図面 (/)

技術 生活習慣病原因物質減少剤及びそれを含む食品組成物

出願人 株式会社太田胃散
発明者 鈴木平光兪龍泉梶原正宏高取和彦新甫勇次郎中島嘉次郎村田篤信宮坂大樹
出願日 2005年8月19日 (15年0ヶ月経過) 出願番号 2005-238516
公開日 2007年3月1日 (13年6ヶ月経過) 公開番号 2007-051108
状態 未査定
技術分野 食品の着色及び栄養改善 植物物質含有医薬 化合物または医薬の治療活性
主要キーワード 食材本来 熱帯雨林 肥満防止剤 トドマツ グァー 過酸化脂質濃度 トリグリセリド型 脱脂大豆粉末
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2007年3月1日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

入手しやすい植物を供給源とし、しかも広い範囲の生活習慣病に対し、有効な生活習慣病原因物質減少剤及びそれを含む食品組成物を提供する。草果抽出物を有効成分とする生活習慣病原因物質減少剤。

解決手段

草果の抽出物を有効成分とした生活習慣病原因物質減少剤、及びそれを添加してなる生活習慣病原因物質減少効果を有する食品組成物とする。

概要

背景

わが国においては、飽食時代が長く続き、しかも世界一の高齢者社会到来とともに、高血糖症高脂血症等の生活習慣病発症率が急速に高まってきている。そして、この生活習慣病の中では、特に高血糖症、高脂血症の占める割合が大きく、これらの症状を抑制することが、心疾患肝疾患糖尿病動脈硬化症発症予防に有効である。
一般に、生活習慣病については根本的な治療が困難であるため、その発症予防を行うことは社会的にも重要なことである。

ところで、高脂血症は、脂質の過剰摂取により、血液中の脂質が過剰になることが原因で発症するが、これはコレステロール濃度が高くなる高コレステロール型と中性脂肪が高くなる高トリグリセリド型に大別される。
前者は、動脈硬化を促進し、心筋梗塞のような虚血性心疾患や脳卒中の発症原因となり、後者は、虚血性心疾患や脳卒中に加え、膵炎脂肪肝などの発症原因となっている。

また高脂血症以外の動脈硬化の促進因子としては過酸化脂質があり、動脈硬化性疾患では血清過酸化脂質濃度が高くなることが知られている。この過酸化脂質は、さらに老化の原因ともなっている。そして、過酸化脂質は多価不飽和脂肪酸からラジカルを経て生成するので、多価不飽和脂肪酸を多く含む生体膜は過酸化されて障害を受け、その結果細胞機能及び膜結合酵素機能がそこなわれることになる。

したがって、生体内の過酸化脂質を減少させることは、動脈硬化を含め多くの細胞障害を抑制し、血管障害肝障害、心疾患、ガン、糖尿病などの疾病の予防及びしいては老化現象の予防に有効となる。

そのほか、血糖値の上昇を抑制することも生活習慣病を予防するために重要である。炭水化物糖質を過剰に摂取すると、血糖組織に取り込むホルモンインスリンが過剰に分泌される結果、高インスリン血症をひき起こす。そして、この状態が続くと、生体組織のインスリンに対する感受性が低下し、糖が組織に取り込まれなくなる糖代謝異常をひき起す。高血糖症の代表的な病態は糖尿病であるが、糖尿病に罹患し、長期間高血糖状態が続くと、循環器疾患網膜症神経障害腎障害などの合併症を誘発する。
このように、肥満、動脈硬化症、糖尿病などの生活習慣病の発症を防止するために、高脂血、過酸化脂質血、高血糖を防止することが以前から試みられていた。

他方、近年になって、一部の保健食品の中に血中の脂質を低下させる作用をもつものの存在が認められ、食品素材による生活習慣病の予防という手段が一般消費者にとって注目すべき選択肢として浸透してきた。
このような事情のもと、最近に至り、天然資源特に植物を原料とした生活習慣病予防のための食品や医薬品に対する要望が高まってきた。

これまで、植物由来の生活習慣病関係の治療薬予防薬やそれらを含む食品としては、多種多様のものが提案されている。例えば脱脂大豆粉末から得たソーヤサポニンからなる肥満症合併症防止作用をもつ健康食品(特許文献1、特許文献2参照)、槐花、黄ごん、菊花及びゲンノショウコに含まれるフラボノイド化合物を有効成分とする抗トリプシン剤すなわち急性慢性膵臓炎血栓症疾患の予防、治療薬(特許文献3参照)、グァー種子胚乳を主成分とした肥満防止用食品材料(特許文献4参照)、大豆ムラサキツメクサ、亜麻アルファルファ又はココアからなる血流コレステロール冠動脈性心疾患原因物質又は血液脂質減少剤(特許文献5参照)、大豆由来のサポニンを有効成分とした抗老化用組成物(特許文献6参照)、ゲンチアナエルカンブリ抽出物からなる脂質分解促進剤(特許文献7参照)、高粘度水溶性ガラクトマンナン食品用乳化剤酵母菌末及びビタミンB類からなる肥満防止剤(特許文献8参照)、ユーカリローレルグレーフルーツローズマリークローブカモミールローズテンジクアオイ、オレンジフラワーパイン、トドマツアカマツ又はヒソップ精油を含む脂肪蓄積抑制用組成物(特許文献9参照)などが提案されている。

特開昭61−249364号公報(特許請求の範囲その他)
特開平6−311867号公報(特許請求の範囲その他)
特開平5−85934号公報(特許請求の範囲その他)
特開平11−299436号公報(特許請求の範囲その他)
特開平11−221048号公報(特許請求の範囲その他)
特開2002−179592号公報(特許請求の範囲その他)
特開2000−63259号公報(特許請求の範囲その他)
特開2005−126405号公報(特許請求の範囲その他)
特開2005−187432号公報(特許請求の範囲その他)

概要

入手しやすい植物を供給源とし、しかも広い範囲の生活習慣病に対し、有効な生活習慣病原因物質減少剤及びそれを含む食品組成物を提供する。草果の抽出物を有効成分とする生活習慣病原因物質減少剤。 草果の抽出物を有効成分とした生活習慣病原因物質減少剤、及びそれを添加してなる生活習慣病原因物質減少効果を有する食品組成物とする。 なし

目的

本発明は、入手しやすい植物を供給源とし、しかも広い範囲の生活習慣病に対し、有効な生活習慣病原因物質減少剤及びそれを含む食品組成物を提供することを目的としてなされたものである。

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

請求項2

生活習慣病原因物質が血中糖類である請求項1記載の生活習慣病原因物質減少剤。

請求項3

生活習慣病原因物質が血中脂質である請求項1記載の生活習慣病原因物質減少剤。

請求項4

生活習慣病原因物質が過酸化脂質である請求項1記載の生活習慣病原因物質減少剤。

請求項5

食材に草果の抽出物を添加してなる生活習慣病原因物質減少効果を有する食品組成物

請求項6

草果の抽出物の添加量組成物全量当り少なくとも0.001質量%である請求項5記載の食品組成物。

技術分野

0001

本発明は、肥満症心疾患肝疾患糖尿病動脈硬化症などの生活習慣病の原因となる種々の生体内物質を減少させ、生活習慣病の発症を予防するのに有効な薬剤及びそれを含む食品組成物に関するものである。

背景技術

0002

わが国においては、飽食時代が長く続き、しかも世界一の高齢者社会到来とともに、高血糖症高脂血症等の生活習慣病の発症率が急速に高まってきている。そして、この生活習慣病の中では、特に高血糖症、高脂血症の占める割合が大きく、これらの症状を抑制することが、心疾患、肝疾患、糖尿病、動脈硬化症の発症予防に有効である。
一般に、生活習慣病については根本的な治療が困難であるため、その発症予防を行うことは社会的にも重要なことである。

0003

ところで、高脂血症は、脂質の過剰摂取により、血液中の脂質が過剰になることが原因で発症するが、これはコレステロール濃度が高くなる高コレステロール型と中性脂肪が高くなる高トリグリセリド型に大別される。
前者は、動脈硬化を促進し、心筋梗塞のような虚血性心疾患や脳卒中の発症原因となり、後者は、虚血性心疾患や脳卒中に加え、膵炎脂肪肝などの発症原因となっている。

0004

また高脂血症以外の動脈硬化の促進因子としては過酸化脂質があり、動脈硬化性疾患では血清過酸化脂質濃度が高くなることが知られている。この過酸化脂質は、さらに老化の原因ともなっている。そして、過酸化脂質は多価不飽和脂肪酸からラジカルを経て生成するので、多価不飽和脂肪酸を多く含む生体膜は過酸化されて障害を受け、その結果細胞機能及び膜結合酵素機能がそこなわれることになる。

0005

したがって、生体内の過酸化脂質を減少させることは、動脈硬化を含め多くの細胞障害を抑制し、血管障害肝障害、心疾患、ガン、糖尿病などの疾病の予防及びしいては老化現象の予防に有効となる。

0006

そのほか、血糖値の上昇を抑制することも生活習慣病を予防するために重要である。炭水化物糖質を過剰に摂取すると、血糖組織に取り込むホルモンインスリンが過剰に分泌される結果、高インスリン血症をひき起こす。そして、この状態が続くと、生体組織のインスリンに対する感受性が低下し、糖が組織に取り込まれなくなる糖代謝異常をひき起す。高血糖症の代表的な病態は糖尿病であるが、糖尿病に罹患し、長期間高血糖状態が続くと、循環器疾患網膜症神経障害腎障害などの合併症を誘発する。
このように、肥満、動脈硬化症、糖尿病などの生活習慣病の発症を防止するために、高脂血、過酸化脂質血、高血糖を防止することが以前から試みられていた。

0007

他方、近年になって、一部の保健食品の中に血中の脂質を低下させる作用をもつものの存在が認められ、食品素材による生活習慣病の予防という手段が一般消費者にとって注目すべき選択肢として浸透してきた。
このような事情のもと、最近に至り、天然資源特に植物を原料とした生活習慣病予防のための食品や医薬品に対する要望が高まってきた。

0008

これまで、植物由来の生活習慣病関係の治療薬予防薬やそれらを含む食品としては、多種多様のものが提案されている。例えば脱脂大豆粉末から得たソーヤサポニンからなる肥満症合併症防止作用をもつ健康食品(特許文献1、特許文献2参照)、槐花、黄ごん、菊花及びゲンノショウコに含まれるフラボノイド化合物を有効成分とする抗トリプシン剤すなわち急性慢性膵臓炎血栓症疾患の予防、治療薬(特許文献3参照)、グァー種子胚乳を主成分とした肥満防止用食品材料(特許文献4参照)、大豆ムラサキツメクサ、亜麻アルファルファ又はココアからなる血流コレステロール冠動脈性心疾患原因物質又は血液脂質減少剤(特許文献5参照)、大豆由来のサポニンを有効成分とした抗老化用組成物(特許文献6参照)、ゲンチアナエルカンブリ抽出物からなる脂質分解促進剤(特許文献7参照)、高粘度水溶性ガラクトマンナン食品用乳化剤酵母菌末及びビタミンB類からなる肥満防止剤(特許文献8参照)、ユーカリローレルグレーフルーツローズマリークローブカモミールローズテンジクアオイ、オレンジフラワーパイン、トドマツアカマツ又はヒソップ精油を含む脂肪蓄積抑制用組成物(特許文献9参照)などが提案されている。

0009

特開昭61−249364号公報(特許請求の範囲その他)
特開平6−311867号公報(特許請求の範囲その他)
特開平5−85934号公報(特許請求の範囲その他)
特開平11−299436号公報(特許請求の範囲その他)
特開平11−221048号公報(特許請求の範囲その他)
特開2002−179592号公報(特許請求の範囲その他)
特開2000−63259号公報(特許請求の範囲その他)
特開2005−126405号公報(特許請求の範囲その他)
特開2005−187432号公報(特許請求の範囲その他)

発明が解決しようとする課題

0010

本発明は、入手しやすい植物を供給源とし、しかも広い範囲の生活習慣病に対し、有効な生活習慣病原因物質減少剤及びそれを含む食品組成物を提供することを目的としてなされたものである。

課題を解決するための手段

0011

本発明者らは、生活習慣病の原因となる血中糖類、血中脂質、過酸化脂質などを減少させるのに有効な植物を広く探索した結果、中国省の熱帯雨林に生育する多年生植物ショウガ科(amomum tsaoko crevost et lemarie)の成果果実乾燥物である草果中に、上記の生活習慣病の原因物質全てに対し減少効果を示し、しかも安全性の高い成分が存在することを見出し、この知見に基づいて本発明をなすに至った。

0012

すなわち、本発明は、草果の抽出物を有効成分とする生活習慣病原因物質減少剤、及びそれを添加してなる生活習慣病原因物質減少効果を有する食品組成物を提供するものである。

0013

草果には、揮発性の精油が約3%含まれており、その中にはα‐ピネン、β‐ピネン、1,8‐ユーカリプテン、サイメントランス‐s‐ウンデカナール、α‐テルピネオール、β‐シトラールネラール)、ゲラニオールネロリドールカンファリナロールデシルアルデヒドノニルアルデヒド、ツアオコなどの化合物が含まれている。

0014

本発明において有効成分として用いる草果の抽出物は、例えば以下のようにして調製することができる。

0015

すなわち、草果の粉末有機溶剤例えばクロロホルムメタノールとの混合溶剤を用いて抽出し、残渣を濾去したのち、濾液分層し、下層減圧濃縮する。次にこの濃縮物シリカゲルカラムグラムに通したのち、メタノールで溶出する。このようにして溶出された画分は、体重減少効果を示すとともに、血中糖類、血中脂質及び過酸化脂質の減少効果を有する。

0016

本発明の生活習慣病原因物質減少剤は、これに経口用賦形剤を配合し、常法に従って調剤することにより、経口用製剤とすることができる。この製剤の剤形としては、液剤散剤細粒剤顆粒剤錠剤トローチ剤カプセル剤丸剤など任意の形態とすることができる。

0018

本発明の生活習慣病原因物質減少剤を生活習慣病の予防に用いる場合は、有効成分として体重1kg当り10〜500mgを1日2〜3回に分けて投与するが、この投与量は、生活習慣病の種類、発症している場合の症状に応じ、さらに増量することもできる。

0019

また、本発明の生活習慣病原因物質減少効果を有する食品組成物は、パン、餅、麺類乳製品食用油脂菓子ジャム蜂蜜卵製品、飲料などに用いる食材に、全量に基づき、少なくとも0.001質量%の割合で添加する。

0020

この添加量が0.001質量%未満では、効果の発現が遅くなる。また、草果は安全性が高いのでこの添加量の上限には特に制限はないが、あまり量を多くすると食材本来風味がそこなわれるので、10質量%以上は添加しない方がよい。好ましい添加量の範囲は0.005〜5質量%である。

0021

この食品組成物には、所望に応じ、調味料、食品用乳化剤、栄養剤香料着色剤サプリメント防腐剤酸化防止剤などを添加することができる。

発明の効果

0022

本発明によると、入手しやすい植物を原料として、安定性が高く、広い範囲の生活習慣病に有効な薬剤及び食品組成物が得られる。

発明を実施するための最良の形態

0023

次に、実施例によって本発明を実施するための最良の形態を説明するが、本発明はこれによりなんら限定されるものではない。

0024

参考例
草果乾燥粉末600gに、クロロホルム200mlとメタノール400mlの混合物を加え、2分間激しくかきまぜたのち、濾紙(東洋濾紙社製、No.4)を通して減圧濾過し、固形残渣を除去した。
次いで、濾液を1リットル体積分液漏斗に移して30秒間激しくふり混ぜたのち、静置し、クロロホルム層(下層)とメタノール層上層)に分層させ、下層を500ml体積三角フラスコに移し、無水硫酸ナトリウム10gを加えて乾燥した。
次にこれを濾過し、濾液をロータリーエバポレータ水浴温度40℃において減圧濃縮したのち、濃縮物を再びクロロホルムとメタノールとの混合物に溶かし、激しく降りまぜて抽出し、クロロホルム層を乾燥後減圧濃縮する操作を合計6回繰り返すことにより、草果エキス30.72gを得た。

0025

別に、シリカゲル和光純薬社製、商標名「ワコーゲルC300」)を100℃で3時間乾燥して活性化したのち、デシケーター中に入れ、室温まで冷却した。冷却後、その250gを取し、クロロホルムを加えてスラリー化し、ガラスカラム(径55mm、長さ215mm)に充填し、ヘキサンを通してクロロホルムをヘキサンで置換することによりクロマトグラフィー用カラムを作成した。

0026

次いで、このカラムに上記の草果エキス20gをクロロホルムを展開溶媒としてチャージしたのち、最初にクロロホルム600mlで溶出し、次にアセトン500mlで溶出し、さらにメタノール600mlで溶出して3種のフラクション採取し、それぞれのフラクションをエバポレーターで減圧濃縮することによりフラクションA4.26g、フラクションB9.57g及びフラクションC1.43gを得た。この場合のエキス量の合計は30.72g(草果粉末に対して5.1質量%)であった。

0027

コーンスターチ46.8質量%、カゼイン20質量%、スクロース15質量%、ラード6質量%、セルロースパウダー5質量%、混合ミネラル4質量%、混合ビタミン2質量%、l‐メチオニン0.2質量%及び参考例で得たフラクションC又はエキス1質量%の飼料を調製し、この飼料を3か月齢成熟CD−1系雄性マウス10匹に毎日4.36g/匹ずつ90日間与えた。
また、対照群の10匹に対してはフラクションC又はエキスを添加せず、その分をコーンスターチで補って47.8質量%に増加した飼料を与えた。90日経過までのマウス体重変化を測定し、その結果を図1グラフとして示す。図中の●印は対照群、○はフラクションC群、△印はエキス群である。
この図から明らかなように、フラクションC又はエキスを添加した場合は、これを添加しない場合に比べ明らかに体重増加が抑制されていることが分かる。

0028

実施例1と同じ成熟マウスを10匹ずつ草果抽出物添加飼料接種群(本発明)と無添加飼料摂取群コントロール)の2群に分け、前者には草果エキス0.05質量%に相当する草果粉末1質量%を添加し、後者には草果粉末を添加せずに、その分だけコーンスターチを増量し、他の成分及び含有割合については実施例1と全く同じ組成の飼料を与え、実験期間中水は自由に摂取させるとともに、飼料については各群マウス1匹当り摂取させる条件下で3か月間飼育した。
実験終了後、マウスをエーテル麻酔下で採血を行なうとともに肝臓摘出した。採血した血液は遠心分離血漿を分離し、血漿中の総コレステロールトリグリセリド遊離脂肪酸リン脂質、過酸化脂質、グルコースを定量した。
また摘出した肝臓はホモジナイズし、ホモジナイズ液中のコレステロール、トリグリセリド、リン脂質を定量した。なお、血漿及びホモジナイズした肝臓に関して、総コレステロールをコレステロールEテストワコーにより、中性脂肪をトリグリセリドEテストワコーにより、遊離脂肪酸をNEFACテストワコーにより、リン脂質をリン脂質Bテストワコーにより、過酸化脂質を過酸化脂質テストワコーにより、グルコースをグルコースBテストワコーによりそれぞれ測定した。

0029

草果添加による血漿脂質及びグルコースの減少効果を図2に、血漿遊離脂肪酸の減少効果を図3に、血漿過酸化脂質の減少効果を図4に、肝ホモジネート液中のトリグリセリドの減少効果を図5にそれぞれ棒グラフとして示す。

0030

草果添加飼料摂取群では、無添加飼料摂取群に比べ、血漿中の中性脂肪、遊離脂肪酸、過酸化脂質及びグルコース量が有意に低下していた。肝臓に関しては、草果添加飼料摂取群では無添加飼料摂取群に比べ中性脂肪が有意に低下していた。
すなわち、草果摂取により血漿及び肝臓での脂質が低下することが示され、また過酸化脂質の減少により抗酸化作用に関連した作用を有する可能性が示された。

0031

本発明は糖尿病、高脂血症、動脈硬化性疾患、心疾患、肝疾患などの生活習慣病の予防薬又は予防用食品として有用である。

図面の簡単な説明

0032

実施例1におけるマウスの体重変化を示すグラフ。
実施例2における草果添加による血漿脂質及びグルコースの減少効果を示す棒グラフ。
実施例2における草果添加による血漿遊離脂肪酸の減少効果を示す棒グラフ。
実施例2における草果添加による血漿過酸化脂質の減少効果を示す棒グラフ。
実施例2における草果添加による肝ホモジネート液中のトリグリセリド(TG)の減少効果を示す棒グラフ。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社ファンケルの「 ビタミンE含有油性組成物」が 公開されました。( 2020/07/02)

    【課題】ビタミンEと水溶性粉末を含有し、安定性と乳化性に優れた油性組成物及びこの組成物を含むソフトカプセル製剤を提供することを課題とする。【解決手段】ビタミンEと水溶性粉末を含有する油性組成物であって... 詳細

  • 公益財団法人佐賀県地域産業支援センターの「 炎症性サイトカイン産生抑制用の組成物」が 公開されました。( 2020/07/02)

    【課題】新規のマトリックスメタロプロテアーゼ産生抑制用及び/又は炎症性サイトカイン産生抑制用の組成物、及びその応用品を提供する。【解決手段】プロアントシアニジンを有効成分として含有するマトリックスメタ... 詳細

  • 小林製薬株式会社の「 皮膚外用組成物」が 公開されました。( 2020/07/02)

    【課題】本発明の目的は、鎮痒効果がより一層高められた皮膚外用組成物を提供することである。【解決手段】ジフェンヒドラミン及び/又はその塩とレチノール及び/又はその誘導体とを含む皮膚外用組成物において、ア... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ