見松元重信
出願日 2006年6月27日 (13年11ヶ月経過) 出願番号 2006-176831
公開日 2008年1月17日 (12年5ヶ月経過) 公開番号 2008-005715
状態 特許登録済
技術分野 収穫機本体(5)(特定作物用)
主要キーワード チョッピング装置 送り突起 後退角α 把持ローラ 抜き空間 引込み装置 付着滞留 寄せ効果
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2008年1月17日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

はね上げロータの各はね上げ板とロータ軸との間に抜き空間部を設けることで、掬い上げられた泥土をその空間部から下方に落下させ、泥土の付着、滞留を防止する。

解決手段

本発明は、切断カッター(6)で切断された茎稈根元側を後方へはね上げ搬送するはね上げロータ(7)であって、左右横方向に架設されたロータ軸(8)とこのロータ軸より放射方向に突設されたはね上げ板(9)とからなり、該はね上げ板(9)とロータ軸との間に泥抜き空間部(10)を開設する。

概要

背景

従来、引起し後のさとうきび茎稈ベースカッターによって切断し、切断後の茎稈を根元側から引込み装置に引き込ませ、後続搬送ローラによってチョッピング装置に向けて搬送処理するようにした構成のさとうきび収穫機が知られている(例えば、特許文献1参照)。
特開2004−337036号公報

概要

はね上げロータの各はね上げ板とロータ軸との間に抜き空間部を設けることで、掬い上げられた泥土をその空間部から下方に落下させ、泥土の付着、滞留を防止する。 本発明は、切断カッター(6)で切断された茎稈の根元側を後方へはね上げ搬送するはね上げロータ(7)であって、左右横方向に架設されたロータ軸(8)とこのロータ軸より放射方向に突設されたはね上げ板(9)とからなり、該はね上げ板(9)とロータ軸との間に泥抜き空間部(10)を開設する。

目的

本発明は、上記問題点を解消することを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

切断刃(6)で切断された茎稈根元側を後方の引はね上げ搬送をするはね上げロータ(7)を備え、該はね上げロータ(7)は左右横方向に架設されたロータ軸(8)とこのロータ軸より放射方向に突設されたはね上げ板(9)とからなり、該はね上げロータ(7)のはね上げ板(9)にはこの軸芯側基部において抜き空間部(10)を開口して設けてあることを特徴とする収穫機

請求項2

前記はね上げ板(9)は、左右両端を左右横軸芯回りに回転可能な左右軸継手(11,11)と一体化した構成としてあることを特徴とする請求項1記載の収穫機。

請求項3

前記はね上げ板(9)は、回転方向に対して先端が後位となるよう所定の後退角(θ)をもたせた構成としてあることを特徴とする請求項1記載の収穫機。

技術分野

0001

本発明は、さとうきび等の立毛茎稈刈り取りながら収穫する収穫機に関する。

背景技術

0002

従来、引起し後のさとうきび茎稈をベースカッターによって切断し、切断後の茎稈を根元側から引込み装置に引き込ませ、後続搬送ローラによってチョッピング装置に向けて搬送処理するようにした構成のさとうきび収穫機が知られている(例えば、特許文献1参照)。
特開2004−337036号公報

発明が解決しようとする課題

0003

かかる従来技術のものでは、ベースカッターから切断後の茎稈を引き込ませる引込み装置への茎稈引込み性能が悪く、そのため、ベースカッターと引込み装置との間に切断後の茎稈を根元側から後方の引込み装置へはね上げ搬送するはね上げロータを設けることによって性能向上を試みたが、この種のはね上げロータは、横向きのパイプ軸から数枚のはね上げ板を放射方向に突設させ、この軸とはね上げ板とは溶着手段によって一体的に連接構成したもので(図17図18参照)あった為、茎稈のはね上げ搬送時に圃場泥土が掬い上げられて軸と各はね上げ板との間に付着し、これが積り積もって押し固められて本来の機能を果たさなくなり、以後の引込み搬送処理に支障をきたし、詰りなどの搬送トラブルを惹き起こす問題があった。

0004

本発明は、上記問題点を解消することを目的とする。

課題を解決するための手段

0005

本発明は、上述した課題を解決するために、次の如き技術手段を講じる。すなわち、請求項1記載の本発明は、切断刃(6)で切断された茎稈の根元側を後方の引はね上げ搬送をするはね上げロータ(7)を備え、該はね上げロータ(7)は左右横方向に架設されたロータ軸(8)とこのロータ軸より放射方向に突設されたはね上げ板(9)とからなり、該はね上げロータ(7)のはね上げ板(9)にはこの軸芯側基部において抜き空間部(10)を開口して設けてあることを特徴とする。

0006

引起し後のさとうきび茎稈は、根元が切断カッター(6)によって切断され、切断された茎稈は、はね上げロータ(7)によって根元側から後方へはね上げ搬送され、後続の引込み装置に引き継がれる。

0007

はね上げ板(9)によって圃場の泥土などが茎稈と共に掬い上げられても、その泥土ははね上げ板(9)とはね上げ板(9)との間に付着滞留することがなく、速やかに泥抜き空間部(10)から下方に落下し、以後の搬送に支障をきたすことがない。

0008

請求項2記載の本発明は、請求項1において、前記はね上げ板(9)は、左右両端を左右横軸芯回りに回転可能な左右軸継手(11,11)と一体化した構成としてあることを特徴とする。

0009

はね上げ板(9)の泥抜き空間部(10)に対応する部分の軸を廃止することができるので、泥落し効果がより良く発揮できて泥土の詰りや付着がなくなる。
請求項3記載の本発明は、請求項1において、前記はね上げ板(9)は、回転方向に対して先端が後位となるよう所定の後退角(θ)をもたせた構成としてあることを特徴とする。

0010

ロータ軸(8)との隙間を大きくとることができて泥落し効果が一層良くなる。また、葉などの持ち回りも少なくなり、茎稈のはね上げ搬送効果が向上する。

発明の効果

0011

請求項1の本発明によれば、はね上げロータ(7)の各はね上げ板(9)…には泥抜き空間部(10)を開口しているので、泥土が茎稈と共に掬い上げられても、その空間部から速やかに下方に落下させることができ、泥土の付着、滞留を防止でき、詰りなどによる搬送トラブルを惹き起こしにくくなる。

0012

また、請求項2の本発明によれば、請求項1の発明による効果を奏するものでありながら、はね上げ板の泥抜き空間部に対応する部分の軸を廃止することができるので、泥落し効果がより良く発揮できて泥土の詰りや付着が少なくなる。

0013

請求項3の本発明によれば、請求項1の発明による効果を奏するものでありながら、はね上げ板が所定の後退角(θ)を保持しているので、ロータ軸との隙間を大きくとることができて泥落し効果が一層良くなる。また、葉屑などの持ち回りが少なくなり、茎稈のはね上げ搬送効果もより向上することになる。

発明を実施するための最良の形態

0014

以下、本発明の実施例を図面に基づいて具体的に説明する。
まず、1実施態様としてさとうきび収穫機の構成例について説明する。
図1図2において、さとうきび収穫機を構成する車体1の下部には左右一対走行クロ−ラ2,2を設けると共に、該車体1の前部には操作ポスト28を設ける。また、該操作ポスト28に左右クラッチレバー45a,45bを設ける。そして、該左右クラッチレバー45a,45bのいずれか一方を操作することによって該左右クラッチレバー45a,45bに繋がる走行クラッチ(図示せず)の操作側切れ、前記走行クローラ2,2の駆動スプロケット(図示せず)への伝動遮断されることによって、機体が左右クラッチレバー45a,45bのうち操作側に操向され、沿いに機体を走行させることができる。車体1の前方には、立毛茎稈を分草する左右の分草体3,3と、分草後の茎稈を引き起こす2列のクロップリフタ4,4が設けられている。クロップリフタ4,4は、上端が後位となるよう傾斜し回転することによって茎稈を引き起こすように構成している。左右の分草体3,3の後方中央部には、油圧式駆動モータ37の駆動力伝動ケース36に入力するように構成し、該伝動ケース36から下方へ延出した回転軸35の下端部に円板34を固定する。そして、該円板34の外周部に所定間隔をおいて4枚の切断カッター6をボルト38によって交換可能に締結固定する。また、前記回転軸35の外周面には、軸心方向に沿う2枚の掻込板41,41を180度間隔で取り付ける。なお、前記回転軸35は、前高後低状に傾斜させて設ける。また、前記掻込板41,41の自由端縁部は、波状又は凹凸状に形成して茎稈の掻込作用を向上させる。該掻込ロータ5,5の切断カッター6,6の直後には、切断後の茎稈を根元側からはね上げ搬送して後方の引込み装置15に引き継がせるはね上げロータ7が設けられている。このはね上げロータ7は、左右横方向に回転駆動可能に架設するロータ軸8と、該ロータ軸から放射方向に突設するはね上げ板9とからなり、モータ42によって回転駆動する。そして、各はね上げ板9…とロータ軸8との間には泥抜き空間部10が開口して設けられ、茎稈はね上げ時に、切断後の茎稈と共に泥土が掬い上げられてもその空間部10から速やかに下方に落下するようになっている(図3及び図4参照)。

0015

引込み装置15は、回転軸43の外周面に軸心方向に沿う複数(4枚)の引込み板44を取り付けて引込みローラ16,16を構成し、該引込みローラ16,16を複数(6枚)上下に対設することによって構成するもので、はね上げロータ7からの茎稈を根元側から受け継いでローラ16,16間に引き込ませるようになっている。また、引込みローラ16,16に続いて搬送ローラ17及び脱葉ローラ18が上下2段に複数列に配置されている。搬送ローラ17によって搬送される茎稈は、後方に配置されたチョッピング装置19に向けて搬送されるが、この搬送途中で脱葉ローラ18によって大きな葉が剥ぎ取られるようになっている。チョッピング装置19は、上下一対のローラからなる把持ローラ19a,19aと細断カッター19bとからなり、送られてきた茎稈を把持しながら短く切断するようになっている。チョッピング装置19によって所定長さに切断された茎稈は、回転投出板20により収納袋21内に投出され収納されるようになっており、重量の比較的軽いトラッシュ吸上げ装置22によって吸い上げられ排出口から機外に排出されるようになっている。

0016

なお、前記分草体3及びクロップリフタ4は、操作ポスト28に設けられる操作レバー28aを操作することによって、昇降用油圧シリンダ25aの伸縮作動により、昇降用平行リンク機構26を介して昇降するようになっている。また、掻込ロータ5、切断カッター6、はね上げロータ7及び引込み装置15は、同じ支持枠体24内にあるため、前記操作ポスト28に設けられる操作レバー28bを操作することによって、油圧シリンダ25bが伸縮動作することにより、該支持枠24が支点P回りに上下動する構成としている。図1図2中、27は運転席を示す。

0017

次に前記はね上げロータ7の構成例について、更に詳しく説明する。
図5及び図6に示す実施例は、はね上げ板9の左右両端部を、左右の支持枠体24、24に軸支された回転駆動可能な左右のフランジ11,11と一体化して、図3及び図4に示す泥抜き空間部10に対応する部分の軸8を廃止した構成としている。これにより、上記図3及び図4の構成例に増して軸8の欠如する分だけ泥抜き効果がより良く発揮できる。なお、各はね上げ板の中間部に補強板を設けることは可能である。

0018

図7及び図8の実施例は、上記図3及び図4に示す実施例において、かかるはね上げ板9においては、この回転方向に対して先端が後位となるよう所定の後退角(θ)を保持させ、左右の円盤12,12に固着した構成としている。これによれば、回転軸8との隙間が大きくとれることになって、入り込んだ泥の排出落下が容易にでき、また、葉屑などの持ち回りが少なくなると共に、茎稈のはね上げ搬送効果も高めることができる。

0019

図9図11に示す実施例は、はね上げ板9を図示の如く帯板形状として前記フランジ11,11に取り付け、後退角αを持たせた構成としている。このはね上げ帯板9は、後退角αをもたせることによって土の掬い上げが少なくなるばかりでなく、茎稈の掬い上げ性能も向上することになる。また、はね上げ帯板9の先行回転する側に波型突起9aを設けるようにすれば、引込み装置15側への送り込み性能をより高めることができる。なお、上記帯板構成では、左右方向の長さが長くなると強度的に弱くなるので、中間部あたりに補強板13を設けることで強化するようにしている。

0020

また、図12及び図13に示すように、はね上げ板9(図4参照)及びはね上げ帯板9(図10参照)の左右両端側は、その外端縁を切断カッター6の外周(回転軌跡)に沿わせる円弧形状R1,R2とし、横ズレした茎稈を中央側に寄せながらはね上げるように構成している。また、図12図13に示す円弧形状部R1,R2、又は、図14図16にも示されているように、はね上げ(帯)板9の外端縁部には、左右両端側から中央側への送り機能をもたらすラック状送り突起9bを設けることで、横ズレした茎稈を中央側に向けて確実に寄せながらはね上げることができ、引込み装置への茎稈引継ぎが的確に行えるため、性能が向上する。

0021

更に、上記はね上げ板及び帯板9には、図12図13図15図16に示すように、その中央部の外端縁が左右両端側より遅れて回るように回転径大とする中央膨出部9cを設けることで、茎稈の中央側への寄せ効果並びにはね上げ効果をより高めることができる。

0022

また、図17図18に示すように、ロータ軸29に泥抜き空間部30を開口して設けてある複数のはね上げ板31を放射方向に突設した引込みローラ32を上下2列に平行な位相に並べて設ける。そして、円板34と回転軸35に、板材をL字に歪曲させた掻込刃33を、該掻込刃33と回転軸35の間に泥抜き空間部40が確保されるように取り付けて構成される左右一対の掻込ロータ39,39を設ける。これによって、作物とともに掻き上げられる泥土を該泥抜き空間部30及び40から落下させられるため、引込みローラ32や掻込ロータ39に泥土が詰まりにくくなり、茎稈のはね上げ搬送効果を高めることができると共に、収穫作業後のメンテナンスにかかる労力を軽減することができる。

0023

本発明に係る参考例として、図19図20に示すように、掻込ロータ5を左右一対に設け、その直後に前述の図1図16に示されるはね上げロータ7を設けない構成とする。そして、該左右一対の掻込ロータ5の後方に複数の引込みローラ16を上下2列に平行な位相に並べて設ける構成とする。このような構成とすることによって、前記左右一対の掻込ロータ5に掻き込まれる作物を、掻込ロータ5に最も近接する下段の引込みローラ16が前述のはね上げロータ7のように作用して作物を後方へとはね上げ搬送することができる。これにより、該参考例のさとうきび収穫機は図1図16と略同程度の引き込み搬送効果が得られるとともに、コストダウンを図ることができる。なお、前記左右一対の掻込ロータ5及び引込みローラ16には、図17図18の引込みローラ32及び掻込ロータ39に設けられる空間部30,40に該当する空間部を設けていない。

図面の簡単な説明

0024

さとうきび収穫機の側面図
同上正面図
同上収穫機の要部の側面図
同上要部の平面図
別実施例の収穫機要部の側面図
同上要部の平面図
別実施例の収穫機要部の側面図
同上要部の平面図
別実施例の収穫機要部の側面図
同上要部の平面図
同上要部正面図
別実施例の収穫機要部の平面図
同上別実施例の平面図
同上別実施例の平面図
同上別実施例の平面図
同上別実施例の平面図
別実施例の側面図
別実施例の平面図
参考例の側面図
参考例の平面図

符号の説明

0025

7はね上げロータ8ロータ軸
9 はね上げ板 10泥抜き空間部
11フランジθ はね上げ板の後退角

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 伊東電機株式会社の「 収穫装置」が 公開されました。( 2020/04/02)

    【課題】本発明は、従来の収穫装置に比べて効率良く収穫可能な収穫装置を提供することを課題とする。【解決手段】収穫物が栽培された栽培トレイから収穫物の被収穫部を収穫するものであり、収穫物の一部を切断する切... 詳細

  • ヤンマー株式会社の「 作業車両」が 公開されました。( 2020/04/02)

    【課題】畝間が狭く傾斜地を有する圃場においても、低重心化が図られ、地面に対する滑りなどによる意図しない旋回が防止され、安定した走行ができる作業車両を提供する。【解決手段】作業車両1は、モータ26を含む... 詳細

  • 株式会社エンジニアリングフジキの「 草刈り装置及び草刈り回収装置」が 公開されました。( 2020/03/26)

    【課題】 本発明は、傾斜面や広い範囲の草刈り作業及び回収作業を効率的に行うことのできる草刈り機及び草刈り機によって刈られた草を回収する回収装置を具備する草刈り回収装置を提供する。【解決手段】 本発... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ