図面 (/)

技術 間接的GPS情報通知方法及びそのシステム

出願人 日本電気株式会社
発明者 中島健智
出願日 2005年11月7日 (13年11ヶ月経過) 出願番号 2005-322749
公開日 2007年5月24日 (12年4ヶ月経過) 公開番号 2007-129666
状態 拒絶査定
技術分野 電子時計 無線による位置決定 デジタル伝送方式における同期 移動無線通信システム 電気機械時計
主要キーワード 内臓時計 固定情報端末 入出力方式 搭載携帯電話機 DATAメッセージ 時計時刻 無線LAN端末装置 返送要求
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2007年5月24日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (4)

課題

GPS非搭載携帯電話機等の時刻補正等の有利性を図る。

解決手段

GPS非搭載携帯電話機20をネットワーク30に接続する。GPS非搭載携帯電話機20からネットワークへGPS情報返送要求を送信する。ネットワーク30は、GPS情報返送要求をGPSレファレンスレシーバ40へ転送する。GPSレファレンスレシーバ40は、GPS情報をネットワーク30へ返送する。ネットワーク30は、GPS情報をGPS非搭載携帯電話機20へ転送する。GPS非搭載携帯電話機20は、転送されて来たGPS情報に基づいて自己内臓される時計時刻補正する

概要

背景

携帯電話機装備内臓時計を、時計の代わりに用いるユーザが増え、その時刻補正機能の装備も要望されており、現にGPS搭載携帯電話機も知られるに至っている。
また、GPS非搭載携帯電話機でも、自己の時計の時刻補正にGPS時間を活用しようとする技術も提案されている。例えば、特許文献1である。

特許文献1は、GPS受信機能を有する無線LAN端末装置を、無線LANアクセスポイントを介して、GPS受信機能を有しない無線LAN端末装置に接続する時刻整合システムを開示している。この時刻整合システムにおいては、GPS受信機能を有する無線LAN端末装置でGPS時刻補正し、そして無線LANアクセスポイントにおいて中継補正をしてその補正後の時刻でGPS受信機能を有しない無線LAN端末装置の時計時刻を補正するようにしている。

また、無線電話での同期を取るのにGPS時刻を利用する技術が、特許文献2に記載されている。この技術は、GPS時刻のビット情報を検出して現在時刻更新し、更新された時刻を基準として同期信号を生成することによりチャネル干渉制御信号干渉を除こうとするものである。

また、特許文献3には、NTP(Network Time Protcol)サーバから時刻情報を得て携帯電話機の内臓時計の時刻を補正する技術が開示されている。また、特許文献4には、GPSアンテナを搭載した携帯電話等の位置情報を定期的にサーバの地図情報内の任意の範囲で登録して置き、その登録をした携帯電話等がその範囲内に入ったとき上記登録をした携帯電話等の位置を知りたい者がリアルタイムで知ることができるようにした技術が開示されている。
特開2004−177311号公報
特開平06−314997号公報
特開2003−315478号公報
特開2004−127229号公報

概要

GPS非搭載携帯電話機等の時刻補正等の有利性をる。GPS非搭載携帯電話機20をネットワーク30に接続する。GPS非搭載携帯電話機20からネットワークへGPS情報返送要求を送信する。ネットワーク30は、GPS情報返送要求をGPSレファレンスレシーバ40へ転送する。GPSレファレンスレシーバ40は、GPS情報をネットワーク30へ返送する。ネットワーク30は、GPS情報をGPS非搭載携帯電話機20へ転送する。GPS非搭載携帯電話機20は、転送されて来たGPS情報に基づいて自己に内臓される時計の時刻を補正する

目的

この発明は、上述の事情に鑑みてなされたもので、ネットワークを介してGPS情報受信装置から得られるGPS情報を情報端末装置の時刻等の補正に利用する間接的GPS情報通知方法及びそのシステムを提供することを目的としている。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

GPS衛星GPS情報間接的に情報端末装置通知する間接的GPS情報通知方法であって、前記GPS情報を中継装置で受信し、前記情報端末装置からGPS情報取得要求を前記中継装置へ送信し、前記GPS情報取得要求を受信した前記中継装置から前記GPS情報を前記情報端末装置へ通知することを特徴とする間接的GPS情報通知方法。

請求項2

前記中継装置は、前記GPS衛星から送信される前記GPS情報を受信するGPS情報受信装置と、該GPS情報受信装置と前記情報端末装置とを結ぶネットワークとからなることを特徴とする請求項1記載の間接的GPS情報通知方法。

請求項3

前記GPS情報受信装置は、GPSレファレンスレシーバであることを特徴とする請求項2記載の間接的GPS情報通知方法。

請求項4

前記GPS情報取得要求は、前記情報端末装置から前記ネットワークへ送信されるLCS−MOLRメッセージに挿入されることを特徴とする請求項2又は3記載の間接的GPS情報報知方法

請求項5

前記ネットワークから前記情報端末装置へ通知されるGPS情報は、前記情報端末装置と前記ネットワークとの間の無線入出力方式をW−CDMA方式とするとき、ASSISTANCDATA DELIVARYメッセージに挿入されることを特徴とする請求項2、3又は4記載の間接的GPS情報報知方法。

請求項6

前記ネットワークから前記情報端末装置へ通知されるGPS情報は、前記情報端末装置と前記ネットワークとの間の無線入出力方式をGSM方式とするとき、ASSISTANCEDATAメッセージに挿入されることを特徴とする請求項2、3又は4記載の間接的GPS情報報知方法。

請求項7

前記情報端末装置へ通知される前記GPS情報は、前記情報端末装置に装備される時計時刻補正に用いられることを特徴とする請求項1乃至6のいずれか一に記載の間接的GPS情報通知方法。

請求項8

前記情報端末装置へ通知される前記GPS情報は、前記情報端末装置に装備される位置情報出力手段の経時帯の補正に用いられることを特徴とする請求項1乃至6のいずれか一に記載の間接的GPS情報通知方法。

請求項9

前記情報端末装置は、GPS非搭載携帯情報端末装置であることを特徴とする請求項1乃至7記載の間接的GPS情報通知方法。

請求項10

GPS衛星のGPS情報を間接的に情報端末装置へ通知する間接的GPS情報通知システムであって、前記GPS情報を受信する中継装置と、前記情報端末装置に備えられ、GPS情報取得要求を前記中継装置へ送信する送信手段と、前記中継装置に備えられ、前記送信手段から受信した前記GPS情報取得要求対応の前記GPS情報を前記情報端末装置へ通知する通知手段とを備えることを特徴とする間接的GPS情報通知システム。

請求項11

前記中継装置は、前記GPS衛星から送信される前記GPS情報を受信するGPS情報受信装置と、該GPS情報受信装置と前記情報端末装置とを結ぶネットワークとからなることを特徴とする請求項9記載の間接的GPS情報通知システム。

請求項12

前記通知手段は、前記ネットワークであることを特徴とする請求項11記載の間接的GPS情報通知システム。

請求項13

前記GPS情報受信装置は、GPSレファレンスレシーバであることを特徴とする請求項12記載の間接的GPS情報通知システム。

請求項14

前記GPS情報取得要求は、前記情報端末装置から前記ネットワークへ送信されるLCS−MOLRメッセージに挿入されることを特徴とする請求項11、12又は13記載の間接的GPS情報報知システム

請求項15

前記ネットワークから前記情報端末装置へ通知されるGPS情報は、前記情報端末装置と前記ネットワークとの間の無線入出力方式をW−CDMA方式とするとき、ASSISTANCEDATA DELIVARYメッセージに挿入されることを特徴とする請求項11、12、13又は14記載の間接的GPS情報報知システム。

請求項16

前記ネットワークから前記情報端末装置へ通知されるGPS情報は、前記情報端末装置と前記ネットワークとの間の無線入出力方式をGSM方式とするとき、ASSISTANCEDATAメッセージに挿入されることを特徴とする請求項11、12、13又は14記載の間接的GPS情報報知システム。

請求項17

前記情報端末装置へ通知される前記GPS情報は、前記情報端末装置に装備される時計の時刻の補正に用いられることを特徴とする請求項10乃至16のいずれか一に記載の間接的GPS情報通知システム。

請求項18

前記情報端末装置へ通知される前記GPS情報は、前記情報端末装置に装備される位置情報出力手段の経時帯の補正に用いられることを特徴とする請求項10乃至16のいずれか一に記載の間接的GPS情報通知システム。

請求項19

前記情報端末装置は、GPS非搭載携帯情報端末装置であることを特徴とする請求項10乃至18記載の間接的GPS情報通知システム。

請求項20

前記送信手段は、前記GPS非搭載携帯情報端末装置の無線機であることを特徴とする請求項19記載の間接的GPS情報通知システム。

技術分野

0001

この発明は、間接GPS情報通知方法及びそのシステムに関し、詳しくは情報端末装置時刻等の補正にGPSレファレンスレシーバのGPS情報を活用する間接的GPS情報通知方法及びそのシステムに関する。

背景技術

0002

携帯電話機装備内臓時計を、時計の代わりに用いるユーザが増え、その時刻補正機能の装備も要望されており、現にGPS搭載携帯電話機も知られるに至っている。
また、GPS非搭載携帯電話機でも、自己の時計の時刻補正にGPS時間を活用しようとする技術も提案されている。例えば、特許文献1である。

0003

特許文献1は、GPS受信機能を有する無線LAN端末装置を、無線LANアクセスポイントを介して、GPS受信機能を有しない無線LAN端末装置に接続する時刻整合システムを開示している。この時刻整合システムにおいては、GPS受信機能を有する無線LAN端末装置でGPS時刻を補正し、そして無線LANアクセスポイントにおいて中継補正をしてその補正後の時刻でGPS受信機能を有しない無線LAN端末装置の時計時刻を補正するようにしている。

0004

また、無線電話での同期を取るのにGPS時刻を利用する技術が、特許文献2に記載されている。この技術は、GPS時刻のビット情報を検出して現在時刻更新し、更新された時刻を基準として同期信号を生成することによりチャネル干渉制御信号干渉を除こうとするものである。

0005

また、特許文献3には、NTP(Network Time Protcol)サーバから時刻情報を得て携帯電話機の内臓時計の時刻を補正する技術が開示されている。また、特許文献4には、GPSアンテナを搭載した携帯電話等の位置情報を定期的にサーバの地図情報内の任意の範囲で登録して置き、その登録をした携帯電話等がその範囲内に入ったとき上記登録をした携帯電話等の位置を知りたい者がリアルタイムで知ることができるようにした技術が開示されている。
特開2004−177311号公報
特開平06−314997号公報
特開2003−315478号公報
特開2004−127229号公報

発明が解決しようとする課題

0006

上述したGPS搭載携帯電話機によっても、その内臓時計の時刻補正を行うことはできるが、GPS情報受信手段を搭載していなければならない。また、GPS衛星補足が十分でない或いは完全にできない場合には、その機能が十分果たせないか不全となる。
また、特許文献1は、上述した2つの時刻補正をする技術的構成の中で、GPS時刻に基づく携帯電話機等の内臓時計の時刻補正をできるに過ぎない。

0007

また、特許文献2は、GPS時刻をタイミング上の同期を取るのに利用する技術的構成を示しており、GPS非搭載携帯電話機等の時刻補正をどのようにするかを示唆する技術的事項を見出せない。
また、特許文献3は、NTPサーバから得られる時刻情報によって携帯電話機等に内臓の時計の時刻補正を行える技術的構成が開示されるに留まり、また、特許文献4は、GPSアンテナを搭載した携帯電話機等の位置情報を定期的に登録されるサーバの地図情報内の任意の範囲に入ったとき、登録をした携帯電話機等の位置を知りたい者がリアルタイムで報知する技術的構成が開示されるに留まるから、上述したGPS搭載携帯電話機、特許文献1に記載の技術や特許文献2に記載の技術と同様の技術的課題がある。

0008

この発明は、上述の事情に鑑みてなされたもので、ネットワークを介してGPS情報受信装置から得られるGPS情報を情報端末装置の時刻等の補正に利用する間接的GPS情報通知方法及びそのシステムを提供することを目的としている。

課題を解決するための手段

0009

上記課題を解決するために、請求項1記載の発明は、GPS衛星のGPS情報を間接的に情報端末装置へ通知する間接的GPS情報通知方法に係り、上記GPS情報を中継装置で受信し、上記情報端末装置からGPS情報取得要求を上記中継装置へ送信し、上記GPS情報取得要求を受信した上記中継装置から上記GPS情報を上記情報端末装置へ通知することを特徴としている。

0010

請求項2記載の発明は、請求項1記載の間接的GPS情報通知方法に係り、上記中継装置は、上記GPS衛星から送信される上記GPS情報を受信するGPS情報受信装置と、該GPS情報受信装置と上記情報端末装置とを結ぶネットワークとからなることを特徴としている。

0011

請求項3記載の発明は、請求項2記載の間接的GPS情報通知方法に係り、上記GPS情報受信装置は、GPSレファレンスレシーバであることを特徴している。

0012

請求項4記載の発明は、請求項2又は3記載の間接的GPS情報報知方法に係り、上記GPS情報取得要求は、上記情報端末装置から上記ネットワークへ送信されるLCS−MOLRメッセージに挿入されることを特徴としている。

0013

請求項5記載の発明は、請求項2、3又は4記載の間接的GPS情報報知方法に係り、上記ネットワークから上記情報端末装置へ通知されるGPS情報は、上記情報端末装置と上記ネットワークとの間の無線入出力方式をW−CDMA方式とするとき、ASSISTANCDATA DELIVARYメッセージに挿入されることを特徴としている。

0014

請求項6記載の発明は、請求項2、3又は4記載の間接的GPS情報報知方法に係り、上記ネットワークから上記情報端末装置へ通知されるGPS情報は、上記情報端末装置と上記ネットワークとの間の無線入出力方式をGSM方式とするとき、ASSISTANCEDATAメッセージに挿入されることを特徴としている。

0015

請求項7記載の発明は、請求項1乃至6のいずれか一に記載の間接的GPS情報通知方法に係り、上記情報端末装置へ通知される上記GPS情報は、上記情報端末装置に装備される時計の時刻の補正に用いられることを特徴としている。

0016

請求項8記載の発明は、請求項1乃至6のいずれか一に記載の間接的GPS情報通知方法に係り、上記情報端末装置へ通知される上記GPS情報は、上記情報端末装置に装備される位置情報出力手段の経時帯の補正に用いられることを特徴としている。

0017

請求項9記載の発明は、請求項1乃至7記載の間接的GPS情報通知方法に係り、上記情報端末装置は、GPS非搭載携帯情報端末装置であることを特徴としている。

0018

請求項10記載の発明は、GPS衛星のGPS情報を間接的に情報端末装置へ通知する間接的GPS情報通知システムに係り、上記GPS情報を受信する中継装置と、上記情報端末装置に備えられ、GPS情報取得要求を上記中継装置へ送信する送信手段と、上記中継装置に備えられ、上記送信手段から受信した上記GPS情報取得要求対応の上記GPS情報を上記情報端末装置へ通知する通知手段とを備えることを特徴としている。

0019

請求項11記載の発明は、請求項9記載の間接的GPS情報通知システムに係り、上記中継装置は、上記GPS衛星から送信される上記GPS情報を受信するGPS情報受信装置と、該GPS情報受信装置と上記情報端末装置とを結ぶネットワークとからなることを特徴としている。

0020

請求項12記載の発明は、請求項11記載の間接的GPS情報通知システムに係り、上記通知手段は、上記ネットワークであることを特徴としている。

0021

請求項13記載の発明は、請求項12記載の間接的GPS情報通知システムに係り、上記GPS情報受信装置は、GPSレファレンスレシーバであることを特徴としている。

0022

請求項14記載の発明は、請求項11、12又は13記載の間接的GPS情報報知システムに係り、上記GPS情報取得要求は、上記情報端末装置から上記ネットワークへ送信されるLCS−MOLRメッセージに挿入されることを特徴としている。

0023

請求項15記載の発明は、請求項11、12、13又は14記載の間接的GPS情報報知システムに係り、上記ネットワークから上記情報端末装置へ通知されるGPS情報は、上記情報端末装置と上記ネットワークとの間の無線入出力方式をW−CDMA方式とするとき、ASSISTANCEDATA DELIVARYメッセージに挿入されることを特徴としている。

0024

請求項16記載の発明は、請求項11、12、13又は14記載の間接的GPS情報報知システムに係り、上記ネットワークから上記情報端末装置へ通知されるGPS情報は、上記情報端末装置と上記ネットワークとの間の無線入出力方式をGSM方式とするとき、ASSISTANCEDATAメッセージに挿入されることを特徴としている。

0025

請求項17記載の発明は、請求項10乃至16のいずれか一に記載の間接的GPS情報通知システムに係り、上記情報端末装置へ通知される上記GPS情報は、上記情報端末装置に装備される時計の時刻の補正に用いられることを特徴としている。

0026

請求項18記載の発明は、請求項10乃至16のいずれか一に記載の間接的GPS情報通知システムに係り、上記情報端末装置へ通知される上記GPS情報は、上記情報端末装置に装備される位置情報出力手段の経時帯の補正に用いられることを特徴としている。

0027

請求項19記載の発明は、請求項10乃至18記載の間接的GPS情報通知システムに係り、上記情報端末装置は、GPS非搭載携帯情報端末装置であることを特徴としている。

0028

請求項20記載の発明は、請求項19記載の間接的GPS情報通知システムに係り、上記送信手段は、上記GPS非搭載携帯情報端末装置の無線機であることを特徴としている。

発明の効果

0029

この発明によれば、中継装置でGPS衛星のGPS情報を受信し、情報端末装置から中継装置へGPS情報取得要求を送信し、その中継装置からGPS情報を情報端末装置へ通知するようにしたので、通知されたGPS情報の情報端末装置での利用が図れる。例えば、通知されたGPS情報のGPS時刻情報に基づいて情報端末装置に装備される時計の時刻を補正することができる。
また、GPSが利用できない地下や、GPS衛星がすべて見つからない場合であっても、情報端末装置の時刻補正等を行うことができる。
ネットワークと情報端末装置との間では、3GPPで規定されているメッセージと技術的手順とからなる標準的なLCS方法を用いているので、全世界で利用可能である。

発明を実施するための最良の形態

0030

この発明は、中継装置でGPS衛星のGPS情報を受信すること、情報端末装置から中継装置へGPS情報取得要求を送信すること、中継装置からGPS情報を情報端末装置へ通知することを備えて構成される。

0031

図1は、この発明の実施例1であるGPS非搭載携帯電話機の時刻補正システムを示す図、図2は、同GPS非搭載携帯電話機の時刻補正システムを構成するGPS非搭載携帯電話機の電気的構成を示す図、また、図3は、同GPS非搭載携帯電話機の時刻補正システムの動作シーケンスを示す図である。
この実施例のGPS非搭載携帯電話機の時刻補正システム1は、GPS非搭載携帯電話機がネットワークを介してGPSレファレンスレシーバから時刻情報を取得してGPS非搭載携帯電話機の時計の時刻を補正する間接的時刻補正システムに係り、図1に示すように、GPS非搭載携帯電話機20、ネットワーク30及びGPSレファレンスレシーバ40から概略構成されている。このシステム構成は、Assisted GPS方式に対応しているW−CDMA方式(又はGSM方式)のネットワークにおいて実施した場合のものであり、ネットワーク30及びGPSレファレンスレシーバ40は、Assisted GPS方式を実現するシステム構成を示す。

0032

GPS非搭載携帯電話機20は、GPSレシーバを搭載しないW−CDMA方式又はGSM方式の携帯電話機で、ネットワーク30にアクセスすることができる。
ネットワーク30は、GPSレファレンスレシーバ40と有線で接続されている。
GPSレファレンスレシーバ40は、GPS衛星からGPS時刻(GPS−Week、GPS−TOW(GPS time of week))や衛星軌道情報(Almanac等)を得ることが可能とするGPS情報取得装置である。

0033

ネットワーク30は、第1図に示すように、GPS非搭載携帯電話機20の無線機22との間で無線回線を介して通信を行う基地局32と、GPSレファレンスレシーバ40と有線回線50を介して接続するネットワーク30内の対応する交換局34と、基地局32と交換局34とを結ぶ上り通信回線36及び下りの通信回線38とを有して構成される。

0034

GPS非搭載携帯電話機20は、図2に示すように、制御部21、無線機22、時計23、マイク24、カメラ25、キーボード26、記憶装置27、表示部28及びスピーカ29とから構成されており、制御部21は、無線機22、時計23、マイク24、カメラ25、キーボード26、記憶装置27、表示部28及びスピーカ29に接続され、その各々を個別に制御可能なCPU等の装置である。
無線機22は、W−CDMA方式又はGSM方式で無線情報入出力を行う装置であり、ネットワーク30と通信可能である。時計23は、一般的な電子時計であり、時刻を計時し、制御部21による時刻の設定やその読み出しが可能に構成されている。

0035

マイク24は、音声入力手段である。カメラ25は、画像の入力手段である。キーボード26は、ユーザが入力したい情報を入力可能な入力手段である。記憶装置27は、制御部21によってアクセスされるROM/RAM等のメモリである。表示部28は、画像の表示を行うLCD等の出力手段である。スピーカ29は、音声の出力手段である。

0036

次に、図1乃至図3を参照して、この実施例の動作について説明する。
その動作を図3シーケンスに沿って説明するが、このシーケンスは、W−CDMA方式でのシーケンスで、そのシーケンスはLCS(Location Service)方法を示している。
携帯電話機20において、その時計23の時刻を補正しようとするとき、携帯電話機20の制御部21、そして無線機22からネットワーク30に対してLCS−MOLR(Mobile Originated Location Reruest)メッセージを送信する(図3のステップ201)。このLCS−MOLRメッセージの内容としては、molr-Type=assistance Data、gps Assistance Data=reference Time is requestedをそれぞれ設定する。ここで、molr-Type=assistance Dataは、ネットワーク30に対してassistance Dataの返信を要求するもので、gps Assistance Data=reference Time is requestedは、assistance DataとしてGPS−Week、GPS−TOWを要求するものである(詳細は、3GPP TS24 030、3GPP TS24 080を参照されたい)。

0037

LCS−MOLRメッセージを受信したネットワーク30の基地局32は、上りの通信回線36、交換局34、そして有線回線50を介してGPSレファレンスレシーバ40に対して、最新のGPS情報の取得要求(返送要求)を送信する(図3のステップ202)。GPS情報とは、最新のGPS−Week、GPS−TOWやその他のassistance Data等である。取得要求を受信したGPSレファレンスレシーバ40は、上記取得要求に応答してGPSレファレンスレシーバ40でGPS衛星から受信し保持しているGPS情報を有線回線50を介してネットワーク30へ通知(返送)する(図3のステップ203)。

0038

GPS情報を受信したネットワーク30の交換局34は、下りの通信回線38を介し回送し、その基地局32からASSISTANCEDATA DELIVARYメッセージ(詳細は3GPP TS25 331を参照されたい)を用いて返送されて来たGPS情報を携帯電話機20へ送信する。
携帯電話機20の制御部21は、その無線機22を介してGPS情報を受信し、そのGPS情報内のGPS−Week又はGPS−TOWを用いて時計23の年月日や時刻の補正を行う(図3のステップ205)。その他のassistance Dataは、この発明の動作では不要である。
そして、ネットワーク30は、LCR−MOLR Resultメッセージを携帯電話機20に対して送信し、この発明の処理動作を終了する。

0039

このように、この実施例の構成によれば、携帯電話機からネットワークに対してLCS−MOLRメッセージでGPSレファレンスレシーバからGPS情報の返送を要求し、GPSレファレンスレシーバから受信したGPS情報をネットワークは、ASSISTANCEDATA DELIVARYメッセージで携帯電話機へ返信するようにしたので、GPS非搭載携帯電話機の時計の時刻補正を行うことができる。
また、GPSが利用できない地下や、GPS衛星がすべて見つからない場合であっても、携帯電話機で電波送受信が可能な地域であれば、携帯電話機の時計の時刻補正を行うことができる。
ネットワークと携帯電話機との間では、3GPPで規定されているメッセージと技術的手順とからなる標準的なLCS方法を用いているので、全世界で利用可能である。

0040

この発明の実施例2は、実施例1と異なり、図1に示す構成においてGPS非搭載携帯電話機をGPS搭載携帯電話機とするものである。
このように構成することにより、GPS衛星を発見できない場合でも、そのGPS搭載携帯電話機において実施例1と同様の手順でその時計の時刻をGPS情報の時刻に合わせ込むことができる。

0041

この発明の実施例3は、GPS非搭載携帯電話機又はGPS搭載携帯電話機においてその時経帯情報をGPSで計測している時経帯に合わせ込む実施例である。
すなわち、GPSレファレンスレシーバ40(図1)が計測して取得、保持しているGPS情報を実施例1と同様の手順でGPS非搭載携帯電話機又はGPS搭載携帯電話機に取り込み、そのGPS情報内のAssistance dataに含まれているReference Locationという情報に基づいてGPS非搭載携帯電話機又はGPS搭載携帯電話機の時経帯情報を補正する。
このように、この実施例によれば、GPS非搭載携帯電話機又はGPS搭載携帯電話機の時経帯情報の補正を行うことができる。

0042

以上、この発明の実施例を、図面を参照して詳述してきたが、この発明の具体的な構成は、これらの実施例に限られるものではなく、この発明の要旨を逸脱しない範囲の設計の変更等があってもそれらはこの発明に含まれる。
例えば、ネットワークとGPSレファレンスレシーバとが有線で接続される場合について説明したが、無線で接続される場合においても、この発明を実施し得る。
また、携帯電話機について説明したが、ネットワークに接続され、LCS方法を適用し得るその他の携帯情報端末装置や固定情報端末装置においても、この発明を利用して構成し得る。
また、実施例は、時刻補正システム等の例について説明したが、通知されるGPS情報をその他の用途、例えば、表示等に用いてもよい。

図面の簡単な説明

0043

この発明の実施例1であるGPS非搭載携帯電話機の時刻補正システムを示す図である。
同GPS非搭載携帯電話機の時刻補正システムを構成するGPS非搭載携帯電話機の電気的構成を示す図である。
同GPS非搭載携帯電話機の時刻補正システムの動作シーケンスを示す図である。

符号の説明

0044

1 GPS非搭載携帯電話機の時刻補正システム(間接的GPS情報通知システム)
20 GPS非搭載携帯電話機(情報端末装置)
21 制御部(送信手段の一部)
22無線機(送信手段の残部)
30ネットワーク(中継装置の一部、通知手段の一部)
32基地局(通知手段の一部)
34交換局(通知手段の一部)
36上りの通信回線(通知手段の一部)
38下りの通信回線(通知手段の一部)
40 GPSレファレンスレシーバ(中継装置の残部、通知手段の一部、GPS情報受信装置)
50有線回線(通知手段の残部)

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ