図面 (/)

技術 携帯電話端末のメール、インターネット網を利用し、各携帯電話端末の機能の違いを克服した音声付語学レッスンプログラムとサイトと画像・音声の作り方

出願人 柴田敦
発明者 柴田敦
出願日 2006年1月26日 (14年11ヶ月経過) 出願番号 2006-044525
公開日 2007年8月9日 (13年4ヶ月経過) 公開番号 2007-202092
状態 未査定
技術分野 電気的に作動する教習具 計算機間の情報転送 他装置と結合した電話通信 電話通信サービス
主要キーワード 自動選択プログラム 教育産業 接続エリア 対応エリア 電話通信会社 ネイティブスピーカー 音声プログラム 携帯メール
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2007年8月9日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (4)

課題

携帯電話メール機能を使用し音声語学レッスンを行う事を目的としているサイト仕組みあるいはプログラム。その際、「携帯端末機種の違いによらず、レッスン音声プログラムを使用出来ること。」「特定のソフトをあらかじめインストールしていない汎用的な携帯電話端末においても使用出来ること。」を課題とする。

解決手段

事前にメールについているアドレスからレッスンサイト上のプログラムに接続し、各携帯電話端末識別、事前に各携帯電話端末に適切に作成したレッスンページ、音声、画像を選択し表示あるいは発音をする。また、レッスン音声プログラムのダウンロードをして、各携帯電話端末がインターネット網圏外であってもレッスンが可能になる。携帯電話のメール機能と本プログラムにより携帯電話端末を選ばずにどの携帯電話端末からでも語学レッスンが可能になる。

概要

背景

従来、携帯電話による語学レッスンとは、予約のみ携帯電話端末を利用し、ネイティブスピーカー電話回線網を使用する事でレッスンを行ってきた。音声レッスンまでもサイト上で行うことは出来なかった。

また、携帯電話端末は電話通信会社電話機メーカーにより対応音源・画像・ページが異なりレッスンの音声の再生や画像の表示が困難であった。

また、携帯電話が通信圏外であった場合にどのようにレッスンを行うかも課題であった。

なお、本願発明に関連する公知技術として〔特開2002−259574〕の携帯電話を利用したネイティブスピーカーによる語学学習法を挙げる事が出来る。

概要

携帯電話のメール機能を使用し音声語学のレッスンを行う事を目的としているサイトの仕組みあるいはプログラム。その際、「携帯端末機種の違いによらず、レッスン音声プログラムを使用出来ること。」「特定のソフトをあらかじめインストールしていない汎用的な携帯電話端末においても使用出来ること。」を課題とする。事前にメールについているアドレスからレッスンサイト上のプログラムに接続し、各携帯電話端末識別、事前に各携帯電話端末に適切に作成したレッスンページ、音声、画像を選択し表示あるいは発音をする。また、レッスン音声プログラムのダウンロードをして、各携帯電話端末がインターネット網圏外であってもレッスンが可能になる。携帯電話のメール機能と本プログラムにより携帯電話端末を選ばずにどの携帯電話端末からでも語学レッスンが可能になる。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

携帯電話メール機能インターネット通信を利用して、それらに音声レッスンイトリンクさせて、携帯電話端末語学習得端末として利用する為のプログラムとサイトと画像、音声の作り方携帯メールにサイトへのアドレスを付け、サイトへアクセスをするとそれぞれの端末に適切なページ、音声、語学の文字画像自動選択した後、表示させ、音声を発生するプログラム。

請求項2

前記プログラムは、携帯電話端末において文字レッスンを受ける事のみのプログラムではなく、携帯端末に合わせた音声による発音レッスンプログラムを有することを特徴とするサイト・プログラム。

請求項3

一度通信環境対応エリアにて、音声をダウンロードすると非対応エリア内でもレッスンを受けられるプログラム。

技術分野

0001

本発明は、携帯電話語学レッスンに該当する文字音声・画像からなる各携帯電話端末に適したサイトを選択、表示するプログラムに関する。

背景技術

0002

従来、携帯電話による語学レッスンとは、予約のみ携帯電話端末を利用し、ネイティブスピーカー電話回線網を使用する事でレッスンを行ってきた。音声レッスンまでもサイト上で行うことは出来なかった。

0003

また、携帯電話端末は電話通信会社電話機メーカーにより対応音源・画像・ページが異なりレッスンの音声の再生や画像の表示が困難であった。

0004

また、携帯電話が通信圏外であった場合にどのようにレッスンを行うかも課題であった。

0005

なお、本願発明に関連する公知技術として〔特開2002−259574〕の携帯電話を利用したネイティブスピーカーによる語学学習法を挙げる事が出来る。

発明が解決しようとする課題

0006

上記の〔特開2002−259574〕は携帯電話の接続エリア内でしか実際の機能上効力を発生せず、また、レッスンにはネイティブスピーカーをリアルタイムで準備しなくてはならず、携帯電話のインターネット網やプログラムの機能を十分に活かしきれておらず十分な効果を得られないでいた。

0007

また、メールによる文字や画像だけのレッスンは考えられるものの、言葉による音声を発生しないので十分な語学レッスン効果を得られないでいた。

0008

使い慣れた携帯電話で、語学レッスンプログラムがもともとインストールされていない場合、実質使用することが難しかった。

課題を解決するための手段

0009

この為、本発明のプログラムは、各携帯電話端末に該当する音声・画像・ページを自動的に選択し、表示を可能にする。このプログラムにより従来のような電話回線網を使用したり、使用する携帯端末機種によりユーザ自らページ・音声・画像を選択して語学レッスンを行う必要がなくなり、ユーザの利便性がますようになる。

0010

携帯電話端末がインターネット通信網エリア内である時に音声をダウンロードし、携帯電話端末内あるいは携帯電話記録メディアへ保存することにより、インターネット通信網のエリア外である場合やもともと携帯電話端末に語学レッスンプログラムが入っていない場合でも、携帯電話の電源さえ入っていればレッスンを行うことが可能となる。

0011

文字だけの携帯電話端末の語学レッスンプログラムに比べて、本プログラムの対応している音声付語学レッスンプログラムは効果的にレッスンを行う上で有効である。

発明の効果

0012

以上説明したように、本発明によれば、自分自身携帯端末通信エリア内であったときに、語学音声プログラム携帯端末メモリ上にダウンロードしておけば、各携帯電話端末に合わせたページ・画像・音声による語学レッスンが行われる。携帯電話端末のメール・インターネット通信網を十分に活かした語学レッスンが行えるようになる。

発明を実施するための最良の形態

0013

以下、本発明の実施の形態を図面に基づき詳細に説明する。

0014

図1から図3は本発明のサイト上プログラム上の実施の形態であり、図1は携帯電話のメール機能インターネット接続をしてプログラムを起動し語学レッスンを行うまでの方法、図2は従来の語学レッスンの画面の中での文字表示によるだけの方法から音声を伴ったレッスンの方法と本発明による新しい語学レッスンの方法、図3は携帯電話がインターネット網の外にいる場合の語学レッスン方法の図である。

0015

図1は、各携帯電話端末の対応するページ・音・画像の自動選択プログラムの取得に関する図であり、この語学レッスンプログラムの仕組みを示しているといえる。

0016

図2は、従来のメールによる予約レッスン+電話回線網を使用したプログラムと今回の発明による違いを示した図である。

0017

図3は、もともと音声翻訳プログラムが入っている携帯端末以外でも簡単に音声翻訳プログラムを使用出来るようになる仕組みである。

0018

本発明は、教育産業分野、携帯コンテンツ製作分野、海外旅行産業分野、航空産業分野で利用することが出来る。

図面の簡単な説明

0019

携帯電話端末に依存しない語学レッスンプログラムの優位性人の手を介さない語学レッスンプログラムの優位性汎用の携帯電話端末で使用出来るようにした優位性

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • ユシロ化学工業株式会社の「 3次元外科治療研修モデル用組成物及びその製造方法」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題・解決手段】切断されたとしても繰り返し使用可能な3次元外科治療研修モデル用組成物を提供することを課題とし、3次元外科治療研修モデル用組成物は自己修復性を有するポリマーゲルを含む。... 詳細

  • 大日本印刷株式会社の「 ネットワーク通信システム」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題・解決手段】接続仲介処理の負荷を軽減しつつ、端末間の直接通信に問題がある場合にも支障なく通信を行う。予め各端末(203A,203B)が利用するルータのNATタイプを確認し、これを接続仲介装置(1... 詳細

  • 株式会社BSAの「 検索管理装置」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】ユーザが情報を検索するために必要な負荷を低減できる検索管理装置を提供する。【解決手段】検索管理装置10は、Webサーバ30にインターネットを介して接続され、クラウド上で提供されるサービスを利用... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ