図面 (/)

技術 ファンシステム

出願人 台達電子工業股ふん有限公司
発明者 菫育龍林侑良黄躍龍
出願日 2007年6月22日 (13年7ヶ月経過) 出願番号 2007-165537
公開日 2008年1月10日 (13年1ヶ月経過) 公開番号 2008-005695
状態 拒絶査定
技術分野 電池の充放電回路 直流の給配電 電池等の充放電回路
主要キーワード 一コンデンサー 電子設備 ファンシステム パルスサイクル パワー消費 一入力端子 最低回転速度 ターンオン期間
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2008年1月10日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (9)

課題

電力供給の要否をコントロールし、ファンが停止している時は、同時にスタンバイ電力の供給を停止して、ファンの周辺素子電力消費し続けるのを回避するファンシステムを提供する。

解決手段

ファンシステム3は、入力信号S1及び電源出力S2を受けると共に、モーター31、駆動装置32及びスイッチコントロール装置33を備える。駆動装置32は、入力信号S1及び電源出力S2を受けると共に、その信号に基づいてモーター31を駆動させる。スイッチコントロール装置33は、コントロールユニット331及びスイッチユニット332を備える。このコントロールユニット331は初期設定値D2を有する。入力信号S1が初期設定値D2より小さい時、コントロールユニット331がコントロール信号S3を送信する。スイッチユニット332はそのコントロール信号S3に基づいて、電源出力S2の送信を停止させる。

概要

背景

電子設備に高い機能が要求されるに伴い、各種付属設備も多くなっている。電子設備がスタンバイ状態の時は、快速起動状態を維持するために、電子設備が使用するのに提供するための電力がわずかに保存される。電子設備がスタンバイ状態の時は、システムは作動を停止しているものの、電子設備(例えば、ファン)の周辺素子あるいは回路は、電子設備に残っている少量の電力を受けて、これを消耗する。そうすると、電子設備の品質及び電気消費量に影響する。ノートブックパソコン等の電池等を必要とする製品例外ではない。

ノートブックパソコンのファンを例に説明する。図1に示したように、従来のファンシステム1は、駆動コントロール装置11、モーター12及び複数のファンの周辺素子13を有し、それぞれ外部から入力されるパルス幅調整信号(pulse width modulation, PWM)SPWM及び電源Vdを受ける。この駆動コントロール装置11は、ファンの運転を停止させる初期設定値D1を有する。ノートブックパソコンがスタンバイ状態で動作が停止される時、このパルス幅調整信号SPWMは初期設定値D1より低く、駆動コントロール装置11がモーター12の運転を停止させる。

概要

電力供給の要否をコントロールし、ファンが停止している時は、同時にスタンバイ電力の供給を停止して、ファンの周辺素子が電力を消費し続けるのを回避するファンシステムを提供する。ファンシステム3は、入力信号S1及び電源出力S2を受けると共に、モーター31、駆動装置32及びスイッチコントロール装置33を備える。駆動装置32は、入力信号S1及び電源出力S2を受けると共に、その信号に基づいてモーター31を駆動させる。スイッチコントロール装置33は、コントロールユニット331及びスイッチユニット332を備える。このコントロールユニット331は初期設定値D2を有する。入力信号S1が初期設定値D2より小さい時、コントロールユニット331がコントロール信号S3を送信する。スイッチユニット332はそのコントロール信号S3に基づいて、電源出力S2の送信を停止させる。

目的

本発明は、電力供給の要否をコントロールし、ファンが停止している時は、同時に電力の供給を停止して、ファンの周辺素子が電力を消費し続けるのを回避するファンシステムを提供することを課題とする。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

モーターと、前記モーターに電気的に接続され、電源出力を受けることによって前記モーターを駆動する駆動装置と、入力信号を受けて前記駆動装置への前記電源出力の供給をコントロールするためのスイッチコントロール装置とを含み、前記スイッチコントロール装置は、前記駆動装置への前記電源出力の供給をスイッチングするためのスイッチユニットと、前記入力信号を受けて前記スイッチユニットをコントロールするためのコントロールユニットとで構成され、前記コントロールユニットは初期設定値を有し、前記入力信号と前記初期設定値とを比較することによりコントロール信号を前記スイッチユニットに送り、前記コントロール信号により前記スイッチユニットによる前記駆動装置への前記電源出力の供給をコントロールする、ファンシステム

請求項2

前記初期設定値は前記ファン最低回転速度値であることを特徴とする、請求項1に記載のファンシステム。

請求項3

前記入力信号はパルス幅調整信号(PWM)あるいはカウント値であり、前記電源出力は電圧あるいは電流であることを特徴とする、請求項1に記載のファンシステム。

請求項4

前記コントロールユニットは、その一端は電源出力を受け、他端は入力信号を受ける第一抵抗器と、その一端は第一抵抗器の前記他端に電気的に接続され、その他端は接地される第二抵抗器と、その一端は前記入力信号を受ける第三抵抗器と、その一端は前記電源出力を受け、前記第一抵抗器の前記一端に電気的に接続される第四抵抗器と、そのゲートは前記第三抵抗器の他端に電気的に接続され、そのドレインは前記第四電抵抗器の他端に電気的に接続され、そのソースは接地される第一トランジスタと、その一端は前記第四抵抗器の前記他端及び前記第一トランジスタの前記ドレインに電気的に接続される第五抵抗器と、その一端は前記第五抵抗器の前記他端に電気的に接続され、その他端は接地される第一コンデンサーとを備えることを特徴とする、請求項1に記載のファンシステム。

請求項5

前記コントロールユニットは、その一端は前記電源出力を受け、その他端は前記入力信号を受ける第六抵抗器と、その一端は前記第六抵抗器の前記他端に電気的に接続され、その他端は接地される第七抵抗器と、その一端は電源出力を受ける第八抵抗器と、その第一入力端子は前記第八抵抗器の前記他端に電気的に接続され、その第二入力端子は前記入力信号を受ける演算増幅器と、その一端は前記演算増幅器の前記第一入力端子に電気的に接続され、その他端は接地される第九抵抗器と、その一端は前記電源出力を受ける第十抵抗器と、その一端は前記演算増幅器の出力端子に電気的に接続され、その他端は前記第十抵抗器の他端に電気的に接続される第十一抵抗器と、その一端は前記第十一抵抗器の他端に電気的に接続され、その他端は接地されるコンデンサーを備えることを特徴とする、請求項1に記載のファンシステム。

請求項6

前記コントロールユニットはプロセッサーであることを特徴とする、請求項1に記載のファンシステム。

請求項7

前記プロセッサーはカウント素子を有し、前記入力信号のターンオンサイクル数あるいはターンオン・パルス数をカウントすることを特徴とする、請求項6に記載のファンシステム。

請求項8

前記入力信号のターンオン・サイクル数をカウントする時、前記初期設定値はパルスサイクル数の値、あるいは、前記入力信号のターンオン・パルス数をカウントする時、前記初期設定値はパルス数の値であることを特徴とする、請求項7に記載のファンシステム。

請求項9

前記スイッチユニットは、第二トランジスタを備え、そのゲートは前記コントロール信号を受け、そのソースは前記電源出力を受け、そのドレインは前記駆動装置に電気的に接続されることを特徴とする、請求項1に記載のファンシステム。

請求項10

前記コントロール信号は高電位信号あるいは低電位信号であることを特徴とする、請求項1に記載のファンシステム。

請求項11

前記入力信号は前記駆動装置から送信されることを特徴とする、請求項1に記載のファンシステム。

技術分野

0001

本発明は、ファンシステムに関し、特に電源供給の要否をコントロールすることが可能なファンシステムに関する。

背景技術

0002

電子設備に高い機能が要求されるに伴い、各種付属設備も多くなっている。電子設備がスタンバイ状態の時は、快速起動状態を維持するために、電子設備が使用するのに提供するための電力がわずかに保存される。電子設備がスタンバイ状態の時は、システムは作動を停止しているものの、電子設備(例えば、ファン)の周辺素子あるいは回路は、電子設備に残っている少量の電力を受けて、これを消耗する。そうすると、電子設備の品質及び電気消費量に影響する。ノートブックパソコン等の電池等を必要とする製品例外ではない。

0003

ノートブックパソコンのファンを例に説明する。図1に示したように、従来のファンシステム1は、駆動コントロール装置11、モーター12及び複数のファンの周辺素子13を有し、それぞれ外部から入力されるパルス幅調整信号(pulse width modulation, PWM)SPWM及び電源Vdを受ける。この駆動コントロール装置11は、ファンの運転を停止させる初期設定値D1を有する。ノートブックパソコンがスタンバイ状態で動作が停止される時、このパルス幅調整信号SPWMは初期設定値D1より低く、駆動コントロール装置11がモーター12の運転を停止させる。

発明が解決しようとする課題

0004

しかしながら、モーター12が運転を停止していても、少量の電力がファンシステム1に送られているため、これらの周辺素子13はやはり電力を消費し続ける。ノートブックパソコンが電池によって電力が供給される場合、これらの周辺素子13は電池の電力を徐々に使い果し、ノートブックをただちに起動あるいは使用することができないという状況が発生する。

0005

上述のような状況は、ノートブックパソコンだけに限らず、その他の電池を使用して電力供給する様々な電子設備あるいは製品でも、同様の状況が発生する可能性がある。スタンバイあるいはシャットダウンの場合でも、ファンの周辺素子は電力を消費し続けているため、電子設備あるいは製品は、最終的には電池を消耗し切って、直ちに起動あるいは使用することができない。このため、消費電力量を重視する電子設備あるいは製品に与える影響は非常に大きく、使用効率が悪くなるだけでなく、電力の浪費にもつながる。

0006

本発明は、電力供給の要否をコントロールし、ファンが停止している時は、同時に電力の供給を停止して、ファンの周辺素子が電力を消費し続けるのを回避するファンシステムを提供することを課題とする。

課題を解決するための手段

0007

上述の課題を解決するために、本発明は電力供給の要否をコントロールして、ファンが低速あるいは停止状態の時、同時に電力の供給を停止することにより、ファンの周辺素子が電力を消費し続けるのを回避するファンシステムを提供することを目的とする。

0008

上述の目的を達成するために、本発明のファンシステムは、入力信号及び電源出力を受けると共に、モーター、駆動装置及びスイッチコントロール装置を備えることを特徴とする。駆動装置は、モーターに電気的に接続されて、入力信号及び電源出力を受けると共に、その供給に基づいてモーターを駆動させる。スイッチコントロール装置は、駆動装置に電気的に接続されると共に、コントロールユニット及びスイッチユニットを備える。このコントロールユニットは初期設定値を有し、入力信号及び電源出力を受ける。入力信号が初期設定値より小さい時、コントロールユニットがコントロール信号を送信する。スイッチユニットはコントロールユニットに電気的に接続され、コントロール信号を受けると共に、そのコントロール信号に基づいて、電源出力の供給を停止させる。

0009

このように、本発明のファンシステムは、入力信号が初期設定値と直接比較、あるいは、入力信号のターンオンパルス数あるいはターンオンサイクル数を計算する方式によって、さらに初期設定値と比較されることにより、入力信号が初期設定値より小さい時は、スイッチコントロール装置が電源出力を駆動装置に送信することを停止するか否かを判断して、モーターの運転を停止させる。従来の技術に比べ、本発明のファンシステムは、スイッチコントロール装置が入力信号と初期設定値とを比較することにより、ファンシステムの電源が切断された時、ただちにファンシステムにスタンバイ電力を提供することが停止されることにより、ファンシステム及びその周辺回路、周辺素子が無駄に電力を消耗するのを回避する。また、本発明は、パワー消費率が極めて低い電気回路から構成されており、回路全体電流を低く抑えてコントロールするため、環境保護を目的とするグリーンエコロジーの精神に適合し、エネルギーの節約が可能である。

発明の効果

0010

本発明のファンシステムは、スイッチコントロール装置が入力信号と初期設定値とを比較することにより、ファンシステムの電源が切断された時、ただちにファンシステムにスタンバイ電力を提供することが停止されることにより、ファンシステム及びその周辺回路、周辺素子が無駄に電力を消耗するのを回避する。また、本発明は、パワー消費率が極めて低い電気回路から構成されており、回路全体の電流を低く抑えてコントロールすることができる。したがって、環境保護を目的とするグリーンエコロジーの精神に適合し、エネルギーの節約が可能である。

発明を実施するための最良の形態

0011

以下に、図を参照しながら、本発明の好適な実施例のファンシステムについて説明する。

0012

図2に示したように、本発明の好適な実施例のスイッチコントロール装置2は、外部の入力信号S1及び電源出力S2を受け、スイッチコントロール装置2はコントロールユニット21及びスイッチユニット22を有する。本実施例の入力信号S1は、パルス幅調整信号(PWM)あるいはカウント値であり、電源出力S2は電圧あるいは電流である。

0013

コントロールユニット21は初期設定値D2を有し、入力信号S1及び電源出力S2を受ける。同時に、図2及び図3を参照しながら説明する。本実施例において、入力信号S1がパルス幅調整信号である時、コントロールユニット21は入力信号S1(図3の(a))と初期設定値D2(図3の(c))を比較する。例えば、デューティーサイクル(duty cycle)の比較である。入力信号S1の値が初期設定値D2より小さい時(図3の(b)及び(c)の比較)、コントロールユニット21はコントロール信号S3を送信する。コントロールユニット21は実際には特に制限はなく、コントロール回路あるいはプロセッサーでも可能である。

0014

図4を参照しながら説明する。コントロールユニット21がコントロール回路である時、このコントロール回路は第一抵抗器R1、第二抵抗器R2、第三抵抗器R3、第四抵抗器R4、第一トランジスタQ1、第五抵抗器R5及び第一コンデンサーC1を備える。第一抵抗器R1の一端は電源出力S2を受け、他端は入力信号S1を受ける。第二抵抗器R2の一端は第一抵抗器R1の他端に電気的に接続され、他端は接地される。第三抵抗器R3の一端は入力信号S1を受ける。第四抵抗器R4の一端は電源出力S2を受け、第一抵抗器R1の一端に電気的に接続される。第一トランジスタQ1のゲートは第三抵抗器R3の他端に、そのドレインは第四電抵抗器R4の他端に電気的に接続され、そのソースは接地される。第五抵抗器R5の一端は第四抵抗器R4の他端及び第一トランジスタQ1のドレインに電気的に接続される。第一コンデンサーC1の一端は第五抵抗器R5の他端に電気的に接続され、その他端は接地される。本実施例において、第一抵抗器R1と第二抵抗器R2はバイアス効果を有する。第三抵抗器R3は電流を制限するためのものである。第一トランジスタQ1は特に制限はなく、ここではNMOSトランジスタを例とする。

0015

また、図5を参照しながら説明する。コントロールユニット21が他のコントロール回路で実施される場合、このコントロール回路は、第六抵抗器R6、第七抵抗器R7、第八抵抗器R8、第九抵抗器R9、第十抵抗器R10、第十一抵抗器R11、演算増幅器OP及び第二コンデンサーC2を備える。第六抵抗器R6の一端は電源出力S2を受け、他端は入力信号S1を受ける。第七抵抗器R7の一端は第六抵抗器R6の他端に電気的に接続され、その他端は接地される。第八抵抗器R8の一端は電源出力S2を受ける。演算増幅器OPの第一入力端子I1は第八抵抗器R8の他端に電気的に接続される。第二入力端子I2は入力信号S1を受ける。第九抵抗器R9の一端は演算増幅器OPの第一入力端子I1に電気的に接続され、他端は接地される。第十抵抗器R10の一端は電源出力S2を受ける。第十一抵抗器R11の一端は演算増幅器OPの出力端子Oに電気的に接続され、他端は第十抵抗器R10の他端に電気的に接続される。第二コンデンサーC2の一端は第十一抵抗器R11の他端に電気的に接続され、その他端は接地される。

0016

本実施例において、コントロールユニット21がプロセッサーである時、カウンティング素子211(図6に示す)を有する。この時、入力信号S1はカウント値である。このカウンティング素子211が入力信号S1のターンオン・パルス数(図7に示す)をカウントすることにより、入力信号S1がターンオン・パルス数である時、初期設定値D2はパルス数の値である(図7の(c)に示す)。

0017

さらに、図2図4図6を参照しながら説明する。本実施例において、スイッチユニット22はコントロールユニット21に電気的に接続され、コントロール信号S3を受け、そのコントロール信号に基づいて、電源出力S2の送信を停止する。本実施例におけるスイッチユニット22は特に制限はなく、第二トランジスタQ2(図4あるいは図5に示す)でも可能である。第二トランジスタQ2のゲートはコントロール信号S3を、そのソースは電源出力S2を受ける。そのドレインは駆動装置(図示はされない)に電気的に接続される。そして、第二トランジスタQ2は特に制限はなく、ここではPMOSトランジスタを例とする。

0018

本実施例のスイッチコントロール装置2の動作は以下の通りである。コントロールユニット21はコントロール回路(図4に示す)であり、通常は入力信号S1は第一抵抗器R1及び第二抵抗器R2によって受け、バイアスされる。さらに、第三抵抗器R3で電流が制限された後、第一トランジスタQ1に送られる。通常運転時、入力信号S1のデューティー・サイクル(例えば60%)は初期設定値D2のデューティー・サイクル(例えば50%)(図3の(a)と(c)を比較)より大きく、第一トランジスタQ1は、ターンオフの時間がターンオンの時間より多くなって、第一コンデンサーC1は第五抵抗器R5及び第一トランジスタQ1によって放電される時間が長くなることになる。この時、コントロール信号S3は低電位の信号で、スイッチユニット22に送られる。入力信号S1のデューティーサイクル(例えば10%)が初期設定値D2のデューティーサイクル(例えば50%)(図3の(b)と(c)を比較)より大きい場合(スタンバイ状態)、第一トランジスタQ1のターンオン時間ターンオフ時間よりはるかに少ない。電源出力S2は第四抵抗器R4及び第五抵抗器R5を経由することで、第一コンデンサーC1の充電時間を長くすることが可能である。さらに、この時、コントロール信号S3は高電位信号であり、スイッチユニット22に送信される。

0019

コントロールユニット21が図5に示すコントロール回路である時、電源出力S2は第八抵抗器R8及び第九抵抗器R9を経た降下電圧の値を初期設定値D2とする。そして、演算増幅器OPの第一入力端子I1に送られて受信される。入力信号S1は第六抵抗器R6及び第七抵抗器R7を経て電圧が降下され、演算増幅器OPの第二入力端子I2に送られ、演算増幅器OPによって比較される。通常運転時、入力信号S1(パルス幅調整信号)の電圧レベルが初期設定値D2より大きい時間が長くなる。故に、出力端子Oは第二コンデンサーC2をコントロールして、第十一抵抗器R11を経て放電する時間も長くなる。コントロール信号S3はすなわち低電位信号で、スイッチユニット22に送信される。逆に、演算増幅器OPが比較して、入力信号S1(パルス幅調整信号)の電圧レベルが初期設定値D2より小さい時間が長い時(スタンバイ状態)、出力端子Oは第二コンデンサーC2をコントロールし、第十抵抗器R10から電源出力S2を受信し、充電の時間も長くなる。この時、コントロール信号S3は高電位信号で、スイッチユニット22に送信される。

0020

図6を参照しながら説明する。コントロールユニット21がプロセッサーである場合、このプロセッサーのカウント素子211は、デューティー・サイクルにおいてカウントされる入力信号S1のパルス数である。通常運転時には、入力信号S1のターンオン・パルス数が1200(図7の(a))であり、初期設定値D2のパルス数値は1000(図7の(c))である。故に、入力信号S1のターンオン・パルス数は初期設定値D2のパルス数より大きく、コントロールユニット21が送信する出力信号S3は低電位信号であり、スイッチユニット2に送信される。入力信号S1のターンオン・パルス数が800(図7の(b))である時(スタンバイ状態)、初期設定値D2のパルス数より小さく、コントロールユニット21がアウトプットするコントロール信号S3は高電位信号である。

0021

通常運転時において、スイッチユニット22(図2図4図6に示す)が受けるコントロール信号S3が低電位信号となり、第二トランジスタQ2はターンオンの状態であり、電源出力S2はスイッチユニット22を介して駆動装置に送信される。コントロール信号S3が高電位信号の時は、第二トランジスタQ2はターン・オフの状態となり、スイッチユニット22は通電せず、ただちに電源出力S2の送信を停止する。そして、入力信号S1のデューティー・サイクルが初期設定値D2のデューティー・サイクルより大きい時間が長い(図3に示す)か、あるいは、入力信号S1の電圧レベルが初期設定値D2より大きい時間が長いか、あるいはまた、入力信号S1のデューティー・サイクル内のターンオン・パルス数(図7に示す)が初期設定値D2のパルス数より大きい時、いずれもコントロール信号S3である低電位信号がスイッチユニット22に送信されて、スイッチユニット22に再び電源出力S2を送信させる。

0022

スイッチコントロール装置2は、コントロールユニット21を介して、入力信号S1と初期設定値D2を直接比較するか、あるいは、カウント素子211がカウント後、再び初期設定値D2と比較する。そして、入力信号S1のデューティー・サイクルが初期設定値D2より小さい時間が長い時、あるいは、入力信号S1の電圧レベルが初期設定値D2より小さい時間が長い時、あるいは、入力信号S1のターンオン・パルス数が初期設定値D2のパルス数より小さい時、上述の比較方式によって、コントロールユニット21、31がコントロール信号S3を発生、送信することで、スイッチユニット22、32がコントロール信号S3を受信し、この信号に基づいて、電源出力S2の送信が停止される。このような方式は、ファンシステムの電源が切断されている期間、スイッチコントロール装置2により、スタンバイ電力である電源出力S2が後半部分の回路に送信されるのを回避することができる。

0023

上述の各実施例において、入力信号S1と初期設定値D2の比較方式には特に制限はなく、実際の状況に応じて、入力信号の大きさを設定して、電源出力S2を送信する動作を停止させることが可能である。

0024

図8を参照しながら説明する。本発明の好適な実施例のファンシステム3は、外部からの入力信号S1及び電源出力S2を受けて、ファンシステム3はモーター31、駆動装置32及びスイッチコントロール装置33を備える。本実施例において、駆動装置32はそれぞれモーター31及びスイッチコントロール装置33に電気的に接続されて、入力信号S1及び電源出力S2を受け、その信号に基づいてモーター31を駆動させる。

0025

スイッチコントロール装置33は、コントロールユニット331及びスイッチユニット332を有する。このうち、コントロールユニット331及びスイッチユニット332は、上述の好適な実施例のコントロールユニット21及びスイッチユニット22(図2に示す)と同様の構成、動作及び機能を有する。故に、ここでは説明しない。本実施例のコントロールユニット331はコントロール回路(図4あるいは図5に示す)あるいはプロセッサー(図6に示す)である。

0026

本実施例のファンシステム3の動作は以下の通りである。通常運転時において、駆動装置32は電源出力S2を受け、モーター31を駆動させて回転させる。例えば、スタンバイ状態などの場合において、入力信号S1のデューティー・サイクルが初期設定値D2のデューティー・サイクルより小さい時間が長い時、スイッチコントロール装置33は電源出力S2の送信を停止して、駆動装置32が電源出力S2を受信できないことで、モーター31を駆動して回転させることを停止する。そして、入力信号S1が初期設定値D2より大きい時間が長くなった時に、スイッチコントロール装置33が再び電源出力S2を送信することにより、駆動装置32が電源出力S2によってモーター31を駆動させて回転させる。

0027

また、上述のようにデューティー・サイクル、電圧レベルあるいはターンオン・パルス数によって、電源出力S2を駆動装置32に送るか否かを判断する方法の外、実際には、コントロールユニット331も駆動装置32によって、パルス幅調整信号のような入力信号が受信される。コントロールユニット331は一定のサイクル内において、入力信号のターンオン・サイクル数をカウントすることが可能である。そして、プロセッサーの初期設定値(これもターンオン・サイクルである)と比較して、初期設定値より小さい時、コントロールユニット331は、スイッチユニット332をシャットダウンさせて、電源出力S2を駆動装置32に送るのを停止する。

0028

このように、本発明のファンシステム及びそのスイッチコントロール装置は、入力信号と初期設定値とを比較、あるいは、カウント素子によって入力信号のターンオン・パルス数をカウント、あるいは、ターンオン・サイクル数を初期設定値と比較することにより、上述の方式によって、入力信号が初期設定値より小さい時、スイッチコントロール装置が電源出力を駆動装置に送るか否かを判断して、モーターを駆動して運転するのを停止させる。従来の技術に比べ、本発明のファンシステムは、スイッチコントロール装置によって入力信号と初期設定値を比較して、ファンシステムの電源が切断された時、ただちにファンシステムにスタンバイ電力を供給するのを停止することができるため、ファンシステム及びその周辺回路、素子が電源を消耗するのを回避することができる。また、本発明はパワー消費率が極めて低い回路によって構成されているため、回路全体の消費電流を低く抑えてコントロールすることができる。したがって、環境保護を目的とするグリーンエコロジーの精神に適合し、エネルギーの節約が可能である。

0029

以上、本発明の実施例を図面を参照して詳述してきたが、具体的な構成は、これらの実施例に限られるものではなく、本発明の要旨を逸脱しない範囲の設計変更などがあっても、本発明に含まれる。

図面の簡単な説明

0030

従来のファンシステムを示す図である。
本発明の好適な実施例のスイッチコントロール装置を示す図である。
本発明の好適な実施例のスイッチコントロール装置の、デューティー・サイクル(duty cycle)における入力信号及び初期設定値を示す図である。
本発明の好適な実施例のスイッチコントロール装置の、コントロールユニットがコントロール回路であることを示す図である。
本発明の好適な実施例のスイッチコントロール装置の、コントロールユニットが他のコントロール回路であることを示す図である。
本発明の好適な実施例のスイッチコントロール装置の、コントロールユニットが他のプロセッサーであることを示す図である。
本発明の好適な実施例のスイッチコントロール装置の、ターンオン期間(turn-on period)内において、入力信号のパルス数及び初期設定のターンオン・パルス数を比較した図である。
本発明の好適な実施例のファンシステムを示す図である。

符号の説明

0031

1、3ファンシステム
11 駆動コントロール装置
12、31モーター
13周辺素子
2、33スイッチコントロール装置
21、331コントロールユニット
211カウンティング素子
22、332スイッチユニット
32駆動装置
C1 第一コンデンサー
C2 第二コンデンサー
D1、D2初期設定値
I1 第一入力端子
I2 第二入力端子
OP演算増幅器(オペアンプ
O出力端子
Q1 第一トランジスタ
Q2 第二トランジスタ
R1 第一抵抗器
R2 第二抵抗器
R3 第三抵抗器
R4 第四抵抗器
R5 第五抵抗器
R6 第六抵抗器
R7 第七抵抗器
R8 第八抵抗器
R9 第九抵抗器
R10 第十抵抗器
R11 第十一抵抗器
S1入力信号
S2電源出力
S3コントロール信号
SPWMパルス幅調整信号
Vd 電源

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ