図面 (/)

技術 化粧シートの製造方法及び化粧シート

出願人 エスケー化研株式会社
発明者 瀧田幸矢筧田晃嗣
出願日 2005年10月6日 (15年2ヶ月経過) 出願番号 2005-293764
公開日 2007年4月19日 (13年8ヶ月経過) 公開番号 2007-098849
状態 特許登録済
技術分野 積層体(2) プラスチック等の注型成形、圧縮成形 プラスチック等の特殊発泡成形、タイヤ成形
主要キーワード 化粧建材 大谷石粉 浸透度合い 圧送式 上塗膜 貝殻粉 堆積岩 ガラス粉砕物
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2007年4月19日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

本発明は、深みのある優れた美観性を有する化粧シートを簡便に製造する化粧シートの製造方法を提供する。

解決手段

本発明の化粧シートの製造方法は、凹凸模様を有する型枠に、合成樹脂着色顔料を含み、粘度が5.0Pa・s以下、形成塗膜隠蔽率が10%以上90%以下であるカラークリヤー塗料流し込む第一の工程、 合成樹脂、着色顔料及び/または骨材を含むベース塗料を流しこむ第二の工程、 カラークリヤー塗料及びベース塗料が硬化した後、脱型する第三の工程、を含むことを特徴とする。

概要

背景

近年の建築物内外壁等において、レンガ調タイル調、自然石調など、意匠性に富んだ仕上げを行うことが注目されている。
このような仕上げに用いる材料として、化粧シートが使用されるケースがある。この化粧シートは、各種着色材合成樹脂等の結合剤とを含む組成物シート状に成形した建材であり、着色材の種類や比率、表面の凹凸形状等を調整することによって種々の意匠性が表出できるものである。

概要

本発明は、深みのある優れた美観性を有する化粧シートを簡便に製造する化粧シートの製造方法を提供する。本発明の化粧シートの製造方法は、凹凸模様を有する型枠に、合成樹脂、着色顔料を含み、粘度が5.0Pa・s以下、形成塗膜隠蔽率が10%以上90%以下であるカラークリヤー塗料流し込む第一の工程、 合成樹脂、着色顔料及び/または骨材を含むベース塗料を流しこむ第二の工程、 カラークリヤー塗料及びベース塗料が硬化した後、脱型する第三の工程、を含むことを特徴とする。なし

目的

本発明は、上述のような問題点に鑑みなされたものであり、簡便に製造でき、深みのある優れた美観性を有する化粧シートを提供するものである。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

凹凸模様を有する型枠に、合成樹脂着色顔料を含み、粘度が5.0Pa・s以下、形成塗膜隠蔽率が10%以上90%以下であるカラークリヤー塗料流し込む第一の工程、合成樹脂、着色顔料及び/または骨材を含むベース塗料を流しこむ第二の工程、カラークリヤー塗料及びベース塗料が硬化した後、脱型する第三の工程、を含むことを特徴とする化粧シートの製造方法。

請求項2

請求項1に記載の製造方法により得られる化粧シート。

技術分野

0001

本発明は、化粧シートの製造方法及び化粧シートに関するものである。

背景技術

0002

近年の建築物内外壁等において、レンガ調タイル調、自然石調など、意匠性に富んだ仕上げを行うことが注目されている。
このような仕上げに用いる材料として、化粧シートが使用されるケースがある。この化粧シートは、各種着色材合成樹脂等の結合剤とを含む組成物シート状に成形した建材であり、着色材の種類や比率、表面の凹凸形状等を調整することによって種々の意匠性が表出できるものである。

発明が解決しようとする課題

0003

最近では、より深みのある美観性を表出するために、各種工夫がなされた化粧シートが開発されている。
例えば、特許文献1では、堆積岩割り肌状凹凸反転レリーフ模様を有する鋳型に、第1の塗布材を塗布し、凹凸反転レリーフ模様も凸部の上に塗布されている第1の塗布材の少なくとも一部又は全部を除去し、ついで前記第1の塗布材と異なる色調を有する第2の塗布材を塗布し、鋳型を取り外すことにより、堆積岩割り肌状凹凸模様を有する装飾材を製造する方法が記載されている。
このような方法では、天然堆積岩の割り肌面と同様のまたはそれに類似した深みや重厚性をかもしだすことのできる堆積岩割り肌状凹凸模様を有する装飾材を製造することができる。(段落0008記載。)
しかし、特許文献1の方法では、第1の塗布材を除去する工程が必須であり、簡便に製造できるとはいえない。また、より深みのある自然感・意匠感を表出するためには、さらなる改善の余地がある。

0004

特許第2791279号公報

0005

本発明は、上述のような問題点に鑑みなされたものであり、簡便に製造でき、深みのある優れた美観性を有する化粧シートを提供するものである。

課題を解決するための手段

0006

本発明者は鋭意検討を行った結果、凹凸模様を有する型枠に、特定のカラークリヤー塗料流し込み、次いでベース塗料を流しこみ、脱型することにより、上記課題が解決できることを見出し、本発明を完成させるに至った。

0007

すなわち、本発明は以下の特徴を有するものである。
1.凹凸模様を有する型枠に、
合成樹脂、着色顔料を含み、粘度が5.0Pa・s以下、形成塗膜隠蔽率が10%以上90%以下であるカラークリヤー塗料を流し込む第一の工程、
合成樹脂、着色顔料及び/または骨材を含むベース塗料を流しこむ第二の工程、
カラークリヤー塗料及びベース塗料が硬化した後、脱型する第三の工程、
を含むことを特徴とする化粧シートの製造方法。
2.1.に記載の製造方法により得られる化粧シート。

発明の効果

0008

本発明の製造方法では、深みのある優れた美観性を有する化粧シートを簡便に製造することができる。

発明を実施するための最良の形態

0009

以下、本発明を実施するための最良の形態について説明する。

0010

本発明の化粧シートの製造方法は、
凹凸模様を有する型枠に、
合成樹脂、着色顔料を含み、粘度が5.0Pa・s以下(好ましくは0.001Pa・s以上3.0Pa・s以下、さらに好ましくは0.01Pa・s以上1.0Pa・s以下)、形成塗膜の隠蔽率が10%以上90%以下(好ましくは15%以上85%以下、さらに好ましくは20%以上80%以下)であるカラークリヤー塗料を流しこむ第一の工程、
合成樹脂、着色顔料及び/または骨材を含むベース塗料を流しこむ第二の工程、
カラークリヤー塗料及びベース塗料が硬化した後、脱型する第三の工程、
を含むことを特徴とするものである。

0011

このような方法では、カラークリヤー塗料を流し込むことにより、型枠の凹部ではその膜厚極大、凸部ではその膜厚が極小となるように、膜厚が連続的に変化した状態で、カラークリヤー塗膜を形成させることができる。
よって、最終的に脱型して得られる表面は、カラークリヤー塗膜の膜厚の連続した変化による色相の変化等により、奥深い美観性を表出することができる。

0012

型枠の材料としては、特に限定されることなく、公知のものを使用することができる。
例えば、シリコンゴムポリウレタン樹脂エポキシ樹脂ポリエステル樹脂等が挙げられる。
本発明で使用する型枠は、凹凸模様を有するものであり、最終的に化粧シートの凹凸模様を形成させるものである。凹凸の程度としては、特に限定されないが、その高さが0.5〜30mm程度(好ましくは、1〜20mm程度)であることが好ましい。またその間隔は、0.5〜30mm程度(好ましくは、1〜20mm程度)であることが好ましい。
例えば、シリコンゴムを用いた場合、凹凸模様を有する化粧建材を使用して、該化粧建材の表面にシリコンゴムを流し込み、シリコンゴムが硬化した後、該化粧建材の表面からシリコンゴムを剥離することにより、凹凸模様を有する型枠を簡便に作製することができる。

0013

本発明の製造方法では、まず第一の工程として、このような凹凸模様を有する型枠に、合成樹脂、着色顔料を含み、粘度が5.0Pa・s以下、形成塗膜の隠蔽率が10%以上90%以下であるカラークリヤー塗料を流し込む。

0014

合成樹脂としては、特に限定されず、通常使用可能なものを用いることができる。例えば、エチレン樹脂酢酸ビニル樹脂、ポリエステル樹脂、アルキッド樹脂塩化ビニル樹脂、エポキシ樹脂、アクリル樹脂ウレタン樹脂フェノール樹脂メラミン樹脂アミノ樹脂ポリカーボネート樹脂アクリルシリコン樹脂アクリル酢酸ビニル樹脂、アクリルウレタン樹脂シリコン樹脂フッ素樹脂等の水可溶樹脂水分散型樹脂等、あるいはこれらの複合したもの等が挙げられ、これらのうち1種または2種以上を用いることができる。
本発明では、特に、アクリル樹脂、ウレタン樹脂、アクリルシリコン樹脂等が好適に用いられる。

0015

着色顔料としては、例えば、酸化チタン酸化亜鉛カーボンブラック酸化第二鉄べんがら)、クロム酸鉛モリブデートレンジ)、黄鉛黄色酸化鉄群青コバルトグリーン等の無機系着色顔料、アゾ系、ナフトール系、ピラゾロン系、アントラキノン系、ペリレン系、キナクリドン系、ジスアゾ系、イソインドリノン系、ベンツイミダゾール系、フタロシアニン系、キノフタロン系等の有機系着色顔料パール顔料蛍光顔料蓄光顔料メタリック顔料等が挙げられる。
カラークリヤー塗料における着色顔料の顔料容積濃度は、0.01%〜50%(さらには0.05%〜40%、さらには0.1%〜30%)であることが好ましい。

0016

本発明で用いるカラークリヤー塗料は、粘度が5.0Pa・s以下(さらには0.001Pa・s以上3.0Pa・s以下、さらには0.01Pa・s以上1.0Pa・s以下)であることを特徴とする。
このような粘度であることにより、型枠の凹凸模様部に、該カラークリヤー塗料を流し込みやすく、該カラークリヤー塗料を流し込んだ際に、凹部ではその膜厚が極大、凸部ではその膜厚が極小となるように、膜厚が連続的に変化した状態で、塗膜を形成させることができる。
よって、最終的に脱型して得られる表面は、カラークリヤー塗膜の膜厚の連続した変化による色相の変化等により、奥深い美観性を表出することができる。
粘度が5.0Pa・sより大きい場合は、膜厚が連続的に変化した状態で形成されず、単調意匠となってしまう。

0017

なお、カラークリヤー塗料の粘度は、温度23℃下においてBH型粘度計回転数を20rpmとして測定したときの値である。

0018

本発明で用いるカラークリヤー塗料は、形成される形成塗膜の隠蔽率が、10%以上90%以下(好ましくは15%以上85%以下、さらに好ましくは20%以上80%以下)であることを特徴とする。隠蔽率がこのような範囲であることにより、ベース塗料から形成されるベース塗膜の色相と、カラークリヤー塗膜の色相及びカラークリヤー塗膜の連続した色相の変化とがあいまって、深みのある意匠感を表出することができる。
隠蔽率が、90%より大きい場合、ベース塗膜の色相や着色顔料の色相が隠蔽されてしまい、深みのある意匠感を表出すことができない。

0019

なお、カラークリヤー塗料から形成される形成塗膜の隠蔽率は、隠蔽率試験紙の上に塗付厚(乾燥膜厚)が0.3mmとなるように塗付した試験体を用い、試験体における黒地上塗膜白地上塗膜の視感反射率色彩色差計「CR−300」(ミノルタ株式会社製)を用いて測定し算出した値である。

0020

また、カラークリヤー塗料には、必要に応じ、骨材、造膜助剤撥水剤可塑剤防腐剤防黴剤防藻剤消泡剤レベリング剤顔料分散剤沈降防止剤、たれ防止剤艶消し剤紫外線吸収剤等の塗料用添加剤を含有してもよい。

0022

このようなカラークリヤー塗料を、型枠に流し込む方法としては、特に限定されず、通常行う方法を用いることができる。例えば、圧送式スプレーガン等を用いて流し込むこともできるし、フローコーター等を用いて流し込むこともできるし、刷毛ローラースプレーこて等の塗装器具を用いて塗装することもできる。
また、カラークリヤー塗料は、使用量が、50g/m2〜500g/m2(好ましくは60g/m2〜300g/m2、さらに好ましくは80g/m2〜200g/m2)となるように流し込めばよい。
塗付量が500g/m2より多いと、凹部、凸部とのカラークリヤー塗料から形成されるカラークリヤー塗膜の膜厚差が小さくなり、深みのある色彩が得られにくい。

0023

次に、第二の工程として、該カラークリヤー塗料を流し込んだ後、ベース塗料を流し込む。

0024

このようなベース塗料としては、合成樹脂を結合材とし、着色顔料及び/または骨材を含むものが挙げられる。

0025

合成樹脂としては、特に限定されず、通常使用可能なものを用いることができる。例えば、エチレン樹脂、酢酸ビニル樹脂、ポリエステル樹脂、アルキッド樹脂、塩化ビニル樹脂、エポキシ樹脂、アクリル樹脂、ウレタン樹脂、フェノール樹脂、メラミン樹脂、アミノ樹脂、ポリカーボネート樹脂、アクリルシリコン樹脂、アクリル酢酸ビニル樹脂、アクリルウレタン樹脂、シリコン樹脂、フッ素樹脂等の水可溶型樹脂、水分散型樹脂等、あるいはこれらの複合したもの等が挙げられ、これらのうち1種または2種以上を用いることができる。
本発明では、特に、アクリル樹脂、ウレタン樹脂、アクリルシリコン樹脂等が好適に用いられる。

0026

着色顔料としては、例えば、酸化チタン、酸化亜鉛、カーボンブラック、酸化第二鉄(べんがら)、クロム酸鉛(モリブデートオレンジ)、黄鉛、黄色酸化鉄、群青、コバルトグリーン等の無機系着色顔料、アゾ系、ナフトール系、ピラゾロン系、アントラキノン系、ペリレン系、キナクリドン系、ジスアゾ系、イソインドリノン系、ベンツイミダゾール系、フタロシアニン系、キノフタロン系等の有機系着色顔料、パール顔料、蛍光顔料、蓄光顔料、メタリック顔料等が挙げられる。
ベース塗料における着色顔料の顔料容積濃度は、0.01%〜50%(さらには0.05%〜40%、さらには0.1%〜30%)であることが好ましい。

0027

骨材としては、例えば、珪砂、砕石、寒水石、川砂、山砂、大理石粉砕物、花崗岩粉砕物、黒曜石粉砕物、石灰岩粉砕物、陶磁器粉砕物、ガラスビーズ、ガラス粉砕物、樹脂ビーズ、多孔質樹脂ビーズ、金属粒、シリカゲル、ゼオライト、アルミナ、アロフェン、珪藻土、珪質頁岩、セピオライト、アタバルジャイト、モンモリロナイト、ゾノライト、イモゴライト、貝殻粉、大谷石粉、活性白土、炭、活性炭、木粉等、または、それらに対し顔料、染料、釉薬等で表面処理を施したもの等、また、重質炭酸カルシウム、水酸化アルミニウム、クレー、カオリン、タルク、沈降性硫酸バリウム、炭酸バリウム、ホワイトカーボン、珪藻土、光輝性粉体等が挙げられる。

0028

また、ベース塗料には、必要に応じ、造膜助剤、撥水剤、可塑剤、防腐剤、防黴剤、防藻剤、消泡剤、レベリング剤、顔料分散剤、沈降防止剤、たれ防止剤、艶消し剤、紫外線吸収剤、繊維等の塗料用添加剤を含有してもよい。

0029

このようなベース塗料の隠蔽率は、特に限定されないが、80%以上100%以下程度であることが好ましい。

0030

なお、ベース塗料から形成される形成塗膜の隠蔽率は、隠蔽率試験紙の上に塗付厚(乾燥膜厚)が0.5mmとなるように塗付した試験体を用い、試験体における黒地上塗膜と白地上塗膜の視感反射率を色彩色差計「CR−300」(ミノルタ株式会社製)を用いて測定し算出した値である。

0031

このようなベース塗料の色調は、特に限定されない。本発明では、カラークリヤー塗料の色調とベース塗料の色調を、適宜設定することにより、様々な色調を有する化粧シートを製造することができる。例えば、カラークリヤー塗料の色調とベース塗料の色調を類似した色調に調整することで、より落ち着いた深みのある美観性を表出することができる。

0032

本発明で用いるベース塗料を流し込むタイミングは、特に限定されず、カラークリヤー塗料が完全に硬化する前、もしくは、後でもよい。
本発明では特に、カラークリヤー塗料が完全に硬化する前に、ベース塗料を流し込むことが好ましい。このような場合、カラークリヤー塗料中に含まれる着色顔料が、ベース塗料へと浸透していくものがあり、ベース塗料の色相とあいまって、より深みのある美観性を得ることができる。また、ベース塗料中に着色顔料を含む場合は、ベース塗料中に含まれる着色顔料が、カラークリヤー塗料中へと浸透していき、より深みのある美観性を得ることができる。具体的には、通常カラークリヤー塗料を流し込んでから0分後〜180分後(好ましくは0.5分後〜120分後)程度が好ましい。
また、ベース塗料を流し込む前に、骨材等をカラークリヤー塗料の上に散布した後に、ベール塗料を流し込むこともできる。

0033

また、ベース塗料を流し込むタイミングを調整することで、着色顔料の浸透度合いを調整することもできる。
ベース塗料の使用量は、500g/m2以上、好ましくは500g/m2〜10000g/m2、さらに好ましくは1000g/m2〜6000g/m2程度となるように流し込めばよい。

0034

該ベース塗料が硬化した後、脱型して、本発明の化粧シートを得る。ベース塗料、カラークリヤー塗料の硬化は、自然乾燥による硬化でもよいし、熱等を加えて強制的に硬化させてもよい。
このような型枠を用いた製造方法では、カラークリヤー塗膜が最表面となる化粧シートが得られる。本発明の製造方法によれば、湿式工法等に比べて、塗料の垂れピンホール等の問題が起こりにくく、また、熟練した技術を要しなくても、優れた美観性を簡便に得ることができる。また、型枠の凹凸模様は、凹凸による意匠感を表出するものであるが、クリヤー塗膜艶消し効果等にも作用し、よりいっそう深みのある美観性を得ることができる。
また、本発明の化粧シートのベース塗膜側には、補強平滑化等を目的として、補強層を設けることもできる。

0035

このようにして得られた化粧シートは、戸建住宅集合住宅店舗、各種公共施設等の建築物の壁面、柱等に対し、接着剤粘着剤を介して貼着することによって施工する。接着剤、粘着剤としては、特に限定されず、汎用のものを使用することができる。粘着テープ等を使用することもできる。

0036

(実施例1)
砂岩調模様を有するシリコン型枠に、温度23℃の条件下で、表1に示すカラークリヤー塗料1を150g/m2流し込み、1分後、表1に示すベース塗料1を2000g/m2流し込み、24時間後、脱型して、砂岩調模様の化粧シートを得た。
得られた化粧シートは、凹凸感のある奥深い色調を有し、かつ、深みのある輝度感を有する美観性をかもし出していた。

0037

(実施例2)
砂岩調模様を有するシリコン型枠に、温度23℃の条件下で、表1に示すカラークリヤー塗料2を150g/m2流し込み、1分後、表1に示すベース塗料1を2000g/m2流し込み、24時間後、脱型して、砂岩調模様の化粧シートを得た。
得られた化粧シートは、凹凸感のある奥深い色調を有する深みのある美観性をかもし出していた。

0038

(実施例3)
砂岩調模様を有するシリコン型枠に、温度23℃の条件下で、表1に示すカラークリヤー塗料3を150g/m2流し込み、1分後、表1に示すベース塗料1を2000g/m2流し込み、24時間後、脱型して、砂岩調模様の化粧シートを得た。
得られた化粧シートは、凹凸感のある奥深い色調を有し、かつ、深みのある輝度感を有する美観性をかもし出していた。

0039

(実施例4)
砂岩調模様を有するシリコン型枠に、温度23℃の条件下で、表1に示すカラークリヤー塗料1を150g/m2流し込み、1分後、表1に示すベース塗料2を2000g/m2流し込み、24時間後、脱型して、砂岩調模様の化粧シートを得た。
得られた化粧シートは、凹凸感のある奥深い色調を有し、かつ、深みのある輝度感を有する美観性をかもし出していた。

0040

(実施例5)
砂岩調模様を有するシリコン型枠に、温度23℃の条件下で、表1に示すカラークリヤー塗料1を150g/m2流し込み、4時間後カラークリヤー塗料1が硬化した後に、表1に示すベース塗料1を2000g/m2流し込み、24時間後、脱型して、砂岩調模様の化粧シートを得た。
得られた化粧シートは、凹凸感のある色調を有し、かつ、深みのある輝度感を有する美観性をかもし出していた。

0041

(比較例1)
砂岩調模様を有するシリコン型枠に、温度23℃の条件下で、表1に示すカラークリヤー塗料4を150g/m2流し込み、1分後、表1に示すベース塗料1を2000g/m2流し込み、24時間後、脱型して、砂岩調模様の化粧シートを得た。
比較例1では、クリヤー塗料の隠蔽率が本発明の規定から外れていたため、得られた化粧シートは、深みのある色調が表出できず、単調な意匠となってしまった。

0042

0043

なお、各種塗料の粘度は、BH型粘度計(回転数:20rpm)を用いて、温度23℃で測定した。測定結果は表1に示す。
また、各種クリヤー塗料の隠蔽率は、各種クリヤー塗料を試験紙の上に塗付厚(乾燥膜厚)が0.3mmとなるように塗付し、黒地上塗膜と白地上塗膜の視感反射率を色彩色差計「CR−300」(ミノルタ株式会社製)を用いて測定し算出した。結果は表1に示す。
また、ベース塗料の隠蔽率は、ベース塗料を試験紙の上に塗付厚(乾燥膜厚)が0.5mmとなるように塗付し、黒地上塗膜と白地上塗膜の視感反射率を色彩色差計「CR−300」(ミノルタ株式会社製)を用いて測定し算出した。結果は表1に示す。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ