図面 (/)

技術 現場作業用フェイスガード。

出願人 横島慎司
発明者 横島慎司
出願日 2006年12月19日 (10年10ヶ月経過) 出願番号 2006-340770
公開日 2007年5月31日 (10年4ヶ月経過) 公開番号 2007-131997
状態 拒絶査定
技術分野 ヘルメット、外
主要キーワード 作業用ヘルメット フェイスガード 耳あて 飛来物 現場作業 マジックテープ ヘルメット 後頭部

この技術の活用可能性のある市場・分野

関連する未来課題
重要な関連分野

この技術に関連する成長市場

関連メディア astavision

  • がん医療

    国立がん研究センターの統計予測は、2015年の国内全がん罹患者数を982,100人、同死亡数を370…

  • 生体情報デバイス・バイオセンサ

    「音楽を学習した人工知能は、人間を感動させることができるか?」をテーマに、クラブイベント「2045」…

  • CCS(CO2の分離・回収、地下・海底貯留)

    CCS(Carbon dioxide Capture and Storage:二酸化炭素回収・貯蔵技…

後で読みたい技術情報を見つけたら、ブックマークしておきましょう!

ページの右上にあるブックマークボタンからこのページをブックマークできます。
あなたがブックマークした技術情報は、いつでもマイページのリストから閲覧することが出来ます。

この項目の情報は公開日時点(2007年5月31日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (4)

課題

現場作業時の、顔の防護保湿を可能とする。

解決手段

作業用ヘルメット6の後頭部バンド7にフェイスガード1を、マジックテープ登録商標)4とマジックテープ(登録商標)5で包むように装着することで、フェイスガードを作業用ヘルメットへ容易に装着でき、作業用ヘルメットを着脱する際の妨げにならず、顔の防護や保湿ができる。又、マジックテープ(登録商標)2とマジックテープ(登録商標)3を着脱することで、顔前面部の開閉が容易にできる。

背景

従来のマスク耳あてでは顔の防護が出来ず、タオルマフラーでは防護は出来るが、ヘルメット着脱する際、手間が掛かり不便である。

概要

現場作業時の、顔の防護や保湿を可能とする。作業用ヘルメット6の後頭部バンド7にフェイスガード1を、マジックテープ登録商標)4とマジックテープ(登録商標)5で包むように装着することで、フェイスガードを作業用ヘルメットへ容易に装着でき、作業用ヘルメットを着脱する際の妨げにならず、顔の防護や保湿ができる。又、マジックテープ(登録商標)2とマジックテープ(登録商標)3を着脱することで、顔前面部の開閉が容易にできる。2

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

請求項2

顔の前面部をマジックテープ(登録商標)で止め、簡単に顔を覆うことの出来る現場作業用フェイスガード。

技術分野

0001

本発明は、作業用ヘルメットへの装着が容易で、顔の防護が出来る現場作業用フェイスガードに関するものである。

背景技術

0002

従来のマスク耳あてでは顔の防護が出来ず、タオルマフラーでは防護は出来るが、ヘルメット着脱する際、手間が掛かり不便である。

発明が解決しようとする課題

0003

従来のヘルメットは、顔部分露出しているため、飛来物針金などにより顔を負傷することが多く、冬場作業では一日中外にいる為顔部分が乾燥し、の下やの下が切れてしまい困っていた。

課題を解決するための手段

0004

本発明は、作業用ヘルメットに予め、布製の現場作業用フェイスガードを装着しておき、ヘルメットをかぶった後に現場作業用フェイスガードの左右を、顔の前面部でとめることで、目から下の顔を覆うことが出来る。それを図面で説明すると、作業用ヘルメット6の後頭部バンド7に現場作業用フェイスガード1を、マジックテープ登録商標)4とマジックテープ(登録商標)5で包むように装着し、マジックテープ(登録商標)2とマジックテープ(登録商標)3の着脱により、顔の前面部で開閉を可能にしたものである。

発明の効果

0005

このようにすれば、現場作業用フェイスガードを作業用ヘルメットへ容易に装着でき、作業用ヘルメットを着脱する際の妨げにならず、顔の防護や保湿が可能になる。

発明を実施するための最良の形態

0006

従来の作業用ヘルメットは、顔の防護や保湿が出来ず、冬場の作業時にはタオルを代用し防護や保湿を行っていた。本発明では、作業用ヘルメット6の後頭部バンド7にフェイスガード1を、マジックテープ(登録商標)4とマジックテープ(登録商標)5で簡単に装着でき、タオルを使用する時の煩わしさを解消した。又、マジックテープ(登録商標)2とマジックテープ(登録商標)3の着脱により、顔の前面部で開閉を可能にし、食事喫煙が手軽に出来るようにしたものである。

図面の簡単な説明

0007

現場作業用フェイスガードの展開図である。
現場作業用フェイスガードを作業用ヘルメットに装着した図である。
現場作業用フェイスガードを装着した作業用ヘルメットを着用した図である。

符号の説明

0008

1現場作業用フェイスガード
2マジックテープ(登録商標)
3 マジックテープ(登録商標)
4 マジックテープ(登録商標)
5 マジックテープ(登録商標)
6作業用ヘルメット
7後頭部バンド

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する未来の課題

ページトップへ

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • ワクチンと自然免疫制御

    2009年6月、世界保健機関(WHO)は、新型インフルエンザA(N1H1)のパンデミック(pande…

  • IoT/M2M (InternetOfThings / MachinetoMachine)

    「Software-Defined Car(ソフトウェアで定義されるクルマ)」。そう呼ばれる米国Te…

  • 地下大空間・地下構造物

    周口店洞窟の北京原人、ラスコーやアルタミラの壁画洞窟に象徴されるように、人類は太古から地下空間を生活…

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

( 分野番号表示ON )※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

新着 最近公開された関連が強い技術

  • 株式会社谷沢製作所の「安全帽用ハンモック」が公開されました。(2017/08/03)

    【課題】衝撃吸収ライナを取り除いた場合に、産業用安全帽として十分な衝撃吸収能力を簡易かつ確実に担保することができる安全帽用ハンモックを提供する。【解決手段】前頭部を挟む一対の前方分割脚部71A,72A ... 詳細

  • 黒川博史の「帽子」が公開されました。(2017/07/20)

    【課題】衝撃を分散することにより、衝撃を効果的に吸収する帽子を提供する。【解決手段】使用者の頭部の周囲に沿って形成され、後方に両端部が位置するサイドチューブ2と、サイドチューブ2の前側部に連通し、頭部 ... 詳細

  • レイザースポルトナムローゼフェンノートシャップの「位置フィードバックを提供するヘルメット」が公開されました。(2017/07/20)

    【課題・解決手段】乗車中に乗り手の頭部位置を最適化するためのシステムであって、該システムは、ヘッドウェア(1)であって、−方向X及び重力場によって定義される平面における乗り手の頭部の傾斜I1に対応する ... 詳細

この技術と関連性が強い人物

この技術と関連する未来の課題

関連する未来の課題一覧

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ