図面 (/)

技術 多層式画面パネル

出願人 朱健一
発明者 朱健一
出願日 2005年9月30日 (16年4ヶ月経過) 出願番号 2005-326667
公開日 2007年4月19日 (14年9ヶ月経過) 公開番号 2007-102150
状態 拒絶査定
技術分野 要素組合せによる可変情報用表示装置1
主要キーワード 本体基盤 適合色 光線処理 テレビ機 適合材 導電体材 酸化マグネシュウム 鏡面効果
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2007年4月19日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (3)

課題

テレビパソコン、等各映像画面光線で出来る障害映の防止と紫外線赤外線電磁波の防止。

解決手段

硬質プラスチック合成樹脂硝子などの素材によって、一層目表面をナシ状の凸凹にし、一層目を適合色適合濃度に着色し、二層目をUV加工を施し、三層目を導電性層の周囲に帯状高導電性を設け帯状高導電性にアース線を設け、四層目を透明層とした、多層式画面パネル

概要

背景

従来のパネルプラズマ液晶ブラウン管テレビ等も、画面自体にナシ状凸凹を設けておらず、特にプラズマテレビに関して、本体硝子基板の前に積層体を設け、防眩フイルムを表面に加工し使われている。
本体パネルつまり硝子部に当るパネル部分は触れていない、(例えば特開平10−283939号、特開平11−064603号公報参照)等である。

概要

テレビパソコン、等各映像画面光線で出来る障害映の防止と紫外線赤外線電磁波の防止。各硬質プラスチック合成樹脂、硝子などの素材によって、一層目表面をナシ状の凸凹にし、一層目を適合色適合濃度に着色し、二層目をUV加工を施し、三層目を導電性層の周囲に帯状高導電性を設け帯状高導電性にアース線を設け、四層目を透明層とした、多層式画面パネル

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

層目の表面を0.001mm〜2mmの間によって適合する大きさのナシ状凸凹を特色とした一層目は、硝子硬質プラスチック合成樹脂等の適合素材に、光線透過率20%以上で適合色を適合濃度に着色と赤外線処理加工し、二層目をUV加工、三層目透明導電性部は、周囲に幅3mm以下厚さ0.7mm以下による、一層高い透明又は有色導電性帯を設け導電性帯部の一箇所以上にアース線を設け、四層目を透明な硝子、硬質プラスチック、合成樹脂等の適合素材等によって、圧着又は接着剤接着し、一体式に作られた多層式画面パネル

請求項2

一層目表面をナシ状にした一表面に、二層目UV加工を施し、三層目を透明導電性加工し導電性加工部に一箇所以上アース線を設けたパネル台材とし、三層目に適合材料によって四層目を圧入し、一体式に作られた請求項1の多層式画面パネル

請求項3

一層目、二層目、三層目、四層目を透明とした請求項1の多層式画面パネル

請求項4

一層目と四層目と着色濃度差によって作られた請求項1の多層式画面パネル

請求項5

一層目を光線透過率20%以上で適合色を適合濃度に着色し赤外線処理加工を施さずに作られた請求項1の多層式画面パネル

請求項6

一層目を硝子、硬質プラスチック、合成樹脂等に赤外線処理材又は赤外線処理剤を混合し適合色を適合濃度に着色し光線透過率20%以上でて作られた請求項1の多層式パネル

請求項7

四層目を硝子とし、一面を0.001mm〜2mmの間によって適合する大きさのナシ状凸凹を設け、三層目を電導性加工と周囲に高導電性帯を設け高導電性帯にアース線を1箇所以上設け、二層目のUV加工を施した、基盤を台材とし、一層目を光線透過率20%以上で適合色と適合濃度に着色した硝子、硬質プラスチック若しくは合成樹脂等を圧入し、一層目表面をナシ状凸凹に加工し、一体式に作られた多層式画面パネル

技術分野

背景技術

0002

従来のパネルプラズマ液晶ブラウン管テレビ等も、画面自体にナシ状凸凹を設けておらず、特にプラズマテレビに関して、本体硝子基板の前に積層体を設け、防眩フイルムを表面に加工し使われている。
本体パネルつまり硝子部に当るパネル部分は触れていない、(例えば特開平10−283939号、特開平11−064603号公報参照)等である。

発明が解決しょうとする課題

0003

従来のパネルは防眩フイルム、透明樹脂シート透明導電性フイルム、透明保護フイルム等の積層体をテレビ画面本体の前面に設けられているが、テレビ画面の鏡面作用に関する風景画、窓画、電球画、光線処理を確実に防ぐ手立てを要していない。

0004

テレビ画面の表面に、太陽光電燈光が照射された時に、画面表面の鏡面作用によって、窓枠画、電球画が映ったり、太陽光に拠って、内部光外部光による強弱の為に、鏡面作用で画像が見え難くなったり、窓枠画、電球画が画面に映り見えずらいと共に近年テレビ画面も大型化して来ている為、大型化と共に画面に鮮明にできる黒い網目模様も鮮明になって来ている。
これらはプラズマ、液晶、ブラウン管等も小さな一角部分発光によって画像が出来ている為で、どうしても黒い網目模様が出来る。
プラズマテレビは軽量かつ薄型に出来ている為にプラズマデスプレパネル部分で発生する電磁波の為に赤外線紫外線、電磁波が画面方向に出て人体に悪影響、特に長時間見続けるパソコン等は特に目に悪影響を及ぼしている。

課題を解決するための手段

0005

層目を赤外線処理加工を施した、硝子、硬質プラスチック合成樹脂等による適合材可視光線20%以上で適合色適合濃度に着色し表面を0.001mm〜2mmの間による適合径のナシ状に加工し、二層目をUV加工、三層目を酸化チタン酸化アルミニウム酸化マグネシュウムカーボン等から適応される様々な透明導電材を硬質プラスチック、硝子、合成樹脂、透明塗料等の適応材と混合し、厚さ0.01mm〜3mmの間による適合厚にし、さらに三層目の画面周囲酸化アルミ、酸化マグネシュウム、カーボンなどの混合率を高め、導電率を高めた帯状を設け、帯状部分に一箇所以上にアース線を設け、四層目を硝子、硬質プラスチック、合成樹脂などの適合材料によって作られたパネルは、一層目の表面に設けられたナシ状部分で光が表面拡散処理と着色の為に外光がテレビ基盤の中に進入を防ぎ、画面表面の太陽光によって出来る、窓画、風景画、電気光で出来る電球画、さらに紫外線、赤外線、等の人体に及ぼす損傷が大きく軽減される。

0006

三層目に透明導電体材混入して設けられた三層目画面周囲の帯状高導電帯アースを設けられている為に、テレビ機材内部で発生する電磁波が遮断され、人体の損傷が大きく軽減される。

0007

一層目表面がナシ状一層目が有色の為に、鏡面効果によって映像光光線が一度内部に戻りリブ突起部に反射光が照射され、枡部の黒い部分に照射され黒い枡目が無くなると共に一層目を通し内部映像光が外部に出る為に、黒色の網目模様が消える。

0008

一層目ナシ状部と有色部によって四層目が、基盤方向に鏡面効果を有し内部光線が内部に逆戻りし、屈折乱反射し、内部デスプレパネルのリブ頭部の影が無くなり、画像が綺麗に成り、特に人物の顔、肌がやかにみえる。

発明の実施するための最良の形態

0009

発明の実施形態を実施例に基付き図面を参照して説明する。
図1において、表面ナシ状の一層目1は硝子、硬質プラスチック、合成樹脂などの赤外線処理加工適合材は光線透過率20%以上で適合色と適合率によって着色し、二層目2はUV加工、三層目3は透明導電性加工と周囲に帯状高導電性帯8を設け、導電性帯にアース線7を設け、四層目4を硝子、硬質プラスチック、合成樹脂などの適合材料を使用し、1層目から4層目まで、圧着又は接着一体化画面パネルを作る。

0010

一体化画面パネルを基盤5と一体化することで、より一層薄型テレビ、パソコン、ができ、さらに各映像画面映像は綺麗な画質ができると共に人体に及ぼす、紫外線、赤外線、電磁波等を大幅に処理できる。

本発明は、以上説明したように構成されているので、以下に記載されている効果を奏する。

0011

一層目表面をナシ状凸凹にし、適合色と適合濃度で着色している為に、画面の表面部のナシ状部で外光が表面処理され風景画、窓画、電球画が画面に出来ない。

0012

一層目をナシ状凸凹を設け着色する事で、内部光が4層目の鏡面作用によって一度基盤内部に戻り、基盤内部デスプレのリブ頭部の影部に成る部分に照射されリブ頭部の影が無くなりリブの影で出来る画面の黒い枡状模様がなくなる。

0013

一層目で赤外線処理、二層目UV加工、三層目導電性加工と高導電性帯を設け高導電性帯にアース線を設ける事で、人体特に目に及ぼす悪影響と電磁波による、人体の悪影響が大きく緩和される。

0014

一層目表面によって光線表面処理と着色によって画面表面は光による、風景画、窓画、電球画、が出来ず、4層目の内部光鏡面利用で画面にできる、黒い枡模様が消え、画面の画質が高上する。

0015

今日、人体影響を重視されているのが、各家電製品による紫外線、赤外線、電磁波など目に見えず人体に悪影響を及ぼしているのが現状である。

0016

テレビから各映像画面に出来る光線映は画像を見え辛くし、違和感を与えている。

0017

本発明は人体影響と違和感に着目し考案した物であり、試作品を多数の人に見せて、率直な意見を聞き開発する。

0018

本発明はテレビ画面から様々な画面用に使え、額等の硝子の代用品にもなり、文字が綺麗に見える。
以上の事から想定する限り、産業上の利用する可能性は非常に高い。

図面の簡単な説明

一層目を両面凸凹状にし、二層目にUV加工、三層目導電性加工と周囲に帯状高導電性とアース線を施し、四層目を透明にした層と一体化した画面パネルと本体基盤の断面図本体基盤と一緒に成った画面正面図

符号の説明

1 両面ナシ状凸凹の一層目
2二層目UV加工
3導電性加工
4 三層目
5本体基盤
6 ナシ状凸凹表面
7アース線
8 高帯状導電帯

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ