図面 (/)

技術 車載機器の管理システム

出願人 株式会社JVCケンウッド
発明者 岡野政信
出願日 2005年12月27日 (15年0ヶ月経過) 出願番号 2005-376176
公開日 2007年7月12日 (13年5ヶ月経過) 公開番号 2007-176292
状態 特許登録済
技術分野 車両用電気・流体回路 車両外部の荷台、物品保持装置
主要キーワード エアコンディショニング装置 ウェイクアップタイマ スリープタイマー エアコンディショニング 空気調節 NAVSTAR リアモニタ 規定レベル
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2007年7月12日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (4)

課題

車両内純正機器に加えて一つ又は複数の非純正機器を後付けする場合に、これらを集中制御することを可能とする車載機器の管理システムを提供する。

解決手段

車載機器の管理システム1に、純正機器10と、非純正オーディオ機器20a,20b等と、スピーカ70と、表示器80と、各機器ネットワークを介して互いに通信可能に接続され、純正機器10又は非純正オーディオ機器20a,20b等のいずれかから出力された音声信号又は映像信号をスピーカ70又は表示器80に出力するオーディオセレクタ62及びビデオセレクタ64と、純正機器10又は非純正オーディオ機器20a,20b等のいずれかを選択可能に構成された純正マルチディスプレイ14b又は表示器80と、選択に従ってオーディオセレクタ62又はビデオセレクタ64の切り替え制御を行うCPU61とを設ける。

概要

背景

従来から、車載機器として様々な種類のオーディオ機器が開発されている。特に昨今では、ディスプレイ付きオーディオ機器が車載機器の代表例として挙げられる。

このようなディスプレイ付きオーディオ機器として、図3に示すように、純正ヘッドユニット100a及び純正ディスプレイ100bを備える純正ユニット100、ナビゲーションコンピュータ110、エアコンディショニングコンピュータ120、その他コンピュータ130、アンプ140及びスピーカ150を備えて構成される純正オーディオ機器が知られている。図3に示すオーディオ機器では、純正ユニット100においてナビゲーションコンピュータ110、エアコンディショニングコンピュータ120及びその他コンピュータ130を管理する構成となっている。

また、近年では、車載用のオーディオ機器の純正ヘッドユニットを、市販の非純正ヘッドユニット交換して使用するオーディオ機器が提案されている。

例えば、特許文献1には、オーディオテレビジョンカーナビゲーション空気調節制御、映像ディスプレイ及びスイッチパネル等の各種エレクトロニクス機器LANケーブルで接続して車内LANを構築し、各構成部分が一台のヘッドユニット及びディスプレイにおいて管理されるオーディオ機器であって、純正ヘッドユニットを市販の非純正ヘッドユニットと交換して使用するための車載用オーディオアダプターが設けられたオーディオ機器が記載されている。
特開2002−321573号公報

概要

車両内純正機器に加えて一つ又は複数の非純正機器を後付けする場合に、これらを集中制御することを可能とする車載機器の管理システムを提供する。車載機器の管理システム1に、純正機器10と、非純正オーディオ機器20a,20b等と、スピーカ70と、表示器80と、各機器とネットワークを介して互いに通信可能に接続され、純正機器10又は非純正オーディオ機器20a,20b等のいずれかから出力された音声信号又は映像信号をスピーカ70又は表示器80に出力するオーディオセレクタ62及びビデオセレクタ64と、純正機器10又は非純正オーディオ機器20a,20b等のいずれかを選択可能に構成された純正マルチディスプレイ14b又は表示器80と、選択に従ってオーディオセレクタ62又はビデオセレクタ64の切り替え制御を行うCPU61とを設ける。

目的

本発明は前記事情に鑑みてなされたものであり、その目的とするところは、車両内で純正機器に加えて一つ又は複数の非純正機器を後付けする場合に、これらの純正機器及び各非純正機器の出力信号又は動作制御集中管理することを可能とする車載機器の管理システムを提供することにある。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

純正機器と、一つ又は複数の非純正機器と、前記純正機器又は前記非純正機器からの出力信号に基づく再生を行う信号出力部と、前記純正機器、前記非純正機器及び前記信号出力部とネットワークを介して互いに通信可能に接続され、前記純正機器又は前記非純正機器のいずれかの出力信号を前記信号出力部に出力するセレクタと、前記純正機器又は前記非純正機器のいずれかを選択可能に構成された操作部と、前記操作部で選択された前記純正機器又は前記非純正機器からの出力信号を出力させるように前記セレクタの切り替え制御を行う制御部とを備えた管理装置と、を備えることを特徴とする車載機器の管理システム

請求項2

前記非純正機器は映像信号を出力する非純正ビデオ機器であり、前記信号出力部は前記映像信号に基づく映像を表示する表示部であることを特徴とする請求項1記載の車載機器の管理システム。

請求項3

前記非純正機器は音声信号を出力する非純正オーディオ機器であり、前記信号出力部は前記音楽信号に基づく音楽を再生するスピーカであることを特徴とする請求項1記載の車載機器の管理システム。

請求項4

前記非純正機器の一部又は全部はリレーを介して接続された車両の外部機器であり、前記管理装置は前記リレーの制御により前記外部機器の電源のON時間又はOFF時間を調整するリレー制御部を備えることを特徴とする請求項1〜請求項3いずれか一項に記載の車載機器の管理システム。

請求項5

前記純正機器はディスプレイを備え、前記管理装置は、前記非純正機器の動作制御に関する指示入力を行うための操作ボタンを表示する操作ボタン信号を生成するGUI回路と、前記GUI回路の出力信号を前記ディスプレイに出力するための第1の接点及び前記GUI回路の出力信号を前記表示器に出力するための第2の接点を有するスイッチとを備え、前記制御部は前記スイッチの切り替えを制御して、前記操作ボタンを前記ディスプレイ又は前記表示器のいずれか一方に表示させることを特徴とする請求項2〜請求項4いずれか一項に記載の車載機器の管理システム。

請求項6

前記管理装置は、前記ディスプレイに表示された前記操作ボタンからの操作信号を前記純正機器に対応する操作信号から前記非純正機器に対応する操作信号に変換して前記制御部に出力する制御データ変換回路を備えることを特徴とする請求項5記載の車載機器の管理システム。

技術分野

0001

本発明は車載機器の管理システムに関する。

背景技術

0002

従来から、車載機器として様々な種類のオーディオ機器が開発されている。特に昨今では、ディスプレイ付きオーディオ機器が車載機器の代表例として挙げられる。

0003

このようなディスプレイ付きオーディオ機器として、図3に示すように、純正ヘッドユニット100a及び純正ディスプレイ100bを備える純正ユニット100、ナビゲーションコンピュータ110、エアコンディショニングコンピュータ120、その他コンピュータ130、アンプ140及びスピーカ150を備えて構成される純正オーディオ機器が知られている。図3に示すオーディオ機器では、純正ユニット100においてナビゲーションコンピュータ110、エアコンディショニングコンピュータ120及びその他コンピュータ130を管理する構成となっている。

0004

また、近年では、車載用のオーディオ機器の純正ヘッドユニットを、市販の非純正ヘッドユニット交換して使用するオーディオ機器が提案されている。

0005

例えば、特許文献1には、オーディオテレビジョンカーナビゲーション空気調節制御、映像ディスプレイ及びスイッチパネル等の各種エレクトロニクス機器LANケーブルで接続して車内LANを構築し、各構成部分が一台のヘッドユニット及びディスプレイにおいて管理されるオーディオ機器であって、純正ヘッドユニットを市販の非純正ヘッドユニットと交換して使用するための車載用オーディオアダプターが設けられたオーディオ機器が記載されている。
特開2002−321573号公報

発明が解決しようとする課題

0006

しかしながら、特許文献1に記載の発明は、純正オーディオ機器の純正ヘッドユニットに替えて市販の非純正ヘッドユニットを使用するものであり、純正ヘッドユニットでは制御することのできない一つ又は複数の非純正オーディオ機器を後付けした場合、純正オーディオ機器から出力された音声信号及び各非純正オーディオ機器から出力された音声信号を一括して管理することができないという問題があった。

0007

また、純正オーディオ機器のディスプレイから非純正オーディオ機器に関する指示入力を行ったとしても、純正オーディオ機器のヘッドユニットからの制御信号では非純正オーディオ機器の動作を制御することができないため、一つのヘッドユニット及びディスプレイにおいて純正オーディオ機器及び各非純正オーディオ機器を集中制御することができないという問題があった。

0008

本発明は前記事情に鑑みてなされたものであり、その目的とするところは、車両内純正機器に加えて一つ又は複数の非純正機器を後付けする場合に、これらの純正機器及び各非純正機器の出力信号又は動作制御集中管理することを可能とする車載機器の管理システムを提供することにある。

課題を解決するための手段

0009

前記課題を解決するために、請求項1に記載の発明は、車載機器の管理システムであって、純正機器と、一つ又は複数の非純正機器と、前記純正機器又は前記非純正機器からの出力信号に基づく再生を行う信号出力部と、前記純正機器、前記非純正機器及び前記信号出力部とネットワークを介して互いに通信可能に接続され、前記純正機器又は前記非純正機器のいずれかの出力信号を前記信号出力部に出力するセレクタと、前記純正機器又は前記非純正機器のいずれかを選択可能に構成された操作部と、前記操作部で選択された前記純正機器又は前記非純正機器からの出力信号を出力させるように前記セレクタの切り替え制御を行う制御部とを備えた管理装置と、を備えることを特徴とする。

0010

請求項2記載の発明は、請求項1記載の車載機器の管理システムであって、前記非純正機器は映像信号を出力する非純正ビデオ機器であり、前記信号出力部は前記映像信号に基づく映像を表示する表示部であることを特徴とする。

0011

請求項3記載の発明は、請求項1記載の車載機器の管理システムであって、前記非純正機器は音声信号を出力する非純正オーディオ機器であり、前記信号出力部は前記音楽信号に基づく音楽を再生するスピーカであることを特徴とする。

0012

請求項4記載の発明は、請求項1〜請求項3いずれか一項に記載の車載機器の管理システムであって、前記非純正機器の一部又は全部はリレーを介して接続された車両の外部機器であり、前記管理装置は前記リレーの制御により前記外部機器の電源のON時間又はOFF時間を調整するリレー制御部を備えることを特徴とする。

0013

請求項5記載の発明は、請求項2〜請求項4いずれか一項に記載の車載機器の管理システムであって、前記純正機器はディスプレイを備え、前記信号出力部には映像信号に基づく映像を表示する表示器が含まれ、前記管理装置は、前記非純正機器の動作制御に関する指示入力を行うための操作ボタンを表示する操作ボタン信号を生成するGUI回路と、前記GUI回路の出力信号を前記ディスプレイに出力するための第1の接点及び前記GUI回路の出力信号を前記表示器に出力するための第2の接点を有するスイッチとを備え、前記制御部は前記スイッチの切り替えを制御して、前記操作ボタンを前記ディスプレイ又は前記表示器のいずれか一方に表示させることを特徴とする。

0014

請求項6記載の発明は、請求項5記載の車載機器の管理システムであって、前記管理装置は、前記ディスプレイに表示された前記操作ボタンからの操作信号を前記純正機器に対応する操作信号から前記非純正機器に対応する操作信号に変換して前記制御部に出力する制御データ変換回路を備えることを特徴とする。

発明の効果

0015

本発明に係る車載機器の管理システムによれば、純正機器を備え、純正機器からの制御信号をそのまま入力するのみでは制御できない市販の非純正機器を後付けした車載機器の管理システムにおいて、セレクタによって純正機器の出力信号又は非純正機器の出力信号のいずれかを選択し、選択した音声信号を信号出力部から出力させることによって、純正機器及び非純正機器からの出力信号を一括管理することが可能となる。これにより、一つ又は複数の非純正機器を後付けする場合に、純正機器及び各非純正機器を一つの信号出力部で集中管理することが可能となる。

発明を実施するための最良の形態

0016

[実施の形態]
以下、図面を参照しつつ、本発明の実施形態について説明する。

0017

図1は、本実施形態に係る車載機器の管理システム1の全体構成を示すブロック図である。

0018

図1に示すように、車載機器の管理システム1は、純正機器10、非純正オーディオ機器20a,20b、非純正ビデオ機器30a,30b、リレー40、その他の非純正機器50、管理装置60、信号出力部としての機能を果たすスピーカ70及び表示器80、リモートコントローラ90を備えて構成されている。これらの各機器はネットワークを介して互いに通信可能となるように接続されており、車内LANを構築している。

0019

このように、車載機器の管理システム1は純正機器10を備えているほか、純正機器10からの制御信号をそのまま入力するのみでは制御できない市販の非純正オーディオ機器20a,20b、非純正ビデオ機器30a,30b及びその他の非純正機器50が後付けされた構成となっている。

0020

純正機器10は、純正機器10が搭載される車両と一体として構成される車載機器であり、ナビゲーションコンピュータ11、エアコンディショニングコンピュータ12、その他コンピュータ13及び純正ユニット14を備えて構成されている。

0021

ナビゲーションコンピュータ11は、NAVSTAR(Navigation System using Timing And Ranging)等の人工衛星から送信されるGPS(Global Positioning System)信号を受信して、純正機器10の現在位置(ナビゲーションコンピュータ11を搭載した車両等の現在位置)を演算によって検出するようになっている。

0022

また、ナビゲーションコンピュータ11は、検出した現在位置データと図示しないメモリに記憶された地図データとを対応させて、車両の現在位置を表示する映像信号を生成して出力するようになっている。

0023

また、ナビゲーションコンピュータ11は、図示しない音声合成部を備えており、この音声合成部によって車両の現在位置を案内する音声信号を生成して出力するようになっている。なお、この音声信号は車両の現在位置を表す映像と連動して出力させてもよく、音声信号のみを独立して出力させてもよい。

0024

エアコンディショニングコンピュータ12は、車内の空気を循環させつつ熱交換することによって、車内の冷房暖房を行うようになっており、純正ユニット14からの指示信号により、図示しないエアコンディショニング装置動作条件、例えば冷気強度、風量及び風向き等を制御するようになっている。

0025

その他コンピュータ13は、ナビゲーションコンピュータ11又はエアコンディショニングコンピュータ12以外の純正機器を動作制御するものであり、例えば、メンテナンス時期等の車両情報の管理や図示しないラジオユニットの制御等を行うようになっている。

0026

純正ユニット14は、純正ヘッドユニット14a、純正マルチディスプレイ14bを備えて構成されている。

0027

このうち純正ヘッドユニット14aは、CPU、RAM及びROMを備えて構成されており、ROMに記録された処理プログラムをRAMに展開して、CPUによってこの処理プログラムを実行することにより、純正機器10の各構成部分を駆動制御するようになっている。

0028

また、純正マルチディスプレイ14bは、液晶有機EL,プラズマ等のディスプレイによって構成されており、区分化された表示領域に複数の映像を表示するようになっている。

0029

また、純正マルチディスプレイ14bは、区分化された表示領域のうち少なくとも一つの領域に、純正機器10であるナビゲーションコンピュータ11、エアコンディショニングコンピュータ12又はその他コンピュータ13から出力された映像信号に基づく映像を表示するようになっている。例えば、ナビゲーションコンピュータ11から送信されたナビゲーション画面等を表示するようになっている。

0030

また、純正マルチディスプレイ14bは、操作部としての機能を果たすようになっており、区分化された表示領域のうち少なくとも一つの領域はタッチパネルとして構成され、純正機器10の各構成部分についての設定画面を表示するようになっている。

0031

次に、非純正オーディオ機器20a,20bは、車両と一体として構成された純正機器10とは別に、ユーザによって車両内に後付けされた市販のオーディオ機器であり、例えば、オーディオプレーヤー等によって構成される。

0032

また、非純正ビデオ機器30a,30bは、同様にユーザによって車両内に後付けされた市販のビデオ機器であり、例えば、カーナビゲーション装置やカーDVDプレイヤー等によって構成される。

0033

次に、リレー40は、その他の非純正機器50と管理装置60との接続手段であって、管理装置60から出力された電気信号を受けて、その他の非純正機器50の駆動に必要な動作電気信号を送信するようになっている。

0034

また、その他の非純正機器50は、ユーザによって車両外に後付けされた市販の外部機器であって、例えば、リアモニタガレージ用リモートコントローラ又はフォグランプ等によって構成される。

0035

次に、管理装置60は、CPU61、オーディオセレクタ62、アンプ63、ビデオセレクタ64及びリレー制御部65を備えて構成されている。

0036

CPU61は、表示器80からの入力信号を受けて、オーディオセレクタ62及びビデオセレクタ64の動作に関する設定を行うようになっている。

0037

すなわち、CPU61は、オーディオセレクタ62に純正機器10からの音声信号又は非純正オーディオ機器20a,20bからの音声信号のいずれかを選択させるように制御するようになっている。

0038

また、CPU61は、ビデオセレクタ64に純正機器10からの映像信号又は非純正ビデオ機器30a,30bからの映像信号のいずれかを選択させるように制御するようになっている。

0039

オーディオセレクタ62は、CPU61の制御により、オーディオ再生時に純正ヘッドユニット14aから入力される音声信号又は非純正オーディオ機器20a,20bから入力される音声信号のいずれかを選択し、選択した音声信号を、アンプ63を介してスピーカ70に出力するようになっている。

0040

アンプ63は、オーディオセレクタ62からの出力信号を所定の規定レベル増幅してスピーカ70に出力するようになっている。

0041

ビデオセレクタ64は、CPU61の制御により、ビデオ再生時に純正ヘッドユニット14aから入力される映像信号又は非純正ビデオ機器30a,30bから入力される映像信号のいずれかを選択し、選択した映像信号を表示器80に出力するようになっている。

0042

リレー制御部65は、CPU61からの制御信号に従って、リレー40の起動を制御するようになっている。これにより、リレー40に接続されたその他の非純正機器50について、図示しない電源のON/OFF操作を自動的に行うことが可能となっている。

0043

また、本実施形態のリレー制御部65は、リレー40の制御により、その他の非純正機器50の電源のON時間/OFF時間を調整するようになっている。これにより、その他の非純正機器50の電源がOFFとされた後、所定時間の経過後に自動的に電源をONとするウェイクアップタイマー機能や、その逆に、電源がONとされた後、所定時間の経過後に自動的に電源をOFFとするスリープタイマー機能を果たすようになっている。

0044

次に、スピーカ70は、オーディオセレクタ62により選択され、アンプ63により増幅された純正機器10又は非純正ビデオ機器30a,30bからの音声信号に基づいて音声を再生するようになっている。

0045

表示器80は、液晶,有機EL,プラズマ等のディスプレイであって、タッチパネルとして構成され、操作部としての機能を果たすようになっている。なお、表示器80は区分化された表示領域に複数の映像を表示するマルチディスプレイとして構成してもよい。また、表示器80は、図示しない赤外線通信部を備えており、リモートコントローラ90からの指示信号を受信することが可能となっている。

0046

また、表示器80は、オーディオセレクタ62及びビデオセレクタ64の設定に関する設定画面を表示するようになっている。

0047

すなわち、表示部80の設定画面において、オーディオセレクタ62の選択により純正機器10からの音声信号又は非純正オーディオ機器20a,20bからの音声信号のいずれをスピーカ70で再生させるかを選択することができるようになっている。

0048

また、表示器80の設定画面において、ビデオセレクタ64の選択により純正機器10からの映像信号又は非純正ビデオ機器30a,30bからの映像信号のいずれを表示器8で再生させるかを選択することができるようになっている。

0049

また、表示器80は、非純正オーディオ機器20a,20b又は非純正ビデオ機器30a,30bの動作制御に関する設定画面を表示するようになっている。

0050

また、表示器80は、リレー制御部65のウェイクアップタイマー機能やスリープタイマー機能に関する設定画面を表示するようになっている。すなわち、表示器80の設定画面において、その他の非純正機器50のウェイクアップ時間やスリープ時間を設定することにより、その他の非純正機器50のON/OFF動作を制御することが可能となっている。

0051

また、表示器80は、ビデオセレクタ64により選択された純正機器10又は非純正ビデオ機器30a,30bからの映像信号に基づいて映像を再生するようになっている。

0052

リモートコントローラ90は、図示しない操作ボタンを備えており、この操作ボタンの押下によって種々の指示入力を行うことが可能となっている。また、リモートコントローラ90は、図示しない赤外線通信部を備えており、表示器80が備える図示しない赤外線通信部と赤外線通信を行うことにより、入力された指示信号を表示器80に送信するようになっている。

0053

次に、本実施形態に係る車載機器の管理システム1の動作について説明する。

0054

表示器80の設定画面において、純正機器10又は非純正オーディオ機器20a,20bのいずれから出力された音声信号をスピーカ70で再生させるかが選択されると、CPU61はその選択に応じてオーディオセレクタ62を動作制御する。

0055

また、表示器80の設定画面において、純正機器10又は非純正ビデオ機器30a,30bのいずれから出力された映像信号を表示器80に表示させるかが選択されると、CPU61はその選択に応じてビデオセレクタ64を動作制御する。

0056

なお、表示器80の設定画面における指示入力は、リモートコントローラ90を使用して行うことも可能である。

0057

次に、純正マルチディスプレイ14bの設定画面から純正機器10の操作に関する指示信号が入力されると、純正ヘッドユニット14aはその指示信号に従って、ナビゲーションコンピュータ11、エアコンディショニングコンピュータ12又はその他コンピュータ13を駆動制御する。

0058

続いて、ナビゲーションコンピュータ11、エアコンディショニングコンピュータ12又はその他コンピュータ13から車両の現在位置を表示する映像信号等の映像信号が出力されると、純正マルチディスプレイ14bは、その映像信号に基づく映像を再生する。また、純正ヘッドユニット14aはその映像信号をオーディオセレクタ62に入力させる。

0059

また、ナビゲーションコンピュータ11、エアコンディショニングコンピュータ12又はその他コンピュータ13から車両の現在位置を案内する音声信号等の音声信号が出力されると、純正ヘッドユニット14aはその音声信号をビデオセレクタ64に入力させる。

0060

一方、表示器80の設定画面から非純正オーディオ機器20a,20b又は非純正ビデオ機器30a,30bの動作制御に関する指示入力がされると、CPU61はその指示信号に従って、非純正オーディオ機器20a,20b又は非純正ビデオ機器30a,30bを駆動制御する。

0061

続いて、非純正オーディオ機器20a,20bから音声信号が出力されると、その音声信号はオーディオセレクタ62に入力される。

0062

また、非純正ビデオ機器30a,30bからDVD等の映像信号が出力されると、その映像信号はビデオセレクタ64に入力される。

0063

次に、オーディオセレクタ62は、CPU61の制御により、純正ヘッドユニット14aから入力された音声信号又は非純正オーディオ機器20a,20bから入力される音声信号のいずれかを選択し、選択した音声信号を、アンプ63を介してスピーカ70で再生させる。

0064

また、ビデオセレクタ64は、CPU61の制御により、純正ヘッドユニット14aから入力された映像信号又は非純正ビデオ機器30a,30bから入力される映像信号のいずれかを選択し、選択した映像信号を表示器80で再生させる。

0065

更に、表示器80の設定画面において、その他の非純正機器50のウェイクアップ時間やスリープ時間等の設定が行われると、リレー制御部65はCPU61からの制御信号に従ってリレー40を制御し、その他の非純正機器50のON時間/OFF時間を調整することにより、その他の非純正機器50のウェイクアップタイマー機能やスリープタイマー機能を果たす。

0066

以上のように、本実施形態に係る車載機器の管理システム1によれば、純正機器10からの制御信号をそのまま入力するのみでは制御できない市販の非純正オーディオ機器20a,20bを後付けした車載機器の管理システム1において、オーディオセレクタ62によって純正機器10又は非純正オーディオ機器20a,20bから出力された音声信号のいずれかを選択し、選択した音声信号をスピーカ70で再生させることにより、純正機器10及び非純正オーディオ機器20a,20bの出力信号を一つのスピーカ70で集中管理することが可能となる。

0067

また、市販の非純正ビデオ機器30a,30bを後付けした車載機器の管理システム1において、ビデオセレクタ64によって純正機器10又は非純正ビデオ機器30a,30bから出力された映像信号のいずれかを選択し、選択した映像信号を表示器80で再生させることにより、純正機器10及び非純正ビデオ機器30a,30bの出力信号を一つの表示器80で集中管理することが可能となる。

0068

また、リレー制御により車両の外部機器であるその他の非純正機器50の電源のON時間及びOFF時間を調整することによって、その他の非純正機器50にウェイクアップタイマー機能やスリープタイマー機能を持たせることが可能となる。

0069

[実施形態の変形例]
次に、上記実施形態の変形例について、図2を参照して説明する。なお、上記実施形態と同様の構成要素には同一の符号を付し、その説明を省略する。

0070

本変形例の管理装置60には、制御データ変換回路66、GUI回路67及びスイッチSW68が備えられている。

0071

制御データ変換回路66は、純正マルチディスプレイ14bの設定画面から入力された純正機器10に対応する指示信号を、非純正オーディオ機器20a,20b、非純正ビデオ機器30a,30b又はその他の非純正機器50に対応する指示信号に変換するようになっている。

0072

GUI(Graphical User Interface)回路27は、非純正オーディオ機器20a,20b、非純正ビデオ機器30a,30b又はその他の非純正機器50の動作制御に関する指示入力を行うための操作ボタンを表示する操作ボタン信号を生成するようになっている。

0073

また、GUI回路67は、スイッチSW68の動作状態に応じて、操作ボタン信号を純正マルチディスプレイ14b又はビデオセレクタ64に出力するようになっている。

0074

スイッチSW68は、GUI回路67の出力信号を純正マルチディスプレイ14bに出力するための第1の接点である接点aと、GUI回路67の出力信号を表示器80に出力するための第2の接点である接点bとを備え、CPU61からの指示信号によって、接続先を接点a又は接点bに切り替えるようになっている。

0075

これにより、スイッチSW68が接点aに接続されると、純正マルチディスプレイ14bに上記の操作ボタンが表示され、スイッチSW68が接点bに接続されると、表示器80に上記の操作ボタンが表示されるようになっている。

0076

また、本変形例の表示器80には、非純正オーディオ機器20a,20b、非純正ビデオ機器30a,30b又はその他の非純正機器50の動作制御に関する指示入力を行うための操作ボタンを、純正マルチディスプレイ14b又は表示器80のいずれに表示させるかを選択するための選択ボタンが表示されるようになっている。

0077

また、本変形例のCPU61は、表示器80からの指示信号に従い、操作ボタンの表示先として純正マルチディスプレイ14bが選択された場合は、スイッチSW68を接点aに接続させるようになっている。また、操作ボタンの表示先として表示器80が選択された場合は、スイッチSW68を接点bに接続させるようになっている。

0078

次に、本実施形態に係る車載機器の管理システム1の動作について説明する。

0079

表示器80において、選択ボタンの押下により操作ボタンの表示先として純正マルチディスプレイ14bが選択されると、CPU61はスイッチSW68を接点aに接続する。

0080

一方、選択ボタンの押下により操作ボタンの表示先として表示器80が選択されると、CPU61はスイッチSW68を接点bに接続する。

0081

次に、GUI回路67は、CPU61の指示信号により、非純正オーディオ機器20a,20b、非純正ビデオ機器30a,30b又はその他の非純正機器50の動作制御に関する指示入力を行うための操作ボタンを表示する操作ボタン信号を出力する。

0082

このとき、スイッチSW68が接点aに接続されていると、操作ボタン信号は純正マルチディスプレイ14bに出力され、純正マルチディスプレイ14bに操作ボタンが表示される。また、スイッチSW68が接点bに接続されていると、操作ボタン信号はビデオセレクタ64を介して表示器80に出力され、表示器80に操作ボタンが表示される。

0083

次に、純正マルチディスプレイ14bに表示された操作ボタンが押下されると、制御データ変換回路66は、非純正オーディオ機器20a,20b、非純正ビデオ機器30a,30b又はその他の非純正機器50の動作制御に関する指示信号を、純正機器10に対応する指示信号から非純正オーディオ機器20a,20b、非純正ビデオ機器30a,30b又はその他の非純正機器50に対応する指示信号に変換して、CPU61に出力する。

0084

以上のように、本変形例に係る車載機器の管理システム1によれば、非純正オーディオ機器20a,20b、非純正ビデオ機器30a,30b又はその他の非純正機器50の動作制御に関する指示入力を行うための操作ボタンを、スイッチSW68の切り替えにより純正マルチディスプレイ14b又は表示器80のいずれか一方に表示させることにより、純正機器10の純正マルチディスプレイ14bにおいて非純正オーディオ機器20a,20b、非純正ビデオ機器30a,30b又はその他の非純正機器50の動作制御に関する指示入力を行うことが可能となる。

0085

また、純正機器10の純正マルチディスプレイ14bに表示された操作ボタンが押下された場合は、その操作信号を純正機器10に対応する操作信号から非純正オーディオ機器20a,20b、非純正ビデオ機器30a,30b又はその他の非純正機器50に対応する操作信号に変換してCPU61に出力させることにより、純正機器10からの入力によって非純正オーディオ機器20a,20b、非純正ビデオ機器30a,30b又はその他の非純正機器50を制御することが可能となる。

0086

以上詳細に説明したように、本発明の車載機器の管理システムによれば、車両内で純正機器に加えて一つ又は複数の非純正機器を後付けして使用する場合に、これらの純正機器及び各非純正機器を集中管理することが可能となる。

図面の簡単な説明

0087

本実施形態に係る車載機器の管理システムの全体構成を示すブロック図である。
本実施形態の変形例に係る車載機器の管理システムの全体構成を示すブロック図である。
従来の車載機器の管理システムの全体構成を示すブロック図である。

符号の説明

0088

1車載機器の管理システム
10純正機器
11ナビゲーションコンピュータ
12エアコンディショニングコンピュータ
13 その他コンピュータ
14純正ユニット
14a純正ヘッドユニット
14b純正マルチディスプレイ
20a,20b非純正オーディオ機器
30a,30b非純正ビデオ機器
40リレー
50 その他の非純正機器
60管理装置
61 CPU
62オーディオセレクタ
63アンプ
64ビデオセレクタ
65リレー制御部
66 制御データ変換回路
67GUI回路
68 スイッチSW
70スピーカ
80表示器
90 リモートコントローラ

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 濱州禾夏汽車用品有限公司の「 車屋根キャリーケース」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】本発明は車屋根キャリーケースを開示した。【解決手段】ケース本体と前記ケース本体の頂壁の中に設けられた上方に開口した収納溝を含み、前記収納溝の左側端壁の中には回転チャンバが設けられ、前記回転チャ... 詳細

  • 三菱電機株式会社の「 電子制御装置」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】本願は、ケースの外周位置とカバーの外周位置に形成された環状シール部の密閉性を向上することができる電子制御装置を提供するものである。【解決手段】ケース(200A)の外周位置とカバー(300A)の... 詳細

  • アーガス サイバー セキュリティ リミテッドの「 自動車用サイバーセキュリティ」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題・解決手段】車内通信ネットワークにセキュリティを提供するためのモジュールであって、車内通信ネットワークはバスと、バスに接続されている少なくとも1つのノードとを有しており、モジュールはメモリとプロ... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ