図面 (/)

技術 農作業機の操作装置

出願人 井関農機株式会社
発明者 塩崎孝秀小野弘喜小佐野光和泉満孝竹川和弘
出願日 2006年6月30日 (15年0ヶ月経過) 出願番号 2006-182799
公開日 2006年11月9日 (14年8ヶ月経過) 公開番号 2006-304805
状態 特許登録済
技術分野 農業機械一般(3)操向 移植機(3)(田植機の要素) 農作業機用昇降装置
主要キーワード 遊動機構 アクチュエータセンサ 上下限位置 フインガ 張り出し位置 位置決めカム 下降釦 後退制御
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2006年11月9日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (13)

課題

作業装置昇降動力伝達入り切り制御を行う操作部を複数設け、オペレータの操作性の向上を図る。

解決手段

変速レバー(19)のグリップ部(19a)に作業装置(7)の昇降制御及び作業装置への動力伝達を入り切り制御する昇降・作業スイッチ(25)を設け、該グリップ部(19a)に作業装置(7)を下降させる下げ釦(29)を設けると共に、ステアリングハンドル(5)の近くには作業装置(7)の昇降制御及び作業装置(7)への動力伝達を入り切り制御するフインガップレバー(32)を設けてある。

概要

背景

車体に対して植付部等の作業装置昇降するための昇降レバーによって、苗植付伝動植付クラッチ入り切りするよう連動構成したものがある(特許文献1)。
特開平9−23号公報

概要

作業装置の昇降、動力伝達の入り切り制御を行う操作部を複数設け、オペレータの操作性の向上をる。変速レバー(19)のグリップ部(19a)に作業装置(7)の昇降制御及び作業装置への動力伝達を入り切り制御する昇降・作業スイッチ(25)を設け、該グリップ部(19a)に作業装置(7)を下降させる下げ釦(29)を設けると共に、ステアリングハンドル(5)の近くには作業装置(7)の昇降制御及び作業装置(7)への動力伝達を入り切り制御するフインガップレバー(32)を設けてある。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
2件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

変速レバー(19)のグリップ部(19a)に作業装置(7)の昇降制御及び作業装置への動力伝達入り切り制御する昇降作業スイッチ(25)を設け、該グリップ部(19a)に作業装置(7)を下降させる下げ釦(29)を設けると共に、ステアリングハンドル(5)の近くには作業装置(7)の昇降制御及び作業装置(7)への動力伝達を入り切り制御するフインガップレバー(32)を設けてあることを特徴とする農作業機操作装置

技術分野

0001

この発明は、乗用田植機乗用トラクター等の農作業機操作装置に関し、農業機械の技術分野に属する。

背景技術

0002

車体に対して植付部等の作業装置昇降するための昇降レバーによって、苗植付伝動植付クラッチ入り切りするよう連動構成したものがある(特許文献1)。
特開平9−23号公報

発明が解決しようとする課題

0003

特に、田植作業機では、作業中に苗植付部の昇降や植付クラッチの入り切り操作が頻繁に行われる。この発明は、作業装置(苗植付部)の昇降・作業(植付)クラッチ操作部を2系統設けることにより、オペレータが作業の中で使い易い方を自由に選択して使用することができるようにし、操作性の向上を図らんとするものである。

課題を解決するための手段

0004

この発明は、上記課題を解決すべく次のような技術的手段を講じた。すなわち、変速レバー(19)のグリップ部(19a)に作業装置(7)の昇降制御及び作業装置への動力伝達を入り切り制御する昇降・作業スイッチ(25)を設け、該グリップ部(19a)に作業装置(7)を下降させる下げ釦(29)を設けると共に、ステアリングハンドル(5)の近くには作業装置(7)の昇降制御及び作業装置(7)への動力伝達を入り切り制御するフインガップレバー(32)を設けてあることを特徴とする。これによって、作業装置(7)の昇降制御及び作業装置(7)への動力伝達を入り切り制御する操作部が2系統あることになり、オペレータは作業中使い易い方を使用できて便利であり、操作性が向上する。さらに、グリップ部(19a)には作業装置(7)を下降させる下げ釦(29)を有するから更に操作性を向上する。

発明の効果

0005

この発明によれば、変速レバー(19)の操作により農作業機の車速を変更しながら、オペレータはこの変速レバー(19)のグリップ部(19a)を把持した状態で、昇降・作業スイッチ(25)を操作することにより作業装置(7)を車体に対して昇降させたり、作業装置(7)の伝動を入り切り制御することができ、下げ釦(29)で作業装置(7)を下降させることができる。

0006

また、ステアリングハンドル(5)の操作により機体操向しながら作業を行い、そして、畦際に至って機体を大きく旋回するときには、オペレータはこのステアリングハンドル(5)近くのフインガップレバー(32)を持って操作することにより作業装置(7)を車体に対して昇降させたり、作業装置(7)の伝動を入り切り制御することができる。

0007

従って、このように作業装置(7)の昇降制御及び作業装置(7)への動力伝達を入り切り制御する操作部が2系統あることで、オペレータは作業中使い易い方を使用することができて便利であり、しかもグリップ部(19a)には別に作業装置(7)を下降させる下げ釦(29)を備えるから操作性が向上することになる。

発明を実施するための最良の形態

0008

この発明の実施例を図面に基づき説明する。図1は、乗用田植機を示すものであり、車体1の前後には走行車輪としての左右一対前車輪2,2及び後車輪3,3が架設されている。車体上前部に操作ボックス4及びステアリングハンドル5等を有する操縦装置がステップ6上に設置され、車体後方部には昇降可能な作業装置(苗植付部7)が装備されている。操作ボックス4の後側に運転席8が設置され、運転席の下側に田植機の各部に動力を伝達するエンジン9が搭載されている。

0009

車体1の走行は、エンジン9の駆動によってHST(油圧無段変速装置)10の主変速装置ミッションケース11内の副変速装置等を経て前車輪2,2、後車輪3,3を駆動させて走行できる構成としている。作業装置7は、左右に往復動する苗載タンク12、1株分の苗を切取って土中に植込植込杆を有する植付装置13、苗植付面を整地するフロート14等からなる。

0010

作業装置の昇降は、車体1の後側に昇降リンク機構15を介して作業装置を連結し、昇降シリンダ16の伸縮によって昇降させて、非作業位置に上昇したり、対地作業位置に下降したりすることができる。また、作業装置7への動力伝達は、前記エンジン9からPTO軸17を介して行われ、このPTO軸17の伝動を入り切りするPTO(植付)クラッチ18を介して行われる。

0011

前記HST10は、運転席8の右側に設けられる変速レバー19によって変速操作される。この変速レバー19を中立位置に操作したときは、走行駆動停止状態として、変速レバー19を前側へ操作することによって前進高速状態とし、中立位置から後側へ操作することによって後進高速状態として、変速レバー19の傾斜角度に応じて前、後進速度増減速することができる。

0012

また、副変速レバー20は、操作ボックス4の側部に設けられている。前記昇降シリンダ16を伸縮する油圧回路昇降制御弁21と、PTOクラッチ18とが電動モータ22M乃至ステッピングモータ等によるアクチュエータ22によって操作駆動機構23を介して連動される。このアクチュエータ22は、前記変速レバー19のグリップ部19aに設けられる後記の昇降・作業スイッチ25,26等のON,OFF操作によってコントローラ24からの出力によって作動される。

0013

変速レバー19のグリップ部19aには作業装置7の昇降制御及び作業装置への動力伝達を入り切り制御する昇降・作業スイッチ25,26を設けてあり、車速変速から作業装置7の昇降、作業伝動にわたる一連の操作をグリップ部19aから把持手の持ち替えをなくして、又は、変速操作しながらの昇降操作や植付伝動操作が行なえるようにしている。

0014

変速レバー19を操作することによってHST10を操作して農作業機の車速を変更することができる。オペレータは、この変速レバー19のグリップ部19aを把持した状態で、昇降・作業スイッチ25の上昇スイッチ25U又は下降スイッチ25Dを操作することにより、アクチュエータ22を出力させて、操作駆動機構23を介して昇降制御弁21を切替えて昇降シリンダ16を伸縮し、作業装置7を車体に対して昇降させることができる。又、昇降・作業スイッチ26が操作されることにより、該アクチュエータ22を作動させて操作駆動機構23を介して、PTOクラッチ18が入り切り作動されて、この作業装置7を駆動することができる。

0015

前記昇降・作業スイッチ26は、昇降・作業スイッチ25の下降スイッチ25Dと独立の構成とすることができるが、図例ではアクチュエータ22や操作駆動機構23を昇降制御弁21の連動と共用化する形態であるから、この昇降・作業スイッチ26をも下降スイッチ25Dと共用化することもできる。この場合は、昇降シリンダ16の昇降位置を検出するリフトリンクセンサ30、又はセンタフロート14Cの上下による接地センサ31の検出によって、苗植作業装置7が一定の作業位置に下降した状態のとき、PTOクラッチ18が入りに作動されて苗植作業を行う構成としている。

0016

前記昇降・作業スイッチ25は、押込毎に上昇と上昇停止とに切替える上昇釦27と、押込毎に下降と下降停止とに切替える下降釦28とを有し、該上昇釦27と下降釦28の押込毎に各々上昇とこの上昇停止、下降とこの下降停止に切替えることができる。

0017

また、前記グリップ部19aには押込みによって下降し、押込解除で下降を停止する前記下降釦28とは別の下降専用の下げ釦29が設けられている。ステアリングハンドル5の近くには、前記昇降・作業スイッチ25,26と同じ機能をもつ構成、即ち、前記作業装置7の昇降制御及び該作業装置7への動力伝達を入り切り制御するフインガップレバー32が設けられている。このフインガップレバー32を上げ下げ操作することにより、アクチュエータ22を出力させて、操作駆動機構23を介して昇降制御弁21を切替えて昇降シリンダ16を伸縮し、作業装置7を車体に対して昇降させることができる。又、同時にフインガップレバー32が上げ下げ操作されることにより、該アクチュエータ22を作動させて操作駆動機構23を介して、PTOクラッチ18が入り切り作動されて、この作業装置7を下降時の作業位置において駆動し、上昇時の非作業時においてはその駆動を断つことができる。

0018

フインガップレバー32と昇降・作業スイッチ25,26による操作回路は、スイッチ接点並列回路で入力するように構成している。つまり、フインガップレバースイッチ32Sの上げ下げスイッチSu,Sdと、昇降・作業スイッチ25,26の上昇・下降作業スイッチ25U,25Dとが並列回路に構成される。

0019

通常は、ステアリングハンドル5の操作により機体の進行方向を修正しながら走行作業を行い、そして、畦際に至って機体を大きく旋回するときには、オペレータはこのステアリングハンドル5近くのフインガップレバー32を持って速やかに操作することができ、作業装置7を車体に対して昇降させたり、作業装置の伝動を入り切り制御することができる。

0020

前記アクチュエータ22によって駆動される操作駆動機構23は前記昇降制御弁21とPTOクラッチ18とを駆動すると共に、運転席8横側の手動操作用の昇降レバー33をも駆動できる構成としている。このアクチュエータ22モータ電動によって操作駆動機構23であるピニオン34と噛合のラックギヤ35を、車体と一体の構成部材であるブラケット36に設けられる軸37回りに回動自在に軸支している。また、この軸37には、手動操作機構である苗植昇降レバー33と一体の位置決めカム38が回動自在に設けられる。この位置決めカム38の外周部には揺動アーム39のカムローラ40が摺接可能に嵌合されて、この位置決めカム38の回動位置係止したり、回動自在の状態に係止解除することができる。41は揺動アーム39の支軸、42はカムローラ40を位置決めカム38側へ弾発するばねである。

0021

苗植昇降レバー33には、クラッチカムアーム43が一体に設けられていて、このクラッチカムアーム43によって苗植作業装置7への伝動のPTOクラッチ(植付クラッチ)18のカム押圧して、PTOクラッチ18の入り切りを行わせることができる。また、この昇降レバー33にはバルブアーム44が設けられて、前記昇降制御弁21のスプールを押圧して、昇降リンク機構15を中立位置から下げ位置上げ位置へ切替するように操作できる。

0022

このような苗植昇降レバー33のアーム45と位置決めカム38と一体のアーム46との間に位置決遊動機構47を構成するピン48とこれを嵌合する長穴49とが設けられる。ピン48をアーム46に固定し、長穴49をアーム45に形成している。

0023

アクチュエータ22モータによる操作機構の駆動は、コントローラ24からの出力によって行われる。また、このコントローラ24の入力側には、操作スイッチや、センサスイッチ制御プログラム等が入力される。操作スイッチとしては、前記昇降・作業スイッチ25,26、下げスイッチ50、フインガップレバー32の操作によるスイッチ32S等があり、制御出力としては、エンジンスイッチ51のOFFによる場合があり、センサスイッチによる場合としては、苗植作業装置7が下降されて苗植作業位置にあることを検出するセンタフロート14Cの接地による接地センサ31、昇降リンク機構15の昇降位置を検出するリフトリンクセンサ30、バックリフト入切レバーの入りにおける後退制御後進位置センサ52入りの場合等がある。

0024

また、前記ラックギヤ35の回動位置を検出するアクチュエータセンサ53がブラケット36に取り付けられる。該ラックギヤ35と一体に回動される伸縮自在のアーム54の先端が、アクチュエータセンサ53のセンサアーム55のピン溝に係合されて、ラックギヤ35と共にアーム54が回動されると、これに係合されるセンサアーム55が回動されて、アクチュエータセンサ53がこのラックギヤ35の回動角度を検出する。

0025

苗植昇降レバー33による操作では、クラッチカムアーム43やバルムアーム44が回動されて、PTOクラッチ18や昇降制御弁21が作動されて、中立位置Nから下げ植付切位置A、及び下げ植付入位置B、また、上げ位置Cへ切替えることができる。これらの各位置N,A,B,Cでは位置決めカム38の各係合位置にカムローラ40が係合される。このとき、アクチュエータ22は回転自在の状態にあってラックギヤ35の回動によってピニオン34が回転されても大きい抵抗とはならない。

0026

すなわち、中立位置Nでは、苗植作業装置7は昇降されないで、苗植作業装置7へのPTOクラッチ18も切りの状態にある。下げ植付切位置Aでは、苗植作業装置7は下降されるが、このPTOクラッチ18が切りにあって苗植えを行うことはできない。下げ植付入位置Bでは、苗植作業装置7は下降されていて、このPTOクラッチ18が入りにあって苗植えを行うことができる。また、上げ位置Cでは、苗植作業装置7が非苗植位置へ上昇して、このPTOクラッチ18も切りの状態にある。

0027

フインガップレバー32の操作によるときは、このフインガップレバー32を上側に一回引き上げる毎にスイッチ32Sを上げ位置にON(上げ接点Su)して、コントローラ24からの間欠的出力でアクチュエータ22を一定出力回動させて、バルムアーム44や位置決めカム38等を一ピッチ毎上昇方向へ回動させる。この一ピッチは、この位置決めカム38におけるカムローラ40の各係合位置間隔として設定している。

0028

また、逆にフインガッレバ32を下側へ一回押し下げる毎にスイッチ32Sを下げ位置にON(下げ接点Sd)して、バルムアーム44や位置決めカム38等を一ピッチ毎下降方向へ回動させる。なお、図6中、上げ位置スイッチ56は、苗植作業装置7の昇降リンク機構が最上位置にあることを検出するセンサであり、変速レバー19部の上昇スイッチ25U又はフインガップレバー32の所定以上の上げ操作で、機体の左右両側に設けられたマーカ57の張り出す側が切り替えられるようになっている。このマーカ57は、機体の外側方に張り出す位置と機体側に収納する位置とに切り替え自在に構成してあり、苗植付作業中、例えば、往路で右側のマーカが張り出し位置で作用しているときには、復路では左マーカが張り出し位置となるようマーカ左SOL59を作動させて切り替え、また、往路で左側のマーカが張り出し位置で作用しているときには、復路では右マーカが張り出し位置となるようマーカ右SOL58を作動させて切り替える構成である。そして、昇降リンク機構が最上位置にある状態で変速レバー19部の上昇スイッチ25Uを操作する度に張り出すマーカ57の左右切替が行われ、変速レバー19を握った状態でこのマーカ57の左右切替が行えるので、オペレータがマーカ57の左右切替操作を容易に行える。

0029

別実施例1(図10)について説明する。変速レバー19のグリップ部に、作業装置7の昇降制御及び作業装置への動力伝達を入り切り制御する昇降・作業スイッチ25,26と、この昇降・作業スイッチ25にあって押込毎に上昇と上昇停止とに切替える上昇釦27と、押込毎に下降と下降停止とに切替える下降釦28とを設けたものにおいて、上昇釦27又は下降釦28を1回の押込操作で作業装置が所定の上下限位置まで昇降作動するモードと、該上昇釦27又は下降釦28を押込操作している間のみ昇降作動するモードとに切り替えるモード切替スイッチ60を、前記変速レバー19のグリップ部19a自体に設けた構成である。

0030

従って、このモード切替えがスイッチにて行なえるため、畦際作業等での作業装置の上下動微調整が容易となる。モード切替スイッチがグリップ部にあるため操作性がよくなる。図11に示す実施例では、前記モード切替スイッチ60は、変速レバー19の近傍で、レバーガイド盤61上に設置した構成としている。

0031

また、図12に示す実施例では、モード切替スイッチ60及びモニタランプモード表示ランプ)62を操作ボックス4上端操作パネル63に設けるように構成している。従って、図11図12に示す実施例によれば、通常操作するスイッチ個数が減少し、操作性向上誤操作を防止することができる。

図面の簡単な説明

0032

田植機の側面図
田植機の平面図
変速レバー部の正面図と側面図
伝動経路ブロック図
操作制御ブロック図
操作制御ブロック図
フローチャート
操作駆動機構部の側面図
同上正面図
変速レバー部の斜視図
変速レバー部の斜視図
操作パネルの平面図及び変速レバー部の斜視図

符号の説明

0033

1 車体
前輪
後輪
4操作ボックス
5ステアリングハンドル
6 ステップ
7作業装置(苗植付部)
8運転席
9エンジン
10 HST
11ミッションケース
12 苗載せタンク
13植付装置
14フロート
15昇降リンク機構
16昇降シリンダ
17PTO軸
18PTOクラッチ
19変速レバー
19aグリップ部
21昇降制御弁
22アクチュエータ
23 操作駆動機構
24コントローラ
25昇降・作業スイッチ
26 昇降・作業スイッチ
27 上昇釦
28下降釦
29下げ釦
30リンクリフトセンサ
31接地センサ
32フインガップレバー
32S フインガップレバースイッチ

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • ヤンマー株式会社の「 障害物検知システム」が 公開されました。( 2021/04/30)

    【課題】作業車両の進行方向と反対方向の障害物を検出する障害物センサの検出に基づく走行制御が行われることによる作業効率の低下を回避しながら、その障害物センサが正常に機能していることを確認できるようにする... 詳細

  • 株式会社NTTドコモの「 自動走行装置」が 公開されました。( 2021/04/30)

    【課題】位置測位を行うことなく、所望の経路を自動的に走行することができる自動走行装置を提供すること。【解決手段】自動走行装置100は、進行方向に配列されている検出対象物に対して所定の作業を施す装置であ... 詳細

  • 松山株式会社の「 農作業機異常検知システム」が 公開されました。( 2021/04/30)

    【課題】トラクタに装着する農作業機の異常を的確に検知してその情報を報知又は管理可能な農作業機異常検知システムを提供することを目的とする。【解決手段】トラクタ1に装着して農作業を行う農作業機2に適用する... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ