図面 (/)

技術 トレーラー用点灯式連結具及び収納ケース

出願人 磯崎智子
発明者 磯崎智子
出願日 2006年4月7日 (14年7ヶ月経過) 出願番号 2006-105867
公開日 2007年10月25日 (13年0ヶ月経過) 公開番号 2007-276645
状態 特許登録済
技術分野 車両連結器
主要キーワード 球体型 略球体 背面空間 取付け点 配線カバー リアバンパー トレーラー 後固定
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2007年10月25日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (11)

課題

本発明は、トレーラ点灯連結具に関する発明である。

解決手段

本発明は、上記の課題を解決するために、上部に平坦部を形成し中央外周に複数個LEDを備えたLEDテープ取付け点灯部とした球体型の連結部と前記連結部の下部に支持体を介して連設した基台部と前記基台部の下部に連設され周囲にネジ山を施し固定ナット螺合した取付部と前記点灯部のLEDテープに接続され先端にコネクタを備えた配線からなることを特徴とするトレーラー用点灯式連結具と、略長方形状で上部に孔を穿設した起立部を備え正面空間を形成したケースとケースの下部に連設され正面側湾曲し上面にスイッチを備え背面空間を形成し背面空間内にスイッチへ接続された配線及び電池を備えた基台部からなりトレーラー用点灯式連結具を収納する収納ケースの構成とした。

概要

背景

従来、トレーラー用連結具は図10に示すように、上部が平坦部となった略球体の連結部6に支持体6aを介して基台部6bを連設し、基台部6bの下部に連設した取付部6eにワッシャ6cと固定ナット6dを螺合させたものであった。

しかしながら、従来のトレーラー用連結具では、夜間など暗い場所ではなかなかトレーラー用連結具を見つけることができず、トレーラーを車に取り付ける準備がスムーズに進まなかった。
特開平11−115425号公報

概要

本発明は、トレーラ点灯連結具に関する発明である。本発明は、上記の課題を解決するために、上部に平坦部を形成し中央外周に複数個LEDを備えたLEDテープ取付け点灯部とした球体型の連結部と前記連結部の下部に支持体を介して連設した基台部と前記基台部の下部に連設され周囲にネジ山を施し固定ナットを螺合した取付部と前記点灯部のLEDテープに接続され先端にコネクタを備えた配線からなることを特徴とするトレーラー用点灯式連結具と、略長方形状で上部に孔を穿設した起立部を備え正面空間を形成したケースとケースの下部に連設され正面側湾曲し上面にスイッチを備え背面空間を形成し背面空間内にスイッチへ接続された配線及び電池を備えた基台部からなりトレーラー用点灯式連結具を収納する収納ケースの構成とした。

目的

そこで、本発明は、夜間や暗い場所であっても、車体とトレーラーを容易に接続することができるトレーラー用点灯式連結具を提供することを目的とするものである。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

上部に平坦部を形成し中央外周に複数個LEDを備えたLEDテープ取付け点灯部とした球体型の連結部と前記連結部の下部に支持体を介して連設した基台部と、前記基台部下部に連設され周囲にネジ山を施し固定ナット螺合した取付部と、前記点灯部のLEDテープに接続され先端にコネクタを備えた配線とからなることを特徴とするトレーラー用点灯式連結具

請求項2

略長方形状で上部に孔を穿設した起立部を備え正面空間を形成したケースと、ケースの下部に連設され正面側湾曲し上面にスイッチを備え背面空間を形成し背面空間内にスイッチへ接続された配線及び電池を備えた載置部とからなるトレーラー用点灯式連結具を収納する収納ケース

技術分野

0001

本発明は、トレーラ点灯連結具に関する発明である。

背景技術

0002

従来、トレーラー用連結具図10に示すように、上部が平坦部となった略球体の連結部6に支持体6aを介して基台部6bを連設し、基台部6bの下部に連設した取付部6eにワッシャ6cと固定ナット6dを螺合させたものであった。

0003

しかしながら、従来のトレーラー用連結具では、夜間など暗い場所ではなかなかトレーラー用連結具を見つけることができず、トレーラーを車に取り付ける準備がスムーズに進まなかった。
特開平11−115425号公報

発明が解決しようとする課題

0004

そこで、本発明は、夜間や暗い場所であっても、車体とトレーラーを容易に接続することができるトレーラー用点灯式連結具を提供することを目的とするものである。

課題を解決するための手段

0005

本発明は、上記の課題を解決するために、上部に平坦部2aを形成し中央外周に複数個LED2lを備えたLEDテープ2kを取付け点灯部2bとした球体型の連結部2と、前記連結部2の下部に支持体2cを介して連設した基台部2dと、前記基台部2dの下部に連設され周囲にネジ山を施し固定ナット2fを螺合した取付部2gと、前記点灯部2bのLEDテープ2kに接続され先端にコネクタ2jを備えた配線2iとからなることを特徴とするトレーラー用点灯式連結具1の構成及び略長方形状で上部に孔3eを穿設した起立部3dを備え正面空間3cを形成したケース3aと、前記ケース3aの下部に連設され正面側湾曲し上面にスイッチを備え背面空間3hを形成し背面空間内にスイッチへ接続された配線3i及び電池3kを備えた載置部3bとからなるトレーラー用点灯式連結具1を収納する収納ケース3の構成とした。

発明の効果

0006

本発明のトレーラー用点灯式連結具は、複数個のLEDが取り付けられているため、夜間や暗い中であっても、容易にトレーラーをトレーラー用点灯式連結具に取り付けることができきる。

0007

また、電池及びスイッチを備えた収納ケースには電力源が確保されているため、車体の尾灯配線に直接接続せずに、収納ケースのスイッチで点灯させることができ、車体以外でも使用することができる。

発明を実施するための最良の形態

0008

夜間や暗い場所であっても容易にトレーラーと車体を連結することができるトレーラー用連結具という目的を、点灯機能を付けることによって実現した。

0009

図1は本発明であるトレーラー用点灯式連結具の斜視図、図2はトレーラー用点灯式連結具の断面図である。図1及び図2に示すように、本発明であるトレーラー用点灯式連結具1は、上部に平坦部2aを形成し中央外周に複数個のLED2lを備えたLEDテープ2kを取付け点灯部2bとした球体型の連結部2と前記連結部2の下部に支持体2cを介して連設した基台部2dと前記基台部2dの下部に連設され周囲にネジ山を施し固定ナット2fを螺合した取付部2gと前記点灯部2bのLEDテープ2kに接続され先端にコネクタ2jを備えた配線2iからなる。

0010

図2に示すように、取付部2gの中央下部から連結部2aの中心にかけては中空と2mとなっており、更に中空2mは連結部2aの中央から直角に曲がり連結部2aの外方に向かっている。この中空2m内には配線2iが挿通されており、一端は前記LEDテープ2kに接続され、他端にはコネクタ2jが取り付けられている。

0011

連結部2aの中央外周に巻き付けられたLEDテープ2kの表面には複数のLED2lが取り付けられており、更にそのLRD2lを保護するようにカバーがされて点灯部2bを形成し、配線2iから得た電力によりLED2lが点灯する仕組みとなっている。

0012

前記取付部2gに固定ナット2fを螺合する際には取付部2gを予めワッシャ2eに挿通し、その後固定ナット2fを取付部2gに螺合する。尚、実際にトレーラー用連結具1を取り付ける際には、基台部2dとワッシャ2eで取付部分を挟み、固定ナット2fを締めることにより固定する。

0013

取付部2g内より下方に向かって飛び出している配線2iには配線カバー2hが施されており、先端にコネクタ2jが取り付けられている。また、配線2iの途中に取り付けられているのは抵抗2nである。

0014

図3はトレーラー用点灯式連結具及び収納ケースの斜視図、図4はトレーラー用点灯式連結具及び収納ケースの正面図、図5はトレーラー用点灯式連結具及び収納ケースの背面図、図6はトレーラー用点灯式連結具及び収納ケースの左側面図、図7はトレーラー用点灯式連結具及び収納ケースの平面図、図8はトレーラー用点灯式連結具及び収納ケースの底面図である。

0015

図3から図8に示すように、本発明であるトレーラー用点灯式連結具1を収納する収納ケース3は、略長方形状で上部に孔3eを穿設した起立部3dを備え正面空間3cを形成したケース3aとケース3aの下部に連設され正面側が湾曲し背面空間3hを形成した載置部3bからなる。

0016

前記載置部3bの上面の先端にはスイッチ3gが取り付けられており、スイッチ3gは図5に示した載置部3bの内側に取り付けられた配線3iに接続されている。この配線3iの先端にはコネクタ3jが取り付けられている。また、前記起立部3dの背面に取り付けた略三角形状の支持板3f、3fは起立部3dの補強材である。

0017

図3から図8に示すように、前記トレーラー用連結具1を収納ケース3に収納する際、トレーラー用連結具1の基台部2dと固定ナット2fで収納ケース3の載置部3b上面を挟んで固定する。即ち、トレーラー用連結具1の基台部2dより上部は正面空間3c内に収納され、取付部2g及びワッシャ2e、固定ナット2fは背面空間3h内に収納された状態となる。

0018

尚、図6に示したように、ケース3aの幅は載置部3bの幅のおよそ半分であるため、正面空間3cの幅も背面空間3hの幅より狭く、トレーラー用連結具1の連結部3aの正面側約半分は正面空間3cより外に出ている。

0019

前記トレーラー用点灯式連結具1のコネクタ2jと収納ケース3のコネクタ3jは接続することができ、両者を接続した状態でスイッチ3gを入れるとトレーラー用連結具の点灯式連結具1のLED2lが点灯する。尚、電力源は背面空間3hに取り付けた電池3kから得る。

0020

図9は、本発明であるトレーラー用点灯式連結具を使用した状態を示した図である。図9に示すように、トレーラー用点灯式連結具1は車に取り付けられた連結板4に設置する。その際、連結板4に穿設された孔にトレーラー用点灯式連結具1の取付部2gを挿通させ基台部2dが連結板4上に乗った状態にし、取付部2gに下側からワッシャ2eを取付け、更に固定ナット2fを螺合し、しっかりと固定する。

0021

連結板4は接続部4bを介して略台形状の2枚のプレートからなる取付部4cに連結されている。取付部4cをリアバンパー5aの下にある車体側取付部5に取り付けることにより車体に連結板4を設置し、更にトレーラー用点灯式連結具1を取り付けることができる。

0022

尚、連結板4の上面中間部に形成された起立部4aは連結板4の後端一緒に接続部4bに連結されて補強をしている。

0023

本発明であるトレーラー用点灯式連結具1を連結板4を介して車体に取り付けた場合、コネクタ2jは車の尾灯に接続され、尾灯と連動して点灯するように接続される。これにより暗い中であっても容易にトレーラー用点灯式連結具1にトレーラーを接続することができる。

図面の簡単な説明

0024

本発明であるトレーラー用点灯式連結具の斜視図である。
本発明であるトレーラー用点灯式連結具の断面図である。
本発明であるトレーラー用点灯式連結具及び収納ケースの斜視図である。
本発明であるトレーラー用点灯式連結具及び収納ケースの正面図である。
本発明であるトレーラー用点灯式連結具及び収納ケースの背面図である。
本発明であるトレーラー用点灯式連結具及び収納ケースの左側面図である。
本発明であるトレーラー用点灯式連結具及び収納ケースの平面図である。
本発明であるトレーラー用点灯式連結具及び収納ケースの底面図である。
本発明であるトレーラー用点灯式連結具を使用した状態を示した図である。
従来のトレーラー用連結具を示した図である。

符号の説明

0025

1トレーラー用点灯式連結具
2 連結部
2a平坦部
2b点灯部
2c支持体
2d基台部
2eワッシャ
2f固定ナット
2g取付部
2h配線カバー
2i配線
2jコネクタ
2kLEDテープ
2lLED
2m中空
2n抵抗
3収納ケース
3aケース
3b 載置部
3c正面空間
3d起立部
3e 孔
3f 支持板
3g スイッチ
3h背面空間
3i 配線
3j コネクタ
3k電池
4連結板
4a 起立部
4b 接続部
4c 取付部
5 車体側取付部
5aリアバンパー
6 連結部
6a 支持体
6b 基台部
6c ワッシャ
6d 固定ナット

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ