図面 (/)

技術 ドライブシャフトのボルトの抜け止め具

出願人 株式会社バンザイ
発明者 根本茂
出願日 2005年10月3日 (14年8ヶ月経過) 出願番号 2005-290141
公開日 2007年4月19日 (13年2ヶ月経過) 公開番号 2007-100794
状態 未査定
技術分野 ボルト・ナット・座金
主要キーワード 締着用ボルト 車両整備工場 円形環状 連結用ボルト 自動車整備工場 ドライブケース センター穴 整備作業
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2007年4月19日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (6)

課題

自動車、特に大型車後輪ドライブシャフト分解作業等において、ドライブシャフトをホイール部に締着していたボルトの抜け止め用に最適な工具を提供する。

解決手段

ドライブシャフトの頭頂部を覆うことが可能な円形止板2と、前記ドライブシャフトの頭頂部に磁着可能に前記止板2の一方の面に固定された円形環状マグネット3と、該マグネット3の中心部に前記止板2から突出する突起部(ビス)5と、前記止板2の他方の面の中心部に突設した取っ手部4とを有するドライブシャフトのボルトの抜け止め具1を形成した。

概要

背景

大型車後輪の一例の縦断面図を図5に示す。

図5において、Aはドライブシャフトであり、Bがドライブケース、Cがホイールである。

ホイールCはハブDを介して前記ドライブケースBに回動自在にマウントされており、前記ドライブシャフトAはボルトEによって該ホイールCに締着されていて、前記ドライブシャフトAが該ホイールCを回転駆動する構造になっている。

自動車整備工場等において大型車の後輪の分解を行なうときは、前記ボルトEをドライブシャフトAから外した後、該ドライブシャフトAの抜き取りを行なう。

従来は、分解作業時にボルトEをドライブシャフトAから外して保管するようにしていた。

尚、これらボルトEの数は、各ドライブシャフト当り6本乃至10本である。

整備作業終り、後輪部の再組み作業において、ドライブシャフトAを組み付けるときは、外してあったボルトEをいちいち取りつけながら組み立てを行なっていた。

しかし、これは作業性が悪く、手間がかかかるという不具合があった。

そこで、分解作業時にドライブシャフトAとホイールC(又はハブD)との連結を解除した後もこれら連結用のボルトEがドライブシャフトAから外れないようなボルトの抜け止め具の研究を行なった。

尚、ボルト抜け止め具として、例えば特許文献1がある。
特開2000−192935号公報

概要

自動車、特に大型車の後輪のドライブシャフトの分解作業等において、ドライブシャフトをホイール部に締着していたボルトの抜け止め用に最適な工具を提供する。ドライブシャフトの頭頂部を覆うことが可能な円形止板2と、前記ドライブシャフトの頭頂部に磁着可能に前記止板2の一方の面に固定された円形環状マグネット3と、該マグネット3の中心部に前記止板2から突出する突起部(ビス)5と、前記止板2の他方の面の中心部に突設した取っ手部4とを有するドライブシャフトのボルトの抜け止め具1を形成した。

目的

本発明は上記の問題点を解消し、車両のコストアップにつながることなく、工具として使用可能な、ドライブシャフトのボルトの抜け止め具を提供することを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

ドライブシャフト頭頂部を複数のボルト自動車ホイール部に締着する方式のドライブシャフトに使用する工具であって、ドライブシャフトの頭頂部を覆うことが可能で前記ボルトの抜け止めを防止する止板と、前記ドライブシャフトの頭頂部に磁着可能に前記止板の一方の面に固定されたマグネットと、前記止板の他方の面に突設した取っ手部とを有するドライブシャフトのボルトの抜け止め具

請求項2

前記止板に透孔を形成した請求項1に記載のドライブシャフトのボルトの抜け止め具。

請求項3

前記マグネットの中心部に前記止板から突出する突起部を有して該突起部を前記シャフトの頭頂部の凹部に係合可能に形成した請求項1又は請求項2に記載のドライブシャフトのボルトの抜け止め具。

技術分野

0001

本発明は自動車、特に大型車後輪ドライブシャフト分解作業等において、該ドライブシャフトをホイール部に締着しているボルトの抜け止め具に関する。

背景技術

0002

大型車の後輪の一例の縦断面図を図5に示す。

0003

図5において、Aはドライブシャフトであり、Bがドライブケース、Cがホイールである。

0004

ホイールCはハブDを介して前記ドライブケースBに回動自在にマウントされており、前記ドライブシャフトAはボルトEによって該ホイールCに締着されていて、前記ドライブシャフトAが該ホイールCを回転駆動する構造になっている。

0005

自動車整備工場等において大型車の後輪の分解を行なうときは、前記ボルトEをドライブシャフトAから外した後、該ドライブシャフトAの抜き取りを行なう。

0006

従来は、分解作業時にボルトEをドライブシャフトAから外して保管するようにしていた。

0007

尚、これらボルトEの数は、各ドライブシャフト当り6本乃至10本である。

0008

整備作業終り、後輪部の再組み作業において、ドライブシャフトAを組み付けるときは、外してあったボルトEをいちいち取りつけながら組み立てを行なっていた。

0009

しかし、これは作業性が悪く、手間がかかかるという不具合があった。

0010

そこで、分解作業時にドライブシャフトAとホイールC(又はハブD)との連結を解除した後もこれら連結用のボルトEがドライブシャフトAから外れないようなボルトの抜け止め具の研究を行なった。

0011

尚、ボルト抜け止め具として、例えば特許文献1がある。
特開2000−192935号公報

発明が解決しようとする課題

0012

前記特許文献1に記載のボルトの抜け止め具は、常時ボルトに取り付けて使用するものなので、車両のコストアップにつながるという問題があった。

0013

又、ここで車両整備業者にとって、必要なボルトの抜け止め具は、工具として使用可能な外付け式のものが好ましいという問題があった。

0014

本発明は上記の問題点を解消し、車両のコストアップにつながることなく、工具として使用可能な、ドライブシャフトのボルトの抜け止め具を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0015

本発明は上記の目的を達成すべく、ドライブシャフトの頭頂部を複数のボルトで自動車のホイール部に締着する方式のドライブシャフトに使用する工具であって、ドライブシャフトの頭頂部を覆うことが可能で前記ボルトの抜け止めを防止する止板と、前記ドライブシャフトの頭頂部に磁着可能に前記止板の一方の面に固定されたマグネットと、前記止板の他方の面に突設した取っ手部とを有する。

発明の効果

0016

本発明によれば、ドライブシャフトの分解作業整備時に、ホイールとの締着用ボルトをドライブシャフトに取り付けたままドライブシャフトの取り外しができて保管が便利となり、又、ドライブシャフトの再組み付け時には、前記連結用ボルトがドライブシャフトに組み付いているので、簡単に作業が行える効果を有する。

発明を実施するための最良の形態

0017

本発明を実施するための最良の形態の実施例を示す。

0018

本発明の1実施例を図1乃至図3により説明する。

0019

図1は本発明のドライブシャフトのボルトの抜け止め具1の縦断面図であり、図2はその平面図である。

0020

前記抜け止め具1は、止板2と、該止板2の一方の面に固定された環状のマグネット3と、該止板2の他方の面の中心部に突設した取っ手部4とを有している。

0021

前記止板2は可撓性を有する円形の透明な樹脂板からなり、その外径は、大型車の後輪のドライブシャフトAの頭頂部(フランジ部)Fよりも大きな直径を有している。

0022

又、前記マグネット3は、前記ドライブシャフトAの頭頂部Fに設けられている膨出部F1に当接可能な外径を有しており、前記止板2の一方の面の中心部に固定された金属製の受け皿3a内に固着されている。

0023

5は半球状の頭部を有するビスからなる突起部で該ビス5は前記受け皿3aを、前記止板2を介在して前記取っ手部4に締着して互に固定している。

0024

尚、前記ビス5の頭部は、ドライブシャフトAの頭頂部Fの中心にある凹部(センター穴)F2に嵌入可能に形成され、前記マグネット3より多少飛び出る位置で固定されている。

0025

又、前記取っ手部4は、鍋蓋の取っ手の如き円筒状をしている。

0026

次に、本発明のボルトの抜け止め具1の使用方法について説明する。

0027

大型車の後輪の分解を行なうときは、ドライブシャフトAとホイールとを締着しているボルトEを緩めて両者を分離させてから、図3に示す如く、ボルトEをドライブシャフトAのボルト孔に留めた状態で、該ドライブシャフトAの頭頂部F上にボルトの抜け止め具1を係止する。

0028

即ち、ボルトの抜け止め具1は、中心部にあるビス5の頭部とドライブシャフトAの頭頂部Fの中心部にある凹部F2に嵌入させると共に、マグネット3を前記ドライブシャフトAの膨出部F1に磁着させて、該頭頂部Fに係止される。

0029

このとき前記ボルトEは、抜け止め具1が有する止板2の干渉によって前記ドライブシャフトAの頭頂部Fのボルト孔から抜け出すことが阻止されて、該ドライブシャフトAに保持される。

0030

尚、前記止板2を透明な樹脂板からなるものとしたので、ボルトの抜け止め具1の前記ドライブシャフトAの頭頂部Fへの取り付けが容易であり、又、ドライブシャフトAとホイールとの締着時にも、ホイールのボルト孔へのボルトEの挿入が容易である。

0031

更に又、前記止板2は樹脂製で軽量なので、作業者が作業時に怪我をする危険性がない。

0032

図4は本発明の他の実施例を示し、この実施例の抜け止め具1は、ドライブシャフトAの頭頂部Fに突起部が形成されていて該突起部が止板2に当って抜け止め具1が前記頭頂部Fに係止することが困難な場合に好適であり、この実施例の抜け止め具1は前記突起部が当る個所の止板2に方形或いは円形の透孔6が形成されている。

0033

かくて、前記実施例の如く抜け止め具1をドライブシャフトAに係止するときに、該ドライブシャフトAの頭頂部Fの突起部が透孔6内に嵌入して抜け止め具1が該頭頂部Fに確実に係止する。

0034

尚、前記透孔6は、頭頂部に形成されている突起部に応じて1或いは複数形成し、又該透孔6の開口面積の大きさは突起部の大きさに応じて形成すればよい。

0035

本発明は自動車、特に大型車の後輪のドライブシャフトの分解整備作業を行なう車両整備工場等において利用される。

図面の簡単な説明

0036

本発明のドライブシャフトのボルトの抜け止め具の縦断面図である。
同上ボルトの抜け止め具の平面図である。
同上ボルトの抜け止め具の使用方法を示す説明図である。
本発明の他の実施例のドライブシャフトのボルトの抜け止め具の平面図である。
大型車の後輪の一例の縦断面図である。

符号の説明

0037

1ドライブシャフトのボルトの抜け止め具
2止板
3マグネット
4取っ手部
5突起部(ビス)
F2 凹部(センター穴)

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 福田 章の「 雄ねじ部の不完全ねじ部を活用した継手」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】耐引張力および耐圧縮力上の両方の要件を充足でき、かつ汎用性を高めることができ、また部品点数を低減してコスト低減を図ることができる雄ねじ部の不完全ねじ部を活用した継手を提供する。【解決手段】継手... 詳細

  • 株式会社マーレフィルターシステムズの「 オイルフィルタ締結構造、中間締結部材、及び樹脂ケーシング」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】樹脂ケーシングにオイルフィルタを適切に締結する。【解決手段】本願発明に係るオイルフィルタ締結構造10は、オイルパン12と、オイルパン12とオイルフィルタとの間に介在すべきスタッドボルトユニット... 詳細

  • 三菱自動車工業株式会社の「 ナット」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】剛性を高めたナットを提供する。【解決手段】ナット1は、中央にネジ穴11を有する、平面視正六角形の六角柱の外形を有するナット1であって、平面視正六角形を構成する6つの側面のそれぞれの座側に剛性を... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ