図面 (/)

技術 携帯電話機から遠隔操作コマンドを受信する車載用受信装置、車載用受信装置用プログラム、携帯電話機、および携帯電話機用プログラム。

出願人 株式会社デンソー
発明者 松井克雅田内庸貴
出願日 2005年4月15日 (14年11ヶ月経過) 出願番号 2005-118340
公開日 2006年11月2日 (13年4ヶ月経過) 公開番号 2006-303584
状態 未査定
技術分野 車両外部の荷台、物品保持装置 電話機の回路等 選択的呼出装置(遠隔制御・遠隔測定用) 移動無線通信システム 電話機の機能
主要キーワード リモコン登録 遠隔操作コマンド BT接続 車載オーディオ機器 BTデバイス ブルートゥースデバイス 接続許可信号 リモコンコマンド
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2006年11月2日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (8)

課題

車両のドライバー携帯電話機以外の携帯電話機からの遠隔操作を選択的に受け付けることができ、一時期には1つの携帯電話機からの遠隔操作しか受け付けないような作動を行うことができる車載用受信装置を提供する。

解決手段

車両用ナビゲーション装置は、携帯電話機からリモコン用ブルートゥース接続要求を受信すると(ステップ110)、その携帯電話機がハンズフリー登録された携帯電話機でなく(ステップ120)、かつ、その携帯電話機がリモコン登録された携帯電話機である(ステップ125)場合に限り、その携帯電話機とのリモコンブルートゥース接続許可し(ステップ130、140)、その携帯電話機からのリモコンコマンドを受信したことに基づいて、その受信した遠隔操作コマンドによって指定された作動を実行する。そしてその間、他の携帯電話機からの遠隔操作コマンドの受付を拒否する。

概要

背景

従来、携帯電話機車両用受信装置(具体的にはナビゲーション装置)のリモコン端末として用いる技術が提案されている(例えば特許文献1参照)。
特開平10−276480号公報

概要

車両のドライバーの携帯電話機以外の携帯電話機からの遠隔操作を選択的に受け付けることができ、一時期には1つの携帯電話機からの遠隔操作しか受け付けないような作動を行うことができる車載用受信装置を提供する。車両用ナビゲーション装置は、携帯電話機からリモコン用ブルートゥース接続要求を受信すると(ステップ110)、その携帯電話機がハンズフリー登録された携帯電話機でなく(ステップ120)、かつ、その携帯電話機がリモコン登録された携帯電話機である(ステップ125)場合に限り、その携帯電話機とのリモコンブルートゥース接続許可し(ステップ130、140)、その携帯電話機からのリモコンコマンドを受信したことに基づいて、その受信した遠隔操作コマンドによって指定された作動を実行する。そしてその間、他の携帯電話機からの遠隔操作コマンドの受付を拒否する。

目的

本発明は上記点に鑑み、車両のドライバーの携帯電話機以外の携帯電話機からの遠隔操作を選択的に受け付けることができるような車両用受信装置を提供することを第1の目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
3件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

携帯電話機から信号を受信するための受信回路と、記憶媒体と、前記受信回路が受信した信号(以下、受信信号という)の送信元の携帯電話機が、ドライバー所有する携帯電話機(以下、ドライバー携帯電話機という)でないことを、前記受信信号に含まれる識別情報と、前記記憶媒体中の登録携帯電話機情報とを照合することで検出する非登録検出手段と、前記非登録検出手段がドライバー携帯電話機でないことを検出した対象の携帯電話機から、前記受信回路が遠隔操作コマンドを受信したことに基づいて、その受信した遠隔操作コマンドによって指定された作動を実行する遠隔操作コマンド対応手段と、を備えた車載用受信装置

請求項2

前記受信回路を用いて携帯電話機と接続し、接続した携帯電話機を用いたハンズフリー通話機能を実現するハンズフリー通話手段を備え、前記非登録検出手段が前記識別情報と照合する前記登録携帯電話機情報は、前記ハンズフリー通話手段によるハンズフリー通話機能のために接続可能な機器として登録されている携帯電話機の識別情報であることを特徴とする請求項1に記載の車載用受信装置。

請求項3

携帯電話機から信号を受信するための受信回路と、前記受信回路が携帯電話機から遠隔操作コマンドを受信したとき、他の携帯電話による遠隔操作コマンドの受付期間中でないことに基づいて、その受信した遠隔操作コマンドによって指定された作動を実行する遠隔操作コマンド対応手段と、を備えた車載用受信装置。

請求項4

前記受信回路は、携帯電話機とブルートゥース無線接続確立するためのインターフェースであり、当該車載用受信装置は、前記受信回路が携帯電話機から遠隔操作のためのブルートゥースの無線接続(以下、リモコン用BT接続という)の要求を受信したとき、他の携帯電話機とリモコン用BT接続を確立していない場合に、前記要求を送信した前記携帯電話機とのリモコン用BT接続を確立する接続手段を備え、前記遠隔操作コマンド対応手段は、リモコン用BT接続を確立している相手の携帯電話機から、前記リモコン用BT接続を介して遠隔操作コマンドを受信したことに基づいて、その受信した遠隔操作コマンドによって指定された作動を実行することを特徴とする請求項3に記載の車載用受信装置。

請求項5

ユーザの操作を受け付け入力装置と、請求項4に記載の車載用受信装置とブルートゥースの無線接続を確立するためのインターフェースと、前記インターフェースを用いて、前記車載用受信装置との、前記車載用受信装置の遠隔操作のための、ブルートゥースの無線接続を確立する接続確立手段と、前記接続確立手段によって、前記車載用受信装置の遠隔操作のためのブルートゥースの無線接続(以下、リモコン用BT接続という)が確立しているときに、前記入力装置が操作されたことに基づいて、前記リモコン用BT接続の対象となる車載用受信装置の作動を指定する遠隔操作コマンドを、前記リモコン用BT接続を介して送信する遠隔操作コマンド送信手段と、電話着信があったことに基づいて、前記接続確立手段が確立したリモコン用BT接続を切断する切断手段と、を備えた携帯電話機。

請求項6

受信回路が受信した信号(以下、受信信号という)の送信元の携帯電話機が、ドライバーの所有する携帯電話機(以下、ドライバー携帯電話機という)でないことを、前記受信信号に含まれる識別情報と、前記記憶媒体中の登録携帯電話機情報とを照合することで検出する非登録検出手段、および、前記非登録検出手段がドライバー携帯電話機でないことを検出した対象の携帯電話機から、前記受信回路が遠隔操作コマンドを受信したことに基づいて、その受信した遠隔操作コマンドによって指定された作動を実行する遠隔操作コマンド対応手段として、コンピュータを機能させる車載用受信装置用プログラム

請求項7

受信回路が携帯電話機から遠隔操作コマンドを受信したとき、他の携帯電話による遠隔操作コマンドの受付期間中でないことに基づいて、その受信した遠隔操作コマンドによって指定された作動を実行する遠隔操作コマンド対応手段として、コンピュータを機能させる車載用受信装置用プログラム。

請求項8

請求項4に記載の車載用受信装置との、前記車載用受信装置の遠隔操作のための、ブルートゥースの無線接続を確立する接続確立手段、前記接続確立手段によって、前記車載用受信装置の遠隔操作のためのブルートゥースの無線接続(以下、リモコン用BT接続という)が確立しているときに、ユーザの操作を受け付ける入力装置が操作されたことに基づいて、前記リモコン用BT接続の対象となる車載用受信装置の作動を指定する遠隔操作コマンドを、前記リモコン用BT接続を介して送信する遠隔操作コマンド送信手段、および、電話着信があったことに基づいて、前記接続確立手段が確立したリモコン用BT接続を切断する切断手段として、コンピュータを機能させる携帯電話機用プログラム

技術分野

0001

本発明は、携帯電話機と接続して、当該携帯電話機から遠隔操作を受ける車載用受信装置、およびその車載用受信装置用のプログラム、ならびに、車載用受信装置と接続して、当該車載用受信装置を遠隔操作する携帯電話機、およびその携帯電話機用のプログラムに関するものであり、特に、互いにブルートゥース接続してハンズフリー通話機能を実現する携帯電話機とナビゲーション装置とに用いて好適である。

背景技術

0002

従来、携帯電話機を車両用受信装置(具体的にはナビゲーション装置)のリモコン端末として用いる技術が提案されている(例えば特許文献1参照)。
特開平10−276480号公報

発明が解決しようとする課題

0003

しかし、このようなリモコンとしての携帯電話機を、ドライバー運転中に使用すれば、ドライバーの運転への注意が不十分になってしまう恐れがある。したがって、車両の運転席にいるドライバーが、携帯電話を用いた車両用受信装置の遠隔操作を行なえないようにすることが望まれる。

0004

本発明は上記点に鑑み、車両のドライバーの携帯電話機以外の携帯電話機からの遠隔操作を選択的に受け付けることができるような車両用受信装置を提供することを第1の目的とする。

0005

また、車内にリモコンとして用いる携帯電話機が複数あり、それらが同時に同じ車載用受信装置を遠隔操作すると、それらの携帯電話機を操作する各人の意図通りに車載用受信装置が作動しない等の不都合が生じる恐れがある。

0006

本発明は上記点に鑑み、一時期には1つの携帯電話機からの遠隔操作しか受け付けないような作動を行うことができる車載用受信装置を提供することを第2の目的とする。

課題を解決するための手段

0007

上記目的を達成するための請求項1に記載の発明は、携帯電話機から信号を受信するための受信回路と、記憶媒体と、前記受信回路が受信した信号(以下、受信信号という)の送信元の携帯電話機が、ドライバーの所有する携帯電話機(以下、ドライバー携帯電話機という)でないことを、前記受信信号に含まれる識別情報と、前記記憶媒体中の登録携帯電話機情報とを照合することで検出する非登録検出手段と、前記非登録検出手段がドライバー携帯電話機でないことを検出した対象の携帯電話機から、前記受信回路が遠隔操作コマンドを受信したことに基づいて、その受信した遠隔操作コマンドによって指定された作動を実行する遠隔操作コマンド対応手段と、を備えた車載用受信装置である。

0008

このように、車載用受信装置は、携帯電話機からの受信信号中の識別情報と、自身の記憶媒体中の登録携帯電話機情報とを照合することで、ドライバーの所有するものでないと検出した携帯電話機からの遠隔操作コマンドを、選択的に受け付けることができる。

0009

また、請求項2に記載の発明は、請求項1に記載の車載用受信装置において、前記受信回路を用いて携帯電話機と接続し、接続した携帯電話機を用いたハンズフリー通話機能を実現するハンズフリー通話手段を備え、前記非登録検出手段が前記識別情報と照合する前記登録携帯電話機情報は、前記ハンズフリー通話手段によるハンズフリー通話機能のために接続可能な機器として登録されている携帯電話機の識別情報であることを特徴とする。

0010

このように、車載用受信装置がハンズフリー通話機能を有している場合は、識別情報と照合する登録携帯電話機情報は、ハンズフリー通話機能のために接続可能な機器として登録されている携帯電話機の識別情報であってもよい。

0011

また、請求項3に記載の発明は、携帯電話機から信号を受信するための受信回路と、前記受信回路が携帯電話機から遠隔操作コマンドを受信したとき、他の携帯電話による遠隔操作コマンドの受付期間中でないことに基づいて、その受信した遠隔操作コマンドによって指定された作動を実行する遠隔操作コマンド対応手段と、を備えた車載用受信装置である。

0012

このようになっているので、車載用受信装置は、一時期には1つの携帯電話機からの遠隔操作しか受け付けないような作動を行うことができる。

0013

また、請求項4に記載の発明は、請求項3に記載の車載用受信装置において、前記受信回路は、携帯電話機とブルートゥース無線接続確立するためのインターフェースであり、当該車載用受信装置は、前記受信回路が携帯電話機から遠隔操作のためのブルートゥースの無線接続(以下、リモコン用BT接続という)の要求を受信したとき、他の携帯電話機とリモコン用BT接続を確立していない場合に、前記要求を送信した前記携帯電話機とのリモコン用BT接続を確立する接続手段を備え、前記遠隔操作コマンド対応手段は、リモコン用BT接続を確立している相手の携帯電話機から、前記リモコン用BT接続を介して遠隔操作コマンドを受信したことに基づいて、その受信した遠隔操作コマンドによって指定された作動を実行することを特徴とする。

0014

このように、車載用受信装置が、リモコン用BT接続を確立した携帯電話機からの遠隔操作コマンドを受け付けることができるようになっている場合は、リモコン用BT接続の要求を受信したとき、他の携帯電話機とリモコン用BT接続を確立していない場合に、その要求を送信した携帯電話機とのリモコン用BT接続を確立するようにすることで、一時期には1つの携帯電話機からの遠隔操作しか受け付けないような作動を行うことができる。この場合、「他の携帯電話による遠隔操作コマンドの受付期間中でないこと」は、「遠隔操作コマンド送信元の携帯電話機とリモコン用BT接続を確立しているか否か」によって判断されることになる。

0015

また、請求項5に記載の発明は、ユーザの操作を受け付ける入力装置と、請求項4に記載の車載用受信装置とブルートゥースの無線接続を確立するためのインターフェースと、
前記インターフェースを用いて、前記車載用受信装置との、前記車載用受信装置の遠隔操作のための、ブルートゥースの無線接続を確立する接続確立手段と、前記接続確立手段によって、前記車載用受信装置の遠隔操作のためのブルートゥースの無線接続(以下、リモコン用BT接続という)が確立しているときに、前記入力装置が操作されたことに基づいて、前記リモコン用BT接続の対象となる車載用受信装置の作動を指定する遠隔操作コマンドを、前記リモコン用BT接続を介して送信する遠隔操作コマンド送信手段と、
電話着信があったことに基づいて、前記接続確立手段が確立したリモコン用BT接続を切断する切断手段と、を備えた携帯電話機であるである。

0016

このように、車載用受信装置とのBT接続中に、入力装置に対する操作を受けることで、遠隔操作コマンドを送信する携帯電話機において、電話着信があった場合そのBT接続が切断されるので、電話着信に基づいて、遠隔操作コマンドの受付期間が終了することになる。

0017

また、請求項6に記載の発明は、受信回路が受信した信号(以下、受信信号という)の送信元の携帯電話機が、ドライバーの所有する携帯電話機(以下、ドライバー携帯電話機という)でないことを、前記受信信号に含まれる識別情報と、前記記憶媒体中の登録携帯電話機情報とを照合することで検出する非登録検出手段、および、前記非登録検出手段がドライバー携帯電話機でないことを検出した対象の携帯電話機から、前記受信回路が遠隔操作コマンドを受信したことに基づいて、その受信した遠隔操作コマンドによって指定された作動を実行する遠隔操作コマンド対応手段として、コンピュータを機能させる車載用受信装置用プログラムである。

0018

このように、請求項1に記載の車載用受信装置用の発明は、車載用受信装置用プログラムの発明としても捉えることができる。

0019

また、請求項7に記載の発明は、受信回路が携帯電話機から遠隔操作コマンドを受信したとき、他の携帯電話による遠隔操作コマンドの受付期間中でないことに基づいて、その受信した遠隔操作コマンドによって指定された作動を実行する遠隔操作コマンド対応手段として、コンピュータを機能させる車載用受信装置。

0020

このように、請求項3に記載の車載用受信装置用の発明は、車載用受信装置用プログラムの発明としても捉えることができる。

0021

また、請求項8に記載の発明は、請求項4に記載の車載用受信装置との、前記車載用受信装置の遠隔操作のための、ブルートゥースの無線接続を確立する接続確立手段、前記接続確立手段によって、前記車載用受信装置の遠隔操作のためのブルートゥースの無線接続(以下、リモコン用BT接続という)が確立しているときに、ユーザの操作を受け付ける入力装置が操作されたことに基づいて、前記リモコン用BT接続の対象となる車載用受信装置の作動を指定する遠隔操作コマンドを、前記リモコン用BT接続を介して送信する遠隔操作コマンド送信手段、および、電話着信があったことに基づいて、前記接続確立手段が確立したリモコン用BT接続を切断する切断手段として、コンピュータを機能させる携帯電話機用プログラムである。

0022

このように、請求項5に記載の携帯電話機の発明は、携帯電話機用プログラムの発明としても捉えることができる。

発明を実施するための最良の形態

0023

以下、本発明の一実施形態について説明する。本実施形態においては、以下詳述する通り、図1に示す車両用ナビゲーション装置1の作動を、図2に示す携帯電話機2を用いて遠隔操作することができるようになっている。さらに、車両用ナビゲーション装置1は、自車両の所有者の携帯電話からの遠隔操作は受け付けないようになっており、また、一時期には1つの携帯電話機のみからしか遠隔操作を受け付けないようになっている。

0024

車両用ナビゲーション装置1は、図1に示す通り、ブルートゥースデバイス(図中ではBTデバイスと記す)10、位置検出器11、操作スイッチ群12、画像表示装置13、音声回路14、スピーカ14a、マイク14b、RAM16、ROM17、外部記憶部18、および制御回路19を有している。

0025

ブルートゥースデバイス10は、無線通信規格の1つであるブルートゥースによって、ブルートゥース通信が可能な携帯電話機等の機器と、無線接続を行うための装置であり、制御回路19の制御に基づいて作動する。具体的には、ブルートゥースデバイス10は、図示しないアンテナから受けた信号に対して、ブルートゥースの規格に従った所定の周波数変換復調増幅、A/D変換等を行い、その結果のデータを制御回路19に出力し、また制御回路19から受けた送信用データに対して、ブルートゥースの規格に従った所定のD/A変換、増幅、変調、周波数変換等を行い、その結果のデータをアンテナに出力する。

0026

位置検出器11は、車速センサおよびGPS受信機等のセンサを有しており、これらセンサの各々の性質に基づいた、車両の現在位置や向きを特定するための情報を制御回路18に出力する。操作スイッチ群12は、メカニカルスイッチタッチパネル等の入力装置から成る。

0027

音声回路14は、制御回路19から受けた音声データに基づく音声信号をスピーカ14aに出力し、マイク14bが検出した音声信号に基づく音声データを制御回路19に出力する。

0028

外部記憶部18は、DVD、CD、HDD等の不揮発性の記憶媒体およびそれら記憶媒体に対してデータの読み出し(および可能ならば書き込み)を行う装置から成り、制御回路18が読み出して実行するプログラム、経路案内用の地図データ等を記憶している。

0029

制御回路(コンピュータに相当する)19は、ROM17および外部記憶部18から読み出した車両用ナビゲーション装置1の動作のためのプログラムを実行し、その実行の際にはRAM16、ROM17、および外部記憶部18から情報を読み出し、RAM16および外部記憶部18に対して情報の書き込みを行い、ブルートゥースデバイス10、位置検出器11、操作スイッチ群12、画像表示装置13、音声回路14と信号の授受を行う。

0030

制御回路19がプログラムを実行することによって行う具体的な処理としては、現在位置特定処理経路案内処理ハンズフリー処理等がある。

0031

現在位置特定処理は、位置検出器11からの信号に基づいて、周知のマップマッチング等の技術を用いて車両の現在位置、車速、車両の向き等を特定する処理である。

0032

経路案内処理は、操作スイッチ群12からユーザによる目的地の入力を受け付け、現在位置から当該目的地までの最適な誘導経路を算出し、算出された誘導経路、目的地、経由地および現在位置等を地図データの示す地図上に重ねた画像を、画像表示装置13に出力し、案内交差点の手前に自車両が到達した等の必要時に、右折左折等を指示する案内音声信号を音声回路14に出力する処理である。

0033

ハンズフリー処理は、ブルートゥースデバイス10を介してブルートゥース接続された携帯電話機から受けた、電話通話の相手からの音声信号を音声回路14に出力し、また、マイク14bが検出した車内のユーザの音声に基づく音声信号を、ブルートゥースデバイス10および当該携帯電話機を介して電話通話の相手に送信する処理である。

0034

また、制御回路19は、図3に示すプログラム100、および図4に示すプログラム200を実行するようになっている。このプログラム100およびプログラム200に基づく制御回路19の作動については後述する。

0035

携帯電話機2は、図2に示す通り、ブルートゥースデバイス(図中ではBTデバイスと記す)20、電話用無線通信回路21、入力キー群22、画像表示装置23、音声回路24、スピーカ24a、マイク24b、RAM26、ROM27、フラッシュメモリ28、および制御回路29を有している。

0036

ブルートゥースデバイス20は、無線通信規格の1つであるブルートゥースによって、車両用ナビゲーション装置1と無線接続を行うための装置であり、制御回路29の制御に基づいて作動する。具体的には、ブルートゥースデバイス20は、図示しないアンテナから受けた信号に対して、ブルートゥースの規格に従った所定の周波数変換、復調、増幅、A/D変換等を行い、その結果のデータを制御回路29に出力し、また制御回路29から受けた送信用データに対して、ブルートゥースの規格に従った所定のD/A変換、増幅、変調、周波数変換等を行い、その結果のデータをアンテナに出力する。

0037

電話用無線通信回路21は、携帯電話機2の電話機としての機能を実現するために、基地局と無線通信を行う装置であり、制御回路29の制御に基づいて、通話相手呼び出すためのプッシュ信号送信用の音声信号を制御回路29から受けて基地局に無線送信し、基地局から着信信号や、音声信号を無線受信して制御回路29に出力する。

0038

入力キー群22は、テンキー十字キー通話キー(すなわちオフフックキー)、ジョグダイヤル、タッチパネル等のユーザの操作を受け付けて、その操作に基づく信号を制御回路29に出力する装置である。

0039

音声回路24は、制御回路29から受けた音声データに基づく音声信号をスピーカ24aに出力し、マイク24bが検出した音声信号に基づく音声データを制御回路19に出力する。

0040

制御回路(コンピュータに相当する)29は、ROM27およびフラッシュメモリ28(または他の書き込み可能不揮発性記憶媒体)から読み出した車両用ナビゲーション装置1の動作のためのプログラムを実行し、その実行の際にはRAM26、ROM27、およびフラッシュメモリ28から情報を読み出し、RAM26およびフラッシュメモリ28に対して情報の書き込みを行い、ブルートゥースデバイス20、電話用無線通信回路21、入力キー群22、画像表示装置23、音声回路24と信号の授受を行う。

0041

制御回路29がプログラムを実行することによって行う具体的な処理としては、電話通話処理、ハンズフリー処理等がある。

0042

電話通話処理は、電話用無線通信回路21および基地局を介して通話相手との回線を開き、当該通話相手からの音声信号を音声回路24に出力し、マイク24bが検出したユーザの発話音声を、当該通話相手宛に送信する処理である。この電話通話処理は、例えばユーザによって入力キー群22の終話キー(すなわちオンフックキー)が操作されることで終了する。

0043

ハンズフリー処理は、電話用無線通信回路21および基地局を介して通話相手との回線を開き、ブルートゥースデバイス20を介してブルートゥース接続された車両用ナビゲーション装置1から受けた、車内のユーザの音声に基づく音声信号を、当該通話相手宛に送信し、当該通話相手からの音声信号を、ブルートゥースデバイス20を介して車両用ナビゲーション装置1に送信する処理である。

0044

また、制御回路29は、図5に示すプログラム300、および図6に示すプログラム400を実行するようになっている。このプログラム300およびプログラム400に基づく制御回路29の作動については後述する。

0045

以上のような車両用ナビゲーション装置1および携帯電話機2において、制御回路19がプログラム100およびプログラム200を実行し、制御回路29がプログラム300およびプログラム400を実行することで、携帯電話機2が、車両用ナビゲーション装置1の遠隔操作装置として機能するようになる。この遠隔操作機能のための作動においては、制御回路19および制御回路29は、図7に示すような、リモコン用BT接続状態という2つの状態間を遷移するようになっている。ここで、リモコン用BT接続状態は、車両用ナビゲーション装置1と携帯電話機2とが遠隔操作機能のためのブルートゥース接続(リモコン用BT接続に相当する)を確立しているときの状態に対応し、アイドル状態は、車両用ナビゲーション装置1と携帯電話機2とがリモコン用BT接続を確立していないときの状態に対応する。そして、制御回路19は、アイドル状態においてはプログラム100を実行し、リモコン用BT接続状態においてはプログラム200を実行するようになっており、また制御回路29は、アイドル状態においてはプログラム300を実行し、リモコン用BT接続状態においてはプログラム400を実行するようになっている。

0046

ここで、車両用ナビゲーション装置1が搭載されている車両内に携帯電話機2と同じ構成および作動の携帯電話機が3台持ち込まれている場合を考える。この3台の携帯電話機のうち、1台(以下、携帯電話機2aと記す)は、この車両を通常運転するドライバーが所有するものであり、他の2台(以下、携帯電話機2b、携帯電話機2cと記す)は、この車両を運転することのない者が所有するものであるとする。そして、携帯電話機2aは、車両用ナビゲーション装置1においてハンズフリー登録およびリモコン登録されており、携帯電話機2bは、車両用ナビゲーション装置1においてハンズフリー登録もリモコン登録もされておらず、携帯電話機2cは、車両用ナビゲーション装置1においてリモコン登録のみされているものとする。

0047

ここで、携帯電話機のハンズフリー登録とは、車両用ナビゲーション装置1の外部記憶部18の記憶媒体に、ハンズフリー通話機能のために接続可能な機器として、その携帯電話の識別情報を記録することをいう。識別情報の記録の具体的な方法は、車両用ナビゲーション装置1の操作スイッチ群12に対するユーザの識別情報を入力する入力操作に基づいて記録する方法や、現在ブルートゥースデバイス10の通信可能範囲内の携帯電話機から送信されている識別情報を取得し、その取得した識別情報を画像表示装置13にリスト表示し、それらに対するユーザの操作スイッチ群12を用いた選択操作を受け付け、選択のあった識別情報を記録する方法がある。

0048

また、携帯電話機のリモコン登録とは、車両用ナビゲーション装置1の外部記憶部18の記憶媒体に、遠隔操作機能のために接続可能な機器として、その携帯電話の識別情報を記録することをいう。識別情報の記録の具体的な方法は、ハンズフリー登録と同じく、車両用ナビゲーション装置1の操作スイッチ群12に対するユーザの識別情報を入力する入力操作に基づいて記録する方法や、現在ブルートゥースデバイス10の通信可能範囲内の携帯電話機から送信されている識別情報を取得し、その取得した識別情報を画像表示装置13にリスト表示し、それらに対するユーザの操作スイッチ群12を用いた選択操作を受け付け、選択のあった識別情報を記録する方法がある。

0049

ここで、車両用ナビゲーション装置1とブルートゥース接続していない状態にある携帯電話機2aのユーザが、携帯電話機2の入力キー群22に対して、携帯電話機2aを用いた遠隔操作機能を開始するための所定の操作を行ったとする。この所定の操作を、リモコンモード設定操作という。アイドル状態において、制御回路29は、ステップ310で、このリモコンモード設定操作があるまで待ち、このリモコンモード設定操作があったとき、続いてステップ320で、ブルートゥースデバイス20を用いて車両用ナビゲーション装置1に対して、リモコン用ブルートゥース接続要求を送信する。なお、このリモコン用ブルートゥース接続要求には、上述のハンズフリー登録およびリモコン登録において用いたものと同じ携帯電話機2a自身の識別情報含める。

0050

一方、車両用ナビゲーション装置1の制御回路19は、アイドル状態において、プログラム100のステップ110で、ブルートゥースデバイス10が携帯電話機からリモコン用ブルートゥース接続要求を受信するまで待ち、リモコン用ブルートゥース接続要求を受けたと、続いてステップ120で、その携帯電話機がハンズフリー登録されているか否かを、受信したリモコン用ブルートゥース接続要求中の識別情報と、ハンズフリー登録された識別情報とを照合することで判定し、ハンズフリー登録されていなければ、続いてステップ120を実行する。ここでは、携帯電話機2aはハンズフリー登録されているので、制御回路19はステップ120でハンズフリー登録されていると判定することで、その後ステップ115で、ブルートゥースデバイス10を用いて接続拒否信号を携帯電話機2aに返信し、その後再度ステップ110を実行する。

0051

携帯電話機2aの制御回路29は、ステップ320でリモコン用BT接続要求信号を送信した後、ステップ330で、車両用ナビゲーション装置1からの返信を待ち、その返信に基づいて、車両用ナビゲーション装置1から接続拒否されたか否かを判定する。具体的には、その返信が接続拒否信号であれば、接続拒否されたと判定し、接続許可信号であれば、接続拒否されていないと判定する。今回の場合においては、車両用ナビゲーション装置1から接続拒否の信号を受けることで、続いてステップ310に戻る。

0052

このような車両用ナビゲーション装置1および携帯電話機2aの作動により、携帯電話機2aは、ハンズフリー登録されているがゆえに、車両用ナビゲーション装置1の遠隔装置として機能するためのブルートゥース接続を、車両用ナビゲーション装置1によって禁止される。

0053

次に、車両用ナビゲーション装置1とブルートゥース接続していない状態にある携帯電話機2bのユーザが、携帯電話機2の入力キー群22に対して、リモコンモード設定操作を行ったとする。このとき、制御回路19は、携帯電話機2aの場合と同様、ステップ310で、リモコンモード設定操作があったことを判定し、続いてステップ320で、ブルートゥースデバイス20を用いて車両用ナビゲーション装置1に対して、リモコン用ブルートゥース接続要求を送信する。

0054

そして、車両用ナビゲーション装置1の制御回路19は、ステップ110でこのリモコン用ブルートゥース接続要求を受けたと判定することで、続いてステップ120で、その携帯電話機がハンズフリー登録されているか否かを判定する。携帯電話機2bは、ハンズフリー登録されていないので、制御回路19は続いてステップ125で、その携帯電話機がリモコン登録されているか否かを、受信したリモコン用ブルートゥース接続要求中の識別情報と、リモコン登録された識別情報とを照合することで判定する。携帯電話機2bは、リモコン登録されていないので、制御回路19はステップ125でリモコン登録されていないと判定することで、その後ステップ115で、ブルートゥースデバイス10を用いて接続拒否信号を携帯電話機2bに返信し、その後再度ステップ110を実行する。

0055

そして、制御回路29は、車両用ナビゲーション装置1から接続拒否の信号を受けることで、続いてステップ310に戻る。

0056

このような車両用ナビゲーション装置1および携帯電話機2bの作動により、携帯電話機2bは、リモコン登録されていないがゆえに、車両用ナビゲーション装置1の遠隔装置として機能するためのブルートゥース接続を、車両用ナビゲーション装置1によって禁止される。

0057

次に、車両用ナビゲーション装置1とブルートゥース接続していない状態にある携帯電話機2cのユーザが、携帯電話機2の入力キー群22に対して、リモコンモード設定操作を行ったとする。このとき、制御回路29は、携帯電話機2aの場合と同様、ステップ310で、リモコンモード設定操作があったことを判定し、続いてステップ320で、ブルートゥースデバイス20を用いて車両用ナビゲーション装置1に対して、リモコン用ブルートゥース接続要求を送信する。

0058

そして、車両用ナビゲーション装置1の制御回路19は、ステップ110でこのリモコン用ブルートゥース接続要求を受けると判定し、続いてステップ120で、その携帯電話機がハンズフリー登録されていないと判定し、続いてステップ125で、その携帯電話機がリモコン登録されているか否かを判定する。携帯電話機2cは、リモコン登録されているので、制御回路19はリモコン登録されていると判定し、続いてステップ130で、携帯電話機2cに対して接続許可信号を送信し、携帯電話機2cとブルートゥース接続のためのデータの授受を行う。また、制御回路29では、ステップ330において、この接続許可信号を受けることで、接続拒否されなかったと判定し、続いてステップ360で、車両用ナビゲーション装置1とリモコン用BT接続のためのデータの授受を行う。

0059

ステップ130および360のリモコン用BT接続処理の結果、車両用ナビゲーション装置1と携帯電話機2cとの間のリモコン用BT接続が確立すると、携帯電話機2の制御回路29は、ステップ370で、画像表示装置23に対して接続完了の旨の表示を行わせ、続いてステップ380で自身の状態をリモコン用BT接続状態へ遷移させることで、プログラム300の実行を終了し、プログラム400の実行を開始する。また、車両用ナビゲーション装置1の制御回路19は、リモコン用BT接続の確立後、続いてステップ140で自身の状態をリモコン用BT接続状態へ遷移させることで、プログラム100の実行を終了し、プログラム200の実行を開始する。

0060

ブルートゥース接続状態においては、車両用ナビゲーション装置1の制御回路19は、まずステップ210で、ブルートゥースデバイス10が、現在リモコン用BT接続を行っている携帯電話機2以外の携帯電話機から、リモコン用BT接続要求を受けているか否かを判定し、受けてれば続いてステップ220を実行し、受けていなければ続いてステップ230を実行する。また、ステップ220では、そのリモコン用BT接続要求の送信元の携帯電話機に対して、接続拒否信号を送信し、続いてステップ230を実行する。

0061

ステップ230では、リモコン用ブルートゥース接続の相手の携帯電話機2(以下相手側携帯電話機2と記す)からリモコンコマンド(遠隔操作コマンドに相当する)を受信しているか否かを判定し、受信していない場合、続いてステップ250を実行し、受信した場合、続いてステップ240で、その受信したリモコンコマンドに応じた処理を実行し、続いてステップ250を実行する。ここで、リモコンコマンドは、後述する通り、相手側携帯電話機2に対するユーザの操作に基づく、車両用ナビゲーション装置1を遠隔操作するためのコマンドであり、車両用ナビゲーション装置1に対して要求する作動の内容を含んでいる。ここで、リモコンコマンドに応じた処理としては、例えば、表示画面の拡大、縮小スクロール、誘導経路算出の経路検索のための目的地入力、画面切り替え等がある。

0062

ステップ250では、ブルートゥースデバイス10が相手側携帯電話機2からブルートゥース切断要求を受信したか否かを判定し、受信していれば続いてステップ260を実行し、受信していなければ続いてステップ250を実行する。

0063

このようなステップ210〜260の実行により、制御回路19は、ブルートゥース接続状態においては、ブルートゥース切断要求を受信するまでは(ステップ250参照)、他の携帯電話機からリモコン用BT接続要求を受けても、その接続要求拒否し(ステップ210、220参照)、相手側携帯電話機2から受信したリモコンコマンドを受信すると、その受信したリモコンコマンドによって指定された作動を実行する(ステップ230、240参照)。

0064

また、制御回路19は、ステップ260では、相手側携帯電話機2とのブルートゥース接続を切断する処理を行い、続いてステップ270で自身の状態をアイドル接続状態へ遷移させることで、プログラム200の実行を終了し、プログラム100の実行を開始する。

0065

以上のようなプログラム100およびプログラム200を制御回路19が実行することで、車両用ナビゲーション装置1は、携帯電話機2からリモコン用BT接続要求を受信すると(ステップ110参照)、その携帯電話機2がハンズフリー登録された携帯電話機でなく(ステップ120参照)、かつ、その携帯電話機2がリモコン登録された携帯電話機である(ステップ125参照)場合に限り、その携帯電話機2とのリモコン用BT接続を許可し(ステップ130、140参照)、その携帯電話機2からの
リモコンコマンドを受信したことに基づいて、その受信した遠隔操作コマンドによって指定された作動を実行する(ステップ230、240参照)。ここで、携帯電話機2がハンズフリー登録されているということは、その携帯電話機2の所有者が、車両用ナビゲーション装置1を搭載する車両を頻繁に運転する者である可能性が非常に高いことになり、それゆえ、携帯電話機2が現在のドライバーの所有する携帯電話である可能性が高いことになる。したがって、車両用ナビゲーション装置1は、ハンズフリー登録されている携帯電話機の識別情報と、リモコン用BT接続要求中の識別情報とを照合することで、その携帯電話がドライバーが所有するものであるか否かを検出し、ドライバーが所有するものでないと判定したときに限り、携帯電話機からの遠隔操作コマンドを受け付けるという作動を実質的に行っていることになる。このようになっていることで、車両用ナビゲーション装置1は、ドライバーが運転中に携帯電話機を用いて車両用ナビゲーション装置1を操作する行為を制限することができる。

0066

また、車両用ナビゲーション装置1は、リモコン用BT接続を確立している相手の携帯電話機2からのみ、遠隔操作コマンドを受け付け(ステップ230および240参照)、その間、他の携帯電話機からのリモコン用BT接続の要求を拒否する(ステップ210、220参照)。すなわち、車両用ナビゲーション装置1は、他の携帯電話機とリモコン用BT接続をしていないときに限り、リモコン用BT接続の要求に応じ、その要求元の携帯電話機からのリモコンコマンドを受け付ける。この場合、リモコン用BT接続要求を送信する携帯電話機2にとっては、車両用ナビゲーション装置1が他の携帯電話機とリモコン用BT接続を行っている間は、他の携帯電話による遠隔操作コマンドの受付期間中にあるといえる。

0067

このように、車両用ナビゲーション装置1は、他の携帯電話による遠隔操作コマンドの受付期間中でない場合に限り、携帯電話機2からのリモコンコマンドを受け付けることで、一時期には1つ以上の携帯電話機2からの遠隔操作しか受け付けないような作動を行うことができる。

0068

また、携帯電話機2の制御回路29は、ブルートゥース接続状態における、プログラム400の実行においては、まずステップ405で、リモコンキー入力があるか否かを判定する。リモコンキー入力とは入力キー群22のうち、遠隔操作用割り当てられたキーをいう。リモコンキー入力がない場合、続いてステップ415を実行する。リモコンキー入力があると、続いてステップ410で、そのキーに対応する作動の要求を含むリモコンコマンドを、ブルートゥースデバイス20を介して車両用ナビゲーション装置1に送信し、続いてステップ415を実行する。

0069

ステップ415では、入力キー群22のうち、ブルートゥース接続終了用キーとして割り当てられたキーの操作があるか否かを判定し、その操作がある場合続いてステップ420を実行し、その操作がない場合続いてステップ430を実行する。

0070

ステップ420では、車両用ナビゲーション装置1とのブルートゥース接続を切断し、続いてステップ425で自身の状態をアイドル接続状態へ遷移させることで、プログラム200の実行を終了し、プログラム100の実行を開始する。

0071

ステップ430では、最後に入力キー群22が操作されてから、基準時間以上経過しているか否かを判定し、経過している場合、続いてステップ420を実行し、経過していない場合続いてステップ435を実行する。なお、基準時間は、あらかじめ記憶された一定値であってもよいし、各種条件に基づいて変動する値であってもよいし、一定の範囲内でランダムに決まる値であってもよい。

0072

ステップ435では、電話用無線通信回路21を介して電子メールの着信があったか否かを判定し、着信がない場合、続いてステップ445を実行し、着信があった場合、ブルートゥース接続を切断することなく、続いてステップ440でそのメールを受信し、その後ステップ450を実行する。

0073

ステップ445では、電話用無線通信回路21を介して電話着信があったか否かを判定し、電話着信がない場合、続いてステップ405を実行し、電話着信がある場合、続いてステップ445を実行する。

0074

電話着信があった後のステップ450では、通話キーの操作があるか否かを判定し、操作があれば続いてステップ460を実行し、なければ続いてステップ455を実行する。ステップ455では、相手側が呼び出しを中断した等の理由で着信が途絶えたか否かを判定し、着信切れがある場合、着信切れがない場合、続いてステップ460を実行する。

0075

続いてステップ460では、ステップ420と同等の作動でブルートゥース接続を切断し、続いてステップ470で上述した電話通話処理を実行する。電話通話処理が終了した後は、続いてステップ480で、自身の状態をアイドル接続状態へ遷移させることで、プログラム400の実行を終了し、プログラム300の実行を開始する。

0076

以上のようなプログラムプログラム300および400を制御回路29が実行することで、携帯電話機2は、リモコンモード設定操作を受け付けることで(ステップ310参照)、リモコン用BT接続要求を車両用ナビゲーション装置1に送信し(ステップ320参照)、車両用ナビゲーション装置1から接続許可を受けることで(ステップ330参照)、車両用ナビゲーション装置1とのリモコン用BT接続状態に移行する(ステップ360〜380参照)。そして携帯電話機2は、リモコン用BT接続状態において、ユーザによるリモコン用キーの操作に基づくリモコンコマンドを車両用ナビゲーション装置1に送信することで、車両用ナビゲーション装置1を遠隔操作する(ステップ405、410参照)。

0077

さらに携帯電話機2は、ユーザによるブルートゥース接続終了用のキー入力があった場合(ステップ415参照)や、基準時間以上入力キー群22の操作が連続してない場合(ステップ430参照)、ブルートゥース接続を切断する。これによって、他の携帯電話機2が車両用ナビゲーション装置1を遠隔操作することができるようになる。このような、ブルートゥース接続終了用のキー入力があること、基準時間以上入力キー群22の操作が連続してないことは、ユーザによる一連リモコン操作切れ目であるといえるので、携帯電話機2は、ユーザによる一連のリモコン操作の切れ目を検出したことに基づいて、車両用ナビゲーション装置1の遠隔操作期間(車両用ナビゲーション装置1から見ればリモコンコマンドの受付期間)を終了することができる。

0078

さらに携帯電話機2は、電話着信があると(ステップ445参照)、着信切れになるまで(ステップ455参照)、通話キーの操作を待ち(ステップ450参照)、通話キーの操作があると、ブルートゥース接続を切断した上で(ステップ470参照)、電話通話処理を行う(捨て婦480参照)。

0079

このようになっていることで、リモコン用BT接続を行っていた携帯電話機2が電話通話を行う間は、他の携帯電話機2がリモコン用BT接続を行って車両用ナビゲーション装置1を遠隔操作することができるようになる。

0080

なお、上記の実施形態において、車両用ナビゲーション装置1が車載用受信装置に相当し、BTデバイス10が受信回路に相当する。また、BTデバイス20が、車載用受信装置とブルートゥースの無線接続を確立するためのインターフェースに相当し、入力キー群22が、入力装置に相当する。また、プログラム100および200が、車載用受信装置用プログラムに相当し、プログラム300およびプログラム400が、携帯電話機用プログラムに相当する。

0081

また、制御回路19が、プログラム100のステップ120を実行することで、非登録検出手段として機能し、プログラム200のステップ230および240を実行することで、遠隔操作コマンド対応手段として機能する。また、制御回路19が、プログラム100、プログラム200のステップ210、220、250、260、および270を実行することで、接続手段として機能する。また、制御回路19が、ハンズフリー処理を行うことで、ハンズフリー通話手段として機能する。

0082

また、制御回路29が、プログラム300を実行することで、接続確立手段として機能し、プログラム400のステップ405および410を実行することで、遠隔操作コマンド送信手段として機能し、ステップ460を実行することで、切断手段として機能する。
(他の実施形態)
以上、本発明の実施形態について説明したが、本発明は、上記実施形態のみに限定されるものではなく、本発明の各発明特定事項の機能を実現し得る種々の形態を包含するものである。

0083

例えば、車両用ナビゲーション装置1の制御回路19は、プログラム100ステップ125の実行を省略してもよい。すなわち、車両用ナビゲーション装置1は、携帯電話機2からリモコン用ブルートゥース接続要求を受信すると、その携帯電話機2がハンズフリー登録された携帯電話機でなければ、リモコン登録されているといないとに関わらず、その携帯電話機2とのリモコン用ブルートゥース接続を許可するようになっていてもよい。

0084

また、携帯電話機2の制御回路29は、プログラム300のステップ330の判定において、基準回数(例えば3回)以上連続で接続拒否信号を受けるまでは、再度リモコン用ブルートゥース接続要求を送信し、基準回数以上連続で接続拒否信号を受けたとき、初めて接続拒否されたと判定してもよい。

0085

また、リモコン用ブルートゥース接続要求送信元の携帯電話が、ドライバーが所有するものであるか否かの検出は、必ずしもその携帯電話機がハンズフリー登録されたものであるか否かの判定によって実行する必要はなく、例えば、外部記憶部18の記憶媒体が、車両用ナビゲーション装置1に搭載された車両を頻繁に運転する者の所有する携帯電話機の識別番号を記録するようになっていれば、その識別番号と、リモコン用ブルートゥース接続要求中の識別情報とを照合することによって検出してもよい。

0086

また、制御回路29は、ブルートゥース接続状態において、着信があったとき、通話キー入力を受ける前に、リモコン用BT接続を切断してもよい。

0087

また、制御回路29は、プログラム400のステップ480における、電話通話処理が終わった後にアイドル状態に遷移する処理において、プログラム300を、ステップ320から実行するようになっていてもよい。このようになっていることで、携帯電話機2は、電話の着信によって切断した遠隔操作のためのブルートゥース接続を、その通話の終了後、自動的に回復するよう試みるようになる。

0088

また、制御回路19は、ブルートゥース接続状態において、相手側携帯電話機2から基準時間以上リモコンコマンドの入力を受けなかった場合、携帯電話機2とのブルートゥース接続を切断するようになっていてもよい。

0089

また、ハンズフリー登録およびリモコン登録において記録する識別情報(登録携帯電話機情報に相当する)と、プログラム300のステップ320で送信されるリモコン用ブルートゥース接続要求に含まれる識別情報とは、同じでなくともよく、互いに対応することがわかるようになっていれば足りる。

0090

また、上記実施形態では、車載用受信装置の一例としてハンズフリー機能を有するナビゲーション装置を示したが、車載用受信装置はハンズフリー機能を有しておらずともよいし、ナビゲーション装置である必要もない。例えば、車載用受信装置としては、カーエアコンであってもよいし、車載オーディオ機器であってもよい。

0091

なお、当然ながら、車両用ナビゲーション装置1にハンズフリー登録されている携帯電話機2aは、そのハンズフリー登録を解除し、リモコン登録することで、車両用ナビゲーション装置1を遠隔操作することが可能となる。

図面の簡単な説明

0092

本発明の実施形態に係る車両用ナビゲーション装置1のハードウェア構成図である。
本発明の実施形態に係る携帯電話機2のハードウェア構成図である。
制御回路19が実行するプログラム100のフローチャートである。
制御回路19が実行するプログラム200のフローチャートである。
制御回路29が実行するプログラム300のフローチャートである。
制御回路29が実行するプログラム400のフローチャートである。
車両用ナビゲーション装置1および携帯電話機2の状態遷移を示す図である。

符号の説明

0093

1…車両用ナビゲーション装置、2…携帯電話機、10…ブルートゥースデバイス、
11…位置検出器、12…操作スイッチ群、13…画像表示装置、14…音声回路、
14a…スピーカ、14b…マイク、16…RAM、17…ROM、
18…外部記憶部、19…制御回路、20…ブルートゥースデバイス、
21…電話用無線通信回路、22…入力キー群、23…画像表示装置、
24…音声回路、24あ…スピーカ24a、24b…マイク24b、26…RAM、
27…ROM、28…フラッシュメモリ、29…制御回路、
100〜400…プログラム。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ