図面 (/)

技術 オーブン

出願人 エルジーエレクトロニクスインコーポレイティド
発明者 キムジョンシクキムヤンキョン
出願日 2006年12月12日 (12年11ヶ月経過) 出願番号 2006-334805
公開日 2007年6月28日 (12年4ヶ月経過) 公開番号 2007-163127
状態 特許登録済
技術分野 ストーブまたはレンジの細部1 ベイキング、グリル、ロースティング
主要キーワード 収容ホール 湾曲リブ 湾曲突起 中間固定 側面ケース 熱放出量 側排出口 ベーキングヒータ
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2007年6月28日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (9)

課題

オーブン、特にドア冷却性能が改善されたドアフレームを有するオーブンのドア構造を提供する。

解決手段

オーブンには、キャビティと、前記キャビティを遮蔽するドアパネルと、前記ドアパネルの側面を支持する側面フレームとが備えられ、前記側面フレームと前記ドアフレームとの間には外気吸入ホールが形成されることを特徴とする。

概要

背景

一般に、オーブンは、内部に形成されたキャビティ収納された食物に対して、ヒーターから発生した熱を加えることによって、調理を行うことができる調理装置である。

詳細に、前記キャビティは、オーブンの前面に回転可能に設置されるドアにより選択的に開閉される。そして、前記ドアには、骨組みをなすドアフレームが設置され、前記ドアフレームにドアパネルなどが付着される。

一方、従来のオーブンの場合、前記ドアを冷却させるための別途冷却流路がドアの内部に形成される。上記のような冷却流路には、オーブンの外部から流入した空気が流動しながらドアを冷却させる。そういうオーブンの冷却流路の一実施形態として、前記ドアの下端部から外気吸入されて、前記ドアパネルに沿って流動して前記キャビティの後方へ移動する。そして、前記キャビティの上部を経てドアの上部に形成された排出口を介してオーブンの外部に排出される。

しかしながら、従来のオーブンのように、単純にドアの内部に空気流路を形成する方式によっては、ドアの冷却が効果的に行われることができない。

特に、金属材質からなるドアフレームにキャビティの内部から発生する多量の熱が吸収されることに対し、前記ドアフレームに吸収された熱が放出できる放熱構造が適切に提供されていない。したがって、ドアフレームの熱が十分に外部に放出されず、ドアの冷却効率を低下させる原因となる。

概要

オーブン、特にドアの冷却性能が改善されたドアフレームを有するオーブンのドア構造を提供する。オーブンには、キャビティと、前記キャビティを遮蔽するドアパネルと、前記ドアパネルの側面を支持する側面フレームとが備えられ、前記側面フレームと前記ドアフレームとの間には外気吸入ホールが形成されることを特徴とする。

目的

本発明は、上述の問題点に鑑みてなされたもので、その目的は、キャビティからドアフレームに伝達される熱を円滑に排出させることができる構造を有するオーブンのドアを提供することにある。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

キャビティと、前記キャビティを開閉するドアと、前記キャビティの内部に提供されるヒーターとが備えられるオーブンにおいて、前記ドアには複数のドアパネルと、前記ドアパネルの側面を支持する側面フレームとが備えられ、前記側面フレームと前記ドアフレームとの間には、外気吸入ホールが形成されていることを特徴とするオーブン。

請求項2

前記ドアパネルは、複数個所定間隔で積層されていることを特徴とする請求項1に記載のオーブン。

請求項3

前記側面フレームの内部には、外気流動する中空部が形成されていることを特徴とする請求項1に記載のオーブン。

請求項4

前記側面フレームの内部が複数回折曲げられているか、または湾曲したフィン形状からなることを特徴とする請求項1に記載のオーブン。

請求項5

前記側面フレームの一側面には、前記ドアパネルにより遮蔽される空気収容ホールが形成されていることを特徴とする請求項1に記載のオーブン。

請求項6

前記ドアパネルの下端部及び前記外気吸入ホールを介して、外気が前記ドアパネルの下端及び側面に流入することを特徴とする請求項1に記載のオーブン。

請求項7

調理空間を提供するキャビティと、前記キャビティを遮蔽するドアとを備えたオーブンにおいて、前記キャビティを開閉し、前記キャビティの内部空間に露出する内側パネルと、外部空間に露出する外側パネル、及び前記内側パネルと外側パネルとの間に提供される少なくとも1つ以上の中間パネルが備えられるドアパネルと、前記外側パネルに所定間隔離隔して固定され、前記内側パネル及び中間パネルを支持するドアフレームとが備えられたことを特徴とするオーブン。

請求項8

前記ドアフレームと前記外側パネルとの間の離隔空間を介して流入する外気は、前記複数のドアパネルを冷却した後、ドアパネルの外部に排出されることを特徴とする請求項7に記載のオーブン。

請求項9

前記ドアフレームには、前記内側パネルを支持する支持部と、前記中間パネルを支持する固定部と、前記ドアフレームに伝達される熱を放出する放熱部と、前記外側パネルに固定されるフレーム固定部とが備えられたことを特徴とする請求項7に記載のオーブン。

請求項10

前記放熱部には、複数回折り曲げられる折り曲げ部と、所定曲率で湾曲される湾曲リブとが備えられ、前記ドアフレームと外側パネルとの間の離隔空間を介して吸入される空気の少なくとも一部は、前記折り曲げ部及び湾曲リブと接触することをことを特徴とする請求項9に記載のオーブン。

請求項11

前記ドアフレームの内部には、所定の中空部が形成され、前記折り曲げ部及び湾曲部は、前記中空部内に突出していることを特徴とする請求項10に記載のオーブン。

請求項12

前記ドアフレームは、前記ドアパネルの側面を支持する側面フレームであることを特徴とする請求項7に記載のオーブン。

請求項13

前記側面フレームの一面には、所定深さに陥没され、前記内側パネルにより密閉される空気収容ホールが形成されていることを特徴とする請求項7に記載のオーブン。

請求項14

前記空気収容ホールに受容される空気により、前記キャビティから前記ドアフレームへの熱伝逹が遮断されることを特徴とする請求項13に記載のオーブン。

技術分野

0001

本発明は、オーブンに関し、さらに詳細には、ドア冷却性能が改善されたドアフレームを有するオーブンのドア構造に関する。

背景技術

0002

一般に、オーブンは、内部に形成されたキャビティ収納された食物に対して、ヒーターから発生した熱を加えることによって、調理を行うことができる調理装置である。

0003

詳細に、前記キャビティは、オーブンの前面に回転可能に設置されるドアにより選択的に開閉される。そして、前記ドアには、骨組みをなすドアフレームが設置され、前記ドアフレームにドアパネルなどが付着される。

0004

一方、従来のオーブンの場合、前記ドアを冷却させるための別途冷却流路がドアの内部に形成される。上記のような冷却流路には、オーブンの外部から流入した空気が流動しながらドアを冷却させる。そういうオーブンの冷却流路の一実施形態として、前記ドアの下端部から外気吸入されて、前記ドアパネルに沿って流動して前記キャビティの後方へ移動する。そして、前記キャビティの上部を経てドアの上部に形成された排出口を介してオーブンの外部に排出される。

0005

しかしながら、従来のオーブンのように、単純にドアの内部に空気流路を形成する方式によっては、ドアの冷却が効果的に行われることができない。

0006

特に、金属材質からなるドアフレームにキャビティの内部から発生する多量の熱が吸収されることに対し、前記ドアフレームに吸収された熱が放出できる放熱構造が適切に提供されていない。したがって、ドアフレームの熱が十分に外部に放出されず、ドアの冷却効率を低下させる原因となる。

発明が解決しようとする課題

0007

本発明は、上述の問題点に鑑みてなされたもので、その目的は、キャビティからドアフレームに伝達される熱を円滑に排出させることができる構造を有するオーブンのドアを提供することにある。

0008

また、本発明の他の目的は、キャビティ内からドアフレームに伝達される熱量を減少させることができる構造を有するオーブンのドアを提供することにある。

課題を解決するための手段

0009

上記の目的を達成すべく、本発明に係るオーブンには、キャビティと、前記キャビティを遮蔽するドアパネルと、前記ドアパネルの側面を支持する側面フレームとが備えられ、前記側面フレームと前記ドアフレームとの間には、外気吸入ホールが形成されることを特徴とする。

0010

また、本発明の他の側面に係るオーブンには、キャビティと、前記キャビティを開閉し、前記キャビティの内部空間に露出する内側パネル、外部空間に露出する外側パネル、及び前記内側パネルと外側パネルの間に提供される少なくとも1つ以上の中間パネルが備えられるドアパネルと、前記外側パネルに所定間隔離隔するように固定され、前記内側パネル及び中間パネルを支持するドアフレームとが備えられる。

0011

また、本発明のさらに他の側面に係るオーブンには、内部に調理空間に形成されるキャビティと、前記キャビティの前面開口部を選択的に遮蔽し、前後方向に所定間隔が離隔するように配置される複数のドアパネルと、前記ドアパネルの側面を支持する側面フレームと、前記側面フレームの両端部に結合されるモールド部と、前記ドアパネルの上端に結合される上側フレームが含まれるドアとが備えられ、前記側面フレームの一面には、所定深さに陥没され、前記複数のドアパネルのうち、前記キャビティの内部空間に露出するドアパネルによって密閉される空気収容ホールが形成されることを特徴とする。

発明の効果

0012

本発明に係るオーブンのドアによれば、ドアフレームの内部に密閉された空間からなる空気収容ホールが形成される。その結果、キャビティと直接接触されて熱が伝達される第1ドアパネルが側面フレームに接触される面積が減少して、キャビティからの熱伝逹量が減少するという効果がある。

0013

また、内部に空気が充填された前記収容ホールは、キャビティから放出される熱の伝達を遮断する断熱層の機能を行うようになる。したがって、キャビティから側面フレームに伝達される熱量が減少するという効果がある。

0014

また、本発明に係るオーブンのドア構造によれば、第2ドアパネル、第3ドアパネル及び第4ドアパネルそれぞれの離隔空間に外気が直接流入するため、キャビティからドアフレームに伝達される熱が円滑に排出することができる。したがって、ドアフレーム及びドアパネルに対する冷却性能が改善されるという効果がある。

0015

また、本発明に係るオーブンのドア構造によれば、外気が流入して、外側バレー突起、内側バレー突起、湾曲突起及び第2外側突起などのピン部と接触される。ピン部は、側面フレームから突出した部分であって、流動する空気との接触面積を増大させる。したがって、側面フレームの内部を流動する空気とピン部との熱交換量が増加する。すなわち、側面フレームの熱放出量が増大して、ドアフレームの冷却効率が増加するという効果がある。

発明を実施するための最良の形態

0016

以下、本発明の好ましい実施形態を、添付図面に基づき詳細に説明する。

0017

図1は、本発明に係るオーブンを示す斜視図である。

0018

図1に示すように、本発明に係るオーブン1には、内部に調理空間が形成されるキャビティ3と、前記キャビティの前面開口部側に回転可能に装着されるドア100と、前記キャビティ3の内部後面に提供されて熱を発生する対流ヒーター(convection heater)(図示せず)と、前記対流ヒーターから発生する熱をキャビティ3の内部空間に拡散させる対流ファン4が備えられる。

0019

詳細に説明すれば、前記キャビティ3の前面開口部のエッジには、シーリング部材11が取り囲まれる。そして、前記シーリング部材11は、前記ドア100と前記キャビティ3との間を密閉させる。そして、前記シーリング部材11が設置される部分は、オーブン1の前面ケース12であり、前記前面ケース12は、側面ケース13に固定される。

0020

また、前記キャビティ3の両側面には、少なくとも1つ以上のラックガイド6が形成され、前記ラックガイド6には、ラック7が少なくとも1つ以上挟められることができる。詳細に説明すれば、前記ラック7は、食物が含まれた容器がのせられる部分であって、前記ラックガイド6によりガイドされながら前記キャビティ3の内部から前後方向へ移送されることができる。

0021

また、前記キャビティ3の下部には、調理時に熱源となるベーキングヒーター(図示せず)と、前記ベーキングヒーターの上部に結合される二重底部5が備えられる。詳細に、前記二重底部5は、調理時に前記ベーキングヒーターが外部に露出しないようにする。したがって、前記ベーキングヒーターが露出して、ユーザが火傷を負うなどの危険を防止することができる。

0022

一方、前記オーブン1には、上部に形成されるクックトップ(cook top)8と、前記クックトップ8に形成される少なくとも1つ以上のクックトップヒーター9と、前記クックトップ8の背面部に形成される操作パネル10とが備えられる。詳細に、前記クックトップヒーター9は、作動時に電気エネルギー熱エネルギー転換されて、上部にのせられる食物が含まれた容器に熱を供給する。そして、前記操作パネル10には、各種の操作ボタンなどが提供されて、前記オーブン1の各駆動部の作動が外部で操作され得るようにする。

0023

図2は、本発明に係るオーブンのドアの背面斜視図である。

0024

図2に示すように、本発明に係るオーブン1のドア100には、側面部の骨組みをなす側面フレーム200と、前記側面フレーム200と連結する上側フレーム170と、前記側面フレーム200の上側端部を支持する左上モールドフレーム120及び右上モールドフレーム150と、前記側面フレーム200の下側端部を支持する右上モールドフレーム150及び左下モールドフレーム130と、前記キャビティ3とオーブン1の外部を空間的に分離するドアパネル180とが備えられる。

0025

詳細に、前記側面フレーム200は、前記ドア100の側面部の骨組みをなし、前記ドアパネル180を支持する。そして、前記側面フレーム200は、所定の剛性を有する金属性物質からなることができる。このような側面フレーム200には、前記ドアパネル180のうち、一部が結合されることができる。

0026

前記ドアパネル180は、側面フレーム200から離隔して結合され、ドア100の冷却流路の一部である側面流入口190を形成する。そして、前記上側フレーム170は、前記ドアパネル180の上部に配置されて、前記ドアパネル180を支持する。そして、前記上側フレーム170には、ドア100の冷却流路の一部である上側排出口が形成されて、前記ドアパネル180の内部に沿って流れながら、前記キャビティ3から伝達される熱を吸収して、加熱した空気を外部に排出させる。

0027

前記モールドフレーム120、130、150、160は、前記ドアパネル180の各隅部に配置され、前記側面フレーム200と結合される。詳細に、前記モールドフレーム120、130、150、160は、金属性材質より熱伝導度の低いプラスチックからなることができる。すると、前記キャビティ3から前記側面フレーム200に伝達される熱が前記モールドフレーム120、130、150、160で遮断されて、前記ドア100全体が加熱される現象を防止することができる。

0028

ここで、前記モールドフレーム120、130、150、160は、プラスチックからなり、前記側面フレーム200は、金属性材質からなるものと提示しているが、これは例示に過ぎない。すなわち、前記モールドフレーム120、130、150、160と前記側面フレーム200は、熱伝導度の異なる物質からなり、これらを通じた熱伝導が遮断されることによって、ドア100全体が加熱される現象を防止することができる多様な実施形態を提案することができる。

0029

また、前記モールドフレーム120、130、150、160は、前記ドア100の隅部、詳細には、前記ドアパネル180の隅部に配置される。上記の通りに配置されると、前記側面フレーム200の熱が前記ドア100全体に伝達される現象を効果的に遮断することができる。

0030

一方、前記ドアパネル180は、複数のパネルで構成される。詳細に、前記キャビティ3側に第1ドアパネル181が配置され、それから所定間隔離隔して、順次に第2ドアパネル182、第3ドアパネル183及び第4ドアパネル184がそれぞれ配置される。そして、最外部に配置される前記第4ドアパネル184は、オーブン1の外部の空気、すなわち室内空気と直接接触され、最内部に配置される第1ドアパネル181は、前記キャビティ3の内部空気と直接接触される。

0031

前記それぞれのドアパネル180の間は、所定間隔離隔して、空気流路が形成される。そのうち、前記第2ドアパネル182と前記第3ドアパネル183との間と、前記第3ドアパネル183と前記第4ドアパネル184との間に形成される空気流路は、ドア冷却流路191となる。すなわち、外部から前記ドア100の下側部に外気が流入すると、前記ドア冷却流路191に沿って上昇するようになる。すると、前記流入する外気により、前記ドア100が冷却される。

0032

このとき、本実施形態によれば、前記ドア100の側面部にも外気が流入して、前記ドア100を冷却させる。詳細に、前記側面フレーム200が前記第4ドアパネル184の背面から所定間隔離隔するように配置され、その間の空間に前記側面流入口190が形成される。そして、前記ドア冷却流路191に沿って空気の流動が形成されるとき、前記側面流入口190にも外気が流入して、前記ドア100を冷却させる。したがって、本実施形態によれば、前記ドア100が迅速に冷却されるという長所がある。

0033

図3は、本発明に係るドアの側面図である。

0034

図3に示すように、本発明に係るドア100の側面には、側面流入口190が形成される。前記側面流入口190は、前記側面フレーム200が前記モールドフレーム120、130と結合されることによって、第4ドアパネル184と所定間隔に離隔するように結合されて形成される空間である。そして、前記側面流入口190は、前記ドア100を冷却させるための外気の流入口となる。上記のように側面流入口190が形成されることによって、前記ドア100に対した側面からの冷却が可能になる。したがって、前記側面流入口190が形成されることによって、ドア100の側面と下面を通じた二重冷却が可能になって、ドア100の冷却効率が増加するという効果がある。

0035

図4は、本発明に係るドアフレームの分解斜視図である。

0036

図4に示すように、本発明に係るドアフレームには、ドアパネル180の側面を支持する側面フレーム200と、前記側面フレームの上側に結合される上側フレーム170と、前記側面フレーム200と上側フレーム170とを連結するモールドフレーム120、130、150、160が備えられる。そして、前記モールドフレーム120、130、150、160は、前記側面フレーム200の各末端部に結合されて、前記ドアパネル180の各隅部を支持する。

0037

詳細に、前記側面フレーム200と、前記上側フレーム170及び前記モールドフレーム120、130、150、160には、それぞれ対応する結合部が形成される。

0038

さらに詳細に説明すると、前記側面フレーム200の両端部には、所定長さで突出する結合突起201、202がそれぞれ形成される。そして、前記上側フレーム170の下端部には、所定長さで突出する結合突起171が形成される。

0039

また、前記モールドフレーム120、130には、前記結合突起201、202、171が結合される結合溝121、131が形成される。したがって、前記結合溝121、131に前記結合突起201、202、171が挿入されることによって、前記モールドフレーム120、130を中心に前記側面フレーム200と前記上側フレーム170とが有機的に結合される。

0040

また、上記のような結合構造によると、前記モールドフレーム120、130から前記側面フレーム200が容易に着脱できる。すなわち、前記側面フレーム200は、ドアパネル180のうちの一部パネルが結合された状態で、前記ドア100に装着されるか、又は前記ドア100から分離可能になる。したがって、前記側面フレーム200の分離により、ドアパネル180のうちの一部パネルが共に着脱することができる。このような結合構造により、前記ドア100の内部に対する接近性が向上するため、前記ドア100の掃除を手軽に行うことができる。

0041

図5は、本発明に係るドアフレームを構成する側面フレームの斜視図であり、図6は、図5に示すI−I´線の断面図である。

0042

図5及び図6に示すように、前記側面フレーム200には、第1ドアパネル181〜第4ドアパネル184の設置のための支持部210と、末端固定部220、中間固定部230及び熱伝逹のための放熱部250が形成される。

0043

詳細に、前記側面フレーム200の一方には、支持部210が形成される。前記支持部210は、所定間隔離隔する外側支持部211及び内側支持部212からなる。そして、前記外側支持部211及び前記内側支持部212には、第1ドアパネル181が固着される。

0044

前記内側支持部212、外側支持部211及び前記第1ドアパネル181の間には、空気収容ホール213が形成される。前記空気収容ホール213は、外部に対して密閉された空間になる。詳細に、前記空気収容ホール213が形成されることによって、前記キャビティ3と直接接触されて熱が伝達される第1ドアパネル181と、前記側面フレーム200との間の接触面積が減少する。そして、前記空気収容ホール213の内部の空気は、前記キャビティ3から伝達される熱の伝達を遮断する断熱層の機能を行う。したがって、前記キャビティ3から前記側面フレーム200に伝達される熱量が減少され得る。したがって、前記側面フレーム200が前記キャビティ3から伝達される熱により加熱される現象が減少するという効果がある。

0045

また、前記側面フレーム200の両端部には、末端固定部220が形成される。詳細に、前記末端固定部220には、第1固定部221と、第2固定部222と、第3固定部223、及び前記第3固定部223の末端から折り曲げられて前記左下モールドフレーム130または左下モールドフレーム120に固定されるフレーム固定部224が備えられる。そして、前記第1固定部221、第2固定部221及び第3固定部223は、所定長さに突出し、特に、前記第1固定部221は、前記側面フレーム200の一端かた他端にわたって長く形成される。そして、前記第1固定部221と第2固定部222との間には、前記第2ドアパネル182の端部が挿入される第2パネル収容溝226が形成される。そして、前記第2固定部222と第3固定部223との間には、前記第3ドアパネル183の端部が挿入される第3パネル収容溝225が形成される。したがって、前記第2ドアパネル182と第3ドアパネル183の端部は、前記固定部220により側面フレーム200に固定される。

0046

一方、前記側面フレーム200には、複数の中間固定部230が所定間隔に配列される。すなわち、前記側面フレーム200の両端部に形成された末端固定部220の間に、複数の中間固定部230がさらに形成される。そして、図6の状態で、前記第2ドアパネル182の中間部分は、前記中間固定部230の上部面及び前記第1固定部221により支持される。

0047

また、前記第3ドアパネル183の中間部分は、前記中間固定部230により支持される。詳細に、前記中間固定部230には、図面上において上側に形成される上端突起233、前記上端突起233の下側に形成される下端突起231、及び前記上端突起233と下端突起231との間に形成される固着部232が備えられる。

0048

上記のような中間固定部230により、前記第3ドアパネル183の安定した支持が確保される。

0049

また、前記側面フレーム200には、放熱部250が形成されて、前記側面フレーム200に伝達される熱を迅速に放熱させる。

0050

詳細に、前記放熱部250には、前記左下モールド部130または左上モールド部120に固定されるフレーム固定部251と、前記フレーム固定部251の端部から折り曲げられる第1折り曲げ部252と、前記第1折り曲げ部252と交差する方向に伸びる連結部253と、前記連結部253のいずれかの地点から交差する方向に伸びる第2折り曲げ部252と、前記第2折り曲げ部254上に所定曲率湾曲された状態で伸びる湾曲リブ255とが備えられる。

0051

さらに詳細に、前記連結部253は、前記第1折り曲げ部252と第2折り曲げ部254とが連結する地点から、図面上において上側及び下側へさらに突出するように形成される。そして、前記湾曲リブ255は、所定の曲率からなる開口した円状のリブが前記側面フレーム200の一端から他端に至る長さで伸びる。そして、前記放熱部250のフレーム固定部251と前記末端固定部220のフレーム固定部とは、所定間隔離隔するように形成され、前記左下モールド部130または左上モールド部120に固定される。

0052

また、前記放熱部250の内部には、中空部240が形成されて、外気が流入する。そして、流入した外気により、前記側面フレーム200が冷却される。すなわち、前記フレーム固定部251、第1折り曲げ部252、前記連結部253、第2折り曲げ部254、及び前記湾曲リブ255は、前記キャビティ13から伝達される熱を外部に迅速に放出する放熱フィンの機能を行うようになる。

0053

図7は、図5のII−II´線の断面図であり、図8は、本発明に係るドアで側面フレームを通じて行われる空気の流れを示す図である。

0054

図7及び図8に示すように、側面フレーム200での空気の流れを説明する。

0055

まず、側面ケース13及び前面ケース12と、前記第4ドアパネル184との間に形成される空間を介して外気が流入する。流入した空気は、前記側面流入口190を介してドアパネル180の内部に流入する。詳細に、前記ドアパネル180側に流入する外気の一部は、前記第4ドアパネル184と第3ドアパネル183との間の空間に沿って流れる。そして、流入する空気の一部は、前記第2ドアパネル182と前記第3ドアパネル183との間の空間に沿って流動する。また、流入する外気のうち、さらに他の一部は、前記中空部240に流入して、前記放熱部250と接触される。そして、前記放熱部250と接触する外気は、前記側面フレーム200に伝達された熱を吸収して、前記側面フレーム200を冷却させる。

0056

上記のような空気の流動により、前記第2ドアパネル182、前記第3ドアパネル183及び前記第4ドアパネル184の間の離隔空間を介して外気が直接流入するため、前記側面フレーム200及び前記ドアパネルに対する冷却効率が改善されることができる。

0057

また、上記のような流動過程中に外気の一部は、前記放熱部250によって形成される中空部240に流入し、前記放熱部250と熱交換を行う。すなわち、前記放熱部250を構成する部分が、それぞれ放熱フィンとして機能する。

0058

また、前記放熱部250を構成する折り曲げ部252、254、連結部253、及び湾曲リブ255が、フィン形状からなり、このようなフィン形状の構造によって、外気との接触面積が広くなって、冷却効率が増加するという効果がある。

図面の簡単な説明

0059

本発明に係るオーブンを示す斜視図である。
本発明に係るオーブンのドアの背面斜視図である。
本発明に係るドアの側面図である。
本発明に係るドアフレームの分解斜視図である。
本発明に係るドアフレームを構成する側面フレームの斜視図である。
図5に示すI−I´線断面図である。
図5のII−II´線断面図である。
本発明に係るドアで側面フレームを介して行われる空気の流れを示す図である。

符号の説明

0060

1オーブン
3キャビティ
4対流ファン
5二重底部
6ラックガイド
7 ラック
8クックトップ
100ドア
120、130、150、160モールドフレーム
180ドアパネル
190 側面流入口
191 ドア冷却流路
200側面フレーム
210 支持部
220末端固定部
230中間固定部
250放熱部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社パロマの「 ビルトインコンロ」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】キッチンカウンターに形成されたカウンター孔に一部が挿入された状態で設置されるビルトインコンロにおいて、トッププレートから零れた煮汁等の液体がカウンター孔側に入り込むことをより確実に防止し得る構... 詳細

  • 株式会社大神の「 加熱撹拌調理システム」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】食材を段階的に加熱しながら撹拌して調理を行うといった複雑な調理を容易に行わせることができる加熱撹拌調理システムを提供すること。【解決手段】本発明では、加熱撹拌調理システム(1)において、中空状... 詳細

  • 日立グローバルライフソリューションズ株式会社の「 加熱調理器及びその製造方法」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】前枠体と後枠体の外形を1軸方向への曲げ加工のみで成形し、成形不良が低減し、生産効率が上昇する加熱調理器を提供する。【解決手段】本体2と、本体2の上面に設けられた、被加熱物を載置するプレート3と... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ