図面 (/)

技術 マルチメディアブロードキャスト/マルチキャストサービスを支援する移動通信システムにおける専用チャンネルを用いた使用者端末機をページングする方法

出願人 サムスンエレクトロニクスカンパニーリミテッド
発明者 スン-オー・フワンクーク-フイ・イスン-ホ・チェ
出願日 2004年8月20日 (16年10ヶ月経過) 出願番号 2006-523791
公開日 2007年2月15日 (14年5ヶ月経過) 公開番号 2007-503158
状態 拒絶査定
技術分野 広域データ交換 移動無線通信システム
主要キーワード 判別作業 基本フィールド 接続チャンネル PtPモード 問合せ手順 専用トランス 制御情報メッセージ セッションスタート
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2007年2月15日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (10)

課題・解決手段

本発明は、マルチメディアブロードキャストマルチキャストサービス(MBMS)サービス支援する移動通信システムにおいて、専用チャンネルを介して使用者端末機(UE)を呼び出すための方法を提供する。呼出し方法は、符号分割多元接続(CDMA通信ステムにおいて、MBMSサービスに関連した制御情報が存在するかどうかを示すことができる。MBMSサービスを支援する無線ネットワーク制御器(SRNC)がMBMSサービスのセッションスタートメッセージを受信すると、無線ネットワーク制御器(CRNC)にMBMSサービスに対する送信モードを問い合せ、MBMSサービスを支援するための制御情報を含むMBMS制御チャンネル(MCCH)情報を獲得する。その後に、SRNCは、MCCH情報を含むページングメッセージをUEへ送信する。

概要

背景

最近、通信の技術の発達に伴って、従来の符号分割多元接続(Code Division Multiple Access:以下、CDMAと称する)技術を使用する移動通信システムから提供するサービスは、従来の音声サービスだけでなく、パケットデータ、サーキットデータなどのような大容量のデータを送信するパケットサービス通信システムと、マルチメディアサービス伝送することができるマルチメディアブロードキャスト通信システムとに発展している。従って、上記マルチメディアブロードキャスト通信システムを支援するためには、1つ、あるいは、複数のマルチメディアデータソースから複数のユーザー端末機(User Equipment:以下、‘UE’と称する)にサービスを提供するマルチメディアブロードキャスト/マルチキャストサービス論議されている。

MBMSサービスは、リアルタイム映像及び音声データ、静止画文字データなどのマルチメディア送信形態を支援し、上記マルチメディア送信データの適用に従って、音声データ及び映像データを同時に提供し、大量の送信リソースを要求する。また、同一のサービスに対して複数のUEが存在しうるとの観点から、MBMSサービスは、ブロードキャストチャンネルを介してUEへ提供できる。

MBMSサービスは、上記UEが要求したMBMSサービスを各UEへ提供する一対一(Point−to−Point;以下、‘PtP’と称する)送信モード及び上記複数のUEが要求した同一のMBMSサービスデータを複数のUEへ提供する一対多(Point to Multi−point;以下、‘PtM’と称する)送信モードを使用することができる。この場合に、上記PtP及びPtM送信モードは、1つのMBMSサービスに関連した該当MBMSサービスの受信を要求するUEの数又は上記MBMSサービスを支援することができるネットワーク送信電力に従って、各セル別に異なって選択される。

上記MBMSサービスを提供するためには、MBMSサービスの受信を望むUEに、上記MBMSサービスに関連した制御情報を送信しなければならない。上記制御情報を送信するためには、まず、制御情報が存在するか否かを知らせるための呼出し動作遂行されなければならない。

図1は、典型的な移動通信システムにおけるUEが、複数のセルから専用サービスを受信する過程を示す概念図である。

図1を参照すると、UE150は、MBMSサービスに参加(Joining)した状態で、MBMSサービスを受信せず、専用チャンネル(Dedicated Channel;DCH)を介して、音声サービス、あるいは、セルA100、セルB110、及びセルC120から他の専用サービスを受信する。この場合に、上記UEと送受信することができる上記複数のセル100、110、及び120の特定の地域をソフトハンドオーバー地域と称する。

MBMSサービスを開始する場合に、各セルを管理する基地局制御器(Radio Network Controller;以下、RNCと称する)は、上記各セルで、上記MBMSサービスの開始を示し、上記MBMSサービスは、PtPサービス、あるいは、PtMサービスによってなされるかどうかを判別して、上記MBMSサービスの送信チャンネル情報をMBMS制御チャンネル(MBMS Control Channel;以下、MCCHと称する)を介して送信した後に、MBMSデータを送信する。

この場合に、UE150は、上記セルA100、セルB110、セルC120から、すべてMBMSサービスを受信することができる。UE150がMBMSサービスの開始を知らせるメッセージを受信した後に、上記MBMSサービスがPtMモードでサービスされる場合に、UE150は、3つのセル100、110、120のうちのどんなセルで上記MBMSサービスを自身に送信するかを判断することができない。従って、UE150は、3つのセル100、110、120から送信されたすべてのMCCHを受信し、上記MCCHを介して受信されたMBMS無線ベアラー情報を通じて、3つのセル100、110、120のすべてからMBMSサービスを受信する。この場合に、上記無線ベアラー(Radio Bearer;RB)は、UTRANとUE150との間の有線無線接続通路を示す。

さらに、3つのセル100、110、120が、相互に異なる送信モードを使用してMBMSサービスの送信を決定する場合に、例えば、セルA100がPtP送信モードを使用して上記MBMSサービスの送信を決定する場合に、それ以外のセル110及び120は、PtM送信モードを使用してMBMSサービスの送信を決定し、UE150は、異なるモードで相互に異なるセルから 送信された同一のMBMSサービスを繰り返し受信する場合が発生する可能性があり、又は、セル100、110、120は、同一のUEに対して不必要なMBMSサービスを繰り返し送信する場合が発生する可能性があった。

概要

本発明は、マルチメディアブロードキャスト/マルチキャストサービス(MBMS)サービスを支援する移動通信システムにおいて、専用チャンネルを介して使用者端末機(UE)を呼び出すための方法を提供する。呼出し方法は、符号分割多元接続(CDMA)通信システムにおいて、MBMSサービスに関連した制御情報が存在するかどうかを示すことができる。MBMSサービスを支援する無線ネットワーク制御器(SRNC)がMBMSサービスのセッションスタートメッセージを受信すると、無線ネットワーク制御器(CRNC)にMBMSサービスに対する送信モードを問い合せ、MBMSサービスを支援するための制御情報を含むMBMS制御チャンネル(MCCH)情報を獲得する。その後に、SRNCは、MCCH情報を含むページングメッセージをUEへ送信する。

目的

上記背景に鑑みて、本発明の目的は、MBMSサービスを支援する移動通信システムにおいて、上記MBMSサービスに関連した制御情報が存在するか否かを複数のセルと通信しているUEへ通知する方法を提供することにある。

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
2件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

マルチメディアブロードキャストマルチキャスト(MBMS)サービス支援する移動通信システムにおける使用者端末機(UE)をページングする方法であって、MBMSサービスを支援する無線ネットワーク制御器(SRNC)が前記使用者端末機が加入したMBMSサービスの開始を認識すると、前記使用者端末機と通信している複数のセルを制御する少なくとも1つ以上の無線ネットワーク制御器(CRNC)から前記MBMSサービスに応じて送信モードを要求するステップと、前記要求された結果に従って、前記MBMSサービスを支援するための制御情報を含むMBMS制御チャンネル(MCCH)情報を受信するステップと、前記制御チャンネル情報を含むページングメッセージ専用チャンネルを介して前記使用者端末機へ送信するステップとを具備することを特徴とする方法。

請求項2

前記ページングメッセージは、前記MBMSサービスを示すMBMS識別子及び前記MBMSサービスを受信するセルを示すセル識別子をさらに具備することを特徴とする請求項1記載の方法。

請求項3

前記ページングメッセージを受信した使用者端末機は、前記CRNCから送信された制御チャンネルを受信して、前記MBMSサービスを受信するための無線ベアラー(RB)を設定してMBMSデータを受信するステップをさらに備えることを特徴とする請求項1記載の方法。

請求項4

前記セル識別子を含む前記ページングメッセージを受信した使用者端末機は、前記CRNCから送信された制御チャンネル情報を前記セルから受信して前記MBMSサービスを受信するための無線ベアラーを設定してMBMSデータを受信するステップをさらに備えることを特徴とする請求項1記載の方法。

請求項5

マルチメディアブロードキャスト/マルチキャスト(MBMS)サービスを支援する移動通信システムにおけるMBMSサービスを提供する無線ネットワーク制御器(SRNC)が使用者端末機(UE)をページングする方法であって、前記無線ネットワーク制御器が前記MBMSサービスの開始を認識すると、前記使用者端末機と通信している複数のセルを制御する少なくとも1つ以上の無線ネットワーク制御器(CRNC)から前記MBMSサービスに応じて送信モードを要求するステップと、前記CRNCから前記MBMSサービスに応じて送信モードの情報を含む応答メッセージを受信するステップと、前記応答メッセージを考慮して、前記MBMSサービスを受信するための制御チャンネルの制御情報を含むページングメッセージを専用チャンネルを介して前記使用者端末機へ送信するステップとを具備することを特徴とする方法。

請求項6

前記SRNCは、MBMS識別子及び前記MBMSサービスを支援するセルを示すセル識別子をさらに含む前記ページングメッセージを送信することを特徴とする請求項5記載の方法。

請求項7

前記SRNCは、前記CRNCから一対多(PtM)送信モードの情報を含む応答メッセージを受信する場合に、前記CRNCを介して前記ページングメッセージを前記使用者端末機へ送信することを特徴とする請求項5記載の方法。

請求項8

前記SRNCは、前記CRNCから一対一(PtP)送信モードの情報を含む応答メッセージを受信する場合に、前記MBMSを支援するための無線ベアラー再構成情報を含むメッセージを前記使用者端末機へ送信することを特徴とする請求項5記載の方法。

請求項9

前記SRNCは、前記CRNCから一対一(PtP)送信モードの情報を含む応答メッセージを受信し、前記使用者端末機のMBMSサービス受信能力を考慮して、前記一対一送信モードで前記SRNCで前記MBMSサービスを受信することができない場合に、前記MBMS識別子のみを含むページングメッセージを前記使用者端末機へ送信することを特徴とする請求項5記載の方法。

請求項10

マルチメディアブロードキャスト/マルチキャスト(MBMS)サービスを支援する移動通信システムにおける使用者端末機と通信しているセルを制御する無線ネットワーク制御器(CRNC)がMBMSを支援する方法であって、前記CRNCがMBMSサービスの開始を認識すると、前記MBMSを支援する無線ネットワーク制御器(SRNC)から前記MBMSサービスに応じて送信モードを要求するメッセージを受信するステップと、前記MBMSサービスに応じて送信モードを決定するステップと、前記決定された送信モードに従って前記MBMSを支援するための無線ベアラー情報を含む制御チャンネル情報を前記要求メッセージに関連した応答メッセージに含んで、前記SRNCへ送信するステップとを具備することを特徴とする方法。

請求項11

前記CRNCは、一対多(PtM)送信モードを決定した後に、PtM送信モードで応答メッセージを前記SRNCへ送信し、前記SRNCから送信された前記制御チャンネル情報を含むページングメッセージを専用チャンネルを介して前記使用者端末機へ送信することを特徴とする請求項10記載の方法。

請求項12

前記ページングメッセージは、MBMS識別子及び前記MBMSサービスを支援するセルを示すセル識別子をさらに含むことを特徴とする請求項10記載の方法。

請求項13

前記CRNCは、一対一(PtP)送信モードを決定した後に、応答メッセージを前記SRNCへ送信し、前記SRNCから送信された前記MBMSを支援するための無線ベアラー再構成情報を含むページングメッセージを前記使用者端末機へ送信することを特徴とする請求項10記載の方法。

請求項14

前記CRNCは、一対一(PtP)送信モードを決定した後に、前記PtP送信モードで応答メッセージを前記SRNCへ送信し、前記SRNCから送信されたMBMS識別子のみを含むページングメッセージを前記使用者端末機へ送信することを特徴とする請求項10記載の方法。

請求項15

マルチメディアブロードキャスト/マルチキャスト(MBMS)サービスを支援する移動通信システムにおけるMBMSサービスを受信するために使用者端末機をページングする方法であって、MBMSサービスの開始を知らせるMBMSサービス識別子を含むメッセージを受信するステップと、前記受信されたメッセージを確認し、前記確認されたメッセージが前記MBMSを支援するための制御チャンネル情報をさらに含むページングメッセージである場合に、前記ページングメッセージに含まれているセル識別子を用いて、前記セルで前記MBMSサービスを受信するステップとを具備することを特徴とする方法。

請求項16

前記ページングメッセージは、前記制御チャンネル情報に前記MBMSサービスを支援するための無線ベアラー情報を含むことを特徴とする請求項15記載の方法。

請求項17

前記ページングメッセージは、前記MBMSサービス識別子をさらに含むことを特徴とする請求項15記載の方法。

請求項18

前記使用者端末機は、前記メッセージが前記MBMSサービスを支援するための無線ベアラー再構成情報を含むメッセージであるかどうかを判断するステップをさらに具備することを特徴とする請求項15記載の方法。

請求項19

前記使用者端末機は、前記メッセージが前記MBMSサービス識別子のみを含むメッセージである場合に、前記使用者端末機が現在のセルで専用チャンネルを介してサービス進行中であるMBMSサービスを終了する場合に、前記MBMSサービス識別子に従って加入過程遂行するステップをさらに備えることを特徴とする請求項15記載の方法。

技術分野

0001

本発明は、移動通信システムで使用するマルチメディアブロードキャストマルチキャストサービス(Multimedia Broadcast/Multicast service:以下、‘MBMSサービス’と称する)に関し、専用チャンネルを介して、MBMSサービスに関する制御情報が存在するか否かを示す呼出し方法に関する。

背景技術

0002

最近、通信の技術の発達に伴って、従来の符号分割多元接続(Code Division Multiple Access:以下、CDMAと称する)技術を使用する移動通信システムから提供するサービスは、従来の音声サービスだけでなく、パケットデータ、サーキットデータなどのような大容量のデータを送信するパケットサービス通信システムと、マルチメディアサービス伝送することができるマルチメディアブロードキャスト通信システムとに発展している。従って、上記マルチメディアブロードキャスト通信システムを支援するためには、1つ、あるいは、複数のマルチメディアデータソースから複数のユーザー端末機(User Equipment:以下、‘UE’と称する)にサービスを提供するマルチメディアブロードキャスト/マルチキャストサービスが論議されている。

0003

MBMSサービスは、リアルタイム映像及び音声データ、静止画文字データなどのマルチメディア送信形態を支援し、上記マルチメディア送信データの適用に従って、音声データ及び映像データを同時に提供し、大量の送信リソースを要求する。また、同一のサービスに対して複数のUEが存在しうるとの観点から、MBMSサービスは、ブロードキャストチャンネルを介してUEへ提供できる。

0004

MBMSサービスは、上記UEが要求したMBMSサービスを各UEへ提供する一対一(Point−to−Point;以下、‘PtP’と称する)送信モード及び上記複数のUEが要求した同一のMBMSサービスデータを複数のUEへ提供する一対多(Point to Multi−point;以下、‘PtM’と称する)送信モードを使用することができる。この場合に、上記PtP及びPtM送信モードは、1つのMBMSサービスに関連した該当MBMSサービスの受信を要求するUEの数又は上記MBMSサービスを支援することができるネットワーク送信電力に従って、各セル別に異なって選択される。

0005

上記MBMSサービスを提供するためには、MBMSサービスの受信を望むUEに、上記MBMSサービスに関連した制御情報を送信しなければならない。上記制御情報を送信するためには、まず、制御情報が存在するか否かを知らせるための呼出し動作遂行されなければならない。

0006

図1は、典型的な移動通信システムにおけるUEが、複数のセルから専用サービスを受信する過程を示す概念図である。

0007

図1を参照すると、UE150は、MBMSサービスに参加(Joining)した状態で、MBMSサービスを受信せず、専用チャンネル(Dedicated Channel;DCH)を介して、音声サービス、あるいは、セルA100、セルB110、及びセルC120から他の専用サービスを受信する。この場合に、上記UEと送受信することができる上記複数のセル100、110、及び120の特定の地域をソフトハンドオーバー地域と称する。

0008

MBMSサービスを開始する場合に、各セルを管理する基地局制御器(Radio Network Controller;以下、RNCと称する)は、上記各セルで、上記MBMSサービスの開始を示し、上記MBMSサービスは、PtPサービス、あるいは、PtMサービスによってなされるかどうかを判別して、上記MBMSサービスの送信チャンネル情報をMBMS制御チャンネル(MBMS Control Channel;以下、MCCHと称する)を介して送信した後に、MBMSデータを送信する。

0009

この場合に、UE150は、上記セルA100、セルB110、セルC120から、すべてMBMSサービスを受信することができる。UE150がMBMSサービスの開始を知らせるメッセージを受信した後に、上記MBMSサービスがPtMモードでサービスされる場合に、UE150は、3つのセル100、110、120のうちのどんなセルで上記MBMSサービスを自身に送信するかを判断することができない。従って、UE150は、3つのセル100、110、120から送信されたすべてのMCCHを受信し、上記MCCHを介して受信されたMBMS無線ベアラー情報を通じて、3つのセル100、110、120のすべてからMBMSサービスを受信する。この場合に、上記無線ベアラー(Radio Bearer;RB)は、UTRANとUE150との間の有線無線接続通路を示す。

0010

さらに、3つのセル100、110、120が、相互に異なる送信モードを使用してMBMSサービスの送信を決定する場合に、例えば、セルA100がPtP送信モードを使用して上記MBMSサービスの送信を決定する場合に、それ以外のセル110及び120は、PtM送信モードを使用してMBMSサービスの送信を決定し、UE150は、異なるモードで相互に異なるセルから 送信された同一のMBMSサービスを繰り返し受信する場合が発生する可能性があり、又は、セル100、110、120は、同一のUEに対して不必要なMBMSサービスを繰り返し送信する場合が発生する可能性があった。

発明が解決しようとする課題

0011

上記背景に鑑みて、本発明の目的は、MBMSサービスを支援する移動通信システムにおいて、上記MBMSサービスに関連した制御情報が存在するか否かを複数のセルと通信しているUEへ通知する方法を提供することにある。

0012

本発明の他の目的は、上記MBMS関連制御情報が存在するかどうかを示すページングメッセージを使用する方法を提供することにある。

0013

本発明のさらなる目的は、MBMSサービスを支援する移動通信システムにおいて、複数のセルと通信しているUEが、MBMSサービスを効率的に受信するように制御する方法を提供することにある。

0014

本発明のもう一つの目的は、MBMSサービスを支援する移動通信システムにおいて、複数のセルと通信しているUEを管理するRNCが、MBMSサービスの受信にもっとも適合したセルをUEへ通知する方法を提供することにある。

0015

本発明のさらに他の目的は、MBMSサービスを支援する移動通信システムにおいて、複数のセルと通信しているUEを管理するRNCが、上記複数のセルを管理する他のRNCとのシグナリングを通して、上記他のRNCが、上記UEを考慮してMBMSサービス送信モードを決定し、上記送信モードに対する管理を遂行できるようにする方法を提供することにある。

0016

本発明のさらにもう一つの目的は、MBMSサービスを支援する移動通信システムにおいて、複数のセルと通信しているUEを管理するRNCが、上記複数のセルを管理する他のRNCとのシグナリングを通して、上記複数のセルのうち、任意の1つのセルから送信されたMCCHチャンネル情報を上記UEへ送信することによって、上記UEが、上記MBMSサービスに関連した制御情報を容易に獲得できる方法を提供することにある。

0017

本発明のさらにもう一つの目的は、MBMSサービスを支援する移動通信システムにおいて、CELL_FACH状態にあるUEがUTRANが要求した呼出し動作を遂行するように制御する方法を提供することにある。

課題を解決するための手段

0018

このような目的を達成するために、本発明の1つの特徴によれば、マルチメディアブロードキャスト/マルチキャスト(MBMS)サービスを支援する移動通信システムにおける使用者端末機(UE)をページングする方法は、MBMSサービスを支援する無線ネットワーク制御器(SRNC)が上記使用者端末機が加入したMBMSサービスの開始を認識すると、上記使用者端末機と通信している複数のセルを制御する少なくとも1つ以上の無線ネットワーク制御器(CRNC)から上記MBMSサービスに応じて送信モードを要求するステップと、上記要求された結果に従って、上記MBMSサービスを支援するための制御情報を含むMBMS制御チャンネル(MCCH)情報を受信するステップと、上記制御チャンネル情報を含むページングメッセージを専用チャンネルを介して上記使用者端末機へ送信するステップとを具備することを特徴とする。

0019

本発明の他の1つの特徴によれば、マルチメディアブロードキャスト/マルチキャスト(MBMS)サービスを支援する移動通信システムにおけるMBMSサービスを提供する無線ネットワーク制御器(SRNC)が使用者端末機(UE)をページングする方法は、上記無線ネットワーク制御器が上記MBMSサービスの開始を認識すると、上記使用者端末機と通信している複数のセルを制御する少なくとも1つ以上の無線ネットワーク制御器(CRNC)から上記MBMSサービスに応じて送信モードを要求するステップと、上記CRNCから上記MBMSサービスに応じて送信モードの情報を含む応答メッセージを受信するステップと、上記応答メッセージを考慮して、上記MBMSサービスを受信するための制御チャンネルの制御情報を含むページングメッセージを専用チャンネルを介して上記使用者端末機へ送信するステップとを具備することを特徴とする。

0020

本発明のさらなる特徴によれば、マルチメディアブロードキャスト/マルチキャスト(MBMS)サービスを支援する移動通信システムにおける使用者端末機と通信しているセルを制御する無線ネットワーク制御器(CRNC)がMBMSを支援する方法は、上記CRNCがMBMSサービスの開始を認識すると、上記MBMSを支援する無線ネットワーク制御器(SRNC)から上記MBMSサービスに応じて送信モードを要求するメッセージを受信するステップと、上記MBMSサービスに応じて送信モードを決定するステップと、上記決定された送信モードに従って上記MBMSを支援するための無線ベアラー情報を含む制御チャンネル情報を上記要求メッセージに関連した応答メッセージに含んで、上記SRNCへ送信するステップとを具備することを特徴とする。

0021

本発明のもう1つの特徴によれば、マルチメディアブロードキャスト/マルチキャスト(MBMS)サービスを支援する移動通信システムにおけるMBMSサービスを受信するために使用者端末機をページングする方法は、MBMSサービスの開始を知らせるMBMSサービス識別子を含むメッセージを受信するステップと、上記受信されたメッセージを確認し、上記確認されたメッセージが上記MBMSを支援するための制御チャンネル情報をさらに含むページングメッセージである場合に、上記ページングメッセージに含まれているセル識別子を用いて、上記セルで上記MBMSサービスを受信するステップとを具備することを特徴とする。

発明の効果

0022

本発明は、MBMS識別子と、上記MBMSサービスを提供することができるセルの識別子と、上記セルから送信されたMCCH情報と、を含む第3のページングタイプメッセージを専用チャンネル(DCH)を介して送信する。本発明は、第3のページングタイプメッセージを使用して、CELL_DCHモードの複数のセルと通信しているUEをページングすることによって、CELL_DCHモードのUEが、MBMSサービスを受信することができるようにする。

発明を実施するための最良の形態

0023

以下、本発明の好適な一実施形態を添付図面を参照しつつ詳細に説明する。なお、下記の説明において、本発明の要旨のみを明瞭にする目的で、関連した公知の機能又は構成に関する具体的な説明は省略する。そして、下記に説明する用語は、本発明での機能を考慮して定義されたもので、これは、設計者の意図及び慣例などに従って変更できる。従って、その用語は、本明細書の全般にわたった内容に基づいて定義できる。

0024

本発明は、MBMSサービスを提供する移動通信システムにおいて、複数のセルと通信しているUEを制御して、MBMSサービスに関連した制御情報を効率的に受信し、上記MBMSサービスに関連した制御情報が存在するかどうかを判断し、上記MBMSサービスに関連した制御情報を送信するセルを判定する。

0025

図2は、第3世代非同期移動通信システム標準である3GPP(3rd Generation Partnership Project;以下、‘3GPP’と称する)において、上記MBMSサービスを提供するシステムを示すブロック図である。

0026

図2を参照すると、複数のUE201〜208と、基地局221と、無線ネットワーク制御器(Radio Network Controller;以下、‘RNC’と称する)231とから構成されるUMTS無線接続ネットワーク(UMTS Terrestrial Radio Access Network;以下、‘UTRAN’と称する)232と、基幹ネットワーク(Core Network;以下、‘CN’と称する)として動作するサービングパケット無線サービス支援ノード(Serving General Packet Radio Service Support Node;以下、‘SGSN’と称する)241と、ホーム位置登録器(Home Location Register;以下、‘HLR’と称する)251と、ゲートウェイパケット無線サービス支援ノード(Gateway General Packet Radio Service Support Node;以下、‘GGSN’と称する)261と、ブロードキャスト/マルチキャストサービスセンター(Broadcast/Multicast Service Center;以下、‘BM−SC’と称する)281と、コンテンツプロバイダー(Contents Provider;以下、‘CP’と称する)291と、ボーダーゲートウェイ(Border Gateway;BG)271とから構成される。

0027

上記MBMSサービスで使用する上述した構成要素の各機能は、ネットワーク管理者によって個別に決定でき、基本的な役割を説明すると、下記の通りである。

0028

UE201〜208は、MBMSデータを受信して、ユーザに該当MBMSサービスを支援する。UTRAN232は、MBMSデータをUE201〜208へ送信し、UE201〜208からMBMSサービスの受信に対する要求メッセージをCNへ送信する。

0029

SGSN241は、MBMSサービスを要求するUEに関連したデータをHLR251から受信し、上記受信されたデータの認証を遂行し、UEが要求したMBMSサービスの権限をHLR251から受信して認証を遂行し、UEが要求したMBMSサービスのためにRABを設定し、UEが該当セルで他の位置へ移動する場合に、MBMSサービスを受信するように支援する。また、SGSN241は、GGSN261を介して該当MBMSブロードキャストソース292及び293に接続され、UEが使用したMBMSサービスに対する課金情報収集する。

0030

HLR251は、登録された各UEの認証情報及び該当UEが使用することができるMBMSサービスに関連した内容を管理する。GGSN261は、UEへ送信されるMBMSデータをBM−SC281から受信し、上記受信されたMBMSデータをSGSN241へ送信し、UEの課金情報を収集する。また、GGSN261は、複数のUEのそれぞれに対する移動性を管理し、UEにサービスされるMBMSサービスの品質(Quality of Service;QoS)を管理する。

0031

BM−SC281は、コンテンツプロバイダーに対する認証及び課金情報の管理を遂行し、MBMSサービスのQoSを判定して、損失したMBMSデータに対するエラー訂正を遂行し、コンテンツプロバイダー(CP)291から受信したMBMSデータをGGSN261へ送信し、現在サービス中であるMBMSサービスに対する通知(notification)を遂行する。CP291は、BM−SC281にMBMSサービスコンテンツを提供する。

0032

BM−SC281は、MBMSデータストリームを提供するソース(source)として動作し、上記MBMSサービスに関連したストリームをスケジューリング(scheduling)して、上記スケジューリング結果をGGSN261へ送信する。GGSN261は、BM−SC281からのMBMSサービスに関連したストリームをSGSN241へ送信する。この場合に、SGSN241は、CNに属しており、UTRAN232を上記CNと接続する役割を遂行する。例えば、SGSN241は、任意の時点で、上記MBMSサービスの受信を希望する複数のUEが存在していると仮定すると、GGSN261で、上記MBMSストリームの伝達を受けたSGSN241は、上記MBMSサービスの受信を望む加入者、すなわち、UEのMBMS関連サービスを制御する。

0033

例えば、SGSN241は、各加入者のMBMSサービスの課金関連データを管理し、MBMSサービスデータを特定の無線ネットワーク制御器(RNC)231へ選択的に送信して、上記MBMS関連サービスを制御する。また、SGSN241は、特定のMBMSサービスに関連したSGSNサービスコンテキストを構成して管理し、上記MBMSサービスに関連したストリームをRNC231へ再送信する。この場合に、上記MBMSサービスコンテキストは、任意のMBMSサービスを提供するために必要な制御情報の集合を意味する。

0034

RNC231は、複数の基地局を制御し、自身が管理している基地局のうち、MBMSサービスを要求するUEが存在する基地局221へMBMSサービスデータを送信し、上記MBMSサービスを提供するために無線チャンネル(Radio Channel)を制御し、上記受信されたMBMSサービスに関連したストリームを使用して、上記MBMSサービスに関連したRNCサービスコンテキストを構成して管理する。このとき、HLR251は、SGSN241に接続され、MBMSサービスのための加入者の認証を遂行する。

0035

上述したように、上記RNC及びSGSNは、MBMSサービス別にサービス関連情報を管理する。ここで、上記MBMSサービスコンテキストに記憶されている情報は、上記MBMSサービスを要求するUEのリスト、すなわち、上記MBMSサービスの受信を望むUEの識別子(identifier:ID)情報と、上記UEが位置しているサービス領域(service area)情報と、上記MBMSサービスを提供するために要求されるQoS情報とを含む。

0036

図3は、MBMSサービスを支援する移動通信システムで使用するUTRAN232の構成をさらに具体的に示すブロック図である。

0037

図3を参照すると、UE328は、該当MBMSサービスを直接受信し、上記MBMSサービスを支援することができるハードウェア、あるいは、ソフトウェアを含む。UTRAN302は、UE228をCN300に接続するための無線通信ネットワークである。UTRAN302は、複数の無線ネットワークシステム(Radio Network System;以下、‘RNS’と称する)304及び316から構成され、RNS304及び316の各々は、複数のRNC306及び318、RNC306及び318の制御を受ける複数の基地局装置(以下、‘Node B’と称する)308,312,320,324及びNode B308,312,320,324に属している複数のセル310,314,322,326から構成される。

0038

RNS304は、RNC306の制御を受けるNode B308,312とNode B308,312の制御を受ける複数のセル310,314とを含む。RNS316は、RNC318の制御を受けるNode B320,324とNode B320,324の制御を受ける複数のセル322,326とを含む。

0039

RNC306,318が制御するNode B308,312,320,324の総数及びそれぞれのNode B308,312,320,324に属しているセル310,314,322,326の数は、サービスプロバイダー及びそれぞれのRNC306,318及びNode B308,312,320,324の性能によって決定される。

0040

UE328及びUTRAN302は、Uuインターフェースを介して相互に接続されている。UTRAN302は、Iuインターフェースを介してCN300に相互に接続されている。図2において、SGSN241及びHLR251は、Grインターフェースを介して相互に接続され、SGSN241及びGGSN261は、Gn/Gpインターフェースを介して相互に接続され、GGSN261及びBM−SC281は、Giインターフェースを介して相互に接続され、BM−SC281及びCP291は、Gn/Gpインターフェースを介して相互に接続される。

0041

図3と関連して、3GPPで定義されたUTRANの上位レイヤーの構成及び各レイヤー間のチャンネルをさらに具体的に説明する。

0042

図4は、UuインターフェースのためのUTRANプロトコルの構成を階層的に示すブロック図である。図4を参照すると、UTRANが処理する上位レイヤーメッセージは、制御シグナリングデータとユーザデータとに区別できる。

0043

UTRANプロトコルは、コントロールプレーン(Control Plane;以下、‘C−Plane’と称する)400とユーザプレーン(User Plane;以下、‘U−Plane’と称する)402とに区分される。コントロールプレーン400及びユーザプレーン402は、非接近レイヤー(Non Access Stratum;以下、‘NAS’と称する)メッセージを処理するが、上記NASメッセージは、UEとUTRANとの間の無線接続に使用されないメッセージを示すもので、上記UTRANが、その内容を認識する必要がないメッセージを示す。上記NASとは異なって、UTRANとUEとの間の無線接続に直接使用されるメッセージは、接近レイヤー(Access Stratum:以下、‘AS’と称する)メッセージと称し、図4無線リソース制御(Radio Resource Control:以下、‘RRC’と称する)レイヤー404以下で使用されたデータ又は制御信号を示す。

0044

RRC404は、UEとUTRANとの間の接続に関連した物理階層(Physical Layer;以下、‘L1’と称する)414、レイヤー2の媒体接続制御部(Medium Access Control;以下、‘L2/MAC’と称する)412、無線リンク制御部(Radio Link Control;以下、‘L2/RLC’と称する)410、パケットデータ変換プロトコル部(Packet Data Convergence Protocol;以下、‘L2/PDCP’と称する)406、及びブロードキャスト/マルチキャスト制御部(Broadcast/Multicast Control;以下、‘L2/BMC’と称する)408を制御する。従って、RRC404は、UEとUTRANとの間の接続に関連したすべての機能、例えば、物理呼設定機能、論理呼設定機能、制御情報送受信機能、及び特定のデータの送受信機能などを制御する。

0045

L2/PDCP406は、上位のNASレイヤーから送信されるデータを受信して、上記受信されたデータを適切なプロトコルを使用してL2/RLC410へ送信する。L2/BMC408は、ブロードキャスト及びマルチキャストに必要なデータをNASレイヤーから受信し、上記受信されたデータを適切なプロトコルを使用してL2/RLC410へ送信する。

0046

L2/RLC410は、RRC404からUEへ送信された制御メッセージを受信して、上記制御メッセージの特性を考慮して、RLC#1乃至RLC#nのうちのいずれか1つで、上記受信された制御メッセージを適切に処理し、上記処理の結果を論理チャンネル(Logical Channel)を介してL2/MAC412へ送信する。L2/RLC410は、L2/PDCP406及びL2/BMC408からデータを受信し、上記受信されたデータをRLC#1乃至RLC#nで適切に処理して、上記処理された結果を論理チャンネルを介してL2/MAC412へ送信する。L2/RLC部410で使用されたRLC素子個数は、UEとUTRANとの間の無線リンクの数によって決定される。

0047

上記論理チャンネルは、特定のUEに関連したものであれば専用(Dedicated)タイプ論理チャンネルと決定され、複数のUEに関連したものであれば共通(Common)タイプ論理チャンネルと決定される。また、送信メッセージに乗せられる情報がトラヒック情報に関連したデータである場合に、上記論理チャンネルは、トラヒックタイプ論理チャンネルと決定される。

0048

上述した説明に関連して、3GPPで使用された論理チャンネルの種類及び機能を説明すると、下記の通りである。

0049

BCCH(Broadcast Control Channel)は、UTRANからUEへの下りリンク送信の際に使用され、UTRANシステム制御情報の送信に使用される。PCCH(Paging control Channel)は、UTRANからUEへの下りリンク送信の際に使用され、UEをページングする場合に使用される。CCCH(Common Control Channel)は、UEとネットワーク(network)との間で生成された一対多制御情報(Point−to−Multipoint;PtM)の送信に使用され、共通トランスポートチャンネルを介してデータが送信される。DCCH(Dedicated Control Channel)は、UEとネットワークとの間で生成された一対一制御情報(Point−to−Point;PtP)の送信に使用され、共通トランスポートチャンネル、あるいは、専用トランスポートチャンネルを介してデータが送信される。CTCH(Common Transport Channel)は、ネットワークと複数のUEとの間で生成されたPtMデータの送信に使用され、共通トランスポートチャンネルを介してデータが送信される。DTCH(Dedicated Transport Channel)は、ネットワークとUEとの間で生成されたPtPデータの送信に使用され、共通トランスポートチャンネル、あるいは、専用トランスポートチャンネルを介してデータが送信される。

0050

L2/MAC412は、RRC404から制御信号を受信すると、UEとUTRANとの間で生成された無線リソースを管理するか、上記UEとUTRANとの間の接続を管理する。従って、L2/RLC410から該当論理チャンネルの情報を受信し、上記受信された情報を該当トランスポートチャンネルマッピングさせて、物理レイヤー414へ送信する。以下、トランスポートチャンネルの名称及び機能について説明する。

0051

BCH(Broadcast Channel)は、BCCHにマッピングされて、上記BCCHのデータを送信する。PCH(Paging Channel)は、PCCHにマッピングされて、上記PCCHのデータを送信する。RACH(Random Access Channel)は、UEからネットワークへのデータ送信に使用され、ネットワーク接続データ、制御メッセージ、及び短い長さのデータ送信に使用される。上記RACHは、DCCH、CCCH、及びDTCHにマッピングできる。FACH(Forward Access Channel)は、ネットワークから特定のUE、あるいは、複数の特定のUEへ制御情報メッセージ又はデータを送信する。上記FACHは、BCCH、CTCH、CCCH、DCTH、及びDCCHにマッピングできる。DCH(Dedicated Channel)は、ネットワークからUEへのデータ及び制御情報メッセージを送信するチャンネルであり、DCCH及びDTCHにマッピングされる。DSCH(Downlink Shared Channel)は、大容量のデータの送信に使用されるネットワークからUEへの下りリンクチャンネルであり、DTCH及びDCCHにマッピングされる。HS−DSCH(High Speed DSCH)は、上記DSCHの向上した送信効率を有するネットワークからUEへの下りリンクチャンネルであり、DTCH及びDCCHにマッピングされる。

0052

また、他のトランスポートチャンネル、すなわち、逆方向共有チャンネル(Uplink Shared Channel)及び共通パケットチャンネル(Common Packet Channel)が使用できる。

0053

物理レイヤー414へ送信されたトランスポートチャンネルは、符号化されて変調され、物理チャンネルデータに該当し、上記物理チャンネルデータは、UEまたはUTRANへ送信される。上記物理チャンネルは、ブロードキャストチャンネル(BCH)データを送信する第1の共通制御物理チャンネル(Primary Common Control Physical Channel;以下、P−CCPCHと称する)と、ページングチャンネル(Paging Channel;以下、PCHと称する)及び順方向アクセスチャンネル(Forward Access Channel;以下、FACHと称する)を送信する第2の共通制御同期チャンネル(Secondary Common Control Synchronization Channel;以下、S−CCSCHと称する)と、ページング指示チャンネル(Paging Indicator Channel;以下、PICHと称する)と、獲得指示チャンネル(Acquisition Indicator Channel)と、物理共通パケットチャンネル(Physical Common Packet Channel)などとから構成される。

0054

上述したシステム構成に基づいて、MBMSサービスを処理する方法について説明すると、下記の通りである。

0055

まず、UTRANは、MBMSサービスに関連した基本情報及びサービス案内情報を複数のUEへ送信する。上記MBMSサービスに関連した基本情報及びサービス案内情報を受信したUEが上記MBMSサービスの受信を希望する場合に、CNに登録する。このような登録過程は、サービス参加過程と呼ぶ。この後に、上記MBMSサービスを要求したUEを含む複数のUEのリスト情報は、CN(例えば、BM−SC及びSGSN)及びUTRANへ送信される。

0056

上記MBMSサービスを要求したUEのリスト情報を受信した上記CN及び上記CNに接続されているUTRANは、ページングメッセージを複数のUEへ送信して、上記MBMSサービスを提供するための無線ベアラー(Radio Bearer;以下、‘RB’と称する)を設定する。上記CNは、上記設定された無線ベアラーを介して、該当UEに該当MBMSサービスを提供する。一方、上記MBMSサービスが終了すると、MBMS終了情報は、すべてのUEへ送信されなければならない。従って、上記UEを管理しているCN及びUTRANは、上記MBMSサービスのために割り当てられた無線リソースを解除して、上記MBMSサービスを終了する。

0057

上述したようなMBMSサービス手順において、MBMSサービスの開始は、MBMSサービスの開始を示す制御情報が送信されることを示す。上記MBMSサービスの開始を示す制御情報が送信されることを示すための2つのページング方法には、2種類がある。第1のページング方法は、上述した共通チャンネル(common channel)を使用した方法であって、上述したPICH/PCHを使用して遂行される。第2のページング方法は、専用チャンネル(Dedicated Channel)を用いた方法であって、上記DCCHを使用して遂行される。

0058

3GPPでは、UEの接続チャンネルに従って、UEの動作モードが5種類で定義されるが、この場合に、5種類の動作モードは、アイドルモード、URA_PCHモード、CELL_PCHモード、CELL_FACHモード、及びCELL_DCHモードがある。上記第1及び第2の方法のうちの1つは、それぞれのモードに従って選択的に決定される。上記UEの5種類の動作モードを詳細に説明すると、次の通りである。

0059

1.アイドルモードは、UEとUTRANとの間の無線リソース制御(Radio Resource Control;以下、RRCと称する)の接続がない特定の状況を示す。上記アイドルモードの間には、CNで定義された不連続受信パラメータ(Descript Reception Parameter)を受信すると、UEは、CN又はUTRANから受信された信号があるかどうかを確認する。

0060

2.URA_PCH(UTRAN Registration Area Paging Channel)モードは、UEとUTRANとの間のRRC接続がある特定の状況を示し、URA単位でUEの位置が把握される。UTRANで定義された不連続受信パラメータを受信すると、UEは、CN又はUTRANから受信された信号があるかどうかを確認する。上記URAは、複数のセルの集合体である。

0061

3.CELL_PCH(CELL Paging Channel)モードは、UEとUTRANとの間のRRC接続がある特定の状況を示し、セル単位でUEの位置が把握される。UTRANで定義された不連続受信パラメータを受信すると、UEは、CN又はUTRANから受信された信号があるかどうかを確認する。

0062

4.CELL_FACH(CELL Forward Access Channel)モードは、UEとUTRANとの間のRRC接続がある特定の状況を示し、セル単位でUEの位置が把握される。上記CELL_FACHモードの間には、UEは、上記個々のセルからFACH信号を受信する。上記UEは、DCCHを介したページング方法を使用して、CNから受信された信号があるかどうかを判定することができる。

0063

5.CELL_DCH(CELL Dedicated Channel)モードは、UEとUTRANとの間のRRC接続がある特定の状況を示し、セル単位でUEの位置が把握される。上記CELL_DCHモードの間には、UEは、上記セルからDPCH信号を受信すると同時に、音声呼、あるいは、他の専用パケットサービスを使用する。さらに、UEは、不必要な干渉雑音の発生の抑制及びデータの効率的な送受信のための送受信電力を制御する。音声サービスを用いている間には、UEは、DCCHを介したページング機能を用いてパケットサービスが存在するかどうかを認識することができる。パケットサービスを用いている間には、DCCHを介したページング機能を用いて音声サービスが存在するかどうかを判別することができる。

0064

上記5種類のUEのモードのうちの3種類のモード、すなわち、アイドルモード、URA_PCHモード、及びCELL_PCHモードは、UEのバッテリー節約のためにPICHデータを受信した後に、上記PICHを介して送信されたページング指示子(Paging Indicator;以下、‘PI’と称する)を確認し、S−CCPCHを介して送信されたPCHデータを受信し、上記受信されたPCHデータが上記UEから受信されたページング信号を示すかどうかを確認する。このような方式にて、上述した3種類のモードは、上記共通チャンネルを使用して第1のページング方法を使用する。上記UEの5種類のモードのうち、残りの2種類のモード、すなわち、CELL_FACHモード及びCELL_DCHモードは、UEがCELL_FACH、あるいは、CELL_DCHモードで、UTRAN/CNとデータを現在送受信しているので、第2のページング方法を使用し、これによって、上記パケットサービスを受信する場合には、上記専用チャンネル(DCH)を介して音声サービスの開始を示し、音声サービスを受信する場合には、上記専用チャンネルを介してパケットサービスの開始を示す。

0065

3GPPのうちで、上記専用チャンネルを介して制御情報が存在するかどうかを示す呼出し方法で使用されたページングメッセージを第2のページングタイプメッセージ(Paging Type Message 2)と呼び、上記第2のページングタイプメッセージは、上記UEのページング信号が上記CNから受信される場合に使用される。すなわち、DCHデータを受信しているUEは、UTRANの観点から見ると、あらかじめ位置情報を把握しており、また、上記UEが上記UTRANと信号を送受信することができる状態にあるので、上記CNから新たなサービスが開始される場合にのみ、上記DCHを使用した呼出し方法が使用される。

0066

上記UEが複数のセルに接続された無線リンクを有しており、上記複数のセルからすべてのMBMSを受信することができる場合に、上記DCHを用いた呼出し方法は、次のような理由によって使用できない。すなわち、上記DCHを用いた呼出し方法は、上記CNから受信されたページング信号にのみ使用され、UTRANからUEへ送信されたMBMSデータが相互に異なるモードで繰り返し受信でき、上記UTRANが上記MBMSの送信モードを決定するにあたって、上記UEが繰り返し考慮されうる。また、上記UEが複数の無線リンクをそれぞれ有しており、これによって、無線リンクのうちどのリンクで、MBMSに関連した制御情報を提供するかを認識することができないためである。

0067

同様に、CELL_FACHモードにあるUEは、上記DCHを使用する呼出し方法を用いる場合に、上記CNから生成されたページング信号以外の残りの信号を受信することができない。従って、MBMSサービスに関連したページング信号がUTRANの要求によって生成される場合に、CELL_FACHモードにあるUEをページングするための方法を必要とする。

0068

図5は、本発明の好適な一実施形態に従って、上記DCHを介してページング動作を遂行するためのシグナリングメッセージフォーマットを示す図である。上記シグナリングメッセージは、以下、第3のページングタイプメッセージ(Paging Type 3 Message)とも称する。説明の便宜上、基本フィールドのみが図5に示されるが、3GPP標準で定義された条件に従って、他の情報要素(Information Element:IE)を上記シグナリングメッセージにさらに含むことができる。

0069

図5を参照すると、メッセージタイプ501は、第3のページングタイプメッセージを示す固有な値に設定される。RRC遂行識別子(RRC Transaction Identifier)502は、RRCから送信された制御信号のバージョンに関する情報を示し、上記RRCから送信された制御信号の応答メッセージにも使用される。同一の制御メッセージが送信される場合に、RRC遂行識別子502は、それぞれの制御メッセージを区別するのに使用される。

0070

無欠性検査情報(integrity check info)503は、上記第3のページングタイプメッセージがエラーなしに受信されたか否かを検査する無欠性検査に使用されるパラメータを送信するのに使用され、無欠性保護機能が使用されなかった場合には使用されない。呼出し理由(paging cause)504は、本発明の場合、MBMSサービスに対するページングであることを示す値となる。一実施形態であって、呼出し理由504は、MBMS識別子505に置き換えることができる。

0071

MBMS識別子505は、MBMSサービスを識別するための識別子を示す。第3のページングタイプメッセージは、複数のMBMS識別子を含むことができる。多くの種類のMBMS識別子505が使用されることがあるとしても、MBMS識別子505は、上記第3のページングタイプメッセージを受信するUEがMBMSサービスをそれぞれ識別するように制御する識別子として定義する。

0072

第3のページングタイプメッセージは、それぞれのMBMS識別子505に関連して、セル識別子506とMCCH情報507とをさらに含む。セル識別子506は、上記MBMS識別子に関連したMBMSサービスが提供されるセルの識別子を示す。MCCH情報507は、セル識別子506に関連したセルで使用される。すなわち、複数の無線リンクを有しているCELL_DCH状態のUEは、セル識別子506とMCCH情報507とをそれぞれさらに含む。一方、1つの無線リンクを有するCELL_DCH又はCELL_FACH状態のUEは、MBMS識別子505のみを含む。言い換えれば、上記UEが1つの無線リンクのみを使用する場合に、上記MBMS識別子のみを使用してMCCH情報を受信することができるか、又は、上記MBMS識別子のみを使用してMBMSに関連した動作を遂行することができるためである。

0073

すなわち、第3のページングタイプメッセージで、本発明に必要な基本的な情報要素(IE)は、MBMS識別子と、上記MBMS識別子に関連したMBMSを送信するか、あるいは、現在送信しているセル識別子と、上記セル識別子に関連したセルからMCCH情報を受信しているチャンネル情報とを示す。

0074

図6は、本発明の好適な一実施形態に従って、専用チャンネルを介したUEのページング手順を示すフローチャートである。ここで、上記UEは、図1に示すように、少なくとも2つのセルに無線リンクを接続しており、サービングRNC(Serving RNC:SRNC)及び上記UEと通信しているセルを管理している制御RNC(Control RNC:CRNC)に関連したMBMSサービスのためのシグナリングメッセージ、すなわち、第3のページングタイプメッセージを交換する。

0075

この場合に、SRNCとは、上記UEが登録されているRNCを示し、UE601に対する位置管理機能及びサービス管理機能のような各種の機能を遂行し、UEとCNとの間の接続リンクを提供する。上記CRNCとは、UE601と通信している1つのセル、あるいは、複数のセルを管理するRNCを示す。UE601に対して少なくとも1つ以上のCRNCが使用されうる。一方、UE601に対して1つのSRNCのみが使用される。図6において、RNC#2が上記UEに関連したSRNCを示し、RNC#3及びRNC#1は、上記UEに関連したCRNCとして定義される。

0076

図6を参照すると、上記CNは、MBMSサービスがすぐ開始されることを示すセッションスタートメッセージをRNC#3、RNC#1、及びRNC#2へそれぞれ送信する。すなわち、ステップ602で、セッションスタートメッセージをRNC#2へ送信し、ステップ604で、セッションスタートメッセージをRNC#3へ送信し、ステップ606で、セッションスタートメッセージをRNC#1へ送信する。

0077

ステップ606のセッションスタートメッセージを受信したRNC#2は、ステップ608で、MBMS問い合わせ手順を遂行する。上記MBMS問い合わせ手順の間に、RNC#2は、上記UEに対するMBMSサービスを提供する際、どんな送信モードがMBMS送信モードとして使用されるかを示す特定の情報に対して、CELL_DCH状態のUEと通信しているセルを管理するRNC#3及びRNC#1に問い合わせる。MBMS問い合わせ手順608は、上記UEが複数のセルのすべてから相互に異なる送信モード(例えば、PtP又はPtM送信モード)で、同一のMBMSサービスを受信不可にし、上記UEに接続されたセルを管理しているCRNCを制御して、どんな送信モードがMBMS送信モードとして使用できるかを示す特定の情報を上記SRNCへ通知する。従って、MBMS問い合わせ手順608は、無線リソースの浪費なしに、上記UEへMBMSデータを効率的に遂行することができる。

0078

ステップ608で、RNC#2が上記UEに接続されているセルからどんな送信モードがMBMS送信モードとして提供されるかを示す特定の情報を受信した後に、ステップ610で、上記受信された情報に基づいて、どんな送信モードが上記UEに対するMBMS送信モードとして使用されるかを最終的に判定する。RNC#2が上記UEに対するMBMS送信モードを判定することができる直接的な決定の権限を有していないが、上記UEに接続されているセルで、どんな送信モードが上記MBMS送信モードとして使用されるかを把握することができるので、上記UEがPtPモードで上記MBMSデータを受信しなければならないか、又はPtMモードで上記MBMSデータを受信しなければならないかを最終的に判定することができる。ここで、上記RNC#2は、PtM送信モードで、上記UEに接続されているセルのうちの1つへMBMSサービスを送信するものを仮定する。ステップ612で、RNC#2は、上記決定された送信モードに基づいて、すなわち、PtMモードで上記UEへMBMSを送信するセルを管理するCRNCであるRNC#3とともにMBMSアタッチメント手順を遂行する。上記MBMSアタッチメント手順は、上記UE‘K’が上記RNC#3で管理しているセルからMBMSを受信していることを示す特定の情報を上記RNC#3が認識するようにする。すなわち、MBMSアタッチメント手順は、上記UEがMBMSサービスを受信する間に、必要な制御メッセージを受信しているSRNC、すなわち、RNC#2と通信するために、上記MBMSを受信しているUEを制御し、上記UE及び上記MBMSの送信形態を判定する方法に使用される。

0079

この場合に、上記UEは、CELL_DCH状況にあるので、各セルのシステム情報を送信するブロードキャストチャンネルデータ(Broadcast Channel Data)を受信しない。従って、上記UEは、上記各セルのブロードキャストチャンネルを介して送信されたMCCHに関する情報を獲得することができる。上記RNC#2は、上記MBMS問合せ手順608、あるいは、上記MBMSアタッチメント手順612を介して、上記UEが、MBMSサービスを受信するセルで使用されたMCCH情報を獲得する。上記RNC#2は、ステップ614で、第3のページングタイプメッセージを使用して、上記UEが加入されたMBMSサービスの開始を示す情報、上記MBMSサービスを受信するセルの情報、及び上記MCCHの受信に必要な制御情報を獲得することができるチャンネル情報のような各種の情報を上記UEへ送信する。

0080

上記第3のページングタイプメッセージを受信したUEは、ステップ616で、上記UEが加入したMBMSサービスがすぐ開始されることを認識し、上記第3のページングタイプメッセージが指示するセルからMCCH情報を受信し、上記MBMSの受信を準備した後に、ステップ618で、MBMSデータを受信する。このとき、上記UEは、上記MCCH情報に含まれているMBMSRB情報を用いてMBMSデータを受信する。

0081

図7は、本発明の好適な一実施形態によるSRNCの動作を示すフローチャートである。図7に示すように、SRNCに登録されているCELL_DCH状況にあるUEが、MBMSを受信することができるすべての状況に関連して、上記SRNCが、上記UEにMBMSサービスの開始及び上記MBMSデータを受信するための制御情報の獲得を提供する動作の流れを説明する。

0082

図7を参照すると、SRNCは、ステップ702で、上記CNからセッションスタートメッセージを受信した後に、ステップ704で、UEと通信しているセルを管理しているCRNCに、上記UEがどんな送信モードでMBMSサービスを受けることができるかについての問い合せ過程を遂行する。すなわち、SRNCは、上記MBMSサービスがPtP送信モードで送信されるか、又はPtM送信モードで送信されるかを示す特定の情報に関して、CRNCに問い合わせる。この場合に、SRNCは、第3のページングタイプメッセージとして送信されるMCCH制御情報を受信することができる。

0083

ステップ706で、SRNCは、上記CRNCから受信された複数の応答メッセージのうちで、PtP関連応答メッセージである第1の応答メッセージと、PtM関連応答メッセージである第2の応答メッセージとを区別する。すべてのCRNCの各々から第1の応答メッセージを受信すると、ステップ708で、上記SRNCは、上記UEが現在受信しているMBMSサービスとは異なる他のサービスの受信能力に関連した情報を参照して、上記UEが、上記MBMSを受信する能力を有するかどうかを判別する。上記SRNCは、上記RNC内に登録されているすべてのUEに対する能力(capability)を予め認識しているので、ステップ708のような判別作業を遂行することができる。

0084

ステップ708で、上記UEがMBMSサービスをこれ以上受信できないと判定されると、すなわち、ステップ708で、上記UEが現在のMBMSサービスを受信することができない場合に、SRNCは、ステップ710で、第3のページングタイプメッセージにMBMSサービス識別子のみを含ませて送信することによって、MBMSサービスの開始を示す。ゆえに、上記UEが現在受信しているサービスを終了した後に、MBMSの受信を要求することができる。

0085

一方、ステップ708で、上記UEがMBMSを受信することができると判定されると、ステップ712で、SRNCは、上記UEにRB再構成(reconfiguration)メッセージを送信して、上記UEがMBMSサービスを受信できるようにする。ステップ708で、上記UEが現在のMBMSサービスを受信できると判断される場合に、SRNCは、ステップ712のように、MBMSRBメッセージを送信して、UEがしばらくしてMBMSサービスを受信できるようにする。

0086

3GPPでは、トランスポートチャンネルのうち、送信組合せを使用して各トランスポートチャンネル間に送信されたデータの送信時点を調節することができる。従って、上述した機能を使用して、上記UEが現在のMBMSサービスを受信することができないとしても、上記UEは、現在のサービスが終了された後に、すぐMBMSサービスを受信することができる。

0087

一方、上記CRNCのうちいずれか1つでもPtM関連応答メッセージである第2の応答メッセージを受信すると、ステップ716で、SRNCは、上記UEが、上記MBMSサービスをPtM送信モードで受信できるかどうかを判断する。ステップ716で、上記UEが上記MBMSサービスをPtM送信モードで受信することができないと、SRNCはステップ708へ進行する。

0088

一方、ステップ716で、上記UEが上記MBMSサービスをPtMモードで受信できる場合に、ステップ718で、SRNCは、MBMS識別子、セル識別子、及びMCCH情報を含む第3のページングタイプメッセージを上記CRNCを介して送信し、ステップ714で、UEに関連したアタッチメント過程を遂行する。

0089

図8は、本発明の好適な一実施形態によるCRNCの動作を示すフローチャートである。図8において、CRNCは、1つのUEと通信している複数のセルを管理できる少なくとも1つのRNCを示し、SRNCを介して上記UEの通信を管理する。

0090

図8を参照すると、CRNCは、ステップ802で、セッションスタートメッセージを受信し、ステップ804で、UEに該当するSRNCからMBMSサービスの送信モードを問い合せる問合せメッセージを受信する。この場合に、上記UEは、上記CRNCが管理している少なくとも1つのセルで、CELL_DCH状態で現在通信を遂行する。上記UEに上記MBMSサービスを提供する場合に、上記問合せメッセージは、PtP送信モードが上記MBMSサービス送信モードとして使用されるか、または、PtM送信モードが上記MBMSサービス送信モードとして使用されるかを判定するのに使用される。

0091

ステップ806で、上記CRNCは、上記UEを含む特定の場合に関連したMBMSサービスを送信するMBMS RBを判別し、ステップ808で、上記MBMSサービスがPtP送信モードで送信されるか否かを判別する。上記判別の結果、ステップ808で、CRNCが上記PtP送信モードでMBMSサービスの遂行を決定すると判別されると、CRNCは、ステップ810で、上記MBMSサービスがPtP送信モードで送信されることを示す応答メッセージを上記SRNCへ送信する。一方、ステップ808で、上記CRNCが上記PtM送信モードでMBMSサービスの送信を決定すると判別されると、ステップ812で、CRNCは、MBMSRB情報が送信されるMCCHに関連した制御情報を含む応答メッセージを上記SRNCへ送信する。

0092

この後に、上記CRNCは、ステップ814で、上記SRNCから上記UEに関連したアタッチメント要求を受信して、アタッチメント過程を遂行する。ステップ814で、上記CRNCは、上記SRNCから伝達を受けるMBMSスタート指示メッセージ、RB再構成メッセージ、又は、第3のページングタイプメッセージを上記UEへ送信する。

0093

図9は、本発明の好適な一実施形態によるUEの動作を示すフローチャートである。ここで、UEは、複数のセルと通信していると仮定する。

0094

図9を参照すると、ステップ902で、UEは、MBMSサービスの開始を示す第3のページングタイプメッセージ、すなわち、MBMSサービス識別子のみを含む第3のページングタイプメッセージが受信されたか否かを確認する。MBMSサービスの開始を示す第3のページングタイプメッセージが受信されると、ステップ908で、UEは、MBMSサービスの開始を認識し、現在DCHを介して受信されている専用サービスを終了する場合に、上記MBMSサービス識別子に応じて、上記MBMSサービスを要求する。

0095

一方、上記UEがMBMSサービスの開始を示す第3のページングタイプメッセージが受信されない場合に、ステップ904で、RB再構成メッセージが受信されるか否かを確認する。ステップ904で、上記RB再構成メッセージを受信すると判断されると、UEは、ステップ910でRB再構成過程を遂行した後に、上記RBを介してMBMSサービスを受信する。

0096

一方、ステップ904で、上記RB再構成メッセージを受信しない場合に、UEは、ステップ906で、MBMS識別子、セル識別子、及びMCCH情報を含む上記第3のページングタイプメッセージを受信し、上記セル識別子が指示したセルでMCCHを介して制御情報を獲得した後に、上記獲得された制御情報を使用して、上記MBMSサービスを受信する。

0097

以上、本発明の詳細について具体的な実施の形態に基づき説明してきたが、本発明の範囲を逸脱しない限り、各種の変形が可能なのは明らかである。従って、本発明の範囲は、上記実施の形態に限定されるものではなく、特許請求の範囲の記載及び該記載と同等なものにより定められるべきである。

図面の簡単な説明

0098

典型的な移動通信システムにおけるUEが複数のセルから専用サービスを受信している過程を示す概念図である。
MBMSサービスを支援する移動通信システムの構成を示すブロック図である。
MBMSサービスを支援する移動通信システムにおけるUTRANの構成を示すブロック図である。
移動通信システムにおけるUTRANの階層的な構成を示すブロック図である。
本発明の好適な一実施形態に従って、UEをページングするための第3のページングタイプメッセージの構成を示す図である。
本発明の好適な一実施形態に従って、専用チャンネルを介してUEをページングする手順を示すフローチャートである。
本発明の好適な一実施形態によるSRNCの動作を示すフローチャートである。
本発明の好適な一実施形態によるCRNCの動作を示すフローチャートである。
本発明の好適な一実施形態によるUEの動作を示すフローチャートである。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 富士通株式会社の「 基地局装置、端末装置、及び通信方法」が 公開されました。( 2021/05/27)

    【課題・解決手段】端末装置と無線通信を行う基地局装置であって、前記基地局装置から受信したパケットに対応する受信確認パケットを、前記端末装置において蓄積することができる蓄積数を、前記端末装置が送信するデ... 詳細

  • ソニー株式会社の「 無線通信装置及び無線通信方法」が 公開されました。( 2021/05/27)

    【課題・解決手段】本技術は、無線端末局が複数の無線基地局の中から適切な接続先を容易に選択することができるようにする無線通信装置及び無線通信方法に関する。無線通信装置は、干渉電波を観測する観測部と、干渉... 詳細

  • 株式会社NTTドコモの「 ユーザ端末及び無線通信方法」が 公開されました。( 2021/05/27)

    【課題・解決手段】BWPを利用して通信を行う場合であっても、同期信号ブロック及び参照信号の少なくとも一方を利用して通信を適切に制御するために、本開示の一態様に係るユーザ端末は、所定の帯域幅部分(BWP... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ