図面 (/)

技術 表示データの作成方法、画像処理装置の表示を標準化する方法、画像処理装置、画像処理装置の制御システム、画像処理装置の制御方法、プログラム、およびコンピュータ読み取り可能な記録媒体

出願人 シャープ株式会社
発明者 ジョイピー.ラムマークリュースティーヴンスシンイチヤマムラ
出願日 2006年9月21日 (12年9ヶ月経過) 出願番号 2006-256440
公開日 2007年4月5日 (12年3ヶ月経過) 公開番号 2007-087398
状態 特許登録済
技術分野 画像処理 デジタル計算機のユーザインターフェイス オンライン・システム ファクシミリ一般 デジタル計算機のユーザインターフェイス 計算機・データ通信
主要キーワード 機能標準 トリガーポイント 電力通信線 ユーザ入力機構 USBメモリカード 書込み禁止状態 単機能装置 画像送信機
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2007年4月5日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

画像処理装置表示画面を制御するアプリケーションまたは遠隔演算装置を容易に構築できる画像処理装置、および画像処理装置の制御システムを提供する。

解決手段

表示画面を構成する表示データを、画像処理装置の表示能力に関らず共通のアプリケーション固有テンプレートフィールドデータ150A・150Bと、画像処理装置の表示能力に応じて異なるフォーム147とに分割しておく。画像処理装置140は、自身の記憶装置にフォーム147を格納する一方、テンプレートフィールドデータ150A・150Bについてはネットワーク接続された遠隔演算装置148A・148Bから取得する。そして、画像処理装置140は、受信したテンプレートフィールドデータ150A・150Bとフォーム147とを組み合わせることにより表示画面を作成する。

概要

背景

プリンタコピー機スキャナファックスなどの画像処理装置は、特定の用途または用途の組み合わせに対応するために、多彩な機能および能力を備えている。画像処理装置は、従来は別々であった画像処理装置の2つ以上の機能を組み合わせて、多機能周辺機器MFP)の形態を取ることが多い。MFPは、任意の数の画像処理装置をまとめたものであってよいが、通常は、プリンタ、画像読取器、コピー機、およびファックスの機能を備えている。

画像処理装置の中には、データの記憶および処理のために、コンピューティングリソース(例えばプロセッサハードディスクドライブメモリ、および、他のデバイス)を備えたものがある。画像処理装置にさらに特徴的構成や機能を付加すると、さらに高価に、そしてさらに複雑になる。

さらに複雑な画像処理装置およびMFPとしては、例えば、他の演算装置(例えばパーソナルコンピュータ、他の画像処理装置、ネットワークサーバ、および、他の機器)との通信を可能にするネットワーク接続機能を有するものがある。この接続機能により、画像処理装置は、自身が接続されたネットワーク上で利用可能な外部リソース(他の演算装置)を利用することが可能になる。

画像処理装置は、一般的に、複数のボタン、つまみ、その他のユーザ入力機構を有するユーザ入力パネルを備えている。また、表示パネルを備えた画像処理装置もある。この表示パネルとしては、表示のためだけに用いられるものもあれば、ユーザがディスプレイ上で直接入力できるタッチパネルディスプレイもある。

タッチパネルディスプレイ、または、協働するボタンが設けられたディスプレイを備えている装置は、ユーザ入力によって選択されるメニューデータを表示することができる。このメニューデータは、通常、画像処理装置内の基板上のサーバモジュールによって操作される。

このようなネットワーク接続機能を有する画像処理装置の中には、自機で実行するアプリケーションプログラムと、そのアプリケーションを操作するための操作画面とをサーバから取得するものがある(特許文献1参照)。

また、サーバから取得した操作画面をユーザの好みに応じて編集できる画像処理装置が特許文献2に開示されている。
特開2003−84939号公報(平成15年3月20日公開
特開2005−57617号公報(平成17年3月3日公開)

概要

画像処理装置の表示画面を制御するアプリケーションまたは遠隔演算装置を容易に構築できる画像処理装置、および画像処理装置の制御システムを提供する。表示画面を構成する表示データを、画像処理装置の表示能力に関らず共通のアプリケーション固有テンプレートフィールドデータ150A・150Bと、画像処理装置の表示能力に応じて異なるフォーム147とに分割しておく。画像処理装置140は、自身の記憶装置にフォーム147を格納する一方、テンプレートフィールドデータ150A・150Bについてはネットワーク接続された遠隔演算装置148A・148Bから取得する。そして、画像処理装置140は、受信したテンプレートフィールドデータ150A・150Bとフォーム147とを組み合わせることにより表示画面を作成する。

目的

本発明は、上記の問題点に鑑みてなされたものであり、その目的は、画像処理装置の表示画面を制御するアプリケーションまたは遠隔演算装置を容易に構築できる画像処理装置、および画像処理装置の制御システムを提供することにある。

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
3件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

画像処理装置の表示に用いられる表示データの作成方法であって、アプリケーションから画像処理装置に非依存的表示情報を受け取る工程(a)と、画像処理装置に非依存的な上記表示情報を、画像処理装置が有する画像処理装置に依存的なフォーマット情報と組み合わせることにより、上記表示データを作成する工程(b)と、を含んでいることを特徴とする表示データの作成方法。

請求項2

上記工程(b)において、上記表示データをマークアップ言語ページ形式で作成することを特徴とする、請求項1に記載の表示データの作成方法。

請求項3

画像処理装置に非依存的な上記表示情報のセットが構文プロファイルであることを特徴とする、請求項1に記載の表示データの作成方法。

請求項4

画像処理装置に依存的な上記フォーマット情報のセットが、レイアウト属性および表示属性の中から選択される少なくとも1つの属性の情報を含んでいることを特徴とする、請求項1に記載の表示データの作成方法。

請求項5

上記工程(a)がHTTPリクエストを用いて行われることを特徴とする、請求項1に記載の表示データの作成方法。

請求項6

上記アプリケーションは、上記画像処理装置が有しているものであることを特徴とする、請求項1に記載の表示データの作成方法。

請求項7

上記アプリケーションは、遠隔演算装置が有しているものであることを特徴とする、請求項1に記載の表示データの作成方法。

請求項8

上記画像処理装置の表示装置に上記表示データを表示する工程をさらに含んでいることを特徴とする、請求項1に記載の表示データの作成方法。

請求項9

画像処理装置からアプリケーションへアプリケーションの選択情報を送る工程(a)と、画像処理装置から送信されたアプリケーションの上記選択情報を上記アプリケーションにおいて受け取る工程(b)と、上記画像処理装置から受け取ったアプリケーションの上記選択情報に対応する、アプリケーション固有テンプレートフィールドデータおよびフォーム識別子を見つけ出す工程(c)と、上記アプリケーション固有のテンプレートフィールドデータおよび上記フォーム識別子を上記画像処理装置に送る工程(d)と、上記アプリケーションから送られた上記アプリケーション固有のテンプレートフィールドデータおよび上記フォーム識別子を上記画像処理装置において受け取る工程(e)と、上記アプリケーション固有のテンプレートフィールドデータと、上記フォーム識別子に基づいて同定される格納フォームとを組み合わせて統合ページを作成する工程(f)と、を含んでいることを特徴とする画像処理装置の表示を標準化する方法。

請求項10

上記統合ページを上記画像処理装置において表示する工程をさらに含んでいることを特徴とする、請求項9に記載の画像処理装置の表示を標準化する方法。

請求項11

上記工程(a)は、少なくとも一部がHTTPリクエストを用いてなされることを特徴とする、請求項9に記載の画像処理装置の表示を標準化する方法。

請求項12

上記アプリケーションは、上記画像処理装置が有しているものであることを特徴とする、請求項9に記載の画像処理装置の表示を標準化する方法。

請求項13

上記アプリケーションは、遠隔演算装置が有しているものであることを特徴とする、請求項9に記載の画像処理装置の表示を標準化する方法。

請求項14

上記格納フォームは、上記画像処理装置が有しているものであることを特徴とする、請求項9に記載の画像処理装置の表示を標準化する方法。

請求項15

上記格納フォームは、遠隔演算装置が有しているものであることを特徴とする、請求項9に記載の画像処理装置の表示を標準化する方法。

請求項16

上記アプリケーション固有のテンプレートフィールドデータが、マークアップ言語フォーマットになっていることを特徴とする、請求項9に記載の画像処理装置の表示を標準化する方法。

請求項17

上記フォーム識別子が、XHTMLのフォームリファレンスであることを特徴とする、請求項9に記載の画像処理装置の表示を標準化する方法。

請求項18

上記フォーム識別子が上記アプリケーション固有のテンプレートフィールドデータと別に送られることを特徴とする、請求項9に記載の画像処理装置の表示を標準化する方法。

請求項19

上記統合ページがマークアップ言語の形式であることを特徴とする、請求項9に記載の画像処理装置の表示を標準化する方法。

請求項20

第1のアプリケーションにアクセスすることを目的とした第1のアプリケーションの選択情報を画像処理装置からテンプレート提供アプリケーションに送信する工程(a)と、テンプレート提供アプリケーションにおいて上記画像処理装置から送信された上記第1のアプリケーションの選択情報を受信する工程(b)と、上記第1のアプリケーションの選択情報を用いて、上記第1のアプリケーションの選択情報に対応付けられた、第1のアプリケーション固有のテンプレートフィールドデータおよび第1のフォーム識別子を同定する工程(c)と、同定した上記第1のアプリケーション固有のテンプレートフィールドデータおよび第1のフォーム識別子を取得する工程(d)と、取得した上記第1のアプリケーション固有のテンプレートフィールドデータおよび第1のフォーム識別子を上記テンプレート提供アプリケーションから上記画像処理装置に送信する工程(e)と、送信された上記第1のアプリケーション固有のテンプレートフィールドデータおよび第1のフォーム識別子を上記画像処理装置において受信する工程(f)と、上記第1のアプリケーション固有のテンプレートフィールドデータを、上記第1のフォーム識別子を基に同定される格納フォームと組み合わせることにより、第1の統合ページを作成する工程(g)と、上記第1の統合ページを上記画像処理装置へ送信する工程(h)と、第2のアプリケーションにアクセスすることを目的とした第2のアプリケーションの選択情報を画像処理装置からテンプレート提供アプリケーションに送信する工程(i)と、テンプレート提供アプリケーションにおいて上記画像処理装置から送信された上記第2のアプリケーションの選択情報を受信する工程(j)と、上記第2のアプリケーションの選択情報を用いて、上記第2のアプリケーションの選択情報に対応付けられた、第2のアプリケーション固有のテンプレートフィールドデータおよび第2のフォーム識別子を同定する工程(k)と、同定した上記第2のアプリケーション固有のテンプレートフィールドデータおよび第2のフォーム識別子を取得する工程(l)と、取得した上記第2のアプリケーション固有のテンプレートフィールドデータおよび第2のフォーム識別子を上記テンプレート提供アプリケーションから上記画像処理装置に送信する工程(m)と、送信された上記第2のアプリケーション固有のテンプレートフィールドデータおよび第2のフォーム識別子を上記画像処理装置において受信する工程(n)と、上記第2のアプリケーション固有のテンプレートフィールドデータを、上記第2のフォーム識別子を基に同定される格納フォームと組み合わせることにより、第2の統合ページを作成する工程(o)と、上記第2の統合ページを上記画像処理装置へ送信する工程(p)と、を含んでいることを特徴とする画像処理装置の表示を標準化する方法。

請求項21

ユーザに対して表示画面を表示するための表示装置および遠隔演算装置と通信するための通信装置を備えた画像処理装置であって、上記表示画面のデータの一部であって、表示装置の種類ごとに異なるデータであるフォームを格納する記憶装置と、上記通信装置を制御して、上記表示画面のデータの一部であって、表示装置の種類に関らず共通のデータであるテンプレートフィールドデータを上記遠隔演算装置から受信する受信手段と、上記記憶装置から上記フォームを取得するフォーム取得手段と、上記受信手段によって受信された上記テンプレートフィールドデータと、上記フォーム取得手段によって取得された上記フォームとを組み合わせることにより、表示データを作成する統合手段と、上記表示装置を制御して、上記表示データに応じた上記表示画面を表示する表示制御手段と、を備えていることを特徴とする画像処理装置。

請求項22

上記フォームは、上記表示画面に含まれる図形オブジェクトの形状データであり、上記テンプレートフィールドデータは、上記表示画面に含まれる図形オブジェクトの種類を示すオブジェクト指定データであることを特徴とする、請求項21に記載の画像処理装置。

請求項23

上記フォームは、上記表示画面に含まれるテキスト書式設定データであり、上記テンプレートフィールドデータは、上記テキストの文字列データであることを特徴とする、請求項21に記載の画像処理装置。

請求項24

請求項21に記載の画像処理装置と、上記画像処理装置と通信するための通信装置を有する遠隔演算装置とを備え、上記遠隔演算装置は、上記テンプレートフィールドデータを取得するテンプレートフィールドデータ取得手段と、上記遠隔演算装置の通信装置を制御して、上記テンプレートフィールドデータ取得手段によって取得されたテンプレートフィールドデータを上記画像処理装置に送信する送信手段とを備えていることを特徴とする画像処理装置の制御システム

請求項25

上記遠隔演算装置は、上記テンプレートフィールドデータを格納する記憶装置を備え、上記テンプレートフィールドデータ取得手段は、上記遠隔演算装置の記憶装置から上記テンプレートフィールドデータを取得することを特徴とする、請求項24に記載の画像処理装置の制御システム。

請求項26

上記テンプレートフィールドデータ取得手段は、他の遠隔演算装置から上記テンプレートフィールドデータを取得することを特徴とする、請求項24に記載の画像処理装置の制御システム。

請求項27

上記画像処理装置は、自身の通信装置を制御して、ユーザが実行を所望するアプリケーションの種類を示すアプリケーション選択情報を遠隔演算装置に送信する選択情報送信手段をさらに備え、上記遠隔演算装置は、当該遠隔演算装置の通信装置を制御して、上記画像処理装置の選択情報送信手段から上記アプリケーション選択情報を受信する選択情報受信手段をさらに備え、上記画像処理装置の記憶装置は、上記フォームをフォーム識別子と対応付けて格納し、上記遠隔演算装置の記憶装置は、上記テンプレートフィールドデータおよびフォーム識別子を上記アプリケーションの選択情報と対応付けて格納し、上記テンプレートフィールドデータ取得手段は、上記遠隔演算装置の記憶装置から、上記選択情報受信手段によって受信された上記アプリケーション選択情報に対応する上記テンプレートフィールドデータおよびフォーム識別子を取得し、上記遠隔演算装置の送信手段は、上記テンプレートフィールドデータとともにフォーム識別子を送信し、上記画像処理装置の受信手段は、上記テンプレートフィールドデータとともに上記フォーム識別子を受信し、上記画像処理装置のフォーム取得手段は、上記記憶装置から、上記画像処理装置の受信手段によって受信された上記フォーム識別子に対応する上記フォームを取得することを特徴とする、請求項25に記載の画像処理装置の制御システム。

請求項28

請求項21に記載の画像処理装置の各手段としてコンピュータを機能させるためのプログラム

請求項29

請求項28に記載のプログラムが記録されたコンピュータ読み取り可能な記録媒体

請求項30

請求項24に記載の画像処理装置の制御システムの各手段としてコンピュータを機能させるためのプログラム。

請求項31

請求項30に記載のプログラムが記録されたコンピュータ読み取り可能な記録媒体。

請求項32

ユーザに対して表示画面を表示するための表示装置および遠隔演算装置と通信するための通信装置を備えた画像処理装置の制御方法であって、上記画像処理装置の受信手段が、上記通信装置を制御して、上記表示画面のデータの一部であって、表示装置の種類に関らず共通のデータであるテンプレートフィールドデータを上記遠隔演算装置から受信する受信工程と、上記画像処理装置のフォーム取得手段が、上記表示画面のデータの一部であって、表示装置の種類ごとに異なるデータであるフォームを格納する記憶装置から上記フォームを取得するフォーム取得工程と、上記画像処理装置の統合手段が、上記受信工程によって受信された上記テンプレートフィールドデータと、上記フォーム取得工程によって取得された上記フォームとを組み合わせることにより、表示データを作成する統合工程と、上記画像処理装置の表示制御手段が、上記表示装置を制御して、上記表示データに応じた上記表示画面を表示する表示制御工程と、を含んでいることを特徴とする画像処理装置の制御方法。

技術分野

0001

本発明は、画像処理装置における表示の標準化に関する方法およびシステムに関するものである。

背景技術

0002

プリンタコピー機スキャナファックスなどの画像処理装置は、特定の用途または用途の組み合わせに対応するために、多彩な機能および能力を備えている。画像処理装置は、従来は別々であった画像処理装置の2つ以上の機能を組み合わせて、多機能周辺機器MFP)の形態を取ることが多い。MFPは、任意の数の画像処理装置をまとめたものであってよいが、通常は、プリンタ、画像読取器、コピー機、およびファックスの機能を備えている。

0003

画像処理装置の中には、データの記憶および処理のために、コンピューティングリソース(例えばプロセッサハードディスクドライブメモリ、および、他のデバイス)を備えたものがある。画像処理装置にさらに特徴的構成や機能を付加すると、さらに高価に、そしてさらに複雑になる。

0004

さらに複雑な画像処理装置およびMFPとしては、例えば、他の演算装置(例えばパーソナルコンピュータ、他の画像処理装置、ネットワークサーバ、および、他の機器)との通信を可能にするネットワーク接続機能を有するものがある。この接続機能により、画像処理装置は、自身が接続されたネットワーク上で利用可能な外部リソース(他の演算装置)を利用することが可能になる。

0005

画像処理装置は、一般的に、複数のボタン、つまみ、その他のユーザ入力機構を有するユーザ入力パネルを備えている。また、表示パネルを備えた画像処理装置もある。この表示パネルとしては、表示のためだけに用いられるものもあれば、ユーザがディスプレイ上で直接入力できるタッチパネルディスプレイもある。

0006

タッチパネルディスプレイ、または、協働するボタンが設けられたディスプレイを備えている装置は、ユーザ入力によって選択されるメニューデータを表示することができる。このメニューデータは、通常、画像処理装置内の基板上のサーバモジュールによって操作される。

0007

このようなネットワーク接続機能を有する画像処理装置の中には、自機で実行するアプリケーションプログラムと、そのアプリケーションを操作するための操作画面とをサーバから取得するものがある(特許文献1参照)。

0008

また、サーバから取得した操作画面をユーザの好みに応じて編集できる画像処理装置が特許文献2に開示されている。
特開2003−84939号公報(平成15年3月20日公開
特開2005−57617号公報(平成17年3月3日公開)

発明が解決しようとする課題

0009

しかしながら、上記従来の技術には、多数の画像処理装置の操作画面を制御するアプリケーションを、例えば画像処理装置や遠隔演算装置などに構築する場合に、アプリケーションの構築が煩雑になるという問題点がある。

0010

通常、画像処理装置の有するディスプレイの表示能力は、画像処理装置の種類に応じて異なっている。従って、ディスプレイの表示能力が互いに異なる複数種類の画像処理装置の操作画面を制御するアプリケーションを構築する場合、アプリケーション側は、画像処理装置が備えるディスプレイの種類ごとに、操作画面のデータを準備する必要がある。それゆえ、アプリケーションの構築が煩雑になってしまうという欠点があった。

0011

本発明は、上記の問題点に鑑みてなされたものであり、その目的は、画像処理装置の表示画面を制御するアプリケーションまたは遠隔演算装置を容易に構築できる画像処理装置、および画像処理装置の制御システムを提供することにある。

課題を解決するための手段

0012

上記課題を解決するために、本発明に係る表示データの作成方法は、画像処理装置の表示に用いられる表示データの作成方法であって、アプリケーションから画像処理装置に非依存的表示情報を受け取る工程(a)と、画像処理装置に非依存的な上記表示情報を、画像処理装置が有する画像処理装置に依存的なフォーマット情報と組み合わせることにより、上記表示データを作成する工程(b)と、を含んでいることを特徴とする。

0013

上記構成によれば、表示データのうち、画像処理装置(の表示装置)に依存的なフォーマット情報については、アプリケーションから取得するのではなく、画像処理装置が予め有している構成となっている。そして、画像処理装置は、表示データのうち、画像処理装置(の表示装置)に依存しない共通の表示情報をアプリケーションから取得する構成となっている。このように、表示データを、画像処理装置の表示装置ごとに異なるデータ(すなわちフォーマット情報)と、画像処理装置の表示装置の種類に関らず共通のデータとに分割し、画像処理装置は、後者のみをアプリケーションから受け取る構成となっているので、アプリケーションに、画像処理装置の表示装置の種類ごとに、表示データを準備する必要がなくなる。従って、画像処理装置の表示画面を制御するアプリケーションを容易に構築することができる。

0014

なお、本発明に係る表示データの作成方法は、上記工程(b)において、上記表示データをマークアップ言語ページ形式で作成してもよい。

0015

また、本発明に係る表示データの作成方法は、画像処理装置に非依存的な上記表示情報のセットが構文プロファイルであることが好ましい。

0016

また、本発明に係る表示データの作成方法は、画像処理装置に依存的な上記フォーマット情報のセットが、レイアウト属性および表示属性の中から選択される少なくとも1つの属性の情報を含んでいることが好ましい。

0017

上記構成によれば、レイアウト属性や表示属性を、画像処理装置ごとに用意されるフォーマット情報として扱い、個々の画像処理装置がこのフォーマット情報を有しているので、表示画面を制御するアプリケーションの構築を容易にしつつ、画像処理装置に表示装置の表示能力に合わせた表示画面を表示させることができる。

0018

なお、本発明に係る表示データの作成方法は、上記工程(a)がHTTPリクエストを用いて行われてもよい。

0019

なお、上記アプリケーションは、上記画像処理装置が有しているものであってもよいし、遠隔演算装置(サーバ)が有しているものであってもよい。

0020

また、本発明に係る表示データの作成方法は、上記画像処理装置の表示装置に上記表示データを表示する工程をさらに含んでいることが好ましい。

0021

また、上記課題を解決するために、本発明に係る画像処理装置の表示を標準化する方法は、画像処理装置からアプリケーションへアプリケーションの選択情報を送る工程(a)と、画像処理装置から送信されたアプリケーションの上記選択情報を上記アプリケーションにおいて受け取る工程(b)と、上記画像処理装置から受け取ったアプリケーションの上記選択情報に対応する、アプリケーション固有テンプレートフィールドデータおよびフォーム識別子を見つけ出す工程(c)と、上記アプリケーション固有のテンプレートフィールドデータおよび上記フォーム識別子を上記画像処理装置に送る工程(d)と、上記アプリケーションから送られた上記アプリケーション固有のテンプレートフィールドデータおよび上記フォーム識別子を上記画像処理装置において受け取る工程(e)と、上記アプリケーション固有のテンプレートフィールドデータと、上記フォーム識別子に基づいて同定される格納フォームとを組み合わせて統合ページを作成する工程(f)と、を含んでいることを特徴とする。

0022

上記構成によれば、表示データを構成するデータのうち、テンプレートフィールドデータについては、アプリケーションが管理する構成となっているが、画像処理装置の表示装置の表示能力に応じて変更される格納フォームについてはアプリケーションから分離されている。従って、画像処理装置の表示画面を制御するアプリケーションを容易に構築することができる。

0023

さらに、上記構成によれば、アプリケーションに応じた様々な表示画面を画像処理装置の表示装置に表示させることができる。

0024

また、本発明に係る表示データの作成方法は、上記統合ページを上記画像処理装置において表示する工程をさらに含んでいることが好ましい。

0025

また、上記工程(a)は、少なくとも一部がHTTPリクエストを用いてなされるものであってもよい。

0026

なお、上記アプリケーションは、上記画像処理装置が有しているものであってもよいし、遠隔演算装置(サーバ)が有しているものであってもよい。

0027

また、上記格納フォームは、上記画像処理装置が有しているものであってもよいし、遠隔演算装置が有しているものであってもよい。

0028

また、本発明に係る表示データの作成方法は、上記アプリケーション固有のテンプレートフィールドデータが、マークアップ言語フォーマットになっていてもよい。

0029

また、本発明に係る表示データの作成方法は、上記フォーム識別子が、XHTMLのフォームリファレンスであってもよい。

0030

また、本発明に係る表示データの作成方法は、上記フォーム識別子が上記アプリケーション固有のテンプレートフィールドデータと別に送られてもよい。

0031

また、本発明に係る表示データの作成方法は、上記統合ページがマークアップ言語の形式であってもよい。

0032

また、上記課題を解決するために、本発明に係る画像処理装置は、第1のアプリケーションにアクセスすることを目的とした第1のアプリケーションの選択情報を画像処理装置からテンプレート提供アプリケーションに送信する工程(a)と、テンプレート提供アプリケーションにおいて上記画像処理装置から送信された上記第1のアプリケーションの選択情報を受信する工程(b)と、上記第1のアプリケーションの選択情報を用いて、上記第1のアプリケーションの選択情報に対応付けられた、第1のアプリケーション固有のテンプレートフィールドデータおよび第1のフォーム識別子を同定する工程(c)と、同定した上記第1のアプリケーション固有のテンプレートフィールドデータおよび第1のフォーム識別子を取得する工程(d)と、取得した上記第1のアプリケーション固有のテンプレートフィールドデータおよび第1のフォーム識別子を上記テンプレート提供アプリケーションから上記画像処理装置に送信する工程(e)と、送信された上記第1のアプリケーション固有のテンプレートフィールドデータおよび第1のフォーム識別子を上記画像処理装置において受信する工程(f)と、上記第1のアプリケーション固有のテンプレートフィールドデータを、上記第1のフォーム識別子を基に同定される格納フォームと組み合わせることにより、第1の統合ページを作成する工程(g)と、上記第1の統合ページを上記画像処理装置へ送信する工程(h)と、第2のアプリケーションにアクセスすることを目的とした第2のアプリケーションの選択情報を画像処理装置からテンプレート提供アプリケーションに送信する工程(i)と、テンプレート提供アプリケーションにおいて上記画像処理装置から送信された上記第2のアプリケーションの選択情報を受信する工程(j)と、上記第2のアプリケーションの選択情報を用いて、上記第2のアプリケーションの選択情報に対応付けられた、第2のアプリケーション固有のテンプレートフィールドデータおよび第2のフォーム識別子を同定する工程(k)と、同定した上記第2のアプリケーション固有のテンプレートフィールドデータおよび第2のフォーム識別子を取得する工程(l)と、取得した上記第2のアプリケーション固有のテンプレートフィールドデータおよび第2のフォーム識別子を上記テンプレート提供アプリケーションから上記画像処理装置に送信する工程(m)と、送信された上記第2のアプリケーション固有のテンプレートフィールドデータおよび第2のフォーム識別子を上記画像処理装置において受信する工程(n)と、上記第2のアプリケーション固有のテンプレートフィールドデータを、上記第2のフォーム識別子を基に同定される格納フォームと組み合わせることにより、第2の統合ページを作成する工程(o)と、上記第2の統合ページを上記画像処理装置へ送信する工程(p)と、を含んでいることを特徴とする。

0033

上記工程によれば、表示データを、画像処理装置の表示装置の表示能力に依存するテンプレートフィールドデータと、画像処理装置の表示装置の表示能力に関らず共通の格納フォームとに分割し、アプリケーション(テンプレート提供アプリケーション)が、後者のみを画像処理装置に送る構成となっている。よって、アプリケーションには、画像処理装置の表示装置の種類ごとに、表示データを準備する必要がなくなる。従って、画像処理装置の表示画面を制御するアプリケーション(テンプレート提供アプリケーション)を容易に構築することができる。

0034

また、上記課題を解決するために、本発明に係る画像処理装置は、アプリケーションを使用する際にユーザに対して表示画面を表示するための表示装置および遠隔演算装置と通信するための通信装置を備えた画像処理装置であって、上記表示画面のデータの一部であって、表示装置の種類ごとに異なるデータであるフォームを格納する記憶装置と、上記通信装置を制御して、上記表示画面のデータの一部であって、表示装置の種類に関らず共通のデータであるテンプレートフィールドデータを上記遠隔演算装置から受信する受信手段と、上記記憶装置から上記フォームを取得するフォーム取得手段と、上記受信手段によって受信された上記テンプレートフィールドデータと、上記フォーム取得手段によって取得された上記フォームとを組み合わせることにより、表示データを作成する統合手段とを備え、上記表示装置は、上記表示データに応じた上記表示画面を表示することを特徴とする。

0035

また、上記課題を解決するために、本発明に係る画像処理装置の制御方法は、ユーザに対して表示画面を表示するための表示装置および遠隔演算装置と通信するための通信装置を備えた画像処理装置の制御方法であって、受信手段が、上記通信装置を制御して、上記表示画面のデータの一部であって、表示装置の種類に関らず共通のデータであるテンプレートフィールドデータを上記遠隔演算装置から受信する受信工程と、フォーム取得手段が、上記表示画面のデータの一部であって、表示装置の種類ごとに異なるデータであるフォームを格納する記憶装置から上記フォームを取得するフォーム取得工程と、統合手段が、上記受信工程によって受信された上記テンプレートフィールドデータと、上記フォーム取得工程によって取得された上記フォームとを組み合わせることにより、表示データを作成する統合工程と、表示制御手段が、上記表示装置を制御して、上記表示データに応じた上記表示画面を表示する表示制御工程と、を含んでいることを特徴とする。

0036

上記構成によれば、表示画面を構成する表示データは、表示装置の種類に関らず共通のデータであるテンプレートフィールドデータ(共通データ)と、表示装置の種類ごとに異なるデータであるフォームとに分割される。そして、上記テンプレートフィールドデータについては、遠隔演算装置から画像処理装置に送信する一方、上記フォームについては、画像処理装置が有する構成となっている。これにより、遠隔演算装置を構築する場合に、画像処理装置の表示装置の種類ごとに表示データを遠隔演算装置に用意する必要をなくすことができるので、画像処理装置の表示画面を制御する遠隔演算装置を容易に構築することができる。

0037

例えば、上記フォームは、上記表示画面に含まれる図形オブジェクトの形状データであり、上記テンプレートフィールドデータは、上記表示画面に含まれる図形オブジェクトの種類を示すオブジェクト指定データであってもよい。

0038

上記構成によれば、図形オブジェクトを含む表示画面を作成する場合に、図形オブジェクトの種類を示すデータを遠隔演算装置が提供し、個々の図形オブジェクトの形状については、画像処理装置が管理する。よって、遠隔演算装置の構築を容易にしつつ、画像処理装置の表示装置には、表示装置の表示能力に応じた図形オブジェクトを表示させることができる。

0039

あるいは、上記フォームは、上記表示画面に含まれるテキスト書式設定データであり、上記テンプレートフィールドデータは、上記テキストの文字列データであってもよい。

0040

上記構成によれば、テキストを含む表示画面を作成する場合に、テキストの文字列データを遠隔演算装置が提供し、テキストの書式設定については、画像処理装置が管理する。よって、遠隔演算装置の構築を容易にしつつ、画像処理装置の表示装置には、表示装置の表示能力に応じたテキストを表示させることができる。

0041

また、上記課題を解決するために、本発明に係る画像処理装置の制御システムは、上述した画像処理装置と、上記画像処理装置と通信するための通信装置を有する遠隔演算装置とを備え、上記遠隔演算装置は、上記テンプレートフィールドデータを取得するテンプレートフィールドデータ取得手段と、上記遠隔演算装置の通信装置を制御して、上記テンプレートフィールドデータ取得手段によって取得されたテンプレートフィールドデータを上記画像処理装置に送信する送信手段とを備えていることを特徴とする。

0042

上記構成によれば、上述した画像処理装置を備えているので、画像処理装置の表示画面を制御する遠隔演算装置を容易に構築することができる。

0043

また、上記遠隔演算装置は、上記テンプレートフィールドデータを格納する記憶装置を備え、上記テンプレートフィールドデータ取得手段は、上記遠隔演算装置の記憶装置から上記テンプレートフィールドデータを取得してもよい。

0044

あるいは、上記テンプレートフィールドデータ取得手段は、他の遠隔演算装置から上記テンプレートフィールドデータを取得してもよい。

0045

また、上記画像処理装置は、自身の通信装置を制御して、ユーザが実行を所望するアプリケーションの種類を示すアプリケーション選択情報を遠隔演算装置に送信する選択情報送信手段をさらに備え、上記遠隔演算装置は、当該遠隔演算装置の通信装置を制御して、上記画像処理装置の選択情報送信手段から上記アプリケーション選択情報を受信する選択情報受信手段をさらに備え、上記画像処理装置の記憶装置は、上記フォームをフォーム識別子と対応付けて格納し、上記遠隔演算装置の記憶装置は、上記テンプレートフィールドデータおよびフォーム識別子を上記アプリケーションの選択情報と対応付けて格納し、上記テンプレートフィールドデータ取得手段は、上記遠隔演算装置の記憶装置から、上記選択情報受信手段によって受信された上記アプリケーション選択情報に対応する上記テンプレートフィールドデータおよびフォーム識別子を取得し、上記遠隔演算装置の送信手段は、上記テンプレートフィールドデータとともにフォーム識別子を送信し、上記画像処理装置の受信手段は、上記テンプレートフィールドデータとともに上記フォーム識別子を受信し、上記画像処理装置のフォーム取得手段は、上記記憶装置から、上記画像処理装置の受信手段によって受信された上記フォーム識別子に対応する上記フォームを取得することが好ましい。

0046

上記構成によれば、アプリケーションに応じた様々な表示画面を画像処理装置の表示装置に表示させることができる。

0047

ところで、上記画像処理装置または画像処理装置の制御システムは、ハードウェアで実現してもよいし、プログラムをコンピュータに実行させることによって実現してもよい。具体的には、本発明に係るプログラムは、上記各手段としてコンピュータを動作させるプログラムであり、本発明に係る記録媒体には、当該プログラムが記録されている。

0048

これらのプログラムがコンピュータによって実行されると、当該コンピュータは、上記画像処理装置または画像処理装置の制御システムとして動作するので、同様の効果を奏する。

発明の効果

0049

以上のように、本発明では、表示画面を構成する表示データを、画像処理装置(の表示装置)の種類に関らず共通のデータと、画像処理装置(の表示装置)の種類に応じて異なったフォーム(またはフォーマット情報)とに分割し、前者のみをアプリケーションまたは遠隔演算装置が管理する構成となっている。従って、画像処理装置の表示画面を制御するアプリケーションまたは遠隔演算装置を容易に構築することができるという効果を奏する。

発明を実施するための最良の形態

0050

本発明の一実施形態について、図を参照しながら説明する。なお、全ての図中において、同様の部材には同じ符号を付与している。また、これらの各図は、詳細な説明の一部として明確に組み入れられるものである。

0051

本発明の構成要素を、ここに示されている図においては一般化して描き、説明しているが、多種多様な形態に変更および設計することができる。したがって、本発明の方法およびシステムの実施形態に関する以下の詳細な説明は、本発明の範囲を限定するものではなく、単に、本発明の現時点での好ましい実施形態の一例を示すものに過ぎない。

0052

本発明の実施形態の構成要素を、ハードウェア、ファームウェアおよび/またはソフトウェアに組み込んでもよい。本明細書中に記載されている典型的な実施形態は、これらの形態のほんの一例を説明しているが、当業者であれば、本発明の範囲内において、これらの構成要素をこれらのあらゆる形態において実施できることを理解できるであろう。

0053

本発明の実施形態は、画像処理装置を遠隔演算装置のアプリケーションと統合するインターフェースならびに構成(アーキテクチャ)、および、画像処理装置単体では不可能なソリューションを提供する環境を含んでいる。また、ネットワーク上のアプリケーションが、画像処理装置の機能をプログラム制御でき、かつ画像処理装置の入力パネルを介してユーザと交信できる基本設備インフラストラクチャ)およびインターフェースを含んでいてもよい。画像処理装置内で実用的でないソフトウェア機能は、画像処理装置からアクセス可能なサーバ上で実行することができる。

0054

本明細書および特許請求の範囲では、画像処理装置(IDev)を、画像処理機能を有する装置として説明する。ここでいう画像処理機能には、例えば、画像読取、印刷コピー画像伝送(送信および受信)、画像変換などの機能が含まれる。典型的な画像処理装置としては、プリンタ、コピー機、ファックス、画像読取器、画像を伝送,変換,または加工する演算装置等がある。また、画像処理装置(IDev)は、複数の画像処理機能を有するものであってよい。例えば、これに限定されるものではないが、一般的には、プリンタ、画像読取器、コピー機および/またはファックス、または画像送信機受信機のうちの複数の機能がある多機能周辺機器(MFP)は、画像処理装置の1タイプである。なお、MFPとしての他の画像処理装置は、上記以外の機能の組み合わせを備えたものであってよい。

0055

本明細書および特許請求の範囲では、遠隔演算装置(RCD;リモートコンピュータ機器)を、データ処理ができ、かつ通信回線を介して他の装置と通信できる能力を有する装置とする。遠隔演算装置(RCD)は、画像処理装置などの他の装置と通信するための、例えばネットワーク接続電話線シリアルケーブル、または他の有線リンクあるいは無線リンクのような通信用リンクを必要とするリモート装置である。典型的な遠隔演算装置(RCD)としては、通信用リンクを有するネットワークサーバ、ネットワークコンピュータ、その他の処理装置、および、その他の記憶装置などが挙げられる。

0056

本発明のいくつかの実施形態を、図1および図2を参照して説明する。これらの実施形態は、画像処理装置(IDev)4を備えている。この画像処理装置4は、多機能周辺機器(MFP)であってもよく単機能装置であってもよい。画像処理装置4は、ユーザインターフェース(UI)パネル2をさらに備えている。ユーザインターフェースパネル2は、入力ボタン14および表示装置16を備えている。あるいは、ユーザインターフェースパネル2は、タッチパネルシステムを備えていてもよい。タッチパネルシステムは、ボタン14を備えていてもいなくてもよい。また、ユーザ入力および表示は、別個UI装置8を介して実行されるものであってよい。このUI装置8は、例えばUSB、ネットワークケーブル無線などの通信回線12によって、画像処理装置4と接続されている。UI装置8は、表示装置だけでなく、キーボードまたはボタンのような入力装置を備えていてよい。また、UI装置8に備えられる表示装置は、タッチスクリーンパネルであってもよい。このような種類のUI装置8は、リモート入力装置からUI装置8へと入力された命令を伝送するためのインターフェースをさらに備えていてもよい。また、UI装置8は、画像処理装置4へ伝送するための入力データを記憶するために構成されている記憶装置(例えば、メモリスティックUSBメモリカードなど)を備えていてよい。

0057

これらの実施形態は、ネットワーク10などの通信リンクを介して画像処理装置4とリンクされている遠隔演算装置(RCD)6をさらに備えている。このネットワーク10は、一般的な有線リンクまたは無線リンクであってよい。

0058

本発明の実施形態では、遠隔演算装置6から、ネットワーク10を介して、画像処理装置4のUIパネル2またはUI装置8へとメニューデータを提供してもよい。このメニューデータが画像処理装置4へ送られると、画像処理装置4のUIパネル2あるいはUI装置8を使用して、遠隔演算装置6上において動作するアプリケーションと情報交換することができる。UIパネル2あるいはUI装置8が受け付けたユーザ入力を、遠隔演算装置6へ直接戻してもよい。

0059

ウェブサービスは、URI(Uniform Resource Identifier)によって識別されたソフトウェアアプリケーションである。URIのインターフェースおよびバインディング(binding)は、XML(Extensible Markup Language)のアーティファクトによって定義、記述発見される機能を持ち、また、XMLベースのメッセージを用いて、インターネットベースプロトコルを介して、他のソフトウェアアプリケーションと直接情報交換することをサポートする。

0060

遠隔演算装置6上のアプリケーションは、1以上のウェブサービスを用いて、装置の機能を有効にしたり、無効にしたり、設定したり、あるいは装置の機能を制御したりするなど、画像処理装置4の様々な特性を制御することができる。

0061

本発明の実施形態では、遠隔演算装置6上で動作するネットワークアプリケーションは、画像処理装置4のI/Oパネル(UIパネル2)を介して、その画像処理装置4のユーザと情報交換できる。上記の実施形態では、画像処理装置4のユーザインターフェース(UI)(すなわち、タッチパネル、ボタン、または、ディスプレイ)をネットワークアプリケーションによって制御できる。また、カスタム表示画面またはカスタム表示メニューを、画像処理装置4に固有のユーザインターフェースと統合する形態もある。上記の実施形態では、画像処理装置4の機能の制御を、画像処理装置4のユーザインターフェースに対するユーザ入力に応じて画像処理装置4において実行する標準操作モードと、画像処理装置4のユーザインターフェースにおけるユーザ入力を介して遠隔演算装置6上のアプリケーションなどのネットワークリソースを利用するオープンシステムモードとの間で切り替える(hand off)ことができる。

0062

上記の実施形態では、テキストおよび図形を任意のフォーマットで表示するように、ネットワーク上で動作するアプリケーションが画像処理装置4のUIを完全に制御するようになっている。上記の実施形態では、上記アプリケーションは、所望のレイアウトで、ボタン、テキストボックス、および図形などをプログラム表示することができる。

0063

上記ユーザインターフェースの配置を、マークアップ言語などの標準言語を用いて容易にプログラムすることができてもよい。これらの言語としては、ハイパーテキストマークアップ言語(Hypertext Markup Language:HTML)、エクステンブルマークアップ言語(Extensible Markup Language:XML)、ワイヤレスマークアップ言語(Wireless Markup Language:WML)、エクステンシブルハイパーテキストマークアップ言語(Extensible Hypertext Markup Language:XHTML)等を用いることができる。

0064

遠隔演算装置6のアプリケーションまたはサーバのアプリケーションが、キーボードUIを画像処理装置4のUIパネル2またはUI装置8に表示させるように要求することができてもよい。また、この機能が、画像処理装置4において用いられることができ、遠隔演算装置6のアプリケーションによって再形成される必要がなくてもよい。また、上記遠隔演算装置6が、キーボードプロンプトデフォルト値を定義するようにしてもよい。これらの実施形態では、遠隔演算装置6は、OKボタンキャンセルボタンのような、画像処理装置4のユーザインターフェースにおける各ボタンの名称を変更でき、他のボタンを定義できる。

0065

また、画像処理装置4自体が、あるいは遠隔演算装置6が、画像処理装置4のユーザインターフェースにメニューテンプレートを供給するようにしてもよい。

0066

外部認証アプリケーション)
本発明の実施形態の中には、外部認証サーバとして登録されている遠隔演算装置6のアプリケーションを含んだものもある。この外部認証アプリケーションは、画像処理装置4へのアクセスを制御し、また画像処理装置4のユーザインターフェースを最上位で制御(top-level control)する。上記アプリケーションによるユーザインターフェースの制御は、内部制御部(internal auditor)による制御と同様の方法であってもよい。

0067

上記の実施形態において、画像処理装置4の制御部は、起動時に、外部認証アプリケーションが登録されているかどうかを確認する。登録されている場合、画像処理装置4は使用不可モードになり、上記アプリケーションは上記ユーザインターフェースを制御するために接続される。上記外部認証サーバを利用できない場合は、エラーメッセージが表示されて、画像処理装置4は使用不可のままである。この場合、画像処理装置4は、利用可能になるまで、上記外部認証サーバに定期的接続しようとする。下記の表1は、典型的な実施形態において、上記画像処理装置4が使用不可モードにある場合、何が上記ユーザインターフェースを制御するのかを表している。

0068

0069

(遠隔演算装置アプリケーション)
本発明の実施形態では、画像処理装置4のカスタムUIパネル2に対するアクセス方法は、アプリケーションによって異なっていてもよい。文書管理統合(Document Management integration)などのソリューションには、固有の画像送信画面を用いることが好ましいものもあるが、画像読取ジョブに関する付加的な情報を集約したUIパネルを表示すものもある。カスタム印刷アプリケーションのような他のソリューションに、固有の機能以外の個々のモードからアクセスしてもよい。

0070

これらソリューションアプリケーションの多様化するニーズに対応するため、上記の実施形態では、ユーザインターフェース制御に対する複数の統合ポイントをサポートしている。これらの統合ポイントは、ユーザによるアプリケーションを登録するための操作(「トリガー」)に基づいている。いくつかの実施形態では、アプリケーションがターゲット装置(画像処理装置4)に登録されることにより、「遠隔演算装置B」に対する接続命令がUIパネル2になされて「トリガーA」がいつ生じるのかを画像処理装置4が把握するようにしてもよい。典型的な実施形態において、アプリケーションは、複数の「トリガー」ポイントにおいて画像処理装置4と一体化されている。

0071

遠隔演算装置6は特定の機能に登録されており、画像処理装置4のユーザインターフェースにおいて上記機能(例えば画像送信)のハードウェアキーが押されたときに接続される。上記遠隔演算装置6によって供給されるユーザインターフェース情報は、画像処理装置4にもともと備えられている標準機能画面に代えて表示される。このトリガーは、既存の機能を完全なカスタムUIの機能に置き換えるアプリケーションに対しても使用できる。このようなアプリケーションとしては、例えば、代替画像読取ソリューション(alternative scan solution)や特殊ディスプレイなどがある。特殊ディスプレイとは、例えば、「セクション508」互換画面、または他の特殊なニーズに対応したインターフェースである。これら特殊ディスプレイは、大きなボタンまたは他の設備(accommodations)を備えていてもよい。

0072

また、画像処理装置4における各機能のメニューを、タッチスクリーン上に表示してもよい形態もある。また、このメニューは、サーバなどの遠隔演算装置6が登録するようにしてもよい。これによって、ソリューションアプリケーションが、カスタムコンテンツを供給し、かつ、画像処理装置4によって設けられた標準機能の一部を引き続き利用することが可能になる。カスタムアプリケーションに割り当てられたボタンが選択されると、その機能に登録されたソリューションと共にメニューが表示される。ユーザは所望のソリューションを選択することができ、遠隔演算装置6は、命令を受けるために接続される。

0073

遠隔演算装置6のアプリケーションを供給する独立型のRCDモードが、全画面上に表示される上記ユーザインターフェースのジョブキュー部分からアクセスすることができる形態もある。このトリガーポイントは、例えば画像処理装置4におけるカスタム印刷ソリューションのような、画像処理装置4の標準装置機能の一つに含まれないアプリケーションに使用できる。上記RCDメニューが選択されると、一般RCDモードに登録されているソリューションアプリケーションと共にメニューが表示される。ユーザは所望のソリューションを選択し、上記遠隔演算装置6は、命令を受けるために接続される。

0074

(ハードウェアキーの相互作用
本発明の実施形態の中には、画像処理装置4が使用可能であると、この装置を管理するために追加ハードウェアキーが使用されるものもある。典型的な実施形態におけるハードウェアキーの割り当てを表2に示す。

0075

0076

なお、*キーの押下によるログアウトに加えて、タイムアウトによるログアウトを実行するようにしてもよい。また、所定時間(例えば10秒〜240秒)が経過したときに自動的に消去する設定(あるいは使用不可にする設定)にしてもよい。これらの実施形態では、自動消去設定の時間内に何の動作もなかった場合、装置は自動的に使用不可モードに戻り、ユーザインターフェースを再制御するために遠隔演算装置6に接続を試みる

0077

(エラー&ジャム通知
特定のソリューションに応じて、遠隔演算装置アプリケーション(RCUアプリケーション)は、画像処理装置4のユーザインターフェースおよび特定の画像処理ジョブ(imaging job)を完全に、あるいは部分的に制御してもよい。部分的制御の場合、遠隔演算装置6がクリックモニタリングしながら、固有モード(native mode)においてユーザインターフェースの情報交換に応答できるようにし、ジョブを制御していてもよい。また、部分的制御として、遠隔演算装置アプリケーションが固有モードと一体化される構成としてもよい(ユーザインターフェーストリガー=機能カスタムメニュー)。画像処理装置4が、関連する遠隔演算装置アプリケーションに全てのエラーおよびジャム通知を送信するようにしてもよい。

0078

遠隔演算装置アプリケーションが画像処理装置4のユーザインターフェースおよびジョブを完全に制御するケースでは、エラーおよびジャム通知を、エラーの種類に応じて異なる方法で処理するようにしてもよい形態もある。修復可能なエラーの場合は、遠隔演算装置アプリケーションに通知が送信され、該アプリケーションは、UIパネル2またはUI装置8におけるメッセージの表示および通知されたエラーを解決する処理を行う。また、修復不可能なエラーの場合、画像処理装置モードとRCDモードとが情報交換して、エラー状態を適切に処理する(例えば、ユーザに、ジャムを消去するという命令を与える)。

0079

ハンドオフ制御(Control Handoffs))
画像処理ジョブ中の様々な時点において、複数のアプリケーションによって画像処理装置を制御するようにしてもよい。これらのアプリケーションとしては、特に限定されるものではないが、例えば外部認証アプリケーション、標準的なRCDアプリケーション、画像処理装置4の固有モードなどが含まれる。以下の説明では、典型的な実施形態における、典型的なジョブの様々な工程について、各工程中における制御を行う主体、およびどの様な種類の制御が可能であるかについて説明する。

0080

工程1:ユーザが、画像処理装置のユーザインターフェースにおいて、画像処理装置にアクセスするための証明データ提示する。この工程は、外部認証アプリケーションなどの遠隔演算装置6、または画像処理装置4自体に内蔵される内部課金(Internal Accounting)(固有モード)によって制御される。この工程の最後に、画像処理装置は使用可能になる。上記の外部認証アプリケーションはまた、デフォルトパラメータを指定してもよく、あるいは特定のジョブパラメータを使用不可にしてもよい(例えば、デフォルトファイル形式はPDFだが、ユーザがこれを変更できるようにしてもよい。また、カラーモードは白黒に設定されていて、ユーザがこれを変更できないようにしてもよい。)。

0081

工程2:ユーザが、上記画像処理装置の固有モードのいずれかまたは標準的なRCDのアプリケーションを使用して、ジョブパラメータを設定する。この工程の最後に、ユーザはジョブを開始するための入力を行う。この入力がなされると、任意の通知が上記の標準的なRCDアプリケーションへ送信される。次に、この標準的なRCDアプリケーションが、必要に応じてジョブパラメータを変更する。ユーザが入力を行ったときに通知を要求するアプリケーションの一例として、電子メールのアプリケーションが挙げられる。ユーザは、固有の画像送信画面または他の入力手段を使用して、画像読取オプションを選択し、電子メールの受信者を選択する。次に、ユーザは、カスタムアプリケーションボタンを選択して、メニューから、画像読取・電子メール送信(scan-to-e-mail)オプションを選択する。次に、ユーザのファイルについての許可設定を行うために、電子メールアプリケーションがカスタム画面を表示する。ユーザが原稿を画像読取器上に置いて処理を開始すると、電子メールアプリケーションは、ユーザによって設定された宛先パラメータを取り込み、上記の対象の宛先を、電子メールアプリケーションのFTPサーバに変更する。次に、電子メールアプリケーションは、上記ファイルを受信し、適切な許可を与え、ユーザによって選択された電子メールを受信者へ送信する。なお、いくつかの実施形態と同様に、上記アプリケーションが、読み取った画像のサムネイルを作成して表示させてユーザに確認させる場合、この時点で、遠隔演算装置のアプリケーションは、ユーザインターフェースの再制御を要求してもよい。

0082

工程3:上記ジョブが開始されると、画像処理装置は、このジョブの画像読取またはRIPingを実行して、それをHDDスプールする。画像処理装置が、外部認証アプリケーションを用いてジョブを認証するように構成されている場合は、上記アプリケーションへクリックレポートを送信して命令を待つ。上記外部認証アプリケーションは、ジョブの送信/印刷、キャンセル、またはジョブパラメータの変更をする(ジョブパラメータを変更して使用可能にする)ことができる。例えば、ルールベース印刷アプリケーションは、クリックレポートを受信後、ジョブパラメータの変更を求める。ルールベース印刷アプリケーションには、時刻、宛先、その他の多くのパラメータに基づいて、各ユーザが実行できる行為を制限する、ルールベース印刷およびルールベース画像読取をサポートしているものもある。例えば、マーケティンググループ内のユーザのみが高品質カラー画像を画像読取することができるように設定できる。例えば、別グループのユーザがカラー,600dpiを選択すると、ルールベースアプリケーションは、パラメータをカラー,200dpiに変更する。この工程の最後において、上記ジョブは許可されるか、あるいはキャンセルされる。

0083

工程4:工程2の標準的なRCDアプリケーションが、一時的な保存先としてHDDに宛先を指定した場合は、この工程は省略してもよい形態もある。また、この工程は、実施形態によっては、画像処理装置4上で動作するJava(登録商標)アプリケーションによって実行されるものであってもよい。例えば、政府機関は、画像処理装置4上で動作するカスタム暗号化アプリケーションを有することがある。このカスタム暗号化アプリケーションは、画像読取された文書を取り込み、それを暗号化し、その後、工程2においてユーザが選択した対象の宛先へと、この文書を送信するよう画像処理装置4に要求する。なお、この工程の後および送信/印刷工程後に、外部認証アプリケーションへ通知を送ると有益である形態もある。なぜならば、上記画像処理装置が、上記ファイルがどれほどの時間ハードディスクに記憶されるのか、あるいは、上記アプリケーションがそれを用いて何を行うのか、を認識していないからである。

0084

工程5:最終工程において、上記ファイルが実際に出力される。典型的な実施形態では、上記ファイルは、ネットワーク上で送信されるか、あるいは端末において印刷される。この工程の最後に、ジョブが正常に終了したという通知が、上記外部認証アプリケーションへ送信される。なお、上記標準的なRCDアプリケーションへも送信されるようにしてもよい。

0085

装置制御および管理API群
このAPI群によって、遠隔演算装置アプリケーションが、販売アプリケーション(vend applications;使用料徴収されるアプリケーション)を実行する画像処理装置へのアクセスを制御し、遠隔位置から該画像処理装置4を管理することができる。

0086

(装置制御および販売API(Device Control and Vend API))
本発明の実施形態では、装置制御および販売APIによって、アプリケーションが、画像処理装置4へのアクセスを可能または不可能にし、かつクリック数追跡記録するようにできるものもある。装置制御および販売APIは、遠隔演算装置6に以下に示す制御を行わせる。

0087

画像処理装置4の機能を使用可能/使用不可能にする:これにより、遠隔演算装置6が、画像処理装置4全体へのアクセス、または画像処理装置4の特定の機能へのアクセスを可能または不可能にして、個々のユーザの権利行使させることができる。典型的な実施形態としては、例えば表3に記載の機能を、アプリケーションによって任意に使用可能または使用不可能にするものもある。

0088

0089

使用されたクリックをレポートする:正常なジョブの最後に、使用されたクリックが遠隔演算装置RCDに戻ってレポートされる。

0090

0091

デビットモード(Debit Mode):これらの実施形態において、アプリケーションは画像処理装置4を使用可能にする際、現在のジョブが認証を要するか否かを指定する。この場合、上記ジョブはメモリにスプールされ、クリック情報(例えば表4において定義された情報)が遠隔演算装置6へ送信される。上記ジョブを削除すべきか、あるいは出力/送信するべきかを、遠隔演算装置6は画像処理装置4に通知する。この時、上記アプリケーションは、ジョブパラメータを変更するか否か選択することができる。上記アプリケーションが認証を要求しない場合、上記ジョブは通常通りに続行され、このジョブの最後にクリックレポートが送信される。

0092

印刷ジョブ課金:これらの実施形態において、遠隔演算装置6は、ウォークアップ機能(walk-up function)および印刷ジョブの監視を実行する。印刷ジョブの課金にあたり、画像処理装置4は、送信されてくる全ての印刷ジョブを監視し、またジョブを印刷する前にPJLヘッダー中課金データを検証のために遠隔演算装置6へ送る。遠隔演算装置6は、この課金データ(またはその不足)を検証して、ジョブを続行すべきかあるいはキャンセルすべきかを示す情報を画像処理装置4に与える。

0093

確認ジョブに関するレポート:これらの実施形態において、遠隔演算装置RCDは、例えば装置レポートや送信されてくるファックスジョブなど、遠隔演算装置RCDが特定のユーザと関連付けできない印刷ジョブの監視を要求する。遠隔演算装置RCDは、全ての未確認ジョブのクリック数を受信するための登録をして、これらのジョブを一般アカウント(general account)に請求することができる。

0094

装置管理API)
本発明の実施形態では、装置管理APIによって、ネットワークアプリケーションが、画像処理装置を遠隔設定および管理できるようにしてもよいものもある。典型的な実施形態では、上記装置管理APIは、遠隔演算装置6に以下の制御を行わせることができる。
装置状態−遠隔演算装置6は、画像処理装置4の現在の状態を要求する。これは、埋め込み型ウェブページ(embedded web pages)にレポートされる状態情報と同じである。
装置構成−遠隔演算装置6は、画像処理装置4によってサポートされている、インストールされているオプションの一覧を検索する。
・ウェブページ設定−遠隔演算装置6は、埋め込み型ウェブページ上で構成可能な任意の値を検索および設定する。
・キー操作プログラム−遠隔演算装置6は、ソフトウェアキーを含むキー操作プログラムにおいて構成可能な任意の値を検索および設定する。
カスタム設定−遠隔演算装置6は、カスタム設定において構成可能な任意の値を検索および設定する。
ジョブ状態−遠隔演算装置RCDは、現在のジョブキューおよび履歴情報を検索して、そのキューのジョブの優先順位を変更する、あるいは該ジョブを削除する。
・クリック数—遠隔演算装置6は、アカウントコードごとに、画像処理装置4におけるクリック数の総数および各機能のクリック数を検索する。
・データのセキュリティー設定−遠隔演算装置6は、DSK上の状態情報(例えば最終削除)を検索して、データ消去機能を開始する。
レッドデータ(REDDATA)−遠隔演算装置6は、レッドメッセージ(RED message)等で通常送信される全てのデータを検索する。
遠隔リブート—遠隔演算装置6は、画像処理装置4のリブートを開始する。

0095

上記の分類は、どの設定が含まれるべきかを詳述する典型的な実施形態として記載されているにすぎない。実施形態によっては、実際のAPIが、機能領域ごとに分類されているものもある。なぜなら、キー操作設定とウェブページ設定とが重複している可能性があるためである。

0096

(内部課金API(INTERNALACCOUNTING API))
内部課金APIによって、遠隔演算装置アプリケーションが、内部課金のシステムを構成し、かつクリック数をレポートすることができる。模範的な実施形態の中には、内部課金APIが、以下のものを含んでいるものもある。
監査オプションを設定−遠隔演算装置6は、どのモードの監査が可能であるのかを含む監査オプションを設定する。上記のモードとしては、例えば、「アカウント番号セキュリティー」、「無効なアカウントのジョブのキャンセル」などが含まれる。
・アカウントコードの管理−遠隔演算装置6は、アカウントコードを追加、編集、または削除する。
・アカウント制限−遠隔演算装置アプリケーションは、個別のアカウントコードまたは全アカウントコードの、クリック数の上限を機能別に指定する。
・アカウントリセット−遠隔演算装置アプリケーションは、個別のアカウントまたは全アカウントのクリック数をリセットする。
・クリック検索−遠隔演算装置6は、各アカウントコードのクリック数を機能別に検索する。

0097

フォントおよび書式管理API(Font and Form Management API))
上記の実施形態では、フォントおよび書式管理APIを含んでいてもよいものもある。フォントおよび書式管理APIによって、RCDアプリケーションが、フォントおよび書式を大容量記憶装置遠隔ダウンロードして管理することができる。実施形態の中には、フォントおよび書式管理APIは、遠隔演算装置6に以下の制御を行わせることができるものもある。
・大容量記憶装置の制御−遠隔演算装置6のアプリケーションは、記憶容量、利用可能なスペース、および書込み禁止モードを含む、大容量記憶装置の状態情報を検索し、かつ書込み禁止状態を変更する。
リソース一覧−遠隔演算装置アプリケーションは、記憶されているフォントおよび書式(例えば、フォントまたはマクロID、フォント番号、フォント/書式名、エスケープシーケンス、ファイルサイズなど)の一覧を検索する。
・リソースのダウンロード−遠隔演算装置アプリケーションは、PCLフォント、PCLマクロ、PSフォント、書式をダウンロードする。リソースがウェブページを介してダウンロードされる際に実行されるあらゆる特別な処理は、リソースがオープンシステムを介してダウンロードされる際にも実行される。
・リソースを削除−遠隔演算装置アプリケーションは、大容量記憶装置に記憶されている全てのリソースを削除する。
・リソースをアップロード−遠隔演算装置アプリケーションは、個々の、あるいは全てのリソースをアップロードする。効率的なメモリ管理を行えない画像処理装置4の場合、サーバアプリケーションは、この機能を用いて大容量記憶を「デフラグ」することができる。
・フォント/マクロID−遠隔演算装置アプリケーションは、PCLフォントおよびマクロに割り当てられたIDを割り当て、または変更する。

0098

(ファームウェア管理API(Firmware Management API))
上記の実施形態には、ファームウェア管理APIによって、遠隔演算装置またはネットワークアプリケーションが、画像処理装置ファームウェアを遠隔ダウンロードおよび管理するようにしてもよいものもある。典型的な実施形態では、ファームウェア管理APIは、遠隔演算装置6(例えばサーバ)に以下の制御を行わせることができる。
ファームウェアバージョン−遠隔演算装置アプリケーションは、現在のファームウェアバージョン番号を検索する。
サービスモード−遠隔演算装置アプリケーションは、MFPをサービスモードにして、ファームウェアのアップグレード阻害するであろう他のジョブを締め出す。サービスモード要求を受信すると、画像処理装置4は、送信されてくるジョブの受信を停止し、キューの全てのジョブを終了し、そして該画像処理装置4がサービスモードにあることをサーバに通知する。
・ファームウェアをアップデート−遠隔演算装置6は、最新ファームウェアバージョンを画像処理装置4にダウンロードする。再起動が必要である場合、ダウンロード終了後に画像処理装置4を自動的に再起動させる。
ダウンロード状態画像形成装置4は、ファームウェアのダウンロード後、遠隔演算装置6に状態通知(正常/エラー)を送信する。
旧バージョンへ戻す−ファームウェアが正常に更新されない場合、旧ファームウェアバージョンへ戻すよう画像処理装置4に要求する。

0099

装置機能API群)
上記の実施形態の中には、装置機能API群によって、遠隔演算装置アプリケーションが、画像処理装置の既存の機能を用いて新しいカスタムソリューションを提供することができるものもある。

0100

(画像送信API)
上記の実施形態の中には、画像送信APIによって、遠隔演算装置に以下の制御を行わせることができるものもある。
・画像送信パラメータ—遠隔演算装置RCDのアプリケーションは、以下の画像読取およびファックスパラメータ値入手および設定する:
・カラーまたは白黒
画像モード−テキスト、テキスト/フォト、フォト;露光レベル
解像度
・ファイル形式—ファイルの種類、圧縮、ファイルのページ数
・原稿—原稿サイズ、片面/両面、回転、ジョブビルド(job build)
・ファイル名
・件名
・メッセージ
送信元
予定送信時間
ページ分割(本の画像読取)
・表紙
伝送メッセージ機密、緊急など)
・薄紙の画像読取
・宛先
・文書ファイリング
・画像読取開始—遠隔演算装置RCDのアプリケーションは、画像読取機能を開始させる(ユーザがスタートボタンを押した場合と同様に開始させる)。

0101

実施形態の中には、遠隔演算装置6が、画像処理装置4のデフォルト値、または現在のジョブの値を変更できるものもある。また、遠隔演算装置6が、現在のジョブに対してユーザが画像読取パラメータを変更できるかどうかを指定するようにしてもよい。1つの遠隔演算装置アプリケーション(例えばアクセス制御アプリケーション)がパラメータを変更できないように指定し、第2のアプリケーション(例えば文書管理アプリケーション)がパラメータを設定しようとした場合、第2のアプリケーションに通知が送信され、設定は変更されない。

0102

(印刷API)
実施形態の中には、遠隔演算装置が、印刷ジョブを、標準印刷チャネルを介して提示するようにしてもよいものもある。実施形態の中には、印刷APIが、遠隔演算装置に以下の制御を行わせるようにしてもよいものもある。
・PJL検索(sniffing)−遠隔演算装置RCDのアプリケーションは、印刷ジョブ中に特定のPJLコマンドが発見されたときに命令に接続する(contacted for)ように、画像処理装置に登録する。遠隔演算装置は、画像処理装置IDevに、コマンドの置き換え、ジョブのキャンセル、または印刷の続行を命令できる。このインターフェースは、課金などのアプリケーションに使用することができ、他の種類のアプリケーションとの互換性がある。

0103

(コピーAPI)
上記の実施形態では、コピーAPI(Copy API)が、遠隔演算装置に以下の制御を行わせるようにしてもよい。
コピーパラメータ—遠隔演算装置RCDのアプリケーションは、以下のコピーパラメータの値を入手および設定する。

0104

・カラーまたは白黒
露光−テキスト、テキスト/フォト、フォト、スーパーフォト;露光レベル
用紙選択トレイ毎
・コピー率
両面コピー−1対1、1対2、2対2、2対1;端部綴じ
・排出−排出トレイソートステープル、グループ、オフセット
・原稿サイズ
・特殊な機能−余白変更、消去、パンフレット
・文書ファイリング
コピー開始−遠隔演算装置RCDのアプリケーションは、コピー機能を開始する(ユーザがスタートボタンを押した場合と同様に開始させる)。

0105

実施形態の中には、遠隔演算装置が、画像処理装置のデフォルト値、または現在のジョブの値を変更できるものもある。また、遠隔演算装置が、現在のジョブに対してユーザがコピーパラメータを変更できるかどうかを指定するようにしてもよい。

0106

(文書ファイリングAPI)
上記の実施形態では、文書ファイリングAPIが、遠隔演算装置に以下の制御を行わせるようにしてもよいものもある。
バックアップ復元−遠隔演算装置RCDのアプリケーションは、全ての文書ファイリングデータと共にバッチファイルインポートおよびエクスポートする。実施形態の中には、このパッケージが独自の形式(proprietary format)であってもよいものもある。なぜならこのパッケージは、パスワード保護されている個人がアクセスできない文書を含んでいるからである。このパッケージは、一般的には、障害の際や他装置へ複製する際に復元するために用いられる。
・ファイル/フォルダリスト−遠隔演算装置6のアプリケーションは、画像処理装置4へ記憶させるため(あるいは画像処理装置4の管理のため)に、新規のファイルおよびフォルダを検索、変更、および、作成する。
・ファイルのダウンロード−遠隔演算装置6は、新規ファイルを文書ファイリングシステムへダウンロードし、フォルダ、ファイル名、ユーザ名、パスワードを指定する。
ユーザリスト−遠隔演算装置アプリケーションは、画像処理装置4へ記憶させるため(あるいは画像処理装置4の管理のため)に、新規のユーザを検索、変更、および、登録する。
・HDD状態−遠隔演算装置アプリケーションは、メインフォルダクイックフォルダ、カスタムフォルダに割り当てられている%(容量の割合)、および残存%などの、現在のHDD状態を検索する。
・文書ファイリングパラメータ−遠隔演算装置アプリケーションは、ファイルを文書ファイリングへ保存する際の、各種の値(例えば以下に示す値)を入手および設定する:
・露光
・解像度
・原稿−サイズ、片面/両面
ファイル情報−ユーザ名、ファイル名、フォルダ、機密、パスワード
・特殊モード−消去、袋とじコピー、2IN1、ジョブビルド、カードショット(card shot)
印刷開始−遠隔演算装置アプリケーションは、記憶されているファイルの1つを選択し、例えば以下のパラメータを反映して印刷を開始する:
・用紙サイズ/ソース
・排出−ソート/グループ化、排出トレイ、ステープル、パンチ、オフセット
・片面/両面(タブレットブックレット
タンデム印刷
コピー部数
・印刷後に削除するかあるいは保存しておくか
送信開始−遠隔演算装置のアプリケーションは、記憶さているファイルの1つを選択し、例えば以下のパラメータを反映して送信を開始する:
・解像度
・ファイル形式
・宛先
タイマー
・送信元
・ファイル名
・件名
・メッセージ。

0107

(セキュリティー)
外部アプリケーションによる画像処理装置4の制御を可能にすることによって、該画像処理装置4が、新たなセキュリティーの脆弱性にさらされることになる。セキュリティー対策を提供している本発明の実施形態では、以下の典型的な項目がセキュリティー上の懸念事項であり、遠隔演算装置6のインターフェースによってこれらに対処している。

0108

遠隔演算装置6のインターフェースへのアクセスは、正規アプリケーションに限定されている。実施形態では、画像処理装置4の広範囲に及ぶアクセスおよび制御を提供しているが、これによってセキュリティー上の重大な危険がもたらされる。これらの実施形態におけるインターフェースは、攻撃者によるアクセスから保護されている一方、有効なソリューションのセットアップおよび利用は容易なままである。

0109

機密データユーザ証明データおよびジョブデータ)は、ネットワーク伝送中は保護されている。ユーザ証明データおよびジョブデータがネットワーク伝送中に保護されているのは、盗難予防、侵入者による装置動作モニター予防、そして介入攻撃によるメッセージの改変予防を確実に行えるようにするためである。画像処理装置4は、該画像処理装置4と遠隔演算装置アプリケーションとの間を通信している間、データの安全を確保するように、セキュアソケットレイヤー(Secure Sockets Layer;SSL)および他の接続をサポートしている。

0110

管理者は、画像処理装置4へのアクセスを制限することができる。厳しいセキュリティーを要求するユーザに対して、管理者は遠隔演算装置6からのアクセスを不可にしたり、特定のアプリケーションへのアクセスを制限することができる。管理者は、任意に、画像処理装置4のインターフェースにアクセスできるアプリケーションを限定して登録することができる。

0111

遠隔演算装置アプリケーションは、画像処理装置4に「なりすまし」されないようにすることができる。遠隔演算装置6は、該遠隔演算装置6と接続されている画像処理装置4を認証することができる。これは、侵入者が、その画像処理装置4になりすましてネットワーク構成およびパスワード情報収集したり、文書管理システムのファイル/フォルダ構成をモニターしたり、画像処理装置4のセキュリティー設定およびDSK状態をだましたりできないようにするためである。

0112

遠隔演算装置6は、サーバに「なりすまし」されないようにすることができる。画像処理装置4は、該画像処理装置4と接続されている全遠隔演算装置6を認証できなければならない。これは、侵入者が遠隔演算装置6のIPアドレスになりすますことを防ぐためである。遠隔演算装置6を装うことによって、侵入者は、ユーザ証明データを盗み出したり、読み取った文書を転送したり、装置構成またはファームウェアを改変したり、(権限のないユーザにアクセスを与えるため、あるいは正規ユーザに対するサービス不能攻撃を開始するために)アクセス制御システムを停止させたりできる。

0113

アクセス制御/販売アプリケーションは、遠隔演算装置6が使用できない状態にあるときは、危険にさらされることはない。遠隔演算装置6が使用できない状態にあるとき、画像処理装置4にオープンアクセスを与えることは許可されない。遠隔演算装置6が起動されているにもかかわらず使用できない場合、あるいは随時使用できなくなった場合(例えば、誰かがネットワークケーブルを切断した場合)、画像処理装置4は即座に使用不可になり、エラーメッセージが表示される。

0114

管理者は、企業およびあるいはアプリケーションの必要性に基づいて、セキュリティーレベルを調整することができる。セキュリティー要件は、遠隔演算装置アプリケーションの開発に費やす時間、およびソリューションを実行するために必要なリソースに大きな影響を与える。いくつかの実施形態を利用するユーザは、保有する画像処理装置4は1つで、ITスタッフがおらず、単純な画像読取アプリケーションまたは印刷アプリケーションを使用している小企業から、アクセス制御と全装置の動作について記録する監査証跡とを用いる政府機関にまで及ぶかもしれない。画像処理装置4のインターフェースを保護するために講じられるセキュリティー対策は、目的とする環境と合致するように、管理者によって調整可能である。

0115

画像処理装置4および遠隔演算装置アプリケーションは、ユーザ証明データを相互に通信することができる。ユーザは、ジョブ中の複数の時点において、ログインするように促されることがある。例えば、アクセス制御アプリケーションまたは課金アプリケーションは、全ての装置アクセスを制御し、画像処理装置4は、画像送信を可能にするユーザ認証を行い、文書管理アプリケーションは、フォルダリストを表示する前に、ユーザにログインするよう要求する。多くの環境において、これら全てのアプリケーションは、共通のユーザデータベースを使用する。このため、実施形態によっては、ユーザが認証工程を繰り返す必要がないように、上記アプリケーションはユーザ証明データを相互に通信し合うことが望ましいものもある。

0116

本発明の一部の実施形態について、図3を参照して説明する。これらの実施形態は、例えば通信回線を介して接続されるサーバなどの遠隔演算装置と相互通信するように構成された画像処理装置を含んでいる。画像処理装置30は、ユーザインターフェース32およびディスプレイ36を備えている。ユーザインターフェース32は、例えばキーボード、1つ以上のボタン、ノブまたはスイッチ、あるいはタッチスクリーンパネルといった、ユーザ入力装置34である。ディスプレイ36は、タッチスクリーンパネル形式のユーザ入力装置であってもよい。

0117

画像処理装置30は、一般的に、1つ以上の画像処理機能を実行する能力がある。ここでいう画像処理機能としては、例えば画像読取、印刷、コピー、ファックス通信(送信および受信)などが含まれるが、これらに限定されるものではない。

0118

この実施形態では、通信回線38がさらに備えられている。この通信回線38は、(図3に示すような)有線であってよい。有線としては、例えば、ネットワークケーブル、ユニバーサルシリアルバス(Universal Serial Bus;USB)ケーブル、シリアルケーブル、パラレルケーブル、例えばホームプラグ(HomePlug)接続回線などの電力通信線、あるいはその他の有線を用いることができる。あるいは、通信回線38は、無線であってもよい。無線による接続としては、例えば、IEEE802.11(b)規格の接続、ブルートゥース接続赤外線通信協会(Infrared Data Association;IrDA)接続、あるいはその他の無線接続を用いることができる。

0119

画像処理装置30の動作例について、図4を参照して説明する。これらの実施形態では、まず、画像処理装置30は、遠隔演算装置(図3には不図示)からメニューデータを受信する(工程40)。この遠隔演算装置は、有線または無線接続の通信回線38を介して画像処理装置30に接続されている。次に、画像処理装置30のユーザインターフェース32のディスプレイ36に上記メニューデータを表示する(工程42)。リモートメニューデータをこのように表示させる目的は、ユーザによる、ユーザインターフェース32のユーザ入力装置34上での入力を迅速にするためである。

0120

上記実施形態の画像処理装置30は、リモートメニューデータが表示された後のユーザによる入力を受け付けて、ユーザ入力データを遠隔演算装置へ送信するように構成されている(工程44)。実施形態によっては、このユーザ入力データは、遠隔演算装置によって処理されるものもある。上記処理とは、例えば、遠隔演算装置におけるアプリケーションの実行、遠隔演算装置に記憶されているデータへのアクセス、該データの通信などである。

0121

また、上記実施形態の画像処理装置30は、上記ユーザ入力データの処理によって生じるデータを受信する(工程46)ように構成されている。上記受信するデータとは、ユーザ入力後に遠隔演算装置上で実行されるアプリケーションによって生成されるデータを含んでいてもよい。画像処理装置30はまた、ユーザ入力の処理後にファイルサーバなどの遠隔演算装置に記憶されたデータを受信してもよい。

0122

画像処理装置30は、上記処理データを受信する(工程46)と、そのデータに応じて、あるいはそのデータを使用することによって固有の機能を実行する(工程48)。例えば、これに限定されるものではないが、画像処理装置30は、遠隔演算装置に記憶され、かつユーザ入力に応じて遠隔演算装置上で修正されている文書を印刷する。別の例として、これに限定されることはないが、画像処理装置30は、工程46における処理データを受信すると、上記画像処理装置30の機能(例えば、画像読取、コピー、印刷、ファックス通信)をアクティブまたは使用可能にするようになっていてもよい。

0123

画像処理装置30の、さらに具体的ないくつかの実施形態について、図5を参照して説明する。上記実施形態では、画像処理装置30は、マークアップ言語によってフォーマットされたメニューデータを、遠隔演算装置から受信する(工程50)ように構成されている。上記メニューデータが通信される通信回線は、ハイパーテキスト転送プロトコル(Hypertext Transfer Protocol;HTTP)を使用して構築および維持されるものであってもよい。上記のマークアップ言語としては、例えばハイパーテキストマークアップ言語(HTML)、エクステンシブルマークアップ言語(XML)、ワイヤレスマークアップ言語(WML)、エクステンシブルハイパーテキストマークアップ言語(XHTML)、および/または他の言語を用いることができる。

0124

画像処理装置30は、上記メニューデータを受信(工程50)すると、受信したメニューデータを画像処理装置30のユーザインターフェースディスプレイ36上に表示する(工程52)。前述した実施形態と同様に、上記メニューデータは、一般的に、画像処理装置30のユーザインターフェース32上でのユーザによる入力を迅速にするためのものである。遠隔記憶されたメニューデータの表示(工程52)は、画像処理装置30に備えられているブラウザアプリケーションを用いて達成されてよい。

0125

上記の実施形態では、画像処理装置30はさらに、ユーザインターフェース32を介して受信されたユーザ入力を、遠隔演算装置へと送信する(工程54)ように構成されている。遠隔演算装置は、上記ユーザ入力を受信すると、アプリケーションを実行するか、あるいは受信したユーザ入力を処理してその処理結果を画像処理装置30へ返信する。画像処理装置30はさらに、遠隔演算装置から処理データを受信する(工程56)ように構成されている。実施形態によっては、画像処理装置30が、処理データの受信(工程56)後に、1つ以上の機能を実行するようにしてよいものもある。

0126

本発明のさらに他の実施形態について、図6を参照して説明する。この実施形態は、通信回線64を備えた遠隔演算装置(RCD)60を含んでいる。通信回線64としては、(図6に示したように)ネットワークケーブル、ユニバーサルシリアルバス(USB)ケーブル、シリアルケーブル、パラレルケーブル、例えばホームプラグ接続などの電力通信線、あるいはその他の有線などを用いることができる。あるいは、通信回線64による接続は、例えばIEEE802.11(b)規格の接続、ブルートゥース接続、赤外線通信協会(IrDA)規格によって規定されているような赤外線接続、あるいはその他の無線接続であってもよい。実施形態の中には、遠隔演算装置60がさらに、データ記憶装置62をさらに備えていてもよいものもある。このデータ記憶装置62は、一般的にはハードドライブであるが、例えばコンパクトディスクドライブなどの光学ドライブ装置フラッシュメモリ、またはその他の記憶装置であってよい。

0127

遠隔演算装置60の実施形態について、図7を参照してより詳細に説明する。これらの実施形態では、遠隔演算装置60はプロセッサ72を備えている。このプロセッサ72は、データを処理し、かつオペレーティングシステムやアプリケーションなどのプログラムを実行する。遠隔演算装置60はメモリ74をさらに備えている。このメモリ74は、ランダムアクセスメモリ(RAM)であってもよく、読込専用メモリ(ROM)であってもよい。一般的には、プロセッサ72によって処理されるあらゆるアプリケーションはメモリ74に読み込まれる。遠隔演算装置60はさらに、ネットワークインターフェースカード78を備えている。このネットワークインターフェースカード78は、遠隔演算装置60が、画像処理装置30などの別の装置と通信することを可能にする。なお、実施形態によっては、遠隔演算装置60は、ユーザインターフェース(UI)80をさらに備えているものもあるが、これは多くの実施形態において不要である。また、遠隔演算装置60は、本発明の実施形態の画像処理装置30によってアクセスされるアプリケーションおよびデータを記憶させる記憶装置62を備えている。プロセッサ72、メモリ74、記憶装置62、ネットワークインターフェース78、および任意に備えられるユーザインターフェース80は、一般的に、システムバス76によって接続されている。これによって、各部材間データ伝送が可能になる。通信回線64は、ネットワークインターフェースカード78を介して、遠隔演算装置60を別の装置と接続させる。

0128

図8に関して記載したいくつかの実施形態では、遠隔演算装置60は、記憶装置62またはメモリ74に記憶されたメニューデータを有している。画像処理装置30のユーザインターフェース32上にこのメニューデータが表示されるように構成されていてもよい。また、上記メニューデータは、様々な形式および構成で記憶されてよい。実施形態の中には、上記メニューデータが、マークアップ言語によって表現される言語形式(form of terms)であってもよいものもある。マークアップ言語としては、ハイパーテキストマークアップ言語(HTML)、エクステンシブルマークアップ言語(XML)、ワイヤレスマークアップ言語(WML)、エクステンシブルハイパーテキストマークアップ言語(XHTML)、および/または他の言語を用いることができる。本実施形態では、メニューデータは、工程82において、通信回線64を介して画像処理装置30へと送信される。従って、画像処理装置30上に表示されるように構成されたメニューデータは、遠隔演算装置60に記憶されている。

0129

次に、いくつかの実施形態の遠隔演算装置60は、ユーザ入力を受信する(工程84)ように構成されている。このユーザ入力は、画像処理装置30のユーザインターフェース32を介して入力され、通信回線38ならびに64を介して遠隔演算装置60へ伝送されたものである。遠隔演算装置60は、この入力データを受信すると、この入力データの処理を行う(工程86)。この処理工程86は、このデータを新たな形式に変換する工程であってもよく、このデータ内のコマンドを実行する工程であってもよく、その他の処理工程であってもよい。遠隔演算装置60は、上記入力データを処理(工程86)した後、処理結果を画像処理装置30へ返信する。画像処理装置30は、受信した処理結果を、画像処理装置30における処理または画像処理装置30において実行する機能に使用する。

0130

他の実施形態について、図9を参照して説明する。この実施形態では、遠隔演算装置60は、画像処理装置30のディスプレイ36用に構成されているメニューデータを、マークアップ言語を用いて送信する(工程90)。このマークアップ言語メニューデータは、画像処理装置30において受信され、ユーザに表示される。これによって、通常は、画像処理装置30のユーザインターフェース32上でユーザが迅速に入力できるようになる。このユーザ入力は、画像処理装置30によって遠隔演算装置RCD60へと送信され、遠隔演算装置RCD60は、画像処理装置30上のメニューデータを迅速に表示する入力データを受信する(工程92)。さらに、遠隔演算装置RCD60は、受信した入力データを処理する(工程94)。この処理工程は、例えば、形式、文書、または遠隔演算装置RCD60に記憶されているその他のデータを選択、記録、変更等する工程であってもよく、上記ユーザ入力によって識別されたユーザを認証する工程であってもよく、上記ユーザによって入力された文書を翻訳する工程であってもよく、ユーザ入力に関連するマップまたはその他の指示を生成する工程であってもよく、あるいはその他の処理または機能であってもよい。

0131

本発明のさらに他の実施形態について、図10および図11を参照して説明する。上記実施形態は、少なくとも一台の遠隔演算装置RCD60、および複数の画像処理装置30a〜30dを含んでいる。上記実施形態において、画像処理装置30a〜30dの内の少なくとも一台は、ディスプレイ36およびユーザ入力パネル34を有するユーザインターフェース32を備えている。ユーザ入力パネル34は、ディスプレイと一体型(すなわちタッチスクリーン)であってもよく、あるいはディスプレイとは別個の入力装置であってもよい。遠隔演算装置RCD60は、通信リンクおよびネットワーク100によって画像処理装置30a〜30dに接続されている。これにより、遠隔演算装置RCD60と画像処理装置30a〜30dとの間のデータ伝送が可能になっている。

0132

上記実施形態では、メニューデータは、遠隔演算装置RCD60に記憶されており、そして画像処理装置30a〜30dの内の少なくとも一台に送信される。そして、このメニューデータは、ユーザインターフェースに表示される。画像処理装置30a〜30dのいずれも、上記メニューデータを受信しユーザ入力を受け付け(工程112)、受け付けたユーザ入力を遠隔演算装置60へ伝送する(工程114)ように構成されている。遠隔演算装置60は、ユーザ入力データを受信すると、前述の実施形態と同様にこのデータを処理する(工程116)。そして、処理(工程116)の結果を、任意に組み合わせた画像処理装置30a〜30dへと返信する(工程118)。

0133

上記実施形態では、一台の遠隔演算装置RCD60を使用して、処理能力、リソース、および機能性を複数の画像処理装置30a〜30dへ供給している。このとき、これらのリソースを各画像処理装置において再生することはない。なお、実施形態によっては、ある画像処理装置30aに対する入力に応じて生成した処理データを、この処理データの出力または最終処理のために、別の画像処理装置30dへ送信するようにしてもよいものもある。

0134

本発明のさらに他の実施形態について、図12を参照して説明する。本実施形態では、画像処理装置(IDev)120は、ユーザインターフェース124を備えている。ユーザインターフェース124は、ユーザ入力を受け付けることができ、また、データをユーザに表示することができる。ユーザインターフェース124は、一般にディスプレイを備えている。このディスプレイは、タッチパネルの形態であることが多い。このディスプレイは、データをユーザに表示するために使用される。このデータは、例えば、ユーザIDおよびパスワードなどのユーザ選択データ入力、形式選択、およびその他の入力を迅速にするための、メニューデータなどである。画像処理装置120は、通信リンク122を備えている。この通信リンク122としては、一般的なコンピュータネットワーク接続、シリアルケーブル、あるいは、別の実施形態において説明した有線または無線通信回線を用いることができる。通信リンク122は、画像処理装置120を、サーバなどの遠隔演算装置(RCD)126a、126bへ接続する。遠隔演算装置126a,126bは、形式やその他のデータなどの文書を記憶するためのものであってもよく、データを画像処理装置120からアクセス可能にするために使用されるものであってもよい。遠隔演算装置RCD126a,126bはまた、画像処理装置120およびそのユーザインターフェース124と情報交換するアプリケーションや、上記の画像処理装置120およびそのユーザインターフェース124に対する入力を受け付けるアプリケーションを実行するものであってもよい。また、実施形態によっては、データベース125が、画像処理装置120および/または遠隔演算装置126a・126bにリンクされていてもよいものもある。また、実施形態によっては、遠隔演算装置126bまたはデータベース125が、インターネット128などの広域ネットワークを介して画像処理装置120に接続されていてもよいものもある。
(機能の標準化および表示のカスタマイズの実施形態)
本発明のある実施形態には、画像処理装置における表示のカスタム化についての機能標準化を行うための方法およびシステムが含まれる。画像処理装置の操作パネルディスプレイの見た目ルックアンドフィール)は、操作上の見通しと売れ行きの見通しの双方を決める要素となる。様々な画像処理装置上で実行することを意図して遠隔演算装置上に構築されたアプリケーションは、多様な画像処理装置のそれぞれに同じ操作機能が要求される場合に、それぞれの画像処理装置における見た目を担保できるという利点がある。アプリケーション開発者にとって、先験的な知識が要求されることや、対象画像処理装置特有のレイアウト属性や表示属性を理解しなければならないことは、望ましいことではない。本発明の実施例によれば、アプリケーション開発者が単一のアプリケーションを書くことによって、個々の画像処理装置に応じた見た目を反映させつつ、様々な画像処理装置において機能性を担保することができる。

0135

本発明のある実施形態では、上記の目的を達成するために、画像処理装置に依存するレイアウト情報および書式設定情報と、画像処理装置に依存しない機能情報および操作情報とを別々にする。遠隔演算装置上で実行されるアプリケーションは、予め定義された構文プロファイル(syntactic profile)形式の表示データを通知し、画像処理装置は、この表示データを、画像処理装置の見た目を規定するフォームと組み合わせる。操作ボタン、コンテンツ表示領域、およびコンテンツが複数ページにわたる際のページ間を移動するための任意のページめくり操作領域などの構成要素は、構文プロファイル(表示データの形式)と組み合わせられるフォームを有している。画像処理装置の表示情報は、画像処理装置に依存せずにアプリケーションから提供される機能情報と、画像処理装置に依存するレイアウト情報および見た目情報とを組み合わせて統合ページにすることにより形成される。本明細書に記載する実施例では、制御ボタンチェックボックスチェックボタンラジオボタン、ソフトキーハードキーポインタで操作される制御手段など、公知の様々な制御要素が用いられるが、これらの制御要素は例にすぎず、本発明は特定の制御要素に限定されるものではない。

0136

本発明の実施形態には、画像処理装置における表示の標準化のための方法およびシステムが含まれる。この方法やシステムにより、画像処理装置の操作パネルの表示特性多様性を与え、かつ、標準化されたアプリケーションのUI画面をユーザ入力装置に表示させることができる。本発明のある実施例において、物理的なキーボード機器と3行のテキストしか表示できないUIディスプレイとを備えた画像処理装置のユーザによって利用される単一のアプリケーションプログラムをアプリケーション開発者が書けば、物理的なキーボード機器を備えておらず、より多くの行にわたるテキストとともにソフトキーボード表示可能なディスプレイを有する他の画像処理装置における別のユーザは、上記と同じアプリケーションにアクセスすることができ、上記のユーザと同じUI画面を見ることができる。この際、個々の画像処理装置の表示能力に合わせてカスタマイズした複数バージョンのアプリケーションを書く必要はない。

0137

本発明の実施形態には、自身の操作パネルの表示性能入力性能に応じた書式設定指示情報を含む格納フォームを備えた画像処理装置が含まれる。この格納フォームを遠隔アプリケーションから受信したUIデータと統合することにより、その画像処理装置のUIディスプレイに表示されるべく特別にフォーマットされた標準化ページが作成される。ある実施例では、上記のフォームとして、ログイン画面やメニュー画面など各種アプリケーションのUI画面に使用されるボタン情報タイトル情報、レイアウト情報を提供できるXHTMLのフォームクラスが用いられる。

0138

本発明のある実施形態では、画像処理装置の書式設定フォームと協働するよう書かれたアプリケーションが用いられる。このアプリケーションは、アプリケーション固有のテンプレートフィールドデータ(application specific template field data;ASTFD)およびフォーム識別子を生成するとともに、要求された際にASTFDおよびフォーム識別子を画像処理装置へ送信する。画像処理装置は、アプリケーションから受信したフォーム識別子を用いて自身に格納された書式設定フォームの中から対応するものを同定し、同定した書式設定フォームをASTFDと組み合わせることにより、自身のUIディスプレイに適合するようにカスタマイズされたアプリケーション画面を作成する。ある実施例では、フォーム識別子として、上記の個々の表示データのために使用されるフォームの種類を特定する、XHTMLのフォームクラスのリファレンスが用いられる。

0139

本発明の他の実施形態では、テンプレート提供アプリケーション(template server application;TSA)を用いて、複数のアプリケーション用のASTFDおよびフォーム識別子を管理する。ある実施形態では、画像処理装置からアプリケーション要求を受信した際に、TSAが、アプリケーションの選択情報に対応するASTFDおよびフォーム識別子を見つけ、それらを画像処理装置へ返信する。TSAは、画像処理装置のデータおよびUIの書式設定を行うために、1以上の他のアプリケーションと協働してもよい。

0140

本発明のある実施形態では、内部処理能を有したスタンドアロンの画像処理装置が用いられる。また、他の実施形態では、1以上の遠隔演算装置と通信する画像処理装置が用いられる。

0141

実施の一例では図13に示すように、画像処理装置のアプリケーションログイン手段138が、アプリケーションへのアクセスのために、UI上でユーザ名やパスワードなどのテキスト文字列の入力を求める。ここでの入力がどのようにして行われるかは、個々の画像処理装置のUIおよびディスプレイに課せられるサイズや入力機能の制限に応じて、ある画像処理装置と他の画像処理装置とで異なっている。本発明のある実施形態において、ある画像処理装置のUIディスプレイ130は、3行のテキストしか表示できず、また、ユーザによるテキスト入力用に物理的なキーボード132がUSBなどを介して取り付けられている。

0142

一方、他の画像処理装置のディスプレイ134は、より大きな表示能力を有しているが、データ入力用の物理キーボードが取り付けられていない。この実施形態は、UIディスプレイ上で操作可能なソフトキーボードを有している。この実施形態において、画像処理装置のUIの表示メニューは、テキスト領域、およびソフトキーボード用のボタン領域の双方を有していたり、これら2つの領域をユーザの入力に応じて切り換えたりする。

0143

他の画像処理装置では、UIディスプレイ136上のアプリケーションのメニュー画面に、テキスト領域およびソフトキーボードが同時に表示される。画像処理装置のアプリケーションは、同じアプリケーションを要求した個々の画像処理装置に対して同じテンプレートフィールドデータおよびフォーム識別子138を提供する。要求を行う画像処理装置は、自身に格納されたフォームのうち、アプリケーションによって提供されたフィールドデータおよびフォーム識別子に対応するものを見つけ出す。画像処理装置に格納される上記フォームは、個々の画像処理装置のディスプレイにデータを適切に表示するのに必要な書式設定情報を提供するものである。

0144

本発明のある実施形態について図14を用いて説明する。この実施形態において、画像処理装置140は、フロントパネルユーザインターフェース・ディスプレイ141、画像処理装置ウェブブラウザ142、作成アプリケーション143、格納されたフォーム(以下、「格納フォーム」という)144、および任意のローカルアプリケーション145を有している。画像処理装置は通信ネットワークに接続され、遠隔演算装置148A・148Bと繋がっている。遠隔演算装置は、アプリケーション固有のテンプレートフィールドデータ(ASTFD)および少なくとも1つのフォーム識別子150A・150Bとともに、遠隔アプリケーション149A・149Bを有している。なお、遠隔アプリケーションの「遠隔」とは、画像処理装置から離れているという意味である。

0145

画像処理装置140は、ローカルアプリケーション145と直接情報交換することができ、また、遠隔アプリケーションともネットワーク151を介して情報交換することができる。ある実施例では、HTTPリクエスト146およびHTTPレスポンス147を用いて後者の情報交換が行われる。

0146

本発明のある実施形態について図15を用いて説明する。この実施形態において、画像処理装置160は、フロントパネルユーザインターフェース・ディスプレイ161、画像処理装置ウェブブラウザ162、フォームアプリケーション163、および画像処理装置のディスプレイやUIの特性に合わせて作成された格納フォーム164を有している。また、画像処理装置は、遠隔演算装置167に接続されている。この実施形態において、遠隔演算装置は、アプリケーション固有のテンプレートフィールドデータ(ASTFD)および複数の異なる画像処理装置170A〜170D用の少なくとも1つのフォーム識別子とともに、テンプレート提供アプリケーション(TSA)168を有している。TSAは、画像処理装置からアプリケーションのUI画面の要求を全て受け付け、受け付けた要求に対応した、要求されたアプリケーション用のASTFDおよびフォーム識別子を見つけ出す。この実施形態では、TSA168がアプリケーション170A〜170Dから要求を取得し、取得した要求を、画像処理装置160用の適切な構文プロファイルまたは「テンプレート」へと書式設定する。同様に、TSA168は、画像処理装置160から連絡を受け付け、受け付けた連絡を書式設定または翻訳し、個々のアプリケーション170A〜170Dが理解できる形式にする。画像処理装置160は、ネットワーク接続または直接接続によりTSA168と通信を行う。ある実施の例では、HTTPリクエスト165およびHTTPレスポンス166を用いて上記の通信が行われる。

0147

本発明のある実施形態では、図16に示すように、まず、UIにおいてアプリケーションの選択を受け付け(工程171)、選択されたアプリケーションに対して初期メニューページを要求する(工程172)。すると、選択されたアプリケーションがこの要求を受け付け(工程173)、アプリケーション固有のテンプレートフィールドデータ(ASTFD)およびフォーム識別子を画像処理装置に送信する(工程174)。画像処理装置は、これらのASTFDおよびフォーム識別子を受信し(工程176)、ASTFDと、フォーム識別子によって同定される格納フォームとをまとめることによって、統合ページを作成する(工程178)。そして、画像処理装置は、作成した統合ページをUI操作パネルなどに表示する(工程179)。

0148

本発明のある実施形態では、図17に示すように、まず、アプリケーションの選択をUIから受け付け(工程180)、テンプレート提供アプリケーション(TSA)にアプリケーションの選択情報を送信する(工程181)。すると、TSAがアプリケーションの選択情報を受信して(工程182)、このアプリケーションの選択情報に対応付けられたASTFDおよびフォーム識別子を同定する(工程183)。ある実施形態では、TSAが1または複数のアプリケーションに対して適切な情報を要求し、その情報の翻訳または書式の再設定を行う。TSAは、別のアプリケーションまたはソース(利用可能な記憶装置)から、ASTFDおよびフォーム識別子を取得し(工程185)、取得したASTFDおよびフォーム識別子を画像処理装置に送信する(工程186)。すると、画像処理装置は、ASTFDおよびフォーム識別子を受信し(工程187)、ASTFDとフォーム識別子によって同定される格納フォームとを組み合わせることにより統合ページを作成する。そして、画像処理装置は、作成した統合ページをUI操作パネルなどに表示する(工程189)。

0149

本発明のある実施形態では、図18に示すように、まず、画像処理装置からアプリケーションの選択を受け付け(工程190)、HTTPGETリクエストまたはHTTPPOSTリクエストを使用して、選択されたアプリケーションに対して初期メニューページを要求する。すると、選択されたアプリケーションがこの要求を受け付け、アプリケーション固有のテンプレートフィールドデータ(ASTFD)および初期ページ用のフォーム識別子を画像処理装置に送信する(194)。画像処理装置は、ASTFDおよびフォーム識別子を受信し(工程196)、ASTFDとフォーム識別子によって同定される格納フォームとを組み合わせることにより、統合XHTMLページを作成する(工程198)。そして、画像処理装置は、作成した統合XHTMLページをUI操作パネルに表示する(工程199)。

0150

他の実施形態では、図19に示すように、まず、UIからアプリケーションの選択を受け付け(工程200)、HTTPGETリクエストまたはHTTPPOSTリクエストを用いて、テンプレート提供アプリケーション(TSA)にアプリケーションの選択情報を送信する(工程202)。すると、TSAは、アプリケーションの選択情報を受信して(工程203)、この選択情報に対応する、アプリケーション固有のテンプレートフィールドデータ(ASTFD)およびフォーム識別子を含むXHTMLページを見つけ出す。なお、TSAは、ASTFDおよびフォーム識別子を1または複数の他のアプリケーションに対して要求してもよいし、ソース(自身の記憶装置)から検索してもよい。そして、TSAは、ASTFDおよびフォーム識別子を含むXHTMLページを画像処理装置に送信する(工程205)。すると、画像処理装置は、ASTFDおよびフォーム識別子を含むこのXHTMLページを受信し(工程206)、フォーム識別子によって同定される格納フォームとASTFDとを組み合わせることによって、統合XHTMLページを作成する(工程207)。そして、画像処理装置は、統合XHTMLページをUI操作パネルなどに表示する。

0151

本発明のある実施形態では、図20に示すように、画像処理装置のUIにおいてアプリケーションの選択を受け付け(工程210)、その選択情報を、アプリケーション固有のテンプレートフィールドデータ(ASTFD)利用可能アプリケーションに送信する(工程212)。そして、画像処理装置は、ASTFD利用可能アプリケーションから、ASTFDおよびフォーム識別子を受信し(工程216)、ASTFDとフォーム識別子に基づいて同定される格納フォームとを組み合わせることによって、統合ページを作成する(工程218)。そして、画像処理装置は、統合ページをUI操作パネルなどに表示する(工程219)。

0152

アプリケーションのある実施形態では、図21に示すように、アプリケーション固有のテンプレートフィールドデータ(ASTFD)利用可能アプリケーションが、画像処理装置から初期ページデータの送信要求を受信する(工程220)。すると、ASTFD利用可能アプリケーションは、要求された初期ページ用のASTFDおよびフォーム識別子を送信する(工程222)。

0153

テンプレート提供アプリケーションのある実施形態では、図22に示すように、テンプレート提供アプリケーション(TSA)が画像処理装置からアプリケーションの選択情報を受信する(工程224)。そして、TSAは、アプリケーションの選択情報に適合する、選択されたアプリケーション用のアプリケーションテンプレートフィールドデータ(ASTFD)およびフォーム識別子を見つけ出す(工程226)。そして、TSAはASTFDおよびフォーム識別子を画像処理装置に送信する(工程228)。

0154

ある実施例では、図23に示すように、アプリケーション固有のテンプレートフィールドデータ(ASTFD)231と、画像処理装置においてフォームの中に格納されているログイン画面の書式設定データ232とを組み合わせた後、画像処理装置のUI操作パネルは、アプリケーションログイン画面230を表示する。ここで、ASTFD231とは、ボタン名(button caption;ボタンの種類を示す説明文)、アプリケーション固有のテキスト、およびその他要素のデータを指し、一方、書式設定データ232とは、ボタンの書式設定およびレイアウト、図形要素、テキストの書式、テキストおよびフィールドの位置、色、網掛け指定、ならびにその他UIや画像処理装置に固有の要素のデータを指す。また、ASTFD236と、画像処理装置においてフォームに格納されているメニュー画面の書式設定データ237とを組み合わせた後、画像処理装置のUI操作パネルは、アプリケーションメニュー画面235を表示する。ここで、ASTFD236とは、ボタンの種類名、アプリケーション固有のテキスト、およびその他要素のデータを指し、一方、書式設定データ237とは、ボタンの書式設定およびレイアウト、図形要素、テキストの書式設定、テキストおよびフィールドの位置、色、網掛け指定、ならびにその他UIや画像処理装置に固有の要素のデータを指す。

0155

さて、上述した画像処理装置および画像処理装置の制御システムについて、図24を用いてより詳細に説明する。

0156

図24は、本発明の一実施形態に係る画像処理装置の制御システム200の機能構成を示すブロック図である。図24に示すように、画像処理装置の制御システム200は、画像処理装置210およびこの画像処理装置210を制御する遠隔演算装置220を有して構成される。

0157

画像処理装置210は、ハードウェア機器として、記憶装置211、入力装置212、表示装置213、通信装置214、および図示しないCPUを備えている。そして、上記CPUは、各種プログラムを実行することにより、フォーム取得部215、統合部216、送信部217、受信部218、表示制御部219として機能する。

0158

記憶装置211は、例えばHDDなどによって構成され、上述したフォームを格納するものである。すなわち、記憶装置211は、図14における格納フォーム144や、図15における格納フォーム164に対応する。本実施形態では、記憶装置211が複数のフォームを格納しており、格納された各フォームには、フォーム識別子が対応付けられている。つまり、記憶装置211は、フォームとフォーム識別子とを対応付けて複数組格納している。

0159

入力装置212は、タッチパネルディスプレイやキーボードなど、ユーザからの入力を受け付ける機器であり、アプリケーションの選択をユーザから受け付ける際に用いられる。表示装置213は、通常の液晶ディスプレイやタッチパネルディスプレイによって構成され、ユーザに対して図23に示す操作画面などを表示するために用いられる。上述した実施形態では、入力装置212と表示装置213とが統合されており、これら2つの装置を合わせたものが図14のフロントパネルユーザインターフェース・ディスプレイ141や、図15のフロントパネルユーザインターフェース・ディスプレイ161に対応する。

0160

通信装置214は、ネットワークを介して遠隔演算装置220と通信するための機器であり、例えばネットワークインターフェースカードなどによって構成される。この通信装置214は、上述した通信リンク122に対応する。

0161

送信部217は、通信装置214を制御して、遠隔演算装置220に情報を送信するための機能ブロックである。送信部217は、一実施形態において、入力装置212がユーザからアプリケーションの選択を受け付けると、選択されたアプリケーションを有する遠隔演算装置220に対して、初期画面など各種操作画面の送信要求を送信する。この場合、送信部217は、図16の工程172、図18の工程192の処理を行う。送信部217はまた、他の実施形態において、入力装置212がユーザからアプリケーションの選択を受け付けると、入力装置212が受け付けたアプリケーションの選択情報を遠隔演算装置220に送信する。この場合、送信部217は、図17の工程181、図19の工程202、図20の工程212の処理を行う。

0162

受信部218は、通信装置214を制御して、遠隔演算装置220から情報を受信するための機能ブロックである。受信部218は、遠隔演算装置220から、アプリケーション固有のテンプレートフィールドデータおよびフォーム識別子を受信する。この受信部218は、図16の工程176、図17の工程187、図18の工程196、図19の工程206、図20の工程216の処理を行う。

0163

フォーム取得部215は、記憶装置211からフォームを読み取るものであり、より具体的には、遠隔演算装置220から受信部218が受信したフォーム識別子に対応するフォームを、記憶装置211の中から検索する。フォーム取得部215は、図16の工程178、図17の工程188、図18の工程198、図19の工程207、図20の工程218において、統合に用いられるフォームを記憶装置211から取得する処理を行う。

0164

統合部216は、フォーム取得部215が記憶装置211から取得したフォーム(格納フォーム)と、受信部218が遠隔演算装置220から受信したアプリケーション固有のテンプレートフィールドデータとを組み合わせて、統合ページを作成するものである。統合部216は、図16の工程178、図17の工程188、図18の工程198、図19の工程207、図20の工程218の処理を行う。

0165

表示制御部219は、表示装置213を制御して、ユーザに対して各種情報を通知するための画面を表示するものである。表示制御部219は、統合部216が作成した統合ページをユーザに対して表示する。この表示制御部219は、表示装置213と協働することによって、図16の工程179、図17の工程189、図18の工程199、図19の工程208、図20の工程219の処理を行う。

0166

一方、遠隔演算装置220は、ハードウェア機器として、記憶装置222、通信装置221、および図示しないCPU(図7のプロセッサ72に対応)を備えている。そして、上記CPUは、各種プログラムを実行することにより、受信部223、データ取得部224、送信部225として機能する。

0167

記憶装置222は、例えばHDDなどによって構成され、アプリケーション固有のテンプレートフィールドデータ(ASTFD)およびフォーム識別子を格納している。この記憶装置222は、図7のデータ記憶装置62に対応する。テンプレートフィールドデータおよびフォーム識別子は、一実施形態において、ユーザ指示の基に画像処理装置において実行されるアプリケーションごとに異なったものが用意され、アプリケーションの選択情報(すなわちユーザによって選択されたアプリケーションを特定するためのアプリケーションの識別情報)と対応付けて格納されている。つまり、記憶装置222は、アプリケーション固有のテンプレートフィールドデータおよびフォーム識別子と、アプリケーションの選択情報とを対応付けて複数組格納している。なお、テンプレートフィールドデータおよびフォーム識別子は、画像処理装置ごとに異なるものが用意されるのではなく、全ての画像処理装置間で共通に用いられる。

0168

通信装置221は、ネットワークを介して画像処理装置210と通信するための機器であり、例えばネットワークインターフェースカードなどによって構成される。この通信装置221は、図7のネットワークインターフェースカード78に対応する。

0169

受信部223は、通信装置221を制御して、画像処理装置210から情報を受信するための機能ブロックである。受信部223は、一実施形態において、画像処理装置210から、初期画面など各種操作画面の送信要求を受信する。この場合、受信部223は、図16の工程173、図18の工程193の処理を行う。受信部223はまた、他の実施形態において、画像処理装置210から、アプリケーションの選択情報(すなわちユーザによって選択されたアプリケーションを特定するためのアプリケーションの識別情報)を受信する。この場合、受信部223は、図17の工程182、図19の工程203の処理を行う。

0170

データ取得部224は、受信部223が画像処理装置210から所定の情報を取得したことに応答して、記憶装置222からアプリケーション固有のテンプレートフィールドデータおよびフォーム識別子を取得するものである。受信部223が画像処理装置210から操作画面の送信要求を受信する構成の場合、データ取得部224は、記憶装置222から、アプリケーション固有のテンプレートフィールドデータおよびフォーム識別子を取得する。この場合、データ取得部224は、図16の工程174、図18の工程194において送信するアプリケーション固有のテンプレートフィールドデータおよびフォーム識別子を記憶装置222から取得する処理を行う。一方、受信部223が画像処理装置210からアプリケーションの選択情報を受信する構成の場合、データ取得部224は、記憶装置222の中から、アプリケーションの選択情報に対応するアプリケーション固有のテンプレートフィールドデータおよびフォーム識別子を取得する。この場合、データ取得部224は、図17の工程185、図19の工程204、図22の工程226の処理を行う。

0171

送信部225は、通信装置221を制御して、画像処理装置220に情報を送信するための機能ブロックである。送信部225は、データ取得部224が取得したアプリケーション固有のテンプレートフィールドデータおよびフォーム識別子を、画像処理装置210に送信する。送信部225は、図16の工程174、図17の工程186、図18の工程194、図19の工程205、図21の工程222、図22の工程228の処理を行う。

0172

なお、上記の実施形態では、テンプレートフィールドデータおよびフォーム識別子を格納する記憶装置222が遠隔演算装置220に備わった構成について説明したが、本発明はこれに限定されず、遠隔演算装置220以外の他のサーバの記憶装置にテンプレートフィールドデータおよびフォーム識別子が格納され、遠隔演算装置220のデータ取得部224が、通信ネットワークを介して、上記他のサーバからテンプレートフィールドデータおよびフォーム識別子を取得する構成としてもよい。

0173

最後に、画像処理装置の制御システム200の各ブロック、具体的には画像処理装置210のフォーム取得部215、統合部216、送信部217、受信部218および表示制御部219、ならびに、遠隔演算装置220の受信部223、データ取得部224および送信部225は、ハードウェアロジックによって構成してもよいし、次のようにCPUを用いてソフトウェアによって実現してもよい。

0174

すなわち、画像処理装置210および遠隔演算装置220は、各機能を実現する制御プログラムの命令を実行するCPU(central processing unit)、上記プログラムを格納したROM(read only memory)、上記プログラムを展開するRAM(random access memory)、上記プログラムおよび各種データを格納するメモリ等の記憶装置(記録媒体)などを備えている。そして、本発明の目的は、上述した機能を実現するソフトウェアである画像処理装置210および遠隔演算装置220の制御プログラムのプログラムコード実行形式プログラム中間コードプログラムソースプログラム)をコンピュータで読み取り可能に記録した記録媒体を、上記画像処理装置210および遠隔演算装置220に供給し、そのコンピュータ(またはCPUやMPU)が記録媒体に記録されているプログラムコードを読み出し実行することによっても、達成可能である。

0175

上記記録媒体としては、例えば、磁気テープカセットテープ等のテープ系、フロッピー(登録商標)ディスク/ハードディスク等の磁気ディスクCD−ROM/MO/MD/DVD/CD−R等の光ディスクを含むディスク系、ICカードメモリカードを含む)/光カード等のカード系、あるいはマスクROMEPROM/EEPROM/フラッシュROM等の半導体メモリ系などを用いることができる。

0176

また、画像処理装置210および遠隔演算装置220を通信ネットワークと接続可能に構成し、上記プログラムコードを通信ネットワークを介して供給してもよい。この通信ネットワークとしては、特に限定されず、例えば、インターネット、イントラネットエキストラネット、LAN、ISDN、VAN、CATV通信網仮想専用網(virtual private network)、電話回線網移動体通信網衛星通信網等が利用可能である。また、通信ネットワークを構成する伝送媒体としては、特に限定されず、例えば、IEEE1394、USB、電力線搬送ケーブルTV回線、電話線、ADSL回線等の有線でも、IrDAやリモコンのような赤外線、Bluetooth(登録商標)、802.11無線、HDR携帯電話網衛星回線地上波デジタル網等の無線でも利用可能である。なお、本発明は、上記プログラムコードが電子的な伝送で具現化された、搬送波に埋め込まれたコンピュータデータ信号の形態でも実現され得る。

0177

本明細書中において使用されている用語および表現は、内容を説明するためのものであって本発明の技術範囲を限定するものではない。また、これらの用語および表現は、図示および説明されている本発明の特徴あるいはその一部に関して差異をつけることを意図したものではない。つまり、本発明は上述した各実施形態に限定されるものではなく、請求項に示した範囲で種々の変更が可能であり、上述した実施形態において開示された各技術的手段を適宜組み合わせて得られる実施形態についても本発明の技術的範囲に含まれる。

0178

本発明は、例えば、画像処理機能を有するプリンタ、コピー機、スキャナ、ファックス等を備えたシステムに適用することができる。

図面の簡単な説明

0179

遠隔演算装置に接続された画像処理装置を含む、本発明の一実施形態を示す図である。
画像処理装置用の典型的なユーザインターフェースを示す図である。
画像処理装置の一例を示す図である。
画像処理装置での処理の流れを示すフローチャートである。
画像処理装置でのマークアップ言語を用いた処理の流れを示すフローチャートである。
遠隔演算装置の一例を示す図である。
遠隔演算装置の構成要素を示すブロック図である。
遠隔演算装置での処理の流れを示すフローチャートである。
遠隔演算装置でのマークアップ言語を用いた処理の流れを示すフローチャートである。
遠隔演算装置に接続される複数の画像処理装置を備えたシステムを示す図である。
図10に示されるシステムでの処理の流れを示すフローチャートである。
複数の遠隔演算装置およびリンクされたリソースを含む、本発明の一実施形態の構成要素を示す図である。
画像処理装置における表示の標準化のためのシステムを示す図である。
複数のアプリケーションがある場合の、画像処理装置における表示の標準化のためのシステムを示す図である。
テンプレート提供アプリケーション(TSA)がある場合の、画像処理装置における表示の標準化のためのシステムを示す図である。
画像処理装置における表示要素の標準化の一実施形態の工程を示す図である。
テンプレート提供アプリケーションを用いる実施形態の工程を示す図である。
XHTMLを用いた表示の標準化の一実施形態の工程を示す図である。
テンプレート提供アプリケーションおよびHTTPリクエストを用いる実施形態の工程を示す図である。
画像処理装置における表示の標準化の一実施形態の工程を示す図である。
アプリケーション固有のテンプレートフィールドデータを利用可能なアプリケーションを用いる実施形態の工程を示す図である。
遠隔演算装置においてテンプレート提供アプリケーションを用いる実施形態の工程を示す図である。
画像処理装置の表示画面の実施例を示す図である。
本発明の一実施形態を示すものであり、画像処理装置の制御システムの機能構成を示すブロック図である。

符号の説明

0180

4,30(30a〜30d),140,160,210画像処理装置
6,60,126a,126b,148A,148B,220遠隔演算装置
211記憶装置
213表示装置
214通信装置
215フォーム取得部(フォーム取得手段)
216統合部(統合手段)
217 送信部(送信手段)
218 受信部(受信手段)
219表示制御部(表示制御手段)
221 通信装置
222 記憶装置
223 受信部(受信手段)
224データ取得部(データ取得手段)
225 送信部(送信手段)

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ