図面 (/)

技術 気化式加湿機

出願人 パナソニックエコシステムズ株式会社
発明者 永田篤範伊藤繁男吉田哲也
出願日 2007年3月30日 (13年7ヶ月経過) 出願番号 2007-093252
公開日 2007年7月12日 (13年4ヶ月経過) 公開番号 2007-178121
状態 特許登録済
技術分野 加湿 ダクトの構成
主要キーワード 金型抜き 運搬用取手 裏側部分 水槽ユニット 起立操作 水あか 水浸入 吸水効果
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2007年7月12日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (10)

課題

加湿部および水槽清掃性の良い気化式加湿機を提供することを目的とする。

解決手段

本体5内に送風機4を設けて形成された空気流路3にヒーター6および加湿部7を設け、加湿部7を着脱自在に設けた水槽ユニット8を本体5に着脱自在に設けることにより、清掃時に水槽ユニット8を本体5より取外すことにより加湿部7も共に取外すことができ、加湿部7および水槽ユニット8を容易に行うことができる気化式加湿機が得られる。

概要

背景

近年、暖房器の普及に伴ない室内空気が乾いた状態の空気となり、人体に悪影響を及ぼすことから、適当な湿度を維持するため加湿器を使用することが多くなってきている。

従来、この種の気化式加湿機の一例として図9に示されるものが知られている。以下、その構成について図9を参照しながら説明する。

図に示すように、高吸水率の材料で形成され多数の貫通孔101を有する蒸発器102の周囲に吸水材103を密着させて取付け、吸水材103をタンクの中に入れられた水104に浸し、全周から蒸発器102に水分を供給する。

そして、蒸発器102の片側には送風機105およびヒーター106を配置して蒸発器102に送風を行い、貫通孔101の内部を空気が通過するときに、空気の蒸気圧の差で蒸発器102の水分が空気に拡散し、湿度の高い空気となって吹き出させる構成となっていた。

概要

加湿部および水槽清掃性の良い気化式加湿機を提供することを目的とする。本体5内に送風機4を設けて形成された空気流路3にヒーター6および加湿部7を設け、加湿部7を着脱自在に設けた水槽ユニット8を本体5に着脱自在に設けることにより、清掃時に水槽ユニット8を本体5より取外すことにより加湿部7も共に取外すことができ、加湿部7および水槽ユニット8を容易に行うことができる気化式加湿機が得られる。

目的

本発明は、このような従来の課題を解決するものであり、フィルターおよび水槽の清掃性の良い気化式加湿機を提供することを目的としている。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
2件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

吸込口から吸気して吹出口に送られる空気流路送風機を設けた本体と、この本体の空気流路に設けられるヒーターおよび加湿部と、この加湿部が着脱自在に装着される水槽ユニットと、この水槽ユニットに水を供給するように設けられる給水タンクとを備え、前記加湿部を装着した水槽ユニットを前記本体に着脱自在に設けた気化式加湿機

請求項2

給水タンクを本体の天面側より装着するように設け、前記給水タンクの装着時に水槽ユニットに係合して水槽ユニットが脱離しないように構成した請求項1記載の気化式加湿機。

請求項3

フィルター材ジグザグ状に形成した加湿フィルターと、この加湿フィルターを装着する加湿フィルター枠とにより形成した加湿部と、この加湿部が水槽ユニットに装着されるように前記水槽ユニットの底部に設けられる嵌合部とを備え、前記加湿部を前記嵌合部に着脱自在に嵌着する構成とした請求項1記載の気化式加湿機。

請求項4

嵌合部が形成される水槽ユニットの嵌合部の風上側の底面および風下側の底面を嵌合部側に向かい下降する傾斜面で形成した請求項1または3記載の気化式加湿機。

請求項5

嵌合部の風上側の底面の高さ位置を、風下側の底面の高さ位置より高い位置に形成した請求項3または4記載の気化式加湿機。

請求項6

嵌合部の底面に複数の突起を設け、加湿部を前記嵌合部の底面より浮かした状態で支持する構成とした請求項3記載の気化式加湿機。

請求項7

空気流路内に設けられるヒーターを、空気流路内を流れる空気流が周囲の3面に接触して流れ、空気流路の内壁との間に空間を形成して本体に設けた請求項1記載の気化式加湿機。

請求項8

水槽ユニットに一端を支点に上方に回転する水位検出フロートを設けた請求項1記載の気化式加湿機。

請求項9

水位検出フロートの上方への回転範囲を、給水タンクの装着により規制する構成とした請求項8記載の気化式加湿機。

請求項10

逆U字状で本体に倒立自在に設けられ、吸込口側倒れる形状の運搬用取手と、前記吸込口に設けられる浄化用フィルター部を着脱するように設けたつまみとを備え、前記運搬用取手を倒したときに前記浄化用フィルター部のつまみにより受け止める構成とした請求項1記載の気化式加湿機。

技術分野

0001

本発明は、水槽の水を吸い上げた加湿部に空気を接触させて気化し加湿する気化式加湿機に関する。

背景技術

0002

近年、暖房器の普及に伴ない室内空気が乾いた状態の空気となり、人体に悪影響を及ぼすことから、適当な湿度を維持するため加湿器を使用することが多くなってきている。

0003

従来、この種の気化式加湿機の一例として図9に示されるものが知られている。以下、その構成について図9を参照しながら説明する。

0004

図に示すように、高吸水率の材料で形成され多数の貫通孔101を有する蒸発器102の周囲に吸水材103を密着させて取付け、吸水材103をタンクの中に入れられた水104に浸し、全周から蒸発器102に水分を供給する。

0005

そして、蒸発器102の片側には送風機105およびヒーター106を配置して蒸発器102に送風を行い、貫通孔101の内部を空気が通過するときに、空気の蒸気圧の差で蒸発器102の水分が空気に拡散し、湿度の高い空気となって吹き出させる構成となっていた。

発明が解決しようとする課題

0006

このような従来の気化式加湿機では、吸水材103を有した蒸発器102の設けられる水を入れたタンク104を取出して、タンク104および蒸発器102を掃除することや交換をすることについては何ら考慮されていないもので、清掃性が悪いという課題があり、フィルター等の清掃を容易にすることが要求されている。

0007

本発明は、このような従来の課題を解決するものであり、フィルターおよび水槽の清掃性の良い気化式加湿機を提供することを目的としている。

課題を解決するための手段

0008

本発明の気化式加湿機は上記目的を達成するために、吸込口から吸気して吹出口に送風する空気流路に送風機を設けた本体と、この本体の空気流路に設けられるヒーターおよび加湿部と、この加湿部が着脱自在に装着される水槽ユニットと、この水槽ユニットに水を供給するように設けられる給水タンクとを備え、前記加湿部を装着した水槽ユニットを前記本体に着脱自在に設けた構成としたものである。

0009

本発明によれば、加湿部および水槽の清掃性の良い気化式加湿が得られる。

発明の効果

0010

本発明によれば吸込口から吸気して吹出口に送られる空気流路に送風機を設けた本体と、この本体の空気流路に設けられるヒーターおよび加湿部と、この加湿部が着脱自在に装着される水槽ユニットと、この水槽ユニットに水を供給するように設けられる給水タンクとを備え、前記加湿部を装着した水槽ユニットを前記本体に着脱自在に設けたので、清掃性が良くなるとともに、加湿部の交換も容易にできる効果のある気化式加湿機を提供できる。

0011

また、給水タンクを本体の天面側より装着するように設け、前記給水タンクの装着時に水槽ユニットに係合して水槽ユニットが脱離しないように構成したので、本体の運搬時に水槽ユニットが脱落するのが防止できる。

0012

また、フィルター材ジグザグ状に形成した加湿フィルターと、この加湿フィルターを装着する加湿フィルター枠とにより形成した加湿部と、この加湿部が水槽ユニットに装着されるように、前記水槽ユニットの底部に設けられる嵌合部とを備え、前記加湿部を前記嵌合部に着脱自在に装着する構成としたので、水が貯えられる嵌合部の風上側および風下側から水滴飛散するのが防止できる。

0013

また、嵌合部が形成される水槽ユニットの嵌合部の風上側の底面および風下側の底面を嵌合部側に向かい下降する傾斜面で形成したので、嵌合部の貯水が嵌合部外に流れる状態になっても嵌合部に戻るように作用する。

0014

また、嵌合部の風上側の底面の高さ位置を、風下側の底面の高さ位置より高い位置に形成したので、ヒーターへの水の浸入が防止できる。

0015

また、嵌合部の底面に複数の突起を設け、加湿部を前記嵌合部の底面より浮かした状態で支持する構成としたので、加湿部への吸水効果が高まるとともに、加湿部が密着して取り外しが困難になるのが防止できる。

0016

また、空気流路内に設けられるヒーターを、空気流路内を流れる空気流が周囲の3面に接触して流れ、空気流路の内壁との間に空間を形成して本体に設けたので、本体内部の温度上昇緩和することができる。

0017

また、水槽ユニットに一端を支点に上方に回動する水位検出フロートを設けたので、水槽ユニットの底面の清掃性を改善することができる。

0018

また、水位検出フロートの上方への回動範囲を給水タンクの装着により規制する構成としたので、規制用規制部材別個に設ける必要がなく、清掃性も向上することができる。

0019

また、略逆U字状で本体に倒立自在に設けられ、吸込口側倒れる形状の運搬用取手と、前記吸込口に設けられる浄化用フィルター部を着脱するように設けたつまみとを備え、前記運搬用取手を倒したときに前記浄化用フィルター部のつまみにより受け止める構成としたので、運搬用取手を所定位置に受け止めておく部材を別個に必要とすることがなく、使用時の運搬用取手の起立操作も容易にできる。

発明を実施するための最良の形態

0020

本発明は、吸込口から吸気して吹出口に送風する空気流路に送風機を設けた本体と、この本体の空気流路に設けられるヒーターおよび加湿部と、この加湿部が着脱自在に装着される水槽ユニットと、この水槽ユニットに水を供給するように設けられる給水タンクとを備え、前記加湿部を装着した水槽ユニットを前記本体に着脱自在に設けたものであり、水槽ユニットを本体より離脱することにより、水槽ユニットとともに加湿部が取外され、さらに加湿部を水槽ユニットより取外すことにより加湿部および水槽ユニットの清掃が容易にできるという作用を有する。

0021

以下、本発明の実施例の形態について図面を参照しながら説明する。

0022

(実施の形態1)
図1図8に示すように、後面に設けた吸込口1から吸気して天面に設けた吹出口2に送られる空気流路3に送風機4を設けた本体5と、本体5の空気流路3にヒーター6および加湿部7を設け、加湿部7を水槽ユニット8に着脱自在に設け、水槽ユニット8に水を供給する給水タンク9を本体5の天面側から挿入して装着できるようになっている。加湿部7を取付けた状態の水槽ユニット8を本体5に着脱自在に設け、給水タンク9を本体5の装着時には給水タンク9が水槽ユニット8に係合して水槽ユニット8が本体5より取り外せないように設けている。

0023

加湿部7はフィルター材をジグザグ状に形成した加湿フィルター10と、この加湿フィルター10を装着する枠状の加湿フィルター枠11とにより形成される。加湿部7が水槽ユニット8に装着されるように水槽ユニット8の底部に嵌合部12を設け、加湿部7を嵌合部12に着脱自在に設け、嵌合部12が形成される水槽ユニット8の嵌合部12に対する風上側の底面13および、風下側の底面14を嵌合部12側に向かい傾斜する傾斜面15で形成し、風上側の底面13の高さ位置を風下側の底面14の高さ位置より高い位置となるように形成している。嵌合部の底面16には複数の突起17を設け、加湿部7を嵌合部の底面16より浮かした状態で支持している。

0024

また空気流路3内に設けられるヒーター6は一面が加湿部7に対向し、残りの周囲3面に空気流路3内を流れる空気流が接触するように本体5に取付けられる。水槽ユニット8には一端を支点に上方に回動する水位検出フロート18を設け、給水タンク9の装着時に水位検出フロート18の上方への回動が規制されるように設ける。

0025

また、略逆字状で本体5に倒立自在に設けられ、吸込口1側に倒れる形状の運搬用取手19を設け、吸込口1には吸込口1に設けられる浄化用フィルター20を着脱するように、浄化用フィルター部を形成するグリル状部分につまみ21を設け、運搬用取手19を倒したときに運搬用取手19がつまみ21上に載置され受け止められるように気化式加湿機を構成する。

0026

上記構成において、気化式加湿機を運転すると、送風機4により吸込口1より吸込まれた空気が空気流路3に送られ空気流路3に設けたヒーター6の周囲の3面に沿い流れて加熱されるとともに、ヒーター6が対向する部分の加湿部7も加熱される。一方ヒーター6により空気流路3内を流れる温風は、水槽ユニット8の嵌合部12に嵌合し水を吸い上げている加湿部7を通り水分が気化され加湿された状態の空気が吹出口2より吹出されて加湿されることとなる。

0027

そして、加湿部7の設けられる水槽ユニット8に嵌合部12を形成する風上側の底面13と風下側の底面14は嵌合部12に向かい下降する傾斜面15により空気流路3に流れる空気流がスムーズに流れるとともに、風上側の底面13と風下側の底面14に水槽ユニット8の水があふれるような状態になっても水は嵌合部12側に流されることとなる。

0028

また、風上側の底面13の高さ位置を風下側の底面14の高さ位置より高く形成することにより、嵌合部12からあふれた場合の水は風下側の底面14側に流れヒーター6の設けられる風上側の底面13側に流出することがなくなる。

0029

また、水槽ユニット8に設けた水位検出フロート18は一端を支点に上方に回動できることにより、水槽ユニット8の清掃を行うときは、水位検出フロート18を上方に向け回動することにより水位検出フロート18が対向して水槽ユニット8の底面を清掃することができるとともに、水位検出フロート18は給水タンク9を装着することにより上方への回動が規制され、水面に波立ちが生じても水位検出フロートは揺動することなく正常な位置に保持されることとなり、水槽ユニット8の水位が正しく検出される。

0030

また、本体5に設けられる運搬用取手19は倒したとき、浄化用フィルター20の着脱用に設けたつまみ21により支持されることとなり、運搬時に運搬用取手19を起立させるとき、スムーズに運搬用取手19を起立させることができる。

0031

このように本発明の実施例1の気化式加湿機によれば、吸込口1から吸気して吹出口2に送られる空気流路3に送風機4を設けた本体5と、この本体5の空気流路3に設けられるヒーター6および加湿部7と、この加湿部7が着脱自在に装着される水槽ユニット8と、この水槽ユニット8に水を供給するように設けられる給水タンク9とを備え、加湿部7を装着した水槽ユニット8を本体5に着脱自在に設けたので、水槽ユニット8を本体5より離脱することにより、水槽ユニット8とともに加湿部7が取外され、さらに加湿部7を水槽ユニット8より取外すことにより、加湿部7および水槽ユニット8の清掃ならびに加湿部7の交換が容易にできることとなる。

0032

また、給水タンク9を本体5の天面側より装着するように設け、給水タンクの装着時に水槽ユニット8に係合して水槽ユニット8が本体5より離脱しないようにしたので、運搬時等において水槽ユニット8が本体5より離脱されることがなくなり、水槽ユニット8の脱落を防止することができる。

0033

また、フィルター材をジグザグ状に形成した加湿フィルター10と、この加湿フィルター10を装着する加湿フィルター枠11とにより形成した加湿部7と、この加湿部7が水槽ユニット8に装着されるように水槽ユニットの底部に設けられる嵌合部12とを備え、加湿部7を嵌合部12に着脱自在に嵌着するので、嵌合部12の風上側および風下側に水槽ユニット8の水面が露出することがなくなり、水面が露出することにより発生する水滴の飛散が防止できる。

0034

また、嵌合部12が形成される水槽ユニット8の嵌合部12の風上側の底面13と風下側の底面14を嵌合部12側に向かい下降する傾斜面15により形成したので、空気が傾斜面15に沿いスムーズに流れることとなり、空気流路3を滑らかな形状に形成することができ、加湿温風効果が高まるとともに、嵌合部12に貯水される水が嵌合部12よりあふれる状態になっても常に水は嵌合部12に戻るようになり、水滴が飛散されることもなくなる。

0035

また、嵌合部12の風上側の底面13の高さ位置を、風下側の底面14の高さ位置より高い位置に形成したので、嵌合部12に貯水されている水の水位が上っても、水は高さの低い風下側の底面14上に流れ、ヒーター6の設けられている風上側に流出することがなくなり、ヒーター6へ水滴が飛散されることおよび、ヒーター6への水浸入による損傷を防止できる。

0036

また、嵌合部の底面16に複数の突起を設け、加湿部7を嵌合部の底面16より浮かした状態で支持するので、加湿部7への水の吸い上げが良くなり吸水効果が高められるとともに、加湿部7が嵌合部の底面16に密着するのが防止されて加湿部7が固着されて離脱するのが困難になることが緩和され、さらに加湿部7を形成する加湿フィルター枠11の金型抜き勾配の調整が容易となる。

0037

また、空気流路3内に設けられるヒーター6を、空気流路3内を流れる空気流が周囲3面に接触して流れるように空気流路3の内壁との間に空間を形成し本体5に設けたので、ヒーター6から本体5へ直接伝わる伝燃量が少なくなり、本体5内部の温度上昇が解消される。

0038

また、水槽ユニット8に一端を支点に上方に回動する水位検出フロートを設けたので、水槽ユニット8の清掃時に水槽ユニット8の底部に対向して設けられている水位検出フロート18を180°回動することにより水位検出フロート18が対向している水槽ユニット8の底面が露出し、清掃の困難な水位検出フロート18の裏側部分水あかの清掃を容易に行うことができる。

0039

また、水位検出フロート18の上方への回動範囲を給水タンク9の装着により規制するので、水位検出フロート18の回動範囲を規制する規制部材を別個に設ける必要がなく、清掃時に規制部材が邪魔になり清掃性が悪くなるのが防止できる。

0040

また、略U字状で本体5に倒立自在に設けられ、吸込口1側に倒れる形状の運搬用取手19と、吸込口1に設けられる浄化用フィルター部20を着脱するようにグリル部分に設けたつまみ21とを備え、運搬用取手19を倒したときに、浄化用フィルター部20のつまみ21により受け止められるので、つまみ21が浄化用フィルター部20の着脱と運搬用取手19を受け止める部材を兼用することとなり、別個に運搬用取手19を受け止めるための部材を設ける必要がなくなり、運搬用取手19の使用時にも容易に運搬用取手19を持つことができる。

図面の簡単な説明

0041

本発明の実施例の気化式加湿機の構成を示す断面図
同気化式加湿機の内部構成を示す斜視図
(イ)同気化式加湿機の給水タンク取付時の要部断面図、(ロ)同気化式加湿機の給水タンクを外した清掃時の要部断面図
同気化式加湿機の加湿部の分解斜視図
同気化式加湿機の水槽ユニットと加湿部の斜視図
同気化式加湿機の水槽ユニットの斜視図
同気化式加湿機の水位検出フロートの掃除時の状態の斜視図
同気化式加湿機の斜視図
従来の気化式加湿機の斜視図

符号の説明

0042

1吸込口
2吹出口
3空気流路
4送風機
5 本体
6ヒーター
7加湿部
8水槽ユニット
9給水タンク
10加湿フィルター
11加湿フィルター枠
12 嵌合部
13風上側の底面
14風下側の底面
15 傾斜面
16 嵌合部の底面
17突起
18水位検出フロート
19運搬用取手
20浄化用フィルター部
21 つまみ

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社コロナの「 加湿装置」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】 空焚き状態発生時に短時間で加熱ヒータをOFF状態にすることができる加湿装置を提供する。【解決手段】 熱伝導手段14を構成する主熱伝導板14aが加熱ヒータ11a、11bの間に設置されている... 詳細

  • 株式会社フコクの「 超音波霧化器の駆動方法」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】簡単な構造の超音波霧化器であっても、低消費電力で連続した霧を発生できる効率の良い駆動方法を提供する。【解決手段】超音波霧化器100は、超音波を発生する超音波振動部20を有し、超音波振動部に直接... 詳細

  • エスペック株式会社の「 空調空気供給装置及び材料試験機」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】ダクトの接続作業に要する時間をより短縮することが可能な空調空気供給装置を提供する。【解決手段】空調空気供給装置は、温調された空調空気を第1被温調空間に供給する装置であって、空調空気の温度を調整... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ