図面 (/)

技術 NF−κB活性化抑制剤、及びこれを含有する外用剤組成物II

出願人 株式会社ナリス化粧品
発明者 田中弘
出願日 2005年12月28日 (13年10ヶ月経過) 出願番号 2005-379172
公開日 2007年7月12日 (12年4ヶ月経過) 公開番号 2007-176877
状態 特許登録済
技術分野 化粧料 植物物質含有医薬 化合物または医薬の治療活性
主要キーワード 効果確認試験 圧搾処理 キク科ヨモギ ラスティング 気泡状 エチルアルコ 活性面 試験品
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2007年7月12日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

新規で有用なNF−κ活性化抑制剤及び、炎症をはじめとする様々な疾病症状緩和、及び光老化に伴う皮膚症状の予防・改善に有用な組成物を提供する。

解決手段

NF−κB活性抑制効果を有するキク科ヒナギク属植物のヒナギク、キク科ヨモギ属植物のタラゴン、キク科ハハコグサ属植物のエバラスティング、キク科ヤグルマギク属植物のコ−ンフラワ−、リンドウ科シマセンブリ属植物のセント−リ−からなる群より選ばれる1種又は2種以上の植物抽出物は、炎症を伴う様々な疾患,機能低下の予防・改善効果の他、皮膚の光加齢に伴う様々な症状、例えば色素沈着しわ,たるみ等の予防・改善効果が期待できるため、その抽出物を配合することにより、外用剤組成物をはじめ、医薬品組成物医薬部外品組成物等のあらゆる形態の製剤の提供を可能とした。

概要

背景

転写因子NF−κBは、免疫グロブリンκ鎖遺伝子のエンハンサ−に結合して転写活性化するB細胞特異的核内因子として発見された。NF−κBに関しては、成熟B細胞の分化や増殖に関係するほか、炎症性サイトカインであるIL−1、腫瘍壊死因子TNF−α、IL−6、IL−8の産生やリンパ球細胞接着分子であるE−セレクチンICAM−1、VCAM−1の発現等で重要な役割を果たしていることが明らかになっている。

NF−κBはp50とp65の2種のサブユニットからなる。NF−κBはすべての哺乳類細胞において同定されており、細胞質にI−κB(inhiBitor kappa
B)との複合体として存在している。細胞がNF−κBを活性化する刺激を受けると、その刺激が細胞内に伝わり、複数の蛋白リン酸化を引き起こし、最終的にその連鎖反応の情報により阻害サブユニットであるI−κBがリン酸化する。その後、これらのサブユニットはプロテアソ−ムにより分解され、活性型NF−κB2量体が生成する。この2量体は、核に移行してDNA配列に結合し、上記で述べた炎症性サイトカインや、細胞接着分子に関する遺伝子の転写を活性化する。

NF−κB阻害物質としては、特開平11−279057、特開2000−169479、特開2000−194245、特開2000−194246などが知られているが、いづれも活性面等に問題があり、満足できるものではない。
特開平11−279057号公報
特開2000−169479号公報
特開2000−194245号公報
特開2000−194246号公報

概要

新規で有用なNF−κB活性化抑制剤及び、炎症をはじめとする様々な疾病症状緩和、及び光老化に伴う皮膚症状の予防・改善に有用な組成物を提供する。NF−κB活性化抑制効果を有するキク科ヒナギク属植物のヒナギク、キク科ヨモギ属植物のタラゴン、キク科ハハコグサ属植物のエバラスティング、キク科ヤグルマギク属植物のコ−ンフラワ−、リンドウ科シマセンブリ属植物のセント−リ−からなる群より選ばれる1種又は2種以上の植物抽出物は、炎症を伴う様々な疾患,機能低下の予防・改善効果の他、皮膚の光加齢に伴う様々な症状、例えば色素沈着しわ,たるみ等の予防・改善効果が期待できるため、その抽出物を配合することにより、外用剤組成物をはじめ、医薬品組成物医薬部外品組成物等のあらゆる形態の製剤の提供を可能とした。なし

目的

従って、本発明の目的は、新規で有用なNF−κB活性化抑制剤及び、NF−κB活性化により生じる炎症が原因となる様々な疾病症状の緩和、及び皮膚の光老化に伴う症状の予防・改善に有用な組成物を提供することを課題とする。

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
3件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

キク科ヒナギク属植物のヒナギク(Bellisperennis)、キク科ヨモギ属植物のタラゴン(ArtemisiadracunculusL.)、キク科ハハコグサ属植物のエバラスティング(GnaphaliumuliginosumL.)、キク科ヤグルマギク属植物のコ−ンフラワ−(CentaureacyanusL.)、リンドウ科シマセンブリ属植物のセント−リ−(CentauriumerythraeaRAFN.)からなる群より選ばれる1種又は2種以上の植物抽出物を含有することを特徴とするNF−κ活性化抑制剤

請求項2

請求項1記載のNF−κB活性化抑制剤を含有することを特徴とする外用剤組成物

技術分野

0001

本発明は、炎症をはじめとする様々な疾病症状緩和、及び皮膚の光老化に伴う症状の予防・改善に有用な天然物由来のNF−κ活性化抑制剤、及びこれを含有する外用剤組成物に関する。

背景技術

0002

転写因子NF−κBは、免疫グロブリンκ鎖遺伝子のエンハンサ−に結合して転写活性化するB細胞特異的核内因子として発見された。NF−κBに関しては、成熟B細胞の分化や増殖に関係するほか、炎症性サイトカインであるIL−1、腫瘍壊死因子TNF−α、IL−6、IL−8の産生やリンパ球細胞接着分子であるE−セレクチンICAM−1、VCAM−1の発現等で重要な役割を果たしていることが明らかになっている。

0003

NF−κBはp50とp65の2種のサブユニットからなる。NF−κBはすべての哺乳類細胞において同定されており、細胞質にI−κB(inhiBitor kappa
B)との複合体として存在している。細胞がNF−κBを活性化する刺激を受けると、その刺激が細胞内に伝わり、複数の蛋白リン酸化を引き起こし、最終的にその連鎖反応の情報により阻害サブユニットであるI−κBがリン酸化する。その後、これらのサブユニットはプロテアソ−ムにより分解され、活性型NF−κB2量体が生成する。この2量体は、核に移行してDNA配列に結合し、上記で述べた炎症性サイトカインや、細胞接着分子に関する遺伝子の転写を活性化する。

0004

NF−κB阻害物質としては、特開平11−279057、特開2000−169479、特開2000−194245、特開2000−194246などが知られているが、いづれも活性面等に問題があり、満足できるものではない。
特開平11−279057号公報
特開2000−169479号公報
特開2000−194245号公報
特開2000−194246号公報

発明が解決しようとする課題

0005

従って、本発明の目的は、新規で有用なNF−κB活性化抑制剤及び、NF−κB活性化により生じる炎症が原因となる様々な疾病症状の緩和、及び皮膚の光老化に伴う症状の予防・改善に有用な組成物を提供することを課題とする。

課題を解決するための手段

0006

本発明者は、キク科ヒナギク属植物のヒナギク(Bellis perennis)、キク科ヨモギ属植物のタラゴン(Artemisia dracunculus L.)、キク科ハハコグサ属植物のエバラスティング(Gnaphalium uliginosum L.)、キク科ヤグルマギク属植物のコ−ンフラワ−(Centaurea cyanus L.)、リンドウ科シマセンブリ属植物のセント−リ−(Centaurium erythraea RAFN.)からなる群より選ばれる1種又は2種以上の植物抽出物が優れたNF−κB活性化抑制作用を有することを見いだし本発明を完成するに至った。

0007

さらに、本発明は前記NF−κB活性化抑制剤を含有することにより、この作用に基づく優れた効果を有する外用剤組成物を提供するものである。

発明の効果

0008

本発明の有効成分であるヒナギク、タラゴン、エバ−ラスティング、コ−ンフラワ−、セント−リ−から選ばれる1種又は2種以上の植物抽出物は、優れたNF−κB活性化抑制作用をもつことが確認された。更に、本発明品であるNF−κB活性化抑制剤は外用剤組成物をはじめ、医薬品組成物医薬部外品組成物等のあらゆる形態の製剤に応用が可能であり、炎症を伴う様々な疾患、機能低下の予防・改善効果の他、皮膚の光加齢に伴う様々な症状、例えば色素沈着しわ,たるみ等の予防・改善効果が期待できる。

発明を実施するための最良の形態

0009

本発明者は、紫外線により活性化されるNF−κBの活性化抑制剤として多くの天然成分スクリニングした結果、キク科ヒナギク属植物のヒナギク(Bellis perennis)の花、キク科ヨモギ属植物のタラゴン(Artemisia dracunculus L.)の全草、キク科ハハコグサ属植物のエバ−ラスティング(Gnaphalium uliginosum L.)の全草、キク科ヤグルマギク属植物のコ−ンフラワ−(Centaurea cyanus L.)の全草、リンドウ科シマセンブリ属植物のセント−リ−(Centaurium erythraea RAFN.)の全草から抽出された植物抽出物が極めて有効であることを見出し本発明を完成するに至った。

0010

本発明で使用する植物抽出物における各々の植物体の各種部位は前述した部位が好ましいが、それ以外の部位である花、花穂果皮果実、葉、枝、枝葉樹皮根茎根皮、根、種子又は全草等から選ばれる1種又は2種以上を用いることが出来る。また、ハ−ブとして入手可能なものはそれを利用しても良い。抽出物は、これら各種の抽出部位から溶媒を用いて直接抽出することで得られるものの他、圧搾処理を施した後に得られる圧搾液及び/又は残渣に溶媒を加えて抽出するものでも良い。

0011

本発明で使用する植物抽出物を得るための抽出溶媒としては、供する製品の使用目的、種類、あるいは後に行う加工処理等を考慮した上で選択すれば良いが、例えば、水;メチルアルコ−ル、エチルアルコ−ル等の低級1価アルコ−ル;グリセリンプロピレングリコ−ル−1,3−ブチレングリコ−ル等の液状多価アルコ−ル;アセトンメチルエチルケトン等のケトン酢酸エチルなどのアルキルエステルベンゼンヘキサン等の炭化水素ジエチルエ−テル等のエ−テル類;ジクロルメタンクロロホルム等のハロゲン化アルカン等の1種または2種以上を用いて抽出し、精製して使用することが出来る。

0012

抽出する植物は、使用部位採取し、乾燥後粉砕したものを、重量比で1〜1000倍量、特に10〜100倍量の溶媒を用い、常温抽出の場合には、0℃以上、特に20℃〜40℃で1時間以上、特に3〜7日間行うのが好ましい。また、60〜100℃で1時間、加熱抽出しても良い。

0013

以上のような条件で得られる上記各抽出物は、抽出された溶液のまま用いても良いが、さらに必要により精製、濾過等の処理をして、濃縮粉末化したものを適宜使い分けて用いることが出来る。

0014

本発明で使用する植物抽出物の形態としては、液状、固形状、粉末状、ペ−スト状、ゲル状等いずれの形状でも良く、最終的な製品を構成する上で最適な形状を任意に選択することができる。

0015

本発明のNF−κB活性化抑制剤の剤型は任意であり、カプセル状、粉末状、顆粒状、丸剤錠剤状、固形状、液状、ゲル状、気泡状乳液状、クリ−ム状、軟膏状、シ−ト状、エアゾ−ル状等の形態をとることができる。さらに、医薬品類医薬部外品類化粧品類又は飲食品に配合して用いることができる。特に、外皮に適用される医薬品,医薬部外品化粧品組成物といった外用剤組成物に適用される。

0016

本発明の具体的な使用形態としては、水性成分、油性成分、植物抽出物、動物抽出物、粉末、賦形剤界面活性剤油剤、アルコ−ル、pH調整剤防腐剤酸化防止剤増粘剤甘味剤色素香料等を必要に応じて混合して適宜配合することにより外用剤組成物の化粧水、乳液、クリ−ム、パックパウダ−、スプレ−、軟膏、分散液、洗浄料、および液体状、ペ−スト状、カプセル状、粉末状、錠剤等種々の剤型とすることができる。この他、経口剤注射剤等の医薬品、内服用医薬部外品タブレット等の口腔剤等が例示できる。

0017

本発明のNF−κB活性化抑制剤、外用剤組成物への植物抽出物の含有量は、期待される作用の程度によって若干異なり特に限定しないが、通常、製剤全量中、固形分換算して、0.0001質量%以上、好ましくは0.01〜20.0質量%の濃度範囲とすることが有効である。

0018

以下、本発明による各種抽出物のNF−κB活性抑制効果にかかわる試験実施例を示すと共にその素材を用いた外用剤への応用処方例等について述べるが、ここに記載された実施例に限定されないのは言うまでもない。

0019

(1)植物抽出液の調製
ヒナギクの花、タラゴンの全草、エバ−ラスティングの全草、コ−ンフラワ−の全草、セント−リ−の全草を乾燥後粉砕したものに50%エタノ−ル水溶液を加え、37℃にて一週間侵漬抽出した。抽出液をろ過し、40℃で減圧乾燥した残留物を乾燥後、乾燥物が1%になるように50%エタノ−ル水溶液に溶解したものを試料溶液とした。

0020

(2)細胞の調製
ケラチノサイト細胞株であるHacat細胞を、5%FBSを添加したD−MEM培地20mlを添加した150cm2シャ−レにてコンフル−エントになるまで培養する。培地に植物抽出液のサンプルを添加し、2時間、37℃にてインキュベ−トする。その後、培地を捨てPBS(−)溶液で細胞を洗浄する。洗浄後、東FL20S・E−30/DMランプで20mJ/cm2のUV−Bを照射した(UV−B 0.502 mW、UV−A 0.11mW)。照射後20mlの培地を添加し、4時間、37℃でインキュベ−トした後、細胞を0.25%トリプシン溶液で処理して、細胞を1.5ml遠心チュ−ブに回収する。

0021

(3)測定用試料の調製と測定
NF−κBの測定はIMGENEX社のNF−κB/p65 ActiveELISAkit を用いて行なった。
採集した細胞からキット中の試薬にて細胞核抽出液を調製し、測定用試料とした。なお、細胞核抽出液中のタンパク量は、BCA法により測定し、測定に供するタンパク量を500μgに統一して測定した。

0022

測定結果は、表1に示した。紫外線照射により、細胞核中の活性化NF−κBは増加する。表中の数値は、照射時のNF−κBの量を100%、非照射時の量を0%とした場合の
百分率で示した。表中の数値が小さいほうがNF−κBの活性化を抑制していることを示している。表1より、ヒナギクが38%、タラゴンが31%、エバ−ラスティングが38%、コ−ンフラワ−が54%、セント−リ−が15%とそれぞれ強い効果を示した。

0023

0024

(4)塗布によるヒトでの効果確認試験
被験者として、各試料毎に20〜50アトピ−皮膚炎を有する女性15名に1日2回(、夜)連続2ヵ月間、本発明品と比較品のそれぞれを顔面に別々に使用させ、塗布部位の状態を試験前後で比較し、改善効果を調べた。本試験には、0031で示した乳液状組成物を用い、比較品には0031に示した化粧料からセント−リ−抽出液、タラゴン抽出液を除いた乳液状組成物を作成し、その塗布による効果について調べた。
本発明の有効成分を配合した乳液状組成物を毎日塗布しながら肌の炎症状態塗布開始前及び2ヶ月塗布後におけるアンケ−トで集計し、効果の確認を行った。 結果は表2に示す。表2からも明らかなように、本試験品では評点合計が42点となり、比較品の14点と比較して高い効果が認められた。

0025

0026

0027

(各種組成物の製造)
本発明による各種組成物を製造した。以下にその処方例を示すが、本発明はこれらに限定されるわけではない。

0028

化粧料の処方例を以下に示す。

0029

(1)クリ−ム組成物
(重量%)
a)ミツロウ
2.0
b)ステアリルアルコ−ル
5.0
c)ステアリン酸
8.0
d)スクワラン
10.0
e)自己乳化型グリセリルモノステアレ−ト
3.0
f)ポリオキシエチレンセチルエ−テル(20E.O.) 1.0
g)コ−ンフラワ−抽出液
0.0001
h)1,3−ブチレングリコ−ル
5.0
i)水酸化カリウム
0.3
j)防腐剤・酸化防止剤
適量
k)精製水
残部
製法a)〜f)までを加熱溶解し、80℃に保つ。g)〜k)までを加熱溶解し、
80℃に保ち、a)〜f)に加えて乳化し、40℃まで撹拌しながら冷却する。

0030

(2)クリ−ム組成
(重量%)
a)ミツロウ
2.0
b)ステアリルアルコ−ル
5.0
c)ステアリン酸
8.0
d)スクワラン
10.0
e)自己乳化型グリセリルモノステアレ−ト
3.0
f)ポリオキシエチレンセチルエ−テル(20E.O.) 5.0
g)ヒナギク抽出液
0.001
h)エバ−ラスティング抽出液
1.0
i)1,3−ブチレングリコ−ル
5.0
j)水酸化カリウム
0.3
k)防腐剤・酸化防止剤
適量
l)精製水
残部
製法a)〜f)までを加熱溶解し、80℃に保つ。g)〜l)までを加熱溶解し、
80℃に保ち、a)〜f)に加えて乳化し、40℃まで撹拌しながら冷却する。

0031

(3)乳液状組成物
(重量%)
a)ミツロウ
0.5
b)ワセリン
2.0
c)スクワラン
8.0
d)ソルビタンセスキオレエ−ト
0.8
e)ポリオキシエチレンオレイルエ−テル(20E.O.) 1.2
f)セント−リ−抽出液
0.5
g)タラゴン抽出液 2.0
h)1,3−ブチレングリコ−ル
7.0
i)カルボキシビニルポリマ
0.2
j)水酸化カリウム
0.1
k)精製水
残部
l)防腐剤・酸化防止剤
適量
m)エタノ−ル
7.0
製法a)〜e)までを加熱溶解し、80℃に保つ。f)〜l)までを加熱溶解し、
80℃に保ち、a)〜e)に加えて乳化し、50℃まで撹拌しながら冷却する。
50℃でm)を添加し、40℃まで冷却する。

0032

(4)乳液状組成物
(重量%)
a)ミツロウ
0.5
b)ワセリン
2.0
c)スクワラン
8.0
d)ソルビタンセスキオレエ−ト
0.8
e)ポリオキシエチレンオレイルエ−テル(20E.O.) 1.2
f)エバ−ラスティング抽出液
0.01
g)1,3−ブチレングリコ−ル
7.0
h)カルボキシビニルポリマ−
0.2
i)水酸化カリウム
0.1
j)精製水
残部
k)防腐剤・酸化防止剤
適量
l)エタノ−ル
7.0
製法a)〜e)までを加熱溶解し、80℃に保つ。f)〜k)までを加熱溶解し、
80℃に保ち、a)〜e)に加えて乳化し、50℃まで撹拌しながら冷却する。
50℃でl)を添加し、40℃まで冷却する。

0033

(5)化粧水様組成物
(重量%)
a)セント−リ−抽出液
0.1
b)タラゴン抽出液
10.0
c)グリセリン
5.0
d)ポリオキシエチレンソルビタンモノラウレ−ト(20E.O.) 1.0
e)エタノ−ル
6.0
f)香料
適量
g)防腐剤・酸化防止剤
適量
h)精製水
残部
製法a)〜h)までを混合し、均一に溶解する。

0034

(6)育毛剤
(重量%)
a)ホナギク抽出物20.0
b)グリセリン
5.0
c)ポリオキシエチレンソルビタンモノラウレ−ト(20E.O.) 1.0
d)エタノ−ル
6.0
e)香料
適量
f)防腐剤・酸化防止剤
適量
g)精製水
残部
製法a)〜g)までを混合し、均一に溶解する。

0035

(7)パック剤
(重量%)
a)コ−ンフラワ−抽出液

1.0
b)タラゴン抽出液
2.0
c)酢酸ビニル樹脂エマルジョン
15.0
d)ポリビニルアルコ−ル
10.0
e)オリ−ブ油
3.0
f)グリセリン
5.0
g)酸化チタン8.0
h)カオリン
7.0
i)エタノ−ル
8.0
j)香料
適量
k)防腐剤・酸化防止剤
適量
l)精製水
残部
製法a)〜l)までを混合し、よく撹拌、分散させ均一にする。

0036

本発明のNF−κB活性化抑制剤は、炎症を伴う様々な疾患,機能低下の予防・改善効果の他、皮膚の光加齢に伴う様々な症状、例えば色素沈着,しわ,たるみ等の予防・改善効果が期待できるため、外用剤組成物をはじめ、医薬品組成物,医薬部外品組成物等のあらゆる形態の製剤に応用が期待できる。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 武田薬品工業株式会社の「 複素環化合物およびその用途」が 公開されました。( 2019/10/03)

    【課題】オレキシン2型受容体作動活性を有する複素環化合物を提供すること。【解決手段】式(I):[式中、各記号は明細書記載のとおりである。]で表される化合物またはその塩は、オレキシン2型受容体作動活性を... 詳細

  • ファイザー・インクの「 ピリドピリミジノンCDK2/4/6阻害剤」が 公開されました。( 2019/10/03)

    【課題・解決手段】本発明は、一般式(I)の化合物および薬学的に許容できるその塩[式中、R1、R2、R2A、R2B、R3、R4、R5A、R5B、R6、R7、R8、R9、p、qおよびrは、本明細書で定義さ... 詳細

  • 不二製油株式会社の「 アスコルビン酸製剤」が 公開されました。( 2019/09/19)

    【課題】 本発明は、簡易な方法で調製が可能で、異味が少なく、着色も抑制された、アスコルビン酸製剤を提供することを課題とする。【解決手段】 油中水型の乳化物であって、水相のpHが4以上であり、水相の... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い法人

関連性が強い法人一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ