図面 (/)

技術 光ファイバケーブル

出願人 株式会社フジクラ
発明者 岡田直樹井野悦男三ツ橋恵子御園信行
出願日 2006年3月15日 (14年0ヶ月経過) 出願番号 2006-071072
公開日 2007年9月27日 (12年5ヶ月経過) 公開番号 2007-248740
状態 特許登録済
技術分野 光ファイバケーブル 通信ケーブル
主要キーワード スペーサロッド スリット入り 中心周辺 小スロット 高張力繊維 高抗張力繊維 断面円弧形状 スロット溝
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2007年9月27日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (4)

課題

解決手段

光ファイバケーブル1は、スロットコア3の外周に適宜な間隔で形成した各スロット溝7に複数枚光ファイバテープ心線13を積層して収納するものである。前記スロット溝7内に、スリット19を設けたセパレータ9を前記スロットコア3の中心からみて放射状に配設して前記スロット溝7を複数に分割した分割スロット溝11と、前記各分割スロット溝11内に1列に積層して配設した複数の光ファイバテープ心線13と、から構成されていると共に、前記スリット19がセパレータ9の外周側に適宜間隔で設けられていることを特徴とする。

概要

背景

一般に、1000心前後の光ファイバケーブルとしては現在スロット型が主流となっており、13溝のスロット溝を有するスロットコアを用いる場合が一般的である。例えば、スロット型光ファイバケーブルは、スロットコア(又は、「スロットロッド」ともいう)の中心に抗張力体が備えられ、前記スロットコアの周囲に配置された複数のスロット溝内に複数層光ファイバテープ心線(以下、単に「テープ心線」という)が積層して集合され、前記スロットコアの外周に押え巻が巻かれ、このテープ巻線の外周にシース樹脂などの外被シースされて構成されている。

なお、上記のテープ心線は、一般的に、複数本光ファイバ素線が横一列に並べられ、この複数本の複数の光ファイバ素線の外周をUV硬化樹脂などの一括樹脂一括被覆して構成されている。例えば、8心の光ファイバテープ心線は、所謂、「8心テープ心線」と称する。

しかしながら、スロット型光ファイバケーブルの不利な点である中心周辺デッドスペースが比較的大きくならざるを得ない問題があった。FTTH(Fiber to the Home)の拡大に伴い、地下管路の有効利用が切望されており、より細径で高密度な光ファイバケーブルが望まれている。

より多心テープ心線(例えぱ16心テープ心線)を用いることにより、スロット溝数を少なくすることは可能であるが、この場合は光ファイバの歪の増大や損失増加をしやすい問題があると共に、現行の8心テープ心線との接続において整合がとれなくなる問題がある。また、16心テープ心線同士の接続においても、融着機やコネクタ等の専用機器治具を新たにそろえる必要が生じてくるため、線路構築全体を考えるとコストアップする要素が多いものであった。

そこで、従来のスロット型光ファイバケーブルにおいては、ケーブル外径を大きくせずに光ファイバの数を増加させるために、すなわち、より細径で高密度な光ファイバケーブルとするために種々の工夫が行われている。所謂、多数のテープ心線を用いた高密度多心光ケーブル構造としては、以下に示されているような構造が考案されており、場合によってはこれらの複合構造となっている。

例えば、特許文献1の光ファイバケーブルは、スロットコアのスロット溝内に、複数枚のテープ心線を2列以上並列に積層して配設し、前記複数枚のテープ心線の各列の間に仕切板を立ててテープ心線の配列の乱れを防止している。これにより、光ファイバケーブルの細径化、高密度化を図っている。

また、特許文献2の光ファイバケーブルは、特許文献1とほぼ同様であり、スロットコアのスロット溝内に「T」、「L」などの形状をした長尺仕切り体を配置して各スロット溝を複数の空間に区切り、各空間に複数枚のテープ心線の積層体を配設している。

また、特許文献3の光ファイバケーブルは、特許文献1及び特許文献2のようなスロット溝を備えたスロットコアではなく、断面が「コ」あるいは「E」の形状をしたスロットチューブ複数個円周上に配列されてスロットコアを形成し、各スロットチューブには1列の複数枚のテープ心線の積層体が収納されている。また、各スロットチューブの溝の長手方向に延びる側壁には適宜間隔で切込みを入れて曲げ易くされている。

また、特許文献4の光ファイバケーブルは屋内用ノンメタリック光ケーブルであり、テープ心線の外周に被覆を設けた光テープコードに、高抗張力繊維からなるテンションメンバが縦添えされて、切込み付断面コ字状のプラスチック成形体に収納され、さらに前記プラスチック成形体の外周にシースが設けられている。なお、プラスチック成形体の切込みはプラスチック成形体の長手方向に適宜間隔で設けられており、屈曲性の向上を図るためのものである。

また、特許文献5の光ファイバケーブルは、特許文献1のようにスロット溝を備えたスロットコア(特許文献5では「スペーサロッド」と呼ぶ)であり、このスロットコアの外層部に周方向の切込みが長手方向にわたり所定のピッチで形成されている。上記の切込みによって光ファイバケーブルの曲げ剛性が低減する。そのために光ファイバケーブルが多心であっても太心であっても、曲げ剛性の小さくコーナ部の多い管路への敷設が容易となる。

また、特許文献6の光ファイバケーブルは、特許文献1のようにスロット溝を備えたスロットコアであって、前記スロット溝の底面が断面U字形状のように円孤形状である。これにより光ファイバケーブルの細径化を図っている。
特開平10−123381号公報
特開平8−220392号公報
実開平4−77110号公報
特開2000−81554号公報
特開2000−66069号公報
特開2000−241686号公報

概要

光ファイバケーブルの高密度化と細径化をる。 光ファイバケーブル1は、スロットコア3の外周に適宜な間隔で形成した各スロット溝7に複数枚の光ファイバテープ心線13を積層して収納するものである。前記スロット溝7内に、スリット19を設けたセパレータ9を前記スロットコア3の中心からみて放射状に配設して前記スロット溝7を複数に分割した分割スロット溝11と、前記各分割スロット溝11内に1列に積層して配設した複数の光ファイバテープ心線13と、から構成されていると共に、前記スリット19がセパレータ9の外周側に適宜間隔で設けられていることを特徴とする。

目的

特許文献2の光ファイバケーブルは、仕切板の形状が断面L字やT字となっているので、その構造が複雑であることと、その分スペースを取られるので、本発明の主目的である細径化には必ずしも有効ではないという問題点があった。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

スロットコアの外周に適宜な間隔で形成した各スロット溝内に複数枚光ファイバテープ心線を積層して収納する光ファイバケーブルにおいて、前記スロット溝内に、スリット入りセパレータを前記スロットコアの中心からみて放射状に配設して前記スロット溝を複数に分割した分割スロット溝と、この各分割スロット溝内に1列に積層して配設した複数の光ファイバテープ心線と、から構成されていると共に、前記スリットがセパレータの外周側に適宜間隔で設けられていることを特徴とする光ファイバケーブル。

請求項2

前記セパレータの厚さが0.1〜0.5mmであることを特徴とする請求項1記載の光ファイバケーブル。

請求項3

前記スリットの間隔が5〜50mmであることを特徴とする請求項1又は2記載の光ファイバケーブル。

請求項4

前記セパレータの内周側に、セパレータの長手方向に延伸したテンションメンバを配設していることを特徴とする請求項1、2又は3記載の光ファイバケーブル。

請求項5

前記テンションメンバが、鋼線高張力繊維あるいはFRPであることを特徴とする請求項4記載の光ファイバケーブル。

技術分野

0001

この発明は、光ファイバケーブルに関し、特にスロットコアの外周に適宜な間隔で形成した各スロット溝複数枚光ファイバテープ心線を積層して収納する光ファイバケーブルに関する。

背景技術

0002

一般に、1000心前後の光ファイバケーブルとしては現在スロット型が主流となっており、13溝のスロット溝を有するスロットコアを用いる場合が一般的である。例えば、スロット型光ファイバケーブルは、スロットコア(又は、「スロットロッド」ともいう)の中心に抗張力体が備えられ、前記スロットコアの周囲に配置された複数のスロット溝内に複数層の光ファイバテープ心線(以下、単に「テープ心線」という)が積層して集合され、前記スロットコアの外周に押え巻が巻かれ、このテープ巻線の外周にシース樹脂などの外被シースされて構成されている。

0003

なお、上記のテープ心線は、一般的に、複数本光ファイバ素線が横一列に並べられ、この複数本の複数の光ファイバ素線の外周をUV硬化樹脂などの一括樹脂一括被覆して構成されている。例えば、8心の光ファイバテープ心線は、所謂、「8心テープ心線」と称する。

0004

しかしながら、スロット型光ファイバケーブルの不利な点である中心周辺デッドスペースが比較的大きくならざるを得ない問題があった。FTTH(Fiber to the Home)の拡大に伴い、地下管路の有効利用が切望されており、より細径で高密度な光ファイバケーブルが望まれている。

0005

より多心テープ心線(例えぱ16心テープ心線)を用いることにより、スロット溝数を少なくすることは可能であるが、この場合は光ファイバの歪の増大や損失増加をしやすい問題があると共に、現行の8心テープ心線との接続において整合がとれなくなる問題がある。また、16心テープ心線同士の接続においても、融着機やコネクタ等の専用機器治具を新たにそろえる必要が生じてくるため、線路構築全体を考えるとコストアップする要素が多いものであった。

0006

そこで、従来のスロット型光ファイバケーブルにおいては、ケーブル外径を大きくせずに光ファイバの数を増加させるために、すなわち、より細径で高密度な光ファイバケーブルとするために種々の工夫が行われている。所謂、多数のテープ心線を用いた高密度多心光ケーブル構造としては、以下に示されているような構造が考案されており、場合によってはこれらの複合構造となっている。

0007

例えば、特許文献1の光ファイバケーブルは、スロットコアのスロット溝内に、複数枚のテープ心線を2列以上並列に積層して配設し、前記複数枚のテープ心線の各列の間に仕切板を立ててテープ心線の配列の乱れを防止している。これにより、光ファイバケーブルの細径化、高密度化を図っている。

0008

また、特許文献2の光ファイバケーブルは、特許文献1とほぼ同様であり、スロットコアのスロット溝内に「T」、「L」などの形状をした長尺仕切り体を配置して各スロット溝を複数の空間に区切り、各空間に複数枚のテープ心線の積層体を配設している。

0009

また、特許文献3の光ファイバケーブルは、特許文献1及び特許文献2のようなスロット溝を備えたスロットコアではなく、断面が「コ」あるいは「E」の形状をしたスロットチューブ複数個円周上に配列されてスロットコアを形成し、各スロットチューブには1列の複数枚のテープ心線の積層体が収納されている。また、各スロットチューブの溝の長手方向に延びる側壁には適宜間隔で切込みを入れて曲げ易くされている。

0010

また、特許文献4の光ファイバケーブルは屋内用ノンメタリック光ケーブルであり、テープ心線の外周に被覆を設けた光テープコードに、高抗張力繊維からなるテンションメンバが縦添えされて、切込み付断面コ字状のプラスチック成形体に収納され、さらに前記プラスチック成形体の外周にシースが設けられている。なお、プラスチック成形体の切込みはプラスチック成形体の長手方向に適宜間隔で設けられており、屈曲性の向上を図るためのものである。

0011

また、特許文献5の光ファイバケーブルは、特許文献1のようにスロット溝を備えたスロットコア(特許文献5では「スペーサロッド」と呼ぶ)であり、このスロットコアの外層部に周方向の切込みが長手方向にわたり所定のピッチで形成されている。上記の切込みによって光ファイバケーブルの曲げ剛性が低減する。そのために光ファイバケーブルが多心であっても太心であっても、曲げ剛性の小さくコーナ部の多い管路への敷設が容易となる。

0012

また、特許文献6の光ファイバケーブルは、特許文献1のようにスロット溝を備えたスロットコアであって、前記スロット溝の底面が断面U字形状のように円孤形状である。これにより光ファイバケーブルの細径化を図っている。
特開平10−123381号公報
特開平8−220392号公報
実開平4−77110号公報
特開2000−81554号公報
特開2000−66069号公報
特開2000−241686号公報

発明が解決しようとする課題

0013

ところで、従来の光ファイバケーブルにおいては、例えば、特許文献1の光ファイバケーブルは、スロットコアのスロット溝内に、2列以上並列に積層した複数枚のテープ心線の前記各列の間が、仕切板で仕切られているが、この仕切板はプラスチックフィルム等を用いると記載されており、何ら具体的な構造の規定が記載されていない。しかしながら、仕切板が単なるプラスチックフィルムでは、多数枚のテープ心線と前記仕切板を同時にスロットコアのスロット溝内に収納しながら光ファイバケーブルを製造することはできないという問題点があった。

0014

特許文献2の光ファイバケーブルは、仕切板の形状が断面L字やT字となっているので、その構造が複雑であることと、その分スペースを取られるので、本発明の主目的である細径化には必ずしも有効ではないという問題点があった。

0015

特許文献3及び特許文献4の光ファイバケーブルは、スロット溝を備えたスロットコアを用いたスロット型光ファイバケーブルではなく、特許文献3は、断面が「コ」あるいは「E」の形状をしたスロットチューブの複数個を用いたものであり、特許文献4は、切込み付断面コ字状のプラスチック成形体を用いたものである。しかも、各スロットチューブやプラスチック成形体に設けた切込みは、あくまでも光ファイバケーブルの曲げ剛性を小さく押さえるための構造である。すなわち、各スロットチューブやプラスチック成形体が光ファイバケーブルの曲げ剛性に大きく影響している構造部材であるからである。

0016

特許文献5の光ファイバケーブルは、細径化を図るものではなく、あくまでもスロットコアの外層部に周方向に設けた切込みは、光ファイバケーブルの曲げ剛性を小さく押さえるための構造である。

0017

特許文献6の光ファイバケーブルは、スロット溝の底面が断面U字形状のように円孤形状であることにより、光ファイバケーブルの細径化を図るものであるが、特許文献2のような断面L字もしくはT字形状仕切り板では、このような円孤形状の構造のスロット溝には適用できないものである。

課題を解決するための手段

0018

上記発明が解決しようとする課題を達成するために、この発明の光ファイバケーブルは、スロットコアの外周に適宜な間隔で形成した各スロット溝内に複数枚の光ファイバテープ心線を積層して収納する光ファイバケーブルにおいて、
前記スロット溝内に、スリット入りセパレータを前記スロットコアの中心からみて放射状に配設して前記スロット溝を複数に分割した分割スロット溝と、この各分割スロット溝内に1列に積層して配設した複数の光ファイバテープ心線と、から構成されていると共に、前記スリットがセパレータの外周側に適宜間隔で設けられていることを特徴とするものである。

0019

また、この発明の光ファイバケーブルは、前記光ファイバケーブルにおいて、前記セパレータの厚さが0.1〜0.5mmであることが好ましい。

0020

また、この発明の光ファイバケーブルは、前記光ファイバケーブルにおいて、前記スリットの間隔が5〜50mmであることが好ましい。

0021

また、この発明の光ファイバケーブルは、前記光ファイバケーブルにおいて、前記セパレータの内周側に、その長手方向に延伸したテンションメンバを配設していることが好ましい。

0022

また、この発明の光ファイバケーブルは、前記光ファイバケーブルにおいて、前記テンションメンバが、鋼線高張力繊維あるいはFRPであることが好ましい。

発明の効果

0023

以上のごとき課題を解決するための手段から理解されるように、この発明によれば、1つのスロット溝内をスリット入りのセパレータで複数の分割スロット溝に分割し、各分割スロット溝に光ファイバテープ心線の積層体を実装することにより、1つのスロット溝内に2列以上の複数の光ファイバテープ心線の積層体を実装できるので、全体のスロット溝の数が削減されるため、スロットコアの外径を小さくすることが可能となり、光ファイバケーブルの実装高密度化、細径化及び軽量化が可能となる。しかも、テープ心線の積層体の各列の間に実装したスリット入りのセパレータにより、複数のテープ心線の配列不良による特性劣化を防止できる。

0024

また、上記のセパレータは、当該セパレータの内周側にテンションメンバが実装され、且つセパレータの外周側にスリットが設けられているので、スロット溝内に収納しやすくできる。

0025

したがって、同じ光ファイバテープ心線の数ならば、外径の小さい光ファイバケーブルを構成することができ、光ファイバケーブルの高密度化と細径化を図ることができる。

発明を実施するための最良の形態

0026

以下、この発明の実施の形態について図面を参照して説明する。

0027

図1を参照するに、この実施の形態に係る光ファイバケーブル1は、所謂、「スロット型光ファイバケーブル」と称するもので、スロットコア3(又は、「スロットロッド」ともいう)の中心に抗張力体5が備えられ、スロットコア3の外周に複数のスロット溝7が適宜な間隔で配置されている。前記各スロット溝7は、スリット入りの例えばプラスチックフィルムなどからなるセパレータ9を前記スロットコア3の中心からみて放射状に配設して前記スロット溝7を分割した分割スロット溝11が形成されている。この各分割スロット溝11内には複数枚の光ファイバテープ心線13(以下、単に「テープ心線」という)が積層されるように収納して集合されている。

0028

さらに、前記スロットコア3の外周には押え巻テープとしての例えばテープ巻線15が巻かれ、このテープ巻線15の外周にはシース樹脂などの外被17でシースされている。

0029

この実施の形態では、1000心のスロット型光ファイバケーブル1が示されている。図1に示されているように、スロットコア3の外周には6つの大スロット溝7Aと1つの小スロット溝7Bが設けられており、大スロット溝7Aは上記のセパレータ9で2つの分割スロット溝11に分割されている。各分割スロット溝11には10枚のテープ心線13が積層されている。つまり、大スロット溝7Aには2列のテープ心線13の積層体が各列間をセパレータ9で仕切られて収納されている。一方、小スロット溝7Bには5枚のテープ心線13が積層されている。

0030

また、この実施の形態で用いられているテープ心線13は、所謂、「8心テープ心線」と称するものであり、横一列に並べられた8本の光ファイバ素線の外周をUV硬化樹脂(紫外線硬化性樹脂)などの一括樹脂で一括被覆して構成されている。なお、前記各光ファイバ素線は、一般にガラス石英)からなる裸光ファイバの外周が一又は複数層からなるUV硬化樹脂などの被覆樹脂で被覆されて構成されている。なお、テープ心線13としては上記の8心テープ心線に限らず、他の心数を備えたものでも良い。

0031

したがって、各大スロット溝7Aには、それぞれ1列が10枚の8心テープ心線13を積層した積層体が、セパレータ9で分割された2つの分割スロット溝11に収納されているので、合計2列の積層体が収納される。6つの大スロット溝7Aでは合計960心であり、これに加えて、1つの小スロット溝7Bには5枚の8心テープ心線13が積層されているので合計40心であり、総合計で1000心となる。

0032

なお、この実施の形態では1つの大スロット溝7A内が2つの分割スロット溝11に分割されているが、3つ以上の分割スロット溝11に分割されても適用できる。

0033

また、上記のセパレータ9としては、図2に示されているように、多数のスリット19がセパレータ9の外周側に適宜間隔で設けられており、セパレータ9の内周側にはその長手方向に延伸したテンションメンバ21が配設されている。この多数のスリット19やテンションメンバ21は、積層すべき複数枚のテープ心線13とセパレータ9を同時にスロット溝7内に収納しながら光ファイバケーブル1を製造できるように機能している。

0034

なお、上記のセパレータ9の厚さは0.1〜0.5mmであることが、セパレータ9をスロット溝7内にスロットコア3の中心からみて放射状に立てて収納するための強度を有しているので、積層すべき複数枚のテープ心線13とセパレータ9を同時にスロット溝7内に収納しながら光ファイバケーブル1を製造できるようにするという点で望ましい。前記セパレータ9の厚さが0.1mm未満の場合には収納時のセパレータ9の強度が弱くなりすぎ、また、セパレータ9の厚さが0.5mm越えた場合には厚すぎて良くない。

0035

また、上記のセパレータ9のスリット19の間隔は5〜50mmであることが、セパレータ9をスロット溝7内にスロットコア3の中心からみて放射状に立てて収納し易くするのに適しているという点で望ましい。前記セパレータ9のスリット19の間隔が5mm未満の場合にはセパレータ9が弱くなりすぎ、また、セパレータ9のスリット19の間隔が50mm越えた場合には収納時に曲がりににくくなり収納しずらくなるので良くない。

0036

また、上記のテンションメンバ21はセパレータ9をスロット溝7内に集合する際の張力分担するものであり、この点で鋼線、高張力繊維あるいはFRPが望ましい。

0037

また、この発明の他の実施の形態の光ファイバケーブル23としては、図3に示されているように、前述した実施の形態の光ファイバケーブル1におけるスロット溝7を断面U字形状とすることが、光ファイバの実装密度を上げると共に細径化を図ることができるという点で望ましい。

0038

すなわち、図3のようにスロット溝7が断面U字形状のような円弧形状である場合は、スロット溝7同士の間隔(厚さ)を確保するのに、図1のようにスロット溝7が断面コ字形状の場合よりもスロット溝7同士の間隔(厚さ)を狭くすることができる。

0039

より詳しく説明すると、スロット溝7はスロットコア3の半径方向が深さ方向として形成されるので、隣り合うスロット溝7同士の距離はスロットコア3の中心に向かって狭くなる。スロット溝7が断面コ字形状の場合は隣り合うスロット溝7同士の距離がスロット溝7の底部で最も狭くなるが、断面U字形状の場合は隣り合うスロット溝7同士の距離がスロット溝7の底部で漸次広くなる。したがって、スロットコア3の外径が同じである場合、隣り合うスロット溝7同士の距離が最短となる位置は断面コ字形状の場合よりも断面U字形状の場合の方がスロットコア3の周面側に移動するので、この分だけスロット溝7の間隔を狭く形成することができ、その結果、スロットコア3の外径を細くすることができる。

0040

この実施の形態のスリット19を有するセパレータ9は、図3のように底部が断面円弧形状のスロット溝7にも適用することが可能であるので有用である。

0041

以上のことから、1つのスロット溝7内に2列以上の複数のテープ心線13の積層体を実装することにより、全体のスロット溝7の数が削減されるため、スロットコア3の外径を小さくすることが可能となり、光ファイバケーブル1の実装高密度化、細径化及び軽量化が可能となる。しかも、テープ心線13の積層体の各列の間にはスリット19を有するセパレータ9が実装されて各スロット溝7が仕切られていることにより、複数のテープ心線13の配列不良による特性劣化を防止できる。

0042

また、上記のセパレータ9は、当該セパレータ9の内周側にテンションメンバ21が実装され、且つセパレータ9の外周側にスリット19が設けられているので、スロット溝7内に収納し易くできる。

0043

したがって、光ファイバテープ心線13が同じ数ならば、外径の小さい光ファイバケーブル1を構成することができる。

0044

さらに、図3の光ファイバケーブル23のようにスロット溝7をU字形状とすることにより、さらにスロットコア3の細径化が可能となり、この実施の形態のスリット19を有するセパレータ9を前記U字形状のスロット溝7に実装できる。

図面の簡単な説明

0045

この発明の実施の形態の光ファイバケーブルの断面図である。
この発明の実施の形態のセパレータの概略的な正面図である。
この発明の他の実施の形態の光ファイバケーブルの断面図である。

符号の説明

0046

1光ファイバケーブル(スロット型光ファイバケーブル)
3スロットコア
5抗張力体
7スロット溝
7A大スロット溝
7B小スロット溝
9セパレータ(スリット入りの)
11分割スロット溝
13光ファイバテープ心線
15テープ巻線
17外被
19スリット
21テンションメンバ
23 光ファイバケーブル

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社フジクラの「 光ファイバケーブル及び光ファイバケーブルの製造方法」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】介在物による防水性能を確保すること。【解決手段】光ケーブルは、複数本の光ファイバ1と内側介在物40Aとを押え巻きテープ2で包んで形成されたコア3と、コアの外側に配置された外側介在物40Bと、コ... 詳細

  • 古河電気工業株式会社の「 光ファイバケーブル」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】間欠接着型の光ファイバテープ心線を具備し、伝送特性が良好な光ファイバケーブルを提供する。【解決手段】光ファイバテープ心線3a、3b、3c、3d、3eは、それぞれ複数の光ファイバ素線13が並列に... 詳細

  • スリーエムイノベイティブプロパティズカンパニーの「 電気ケーブル」が 公開されました。( 2019/09/05)

    【課題・解決手段】実質的に平行な複数の絶縁導体(100)を含む電気ケーブル(1000)が記載されている。各絶縁導体(100)は、絶縁層(300)と同一の広がりを有しかつ絶縁層(300)によって被覆され... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ