図面 (/)

技術 情報公開制度に基づく開示文書の一般公開

出願人 高橋正明
発明者 高橋正明
出願日 2006年1月19日 (15年4ヶ月経過) 出願番号 2006-011781
公開日 2007年8月2日 (13年10ヶ月経過) 公開番号 2007-193619
状態 未査定
技術分野 特定用途計算機
主要キーワード 目的外利用 開示情報 行政文書 インターネットホームページ 行政機関 電子媒体 電子データ化 申請書
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2007年8月2日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (1)

課題

書籍電子データ化による販売インターネットホームページ公開することにより、より多くの国民情報公開が可能となり国、地方公共団体等諸活動の行動の説明責任監視が可能となる。また、本来の目的を無視した目的外利用を監視し、逆に誰もがむやみやたらに情報公開により事業を行うことを阻止できる。情報公開による開示請求での業務は、場合によっては、相当の時間を要し本来の業務を阻害する可能性がある。

解決手段

国、地方公共団体その他の独立行政法人等の情報公開制度等による開示情報を常に監視をする必要があり、各項目ごと分類してデータベース化する必要がある。

概要

背景

もともと情報公開法は、国民主権の理念にのっとり、行政文書の開示を請求する権利につき定めること等により、行政機関の保有する情報の一層の公開を図り、もって政府の有するその諸活動を国民に説明する責務が全うされるようにするとともに、国民の的確な理解と批判の下にある公正で民主的な行政推進に資することを目的とされ、各行政団体等もその目的に基づき条例、要等作成し、情報開示している。それを、1個人にのみに公開され、物件によっては、国民全体に公開されないという欠点があった。
特になし

概要

書籍電子データ化による販売インターネットホームページに公開することにより、より多くの国民に情報公開が可能となり国、地方公共団体等諸活動の行動の説明責任監視が可能となる。また、本来の目的を無視した目的外利用を監視し、逆に誰もがむやみやたらに情報公開により事業を行うことを阻止できる。情報公開による開示請求での業務は、場合によっては、相当の時間を要し本来の業務を阻害する可能性がある。 国、地方公共団体その他の独立行政法人等の情報公開制度等による開示情報を常に監視をする必要があり、各項目ごと分類してデータベース化する必要がある。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

行政機関の保有する情報の公開に関する法律(平成十一年五月十四日法律第四十二号)及び、各都道府県若しくは市町村等各種行政機関関係による情報公開条例、要等(以下「情報公開制度等」という。)により、開示された文書等を、印刷物電子媒体等としての販売又は、整理、構成、修正、改良、電子化、統計処理加工処理並びに考察追加して印刷物、電子媒体等としての販売及びインターネットにより公開すること。ただし、情報公開制度等による申請書利用目的記入欄があり、上記の目的に使用する旨が明確に記入してあるもの、個人使用又は、裁判訴訟に利用するものを除く。

背景技術

0001

もともと情報公開法は、国民主権の理念にのっとり、行政文書の開示を請求する権利につき定めること等により、行政機関の保有する情報の一層の公開を図り、もって政府の有するその諸活動を国民に説明する責務が全うされるようにするとともに、国民の的確な理解と批判の下にある公正で民主的な行政推進に資することを目的とされ、各行政団体等もその目的に基づき条例、要等作成し、情報開示している。それを、1個人にのみに公開され、物件によっては、国民全体に公開されないという欠点があった。
特になし

図面の簡単な説明

0002

イメージとしては、書籍
のとおりである。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 神田智一の「 機材管理システム」が 公開されました。( 2021/02/15)

    【課題・解決手段】異なる場所に設置された多数のコーティング液生成装置(1)をそれぞれ個別に管理することができ、各コーティング液生成装置(1)の稼働状況を離れた場所で一元管理することが可能なシステムを提... 詳細

  • 株式会社村田製作所の「 ハンガーラック用リーダ装置、ハンガーラック、及び衣料品の商品管理システム」が 公開されました。( 2019/12/05)

    【課題】ハンガーパイプに吊り下げられた複数の衣料品のRFIDタグをより確実に読み取ることができるハンガーパイプ用リーダ装置を提供する。【解決手段】本発明に係るハンガーパイプ用リーダ装置は、複数のハンガ... 詳細

  • 株式会社AiCTの「 ロッカーシステム」が 公開されました。( 2019/10/31)

    【課題】荷物を収納するロッカーの通信が断絶した場合や、停電時でも荷物の受け渡しが可能であり、かつ、ロッカーに収納した荷物を盗難されるおそれを軽減してセキュリティ効果を高めたロッカーシステムを提供する。... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ