図面 (/)

技術 マルチメディア要素に関連づけられた画像によって該要素にアクセスする方法および装置

出願人 トムソンライセンシング
発明者 ユルゲンシュタウダーイザベラグラスランドベルトランシュポーカロルポソン
出願日 2003年12月17日 (18年2ヶ月経過) 出願番号 2004-564244
公開日 2006年4月13日 (15年10ヶ月経過) 公開番号 2006-512666
状態 未査定
技術分野 検索装置 イメージ処理・作成
主要キーワード 格納日付 携帯用記憶媒体 携帯用記録媒体 帰属度 消音モード ポータブルメモリ ディジタルデコーダ ディジタル装置
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2006年4月13日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (6)

課題・解決手段

本発明は、画像(a,b,c,d,e,…,m,n)が各要素に関連づけられており、これによって各要素へのアクセスが制御される、ディジタルデータによって格納されたマルチメディア要素にアクセスするための方法に関する。本発明によれば、この方法の特徴は、上記の要素のうちの1つにアクセスしたい場合、第1の要素に関連づけられている第1画像グループ(b,c,e,f,g;a,j,e,f,g)を表示し、これら表示された画像のうちの少なくとも1つ(e)と、この第1画像グループとは異なる、第2の要素のグループに関連づけられている第2画像グループ(i,e,k,m,n;b,c,e,k,m)を表示する手段とが関連づけられていることである。

概要

背景

概要

本発明は、画像(a,b,c,d,e,…,m,n)が各要素に関連づけられており、これによって各要素へのアクセスが制御される、ディジタルデータによって格納されたマルチメディア要素にアクセスするための方法に関する。本発明によれば、この方法の特徴は、上記の要素のうちの1つにアクセスしたい場合、第1の要素に関連づけられている第1画像グループ(b,c,e,f,g;a,j,e,f,g)を表示し、これら表示された画像のうちの少なくとも1つ(e)と、この第1画像グループとは異なる、第2の要素のグループに関連づけられている第2画像グループ(i,e,k,m,n;b,c,e,k,m)を表示する手段とが関連づけられていることである。

目的

集合のこのような選択によって可能になるのは、同一のテーマを扱うまたは類似した格納日付を有するなどの関係を示す画像を表示することである

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

画像(a,b,c,d,e,…,m,n)が各要素に関連づけられており、これによって各要素へのアクセスが制御される、ディジタルデータによって格納されたマルチメディア要素にアクセスするための方法において、前記の要素のうちの1つにアクセスしたい場合、−第1の複数の要素に関連づけられている第1画像グループ(b,c,e,f,g;a,j,e,f,g)を表示し、−当該の表示された画像のうちの少なくとも1つ(e)と、前記第1画像グループとは異なる、第2の複数の要素に関連づけられている第2画像グループ(i,e,k,m,n;b,c,e,k,m)を表示する手段とが関連づけられていることを特徴とする、マルチメディア要素にアクセスするための方法。

請求項2

前記第2画像グループとは異なる、第3の要素に関連づけられた第3画像グループを表示する手段が、第2画像グループ(i,e,k,m,n;b,c,e,k,m)のうちの少なくとも1つ画像に関連づけられている、請求項1に記載の方法。

請求項3

画像を表示する手段がアクティブ化されると、直ちに第1画像グループを自動的に表示する、請求項1または2に記載の方法。

請求項4

マルチメディア要素に対して表示、格納または転送などの操作を実行する場合、画像第1グループ(b,c,e,f,g;a,j,e,f,g)の表示をアクティブ化する手段を表示する、請求項1から3までのいずれか1項に記載の方法。

請求項5

画像グループを表示する場合、修正、格納または転送などの操作を制御する手段も表示する、請求項1から4までのいずれか1項に記載の方法。

請求項6

表示する画像の数は、10以下であり有利には6以下である、請求項1から5までのいずか1項に記載の方法。

請求項7

同一の選択判定条件に対応し1グループを形成する要素(2041,2042,2043,2044,2045,2046)と、同一のグループに所属する要素に関連づけられた画像とを1グループで表示する、請求項1から6までのいずれか1項に記載の方法。

請求項8

アクセス頻度格納日付ファイルサイズ、この画像における所定のレリーフの存在または色の優位度などの関連づけられた画像に固有の技術的なパラメタ、要素に関連づけられたテーマ、同一のセマンティックグループへの帰属度、要素の内容および/または性質についての類似度ランダムな決定、またはユーザの好みのうちの少なくとも1つの判定条件を考慮することによって画像および/またはグループを選択し、ここでは当該のグループから選択した画像を表示する、請求項1から7までのいずれか1項に記載の方法。

請求項9

前記マルチメディア要素は、ビデオシーケンス、画像、曲および/またはテキストに関連する、請求項1から8までのいずれか1項に記載の方法。

請求項10

マルチメディア要素は、写真またはビデオシーケンスに関連し、当該要素に関連付けられる画像を前記の写真からまたはビデオシーケンスから生成する、請求項1から9までのいずれか1項に記載の方法。

請求項11

要素の表示を生成することによって当該要素にアクセスする、請求項1から10までのいずれか1項に記載の方法。

請求項12

画像の表示を時系列モードにしたがってまたはテーマモードにしたがって行う、請求項1から11までのいずれか1項に記載の方法。

請求項13

画像(a,b,c,d,e,…,m,n)が各要素に関連づけられており、これによって各要素にアクセスする、ディジタルデータによって格納されるマルチメディア要素にアクセスするための装置(200)において、該装置は、手段(210)、すなわち−第1の複数の要素に関連づけられている第1画像グループ(b,c,e,f,g;a,j,e,f,g)を表示し、かつ−当該の表示された画像のうちの1つに基づいて、前記第1画像グループとは異なる、第2の複数の要素のグループに関連づけられている第2画像グループ(i,e,k,m,n;b,c,e,k,m)の表示を制御する手段(210)を含むことを特徴とする、マルチメディア要素にアクセスするための装置(200)。

請求項14

前記装置は、前記の第2グループの少なくとも1つの画像と、当該の第2グループとは異なる第3の要素に関連づけられた第3画像グループを表示する手段と関連づける手段を有している、請求項13に記載の装置。

請求項15

前記装置は、画像表示手段がアクティブ化されると、直ちに第1画像のグループを自動的に表示する手段を含む、請求項13または14に記載の装置。

請求項16

前記装置は、マルチメディア要素に対する表示、格納または転送などの操作に伴って、第1画像グループの表示をアクティブ化する手段を表示する手段を含む、請求項13から15までのいずれか1項に記載の装置。

請求項17

前記装置は、時系列モードにしたがってまたはテーマモードにしたがって画像表示する手段を含む、請求項13から16までのいずれか1項に記載の装置。

技術分野

0001

本発明は、マルチメディア要素に関連づけられた画像によってこれらの要素にアクセスする方法および装置に関する。

0002

例えば、画像、ビデオシーケンス、曲および/またはテキストを含むマルチメディア要素を格納または処理するためにディジタル装置、すなわちディジタルデータによって動作する装置を使用することは公知である。

0003

ディジタル装置によって高速かつ容易にマルチメディア要素を処理することができ、そのコピー修正または転送のような操作が行われる。このため、ディジタルカメラによって撮影した写真は、例えば数多くのいろいろポータブルメモリによっていくつかのコンピュータに転送することができ、これらのコンピュータのうちの1つによって修正し、またプリンタを介してこの修正した写真を印刷することできる。

0004

ディジタル装置に格納されたマルチメディア要素110へのアクセスは一般に、フォルダ102,104および106およびサブフォルダ102′および102″を使用した階層的な編成ないしは位置(図1a)の処理を要求する。

0005

フォルダの階層的編成は、マルチメディア要素のサイズまたは格納日付/期間などのようなあらかじめ定めた判定条件にしたがって自動的に定められる。この場合、各サブフォルダは、指定されたサイズおよび/または指定された格納日付/期間に関連するマルチメディア要素を含む。

0006

また階層的編成は、サブフォルダに格納される要素に関連づけられたテーマのようなユーザによって定義された判定条件にしたがって決めることも可能である。このような場合にはユーザがマルチメディア要素を格納する際に、このユーザは、この要素を含むフォルダまたはサブフォルダを、例えば、格納される要素に関連づけられるテーマに依存して決定するのである。

0007

続いて例えばサブフォルダに関連づけられたテーマ102′によってこのサブフォルダを識別する要求108[102′](図1a)を送信することにより、ユーザはこのサブフォルダ102′に収容されているすべての要素110にアクセスする。

0008

このようなアクセスはこれらの要素に関連づけられた画像を表示することによって行うことができるため、ユーザは、画像を選択することにより、この画像に関連づけられた要素の内容にアクセスする。

0009

マルチメディア要素にアクセスするための別の公知の方法(図1b)では選択判定条件を使用することができ、ユーザが選択判定条件を決定する要求108[ ]を送信すると、この判定条件に合致するマルチメディア要素110が選択される。ここでこの選択はこれらが格納されたフォルダ102′,104′または106′とは無関係に行われる。

0010

この場合、選択されるマルチメディア要素へのアクセスは上記のようにこれらに関連づけられた画像によって行うことも可能であるため、画像を選択することによって、ユーザはこの画像に関連づけられたマルチメディア要素にアクセスするのである。

0011

本発明は、ディジタル装置に格納されたマルチメディア要素にアクセスする公知の方法が多数のユーザにおよび/または多数の使用に不適切であるということが判明したことから得られたものである。

0012

実際、位置に基づくアクセスまたは選択判定条件に基づくアクセスのためのこれらの方法により、要素にアクセスしようとするユーザは、要素の位置に関連する、および/またはこの要素を定める選択判定条件に関連する情報についてあらかじめ知識を有しなければならないのである。

0013

一人が要素を装置に格納するのに対して別の複数の人間がこれらの要素にアクセスするといったように、さまざまな人間によって使用される装置に要素が格納される多くの状況において、上記のようなあらかじめの知識は存在しない。

0014

実際にこのようなケースでは、要素を格納した人間だけが、位置および/または使用した選択判定条件に関連する情報を知っていることによって、別の人間が要素にアクセスするのを困難にしている。

0015

さらに、マルチメディア要素に割り当てられた選択判定条件または位置は、この割り当てを行う人間に依存して変わり得るため、様々な人間がこの装置を使用する場合、マルチメディア要素へのアクセスがさらに困難になる。

0016

例えば、旅行の枠内で撮影された家族の構成員を表す画像を、家族のイベントに関連するフォルダに配置する人もあれば、旅行に関連するフォルダに配置する人もいる。

0017

さらに、このアクセス方法は、要求に応じて、この要求に相当し得るすべての要素が提示されるという欠点を有する。これの要素の数が多すぎて、ユーザはそのアクセス要求を管理できるとは思えず、サーチ放棄してしまうのである。

0018

付加的には、選択判定条件に基づくアクセスは一般的に制限的である。すなわち、選択判定条件を相次いで定義すると、これらの種々異なる判定条件が組み合わされることによってアクセスできる要素の数がつぎつぎと制限されるのである。

0019

要素を選択するユーザは、殊にこの照合が再作成によっておよび/またはあらかじめ定めた検索目的なしに行われる場合、例えばすでに使用した判定条件を廃棄することによって、選択中にその判定条件を修正しようとすることがある。

0020

最後に一般的にマルチメディア装置に格納されている要素にアクセスする公知の方法は、ディジタル装置の操作、また殊にデータの格納方式精通していないユーザにとってはあまりユーザフレンドリーではない。

0021

本発明により、上記の問題のうちの少なくとも1つが解決される。本発明は、ディジタルデータによって格納されるマルチメディア要素にアクセスする方法に関し、ここでは画像が各要素に関連づけられており、これによって各要素へのアクセスが制御される。この方法の特徴は、これらの要素のうちの1つにアクセスしたい場合、第1の複数の要素に関連づけられている第1画像グループを表示し、これらの表示される画像の少なくとも1つと、第1画像グループとは異なる、第2の複数の要素に関連づけられている第2画像グループの表示を制御するための手段とが関連づけられていることである。

0022

このような方法により、要素を定めるために使用される選択判定条件の性質および/または位置についてのあらかじめの知識を必要とすることなく、マルチメディア要素への高速かつ簡単なユーザアクセスが可能になる。

0023

付加的にはこの方法により、格納されたすべての要素の照会が簡単になる。それは1ユーザが、相次いで要素のさまざまなグループにアクセスできるからである。

0024

さらに強調すべきであるのは、本発明による方法が、マルチメディア要素に対して行われ得るすべての同時のアクセスを提供しないことである。それはこれらの要素へのアクセスを可能にする画像が、さまざまな画像のグループの連続によってユーザに提示されるからである。

0025

言い換えると、ユーザは、第1画像グループからアクセス可能な第1のマルチメディア要素にアクセスするか、または新しい画像グループの表示の要求を選択して別の要素にアクセスするかのいずれかを考慮することできるのである。

0026

したがってこの方法により、要素の格納に関連する知識を必要とすることなく、ユーザフレンドリーで、簡単かつ高速なマルチメディア要素へのアクセスが得られるのである。

0027

1実施形態では、第1画像グループが表示される場合、第2画像グループとは異なる、第3の要素に関連づけられた第3画像グループを表示する手段が、第2画像グループの少なくとも1つの画像に関連づけられている。

0028

したがってこのような方法のユーザは、画像のグループに相次いでアクセスすることができ、例えば、格納されたすべての要素に「ざっと目を通す」という感覚でこれらを検証することができるのである。

0029

1実施形態では、画像を表示する手段がアクティブ化されると、直ちに第1画像グループが自動的に表示される。

0030

このため、マルチメディア要素の処理についての知識をほとんど有しないユーザが、これの要素に簡単にアクセスすることができる。それは要素へのアクセスを可能にする画像の表示は、テレビジョン画面またはコンピュータ画面などの表示手段をアクティブ化することによって行われるからである。

0031

1実施形態によれば、マルチメディア要素に対して表示、格納または転送などの操作を実行する場合、第1画像グループの表示をアクティブ化する手段を表示する。

0032

したがってマルチメディア要素を処理するユーザは、画像を介してこれらの要素すべてにアクセスすることができるのである。

0033

1実施形態では、画像グループを表示する場合、修正、格納または転送などの操作を制御する手段も表示する。

0034

1実施形態によれば、表示する画像の数は、10以下であり有利には6以下である。

0035

1実施形態によれば、同一の選択判定条件に対応し1グループを形成する要素と、同一のグループに所属する要素に関連づけられた画像とを1グループで表示する。

0036

1実施形態では以下の判定条件、すなわち、アクセス頻度、格納日付、ファイルサイズ、この画像における所定のレリーフの存在または色の優位度などの関連づけられた画像に固有の技術的なパラメタ、要素に関連づけられたテーマ、同一のセマンティックグループへの帰属度、要素の内容および/または性質についての類似度ランダムな決定、またはユーザの好みのうちの少なくとも1つ判定条件を考慮することによって、画像および/またはグループ(このグループから選択した画像を表示する)を選択する。1実施形態では上記のマルチメディア要素は、ビデオシーケンス、画像、曲および/またはテキストに関連する。

0037

1実施形態によれば、マルチメディア要素は、写真またはビデオシーケンスに関連し、この要素に関連付けられる画像をこの写真からまたはこのビデオシーケンスから生成する。

0038

1実施形態では、要素の表示を生成することによってこの要素にアクセスする。

0039

1実施形態によれば、画像の表示を時系列モードにしたがってまたはテーマモードにしたがって行う。

0040

本発明はまた、ディジタルデータによって格納されるマルチメディア要素にアクセスするための装置に関し、ここでは画像が各要素に関連づけられており、これによって各要素にアクセスする。この装置の特徴は、この装置がつぎのような手段を含むことである。すなわち、第1の複数の要素に関連づけられている第1画像グループを表示し、かつこれら表示された画像のうちの1つに基づいて、第2の複数の要素に関連づけられた第2画像グループの表示を制御する手段を含んでいることであり、ここで第2画像グループは、第1画像グループとは異なる。

0041

1実施形態では、上記の装置は、上記の第2グループの少なくとも1つの画像と、この第2のグループとは異なる、第3の要素に関連づけられた第3画像グループを表示する手段と関連づける手段を有している。

0042

1実施形態によれば、上記の装置は、画像表示手段がアクティブ化されると、直ちに第1画像グループを自動的に表示する手段を含む。

0043

1実施形態によれば、上記の装置は、マルチメディア要素に対する表示、格納または転送などの操作に伴って、第1画像グループの表示をアクティブ化する手段を表示する手段を含む。

0044

1実施形態によれば、上記の装置は、時系列モードにしたがってまたはテーマモードにしたがって画像表示する手段を含む。

0045

本発明の別の特徴および利点は、制限でない例としての本発明の以下の説明から明らかになろう。ここでは添付の図面を参照する。これらの図面において、
図1aおよび1bは、すでに説明したようにマルチメディア要素にアクセスするための公知の方法を示しており、
図2aおよび2bは、マルチメディア要素にアクセスするための本発明による方法を示しており、
図3および4は、本発明による画像の表示を示しており、
図5は、本発明による装置によって実行される動作のチャートを示している。

0046

図2aに示されているのは、本発明にしたがって(図示しない)マルチメディア要素にアクセスするための第1の方法であり、ここでは画像a,b,…,jは各要素に関連づけられており、これによって各要素へのアクセスが制御される。

0047

本発明によれば、ディジタル装置200に格納された複数のマルチメディア要素のうちの1つにアクセス206が要求されると、第1の複数の要素に関連づけられた第1画像グループ(a,j,e,f,g)が画面210に表示される。

0048

これらの画像a,j,e,fおよびgはアクティブ化手段を含んでいるため、この画像がアクティブ化されると、この画像に関連づけられたマルチメディア要素がユーザに提示される。この実施形態ではこのアクティブ化は、ユーザによって送信されたアクティブ化要求によって実行され、ここでこれは画像の選択を可能にするリモートコントロール203によって行われる。

0049

これらの画像のうちの特定の画像、例えば画像eもいわゆるナビゲーション手段を含んでおり、ユーザがこの画像eを照会すると、第1のグループとは異なる第2画像グループ(b,c,e,k,m)が表示される。このナビゲーションもリモートコントロール203からコントロールされる。

0050

したがって明らかであるのは、画像のグループを相次いで表示することにより、装置200のユーザが、表示された画像を介して、装置200においてアクセス可能なマルチメディア要素の高速かつ簡単なある種のセンスを得られることである。

0051

第1画像グループおよび第2画像グループにおいて表示される画像の選択は、マルチメディア要素の格納日付、この要素へのアクセス頻度、同一のセマンティックグループへの帰属度(membership)、これらの要素の性質または内容についての類似度、ランダムな決定またはユーザの好みなどのような判定条件によって行われる。

0052

図2bに示した本発明の変形実施形態によれば、装置によって使用される画像a,b,…,nは、フォルダにおける位置または要素の内容に関連するテーマなどの選択判定条件によって定義される要素に関連づけられる。

0053

選択判定条件を考慮することによって、同一の(またはいくつかの)判定条件を満たす要素の集合2041,2042,2043および2044が定められる。

0054

これらの要素のうちのいくつかは種々異なる集合に所属することが可能である。したがって画像bに関連づけられる要素は集合2043および2045に所属するのに対して、画像eに関連づけられる要素は集合2043および2042に所属する。

0055

このような状況が発生するのは、例えば、集合2044が旅行に関連する要素に相当し、集合2042が展示会に関連する要素に相当し、また画像eに関連づけられる要素が、展示会の枠内で行われた旅行中に撮影された写真に相当する場合である。

0056

この場合、本発明の1変形実施形態によれば、要素の集合2043の選択が行われるのは、装置201のユーザがマルチメディア要素にアクセスしたいことが検出される場合である。つぎにユーザは、集合2043に含まれる要素に関連づけられた画像の中から表示される画像グループ(b,c,e,f,g)を選択する。

0057

集合のこのような選択によって可能になるのは、同一のテーマを扱うまたは類似した格納日付を有するなどの関係を示す画像を表示することである。したがって提示される画像グループは、装置200のユーザに対してある一貫性を示すのである。

0058

選択される第1の集合は、集合の要素へのアクセス頻度、これらのアクセスの時系列、同一のセマンティックグループへの帰属度、これらの要素の性質および/または内容についての類似度、ランダムな決定および/または発明者の好みなどのような判定条件にしたがって決定することができる。

0059

前に述べたようにこれらの画像のうちのいくつかは第2の画像の集合に所属することができる。したがって本発明の1変形実施形態によれば、ユーザが第2の集合2042に所属する画像eを照会すると、第2の集合2042に含まれる要素に関連する新たな画像のグループi,e,k,mおよびnが表示されるのである。

0060

図3に示されているのは、ディジタル写真を表示する本発明の装置の画面300である。したがってユーザがこの装置をアクティブ化して、これに格納された写真302iにアクセスする場合、これらの写真に関連づけられた画像のグループ304が表示される。

0061

表示される画像302活動,302風景,302建物,302人々および302場所は写真から発生し、ここでこれらの画像は、例えばそのサイズを縮小することによってこの写真に関連づけられる。

0062

これらの画像302iは、定められた判定条件にしたがって表示されるため選択されている。この例では、風景または人々などのさまざまなテーマに関連する画像が表示されている。

0063

付加的にはアクティブ化手段がこれらの画像に関連づけられ、画像302場所がアクティブ化される場合、関連づけられた写真が表示される。この場合、図300に示したように写真も画像に依存する。

0064

照会手段も各写真に関連づけられ、写真を照会することによって、新しい画像のグループが表示される。

0065

例えば、画像302場所を照会することを考えると、画像400地域の新たなグループ400(図4)が時間軸402に沿って表示される。ここでこの時間軸は、この写真が撮影された日付tに相当する。したがってこの軸402に沿った最初の画像t1は、それに続く第2の画像t2よりも前の格納日付を有する。

0066

表示される画像をこのように時系列で表現することは、本発明の1実施形態により、第1画像グループ304をテーマにしたがって表示することによって得られる。言い換えると、表示のモードを、同一の画像のグルーブで変えることができるのである。

0067

本発明の1実施形態によれば、ディスプレイ300は、ディジタル装置の表示手段350を含んでおり、この手段により、以下に図5によって説明するように例えば、マルチメディア要素の共有収集、照会、作成または修正が可能になる。ここで図5は、本発明にしたがってマルチメディア装置500のユーザが利用できるさまざまな機能を表す。

0068

これらの機能を説明する前に、これらが本発明によるナビゲーション処理のアクティブ化504に引き続いて提案されることを指摘しておく。したがってユーザが装置500をアクティブ化して要素にアクセスすると、図2aおよび2bによって説明したように選択された画像グループが表示される。

0069

ユーザはその装置500によって、電子メールから、コンパクトディスク(CD)、DVDまたはDVIXのような携帯用記録媒体から、またはディジタルカメラから画像をインポート(504)することによってこれを格納(502)しようとすることがある。

0070

このために装置500は、電子メールを受信するため、携帯用記録媒体を読み出すためおよび/またはディジタルカメラのようなディジタル装置を接続するための手段(503)を含む。

0071

付加的に装置500は、MPEG(Motion Picture Expert Group),JPEG(Joint Photographic Expert Group),ビットマップピクセルマップ)またはTIFF(Tagg Image File Format)などのさまざまな記録形式したがうマルチメディア要素を処理するための手段505を含む。

0072

またこの装置は、インターネットネットワークまたは類似の通信ネットワークとのリンクを含んでいるため、このネットワークを介して要素を交換して受信または送信することができる。

0073

同様にこの装置は、例えば、時系列的な判定条件、選択テーマ、または要素のサイズのように自動的に割り当てられるパラメタを考慮することによって、処理される要素にインデックスを付与する手段(506)を含む。

0074

これを行うため、この装置は、要素に作成または格納日付を割り当てるため、要素の存続期間(開始および終了)を決定するため、および/または要素に1つまたは複数のテーマを割り当てるための手段507を含んでいる。この操作については後に図6を用いて詳しく説明する。

0075

付加的に装置500は、例えばフォルダから要素を削除するか、または技術的な特性(フレーミングコントラストライト、色)を変更することによって、要素を修正するための手段508を含む。

0076

また装置500は、例えばテーマまたは日付/存続時間を用いて要素を検索するための手段510も有する。

0077

この装置は、現在表示している写真に関係している写真(例えば時間的にまたはテーマが関係している写真)を選択することによって複数の画像に目を通せるようにし、またユーザが新しい写真を表示したい場合には、写真のこの選択が表示されるようにする手段も含むことができる。

0078

この装置は、要素の1つまたは複数の集合513を作成する手段512も含んでいる。ここで集合は、幼年時代または観光旅行などのテーマに相当することが可能である。したがってマルチメディア要素を写真とすると、さまざまなテーマに固有の写真アルバムを作成することができるのである。

0079

実際にこの装置は、アルバムに格納されたさまざまな要素を表示することによってアルバムを照会できるようにする手段514を含む。このような表示は、スライドショーの形で行われる。すなわち、例えば時系列および/テーマ順にしたがって、各要素に関連づけられた画像を相次いで表示するのである。

0080

この装置は、電子メールで送信することによって、「コンパクトディスク」のような携帯用記憶媒体ダウンロードすることによって、またはインターネットネットワークを介してアクセス可能な文書に組み込むことによって処理されるマルチメディア要素を共有できるようにする手段516も備えている。このような共有は、「ウェブページ、すなわちインターネットネットワークから利用できるページを作成できるようにし、電子メールに要素を添付できるようにし、また要素を有するアルバムを作成できるようする手段520によって行うことも可能である。

0081

最後に、この装置は、本発明にしたがって画像グループを表示できるようにし、しかもこれを前述のようにテーマによる編成(518′)にしたがって、または時系列による編成(518″)を表示できるようする手段518と、1つ以上の相異なる判定条件にしたがってマルチメディア要素を検索できるようにする手段530とを含む。

0082

本発明では数多くの変形実施形態が可能である。考察した上記の画像は、ランダムまたはあらかじめ定めたやり方で得られるビデオシーケンスの抽出物に対応することが可能であるため、ユーザは、本発明にしたがって画像を選択することによってビデオシーケンスにアクセスする。

0083

この場合、あらかじめ選択された現在のビデオシーケンスは動画であるのに対して、抽出されたものは静止画である。別の変形実施形態によれば、あらかじめ選択された現在のビデオシーケンスは音声に関連づけられるのに対して、抽出されたものは消音モード再生される。

0084

上記のさまざまなケースにおいてフィルムまたは曲の選択をジャンル、日付、作者またはユーザプロフィールによって行うことができる。

0085

実際に本発明による装置はテレビジョンまたはディジタルデコーダのような装置と関連づけることができるため、単独のマルチメディアシステムベース上にさまざまな機能が提供される。

0086

本発明によるアクセス方法は、ユーザが、例えば要素を表示するため、これをエクスポートするため、またはこれを修正するためにこれにアクセスしようとした場合に自動的に起動される。

図面の簡単な説明

0087

マルチメディア要素にアクセスするための公知の方法を示す図である。
マルチメディア要素にアクセスするための本発明による方法を示す図である。
本発明による画像の表示を示す図である。
本発明による画像の表示を示す別の図である。
本発明による装置によって実行される動作のチャートである。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ