図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2006年12月7日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (3)

課題

機能性胃腸症は、機能性胃腸(管)障害下位概念にあたり、症状がを中心とした上部消化器系に対する症状である。同じ機能性胃腸(管)障害に含まれ、小腸大腸を中心とする下部消化器系に対する症状である過敏性腸症候群(IBS)と機能性胃腸症とは異なる疾患である。機能性胃腸症に対しては有効な薬物は開発されておらず、医療現場では対症療法を中心に薬剤が使用されていた。 本発明は、未だ有効な薬剤がない機能性胃腸症に対して有効な薬剤を提供することにある。

解決手段

ピペリンまたはピペリンを含有する生薬コショウまたはヒハツ)を有効成分とする機能性胃腸症治療剤

概要

背景

機能性胃腸症ファンクシナルディスペプシア:Functional Dyspepsia)は、不快感や痛みといった上腹部症状が繰り返しまたは持続的に認められるにもかかわらず、内視鏡診断生化学検査等では症状を説明するに足る器質的異常を同定することができない場合に、潰瘍や癌のような器質的傷害を伴う消化器疾患と区別する意味で使用されるようになった新しい診断名である。機能性胃腸症の症状はHRQOL(health related quality of life)の低下を招くが、深刻な症状にはなりにくいため症状が存在しても病院を訪れていない罹患群も相当数いることが予想される。病院を訪れない罹患群も含めると、その罹患率は全人口の25%にも達するといわれている。

従来、日本では、器質的異常を伴わない上腹部不定愁訴に対して、慢性胃炎神経性胃炎、もしくはアメリカ消化器病学会の定義に従いNon-Ulcer Dyspepsia(NUD)といった形で類別・診断を行ってきた。この疾患では胃排泄遅延が代表的な所見として認められたため、主に消化管運動賦活薬(prokinetics)による胃排泄促進を目指した治療、及びより消化管運動促進効果の強い5HT4受容体刺激薬モチリン受容体刺激薬(モチライド)の開発が進められていた。

しかしその後の大規模臨床試験の結果、これまでに消化管運動賦活薬が上腹部症状改善に有効性を示してきたことについて、消化管運動機能改善という機序だけで説明するのは極めて困難な状況となっている。また、消化管運動障害(胃排泄遅延等)は消化器症状誘発に至る過程惹起されたものであり、消化器症状の原因ではない、との考え方が主流となりつつある。

以上のような現状と前後して、器質的異常が認められない消化器症候群としてFunctional Gastrointestinal Disorder(FGID)という概念提唱され、これに伴い、NUDはFGIDの一つである「機能性胃腸症(ファンクショナルディスペプシア)」という診断名で呼ばれるようになった。この診断基準では、機能性胃腸症は「運動不全型・潰瘍症状型・非特異型」の3型分類されており、いわゆる逆流性食道炎型は胃の痛みと食道の痛みとを区別する意味において除外されている。

上記のように、機能性胃腸症症状は消化管運動(胃排泄)促進によって十分に改善するとは言えず、プロトンポンプインヒビターであるランソプラゾール等の酸分泌抑制剤でも症状の改善効果は限られている。さらに、種々の消化器疾患との関連性が議論されているヘリコバクターピロリ感染と機能性胃腸症症状との関連性も明確ではない。

臨床実践の場において治療困難な問題領域とされ多くの病態研究が進められてきた中で、機能性胃腸症症状には、今までの考え方(消化管運動不全・酸分泌亢進など)とは異なる生物学的プロセス、すなわち胃痛覚閾値の低下および胃適応性弛緩減弱が存在していることが認識されてきた。

機能性胃腸症は、機能性胃腸(管)障害下位概念にあたり、症状が胃を中心とした上部消化器系に対する症状である。同じ機能性胃腸障害に含まれ、小腸大腸を中心とする下部消化器系に対する症状である過敏性腸症候群(IBS)と機能性胃腸症とは異なる疾患である。

従来報告されている機能性胃腸症改善薬についてはキサンチン類の特定のグリコール誘導体についての報告(特許文献1)があるものの有効な薬物は開発されておらず、医療現場では対症療法を中心に薬剤が使用されていた。

従来、ピペリンとそれを含むブラックペッパーなどの生薬が、機能性胃腸障害の一部である過敏性腸症候群などの改善に有効であることは報告されている(特許文献2)。

また、コショウ科植物ヒハツコショウによる健胃作用(特許文献3)、ヘリコバクター・ピロリに対する抗菌剤(特許文献4)なども開示されている。

特表2004-523559
特表2002-513418
特開2003-261462
特開2000-154146

概要

機能性胃腸症は、機能性胃腸(管)障害の下位概念にあたり、症状が胃を中心とした上部消化器系に対する症状である。同じ機能性胃腸(管)障害に含まれ、小腸・大腸を中心とする下部消化器系に対する症状である過敏性腸症候群(IBS)と機能性胃腸症とは異なる疾患である。機能性胃腸症に対しては有効な薬物は開発されておらず、医療現場では対症療法を中心に薬剤が使用されていた。 本発明は、未だ有効な薬剤がない機能性胃腸症に対して有効な薬剤を提供することにある。ピペリンまたはピペリンを含有する生薬(コショウまたはヒハツ)を有効成分とする機能性胃腸症治療剤。 なし

目的

本発明は、未だ有効な薬剤がない機能性胃腸症に対して有効な薬剤を提供することにある。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

ピペリンを有効成分とする機能性胃腸症治療剤

請求項2

ピペリンを含有する生薬を有効成分とする機能性胃腸症治療剤。

請求項3

ピペリンを含有する生薬がコショウ科植物である請求項2記載の機能性胃腸症治療剤。

請求項4

ピペリンを含有する生薬がヒハツまたはコショウである請求項2記載の機能性胃腸症治療剤。

技術分野

0001

本発明は機能性胃腸症治療剤に関する。

背景技術

0002

機能性胃腸症(ファンクシナルディスペプシア:Functional Dyspepsia)は、不快感や痛みといった上腹部症状が繰り返しまたは持続的に認められるにもかかわらず、内視鏡診断生化学検査等では症状を説明するに足る器質的異常を同定することができない場合に、潰瘍や癌のような器質的傷害を伴う消化器疾患と区別する意味で使用されるようになった新しい診断名である。機能性胃腸症の症状はHRQOL(health related quality of life)の低下を招くが、深刻な症状にはなりにくいため症状が存在しても病院を訪れていない罹患群も相当数いることが予想される。病院を訪れない罹患群も含めると、その罹患率は全人口の25%にも達するといわれている。

0003

従来、日本では、器質的異常を伴わない上腹部不定愁訴に対して、慢性胃炎神経性胃炎、もしくはアメリカ消化器病学会の定義に従いNon-Ulcer Dyspepsia(NUD)といった形で類別・診断を行ってきた。この疾患では胃排泄遅延が代表的な所見として認められたため、主に消化管運動賦活薬(prokinetics)による胃排泄促進を目指した治療、及びより消化管運動促進効果の強い5HT4受容体刺激薬モチリン受容体刺激薬(モチライド)の開発が進められていた。

0004

しかしその後の大規模臨床試験の結果、これまでに消化管運動賦活薬が上腹部症状改善に有効性を示してきたことについて、消化管運動機能改善という機序だけで説明するのは極めて困難な状況となっている。また、消化管運動障害(胃排泄遅延等)は消化器症状誘発に至る過程惹起されたものであり、消化器症状の原因ではない、との考え方が主流となりつつある。

0005

以上のような現状と前後して、器質的異常が認められない消化器症候群としてFunctional Gastrointestinal Disorder(FGID)という概念提唱され、これに伴い、NUDはFGIDの一つである「機能性胃腸症(ファンクショナルディスペプシア)」という診断名で呼ばれるようになった。この診断基準では、機能性胃腸症は「運動不全型・潰瘍症状型・非特異型」の3型分類されており、いわゆる逆流性食道炎型は胃の痛みと食道の痛みとを区別する意味において除外されている。

0006

上記のように、機能性胃腸症症状は消化管運動(胃排泄)促進によって十分に改善するとは言えず、プロトンポンプインヒビターであるランソプラゾール等の酸分泌抑制剤でも症状の改善効果は限られている。さらに、種々の消化器疾患との関連性が議論されているヘリコバクターピロリ感染と機能性胃腸症症状との関連性も明確ではない。

0007

臨床実践の場において治療困難な問題領域とされ多くの病態研究が進められてきた中で、機能性胃腸症症状には、今までの考え方(消化管運動不全・酸分泌亢進など)とは異なる生物学的プロセス、すなわち胃痛覚閾値の低下および胃適応性弛緩減弱が存在していることが認識されてきた。

0008

機能性胃腸症は、機能性胃腸(管)障害下位概念にあたり、症状が胃を中心とした上部消化器系に対する症状である。同じ機能性胃腸障害に含まれ、小腸大腸を中心とする下部消化器系に対する症状である過敏性腸症候群(IBS)と機能性胃腸症とは異なる疾患である。

0009

従来報告されている機能性胃腸症改善薬についてはキサンチン類の特定のグリコール誘導体についての報告(特許文献1)があるものの有効な薬物は開発されておらず、医療現場では対症療法を中心に薬剤が使用されていた。

0010

従来、ピペリンとそれを含むブラックペッパーなどの生薬が、機能性胃腸障害の一部である過敏性腸症候群などの改善に有効であることは報告されている(特許文献2)。

0011

また、コショウ科植物ヒハツコショウによる健胃作用(特許文献3)、ヘリコバクター・ピロリに対する抗菌剤(特許文献4)なども開示されている。

0012

特表2004-523559
特表2002-513418
特開2003-261462
特開2000-154146

発明が解決しようとする課題

0013

本発明は、未だ有効な薬剤がない機能性胃腸症に対して有効な薬剤を提供することにある。

課題を解決するための手段

0014

本発明者らは種々検討した結果、ある種の成分およびそれを含む生薬が機能性胃腸症に対して有効であることを見出し本発明を完成した。

0015

すなわち本発明は、
1.ピペリンを有効成分とする機能性胃腸症治療剤
2.ピペリンを含有する生薬を有効成分とする機能性胃腸症治療剤。
3.ピペリンを含有する生薬がコショウ科植物である2記載の機能性胃腸症治療剤。
4.ピペリンを含有する生薬がヒハツまたはコショウである2記載の機能性胃腸症治療剤。
である。

発明の効果

0016

本発明は、従来有効な薬剤が存在しなかった機能性胃腸症に対して、ピペリンが優れた治療効果を有することが分かった。

発明を実施するための最良の形態

0017

本発明の有効成分であるピペリンは、化学的に合成したものの他、ピペリンを含有する生薬を用いることもできる。生薬としてはコショウ科植物が好ましく、特にピペリンの含有量が多いことからヒハツまたはコショウが好ましい。生薬を用いる場合は生薬末の他、水、アルコール、それらの混合液などの溶媒で抽出したエキス乾燥エキスなどを用いることもできる。

0018

本発明の有効成分であるピペリンの投与量は成人一日あたり100〜300mg程度の投与量が好ましい。また、本発明のピペリンを生薬成分で投与する際には原生薬換算量で2〜6g程度の投与量であればよい。なお、投与量は体重、性別、症状等を考慮して適宜増減することができる。

0019

本発明の有効成分であるピペリンおよびピペリンを含む生薬は、広く一般的に食されていることから十分な安全性を有している。

0020

本発明の機能性胃腸症治療剤は一般的な製造法により製造することができ、液剤散剤粉剤錠剤カプセル剤などの医薬品の形態の他、飲料、食品などの一般的な形態により保健機能食品特定保健用食品など)などで提供可能である。

0021

以下、本発明を実施例および試験例によりさらに詳細に説明する。

0022

コショウ(ブラックペッパー)に10倍量の30%エタノールを加え、約80℃で加熱抽出し、ろ過後減圧下でエタノールを留去した後、さらに濃縮を行なうことにより、軟エキスを得た。

0023

ヒハツ(ロングペッパー)に10倍量の50%エタノールを加え、約80℃で加熱抽出し、ろ過後減圧下でエタノールを留去した後、さらに濃縮を行なうことにより、軟エキスを得た。

0024

ピペリン(和光純薬工業株式会社製)を100mg/kg/2mL 、50mg/kg/2mLの濃度になるように2%アラビアゴムに懸濁させて被験薬を得た。

0025

試験例1
胃腸を含めた管腔臓器では、伸展刺激が不快感や痛み(内臓痛)につながることが知られているが、機能性胃腸症患者に段階的な胃伸展刺激を与える(胃内に挿入したバルーン伸展させ胃内圧を段階的に上昇させる)と、健常人と比較してより小さな段階で胃痛や不快感を感じること、つまり胃痛覚閾値が低下していることが報告されており、これが機能性胃腸症症状の背景にある重要な原因のうちの1つであると考えられている。従って、低下した胃痛覚閾値を上昇させる薬物が機能性胃腸症症状の改善に有効であると考えられる。

0026

麻酔下のラットにおいて、胃や結腸の伸展刺激による痛みは、その大きさに応じた血圧低下反応(Depressor response、以下DRと訳す)を引き起こすことが報告されている。従って、胃痛を直接表現できない小動物において、DRを胃伸展刺激による胃痛の大きさの指標として解釈することが可能である。本試験では上記報告に準じ、DRを指標として、被験薬の胃痛覚閾値に対する効果を確認した。

0027

ラット(SD系雄性、10週齢)は18時間以上絶食させてから実験に供した。水は自由摂取させた。ネンブタール麻酔(ペントバルビタール50mg/1mL/kg i.p.)下にて上腹部を開腹して胃を露出させ、食道を介して経口的に胃カテーテル、および薬物投与十二指腸カテーテルを挿入した。その状態で噴門及び幽門結さつすることにより胃を袋状にして閉じ、開腹部を縫合した。カテーテルには三方活栓を装着し、一方は圧トランスデューサと、もう一方は生理食塩水ボトルと連結することにより、胃内圧を計測しながら、ボトル内の生理食塩水を胃内に流入させて胃を伸展させ、内圧を上昇させた。胃内の生理食塩水を全て吸引することにより、上昇させた内圧を0mmHgに戻した。

0028

また、血圧左大腿動脈に施したカテーテルを血圧トランスデューサと連結することによってモニタリングした。

0029

胃内圧を10mmHg、20mmHg、30mmHgと5分間隔で段階的に上昇させることにより、伸展刺激の大きさに応じて安定したDRが測定されることを確認した後に、被験薬を十二指腸内投与し、その30分後から10mmHg、20mmHg、30mmHg、40mmHgと5分間隔で段階的に内圧を上昇させ、それらに対応して起こるDRを測定した。

0030

被験薬投与前の内圧30mmHg時におけるDRを100%とし、これに対する被験薬投与後のそれぞれの内圧に対応したDRの割合を「胃痛値」として算出することによって、被験薬の痛覚閾値に対する効果を検討した。

0031

実験中は気道カテーテルを施して呼吸を確保し、左大腿静脈よりペントバルビタール(15mg/kg/hr, 40μL/min)を持続注入することにより麻酔の深度を一定に保持した。

0032

コショウは原生薬換算で10g/ kg /2mL、ヒハツは原生薬換算で3g/kg/2mL、ピペリンは100mg/kg/2mL、50mg/kg/2mLとなるように調整して投与した。

0033

結果は図1、2、3に示した。

0034

図1から明らかなように、溶媒群において胃痛値は胃内圧に応じて増大したが、コショウはこれを有意に抑制した。従ってコショウは機能性胃腸症患者の胃痛覚閾値を上昇させ、症状改善効果を示すことが明らかになった。

0035

図2から明らかなように、コショウ科植物であるヒハツは、胃痛値を有意に抑制した。従ってヒハツはコショウと同様に、機能性胃腸症患者の胃痛覚閾値を上昇させ、症状改善効果を示すことが明らかになった。

0036

図3から明らかなように、コショウおよびヒハツの主成分であるピペリンは、胃痛値を有意に抑制した。従ってピペリンは機能性胃腸症患者の胃痛覚閾値を上昇させ、症状改善効果を示すことが明らかになった。

0037

本発明は従来有効な治療法が見つかっていなかった機能性胃腸症に有効であり、食品として広く食されてきた安全性の高い成分なので、医薬品の他、おなかの調子を整える、胃部不快感などの表示を付した容器に入れた食品などとして利用可能である。

図面の簡単な説明

0038

胃伸展刺激の大きさに応じて増大する胃痛値に対する、コショウの影響を示した図であり、縦軸に胃痛値、横軸に胃内圧を示した。
胃伸展刺激の大きさに応じて増大する胃痛値に対する、ヒハツの影響を示した図であり、縦軸に胃痛値、横軸に胃内圧を示した。
胃伸展刺激の大きさに応じて増大する胃痛値に対する、コショウの影響を示した図であり、縦軸に胃痛値、横軸に胃内圧を示した。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 森永乳業株式会社の「 エネルギー消費促進用組成物」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題・解決手段】エネルギー消費を促進させることが可能な技術を提供する。平均分子量が220ダルトン以上かつ1000ダルトン以下である乳タンパク質分解物、又はMet−Lys−Proからなるペプチド、又は... 詳細

  • 国立研究開発法人理化学研究所の「 網膜組織の製造方法」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題・解決手段】本発明は、視細胞前駆細胞及び/又は視細胞を含む神経網膜組織における神経節細胞、アマクリン細胞、水平細胞、及び/又は双極細胞の分化抑制方法等を提供することを課題とする。神経網膜前駆細胞... 詳細

  • 国立大学法人鳥取大学の「 抗炎症活性を有するシソ科植物の葉の発酵物」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】炎症抑制効果が大きく、かつ安全性の高い食品組成物、医薬組成物、化粧品および医薬部外品を得る。【解決手段】シソ科植物の葉の糸状菌発酵物またはその抽出物、それを含む食品組成物、医薬組成物、化粧品お... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ