図面 (/)

技術 キノコの培地及びキノコの栽培方法

出願人 鳥取県一般財団法人日本きのこセンター
発明者 村上重幸福政幸隆
出願日 2005年12月2日 (13年8ヶ月経過) 出願番号 2005-349509
公開日 2007年6月21日 (12年1ヶ月経過) 公開番号 2007-151444
状態 特許登録済
技術分野 きのこの栽培
主要キーワード 物理的性 栄養材 乾燥ビール粕 腐生性 菌糸生育 スギ材 オガコ 乾燥オカラ
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2007年6月21日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (2)

課題

キノコ、特に、ハタケシメジ人工栽培に適した培地を提供する。

解決手段

針葉樹オガクズそのもの100重量部に対し、少なくとも、オカラを10重量部以上30重量部以下と、マイロを10重量部以上30重量部以下とを配合した。

概要

背景

ハタケシメジ〔学名リオフィラムデカステス(Lyophyllum decastes)〕は、キシメジシメジ属キノコであり、からにかけて、人家及び林地その他の場所に広く発生するキノコで、形は、ホンシメジに良く似ており、また、味が非常に良く、肉質が、ホンシメジより固く、歯切れが良いという食感があるので、好んで食用とされている。

のみならず、ハタケシメジは、β−グルカン等の多糖類を多く含んでおり、また、アルギニンや、ビタミンや、ミネラルアガリクスサルノコシカケなどのキノコ以上に含んでおり、抗腫瘍効果や、血圧降下作用や、コレステロールを低減する等の効果が認められており、単に食用のみではなく、優れた健康食品特定保健食品機能性食品)として、また、医薬品の原料として期待されている。

しかしながら、ハタケシメジは、腐生性菌のために、一般の原木利用の栽培は困難である、という問題がある。

このような問題を解決する技術として、例えば、オカラを添加した適合性腐植性基材(例えば、腐葉土)を培地として用いたり、不適合腐植性基材(例えば、腐葉土と、鋸屑スギ材)と、米糠との混合物)であっても、これに、オカラを添加したものを培地として用いたりした、ハタケシメジの人工栽培方法や、バーク堆肥と、籾殻と、米糠とを配合したものを培地として用いるハタケシメジの人工栽培方法や、腐植性基材に、乾燥ビール粕と、米糠とを配合したものを培地として用いるハタケシメジの人工栽培方法等が、既に、提案されている。
特開2002−70号公報
特開平11−243774号公報
特開平9−308373号公報
特開平1−117724号公報

概要

キノコ、特に、ハタケシメジの人工栽培に適した培地を提供する。針葉樹オガクズそのもの100重量部に対し、少なくとも、オカラを10重量部以上30重量部以下と、マイロを10重量部以上30重量部以下とを配合した。

目的

一方、針葉樹(例えば、スギ等)は、建築部材家具等として幅広く用いられており、建築部材や家具等を製造する際等に発生する、針葉樹のオガクズをそのまま有効利用するような技術が望まれている。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

キノコ栽培する培地であって、針葉樹オガクズそのもの100重量部に対し、少なくとも、オカラを10重量部以上30重量部以下と、マイロを10重量部以上30重量部以下とを配合した、キノコの培地。

請求項2

前記キノコが、ハタケシメジである、請求項1に記載のキノコの培地。

請求項3

請求項1又は請求項2に記載のキノコの培地に、キノコの菌株接種し、キノコを栽培する、キノコの栽培方法

請求項4

前記キノコが、ハタケシメジである、請求項3に記載のキノコの栽培方法。

技術分野

0001

本発明は、キノコ培地及びキノコの栽培方法に関し、特に、人工栽培が難しいとされる、ハタケシメジであっても人工栽培することが可能なキノコの培地、及び、そのような培地を用いたキノコの栽培方法に関する。

背景技術

0002

ハタケシメジ〔学名リオフィラムデカステス(Lyophyllum decastes)〕は、キシメジシメジ属のキノコであり、からにかけて、人家及び林地その他の場所に広く発生するキノコで、形は、ホンシメジに良く似ており、また、味が非常に良く、肉質が、ホンシメジより固く、歯切れが良いという食感があるので、好んで食用とされている。

0003

のみならず、ハタケシメジは、β−グルカン等の多糖類を多く含んでおり、また、アルギニンや、ビタミンや、ミネラルアガリクスサルノコシカケなどのキノコ以上に含んでおり、抗腫瘍効果や、血圧降下作用や、コレステロールを低減する等の効果が認められており、単に食用のみではなく、優れた健康食品特定保健食品機能性食品)として、また、医薬品の原料として期待されている。

0004

しかしながら、ハタケシメジは、腐生性菌のために、一般の原木利用の栽培は困難である、という問題がある。

0005

このような問題を解決する技術として、例えば、オカラを添加した適合性腐植性基材(例えば、腐葉土)を培地として用いたり、不適合腐植性基材(例えば、腐葉土と、鋸屑スギ材)と、米糠との混合物)であっても、これに、オカラを添加したものを培地として用いたりした、ハタケシメジの人工栽培方法や、バーク堆肥と、籾殻と、米糠とを配合したものを培地として用いるハタケシメジの人工栽培方法や、腐植性基材に、乾燥ビール粕と、米糠とを配合したものを培地として用いるハタケシメジの人工栽培方法等が、既に、提案されている。
特開2002−70号公報
特開平11−243774号公報
特開平9−308373号公報
特開平1−117724号公報

発明が解決しようとする課題

0006

上記した従来のハタケシメジの培地は、腐植性基材(例えば、腐葉土)、バーク堆肥を用いている。

0007

しかしながら、バーク堆肥は、粘性を有することから、培地調整が極めて困難になる、という問題がある。

0008

また、腐植性基材(例えば、腐葉土)は、比較的、高価であるという問題や、腐植性基材(例えば、腐葉土)の腐植の程度や配合割合商品によってまちまちであり、オカラを添加した場合であっても、用いる腐植性基材(例えば、腐葉土)によっては、ハタケシメジの栽培が上手くできない、という問題がある。

0009

また、腐植性基材の中には、広葉樹又は針葉樹オガクズが用いられている。

0010

しかしながら、針葉樹のオガクズを腐植性基材として用いる場合には、その中に含まれる抑制物質を除去するために長期に野晒しする必要があり、針葉樹のオガクズを腐植性基材として用いる場合には、時間がかかる、といった問題や、その中に含まれる抑制物質を除去するために長期に野晒しするための広大堆積場を必要とする、といった問題がある。

0011

一方、針葉樹(例えば、スギ等)は、建築部材家具等として幅広く用いられており、建築部材や家具等を製造する際等に発生する、針葉樹のオガクズをそのまま有効利用するような技術が望まれている。

0012

また、例えば、ハタケシメジの培地として、針葉樹中に含まれる抑制物質を除去することなく、そのまま、針葉樹のオガクズを使用することができれば、中に含まれる抑制物質を除去するために長期に野晒しする必要があり、針葉樹のオガクズを腐植性基材として用いる場合には、時間がかかる、といった問題や、その中に含まれる抑制物質を除去するために長期に野晒しするための広大な堆積場を必要とする、といった問題がなくなるということは、もちろんのこと、培地の品質を一定とすることができるので、従来のように、腐植性基材(例えば、腐葉土)の腐植の程度や配合割合が商品によってまちまちであり、オカラを添加した場合であっても、用いる腐植性基材(例えば、腐葉土)によっては、ハタケシメジの栽培が上手くできない、ということが生じないようにすることができる。

0013

本発明は、以上のような問題を解決するためになされたものであって、針葉樹中に含まれる抑制物質を除去することなく、そのまま、針葉樹のオガクズを使用した、ハタケシメジの人工培地、及び、このようなハタケシメジの人工培地を用いた、ハタケシメジの人工栽培方法を提供することにある。

課題を解決するための手段

0014

請求項1に記載のキノコの培地は、キノコを栽培する培地であって、針葉樹のオガクズ100重量部に対し、オカラを10重量部以上30重量部以下と、マイロを10重量部以上30重量部以下とを配合した。

0015

「針葉樹」としては、例えば、スギが好ましい。

0016

また、「針葉樹のオガクズ」は、その他の針葉樹を、野晒しにして、針葉樹に含まれる抑制物質を除去したものであっても良い。

0017

しかしながら、本発明の注目すべき点は、針葉樹(スギ)を、野晒しにして、針葉樹に含まれる抑制物質を除去していない、無野外堆積スギのオガクズ(スギオガコ)を用いた場合であっても、請求項1に記載のキノコの培地を使用すれば、ハタケシメジを人工栽培できる点にある。

0018

尚、針葉樹のオガクズとしては、0.5mm以上10mm以下のものを用いるのが好ましい。

0019

また、「オカラ」は、製造直後の湿ったものでもよいが、乾燥させたものを用いるのが好ましい。

0020

また、オカラとしては、0.25mm以上5mm以下のものを用いるのが好ましい。

0021

また、マイロは、ソルガムとも称される植物である。

0022

尚、マイロとしては、0.25mm以上1.5mm以下のものを用いるのが好ましい。

0023

また、キノコ、特に、ハタケシメジを栽培するに当たっては、温度を、22℃以上26℃以下の範囲
に、湿度を、60%以上70%以下の範囲に調整するのが、好ましい。

0024

更に、本発明の注目すべき点は、バーク肥料や、腐葉土等の腐植質基材を含まない、無野外堆積スギのオガクズ(スギオガコ)を主体として使用し、少なくとも、オカラとマイロとを組み合わせた材料を栄養材として添加すれば、ハタケシメジを人工栽培できる点にある。

0025

請求項2に記載のキノコの培地は、請求項1に記載のキノコの培地で栽培する、キノコが、ハタケシメジである。

0026

請求項3に記載のキノコの培地は、請求項1又は請求項2に記載のキノコの培地の、針葉樹のオガクズが、その中に含まれる抑制物質を含んでいる。

0027

請求項4に記載のキノコの栽培方法は、請求項1〜3のいずれかに記載のキノコ用の培地に、キノコの菌株接種し、キノコを栽培する。

0028

請求項5に記載のキノコの栽培方法は、請求項4に記載のキノコの栽培方法を用いて栽培する、キノコが、ハタケシメジである。

発明の効果

0029

本発明に係るキノコの培地を用いれば、針葉樹のオガクズに、オカラと、マイロとを添加した結果、針葉樹のオガクズを、長期に野晒しにし、その中に含まれる、抑制物質を除去していない、キノコ、より特定的には、人工栽培が困難なハタケシメジであっても、人工栽培できる。

0030

また、ハタケシメジを栽培する際に、長期に野晒ししていない、針葉樹のオガクズそのものを用いることができるので、従来のように、比較的、高価な、腐植性基材(例えば、腐葉土)を用いる必要がなく、また、用いる腐植性基材(例えば、腐葉土)によっては、ハタケシメジの栽培が上手くできない、といった問題が生じない。

0031

また、本発明に係るキノコの培地では、無野外堆積スギのオガクズ(スギオガコ)を用いた場合であっても、請求項1に記載のキノコの培地を使用すれば、ハタケシメジを人工栽培できる点にある。

0032

また、本発明に係るキノコの栽培方法では、請求項1〜3のいずれかに記載のキノコの培地を用いているので、人工栽培が難しいとされる、ハタケシメジであっても、人工栽培できる。

発明を実施するための最良の形態

0033

以下、本発明に係るキノコの培地及びキノコの栽培方法の一例を、更に、詳しく説明する。

0034

まず、無野外堆積スギオガクズを用意した。

0035

次に、無野外堆積スギオガクズに添加する栄養材として、マイロ(「ソルガム」とも称される。以下、単に、「マイロ」という。)、米糠、オカラ及びグラベストを用意した。

0036

次に、無野外堆積スギオガクズにマイロを添加したもの(以下、「試料1」という。)、無野外堆積スギオガクズに米糠を添加したもの(以下、「試料2」という。)、無野外堆積スギオガクズにオカラを添加したもの(以下、「試料3」という。)、及び、無野外堆積スギオガクズにグラベストを添加したもの(以下、「試料4」という。)を用意した。

0037

無野外堆積スギオガクズと、栄養材(マイロ、米糠、オカラ及びグラベスト)との配合割合は、容量比で、無野外堆積スギオガクズ4に対し、栄養材(マイロ、米糠、オカラ及びグラベスト)を1の割合にした。

0038

次に、以上のようにして準備した、試料1、試料2、試料3及び試料4の各々に、ハタケシメジの菌株を接種し、22℃、湿度65%で、20日間、ハタケシメジの菌糸伸長を観察し、各培地の膨潤性(65%湿潤時容積風乾時容積)を調べた。

0039

結果を、図1及び表1に示す。

0040

図1は、試料1、試料2、試料3及び試料4の各々に、ハタケシメジの菌株を接種し、22℃、湿度65%で、20日間、ハタケシメジの菌糸伸長状態を示す写真である。

0041

図1中、(a)は、試料1にハタケシメジの菌株を接種し、22℃、湿度65%で、20日間、ハタケシメジの菌糸伸長状態を示す写真であり、(b)は、試料1にハタケシメジの菌株を接種し、22℃、湿度65%で、20日間、ハタケシメジの菌糸伸長状態を示す写真であり、(c)は、試料3にハタケシメジの菌株を接種し、22℃、湿度65%で、20日間、ハタケシメジの菌糸伸長状態を示す写真であり、又、(d)は、試料4にハタケシメジの菌株を接種し、22℃、湿度65%で、20日間、ハタケシメジの菌糸伸長状態を示す写真である、

0042

0043

図1及び表1の結果から、試料1及び試料3には、ハタケシメジの菌糸伸長に対する促進効果があることが判った。

0044

一方、試料4は、高い膨潤性を示したが、菌糸伸長に対する促進効果は、殆ど、認められなかった。

0045

また、試料1は、膨潤性は低いが、試料3と同等の菌糸伸長を示した。

0046

以上の結果から、ハタケシメジの菌糸伸長に対する促進効果は、培地の物理的性質の違いと言うよりも、マイロと乾燥オカラに、無野外堆積スギオガクズに含まれる阻害物質緩和する作用があるものと思われた。

0047

次に、無野外堆積スギオガクズに、マイロとオカラとを添加したもの(以下、「試料a」という。)、無野外堆積スギオガクズに、マイロとグラベストとを添加したもの(以下、「試料b」という。)、無野外堆積スギオガクズに、米糠とオカラとを添加したもの(以下、「試料c」という。)、無野外堆積スギオガクズに、グラベストと米糠とを添加したもの(以下、「試料d」という。)、無野外堆積スギオガクズに、オカラとフスマとを添加したもの(以下、「試料e」という。)、無野外堆積スギオガクズに、フスマとグラベストとを添加したもの(以下、「試料f」という。)、無野外堆積スギオガクズに、フスマと米糠とを添加したもの(以下、「試料g」という。)、無野外堆積スギオガクズに、フスマとマイロとを添加したもの(以下、「試料h」という。)、及び、無野外堆積スギオガクズに、グラベストとオカラとを添加したもの(以下、「試料i」という。)を用意した(尚、試料a〜試料iの各々の無野外堆積スギオガクズに対する各栄養材の配合割合(容量比)については、表2を参照。)。

0048

次に、試料a〜試料iの各々について、ハタケシメジ2菌株(菌株番号:「30917」及び「30940」)の各々を接種し、22℃、湿度65%で、15日間、ハタケシメジの菌糸伸長状態(mm)を観察した。

0049

結果を表2に示す。

0050

0051

表2から明らかなように、試料a、即ち、無野外堆積スギオガクズに、栄養材として、マイロとオカラとを添加したものが、ハタケシメジの菌糸伸長が、一番高く、次いで、無野外堆積スギオガクズに、栄養材として、マイロを添加したもの(試料b及び試料hを参照。)、又は、無野外堆積スギオガクズに、栄養材として、オカラを添加したもの(試料c及び試料eを参照。)が良好であった。

0052

次に、ハタケシメジの菌種と、各種培地上における菌株別の菌糸伸長(生育度)の違いを調査した。

0053

まず、比較例として、麦芽エキス寒天培地を用意した(以下、「比較例」という)。

0054

また、ブナオガクズに、オカラと米糠とを添加したもの(以下、「試料イ」という。)、無野外堆積スギオガクズに、オカラと米糠とを添加したもの(以下、「試料ロ」という。)、無野外堆積スギオガクズに、オカラとマイロとを添加したもの(以下、「試料ハ」という。)、無野外堆積スギオガクズに、ブナオガクズと米糠とを添加したもの(以下、「試料ニ」という。)を用意した(尚、試料イ〜試料ニの各々の配合割合(容量比)については、表3を参照。)。

0055

次に、試料イ〜試料ニの各々について、ハタケシメジ5菌株(菌株番号:「30330」、「30503」、「30917」、「30940」及び「EN98202」)の各々を接種し、比較例については、25℃、湿度65%で、7日間、ハタケシメジの菌糸伸長状態(mm)を観察し、また、試料イ〜試料ニの各々については、22℃、湿度65%で、7日間、ハタケシメジの菌糸伸長状態(mm)を観察した。

0056

結果を表3に示す。

0057

0058

表3の結果から、同じ培地を用いても、菌株によって、菌糸生育速度の違いが見られる、ということが明らかになった。

0059

しかしながら、表3の結果から、菌株の種類の如何を問わず、全体的には、試料ハの、無野外堆積スギオガクズに、栄養材として、オカラとマイロとを添加した培地が、ハタケシメジの菌糸が、良好な生育を示している、ということが、明らかになった。

0060

次に、栽培瓶(容量:800cc)を用いて、試料イ〜試料ニの各々について、次の5菌株、即ち、菌種番号:「30503」、「30917」、「30940」、「EN98202」及び「31460」の各々の培地における培養形質菌糸蔓延日数、収量等)を調査した。

0061

結果を、表4に示す。

0062

0063

表4の結果から、菌株の如何を問わず、全体的には、試料ハの、無野外堆積スギオガクズに、栄養材として、オカラとマイロとを添加した培地を用いた場合に、ハタケシメジの栽培期間の短縮化や、収量性の増大が見込まれる、ということが判った。

0064

また、針葉樹のオガクズ100重量部に対する、オカラの配合量及びマイロの配合量を、種々、変えて同様の試験を行った所、針葉樹のオガクズ100重量部に対し、オカラを10重量部以上30重量部以下と、マイロを10重量部以上30重量部以下とを配合した場合、ハタケシメジの菌糸伸長状態(mm)が良いことが、判った。尚、針葉樹のオガクズ100重量部に対し、オカラを10重量部以上30重量部以下と、マイロを10重量部以上20重量部以下とを配合した場合、ハタケシメジの菌糸伸長状態(mm)がより良いことが、判った。

0065

また、針葉樹としては、例えば、スギが好ましく、針葉樹のオガクズは、いわゆる、腐植性基材や不適合性腐植性基材の、杉を、野晒しにして、針葉樹に含まれる抑制物質を除去したものであっても良い。

0066

しかしながら、本発明の注目すべき点は、針葉樹(スギ)を、野晒しにして、針葉樹に含まれる抑制物質を除去していない、無野外堆積スギのオガクズ(スギオガコ)を用いた場合であっても、請求項1に記載のキノコの培地を使用すれば、ハタケシメジを人工栽培できた点にある。

0067

また、実験の結果、針葉樹(スギ)のオガクズとしては、例えば、0.5mm以上10mm以下のものを用いるのが好ましいことも判った。

0068

また、「オカラ」は、製造直後の湿ったものでもよいが、乾燥させたものを用いるのが好ましいことも判った。

0069

また、オカラとしては、例えば、0.25mm以上5mm以下のものを用いるのが好ましいことが判った。

0070

また、マイロとしては、例えば、0.25mm以上1.5mm以下のものを用いるのが好ましいことが判った。

0071

また、キノコ、特に、ハタケシメジを人工栽培するに当たっては、温度を、22℃以上26℃以下の範囲に、湿度を、60%以上70%以下の範囲に調整するのが、好ましいことが判った。

0072

尚、以上の発明を実施するための最良の形態において説明したものは、単なる例示であって、本発明は、上記の発明を実施するための最良の形態に限定されることはない。

0073

本発明に係るキノコの培地は、キノコ、特に、栽培が難しいとされている、ハタケシメジの栽培に好適であり、また、本発明に係るキノコの培地方法は、特に、人工栽培が難しいとされる、ハタケシメジの栽培方法として用いれば、ハタケシメジの栽培期間の短縮化や、収量性の増大が見込まれるので、産業上の利用可能性が高い。

図面の簡単な説明

0074

試料1、試料2、試料3及び試料4の各々に、ハタケシメジの菌株を接種し、22℃、湿度65%で、20日間、ハタケシメジの菌糸伸長状態を示す写真である。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 有限会社プレステックスの「 大豆培地での霊芝菌糸体培養方法と大豆を含む霊芝菌糸体健康食品」が 公開されました。( 2019/04/04)

    【課題】 大豆を培地とした霊芝菌糸体培養方法と、その方法で培養された霊芝菌糸体及び培養後の大豆培地を使用した健康食品を提供する。【解決手段】 本発明の霊芝菌糸体培養方法は、液体に浸漬した大豆培地を... 詳細

  • 株式会社中村製作所の「 培地充填袋の封止折曲げ装置」が 公開されました。( 2019/03/28)

    【課題】培地充填袋の袋開口部を簡易な構成で迅速に封止すると共に一様に折り曲げた嵩張らない状態で後工程に迅速に受け渡すことが可能な培地充填袋の封止折曲げ装置を提供する。【解決手段】袋開閉部5は一対の挿入... 詳細

  • 深山農園株式会社の「 しいたけの発生方法」が 公開されました。( 2019/02/28)

    【課題】 しいたけの発生過程において、新規なる発芽処理を与えることで、きのこの収量及び一個重が大となる発生方法に関する。【解決手段】 本発明しいたけの発生方法は、しいたけ菌を接種し菌糸蔓延で培地を... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ