図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2006年12月14日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

幼い子ども電子機器の操作に苦手意識を持つ高齢者ならびに電子機器そのものが苦手と思っている人々が、特別な操作を行わなくても、利用者望むコンテンツを自動的に検索・表示するシステム構築する。

解決手段

コンテンツ検索・表示システムに、誰もが気軽に利用できるインターフェース装置を備えることであり、誰もが日常使っている物をそのままインターフェース装置とすることである。本発明の一実施形態によるシステムは、誰でもどうすればコンテンツを見ることができるか知っている物として本をインターフェース装置として備えている。本発明によるコンテンツ検索・表示システムは、本の各ページ非接触ICタグを埋め込み、ICタグリーダと組み合わせることにより、利用者が本のページを開くだけで、自動的にコンテンツが検索され、パソコンディスプレイテレビモニターなどの映像音声入力手段を有する機器に出力される。

概要

背景

従来、パソコンゲーム機携帯電話などの電子機器向けのコンテンツ検索し表示させるには、マウスキーボードリモコンやその他のコントローラといった装置を利用者が操作する必要があった。

上述の操作は煩雑であり、幼い子どもや電子機器の操作に苦手意識を持つ高齢者ならびに電子機器そのものが苦手と思っている人々にとってその操作は難易度の高いものであった。また、それ以外の人々にとっても操作を習熟するのに要する時間が問題になっていた。

これに対して近年、電子機器向けのコンテンツを表示するインターフェースに、コンテンツデータと関連付けられたバーコード非接触ICタグ(例えば、特許文献1参照。)を利用する方法や、パソコンの主な操作にキーボードやマウスではなく、バーコードを利用する方法(例えば、特許文献2参照。)、さらには操作が容易な専用装置の発明(例えば、特許文献3参照。)など、簡単にコンテンツを表示できる方法も提供されている。

しかしながら、上述のコンテンツ検索表示方法では、確かに検索・表示のための操作の煩雑さを解消することは実現されているが、パソコンやゲーム機、携帯電話などの電子機器自体の操作に関する改良にすぎず、根本的に電子機器を操作することは変わらず、幼い子どもや電子機器の操作に苦手意識を持つ高齢者ならびに電子機器そのものが苦手と思っている人々にとってその操作は変わらず難易度の高いものである。
特開2003−308267特開2005−4574特開2003−345508

概要

幼い子どもや電子機器の操作に苦手意識を持つ高齢者ならびに電子機器そのものが苦手と思っている人々が、特別な操作を行わなくても、利用者が望むコンテンツを自動的に検索・表示するシステム構築する。コンテンツ検索・表示システムに、誰もが気軽に利用できるインターフェース装置を備えることであり、誰もが日常使っている物をそのままインターフェース装置とすることである。本発明の一実施形態によるシステムは、誰でもどうすればコンテンツを見ることができるか知っている物として本をインターフェース装置として備えている。本発明によるコンテンツ検索・表示システムは、本の各ページに非接触ICタグを埋め込み、ICタグリーダと組み合わせることにより、利用者が本のページを開くだけで、自動的にコンテンツが検索され、パソコンのディスプレイテレビモニターなどの映像音声入力手段を有する機器に出力される。

目的

本発明は、上述の問題に鑑みてなされたものであり、誰もが気軽にコンテンツを検索し見ることができる方法を実現する。すなわち、利用者が電子機器を意識せずに、かつ煩雑な操作を必要としないコンテンツの検索・表示システムおよび方法を提供することを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

簡単な操作で動作するコンテンツ検索・表示システムであって、利用者日常使っている物そのまま又は類する形態を備えたインターフェース装置と、前記インターフェース装置のデータを読み取るインターフェース装置データ読み取り手段と、読み取ったインターフェース装置データを解析判別するインターフェース装置データ判別手段と、インターフェース装置の識別情報を記憶し管理するインターフェース装置管理手段と、コンテンツを記憶し管理するコンテンツ管理手段と、前記データ判別手段により判別したデータに基づき、前記コンテンツ管理手段より最適のコンテンツを検索するコンテンツ検索手段と、前記コンテンツ検索手段により検索されたコンテンツを出力するコンテンツ作成出力手段と、を備えることを特徴とするコンテンツ検索・表示システム。

請求項2

簡単な操作で動作するコンテンツ検索・表示システムであって、利用者が日常使っている物そのまま又は類する形態を備えたインターフェース装置と、前記インターフェース装置のデータを読み取るインターフェース装置データ読み取り手段と、読み取ったインターフェース装置データを解析・判別するインターフェース装置データ判別手段と、インターフェース装置の識別情報を記憶し管理するインターフェース装置管理手段と、コンテンツを記憶し管理するコンテンツ管理手段と、前記データ判別手段により判別したデータに基づき、前記コンテンツ管理手段より最適のコンテンツを検索するコンテンツ検索手段と、前記コンテンツ検索手段により検索されたコンテンツを出力するコンテンツ作成出力手段と、の内2つ以上の手段を組み合わせた手段を備えることを特徴とするコンテンツ検索・表示システム。

請求項3

請求項1または2記載のコンテンツ検索・出力システムであって、前記インターフェース装置が、表紙と裏表紙をふくむ全てのページごとに、または表紙と裏表紙の一方もしくは両方を除く全てのページごとに、非接触ICタグが埋め込まれた本または紙などを綴じて複数のページを持つ形態である本に類するもの(以下の請求項では、本とだけ記述する)、であることを特徴とするコンテンツ検索・表示システム。

請求項4

請求項1から3記載のいずれかに記載のコンテンツ検索・出力システムであって、インターフェース装置データ読み取り手段が、ICタグリーダが取り付けられていてUSBやシリアルケーブルなどのケーブルまたは赤外線や様々な規格無線などで、パソコンまたはゲーム機または携帯電話などの演算装置を備えた電子機器通信が可能な読取装置であることを特徴とするコンテンツ検索・表示システム。

請求項5

請求項1から4のいずれかに記載のコンテンツ検索・出力システムであって、インターフェース装置管理手段が、前記インターフェース装置である本の内容を一意に特定可能な識別データ(例えば、本のタイトルなど)と、本の総ページ数または各ページに埋め込まれたICタグ総数または各ページのインデックスなどの情報と、を備えることを特徴とするコンテンツ検索・表示システム。

請求項6

請求項1から5のいずれかに記載のコンテンツ検索・出力システムであって、前記インターフェース装置データ判別手段が、前記インターフェース装置データ読み取り手段におけるICタグリーダが読み取った非接触ICタグの枚数または非接触ICタグに記録済みのデータと、請求項5記載のインターフェース装置管理手段が備える情報と、に基づいて、前記インターフェース装置としての本の開かれているページ、または本の種類および開かれているページを、判別するコンピュータプログラムを備えることを特徴とするコンテンツ検索・表示システム。

請求項7

請求項1から6のいずれかに記載のコンテンツ検索・出力システムであって、前記コンテンツ管理手段が、記憶し管理するコンテンツを一意に特定可能な識別情報、を備えることを特徴とするコンテンツ検索・表示システム。

請求項8

請求項1から7のいずれかに記載のコンテンツ検索・出力システムであって、前記コンテンツ検索手段が、前記インターフェース装置データ判別手段による判別結果と前記コンテンツ管理手段の識別情報に基づき、パソコンに保存されているコンテンツまたはCDやDVDなどの記録メディアに保存されているコンテンツ、またはインターネットサーバーなどに保存されているコンテンツ、などから最適のコンテンツを検索するコンピュータプログラムを備えることを特徴とするコンテンツ検索・表示システム。

請求項9

請求項1から8のいずれかに記載のコンテンツ検索・出力システムであって、前記コンテンツ作成出力手段が、前記コンテンツ検索手段によって検索されたコンテンツを、パソコンのディスプレイテレビモニターなどの映像音声入力手段を有する機器に出力し該当コンテンツを提供するコンピュータプログラムを備えることを特徴とするコンテンツ検索・表示システム。

請求項10

請求項1から3のいずれかに記載のインターフェース装置において、さらに本の内容をあらわすデータ(例えば、タイトルなど)を記録した非接触ICタグを備えていることを特徴とするコンテンツ検索・表示システム。

請求項11

請求項1から10のいずれかに記載のコンテンツ検索・出力システムであって、インターフェース装置データ読み取り手段として、ICタグリーダを1台利用することを特徴とするコンテンツ検索・表示システム。

請求項12

請求項1から11のいずれかに記載のコンテンツ検索・出力システムであって、インターフェース装置データ読み取り手段として、ICタグリーダを2台利用することを特徴とするコンテンツ検索・表示システム。

請求項13

請求項1から12のいずれかに記載のコンテンツ検索・出力システムであって、前記インターフェース装置データ判別手段が、2台のICタグリーダそれぞれが受信したICタグの枚数またはICタグに記録済みのデータの比較分析した結果と、請求項5記載のインターフェース装置管理手段が備える情報と、に基づき、本のどのページが開かれているかを判別するコンピュータプログラムを備えることを特徴とするコンテンツ検索・表示システム。

請求項14

請求項1から13のいずれかに記載のコンテンツ検索・出力システムであって、インターフェース装置データ読み取り手段と、インターフェース装置データ判別手段と、インターフェース装置管理手段と、コンテンツ管理手段と、コンテンツ検索手段と、コンテンツ出力手段と、の全部または一部の手段を備えるインターフェースおよびコンテンツの制御装置を持つことを特徴とするコンテンツ検索・表示システム。

請求項15

請求項1から14のいずれかに記載のコンテンツ検索・出力システムであって、インターフェース装置データ判別手段とコンテンツ検索手段が、インターフェース装置において、特定の本専用のコンピュータプログラムを備えることにより、インターフェース装置管理手段が不要であることを特徴とするコンテンツ検索・表示システム。

技術分野

0001

本発明は、コンテンツ検索・表示システムに関し、特に、誰でも簡単に使えるインターフェース装置を備える検索・表示システム、およびインターフェース装置の制御方法並びにコンピュータプログラムに関するものである。

背景技術

0002

従来、パソコンゲーム機携帯電話などの電子機器向けのコンテンツを検索し表示させるには、マウスキーボードリモコンやその他のコントローラといった装置を利用者が操作する必要があった。

0003

上述の操作は煩雑であり、幼い子どもや電子機器の操作に苦手意識を持つ高齢者ならびに電子機器そのものが苦手と思っている人々にとってその操作は難易度の高いものであった。また、それ以外の人々にとっても操作を習熟するのに要する時間が問題になっていた。

0004

これに対して近年、電子機器向けのコンテンツを表示するインターフェースに、コンテンツデータと関連付けられたバーコード非接触ICタグ(例えば、特許文献1参照。)を利用する方法や、パソコンの主な操作にキーボードやマウスではなく、バーコードを利用する方法(例えば、特許文献2参照。)、さらには操作が容易な専用装置の発明(例えば、特許文献3参照。)など、簡単にコンテンツを表示できる方法も提供されている。

0005

しかしながら、上述のコンテンツ検索・表示方法では、確かに検索・表示のための操作の煩雑さを解消することは実現されているが、パソコンやゲーム機、携帯電話などの電子機器自体の操作に関する改良にすぎず、根本的に電子機器を操作することは変わらず、幼い子どもや電子機器の操作に苦手意識を持つ高齢者ならびに電子機器そのものが苦手と思っている人々にとってその操作は変わらず難易度の高いものである。
特開2003−308267特開2005−4574特開2003−345508

発明が解決しようとする課題

0006

本発明は、上述の問題に鑑みてなされたものであり、誰もが気軽にコンテンツを検索し見ることができる方法を実現する。すなわち、利用者が電子機器を意識せずに、かつ煩雑な操作を必要としないコンテンツの検索・表示システムおよび方法を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0007

上述した目的を達成するために、本発明の態様は、コンテンツの検索・表示システムにおいて、利用者が日常使っている物そのまま又は類する形態を備えたインターフェース装置と、前記インターフェース装置のデータを読み取るインターフェース装置データ読み取り手段と、読み取ったインターフェース装置データを解析判別するインターフェース装置データ判別手段と、インターフェース装置の識別情報を記憶し管理するインターフェース装置管理手段と、コンテンツを記憶し管理するコンテンツ管理手段と、前記データ判別手段により判別したデータに基づき、前記コンテンツ管理手段より最適のコンテンツを検索するコンテンツ検索手段と、前記コンテンツ検索手段により検索されたコンテンツを出力するコンテンツ作成出力手段とを設けたものである。

発明の効果

0008

以上のとおりであるから、本発明にかかるコンテンツの検索・表示システムによれば、あらゆる人々にとって、コンテンツの検索・表示のための煩雑な操作および難易度の高い操作が不要になる。

発明を実施するための最良の形態

0009

本発明のコンテンツの検索・表示システムにおけるインターフェース装置は、本のように紙などを綴じて複数のページによる形態(以下、本とだけ記述する)を持つ。図1は、本発明の一実施例における外観図であって、インターフェース装置としての本1と、ICタグリーダやパソコンとのデータ通信が可能な通信装置および電源などによって構成されるインターフェースデータ読み取り手段2と、をパソコン3にケーブル4で接続した状態を示すものである。図1におけるパソコンは、ゲーム機または携帯電話などの電子機器に置き換えることも可能である。その場合のコンテンツは、置き換えられた電子機器で使用可能な入力手段を有する機器映像音声を出力し提供される。
また、ケーブル4は、シリアルケーブルまたはUSBケーブルおよび様々な規格無線などによって実現される。

0010

以下、本発明の実施の形態について図2図4、を用いて説明する。

0011

ただし、本発明のコンテンツの検索・表示システムでは、インターフェース装置やコンピュータプログラムはいくつかの形態をとることができるので、(実施の形態1)を主な実施の形態とし、(実施の形態2)から(実施の形態4)では(実施の形態1)とは異なる部分だけを記述する。

0012

(実施の形態1)
図2における、インターフェース装置1である本は、本発明のコンテンツの検索・表示システムのインターフェース装置であると同時に、一般的な本としての体裁を完全に備えるものである。

0013

図2における、インターフェース装置1には、表紙と裏表紙をふくむ全てのページごとに、または表紙と裏表紙の両方またはどちらかを除く全てのページごとに、非接触ICタグまたはICカード(以下ICタグとだけ記述する)が埋め込まれている。

0014

図2における、インターフェース装置1には、本の内容をあらわす識別データ(例えば、タイトルなど)を記録したICタグが埋め込まれていることもある。

0015

図2における、インターフェース装置データ読み取り手段2は、USBやシリアルケーブルまたは赤外線や様々な規格の無線などでパソコンと通信が可能なICタグリーダを含むインターフェース装置データ読み取り装置である。

0016

図2における、インターフェース装置データ判別手段3は、前記インターフェース装置データ読み取り手段2におけるICタグリーダが読み取ったICタグの枚数またはICタグに記録済みのデータを受信し、受信したデータをインターフェース管理手段4に送信する送信手段を備えたコンピュータプログラムである。

0017

図3は、インターフェース装置1としての本と、インターフェース装置データ読み取り手段2におけるICタグリーダと、の位置関係を示したものである。

0018

図3に示す位置関係であれば、インターフェース装置データ読み取り手段2におけるICタグリーダは、インターフェース装置1を閉じた状態でICタグ▲1▼〜ICタグ▲5▼までの全てのICタグを読み取ることができる。

0019

しかし、図3のようにインターフェース装置1のページを開くと、ICタグ▲1▼は、ICタグリーダの読み取り可能範囲から外れることになる。

0020

また、上述のインターフェース装置1と、インターフェース装置データ読み取り手段2におけるICタグリーダと、の位置関係を図3とは逆にすることも可能である。

0021

すなわち、インターフェース装置1を閉じた状態で、ICタグ▲1▼〜ICタグ▲5▼までの全てのICタグを読み取ることができない位置にICタグリーダを位置させることも可能である。

0022

図3と位置関係を逆にした場合は、インターフェース装置1のページを開くとICタグ▲1▼だけが、ICタグリーダの読み取り可能範囲に入ることになる。

0023

図2におけるインターフェース装置データ判別手段3は、インターフェース装置1が、内容をあらわす識別データを記録したICタグが埋め込まれている本の場合、この識別データを、インターフェース装置管理手段4に送信する送信手段を備えたコンピュータプログラムである。

0024

図2におけるインターフェース装置管理手段4は、インターフェース装置1の内容を一意に特定可能な識別データ(例えば、タイトなど)と、インターフェース装置1の総ページ数または各ページに埋め込まれたICタグの総数または全ページのインデックスなどの情報と、で構成されるデータベースを備えている。

0025

図2におけるインターフェース装置管理手段4は、インターフェース装置データ判別手段3より前述の識別データを受信した場合、インターフェース装置1の総ページ数または各ページに埋め込まれたICタグの総数または全ページのインデックスなどの情報を、インターフェース装置データ判別手段3に送信する送信手段を備えたコンピュータプログラムである。

0026

図2におけるインターフェース装置データ判別手段3は、前述のインターフェース装置管理手段4から受信した情報と、インターフェース装置データ読み取り手段2であるICタグリーダが読み込んだICタグのデータ(図3参照)によって、インターフェース装置1の開かれているページを特定することができるコンピュータプログラムである。

0027

コンテンツ管理手段5は、該コンテンツ管理手段が記憶し管理するコンテンツを一意に特定可能な識別情報を設けたデータベースを備えている。

0028

コンテンツ検索手段6は、前記インターフェース装置データ判別手段3による判別結果、すなわち利用者が選んだインターフェース装置1の内容および開いているページと、前記コンテンツ管理手段5の識別情報に基づき、パソコンに保存されているコンテンツまたはCDやDVDなどの記録メディアに保存されているコンテンツ、またはインターネットサーバーなどに保存されているコンテンツ、などから利用者がインターフェース装置1において開いているページの内容に関連するコンテンツを検索するコンピュータプログラムである。

0029

コンテンツ出力手段7は、前記コンテンツ検索手段6による検索結果に基づき、パソコンのディスプレイテレビモニターなどの映像音声入力手段を有する機器に出力し該当コンテンツを提供するコンピュータプログラムである。

0030

以上の本発明の実施の形態1における動作の詳細を示すフローチャート図4である。

0031

(実施の形態2)
図2におけるインターフェース装置データ判別手段3とコンテンツ検索手段6を、インターフェース装置1において、特定の本専用のコンピュータプログラムとすることにより、インターフェース装置管理手段4を不要にすることが可能である。

0028

(実施の形態3)
図2におけるインターフェース装置データ読み取り手段2は、インターフェース装置1を開いた状態で、左側のページに埋め込まれているICタグを読み込むICタグリーダと、右側のページに埋め込まれているICタグを読み込むICタグリーダの、合計2台のICタグリーダが取り付けられているインターフェース装置データ読み取り装置である。

0029

図2におけるインターフェース装置データ判別手段3は、2台のICタグリーダが読み込んだICタグのデータまたはICタグの枚数を比較することができるコンピュータプログラムである。

0030

(実施の形態4)
インターフェース装置データ判別手段3と、コンテンツ管理手段4と、コンテンツ検索手段5と、におけるコンピュータプログラムの全部または一部が動作可能である電子機器と、1台または2台のICタグリーダを組み合わせて、インターフェースおよびコンテンツの制御装置とすることも可能である。

図面の簡単な説明

0031

本発明の一実施の形態を示す外観図である。本発明の一実施の形態を示す構成図である。インターフェース装置とインターフェース装置データ読み取り手段におけるICタグリーダの関係図である。本発明の実施の形態1の動作を示すフローチャートである。

符号の説明

1インターフェース装置
2 インターフェース装置データ読み取り手段
3 インターフェース装置データ判別手段
4 インターフェース装置管理手段
5コンテンツ管理手段
6コンテンツ検索手段
7コンテンツ作成出力手段

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社ディー・エヌ・エーの「 ゲーム装置及びゲームプログラム」が 公開されました。( 2019/09/19)

    【課題】ゲーム画面が表示されたタッチパネルを用いてプレイヤがゲーム操作を行うゲーム装置において、プレイヤがより容易に操作可能なユーザインターフェイスを提供する。【解決手段】ゲーム画面に表示された操作パ... 詳細

  • 株式会社光計機の「 ドローンシステム、ならびに、ドローンの操縦方法」が 公開されました。( 2019/09/19)

    【課題】シューティング装置を利用して、これらのシューティング装置によって、ドローン同士、または、ドローンと人との間で、攻撃、命中した点数で争うようにした、攻撃競技を行うように構成したドローン、および、... 詳細

  • 株式会社ソケッツの「 検索装置および方法」が 公開されました。( 2019/09/19)

    【課題】同一の感性ワードで加重的に絞り込み検索を行えるようにする。【解決手段】同一の感性ワードで加重的に絞り込み検索を行う場合、類似・関連ワード抽出部319が、感性ワードに類似・関連する別のワードを検... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ