図面 (/)

技術 絨毛性性腺刺激ホルモンの投与による慢性骨盤疼痛症候群を治療する方法

出願人 ミルカウスラボラトリー,インコーポレイテッド
発明者 マクマイケル,ジョン
出願日 2003年5月29日 (17年11ヶ月経過) 出願番号 2004-543199
公開日 2006年2月9日 (15年3ヶ月経過) 公開番号 2006-504735
状態 特許登録済
技術分野 化合物または医薬の治療活性 蛋白脂質酵素含有:その他の医薬 医薬品製剤
主要キーワード フィードバックシグナル ストレス低減 しぶり 尿生殖隔膜 感染症病原体 骨盤底筋 泌尿器科医 夜間頻尿症
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2006年2月9日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題・解決手段

本発明は、慢性骨盤疼痛症候群の一つ以上の徴候を軽減するために効果的な量で、前立腺症苦しむ被検者絨毛性性腺刺激ホルモン、又は、それらの薬学的活性フラグメント若しくは誘導体投与するステップを含む慢性骨盤疼痛症候群を治療する方法に関する。

概要

背景

本出願は、2002年10月11日に出願された同時係属の米国仮特許出願番号60/417878の利益を要求する。

本発明は、一般に症候群(例えば、前立腺症)を含む慢性骨盤疼痛症候群徴候治療することに関する。

前立腺炎及び前立腺痛は、男性の極めて一般的な疾患である(コリンズM M他、「前立腺炎は一般的にどのようなものか?医師訪問国際調査」、Journal of Urology、159:1224-1228(1998))。前立腺肥大症(BPH)又は前立腺癌のために、多くの前立腺炎のための外来患者訪問がある。疫学的証明が制限されるにもかかわらず、前立腺炎の有病率が、成人の男性の約2-9%であるように見える。35-50%の男性が、生命の若干の時間に前立腺炎に影響を受けることが示唆された。1990-1994からのNational Ambulatory Medical Care Surveysに基づいて、約200万の移動訪問は、前立腺炎のために毎年ある。これは、泌尿器科医への全ての訪問の8%及び初期治療医師への全ての訪問の1%を占める。多くの男性は、それらの生命の多くのために症候性を残す。

慢性骨盤疼痛症候群は、前立腺炎を含む種々の関連した症候群を含んで、前立腺炎症の証明によって、並びに、前立腺液白血球の有無及び/又は前立腺に伴う痛みによって、特徴づけられることが可能である。前立腺の炎症によって、腹部睾丸陰茎の先端、排尿課題及び痛みを伴う射精で痛みが生じる。その原因は、しばしば決定されることができない。バクテリアは、通常尿で検出されない。感染の熱、悪寒又は他の徴候はない。この群の症候群で、慢性特発の前立腺炎、無症候前立腺炎及び前立腺痛の原因は、問題を含んで、多分ほとんど理解されていないものであるだろう。これらの疾患の原因は、定義できない細菌性又はウィルス性の若干の感染症に帰され、しかし、これはこれまで証明されなかった。これらの症候群が、思春期の前に存在しないで、18〜50ピーク発生率を有する。これらの3種の存在物が、実際に異なる相又は形態で同病プロセスを示すかもしれない。これらの状態の原因に関する示唆は、前立腺の化学平衡異常、現在の微生物学的な方法により検知されていない感染及び前立腺に対する自己免疫状態を含んだ。

炎症性慢性骨盤疼痛症候群の原因は、炎症性慢性骨盤疼痛症候群のものと同様でもよい。若干の医師は、前立腺が全く含まれず、神経系課題を含むものの組み合わせが骨盤底筋重圧させ、情緒因子によって痛みが生じると考える。

慢性非細菌性前立腺炎は、実証された尿路感染症並びに尿及び前立腺分泌非細菌性培養の経過がないにもかかわらず、前立腺分泌の過剰の炎症細胞によって特徴づけれた未知病因論の炎症性及び痛覚状態である。慢性非細菌性前立腺炎は、細菌性前立腺炎よりさらに一般的である。徴候は、慢性細菌性前立腺炎のそれらをシミュレーションする。そして、患者は、示された前立腺分泌で、通常白血球及び広楕円形脂肪体の数の増加を示す。しかしながら、それらは、尿路感染症の経過をまず有しない。そして、下部路局部限定培養は、病原菌がみられることに失敗する。前立腺痛を有する患者は、非細菌培養、通常の前立腺分泌及び尿路感染症の非経過を有する。慢性非細菌性前立腺炎及び前立腺痛の徴候は、変化するが、尿しぶり及び頻度夜間頻尿症排尿困難、並びに、骨盤恥骨結合若しくは生殖の領域で認められる痛み及び不快感を含む。時々ポスジャクラトリー(postejaculatory)痛み及び不快感は、顕著な特徴である。両方の状態のための理学的所見は、非特異性である。

この状態は、2つの主要亜型、炎症性慢性骨盤疼痛症候群(ポスト-前立腺按摩尿サンプルで白血球のCPIIIA存在)及び非炎症性慢性骨盤疼痛症候群(以前、前立腺痛と呼ばれるCPIIIB)感染又は炎症が現れない痛みを伴う前立腺、最近、再分類された。

現在まで、状態の病因論が完全に解明されなかった。調査は、非感染症存在物(例えば、膀胱又は尿生殖隔膜神経筋機能不全アレルギー心理的及び自己免疫菌生物)と同様にいくつかの感染症病原体に、副臨床面類関係を見つけることに集中した。現在まで、この状態への治療手段は、ほとんどの場合、効果がないままである。

前立腺症を有する約90%の男性を示す慢性骨盤疼痛症候群は、前立腺の深刻な感染であり、高度の徴候が生じる急性細菌性前立腺炎(別名、Category I前立腺炎)を含む細菌感染症によって生じるものと区別される。急性細菌性前立腺炎は、抗生物質、痛み及び熱薬物投与大便軟化剤液体及び休養によって、治療可能である。

また、慢性骨盤疼痛症候群は、尿路感染症を繰り返した男性でしばしば起こり、より長い期間療法を要する耐性感染を示す慢性細菌性前立腺炎(別名、Category II前立腺症)と区別される。感染された前立腺カレウリ(結石)は、より治療することが困難な感染となり、外科除去を必要とする。膀胱頸又は尿道の狭細のような尿管の問題によって、課題が生じている場合、外科は必要である。

非炎症性慢性骨盤痛みは、その原因が知られていないので、治療することが極めて困難である。治療の第一の目的は、徴候を軽減することである。非麻薬性痛覚薬物投与、筋弛緩及びα-遮断薬が使われる。物理療法、不安減勢薬物投与、運動、按摩療法、バイオフィードバック又はストレス低減は、若干の男性を助けることができる。素人療法は、徴候を軽減することに有効でもよい。

慢性非細菌性前立腺炎の治療又は予防のための方法、また、タキキニン受容体拮抗薬投与によるプロスタイリア(prostadyria)はニューロキニン-I受容体拮抗薬であることに関するGuess他、米国特許第6054455号の開示は本発明に興味がある。また、17.beta.- N-単置換カルバモイル-4-アザ-5.alpha-アンドロスト-l-エン-3-オン化合物(例えば、慢性前立腺炎の治療のためのテストステロン-5.alpha.-レダクターゼ阻害剤)を有する慢性前立腺炎の治療のための方法に関するゴームリー他、米国特許番号5629318の開示は興味がある。慢性骨盤疼痛症候群のこれら及び他の治療にもかかわらず、改良された治療方法のための当該技術が必要とされたままである。

それにもかかわらず、慢性非細菌性前立腺炎又は前立腺痛のための確立した治療が現在ない。有効性の証明はほとんどないが、抗生物質は、経験的にしばしば処方される。α遮断薬は、時々前立腺痛に処方される。しかし、それらの有効性は確立されなかった。医学の管理に充分に応じない又は有意な情緒の課題を持つ患者は、精神医学介入のために参照される。周期性前立腺マッサージのように、熱い座浴及び抗コリン作用薬は、通常、症候性の若干の緩衝を提供するために使用される。したがって、慢性骨盤疼痛症候群の治療のための改良された方法が当該技術に必要である。

免疫エンハンサ(例えば、悪性新形成の治療のための黄色ブドウ球菌溶菌液)と結合してウマ絨毛性性腺刺激ホルモン及びヒト絨毛性性腺刺激ホルモン(hCG)の使用に関するマクマイケル、米国特許第4692332の開示は、本発明に興味がある。癌の治療の作用機構は、分子レベル形質転換細胞メンブレン変化を経て、又は、それが免疫異物排除により影響されやすくなるために形質転換細胞の電荷を変化することによって、アポトーシスを誘発できるシグナル分子として、絨毛性性腺刺激ホルモンを含むことが提唱された。更なるこの特許は、腫瘍減少に伴う壊死破片が潜在的決定的Herxheimer型反応を防止するために効率的に食菌されることができるために、細胞刺激することが免疫反応を媒介したことを教示した。しかしながら、 米国特許番号4692332は、非新生物状態(例えば、前立腺肥大症)の治療のために、絨毛性性腺刺激ホルモンの使用を開示することに失敗する。

また、絨毛性性腺刺激ホルモン、それらの薬学的活性破片又は誘導体の投与によって、前立腺肥大症を治療する方法を開示するマクマイケル、米国特許番号5610136の開示は、本発明に興味がある。hCG(信号分子)は、細胞がアポトーシスに影響されやすくなっているゲノムベルでBCL2のメンブレン変化及びダウンレギュレーションを経たアポトーシス(細胞死)を誘発すると考えられる。これは、負のフィードバックシグナルに例えられることができて、アレルギー性反応のための皮膚の免疫化と類似している。hCGが減勢する最適濃度で、異常に起こる抑制できない細胞の増殖の傾向が細胞の増殖条件(例えば、良性前立腺炎肥大)(BPH)を加速した。

概要

本発明は、慢性骨盤疼痛症候群の一つ以上の徴候を軽減するために効果的な量で、前立腺症で苦しむ被検者に絨毛性性腺刺激ホルモン、又は、それらの薬学的活性フラグメント若しくは誘導体を投与するステップを含む慢性骨盤疼痛症候群を治療する方法に関する。

目的

周期性前立腺マッサージのように、熱い座浴及び抗コリン作用薬は、通常、症候性の若干の緩衝を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
2件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

慢性骨盤疼痛症候群の一つ以上の徴候を軽減するために効果的な量で、慢性骨盤疼痛症候群で苦しむ被検者に、絨毛性性腺刺激ホルモン、又は、それらの薬学的活性フラグメント若しくは誘導体投与するステップを含む慢性骨盤疼痛症候群を治療する方法。

請求項2

絨毛性性腺刺激ホルモンが、ヒト及びウマの絨毛性性腺刺激ホルモンからなる群から選択される、請求項1に記載の方法。

請求項3

絨毛性性腺刺激ホルモンが、ヒトの絨毛性性腺刺激ホルモンである、請求項2に記載の方法。

請求項4

絨毛性性腺刺激ホルモンが、0.2国際単位以上20国際単位以下で投与される、請求項1に記載の方法。

請求項5

絨毛性性腺刺激ホルモン投薬が、毎日1回以上4回以下で投与される、請求項1に記載の方法。

請求項6

投薬が、ドロップの形態で投与される、請求項1に記載の方法。

請求項7

慢性骨盤疼痛症候群が、慢性前立腺炎である、請求項1に記載の方法。

背景技術

0001

本出願は、2002年10月11日に出願された同時係属の米国仮特許出願番号60/417878の利益を要求する。

0002

本発明は、一般に症候群(例えば、前立腺症)を含む慢性骨盤疼痛症候群徴候治療することに関する。

0003

前立腺炎及び前立腺痛は、男性の極めて一般的な疾患である(コリンズM M他、「前立腺炎は一般的にどのようなものか?医師訪問国際調査」、Journal of Urology、159:1224-1228(1998))。前立腺肥大症(BPH)又は前立腺癌のために、多くの前立腺炎のための外来患者訪問がある。疫学的証明が制限されるにもかかわらず、前立腺炎の有病率が、成人の男性の約2-9%であるように見える。35-50%の男性が、生命の若干の時間に前立腺炎に影響を受けることが示唆された。1990-1994からのNational Ambulatory Medical Care Surveysに基づいて、約200万の移動訪問は、前立腺炎のために毎年ある。これは、泌尿器科医への全ての訪問の8%及び初期治療医師への全ての訪問の1%を占める。多くの男性は、それらの生命の多くのために症候性を残す。

0004

慢性骨盤疼痛症候群は、前立腺炎を含む種々の関連した症候群を含んで、前立腺炎症の証明によって、並びに、前立腺液白血球の有無及び/又は前立腺に伴う痛みによって、特徴づけられることが可能である。前立腺の炎症によって、腹部睾丸陰茎の先端、排尿課題及び痛みを伴う射精で痛みが生じる。その原因は、しばしば決定されることができない。バクテリアは、通常尿で検出されない。感染の熱、悪寒又は他の徴候はない。この群の症候群で、慢性特発の前立腺炎、無症候前立腺炎及び前立腺痛の原因は、問題を含んで、多分ほとんど理解されていないものであるだろう。これらの疾患の原因は、定義できない細菌性又はウィルス性の若干の感染症に帰され、しかし、これはこれまで証明されなかった。これらの症候群が、思春期の前に存在しないで、18〜50ピーク発生率を有する。これらの3種の存在物が、実際に異なる相又は形態で同病プロセスを示すかもしれない。これらの状態の原因に関する示唆は、前立腺の化学平衡異常、現在の微生物学的な方法により検知されていない感染及び前立腺に対する自己免疫状態を含んだ。

0005

炎症性慢性骨盤疼痛症候群の原因は、炎症性慢性骨盤疼痛症候群のものと同様でもよい。若干の医師は、前立腺が全く含まれず、神経系課題を含むものの組み合わせが骨盤底筋重圧させ、情緒因子によって痛みが生じると考える。

0006

慢性非細菌性前立腺炎は、実証された尿路感染症並びに尿及び前立腺分泌非細菌性培養の経過がないにもかかわらず、前立腺分泌の過剰の炎症細胞によって特徴づけれた未知病因論の炎症性及び痛覚状態である。慢性非細菌性前立腺炎は、細菌性前立腺炎よりさらに一般的である。徴候は、慢性細菌性前立腺炎のそれらをシミュレーションする。そして、患者は、示された前立腺分泌で、通常白血球及び広楕円形脂肪体の数の増加を示す。しかしながら、それらは、尿路感染症の経過をまず有しない。そして、下部路局部限定培養は、病原菌がみられることに失敗する。前立腺痛を有する患者は、非細菌培養、通常の前立腺分泌及び尿路感染症の非経過を有する。慢性非細菌性前立腺炎及び前立腺痛の徴候は、変化するが、尿しぶり及び頻度夜間頻尿症排尿困難、並びに、骨盤恥骨結合若しくは生殖の領域で認められる痛み及び不快感を含む。時々ポスジャクラトリー(postejaculatory)痛み及び不快感は、顕著な特徴である。両方の状態のための理学的所見は、非特異性である。

0007

この状態は、2つの主要亜型、炎症性慢性骨盤疼痛症候群(ポスト-前立腺按摩尿サンプルで白血球のCPIIIA存在)及び非炎症性慢性骨盤疼痛症候群(以前、前立腺痛と呼ばれるCPIIIB)感染又は炎症が現れない痛みを伴う前立腺、最近、再分類された。

0008

現在まで、状態の病因論が完全に解明されなかった。調査は、非感染症存在物(例えば、膀胱又は尿生殖隔膜神経筋機能不全アレルギー心理的及び自己免疫菌生物)と同様にいくつかの感染症病原体に、副臨床面類関係を見つけることに集中した。現在まで、この状態への治療手段は、ほとんどの場合、効果がないままである。

0009

前立腺症を有する約90%の男性を示す慢性骨盤疼痛症候群は、前立腺の深刻な感染であり、高度の徴候が生じる急性細菌性前立腺炎(別名、Category I前立腺炎)を含む細菌感染症によって生じるものと区別される。急性細菌性前立腺炎は、抗生物質、痛み及び熱薬物投与大便軟化剤液体及び休養によって、治療可能である。

0010

また、慢性骨盤疼痛症候群は、尿路感染症を繰り返した男性でしばしば起こり、より長い期間療法を要する耐性感染を示す慢性細菌性前立腺炎(別名、Category II前立腺症)と区別される。感染された前立腺カレウリ(結石)は、より治療することが困難な感染となり、外科除去を必要とする。膀胱頸又は尿道の狭細のような尿管の問題によって、課題が生じている場合、外科は必要である。

0011

非炎症性慢性骨盤痛みは、その原因が知られていないので、治療することが極めて困難である。治療の第一の目的は、徴候を軽減することである。非麻薬性痛覚薬物投与、筋弛緩及びα-遮断薬が使われる。物理療法、不安減勢薬物投与、運動、按摩療法、バイオフィードバック又はストレス低減は、若干の男性を助けることができる。素人療法は、徴候を軽減することに有効でもよい。

0012

慢性非細菌性前立腺炎の治療又は予防のための方法、また、タキキニン受容体拮抗薬投与によるプロスタイリア(prostadyria)はニューロキニン-I受容体拮抗薬であることに関するGuess他、米国特許第6054455号の開示は本発明に興味がある。また、17.beta.- N-単置換カルバモイル-4-アザ-5.alpha-アンドロスト-l-エン-3-オン化合物(例えば、慢性前立腺炎の治療のためのテストステロン-5.alpha.-レダクターゼ阻害剤)を有する慢性前立腺炎の治療のための方法に関するゴームリー他、米国特許番号5629318の開示は興味がある。慢性骨盤疼痛症候群のこれら及び他の治療にもかかわらず、改良された治療方法のための当該技術が必要とされたままである。

0013

それにもかかわらず、慢性非細菌性前立腺炎又は前立腺痛のための確立した治療が現在ない。有効性の証明はほとんどないが、抗生物質は、経験的にしばしば処方される。α遮断薬は、時々前立腺痛に処方される。しかし、それらの有効性は確立されなかった。医学の管理に充分に応じない又は有意な情緒の課題を持つ患者は、精神医学介入のために参照される。周期性前立腺マッサージのように、熱い座浴及び抗コリン作用薬は、通常、症候性の若干の緩衝を提供するために使用される。したがって、慢性骨盤疼痛症候群の治療のための改良された方法が当該技術に必要である。

0014

免疫エンハンサ(例えば、悪性新形成の治療のための黄色ブドウ球菌溶菌液)と結合してウマ絨毛性性腺刺激ホルモン及びヒト絨毛性性腺刺激ホルモン(hCG)の使用に関するマクマイケル、米国特許第4692332の開示は、本発明に興味がある。癌の治療の作用機構は、分子レベル形質転換細胞メンブレン変化を経て、又は、それが免疫異物排除により影響されやすくなるために形質転換細胞の電荷を変化することによって、アポトーシスを誘発できるシグナル分子として、絨毛性性腺刺激ホルモンを含むことが提唱された。更なるこの特許は、腫瘍減少に伴う壊死破片が潜在的決定的Herxheimer型反応を防止するために効率的に食菌されることができるために、細胞刺激することが免疫反応を媒介したことを教示した。しかしながら、 米国特許番号4692332は、非新生物状態(例えば、前立腺肥大症)の治療のために、絨毛性性腺刺激ホルモンの使用を開示することに失敗する。

0015

また、絨毛性性腺刺激ホルモン、それらの薬学的活性破片又は誘導体の投与によって、前立腺肥大症を治療する方法を開示するマクマイケル、米国特許番号5610136の開示は、本発明に興味がある。hCG(信号分子)は、細胞がアポトーシスに影響されやすくなっているゲノムベルでBCL2のメンブレン変化及びダウンレギュレーションを経たアポトーシス(細胞死)を誘発すると考えられる。これは、負のフィードバックシグナルに例えられることができて、アレルギー性反応のための皮膚の免疫化と類似している。hCGが減勢する最適濃度で、異常に起こる抑制できない細胞の増殖の傾向が細胞の増殖条件(例えば、良性前立腺炎肥大)(BPH)を加速した。

課題を解決するための手段

0016

本発明は、絨毛性性腺刺激ホルモン、それらの効果的断片及び誘導体のβサブユニットに限定されず、絨毛性性腺刺激ホルモン、それらの効果的断片及び誘導体の有効量の投与によって、慢性骨盤疼痛症候群の徴候の治療のための方法を提供する。好ましくは、有効量は、投薬量当たり0.2国際単位以上200国際単位以下の投薬量を含む。下で1日4回まで投与されるとき、0.02国際単位以上20国際単位の投薬量がより好ましい。舌下で1日4回まで投与されるとき、舌下のドロップの形態で投与されるときに、ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン(hCG)の2国際単位の投薬ユニットは、特に好ましい。ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン(自然に又は組み替えてつくられる)が特に好ましく、ウマの絨毛性性腺刺激ホルモンを含む他の絨毛性性腺刺激ホルモンが、本発明の方法によって使用することができる。

0017

本発明の方法は、さまざまな慢性骨盤疼痛症候群の徴候の治療に関する。しかしながら、慢性前立腺炎を含み、炎症性慢性骨盤疼痛症候群及び非炎症性骨盤疼痛症候群の徴候と同様と、定められる。この種の徴候は、腹部、骨盤領域、恥骨結合上領域、又は、睾丸若しくは陰茎の先端等を含む局部痛みを含むが、これに限定されるものではない。他の徴候には、尿しぶり及び頻度を含む尿の課題、夜間頻尿症、排尿困難、並びに、痛みを伴う射精を含む性的機能不全が含まれる。

発明を実施するための最良の形態

0018

本発明は、会陰及び骨盤の痛み又は不快感、隙間の問題点、並びに、拡張性の機能不全を含むが、これに限定されず、慢性骨盤疼痛症候群の徴候の治療の方法を提供する。

0019

本発明のいかなる理論にも束縛されず、細胞がアポトーシスに影響されやすくなっているゲノムレベルで、絨毛性性腺刺激ホルモンが信号分子として作用して、BCL2遺伝子のメンブレン変化及びダウンレギュレーションを経たアポトーシスを誘発できると思われている。これは、負のフィードバックシグナルに例えられることができて、アレルギー性反応のための皮膚の免疫化と類似していてもよい。最適濃度で絨毛性性腺刺激ホルモンの投与は、癌を含む異常加速された細胞の増殖条件及び前立腺肥大症(BPH)に結果としてなる抑制できない細胞増殖の傾向を減勢する。正確な作用機構が骨盤疼痛症候群に関して理解されない一方、それは、まだ未知の方法で意味づける類似したメカニズムである。

0020

好ましくは、組成物は、初期の治療投薬として好まれて、毎日4回の投薬につき、ヒト絨毛性性腺刺激ホルモンの約2国際単位の投薬を有する約0.2国際単位以上20国際単位以下の投薬量で舌下のドロップとして投与される。初期の治療の効果がわかった後、好ましい投薬量は、1日1又は2回の投薬につきヒト絨毛性性腺刺激ホルモンの約2国際単位を含む。本発明の組成物は、好ましくは舌下のドロップとして投与される一方、それらが内服、注射及び経皮的な投与を含むがこれに限定されず当該技術にとって公知の他の手段により投与されることができる。舌下のドロップの形態で投与されるとき、組成物は、0.9%の食塩水中でmL当たり 40国際単位の濃度で、好ましくはhCGの単一のドロップ(約0.05ml)を含む。

0021

(実施例1)
この実施例によれば、3人の被検者は、慢性前立腺症を呈していた。そして、0.9%の食塩水中のヒト絨毛性性腺刺激ホルモン(hCG)の2国際単位を含む処方の1ドロップ(0.05mL)で1日4回の舌下投与で治療された。4週後に、検査被検者のうちの全3人は、副作用のない陽反応を報告した。

0022

(実施例2)
この実施例によれば、オープン−ラベル臨床試験で、慢性前立腺症又は慢性骨盤疼痛症候群と診断された17人の被検者が本発明により治療された。これらの被検者には、感染の非存在下で3ヵ月を超える間経験される疾患徴候を呈して、潜在性0-43ポイントから15を超える全体的な評点を有するNational Institutes of Health Chronic Prostatitis Symptom Index(CPSI)の少なくとも適度なスコアがあった。CPSIは、痛み又は不快感、排尿、並びに、生活の徴候/質の影響を含む徴候の3つのカテゴリ自覚的な評価をする。

0023

抗生物質、全身化学療法及びNSAIDSを除いては、被検者は、Chronic Nonbacterial Prostatitis/Chronic Pelvic Pain Syndromeのために、少なくとも14日間、定められる又は定められない、全ての前の療法をやめて、前の療法から副作用をもたないようにした。患者は、まず研究薬投与の前に少なくとも30日、抗生物質、全身の化学療法及びNSAIDの使用をやめなければならなかった。

0024

被検者は、12週間1日4回、hCGの2国際単位を含む処方の1ドロップ(0.05mL)の舌下投与によって治療された。そして、4、8及び12週で、コンプライアンス、安全性及び有効性が評価された。NIHCPSIによる被検者の評価は、全ての患者の自覚的な測定のための平均合計評点が、研究の経過の間、基線レベルから次第に改善されることを示した。具体的には、CPSI評点は、12週の療法で12週の療法を最初に完了した8人の被検者にとって、23.4で平均基線から11.7の平均値(50%の好転)まで改善した。さらに、Chronic Pelvic Pain Symptom Sourceにおいて、最も応答するサブカテゴリは、応答の68%の好転を示した痛み成分であった。治療結果も、12週にわたる性機能の58%の好転を呈した。

0025

上記発明の多数の修正及び変更は、当業者に考慮される。したがって、添付の請求の範囲において、現れるような限定だけは、そのように考慮されなければならない。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 公益財団法人がん研究会の「 抗ポドプラニン抗体」が 公開されました。( 2021/04/01)

    【課題・解決手段】本発明は、ヒト化抗体若しくはマウス−ヒトキメラ抗体である抗ポドプラニン抗体又はその抗原結合領域を含む抗体断片の提供を課題とし、該課題を、所定のアミノ酸配列を含む、単離された、ヒト化抗... 詳細

  • アルプス薬品工業株式会社の「 ルチン組成物」が 公開されました。( 2021/04/01)

    【課題】水溶性が改善した、ルチンの高い経口吸収を示す組成物の提供。【解決手段】ルチンとL−アルギニンとアスコルビン酸のアルカリ塩との間のモル比が1:1.6〜3.0:0.1〜2.0である、ルチン、L−ア... 詳細

  • 森永乳業株式会社の「 抗老化用組成物」が 公開されました。( 2021/04/01)

    【課題・解決手段】本発明の課題は、新規な抗老化用組成物を提供することである。当該課題を解決する手段は、ロフェノール化合物及びシクロラノスタン化合物からなる群から選択される1又は複数の化合物を、抗老化用... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ