図面 (/)

技術 サービス提供装置、サービス提供装置の制御方法及びプログラム

出願人 キヤノン株式会社
発明者 齋藤砂都子
出願日 2006年6月14日 (14年5ヶ月経過) 出願番号 2006-165366
公開日 2007年12月27日 (12年10ヶ月経過) 公開番号 2007-334611
状態 未査定
技術分野 タイプライター等へのデジタル出力
主要キーワード デジタル画像コンテンツ イベント分類 コンテンツ提供者情報 印刷情報テーブル コンテンツIDリスト 分類リスト サービス利用者端末 オリジナル画像ファイル
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2007年12月27日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (16)

課題

ネットワークを介してデジタルコンテンツに関するサービスを提供する場合に、サービス利用者に対して楽しみを持たせる。

解決手段

サービス提供装置は保有するデジタルコンテンツの中からサービス利用者の属性情報とデジタルコンテンツの属性情報に基づき印刷候補ランダムに選択する。次に印刷候補のデジタルコンテンツのサムネイル画像サービス利用者端末通知する。この通知に対するサービス利用者端末からの要求に従い、印刷候補のデジタルコンテンツの中から印刷対象をランダムに選択する。そして、サービス提供装置は印刷対象のデジタルコンテンツをその印刷条件情報と共にサービス利用者端末にダウンロードする。サービス利用者端末は印刷対象のデジタルコンテンツとその印刷条件情報から印刷ジョブを作成し、ローカルプリンタに送信し、印刷させる。これによりサービス利用者はランダムに選択されたデジタルコンテンツの印刷物を得る。

概要

背景

インターネットなどの通信インフラを利用した情報提供サービスは、各種提案されている。その中で、コンテンツ提供者デジタルコンテンツネットワーク上のサーバ装置の記憶領域にアップロードし、サービス利用者がサーバ装置にアクセスして所望のデジタルコンテンツをダウンロードし、ローカルプリンタ印刷するサービスがある。以下、このようなサービスを提供するサーバ装置のプロバイダサービス提供サイトと称する。

従来技術においては、サービス利用者はサービス提供サイトにアクセスし、全デジタルコンテンツの中から気に入った画像を選択したり、嗜好や目的にあったデジタルコンテンツを検索したりして、ダウンロードを行い、印刷を実行していた。
特開2002−157100号公報

概要

ネットワークを介してデジタルコンテンツに関するサービスを提供する場合に、サービス利用者に対して楽しみを持たせる。サービス提供装置は保有するデジタルコンテンツの中からサービス利用者の属性情報とデジタルコンテンツの属性情報に基づき印刷候補ランダムに選択する。次に印刷候補のデジタルコンテンツのサムネイル画像サービス利用者端末通知する。この通知に対するサービス利用者端末からの要求に従い、印刷候補のデジタルコンテンツの中から印刷対象をランダムに選択する。そして、サービス提供装置は印刷対象のデジタルコンテンツをその印刷条件情報と共にサービス利用者端末にダウンロードする。サービス利用者端末は印刷対象のデジタルコンテンツとその印刷条件情報から印刷ジョブを作成し、ローカルプリンタに送信し、印刷させる。これによりサービス利用者はランダムに選択されたデジタルコンテンツの印刷物を得る。

目的

そこで、本発明は、サービス利用者に対して、その嗜好に合わせた上でランダムにデジタルコンテンツを選択して提供し、何が印刷されるかわからないという楽しみをもたせることを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

会員端末ネットワークを介して通信可能なサービス提供装置であって、会員情報を前記会員端末から受信し、第1データベース登録する会員情報登録手段と、デジタルコンテンツをそのコンテンツ属性情報及びその印刷条件情報対応付けて第2データベースに登録するデジタルコンテンツ登録手段と、前記会員情報及び前記コンテンツ属性情報に基づき、予め定められた個数の前記デジタルコンテンツを前記第2データベースに記憶された中からランダムに選択する印刷候補選択手段と、前記印刷候補選択手段により選択された前記デジタルコンテンツのサムネイル画像を前記会員端末に通知する印刷候補通知手段と、前記会員端末からの要求に従い、前記印刷候補選択手段により選択された前記デジタルコンテンツの中から1つをランダムに選択する印刷対象選択手段と、前記印刷対象選択手段により選択された前記デジタルコンテンツを、その印刷条件情報と共に前記会員端末にダウンロードするダウンロード手段と、を備える、ことを特徴とするサービス提供装置。

請求項2

前記会員端末にインストールされたプリンタドライバから印刷環境情報を取得して保管する印刷環境情報保管手段と、をさらに備え、前記印刷候補選択手段は、前記印刷環境情報及び前記印刷条件情報に基づき前記デジタルコンテンツを選択する、ことを特徴とする請求項1に記載のサービス提供装置。

請求項3

前記印刷候補選択手段は、前記会員端末から再選択の要求があるときは、先に選択された前記デジタルコンテンツを除いて、新たなデジタルコンテンツを選択する、ことを特徴とする請求項1又は2に記載のサービス提供装置。

請求項4

前記印刷候補選択手段は、前記会員端末に、以前に伝送された前記デジタルコンテンツを除いて、新たなデジタルコンテンツを選択する、ことを特徴とする請求項1乃至3のいずれか1項に記載のサービス提供装置。

請求項5

会員端末とネットワークを介して通信可能なサービス提供装置の制御方法であって、会員情報を前記会員端末から受信し、第1データベースに登録する会員情報登録工程と、デジタルコンテンツをそのコンテンツ属性情報及びその印刷条件情報と対応付けて第2データベースに登録するデジタルコンテンツ登録工程と、前記会員情報及び前記コンテンツ属性情報に基づき、予め定められた個数の前記デジタルコンテンツを前記第2データベースに記憶された中からランダムに選択する印刷候補選択工程と、前記印刷候補選択工程で選択された前記デジタルコンテンツのサムネイル画像を前記会員端末に通知する印刷候補通知工程と、前記会員端末からの要求に従い、前記印刷候補選択工程で選択された前記デジタルコンテンツの中から1つをランダムに選択する印刷対象選択工程と、前記印刷対象選択工程で選択された前記デジタルコンテンツを、その印刷条件情報と共に前記会員端末にダウンロードするダウンロード工程と、を備えることを特徴とするサービス提供装置の制御方法。

請求項6

会員端末とネットワークを介して通信可能なコンピュータに、会員情報を前記会員端末から受信し、第1データベースに登録する会員情報登録工程と、デジタルコンテンツをそのコンテンツ属性情報及びその印刷条件情報と対応付けて第2データベースに登録するデジタルコンテンツ登録工程と、前記会員情報及び前記コンテンツ属性情報に基づき、予め定められた個数の前記デジタルコンテンツを前記第2データベースに記憶された中からランダムに選択する印刷候補選択工程と、前記印刷候補選択工程で選択された前記デジタルコンテンツのサムネイル画像を前記会員端末に通知する印刷候補通知工程と、前記会員端末からの要求に従い、前記印刷候補選択工程で選択された前記デジタルコンテンツの中から1つをランダムに選択する印刷対象選択工程と、前記印刷対象選択工程で選択された前記デジタルコンテンツを、その印刷条件情報と共に前記会員端末にダウンロードするダウンロード工程と、を実行させる、ことを特徴とするコンピュータで実行可能なプログラム

技術分野

0001

本発明は、サービス提供装置、サービス提供装置の制御方法及びプログラムに関し、特に、デジタル画像コンテンツインターネット等の通信環境を用いて接続されたサーバ上に保管し、そのデータを第三者公開するサービス提供装置、サービス提供装置の制御方法及びプログラムに関する。

背景技術

0002

インターネットなどの通信インフラを利用した情報提供サービスは、各種提案されている。その中で、コンテンツ提供者デジタルコンテンツネットワーク上のサーバ装置の記憶領域にアップロードし、サービス利用者がサーバ装置にアクセスして所望のデジタルコンテンツをダウンロードし、ローカルプリンタ印刷するサービスがある。以下、このようなサービスを提供するサーバ装置のプロバイダサービス提供サイトと称する。

0003

従来技術においては、サービス利用者はサービス提供サイトにアクセスし、全デジタルコンテンツの中から気に入った画像を選択したり、嗜好や目的にあったデジタルコンテンツを検索したりして、ダウンロードを行い、印刷を実行していた。
特開2002−157100号公報

発明が解決しようとする課題

0004

上記した従来技術では、サービス利用者は自ら所望するデジタルコンテンツしかダウンロードして印刷しないので、サービス利用の増大を望めないという問題がある。

0005

そこで、本発明は、サービス利用者に対して、その嗜好に合わせた上でランダムにデジタルコンテンツを選択して提供し、何が印刷されるかわからないという楽しみをもたせることを目的とする。

課題を解決するための手段

0006

上記の目的を達成するために、本発明の実施形態におけるサービス提供装置は、
会員端末とネットワークを介して通信可能なサービス提供装置であって、
会員情報を前記会員端末から受信し、第1データベース登録する会員情報登録手段と、
デジタルコンテンツをそのコンテンツ属性情報及びその印刷条件情報対応付けて第2データベースに登録するデジタルコンテンツ登録手段と、
前記会員情報及び前記コンテンツ属性情報に基づき、予め定められた個数の前記デジタルコンテンツを前記第2データベースに記憶された中からランダムに選択する印刷候補選択手段と、
前記印刷候補選択手段により選択された前記デジタルコンテンツのサムネイル画像を前記会員端末に通知する印刷候補通知手段と、
前記会員端末からの要求に従い、前記印刷候補選択手段により選択された前記デジタルコンテンツの中から1つをランダムに選択する印刷対象選択手段と、
前記印刷対象選択手段により選択された前記デジタルコンテンツを、その印刷条件情報と共に前記会員端末にダウンロードするダウンロード手段と、を備える、ことを特徴とする。

0007

上記の目的を達成するために、本発明の他の実施形態におけるサービス提供装置の制御方法は、
会員端末とネットワークを介して通信可能なサービス提供装置の制御方法であって、
会員情報を前記会員端末から受信し、第1データベースに登録する会員情報登録工程と、
デジタルコンテンツをそのコンテンツ属性情報及びその印刷条件情報と対応付けて第2データベースに登録するデジタルコンテンツ登録工程と、
前記会員情報及び前記コンテンツ属性情報に基づき、予め定められた個数の前記デジタルコンテンツを前記第2データベースに記憶された中からランダムに選択する印刷候補選択工程と、
前記印刷候補選択工程で選択された前記デジタルコンテンツのサムネイル画像を前記会員端末に通知する印刷候補通知工程と、
前記会員端末からの要求に従い、前記印刷候補選択工程で選択された前記デジタルコンテンツの中から1つをランダムに選択する印刷対象選択工程と、
前記印刷対象選択工程で選択された前記デジタルコンテンツを、その印刷条件情報と共に前記会員端末にダウンロードするダウンロード工程と、を備えることを特徴とする。

0008

上記の目的を達成するために、本発明の、さらに他の実施形態におけるプログラムは、会員端末とネットワークを介して通信可能なコンピュータに、
会員情報を前記会員端末から受信し、第1データベースに登録する会員情報登録工程と、
デジタルコンテンツをそのコンテンツ属性情報及びその印刷条件情報と対応付けて第2データベースに登録するデジタルコンテンツ登録工程と、
前記会員情報及び前記コンテンツ属性情報に基づき、予め定められた個数の前記デジタルコンテンツを前記第2データベースに記憶された中からランダムに選択する印刷候補選択工程と、
前記印刷候補選択工程で選択された前記デジタルコンテンツのサムネイル画像を前記会員端末に通知する印刷候補通知工程と、
前記会員端末からの要求に従い、前記印刷候補選択工程で選択された前記デジタルコンテンツの中から1つをランダムに選択する印刷対象選択工程と、
前記印刷対象選択工程で選択された前記デジタルコンテンツを、その印刷条件情報と共に前記会員端末にダウンロードするダウンロード工程と、を実行させる、ことを特徴とする。

発明の効果

0009

本発明によれば、会員に対して印刷されるまでどのデジタルコンテンツの印刷物が提供されるか分からないというお楽しみを与えることができ、サービスの利用拡大が期待できるという効果が得られる。

発明を実施するための最良の形態

0010

以下、添付した図面を参照し、本発明の好適な実施形態を例示的に詳しく説明する。尚、本実施形態に記載されている構成要素の相対配置表示画面等は、特に特定的な記載がない限りは、本発明の権利範囲をそれらのみに限定する趣旨のものではない。

0011

<実施形態1>
図1は、本発明の実施形態に係るサービス提供装置のシステム全体の概略構成を示す図である。以下の説明では、デジタルコンテンツをネットワーク110上のサービス提供装置105にアップロードする者を単にコンテンツ提供者と呼ぶ。また、デジタルコンテンツをサービス提供装置105からダウンロードしてローカルプリンタ111で印刷するサービスの利用者を単に会員と呼ぶ。

0012

図1に示すシステムにおいて、101、102はパーソナルコンピュータPC端末ともいう)である。尚、本実施形態では、101はコンテンツ提供者が使用するPC端末であり、以下ではコンテンツ提供端末と呼ぶ。102は会員が使用するPC端末であり、以下では会員端末と呼ぶ。

0013

105は後述するランダム印刷サービスを会員に提供するためにネットワーク110上に設けられたサービス提供装置である。コンテンツ提供端末101や会員端末102は、ネットワーク110を介してサービス提供装置105にアクセスすることができる。サービス提供装置105は、認証情報DB107でコンテンツ提供者及び会員の管理、コンテンツDB108でデジタルコンテンツの管理を行う。

0014

<サービス提供装置105の構成例>
図6はサービス提供装置105の構成例を示す。サービス提供装置105はWWWサーバファイルサーバメールサーバ等によって構成される。サービス提供装置105はCPU(Central Processing Unit)601、ROM(Read Only Memory)602及びRAM(Random Access Memory)603が内部バス612を介して接続されている。サービス提供装置105は基本的にコンピュータの構成となっている。本実施形態の実行にあたっては、CPU601がROM602に格納されたプログラム等に従って各モジュールを制御することで動作が行われる。サービス提供装置105は、さらに、入力I/F604を介して入力部609が接続される。入力部609には、キーボードポインティングデバイス等が接続される。さらに、表示I/F606を介して表示装置610が接続されると共に、内蔵HDD605も備えている。

0015

本実施形態のランダム印刷サービスの実行にあたっては、サービス提供装置105は主にWWWサーバとしての役割を果たす。そして、サービス提供装置105のCPU601が内蔵HDD605に記憶されたOS(Operating System)やWebアプリケーションプログラムに従って各種モジュールを制御することで動作が行われる。また、ネットワーク110とは、通信I/F608を介して接続される。この場合、通常WWWサーバを介することになる。さらにまた、サービス提供装置105には、HDDI/F607を介して大容量HDD611が接続されている。この大容量HDD611に、認証情報DB107、コンテンツDB108などが設定されている。

0016

なお、コンテンツ提供端末101及び会員端末102もそれぞれ上記したサービス提供装置105と同様のコンピュータの構成を有している。そして、コンテンツ提供端末101及び会員端末102は、HDDに、OSに加えてWebブラウザを記憶しており、これらに従って動作することでネットワーク110を介してサービス提供装置105との通信を実現する。また、会員端末102はローカルプリンタ111とUSB(Universal Serial Bus)のようなケーブル又は無線通信により接続されており、プリンタ111のプリンタドライバがそのHDDに予めインストールされている。また、コンテンツ提供端末101のHDDには、デジタルコンテンツのオリジナル画像ファイルやコンテンツ属性情報等が記憶されている。

0017

<会員及びコンテンツ提供者の登録フェーズ
図2は、本実施形態のシステムにおける会員及びコンテンツ提供者の登録の動作を説明するフローチャート図である。

0018

初めに、会員の登録フェーズについて説明する。サービス提供装置105は、会員の氏名、趣味、嗜好、性別年齢住所等の個人情報を会員情報として認証情報DB107で管理する。これは会員情報をランダム印刷サービスにおけるデジタルコンテンツの選択処理に使用するためである。

0019

まず、ステップS201において、会員端末102はサービス提供装置105に会員登録を要求する。これに応答してサービス提供装置105は、ステップS221にて、会員情報として、氏名、趣味、嗜好、性別、年齢、地域などを会員端末102に要求する。その後ステップS202において、それを受けて会員端末102は、それらの会員情報をサービス提供装置105へ送信する。ステップS222にてサービス提供装置105は認証情報DB107の会員情報テーブル700(図7)に新規レコードを作成し、会員情報を保管する。また、ステップS223にて、サービス提供装置105は会員IDと会員パスワード、会員用URLを会員端末102に発行し、処理を終了する。

0020

図7は認証情報DB107に記憶されている会員情報テーブル700の内容を示した図である。会員情報テーブル700では、会員ID701、会員パスワード702、氏名703、連絡先704、性別コード705、地域コード706、嗜好コードリスト707、趣味コードリスト708等を保管する。また、印刷済みコンテンツIDリスト709も保管する。

0021

なお、サービス提供装置105はランダム印刷サービスにおいて、会員が一度ダウンロードして印刷したデジタルコンテンツのコンテンツIDを印刷済みコンテンツIDリスト709にログとして記録する。

0022

会員はサービス提供装置105へのアクセスの際には、会員端末102を操作して会員IDと会員パスワードを入力し、サービス提供装置105へ送信し、認証を受けることを前提条件とする。

0023

次にコンテンツ提供者の登録フェーズについて説明する。コンテンツ提供者は、会員が利用するデジタルコンテンツの提供を行い、責任を負うことになるので、コンテンツ提供者登録を伴う必要がある。

0024

図2に示すように、コンテンツ提供端末101は、ステップS241でサービス提供装置105にコンテンツ提供者登録を要求する。これに応答してサービス提供装置105は、ステップS261にて、コンテンツ提供者情報として、名称、連絡先などをコンテンツ提供端末101に要求する。ステップS242にて、コンテンツ提供端末101はそれらの情報をサービス提供装置105へ送信する。ステップS262にてサービス提供装置105は認証情報DB107のコンテンツ提供者情報テーブル900(図9)に新規レコードを作成し、コンテンツ提供者情報を保管する。また、ステップS263にてサービス提供装置105は、コンテンツ提供者IDとコンテンツ提供者パスワード、コンテンツ提供者用URLをコンテンツ提供端末101に発行する。コンテンツ提供者がサービス提供装置105へアクセスする際には、コンテンツ提供端末101を使用してコンテンツ提供者IDとコンテンツ提供者パスワードを入力し、サービス提供装置105へ送信し、認証を受けることを前提条件とする。

0025

図9は、認証情報DB107に記憶されているコンテンツ提供者情報テーブル900の内容を示した図である。コンテンツ提供者情報テーブル900では、コンテンツ提供者ID901、コンテンツ提供者パスワード902、名称903、連絡先904を保管する。サービス提供装置105はコンテンツ提供者認証時にコンテンツ提供者テーブル900を参照する。

0026

コンテンツ登録フェーズ
図3は、本実施形態のサービス提供装置105及びコンテンツ提供者端末101が実行するコンテンツ登録フェーズの動作を説明するフローチャートである。

0027

コンテンツ登録フェーズは、コンテンツ提供端末101がネットワーク110を経由して、コンテンツ提供者用URLに基づきサービス提供装置105にアクセスすることから開始する。

0028

ステップS304にて、サービス提供装置105はログイン画面をコンテンツ提供端末101に送信し、そのディスプレイに表示させる。コンテンツ提供端末101は、コンテンツ提供者の操作によりログイン画面に従って入力された認証情報(コンテンツ提供者ID、コンテンツ提供者パスワード)をサービス提供装置105へ送信し、認証を求める。

0029

ステップS305にてサービス提供装置105は、認証情報DB107にアクセスして、コンテンツ提供者情報テーブル900のコンテンツ提供者ID901、コンテンツ提供者パスワード902を参照し、送信された認証情報と比較判断する。そして、これらが一致すればコンテンツ提供者を認証し、コンテンツ提供端末101からのログインを許可する。

0030

コンテンツ提供者認証が行われると、ステップS306にて、サービス提供装置105は、コンテンツ提供者用メニュー画面1200(図12)をコンテンツ提供端末101に送信し、そのディスプレイに表示させる。コンテンツ提供者はコンテンツ提供端末101を操作し、コンテンツ登録ボタン1201を押下する。この操作に応答してコンテンツ提供端末101はコンテンツ登録をサービス提供装置105に指示する。すると、ステップS307にて、サービス提供装置105はコンテンツ登録処理を開始する。コンテンツ登録処理が開始されると、ステップS308にて、サービス提供装置105はデジタルコンテンツのアップロード画面をコンテンツ提供端末101へ送信し、そのディスプレイに表示させる。

0031

図12はコンテンツ提供者用メニュー画面の一例である。コンテンツ提供者用メニュー画面1200には、コンテンツ登録ボタン1201とコンテンツ変更ボタン1202が表示される。さらに、コンテンツ削除ボタン1203、コンテンツ状況確認ボタン1204、コンテンツ順序ボタン1205、コンテンツ提供者情報設定ボタン1206が表示されている。

0032

コンテンツ提供者による操作に応答し、コンテンツ提供端末101はデジタルコンテンツとしてオリジナル画像ファイルをHDDから読み出し、サービス提供装置105にアップロードする。さらにステップS309において、サービス提供装置105はアップロードされたオリジナル画像ファイルをコンテンツDB108に保存するとともに、一意識別するためのコンテンツIDを発行する。また、サービス提供装置105はコンテンツDB108のコンテンツ情報テーブル800(図8)に新規レコードを作成し、発行されたコンテンツIDをコンテンツID801として格納する。

0033

また、サービス提供装置105はアップロードの日時をOSから取得し、当該レコードのコンテンツ登録日時804に格納する。また、コンテンツDB108でのオリジナル画像ファイルの保存場所を当該レコードのオリジナル画像ファイルパス805に格納する。また、オリジナル画像ファイルのサイズやファイルタイプを当該レコードの画像サイズ807や画像タイプ808に格納する。

0034

また、サービス提供装置105はデジタルコンテンツがアップロードされた際にオリジナル画像ファイルの正当性を検証するようにしてもよい。その場合、オリジナル画像ファイルのサイズやファイルタイプに基づき、検証すればよい。

0035

ステップS309でサービス提供装置105は、さらにオリジナル画像ファイルを元にしてサムネイル画像ファイルの作成を行う。得られたサムネイル画像ファイルはコンテンツDB108に保存される。また、コンテンツDB108でのサムネイル画像ファイルの保存場所は、コンテンツ情報テーブル800の当該レコードのサムネイル画像ファイルパス806に格納される。

0036

ステップS310にて、サービス提供装置105は、コンテンツ属性設定画面1300(図13)をコンテンツ提供端末101に送信し、ディスプレイに表示させる。コンテンツ提供者はコンテンツ提供端末101を操作し、コンテンツ属性設定画面1300に従ってデジタルコンテンツの属性情報タイトルコメント、嗜好分類、趣味分類、性別分類、地域分類、季節イベント分類等)を入力する。コンテンツ提供端末101は入力されたコンテンツ属性情報をサービス提供装置105へ送信する。

0037

ステップS311にてサービス提供装置105は、コンテンツ属性情報をコンテンツ情報テーブル800の当該レコードのコンテンツ名802、コメント803に保存する。また、嗜好分類リスト809、趣味分類リスト810、性別分類リスト811、地域分類リスト812、季節/イベント分類リスト813に保存する。

0038

図13は、コンテンツ属性設定画面1300の一例を示す図である。コンテンツ属性設定画面1300には、アップロードされたオリジナル画像ファイルのサイズ1301、ステップS309にて作成されたサムネイル画像1302が表示されている。また、デジタルコンテンツのタイトル入力フィールド1303、コメント入力フィールド1304、コンテンツ属性設定領域1307、決定ボタン1308等が表示されている。

0039

ステップS312にて、サービス提供装置105は、印刷条件設定画面1400(図14)をコンテンツ提供端末101へ送信し、そのディスプレイに表示させる。

0040

図14は、印刷条件設定画面1400の一例を示す図である。印刷条件設定画面1400には、オリジナル画像ファイルのサイズ1401、サムネイル画像1402が表示される。また印刷条件情報を設定するための、印刷用紙サイズ選択フィールド1403、印刷用紙種類選択フィールド1404、印刷レイアウト選択フィールド1405等が表示される。さらに、両面/片面指定や印刷用紙の向き、解像度印刷品質等の選択フィールドも表示するようにしてもよい。また、決定ボタン1407が表示されている。

0041

コンテンツ提供者はコンテンツ提供端末101を操作して印刷条件設定画面1400に従って印刷条件情報を選択入力する。コンテンツ提供端末101は入力された印刷条件情報をサービス提供装置105へ送信する。ステップS313においては、サービス提供装置105は、送信された印刷条件情報をコンテンツ情報テーブル800の当該レコードの印刷条件情報815に保存する。

0042

ステップS314にて、サービス提供装置105は、当該デジタルコンテンツのレコードのランダム印刷公開フラグ816をONに設定して、コンテンツDB108に保存する。以上の処理により、ランダム印刷サービスで選択されるデジタルコンテンツの準備が整ったこととなる。なお、ランダム印刷公開フラグ817がOFFに設定されていれば、後述するランダム印刷サービスのデジタルコンテンツの選択処理において、選択対象からは除外される。

0043

<ランダム印刷フェーズ>
図4は、本実施形態のサービス提供装置105及び会員端末102が実行するランダム印刷フェーズの動作を説明したフローチャートである。ランダム印刷フェーズは、ステップS404にて、会員端末102がネットワーク110を経由して、会員用URLに基づきサービス提供装置105にアクセスすることから開始する。

0044

このアクセスに応答して、サービス提供装置105は、ログイン画面を会員端末102に送信し、そのディスプレイに表示させる。会員は会員端末102を操作してログイン画面に従って認証情報(会員ID、会員パスワード)を入力する。会員端末102は入力された認証情報をサービス提供装置105へ送信し、認証を求める。

0045

ステップS405にてサービス提供装置105は、認証情報DB107にアクセスして会員情報テーブル700の会員ID701、会員パスワード702を参照し、入力された認証情報と比較判断する。そして、これらが一致すれば正しい会員であると認証し、会員端末102からのログインを許可する。

0046

会員認証が行われると、ステップS406にて、サービス提供装置105は、会員メニュー画面1100(図11)を会員端末102に送信し、ディスプレイに表示させる。すると会員は、会員端末102を操作してランダム印刷ボタン1102を押下する。この操作に応答して、会員端末102はサービス提供装置105に対してランダム印刷開始を指示する。

0047

図11は会員メニュー画面1100の一例である。会員メニュー画面1100には、会員情報設定ボタン1101やランダム印刷ボタン1102等が表示される。

0048

次に、ステップS407で、サービス提供装置105は、ランダム印刷情報テーブル1000(図10)に新規レコードを作成し、ランダム印刷ID1001、ランダム印刷実行日時1003を発行し、会員ID1002を保存する。このランダム印刷情報テーブル1000のレコードは一回のランダム印刷開始ごとに作成され、サービス提供装置105と会員端末102との通信のセッションと対応付けて保存される。セッションが切断されると、ランダム印刷情報テーブル1000から対応するレコードが削除される。なお、ランダム印刷情報テーブル1000は会員情報DB107に保管するようにしてもよいし、他の記憶装置に保存するようにしてもよい。

0049

図10は、ランダム印刷情報テーブル1000の内容を示した図である。

0050

ランダム印刷情報テーブル1000では、ランダム印刷ID1001、会員ID1002、ランダム印刷実行日時1003、後述するコンテンツIDリスト1004、後述する会員印刷環境情報1005を保管する。

0051

ステップS408にて、サービス提供装置105は、ローカルプリンタ111のプリンタドライバと通信するプラグインプログラムを会員端末102に起動させ、ローカルプリンタ111の印刷環境情報を取得する。ここで、会員端末102はプラグインプログラムをサービス提供装置105から予めダウンロードしているものとする。またプラグインプログラムはサービス提供装置105が必要とする情報を会員端末102から取得し、サービス提供装置105へ提供する機能を実現するものとする。

0052

サービス提供装置ステップS409にて、サービス提供装置105は、取得した印刷環境情報をランダム印刷情報テーブル1000の当該レコードの会員印刷環境情報1005に保存する。

0053

そしてステップS410にて、サービス提供装置105は、コンテンツDB108から、下記の候補選択の条件に適合するデジタルコンテンツをランダムに複数選択し、ランダム印刷の候補とする。選択されるデジタルコンテンツの個数は予め定められている。たとえば、一画面にサムネイル画像が入りきる程度の個数とし、本実施形態では12枚として説明するがこれに限られるものではない。

0054

デジタルコンテンツの候補選択の条件には例えば以下のようなものがある。まず、会員の属性情報に関連することが条件として上げられる。サービス提供装置105は認証情報DB107の会員情報テーブル700の属性情報(例えば、性別コード705、地域コード706、嗜好コードリスト707、趣味コードリスト708)を取得する。そして、コンテンツDB108のコンテンツ情報テーブル800の属性情報(例えば、性別分類リスト811、地域分類リスト812、嗜好分類リスト809、趣味分類リスト810。)のうち、会員情報テーブル700の属性情報と一致するレコードを持つデジタルコンテンツの中からランダムに選択する。尚、サービス提供装置105は、ランダム選択の際には公知のアルゴリズムを用いるものとする。以下でも同様である。

0055

あるいは、ランダム印刷サービスの提供日時に関連することが条件として上げられる。サービス提供装置105はランダム印刷情報テーブル1000のランダム印刷実行日時1003を取得する。そして、コンテンツDB108のコンテンツテーブル800のレコードのうち季節/イベント分類813がランダム印刷実行日時1003と一致するデジタルコンテンツの中からランダムに選択する。

0056

あるいは、会員の印刷環境情報に関連することが条件として上げられる。サービス提供装置105はランダム印刷情報テーブル1000の会員印刷環境情報1005を取得する。そして、コンテンツDB108のコンテンツ情報テーブル800のレコードのうち、印刷設定情報815のうちが会員印刷環境情報1005と一致するデジタルコンテンツの中から、ランダムに選択する。

0057

あるいは、会員がすでに印刷済みのデジタルコンテンツを除外することが条件として上げられる。サービス提供装置105は認証情報DB107の会員情報テーブル700の印刷済みコンテンツIDリスト710を取得する。そして、コンテンツDB108のコンテンツテーブル800を参照して一致するコンテンツID801を有するデジタルコンテンツを除外して、ランダムに選択する。

0058

上記に例をあげた条件を1つ又は複数組み合わせて、サービス提供装置105はコンテンツDB108から複数のデジタルコンテンツを候補として選択する。

0059

サービス提供装置105はデジタルコンテンツの選択を完了したら、ランダム印刷情報テーブル1000のコンテンツIDリスト1004に、選択されたデジタルコンテンツのコンテンツIDを追加する。

0060

サービス提供装置105は、ステップS411にて、候補として選択されたデジタルコンテンツのサムネイル画像ファイルパス806に基づいてサムネイル画像ファイルをコンテンツDB108から読み出す。そして、サムネイル画像ファイルとコンテンツ名802に基づき、ランダム印刷画面1500(図15)を作成する。サービス提供装置105はランダム印刷画面1500を会員端末102に送信し、ディスプレイに表示させる。ランダム印刷画面1500では会員に対して、サムネイル画像一覧1504の中から一つがランダムに選択されて印刷されることを示す。

0061

図15はランダム印刷画面1500の一例である。ランダム印刷画面1500には、ランダム印刷実行ボタン1501及び候補の選び直しボタン1502が表示される。またさらに、印刷済みのデジタルコンテンツのサムネイル画像1503、今回選択された候補のデジタルコンテンツのサムネイル画像1504、それらのコンテンツ名1505等も表示される。

0062

また、会員が今回候補に上げられたデジタルコンテンツに気に入らないものがあり、会員端末102を操作して選び直しボタン1502を押すと、それに応答して会員端末102はデジタルコンテンツの選択のやり直しをサービス提供装置105に指示する。

0063

再選択が指示された場合、サービス提供装置105は、ステップS410にもどってデジタルコンテンツ候補の選び直しを行う。その際、現在サムネイル画像一覧1504に表示されている候補のデジタルコンテンツを示すランダム印刷情報テーブル1000のコンテンツIDリスト1004をコンテンツDB108から読み出す。そして、サービス提供装置105はコンテンツDB108のコンテンツ情報テーブル800を参照して、コンテンツIDリスト1004と同じコンテンツID801を持つデジタルコンテンツ除外する。その後、コンテンツDB108のデジタルコンテンツの候補をランダムに選択する。そして、ランダム印刷画面1500を作成しなおし、会員端末102に送信し、そのディスプレイに表示させる。

0064

会員はサムネイル画像1504を参照し、候補に上げられたデジタルコンテンツが気に入った場合は、会員端末102を操作してランダム印刷実行ボタン1501を押す。この操作に応答して会員端末102はランダム印刷実行をサービス提供装置105に要求する。

0065

ランダム印刷実行が要求された場合、サービス提供装置105は、ステップS412にて、候補に上げられたデジタルコンテンツの中から、一つを印刷対象のデジタルコンテンツとしてランダムに選択する。サービス提供装置105は、ステップS413にて、印刷対象のデジタルコンテンツと対応する印刷コンテンツテーブル800のオリジナル画像ファイルパス805に基づき、オリジナル画像ファイルを取得する。また、印刷条件情報814を取得する。そして、オリジナル画像ファイル及び印刷条件情報を会員端末102へ送信する。

0066

会員端末102はプラグインプログラムに従って、ステップS414でプリンタドライバと通信し、オリジナル画像ファイルと印刷条件情報に基づき印刷ジョブを生成する。そして、会員端末102は印刷ジョブをローカルプリンタ111に送信する。ローカルプリンタ111は印刷ジョブに基づき印刷を実行する。かくして、会員は、ランダムに選ばれたデジタルコンテンツをローカルプリンタ111からの印刷物として取得することができる。

0067

<再印刷フェーズ>
ここで、会員がランダム印刷サービスで提供されたデジタルコンテンツの印刷に失敗した場合や印刷されたデジタルコンテンツが気に入った場合など、一度印刷したものを再び印刷したい場合が考えられる。そのような場合のために、ランダム印刷サービスでサービス提供装置105が一度、提供したデジタルコンテンツを、2回目以降は会員が手動で選択して印刷する場合について図5を参照して説明する。以下では、図4に示したランダム印刷フェーズと共通の処理については説明を省略し、異なる部分について特に詳細に説明する。

0068

再印刷フェーズにおいて、ステップS504〜S509では図4のステップS404〜S409と同様の処理を実行する。

0069

次に、サービス提供装置105は、ステップS510にて、ランダム印刷画面1500を会員端末102に送信し、そのディスプレイに表示させる。また、サービス提供装置105は会員情報テーブル700の印刷済みコンテンツIDリスト709を取得する。そして、コンテンツ情報テーブル800を参照し、一致するコンテンツID801を有するレコードのサムネイル画像ファイルパス806とコンテンツ名802を取得する。サービス提供装置105は取得されたサムネイル画像ファイルパス806に基づき、サムネイル画像ファイルをコンテンツDB108から取得する。

0070

そして、サービス提供装置105は取得されたサムネイル画像ファイルとコンテンツ名に基づき、ランダム印刷画面1500の印刷済みデジタルコンテンツのサムネイル画像一覧1503を作成する。会員は、この印刷済みデジタルコンテンツのサムネイル画像一覧1503に表示された中からデジタルコンテンツを一つ選ぶ。この操作に応答して、会員端末102は選択されたデジタルコンテンツのコンテンツIDをサービス提供装置105へ送信するとともに、再印刷を指示する。

0071

サービス提供装置105は、ステップS511にて、印刷コンテンツテーブル800を参照し、指示されたコンテンツIDを有するレコードのオリジナル画像ファイルパス805および印刷条件情報814を取得する。そして、オリジナル画像ファイルパス805に基づきコンテンツDB108からオリジナル画像ファイルを取得する。取得されたオリジナル画像ファイルと印刷条件情報を会員端末102に送信する。会員端末102はプラグインプログラムに従って、ステップS513でローカルプリンタ111のプリンタドライバと通信し、オリジナル画像ファイルと印刷条件情報に基づき印刷ジョブを生成する。会員端末102は印刷ジョブをローカルプリンタ111に送信する。ローカルプリンタ111は印刷ジョブに基づき印刷を実行する。このようにして会員は、印刷済みデジタルコンテンツを再び、ローカルプリンタ111からの印刷物として取得することができる。

0072

なお、上記した本実施形態によれば、会員端末102はプラグインプログラムに従ってプリンタドライバと通信し、オリジナル画像ファイルと印刷条件情報に基づき印刷ジョブを生成することができるので、会員は煩わしい印刷条件の設定をする必要がない。

0073

また、上記した実施形態において、サービス提供装置105は、ランダム印刷の候補の選択条件に用いる、性別、地域、嗜好、趣味等を会員登録フェーズにおいて会員端末102から得ていた。これに限らず、会員に対してアンケート等を行って会員情報を会員端末102から収集するようにしてもよい。あるいは、サービス提供装置105が会員端末102からのWeb画面へのアクセス履歴から会員の好みの傾向を分析し、自動的に会員情報を作成することも可能である。

0074

また、サービス提供装置105はコンテンツ情報テーブル800においてコンテンツ提供者が勧めたいデジタルコンテンツ、新たに提供されたデジタルコンテンツ、使用期限のあるデジタルコンテンツ等に重みづけを持たせて管理してもよい。そして、これらの情報を選択のフローチャートに反映させるようにしてもよい。

0075

以上説明したように、本実施形態によれば、会員に対して印刷されるまでどのデジタルコンテンツが出てくるか分からないというお楽しみを与えることができる。

0076

また、本実施形態では、ランダムに選択されるデジタルコンテンツの候補を会員に予め通知するので、会員が不快感感じてしまうようなデジタルコンテンツが印刷物として提供されるのを防ぐことができる。

0077

また、本実施形態では、会員が気に入らなかったデジタルコンテンツは次回から候補として選択されないので、会員の好みに合ったものを印刷物として提供できる。

0078

また、本実施形態では、会員の性別や嗜好等の利用者情報に沿ったデジタルコンテンツの中から印刷対象の候補を選択するので、ランダムに選択するにも関わらず、会員の好みにあったものを印刷物として提供できる。

0079

また、本実施形態では、会員の保有するローカルプリンタの印刷環境沿ったデジタルコンテンツの中から印刷対象の候補を選択するので、ランダムに選択するにも関わらず、ローカルプリンタの性能に合ったものを印刷物として提供できる。

0080

また、本実施形態では、会員はローカルプリンタの印刷条件設定を特に行わないので、なにが印刷されるかローカルプリンタから出てくるまでわからないというお楽しみの要素を増大させることができる。

0081

また、本実施形態では、サービス提供装置は会員が一度印刷したデジタルコンテンツを記録しておき、会員の手動で選択できるので、会員は気に入ったデジタルコンテンツを何度でも印刷できる。

0082

<その他の実施形態>
また、本発明の目的は、前述した実施形態の機能を実現するソフトウェアプログラムコードを記録した記憶媒体を、システムあるいは装置に供給しても達成可能である。すなわち、そのシステムあるいは装置のコンピュータ(またはCPUやMPU)が記憶媒体に格納されたプログラムコードを読出し実行することによっても、達成されることは言うまでもない。この場合、記憶媒体から読出されたプログラムコード自体が前述した実施形態の機能を実現することになり、そのプログラムコードを記憶した記憶媒体は本発明を構成することになる。

0083

プログラムコードを供給するための記憶媒体としては、例えば、フレキシブルディスクハードディスク光ディスク光磁気ディスクCD−ROM、CD−R、磁気テープ不揮発性半導体メモリカード、ROMなどを用いることができる。また、コンピュータが読出したプログラムコードを実行することにより、前述した実施形態の機能が実現される場合もある。

0084

しかし、さらにそのプログラムコードの指示に基づき、コンピュータ上で稼働しているOS(オペレーティングシステム)などが実際の処理の一部または全部を行い、その処理によって前述した実施形態の機能が実現される場合も含まれることは言うまでもない。

0085

さらに、記憶媒体から読出されたプログラムコードが、コンピュータに挿入された機能拡張ボードやコンピュータに接続された機能拡張ユニットに備わるメモリ書込まれる場合もあり得る。その後、そのプログラムコードの指示に基づき、その機能拡張ボードや機能拡張ユニットに備わるCPUなどが実際の処理の一部または全部を行い、その処理によって前述した実施形態の機能が実現される場合も含まれることは言うまでもない。

図面の簡単な説明

0086

本発明の実施形態に係るサービス提供装置のシステム全体の概略構成を示す図である。
本発明の実施形態に係るサービス提供装置のシステムにおける会員及びコンテンツ提供者登録処理の動作を示す図である。
本発明の実施形態に係るサービス提供装置とコンテンツ提供端末におけるコンテンツ登録処理の動作を示す図である。
本発明の実施形態に係るサービス提供装置と会員端末におけるランダム印刷処理の動作を示す図である。
本発明の実施形態に係るサービス提供装置と会員端末における印刷済みコンテンツ再印刷の動作を示す図である。
本発明の実施形態に係るサービス提供装置の概略構成を示す機能ブロック図である。
本発明の実施形態で使用される会員情報テーブルの1例を示す図である。
本発明の実施形態で使用されるコンテンツ情報テーブルの1例を示す図である。
本発明の実施形態で使用されるコンテンツ提供者情報テーブルの1例を示す図である。
本発明の実施形態で使用されるランダム印刷情報テーブルの1例を示す図である。
本発明の実施形態で使用される会員メニュー画面の1例を示す図である。
本発明の実施形態で使用されるコンテンツ提供者メニュー画面の1例を示す図である。
本発明の実施形態で使用されるコンテンツ属性設定画面の1例を示す図である。
本発明の実施形態で使用される印刷条件設定画面の1例を示す図である。
本発明の実施形態で使用されるランダム印刷画面の1例を示す図である。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ