図面 (/)

技術 水処理装置

出願人 フジクリーン工業株式会社
発明者 松尾康一山田光之市成剛
出願日 2006年1月24日 (14年9ヶ月経過) 出願番号 2006-015343
公開日 2007年8月9日 (13年3ヶ月経過) 公開番号 2007-196096
状態 特許登録済
技術分野 大型容器 生物学的処理一般
主要キーワード 隅部領域 水処理機構 移送処理 バランス性 積み重ね作業 ストッパー用 取り付け座 波型形状
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2007年8月9日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

水処理装置の槽本体を構成する上部槽或いは下部槽の積み重ね作業に際し、積み重ね状態の安定化向上を図るとともに、積み重ね作業に関する作業性向上を図るのに有効な技術を提供する。

解決手段

水処理装置を構成する下部槽120の各コーナー部分120bに、第1コルゲート部122及び第2コルゲート部123が連接された形状のコルゲート領域121を設けるとともに、下部槽120の中心点Pに関し互いに点対称となるコルゲート部同士の上端部の位置が高さ方向に関し異なるように構成する。

概要

背景

従来、上部槽及び下部槽のフランジ面同士を接合することによって形成されるフランジ接合式の浄化槽につき、接合前の上部槽或いは下部槽の保管運搬を容易にする構成が種々提案されている。例えば、下記特許文献1には、浄化槽の上部槽或いは下部槽の側面に形成されるコルゲート部の形状を工夫することによって、スペーサー等を用いることなく複数の槽の積み重ねを行う可能性が提示されている。
実開平5−13596号公報

概要

水処理装置の槽本体を構成する上部槽或いは下部槽の積み重ね作業に際し、積み重ね状態の安定化向上をるとともに、積み重ね作業に関する作業性向上をるのに有効な技術を提供する。 水処理装置を構成する下部槽120の各コーナー部分120bに、第1コルゲート部122及び第2コルゲート部123が連接された形状のコルゲート領域121を設けるとともに、下部槽120の中心点Pに関し互いに点対称となるコルゲート部同士の上端部の位置が高さ方向に関し異なるように構成する。

目的

ところで、この種の浄化槽を構成する上部槽或いは下部槽を保管時や運搬時において積み重ねる場合には、積み重ね状態の安定化向上を図るとともに、積み重ね作業に関する作業性向上を図る要請がある。しかしながら、上記特許文献1に記載の浄化槽は、確かにスペーサー等を用いずに複数の槽を積み重ねる可能性を有するものの、積み重ね時バランス性向上まで考慮した構成になっておらず、積み重ね状態を安定化させるのが難しい。
そこで、本発明はこのような点に鑑みてなされたものであり、水処理装置の槽本体を構成する上部槽或いは下部槽の積み重ね作業に際し、積み重ね状態の安定化向上を図るとともに、積み重ね作業に関する作業性向上を図るのに有効な技術を提供することを課題とする。

効果

実績

技術文献被引用数
2件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

槽本体に被処理水の処理を行う水処理機構を収容する水処理装置であって、前記槽本体は、平面視が略長方形となる椀状の上部槽及び下部槽からなり、これら上部槽及び下部槽の接合フランジ面同士を接合することによって形成される構成であり、前記上部槽及び下部槽の少なくとも一方は、当該槽の側壁面内周側へと凹んだ複数のコルゲート部を備え、これら複数のコルゲート部には、当該槽の隅部領域にて長辺中心線と短辺中心線とが交差する中心点に関し互いに点対称となる少なくとも一組のコルゲート部が含まれるとともに、互いに点対称となる前記コルゲート部同士の上端部の位置が、高さ方向に関し異なる構成であることを特徴とする水処理装置。

請求項2

請求項1に記載の水処理装置であって、前記上部槽及び下部槽の少なくとも一方は、当該槽の隅部領域にて前記中心点に関し互いに点対称となる前記少なくとも一組のコルゲート部に、前記上端部の位置が高さ方向に関し前記接合フランジ面の位置と概ね合致するコルゲート部を含む構成であることを特徴とする水処理装置。

請求項3

請求項1または2に記載の水処理装置であって、前記上部槽及び下部槽の少なくとも一方は、前記複数のコルゲート部に、当該槽の内部に設置される内装部材取り付け座として用いられるコルゲート部を含む構成であることを特徴とする水処理装置。

請求項4

請求項1〜3のいずれかに記載の水処理装置であって、前記槽本体は、前記下部槽の内部を区画するべく当該下部槽の短辺方向に沿って延在する仕切り板と、互いに対向する各側壁面において隣接するコルゲート部の間隔が前記仕切り板の厚みに基づいて設定された被挿入部とを備え、当該被挿入部に対し前記仕切り板が挿入可能な構成であることを特徴とする水処理装置。

請求項5

請求項4に記載の水処理装置であって、前記被挿入部は、隣接するコルゲート部の間隔が前記仕切り板の厚みに概ね合致する構成であり、これによって当該被挿入部に挿入された状態の前記仕切り板の長辺方向への動作が規制されることを特徴とする水処理装置。

技術分野

0001

本発明は、槽本体に被処理水の処理を行う水処理機構を収容する水処理装置係り、詳しくは槽本体を構成する上部槽或いは下部槽の保管運搬を容易にするのに有効な技術に関するものである。

背景技術

0002

従来、上部槽及び下部槽のフランジ面同士を接合することによって形成されるフランジ接合式の浄化槽につき、接合前の上部槽或いは下部槽の保管や運搬を容易にする構成が種々提案されている。例えば、下記特許文献1には、浄化槽の上部槽或いは下部槽の側面に形成されるコルゲート部の形状を工夫することによって、スペーサー等を用いることなく複数の槽の積み重ねを行う可能性が提示されている。
実開平5−13596号公報

発明が解決しようとする課題

0003

ところで、この種の浄化槽を構成する上部槽或いは下部槽を保管時や運搬時において積み重ねる場合には、積み重ね状態の安定化向上を図るとともに、積み重ね作業に関する作業性向上を図る要請がある。しかしながら、上記特許文献1に記載の浄化槽は、確かにスペーサー等を用いずに複数の槽を積み重ねる可能性を有するものの、積み重ね時バランス性向上まで考慮した構成になっておらず、積み重ね状態を安定化させるのが難しい。
そこで、本発明はこのような点に鑑みてなされたものであり、水処理装置の槽本体を構成する上部槽或いは下部槽の積み重ね作業に際し、積み重ね状態の安定化向上を図るとともに、積み重ね作業に関する作業性向上を図るのに有効な技術を提供することを課題とする。

課題を解決するための手段

0004

前記課題を解決するために、本発明が構成される。なお、本発明は、一般家庭等から排出される生活排水をはじめ、各種の被処理水の処理を行う水処理機構を槽本体に収容する水処理装置に適用され得る技術である。

0005

(本発明の第1発明)
前記課題を解決する本発明の第1発明は、請求項1に記載されたとおりの水処理装置である。請求項1に記載のこの水処理装置は、槽本体に被処理水の処理を行う水処理機構を収容する装置として構成される。ここでいう「水処理機構」は、各種の被処理水の処理を行うための機構であり、典型的には固液分離処理部、生物処理部、貯留処理部、移送処理部、消毒処理部等を適宜組み合わせることによって構成される。槽本体は、平面視が略長方形となる椀状の上部槽及び下部槽からなり、これら上部槽及び下部槽の接合フランジ面同士を重ね合わせて接合することによって形成されるフランジ接合式の構成になっている。

0006

本発明の槽本体は、上部槽及び下部槽の少なくとも一方が、側壁面内周側へと凹んだ複数のコルゲート部を備える。これらのコルゲート部によって当該槽の側壁面に形成される波型形状は、いわゆる「コルゲート形状」と称呼される補強構造を構成する。特に、本発明では、これら複数のコルゲート部には、当該槽の隅部領域にて長辺中心線と短辺中心線とが交差する中心点に関し互いに点対称となる少なくとも一組のコルゲート部が含まれる構成になっている。長辺中心線は、当該槽の長辺に関する中心線であり、互いに対向する長辺中心を結ぶ線として規定される。また、短辺中心線は、当該槽の短辺に関する中心線であり、互いに対向する短辺中心を結ぶ線として規定される。

0007

また、本発明では、互いに点対称となるコルゲート部同士の上端部の位置が、高さ方向に関し異なる構成とされる。なお、ここでいう「隅部領域」は、各槽の四隅において面取り形状とされた、いわゆる「コーナーR(面取半径)」と称呼される部位であり、本発明のような平面視が略長方形となる上部槽や下部槽においては、この隅部領域が各槽にて計4箇所に存在することとなる。本発明では、これら計4箇所の隅部領域の全ての箇所にコルゲート部が設けられた構成を採用することもできるし、或いは計4箇所の隅部領域のうち、互いに対角の関係にある2箇所の隅部領域のみにコルゲート部が設けられた構成を採用することもできる。

0008

請求項1に記載の水処理装置のこのような構成によれば、槽本体を形成する上部槽或いは下部槽の積み重ね作業に際し、積み重ね状態の安定化向上を図るとともに、積み重ね作業に関する作業性向上を図ることが可能となる。
具体的には、本発明では、互いに点対称となるコルゲート部同士の上端部の位置が高さ方向に関し異なるように構成されているため、一方の槽を他方の槽に対し180度回転させた状態で積み重ねることによって、点対称同士のコルゲート部が互いに重なり合うとともに、重なり合うコルゲート部同士の上端部の位置の相違によって、積み重ね状態において下側の槽と上側の槽との間に空間(スペース)が形成されることとなる。従って、スペーサー等を用いることなく、手間とコストを抑えたうえで、複数の槽を上下に効率よく積み重ねることができ、また積み重ね状態を安定化させることができる。しかも一旦積み重ねた後の分離作業も容易に行うことができる。
また、本発明では、上部槽或いは下部槽の隅部領域にコルゲート部を設ける構成としているが、この隅部領域は長辺側や短片側の側壁面に比して変形が少ない領域とされる。従って、本発明によれば、上部槽或いは下部槽の複数を上下に積み重ねる作業の際、当該槽に外力が作用した場合であっても、この外力による変形によって下側の槽のコルゲート部に対し、上側の槽のコルゲー部の位置がずれるのを抑えることができ、下側の槽のコルゲート部に上側の槽のコルゲート部を確実に嵌め込むことが可能となる。これによって、上部槽或いは下部槽の複数を上下に積み重ねる作業の円滑化が図られる。

0009

(本発明の第2発明)
前記課題を解決する本発明の第2発明は、請求項2に記載されたとおりの水処理装置である。
請求項2に記載のこの水処理装置では、請求項1に記載の上部槽及び下部槽の少なくとも一方は、当該槽の隅部領域にて中心点に関し互いに点対称となる少なくとも一組のコルゲート部に、上端部の位置が高さ方向に関し接合フランジ面の位置と概ね合致するコルゲート部を含む構成とされる。
このような構成によれば、一部のコルゲート部の上端部の位置を接合フランジ面まで延在させることによって、当該コルゲート部と接合フランジとが連接する構造が実現され、コルゲート部の上端部の位置が接合フランジ面よりも下方に位置する場合に比して、槽全体の高い補強効果が得られることとなる。

0010

(本発明の第3発明)
前記課題を解決する本発明の第3発明は、請求項3に記載されたとおりの水処理装置である。
請求項3に記載のこの水処理装置では、請求項1または請求項2に記載の上部槽及び下部槽の少なくとも一方は、複数のコルゲート部に、当該槽の内部に設置される内装部材取り付け座として用いられるコルゲート部を含む構成とされる。内装部材の取り付け座として用いるコルゲート部は、当該槽の隅部領域に設置されるコルゲート部であってもよいし、或いは当該槽の隅部領域以外の領域に設置されるコルゲート部であってもよい。ここでいう「内装部材」には、槽内に設置される各種の部材や部品包含され、例えば機器類配管類計器類などの固定用若しくは取り付け用の部材を内装部材として用いることができる。
このような構成によれば、槽本体を形成する上部槽或いは下部槽の積み重ねに関与するコルゲート部を、槽内の内装部材の取り付けに用いることができるため合理的である。

0011

(本発明の第4発明)
前記課題を解決する本発明の第4発明は、請求項4に記載されたとおりの水処理装置である。
請求項4に記載のこの水処理装置では、請求項1〜3のいずれかに記載の槽本体は、仕切り板及び被挿入部を少なくとも備える。仕切り板は、下部槽の内部を区画するべく当該下部槽の短辺方向に沿って延在する部材として構成される。被挿入部は、互いに対向する各側壁面において隣接するコルゲート領域の間隔を仕切り板の厚みに基づいて設定した部位として構成され、この被挿入部に仕切り板が挿入可能とされる。
このような構成によれば、槽本体を形成する上部槽或いは下部槽の積み重ねに関与するコルゲート部を、更に仕切り板挿入用のガイドとして用いることが可能となる。

0012

(本発明の第5発明)
前記課題を解決する本発明の第5発明は、請求項5に記載されたとおりの水処理装置である。
請求項5に記載のこの水処理装置では、請求項4に記載の被挿入部は、隣接するコルゲート部の間隔が仕切り板の厚みに概ね合致する構成であり、これによって当該被挿入部の挿設された状態の仕切り板の長辺方向への動作が規制される構成とされる。
このような構成によれば、槽本体を形成する上部槽或いは下部槽の積み重ねに関与するコルゲート部を、仕切り板挿入用のガイドとして用いるとともに、更に仕切り板固定用として用いることが可能となる。

発明の効果

0013

以上のように、本発明によれば、水処理装置の槽本体を構成する上部槽及び下部槽の少なくとも一方において、当該槽の隅部領域にて長辺中心線と短辺中心線とが交差する中心点に関し互いに点対称となる少なくとも一組のコルゲート部を設けるとともに、互いに点対称となるコルゲート部同士の上端部の位置が高さ方向に関し異なるように構成することによって、当該槽を上下に積み重ねる際の積み重ね状態の安定化向上を図るとともに、積み重ね作業に関する作業性向上を図ることが可能となった。

発明を実施するための最良の形態

0014

以下に、本発明の一実施の形態を図面に基づいて説明する。なお、本実施の形態は、一般家庭や工場から排出される排水を、被処理水として処理する水処理装置の構成について説明するものである。

0015

本発明における「水処理装置」の一実施の形態である水処理装置100の外観図1に示される。この水処理装置100は、「浄化槽」或いは「排水処理槽」ともいう。図1に示すように、本実施の形態の水処理装置100は、概括的に見て、槽本体101の内部に水処理機構102を収容する構成を有する。なお、水処理機構102は、被処理水に対し各種の処理を行う構成を有し、特に図示しないものの、固液分離処理部、生物処理部、貯留処理部、移送処理部、消毒処理部等を適宜組み合わせた構成になっている。この水処理機構102が、本発明における「水処理機構」に相当する。

0016

本発明における「槽本体」としての槽本体101は、上部槽(「上槽」ともいう)110及び下部槽(「下槽」ともいう)120を備える。この上部槽110が本発明における「上部槽」に対応しており、下部槽120が本発明における「下部槽」に対応している。
上部槽110は、平面視が略長方形となる椀状の槽であり、下部槽120の上部に配置される槽である。この上部槽110は、流入部103、放流部104、マンホール105を少なくとも備える。一方、下部槽120は、平面視が略長方形となる椀状の槽であり、上部槽110の下部に配置される槽である。上部槽110の接合フランジ110aの接合フランジ面と、下部槽120の接合フランジ120aの接合フランジ面とを互いに重ね合わせた状態で接合することによって、フランジ接合式の槽本体101が形成される。
また、本実施の形態では、平面視が略長方形となる上部槽110の各コーナー部分110bに、側壁面が内周側へと凹んだコルゲート領域111が設けられている。同様に、平面視が略長方形となる下部槽120の4箇所のコーナー部分120bに、側壁面が内周側へと凹んだコルゲート領域121が設けられている。ここでいうコーナー部分110b及びコーナー部分120bは、各槽の四隅において面取り形状とされた、いわゆる「コーナーR(面取半径)」と称呼される部位であり、本発明における「隅部領域」に相当する。詳細については後述するが、これらコルゲート領域111,121によって側壁面に形成される波型形状は、いわゆる「コルゲート形状」と称呼される補強構造を構成する。

0017

(第1実施の形態)
ここで、槽本体101の下部槽の構造に関し、第1実施の形態の下部槽120の具体的な構成を、図2及び図3を参照しながら説明する。図2には第1実施の形態の下部槽120の側面図が示され、図3には第1実施の形態の下部槽120の平面図が示される。

0018

図2及び図3に示すように、各コルゲート領域121は、第1コルゲート部122及び第2コルゲート部123が連接された形状を有する。第1コルゲート部122は、高さ方向(図2中の上下方向)に長手状に延在するとともに、その上端部122aの位置が接合フランジ120aの接合フランジ面の位置と概ね合致するコルゲート部として構成される。一方、第2コルゲート部123は、同様に高さ方向(図2中の上下方向)に長手状に延在するとともに、その上端部123aの位置が接合フランジ120aの接合フランジ面よりも下方(「低所」ともいう)に位置するコルゲート部として構成される。すなわち、第1コルゲート部122と第2コルゲート部123とでは、上端部の位置が高さ方向(上下方向)に関し異なる構成になっている。また、第1コルゲート部122と第2コルゲート部123とでは、内周側へ向かう凹み深さがほぼ同様となるように構成されている。これら第1コルゲート部122及び第2コルゲート部123が、本発明における「コルゲート部」を構成する。

0019

特に、本実施の形態では、下部槽120の側壁面における、これら第1コルゲート部122及び第2コルゲート部123の配設位置に関しては、図3中の矢印で対応関係を示すように、中心点Pに関し互いに点対称となる四組のコルゲート領域を有し、各組において、第1コルゲート部122及び第2コルゲート部123が互いに組み合わせられている。ここで、中心点Pは、下部槽120の長辺中心線L1と、下部槽120の短辺中心線L2が交差する点として構成される。長辺中心線L1は、下部槽120の長辺に関する中心線であり、互いに対向する長辺中心を結ぶ線として規定される。また、短辺中心線L2は、下部槽120の短辺に関する中心線であり、互いに対向する短辺中心を結ぶ線として規定される。しかも、本実施の形態では、中心点Pに関し互いに点対称となるコルゲート領域の組み合わせ同士の上端部122a,123aの位置が高さ方向(上下方向)に関し異なる構成になっている。ここでいう長辺中心線L1、短辺中心線L2、中心点Pが、本発明における「長辺中心線」、「短辺中心線」、「中心点」に各々対応している。

0020

次に、このような構成の下部槽120の複数を保管時や運搬時などにおいて上下に積み重ねる場合につき、図4及び図5を参照しながら説明する。ここで、図4には、実線で示す下側の下部槽120の上方から、二点鎖線で示す上側の下部槽120を積み重ねる際の様子が示される。また、図5には、下部槽120を積み重ねた状態における図4中のA−A線断面構造が示される。

0021

少なくとも2つの下部槽120を上下に積み重ねる場合には、一方側の下部槽120を他方側の下部槽120に対し中心点(図3中の中心点P)まわりに180度回転させたのち、図4に示すように上側の下部槽120を下側の下部槽120に対し嵌め込むように挿入する。このとき、下側の下部槽120の第1コルゲート部122の位置と、上側の下部槽120の第2コルゲート部123の位置が合致し、下側の下部槽120の第2コルゲート部123の位置と、上側の下部槽120の第1コルゲート部122の位置が合致する。そして、2つの下部槽120を上下に積み重ねた状態では、下側の下部槽120のコルゲート領域121に対し、上側の下部槽120のコルゲート領域121が嵌まり込むこととなる。具体的には、下側の下部槽120の第1コルゲート部122に対し、上側の下部槽120の第2コルゲート部123が嵌まり込み、下側の下部槽120の第2コルゲート部123に対し、上側の下部槽120の第1コルゲート部122が嵌まり込む。すなわち、本実施の形態では、上側の下部槽120と下側の下部槽120とが計8箇所のコルゲート部によって互いに係合することとなる。

0022

このとき、少なくとも2つの下部槽120を上下に積み重ねた状態では、図5に示すように、下側の下部槽120の第1コルゲート部122の上端部122aに対し、上側の下部槽120の第2コルゲート部123の上端部123aが載置される。すなわち、第1コルゲート部122の上端部122aと、第2コルゲート部123の上端部123aとの段差形状によって、互いに積み重ね状態にある下側の下部槽120と上側の下部槽120との間に所定高さの空間(スペース)124が形成されることとなる。この空間124の形成によって、スペーサー等を用いることなく、手間とコストを抑えたうえで複数の下部槽120を上下に効率よく積み重ねることができ、積み重ね状態を安定化させることができる。しかも、一旦積み重ねた後の分離作業も容易に行うことができる。なお、本実施の形態において、第2コルゲート部123の上端部123aを、槽内に設置される内装部材、例えば槽内に装着される機器類、配管類、計器類などの固定用若しくは取り付け用の取り付け座として構成することもできる。

0023

また、本実施の形態では、下部槽120のコルゲート領域121(第1コルゲート部122及び第2コルゲート部123)を各コーナー部分120bに設ける構成としているが、各コーナー部分120bは長辺側や短片側の側壁面に比して変形が少ない領域とされる。従って、本実施の形態によれば、少なくとも2つの下部槽120を上下に積み重ねる作業の際、各下部槽120に外力が作用した場合であっても、当該外力による変形によって下側の下部槽120のコルゲート領域121に対し、上側の下部槽120のコルゲート領域121の位置がずれるのを抑えることができ、下側の下部槽120のコルゲート領域121に上側の下部槽120のコルゲート領域121を確実に嵌め込むことが可能となる。これによって、少なくとも2つの下部槽120を上下に積み重ねる作業の円滑化が図られる。

0024

また、本実施の形態の下部槽120の構成では、第1コルゲート部122の上端部122aの位置が接合フランジ120aの接合フランジ面の位置と概ね合致する構成であるため、第1コルゲート部122と接合フランジ120aとが連接する構造が実現されることとなる。このような構造は、特に下部槽120全体の高い補強効果(例えば捩れ強度向上効果)を得るのに有効である。

0025

そのうえ、本実施の形態では、図1に示すように、下部槽120におけるコルゲート領域121と、上部槽110におけるコルゲート領域111とが、接合フランジ110a,120aの接合フランジ面において互いに当接(連接)するように構成されている。このような構成によれば、下部槽120のコルゲート領域121と、上部槽110のコルゲート領域111とが連接する構造によって、下部槽120のみならず、槽本体101全体の高い補強効果が得られる。

0026

なお、少なくとも2つの下部槽120を上下に積み重ねた状態で、更に別の下部槽120を積み重ねる場合には、当該別の下部槽120を、既に積み重ね状態にある最上段の下部槽120の中心点まわりに180度回転させたのち、最上段の下部槽120に対し嵌め込むように挿入する。更に別の下部槽120を積み重ねる場合は、同様の手順によって行うことができる。
また、少なくとも2つの上部槽110を上下に積み重ねる方法に関しては、上述のような下部槽120の積み重ね方法と同様の方法によって可能となる。

0027

(第2実施の形態)
槽本体101の下部槽の構造に関し、第2実施の形態の下部槽220の具体的な構成を、図6及び図7を参照しながら説明する。図6には第2実施の形態の下部槽220の側面図が示され、図7には第2実施の形態の下部槽220の平面図が示される。
なお、この第2実施の形態では、平面視が略長方形となる下部槽220の4箇所のコーナー部分120bのうち、対角となる2箇所のコーナー部分120bのみにコルゲート領域221が設けられている。各コルゲート領域221は、第1実施の形態のコルゲート領域121と同様に、下部槽220の側壁面が内周側へと凹んだ部位であり、第1コルゲート部222及び第2コルゲート部223が連接された形状を有する。

0028

第1コルゲート部222は、第1実施の形態の第1コルゲート部122と同様に、高さ方向(図6中の上下方向)に長手状に延在するとともに、その上端部222aの位置が接合フランジ220aの接合フランジ面の位置と概ね合致するコルゲート部として構成される。一方、第2コルゲート部223は、第1実施の形態の第2コルゲート部123と同様に、高さ方向(図6中の上下方向)に長手状に延在するとともに、その上端部223aの位置が接合フランジ220aの接合フランジ面よりも下方(「低所」ともいう)に位置するコルゲート部として構成される。すなわち、第1コルゲート部222と第2コルゲート部223とでは、上端部の位置が高さ方向(上下方向)に関し異なる構成になっている。また、第1コルゲート部222と第2コルゲート部223とでは、内周側へ向かう凹み深さがほぼ同様となるように構成されている。これら第1コルゲート部222及び第2コルゲート部223が、本発明における「コルゲート部」を構成する。

0029

特に、本実施の形態では、下部槽220の側壁面における、これら第1コルゲート部222及び第2コルゲート部223の配設位置に関しては、図7中の矢印で対応関係を示すように、中心点Pに関し互いに点対称となる二組のコルゲート領域を有し、各組において、第1コルゲート部222及び第2コルゲート部223が互いに組み合わせられている。しかも、本実施の形態では、中心点Pに関し互いに点対称となるコルゲート領域の組み合わせ同士の上端部222a,223aの位置が高さ方向(上下方向)に関し異なる構成になっている。

0030

次に、このような構成の下部槽220の複数を保管時や運搬時などにおいて上下に積み重ねる場合につき、図8及び図9を参照しながら説明する。ここで、図8には、実線で示す下側の下部槽220の上方から、二点鎖線で示す上側の下部槽220を積み重ねる際の様子が示され、図9には、下部槽220を積み重ねた状態における図8中のB−B線断面構造が示される。

0031

少なくとも2つの下部槽220を上下に積み重ねる場合には、一方側の下部槽220を他方側の下部槽220に対し中心点(図7中の中心点P)まわりに180度回転させたのち、図8に示すように上側の下部槽220を下側の下部槽220に対し嵌め込むように挿入する。このとき、下側の下部槽220の第1コルゲート部222の位置と、上側の下部槽220の第2コルゲート部223の位置が合致し、下側の下部槽220の第2コルゲート部223の位置と、上側の下部槽220の第1コルゲート部222の位置が合致する。そして、2つの下部槽220を上下に積み重ねた状態では、下側の下部槽220のコルゲート部221に対し、上側の下部槽220のコルゲート部221が嵌まり込むこととなる。具体的には、下側の下部槽220の第1コルゲート部222に対し、上側の下部槽220の第2コルゲート部223が嵌まり込み、下側の下部槽220の第2コルゲート部223に対し、上側の下部槽220の第1コルゲート部222が嵌まり込む。すなわち、本実施の形態では、上側の下部槽220と下側の下部槽220とが計4箇所のコルゲート部によって互いに係合することとなる。

0032

このとき、少なくとも2つの下部槽120を上下に積み重ねた状態では、図9に示すように、下側の下部槽220の第1コルゲート部222の上端部222aに対し、上側の下部槽220の第2コルゲート部223の上端部223aが載置される。すなわち、第1コルゲート部222の上端部222aと、第2コルゲート部223の上端部223aとの段差形状によって、互いに積み重ね状態にある下側の下部槽220と上側の下部槽220との間に所定高さの空間(スペース)224が形成されることとなる。この空間224の形成によって、スペーサー等を用いることなく、手間とコストを抑えたうえで複数の下部槽220を上下に効率よく積み重ねることができ、また積み重ね状態を安定化させることができる。しかも、一旦積み重ねた後の分離作業も容易に行うことができる。

0033

また、本実施の形態では、下部槽220のコルゲート領域221(第1コルゲート部222及び第2コルゲート部223)を2箇所のコーナー部分220bに設ける構成としているが、このコーナー部分120bは長辺や短片に比して変形が少ない領域とされる。従って、本実施の形態によれば、少なくとも2つの下部槽220を上下に積み重ねる作業の際、各下部槽220に外力が作用した場合であっても、当該外力による変形によって下側の下部槽220のコルゲート部221に対し、上側の下部槽220のコルゲート部221の位置がずれるのを抑えることができ、下側の下部槽220のコルゲート部221に上側の下部槽220のコルゲート部221を確実に嵌め込むことが可能となる。これによって、少なくとも2つの下部槽220を上下に積み重ねる作業の円滑化が図られる。
また、本実施の形態によれば、下部槽220の4箇所のコーナー部分120bのうち、対角となる2箇所のコーナー部分120bのみにコルゲート領域221を設けることによって、コルゲート領域221の設置を抑えた簡便な構成が実現されることとなる。

0034

(第3実施の形態)
また、図1に示す水処理装置100の構成にかえて、図10に示すように槽本体301の内部に水処理機構102を収容する水処理装置300の構成を用いることもできる。図10には、本発明における「水処理装置」の一実施の形態である水処理装置300の外観が示される。なお、図10において、図1に示す構成要素と同一の構成要素には同一の符号を付している。

0035

図10に示すように、本発明における「槽本体」である槽本体301は、本発明における「上部槽」である上部槽310、及び本発明における「下部槽」である下部槽320を備える。上部槽310は、第1実施の形態の上部槽110の構成において、その長辺側の側壁面に更に複数のコルゲート部115を備える構成とされる。一方、下部槽320は、第1実施の形態の上部槽120の構成において、その長辺側の側壁面に更に複数の第3コルゲート部125及び第4コルゲート部126を備える構成とされる。

0036

ここで、槽本体301の下部槽320の具体的な構成を、図11及び図12を参照しながら説明する。図11には第3実施の形態の下部槽320の側面図が示され、図12には第3実施の形態の下部槽320の平面図が示される。

0037

図11及び図12に示すように、第3コルゲート部125は、高さ方向(図11中の上下方向)に長手状に延在するとともに、その上端部125aの位置が接合フランジ120aの接合フランジ面の位置と概ね合致するコルゲート部として構成される。一方、第4コルゲート部126は、同様に高さ方向(図11中の上下方向)に長手状に延在するとともに、その上端部126aの位置が接合フランジ120aの接合フランジ面よりも下方であって、且つ第2コルゲート部123の上端部123aと同様の高さに位置するコルゲート部として構成される。また、第3コルゲート部125と第4コルゲート部126とでは、内周側へ向かう凹み深さがほぼ同様となるように構成されている。これら第3コルゲート部125及び第4コルゲート部126が、本発明における「コルゲート部」を構成する。

0038

第3コルゲート部125及び第4コルゲート部126の配設位置に関しては、図12中の矢印で対応関係を示すように、中心点Pに関し互いに点対称となる四組のコルゲート領域を有し、各組において、第3コルゲート部125及び第4コルゲート部126が互いに組み合わせられている。しかも、本実施の形態では、中心点Pに関し互いに点対称となるコルゲート領域の組み合わせ同士の上端部125a,126aの位置が高さ方向(上下方向)に関し異なる構成になっている。

0039

次に、このような構成の下部槽320の複数を保管時や運搬時などにおいて上下に積み重ねる場合につき、図13及び図14を参照しながら説明する。ここで、図13には、実線で示す下側の下部槽320の上方から、二点鎖線で示す上側の下部槽320を積み重ねる際の様子が示される。また、図14には、下部槽320を積み重ねた状態における図13中のC−C線断面構造が示される。

0040

少なくとも2つの下部槽320を上下に積み重ねる場合には、一方側の下部槽320を他方側の下部槽320に対し中心点(図12中の中心点P)まわりに180度回転させたのち、図13に示すように上側の下部槽320を下側の下部槽320に対し嵌め込むように挿入する。このとき、2つの下部槽320を上下に積み重ねた状態では、下側の下部槽320の第1コルゲート部122に対し、上側の下部槽320の第2コルゲート部123が嵌まり込み、下側の下部槽320の第2コルゲート部123に対し、上側の下部槽320の第1コルゲート部122が嵌まり込む。更に、下側の下部槽320の第3コルゲート部125に対し、上側の下部槽320の第4コルゲート部126が嵌まり込み、下側の下部槽320の第4コルゲート部126に対し、上側の下部槽320の第3コルゲート部125が嵌まり込む。すなわち、本実施の形態では、上側の下部槽320と下側の下部槽320とが計16箇所のコルゲート部によって互いに係合することとなる。

0041

このとき、少なくとも2つの下部槽320を上下に積み重ねた状態では、図14に示すように、下側の下部槽320の第3コルゲート部125の上端部125aに対し、上側の下部槽320の第4コルゲート部126の上端部126aが載置される。すなわち、第3コルゲート部125の上端部125aと、第4コルゲート部126の上端部126aとの段差形状によって、互いに積み重ね状態にある下側の下部槽320と上側の下部槽320との間に所定高さの空間124aが形成されることとなる。また、前述のように、第1コルゲート部122の上端部122aと、第2コルゲート部123の上端部123aとの段差形状によって、互いに積み重ね状態にある下側の下部槽320と上側の下部槽320との間に所定高さの空間124が形成される(図5参照)。これら空間124,124aの形成によって、スペーサー等を用いることなく、手間とコストを抑えたうえで複数の下部槽320を上下に効率よく積み重ねることができ、また積み重ね状態を安定化させることができる。しかも、一旦積み重ねた後の分離作業も容易に行うことができる。なお、本実施の形態において、第4コルゲート部126の上端部126aを、槽内に設置される内装部材、例えば槽内に装着される機器類、配管類、計器類などの固定用若しくは取り付け用の取り付け座として構成することもできる。

0042

本実施の形態の下部槽320の構成によれば、コルゲート領域121(第1コルゲート部122及び第2コルゲート部123)を各コーナー部分120bに設けることによって、積み重ねる作業の円滑化を図るとともに、互いに嵌まり合うコルゲート部の箇所を増やすことによって、当該積み重ねに関する更なる安定性向上を図ることが可能となる。

0043

また、本実施の形態では、槽内部を区画する仕切り板の取り付けに関し、上述のコルゲート形状を用いるのが好ましい。ここで、図15図17を参照しながら、第3実施の形態の下部槽320において仕切り板130を取り付けるための具体的な構成について説明する。この仕切り板130が、本発明における「仕切り板」に相当する。

0044

図15及び図16に示すように、この実施の形態では、下部槽320の側壁面において第3コルゲート部125と第4コルゲート部126の間に、仕切り板130用の被挿入部127を設ける。そして、被挿入部127の間隔aが上下方向に関しほぼ一定となるように構成するとともに、この被挿入部127の間隔aが、仕切り板130の長辺方向に関する部分(上端及び下端における折り返し部分)の板厚bと概ね合致するか或いは若干大きくなるように構成する。この被挿入部127が、本発明における「被挿入部」に相当する。

0045

このような構成において、下部槽320に仕切り板130を取り付ける場合には、図15中の矢印で示すように、被挿入部127の上方から仕切り板130を挿入していく。このとき、被挿入部127は、仕切り板130を下部槽320の下方へ向けて円滑に誘導するための仕切り板誘導手段としての機能を発揮する。そして、仕切り板130を所望の設置位置まで挿入した状態では、仕切り板130の下端が被挿入部127の底部に当たることによって仕切り板130の挿入方向の動作が規制されるとともに、長辺方向への移動動作が規制されることとなる。このように、本実施の形態によれば、仕切り板130の形状に基づいて被挿入部127の間隔aを適宜設定することによって、下部槽320の積み重ねに関与するコルゲート部125,126を、更に仕切り板ガイド用、仕切り板ストッパー用及び仕切り板固定用の部位として用いることが可能となる。

0046

また、図15及び図16に示す実施の形態において、被挿入部127の間隔のうち上部の間隔cを下部の間隔aよりも拡張させた傾斜状の構成(図17参照)を用いることもできる。このような構成によれば、下部槽320の積み重ねに関与するコルゲート部125,126を、仕切り板ガイド用、仕切り板ストッパー用及び仕切り板固定用の部位として用いることが可能となるうえに、更に被挿入部127の挿入口側の間隔を広げることによって、被挿入部127への仕切り板130の誘導を円滑に行うことができ、また仕切り板130の接着のために被挿入部127内に予め塗布した接着材が、当該仕切り板130の挿入の際に削がれるのを抑えることが可能となる。

0047

(第4実施の形態)
また、前述の第1実施の形態の下部槽120の変更例として、図18に示すような下部槽420の構成を採用することもできる。図18には、第4実施の形態の下部槽420の平面図が示される。
図18に示す下部槽420では、各コーナー部分120bに第1コルゲート部122の第2コルゲート部123のいずれか一方のみを設ける構成としている。このような構成によっても、第1実施の下部槽120と同様に、少なくとも2つの下部槽420を上下に積み重ねる際の積み重ねる作業の円滑化を図ることが可能となる。また、本構成によれば、コーナー部分120bに設けるコルゲート部の設置数を抑えることによって、下部槽の構造に関し簡素化が図られる。

0048

(第5実施の形態)
また、前述の第2実施の形態の下部槽220の変更例として、図19に示すような下部槽520の構成を採用することもできる。図19には、第5実施の形態の下部槽520の平面図が示される。
図19に示す下部槽520では、各コーナー部分220bに第1コルゲート部222の第2コルゲート部223のいずれか一方のみを設ける構成としている。このような構成によっても、第2実施の下部槽220と同様に、少なくとも2つの下部槽520を上下に積み重ねる際の積み重ねる作業の円滑化を図ることが可能となる。また、本構成によれば、コーナー部分120bに設けるコルゲート部の設置数を更に抑えることによって、下部槽の構造に関し更なる簡素化が図られる。

0049

〔他の実施の形態〕
なお、本発明は上記の実施の形態のみに限定されるものではなく、種々の応用や変形が考えられる。例えば、上記実施の形態を応用した次の各形態を実施することもできる。

0050

上記実施の形態では、槽本体の下部槽におけるコルゲート形状について記載したが、本発明を上部槽の構成に対して適用することもできる。また、下部槽同士を積み重ねる構成、上部槽同士を積み重ねる構成、上部槽と下部槽を組み合わせて積み重ねる構成に関し、本発明のコルゲート形状を用いることができる。また、上記実施の形態では、下部槽のコーナー部分及び長辺部分の側壁面におけるコルゲート形状について記載したが、下部槽の短辺部分の側壁面におけるコルゲート形状に対して本発明を適用することもできる。

0051

また、上記実施の形態では、例えば第1実施の形態の下部槽120において、第1コルゲート部122の上端部122aの高さ方向に関する位置が接合フランジ120aの接合フランジ面の位置に概ね合致する場合について記載したが、本発明では、この第1コルゲート部122の上端部122aの位置は、接合フランジ面の位置に概ね合致してもよいし、或いは接合フランジ面の位置よりも下方に適宜設定されてもよい。

0052

また、本発明では、槽の側壁面に設ける複数のコルゲート部のうち、その全部または一部が積み重ねに関与するコルゲート部であればよく、例えば槽の側壁面の全てのコルゲート部が積み重ねに関与する構成であってもよいし、或いは積み重ねに関与するコルゲート部と積み重ねに関与しないコルゲート部とが共存する構成であってもよい。

0053

また、以上説明してきた各実施の形態や種々の変更例の記載に基づいた場合、本発明では、被処理水の処理を行う水処理機構(水処理機構102)を構成要件としない躯体としての槽状体の構成(態様1〜態様5)を採り得る。

0054

(態様1)
本発明では、態様1として「被処理水の処理を行う水処理装置を構成する槽状体であって、平面視が略長方形となる椀状の上部槽及び下部槽からなり、これら上部槽及び下部槽の接合フランジ面同士を接合することによって形成される構成であり、前記上部槽及び下部槽の少なくとも一方は、当該槽の側壁面が内周側へと凹んだ複数のコルゲート部を備え、これら複数のコルゲート部には、当該槽の隅部領域にて長辺中心線と短辺中心線とが交差する中心点に関し互いに点対称となる少なくとも一組のコルゲート部が含まれるとともに、互いに点対称となる前記コルゲート部同士の上端部の位置が、高さ方向に関し異なる構成であることを特徴とする槽状体。」という構成が考えられる。
このような態様1によれば、請求項1に記載の発明と同様に、槽状体を形成する上部槽或いは下部槽の積み重ね作業に際し、積み重ね状態の安定化向上を図るとともに、積み重ね作業に関する作業性向上を図ることが可能となる。

0055

(態様2)
また、本発明では、態様2として「態様1に記載の槽状体であって、前記上部槽及び下部槽の少なくとも一方は、当該槽の隅部領域にて前記中心点に関し互いに点対称となる前記少なくとも一組のコルゲート部に、前記上端部の位置が高さ方向に関し前記接合フランジ面の位置と概ね合致するコルゲート部を含む構成であることを特徴とする槽状体。」という構成が考えられる。
このような態様2によれば、請求項2に記載の発明と同様に、一部のコルゲート部の上端部の位置を接合フランジ面まで延在させることによって、当該コルゲート部と接合フランジとが連接する構造が実現され、コルゲート部の上端部の位置が接合フランジ面よりも下方に位置する場合に比して、槽全体の高い補強効果が得られることとなる。

0056

(態様3)
また、本発明では、態様3として「態様1または2に記載の槽状体であって、前記上部槽及び下部槽の少なくとも一方は、前記複数のコルゲート部に、当該槽の内部に設置される内装部材の取り付け座として用いられるコルゲート部を含む構成であることを特徴とする槽状体。」という構成が考えられる。
このような態様3によれば、請求項3に記載の発明と同様に、槽状体を形成する上部槽或いは下部槽の積み重ねに関与するコルゲート部を、槽内の内装部材の取り付けに用いることができるため合理的である。

0057

(態様4)
また、本発明では、態様4として「態様1〜3のいずれかに記載の槽状体であって、前記下部槽の内部を区画するべく当該下部槽の短辺方向に沿って延在する仕切り板と、互いに対向する各側壁面において隣接するコルゲート部の間隔が前記仕切り板の厚みに基づいて設定された被挿入部とを備え、当該被挿入部に対し前記仕切り板が挿入可能な構成であることを特徴とする槽状体。」という構成が考えられる。
このような態様4によれば、請求項4に記載の発明と同様に、槽状体を形成する上部槽或いは下部槽の積み重ねに関与するコルゲート部を、更に仕切り板挿入用のガイドとして用いることが可能となる。

0058

(態様5)
また、本発明では、態様5として「態様4に記載の槽状体であって、前記被挿入部は、隣接するコルゲート部の間隔が前記仕切り板の厚みに概ね合致する構成であり、これによって当該被挿入部に挿入された状態の前記仕切り板の長辺方向への動作が規制されることを特徴とする槽状体。」という構成が考えられる。
このような態様5によれば、請求項5に記載の発明と同様に、槽状体を形成する上部槽或いは下部槽の積み重ねに関与するコルゲート部を、仕切り板挿入用のガイドとして用いるとともに、更に仕切り板固定用として用いることが可能となる。

図面の簡単な説明

0059

本発明における「水処理装置」の一実施の形態である水処理装置100の外観を示す図である。
第1実施の形態の下部槽120の側面図である。
第1実施の形態の下部槽120の平面図である。
実線で示す下側の下部槽120の上方から、二点鎖線で示す上側の下部槽120を積み重ねる際の様子を示す図である。
下部槽120を積み重ねた状態における図4中のA−A線断面構造を示す図である。
第2実施の形態の下部槽220の側面図である。
第2実施の形態の下部槽220の平面図である。
実線で示す下側の下部槽220の上方から、二点鎖線で示す上側の下部槽220を積み重ねる際の様子を示す図である。
下部槽220を積み重ねた状態における図8中のB−B線断面構造を示す図である。
本発明における「水処理装置」の一実施の形態である水処理装置300の外観を示す図である。
第3実施の形態の下部槽320の側面図である。
第3実施の形態の下部槽320の平面図である。
実線で示す下側の下部槽320の上方から、二点鎖線で示す上側の下部槽320を積み重ねる際の様子を示す図である。
下部槽320を積み重ねた状態における図13中のC−C線断面構造を示す図である。
第3実施の形態の下部槽320において仕切り板130を取り付けるための構成を説明する図である。
第3実施の形態の下部槽120において仕切り板130を取り付けるための構成を説明する図である。
第3実施の形態の下部槽320において仕切り板130を取り付けるための構成を説明する図である。
第4実施の形態の下部槽420の平面図である。
第5実施の形態の下部槽520の平面図である。

符号の説明

0060

100,300…水処理装置
101,301…槽本体
102…水処理機構
103…流入部
104…放流部
105…マンホール
110,310…上部槽
110a,120a,220a…接合フランジ
110b,120b,220b…コーナー部分
120,220,320,420,520…下部槽
121,221…コルゲート領域
122,222…第1コルゲート部
122a,123a,222a,223a…上端部
123,223…第2コルゲート部
124,124a,224…空間
125…第3コルゲート部
126…第4コルゲート部
127…被挿入部
130…仕切り板

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ