図面 (/)

技術 物品を保管管理するための連結具

出願人 綜合警備保障株式会社
発明者 相澤桂友實敬義
出願日 2005年3月31日 (15年7ヶ月経過) 出願番号 2005-102889
公開日 2006年10月19日 (14年1ヶ月経過) 公開番号 2006-283338
状態 特許登録済
技術分野 錠;そのための付属具
主要キーワード インターロック式 操作用ロープ 落ち防止機構 操作ロープ ロックボックス ナス環 紛失事故 鍵挿入口
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2006年10月19日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (12)

課題

鍵束等の物品保管管理を確実にするすることのできる連結具を提供する。

解決手段

本発明による連結具10は、物品を結束するための結束部7と、それぞれ異なる鍵が対応する照合部2を有し、一方の照合部にはあらかじめ鍵Aが挿入され抜けない状態とし、他の照合部に当該照合部に対応する鍵Bを挿入し所定の操作を行うことで一方の照合部に挿入された鍵の抜き取りを可能とすることを特徴とする.

概要

背景

例えば、警備会社では、機械警備を行っている施設に設置した警備機器からの火災警報等を受信した場合、当該施設がある区域担当する警備員を当該施設に派遣し、状況確認等を行わせるようにしている。

このため、警備会社では、事前に顧客から機械警備を行う施設の鍵を預り、警報受信時は、当該施設に派遣する警備員に当該施設の鍵を所持させ、施設の状況確認や異常事態への初期対応等を行わせている。

顧客から預かっている鍵は、通常、警備員が待機している待機施設に設けられた保管箱保管し、保管箱の扉を施錠することで不正な持ち出しを防止している。それらの鍵(施設の規模等により1本または複数本の場合がある。)は通常、同一の機械警備先施設の鍵毎にリングにより束ね、鍵を待機施設において保管する場合には、鍵束を固定するフックを備えた鍵保管箱のフックに鍵を束ねたリングを掛けて保管している。また、警備員等が保管箱から取り出して外部に持ち出す場合には、携行用ロープに取り付けたナス環に鍵を束ねたリングを掛けて携行し、鍵の置き忘れ等による紛失を防止している。

図10は、これら従来の一般的な鍵の保管方法を示し、リングに束ねられた鍵が保管箱のフックに着脱可能に掛けられて保管された状態を示している。

また、図11は、鍵が携行用ロープのナス環に掛けられた状態を示している。

ところで、上記のような鍵の保管、或いは携行方法には次の様な問題があった。図10に示すような保管箱にあっては、鍵を束ねたリングを保管箱のフックに掛けて固定し、保管箱の扉を施錠するだけであるから、保管箱の扉を解錠してしまうと保管箱内の全ての鍵を保管箱から随時取り外すことが可能となり、鍵の不正な持ち出しが阻止できない。

また、上記の携行用ロープで携行する方法にあっては、鍵のリングがナス環から随時着脱可能な構造であるため、鍵がナス環から外されて、鍵の置き忘れ等による紛失事故を十分に防止することができない。

そこで、上記の問題を解決するため、鍵を収納する袋自体にインターロック式ロックボックスを設け、ロックボックスの周面に配したキー挿入口には常時1本のキーが挿入されて連結固定され、このキーにロープ等により連結されている対象物(袋の保管庫担当者ベルト、車のグローブボックス)と袋との連結が解除できないようにして、袋が管理局内の保管庫にある状態、移動中の車両にある状態、担当員に連結されている状態のいずれかの限定を行い、他の状態はあり得ないようにした連結装置が提案されている(特許文献1参照)。
特開2000−110420号公報

概要

鍵束等の物品保管管理を確実にするすることのできる連結具を提供する。本発明による連結具10は、物品を結束するための結束部7と、それぞれ異なる鍵が対応する照合部2を有し、一方の照合部にはあらかじめ鍵Aが挿入され抜けない状態とし、他の照合部に当該照合部に対応する鍵Bを挿入し所定の操作を行うことで一方の照合部に挿入された鍵の抜き取りを可能とすることを特徴とする. 1

目的

本発明は上記課題を解決するためになされたもので、厳重な保管管理が必要とされる物品が必ず特定の対象物に連結されるようにする、例えば、鍵等が保管庫もしくは操作用ロープのいずれかに必ず固定されるようにすることで、保管管理すべき物品である鍵等の紛失や不正な持ち出しを抑制する連結具を提供することを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

物品結束するための係止部と、それぞれ異なる鍵が対応する第一の照合部群と第二の照合部群を有し、あらかじめ第一の照合部群に対応する鍵が挿入され抜けない状態とし、第二の照合部群に対応する鍵を挿入し所定の操作を行うことで第一の照合部群に対応する鍵の抜き取りを可能とすることを特徴とする連結具

請求項2

第一の照合部群に対応する鍵を抜き取り可能とすると、第二の照合部群に対応する鍵が抜けない状態となることを特徴とする請求項1に記載の連結具。

請求項3

前記連結具は、1または複数の物品と前記係止部により結束され、第一の照合部群に対応する鍵を物品の保管箱に固定し、第二の照合部群に対応する鍵を物品の取扱者が当該物品を携帯する際に使用する携行手段に固定し、前記物品が前記保管箱又は前記携行手段のいずれかに連結されることを特徴とする請求項1に記載の連結具。

技術分野

0001

本発明は、連結具、特に鍵など厳重な保管管理が必要とされる物品を連結し、鍵の不正な持出し紛失を防止する連結具に関する。

背景技術

0002

例えば、警備会社では、機械警備を行っている施設に設置した警備機器からの火災警報等を受信した場合、当該施設がある区域担当する警備員を当該施設に派遣し、状況確認等を行わせるようにしている。

0003

このため、警備会社では、事前に顧客から機械警備を行う施設の鍵を預り、警報受信時は、当該施設に派遣する警備員に当該施設の鍵を所持させ、施設の状況確認や異常事態への初期対応等を行わせている。

0004

顧客から預かっている鍵は、通常、警備員が待機している待機施設に設けられた保管箱保管し、保管箱の扉を施錠することで不正な持ち出しを防止している。それらの鍵(施設の規模等により1本または複数本の場合がある。)は通常、同一の機械警備先施設の鍵毎にリングにより束ね、鍵を待機施設において保管する場合には、鍵束を固定するフックを備えた鍵保管箱のフックに鍵を束ねたリングを掛けて保管している。また、警備員等が保管箱から取り出して外部に持ち出す場合には、携行用ロープに取り付けたナス環に鍵を束ねたリングを掛けて携行し、鍵の置き忘れ等による紛失を防止している。

0005

図10は、これら従来の一般的な鍵の保管方法を示し、リングに束ねられた鍵が保管箱のフックに着脱可能に掛けられて保管された状態を示している。

0006

また、図11は、鍵が携行用ロープのナス環に掛けられた状態を示している。

0007

ところで、上記のような鍵の保管、或いは携行方法には次の様な問題があった。図10に示すような保管箱にあっては、鍵を束ねたリングを保管箱のフックに掛けて固定し、保管箱の扉を施錠するだけであるから、保管箱の扉を解錠してしまうと保管箱内の全ての鍵を保管箱から随時取り外すことが可能となり、鍵の不正な持ち出しが阻止できない。

0008

また、上記の携行用ロープで携行する方法にあっては、鍵のリングがナス環から随時着脱可能な構造であるため、鍵がナス環から外されて、鍵の置き忘れ等による紛失事故を十分に防止することができない。

0009

そこで、上記の問題を解決するため、鍵を収納する袋自体にインターロック式ロックボックスを設け、ロックボックスの周面に配したキー挿入口には常時1本のキーが挿入されて連結固定され、このキーにロープ等により連結されている対象物(袋の保管庫担当者ベルト、車のグローブボックス)と袋との連結が解除できないようにして、袋が管理局内の保管庫にある状態、移動中の車両にある状態、担当員に連結されている状態のいずれかの限定を行い、他の状態はあり得ないようにした連結装置が提案されている(特許文献1参照)。
特開2000−110420号公報

発明が解決しようとする課題

0010

しかしながら、上記の連結装置は、鍵を保管する袋を結束しているだけであり、鍵が袋から取り出されてしまった場合、置き忘れ等による鍵の紛失を防止することができない。

0011

また、使用するキーはロックピン押し下げる棒状のものであればよく、キーの複製やこれに替わるものが容易に入手できるため、不正な持ち出しを確実に防止することもできない。

0012

本発明は上記課題を解決するためになされたもので、厳重な保管管理が必要とされる物品が必ず特定の対象物に連結されるようにする、例えば、鍵等が保管庫もしくは操作用ロープのいずれかに必ず固定されるようにすることで、保管管理すべき物品である鍵等の紛失や不正な持ち出しを抑制する連結具を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0013

上記課題は、本発明の以下の手段により解決される。

0014

本発明の一つの特徴は、
物品を結束するための係止部と、それぞれ異なる鍵が対応する第一の照合部群と第二の照合部群を有し、あらかじめ第一の照合部群に対応する鍵が挿入され抜けない状態とし、第二の照合部群に対応する鍵を挿入し所定の操作を行うことで第一の照合部群に対応する鍵の抜き取りを可能とすることを特徴とする連結具である。

0015

本発明は、また、第一の照合部群に対応する鍵を抜き取り可能とすると、第二の照合部群に対応する鍵が抜けない状態となるようにすることを特徴としている。

0016

また、前記連結具を、1または複数の物品と前記係止部により結束され、第一の照合部群に対応する鍵を物品の保管箱に固定し、第二の照合部群に対応する鍵を物品の取扱者が当該物品を携帯する際に使用する携行手段に固定し、前記物品が前記保管箱又は前記携行手段のいずれかに連結されることを特徴としている。

発明の効果

0017

本発明によれば、ロックピンではなく鍵を使用することで、複製を困難にし、安全性をさらに高めることができる。

0018

また、厳重な保管管理が必要とされる物品が必ず特定の対象物に連結されるようにすることで、物品の紛失や不正な持ち出し、或いは正規の取扱者でない第三者への鍵の貸与などを抑制することが可能となる。例えば、警備会社においては、保管管理が必要とされる警備先施設の鍵が保管庫もしくは携行用ロープのいずれかに必ず固定されるようにすることができ、鍵の紛失や不正な持ち出しを抑制することが可能となる。

発明を実施するための最良の形態

0019

以下、図面を参照して、本発明の実施の形態を説明する。
[連結具の構造]
図1及び図2は,本発明の連結具の基本構造を示す。連結具10は、2本の鍵A,Bと、ソケット1から構成される。ソケット1は、全体として円筒状をなし、両端面に鍵挿入口2が開いた内筒3と、内筒3の外側の外筒4から成り、外筒4の内壁は内筒3と接した構造となっている。また、ソケット1には、物品を係止又は結束するための係止部7が設けられる。

0020

外筒4と内筒3は、相互に抜け落ちないように図2に示される抜け落ち防止機構5によって支えられる。この抜け落ち防止機構5により、内筒3は外筒4の内壁に沿って回転することができるが、内筒3を外筒4の外へ取り出すことはできないようになっている。

0021

次に、ソケット1の内部の詳細構造図3(a)、(b)、図4図5を用いて説明する。

0022

抜け落ち防止機構5は、ボールベアリング5aとタンブラー5bとバネ5cで構成され、内筒3を外筒4に対して安定して固定できるように適当な間隔をおいて外筒の中央部に放射状に配置されている。この抜け落ち防止機構5は、バネ5cの力により、タンブラー5bを通してボールベアリング5aが内筒に刻まれた凹部に押し付けられ、内筒3が外筒4から抜け落ちることを防ぐと同時に、内筒3が外筒4の内壁に沿って円滑に回転できるようになっている。

0023

ソケット1内には照合部6が設けられる。この照合部6は、ピン6aとタンブラー6bとバネ6cで構成され、内筒3の両端面に開いた2つの鍵挿入口2のそれぞれに対して、図示のように、ソケット1の軸方向に複数個整列して配設されている。この照合部6は、鍵A及び鍵Bのそれぞれの鍵挿入口2に対応してそれぞれ複数設けられている。以下、便宜上、鍵Aが挿入される鍵挿入口2に対応して設けられた複数の照合部6をまとめて照合部群6A、鍵Bが挿入される鍵挿入口2に対応して設けられた複数の照合部6をまとめて照合部群6Bという。この照合部群6Aと照合部群6Bは、鍵Aが抜き差し可能となる位置と鍵Bが抜き差し可能になる位置が異なるよう、所定の角度(例えば90度)ずらして配置されている。

0024

各照合部6は、バネ6cの力によってタンブラー6bとピン6a内筒3の鍵A、Bが挿入されて収まる穴(以下、「鍵穴」という。)に向かって押し出されており、鍵が鍵穴に挿入されていない状態(図3(a)左側)のときは、内筒3と外筒4の接触面の位置にタンブラー6bが位置し、内筒3は回転できない状態となっている。

0025

鍵Aを鍵挿入口2に挿入すると(図3(b)左側)、照合部群6Aを構成する各照合部6のピン6aとタンブラー6bが外筒4側へ押し付けられ、照合部群6Aを構成する全ての照合部6のピン6aとタンブラー6bの境界面と、内筒3と外筒4の接触面が一致し、シアーラインせん断線)ができる。これによって、内筒3が外筒4の内壁に沿って回転することができるようになる。

0026

なお、上記図3は、内筒3が鍵Aの抜き差しが可能な位置、つまり、照合部群6Aを構成する各照合部6のピン6aとタンブラー6bとバネ6cが一直線上に並ぶ位置にある場合を例に説明したものである。このとき、鍵穴に挿入されている鍵Bは照合部群6Bを構成する各照合部6のピン6aに阻まれて、抜き差しができない状態にある(図3(a)(b)右側)。これは、照合部群6Aと照合部群6Bが所定の角度ずらして配置されているためである。

0027

また、鍵Aを内筒3に挿入することで、内筒3を回転させることができるが、内筒3の回転中(鍵Aまたは鍵Bが抜き差し可能になる位置のいずれでもない位置、つまり、照合部群6Aおよび照合部群6Bを構成する各照合部6のピン6aとタンブラー6bとバネ6cが一直線上に並ぶ位置にない場合)は、照合部6のピン6aにより鍵A,Bの抜取りが阻止されており、いずれの鍵も抜くことができない状態となる(図4)。

0028

照合部群6Bを構成する各照合部6のピン6aとタンブラー6bとバネ6cが一直線上に並ぶ位置まで内筒3を回転させると、照合部群6Bを構成する各照合部6のピン6aの押し上げが可能になり、鍵Bを抜き取ることができる状態となる。

0029

鍵Bが抜取られると、照合部群6Bを構成する各照合部6は、バネ6cの力によってタンブラー6bとピン6aが内筒3の鍵穴に向かって押し出され(図5右側)る。これにより、内筒3と外筒4の接触面の位置にタンブラー6bが位置し、シアーラインができなくなるため、内筒3は回転できない状態となる。また、鍵穴に挿入されている鍵Aは、照合部群6Bを構成する各照合部6のピン6aにより抜取りが阻止され、内筒3から抜くことができない状態となる(図5左側)。なお、鍵Aを抜き取るには、まず、再度鍵Bを内筒3に挿入することで、内筒3を回転させることができる状態とする。そして、鍵Aが抜き差し可能になる位置、つまり、照合部群6Aを構成する各照合部6のピン6aとタンブラー6bとバネ6cが一直線上に並ぶ位置まで内筒3を回転させれば、鍵Aの抜き取りが可能となる。

0030

[連結具の動作]
次に、本発明の連結具の動作を鍵束の持ち出し等を管理する場合を例に説明する。

0031

保管箱への鍵の保管
図6は鍵束20が連結具10により保管箱30に収容固定される状態を示した図である。
保管箱30には、1つまたは複数の鍵Aが固定設置されている。

0032

鍵束20が結束されている連結具10には内部に照合部群を備えた2つの連結部A,Bがあり、それぞれ異なる鍵(鍵A,鍵B)が対応している。

0033

鍵束20を保管箱30に保管する場合、連結具10の一方の連結部Aに保管箱30に設けられた鍵Aを挿入し抜けない状態とすることで、連結具10を保管箱30へ固定する、つまり、鍵束を保管箱30へ固定し保管することができる。

0034

保管箱からの鍵の持ち出し
警備員等の取扱者が、保管箱30に連結されている鍵束20の付いている連結具10を取り外して、鍵束20を持ち出す場合を図7により説明する。取扱者は鍵束20を持ち出して携行する場合には、鍵束の付いた連結具10を携行手段である携行用ロープ40に結合して身につけるようにする。この携行用ロープ40は、取扱者のベルト等に結束されている。

0035

鍵束20の取扱者が身につける携行用ロープ40には鍵Bが固定されている。取扱者が保管箱30から鍵束20を持ち出す場合、取扱者は、まず、図7(a)、(b)に示すように、連結具10の連結部Bに携行用ロープ40に固定された鍵Bを挿入する。すると、先に説明したように連結部10の内筒3が回転可能となるため、連結部10の内筒3を所定の位置まで回転させることで(図7(c))、連結部11が鍵Aより抜き取り可能となる(図7(d))。これにより、連結具10(鍵束20)を保管箱30より持ち出することができる。
なお、先に説明したように、持ち出された連結具10(鍵束20)は、携行用ロープ40に固定された鍵Bから抜き取れない状態となる。
上述のように、本発明による連結具10を使用することにより、鍵束の不正な持ち出しを防止でき、鍵束の保管管理を確実なものとすることができる。

0036

鍵束の携行
図8に示すように、鍵Aより抜き取られた連結具10(鍵束20)は、先に説明したように保管箱30内の鍵Aから抜き取られると鍵Bより抜けない状態になる(図8)。このため、取扱者は、保管箱30から持ち出した連結具10(鍵束20)を取扱者のベルト等に結束されている携行用ロープ40に連結された状態でのみ携行することができることになり、鍵束20は絶えず取扱者が身に付けた状態を保つことができる。

0037

上述のように、本発明による連結具10を使用することにより、取扱者の鍵束の置き忘れ、或いは正規の取扱い者でない第三者への鍵の貸与などを防止でき、鍵束の保管管理を確実なものとすることができる。

0038

鍵束の取扱者の管理
次に、保管箱に保管された鍵束の持ち出し等の取扱者の権限管理について説明する。

0039

図9において、保管箱30には1または複数の鍵Aを、取扱者Aの携行用ロープAには保管箱30に固定された鍵Aと同じ鍵Aを、取扱者Bの携行用ロープBに鍵Bを、取扱者Cの携行用ロープCに鍵Cをそれぞれ固定するものとし、それぞれの鍵A,B,Cは、それぞれ異なるものとする。

0040

連結具10(鍵束20)が保管箱30内に保管されているときは、鍵Aに対応する照合具群を備えた連結部Aには保管箱30の鍵Aが挿入されており、保管箱30から連結具10(鍵束20)を持ち出す場合、他方の連結部Bに対応する鍵Bによってのみ連結具10(鍵束20)の持ち出しが可能となる。

0041

つまり、保管箱30からの連結具10(鍵束20)を持ち出せるのは鍵Bを所持する取扱者Bのみということになり、取扱者Aおよび取扱者Cは連結具10(鍵束20)を持ち出すことはできない。

0042

連結具10(鍵束20)が取扱者Bの携行用ロープBに連結されている場合、鍵Bに対応する照合具群を備えた連結部Bには取扱者Bが所持する鍵Bが挿入されており、他方の連結部Aに対応する鍵Aによって取扱者Bの携行用ロープBとの連結を解除することができる。

0043

取扱者Aの携行用ロープには鍵A(保管箱30に固定された鍵Aと同じ鍵)が固定されている。したがって、取扱者Aは保管箱30から直接連結具10(鍵束20)を持ち出すことはできない。しかしながら、取扱者Bが持ち出し、取扱者Bの携行用ロープBに連結されている連結具10の連結部Aに自己が所持する鍵Aを挿入することで、連結具10(鍵束20)と取扱者Bの携行用ロープBとの連結を解除し、連結具10(鍵束20)を自己の携行用ロープAに連結させ、鍵束20を所持することが可能となる。

0044

ただし、連結具10(鍵束20)が取扱者Aの携行用ロープAに連結されている場合、保管箱30に保管されているときと同様に、鍵Aに対応する連結部Aには取扱者Aが所持する鍵Aが挿入されており、取扱者Aの携行用ロープAとの連結の解除は、連結部Bに対応する鍵Bでなければできない。したがって、取扱者Aは、直接保管箱30に連結具10(鍵束20)を戻すことはできず、保管箱30からの連結具10(鍵束20)の持ち出しや返却は、権限を有する取扱者Bによってのみ行われることになる。

0045

なお、取扱者Cの携行用ロープCに固定された鍵Cは、連結具10の連結部A,Bのいずれとも対応しないため、取扱者Cは、連結具10(鍵束20)を保管箱30から持ち出したり、連結具10(鍵束20)を所持することはできない。

0046

上述のように、本発明の連結具10を使用することにより、保管箱から連結具10(鍵束20)を持ち出すことができる権限を特定の者にのみ与えることができ、権限のない者による鍵束の不正な持ち出しや、正規の取扱い者でない第三者への鍵の貸与などを確実に防止できる。

0047

なお、取扱者の異なる複数の鍵束20を同一の保管箱30で保管管理する場合、これまで説明してきた連結具10の連結部Bを鍵束毎あるいは鍵束の取扱者毎に異なるものとし、各鍵束20の持ち出し等を認められている取扱者には、当該取扱者が保管箱30からの持ち出し等を認められている連結具10(鍵束20)の連結部に対応する鍵のみを所持させる。

0048

これにより、取扱者の異なる複数の鍵束を同一の保管箱で保管管理するような場合にあっても、正規の取扱い者でない第三者による鍵束の不正な持ち出しを確実に防止できる。

0049

以上、本発明によれば、鍵束が保管庫もしくは操作ロープのいずれかに必ず固定されるようにしているので、鍵束の紛失や不正な取り扱いを抑制することが可能となる。

0050

また、本発明によれば、ロックピンではなく鍵を使用することで、複製を困難にし、安全性をさらに高めることができる。

0051

以上、本発明を鍵束を管理する場合について説明したが、連結具は、鍵束の管理保管に限定されるものでなく、厳重な管理保管が求められるものであれば、適用できることは明らかである。例えば、社印、実印の保管管理、IDカードの保管管理など、種々の用途に利用可能である。

図面の簡単な説明

0052

本発明の連結具の基本構造を示す図である。
抜け落ち防止機構を示す図である。
鍵Aが抜かれ、鍵Bが内筒から抜くことができない状態を示す図である。
鍵A,Bのいずれの鍵も抜くことができない状態を示す図である。
鍵Bが抜かれ、鍵Aが内筒から抜くことができない状態を示す図である。
鍵束が鍵束連結具により保管箱に収容固定される状態を示す。
保管箱より鍵束連結具を取り外して持ち出す場合の操作を説明する図である。
鍵束の携行時の状態を示す図である。
鍵束の権限管理の行われ方の一例を示す図である。
従来の一般的な鍵束の保管方法を示す図である。
鍵束が携行ロープのナス環に掛けられた状態を示す図である。

符号の説明

0053

1ソケット
2鍵挿入口
3内筒
4外筒
5 抜け落ち防止機構
6 照合部
7係止部
10連結具
20鍵束
30保管箱
40 携行用ロープ

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社東海理化電機製作所の「 位置検出システム及び位置検出方法」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】不正通信の検出精度を向上可能にした位置検出システム及び位置検出方法を提供する。【解決手段】第1通信機10は、位置検出の電波を第2通信機11に送信する。第2通信機11は、この電波を受信すると、返... 詳細

  • 三井金属アクト株式会社の「 ドアロック装置」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】両方向の慣性力に対応してドアを開扉不能な状態に保持するともに、その後の操作により開扉可能とする。【解決手段】ドアロック装置は、ラッチを保持するラチェット42と、アウターハンドルに連係されたアウ... 詳細

  • 大和ハウス工業株式会社の「 住宅」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】居住者が不在においても、高いセキュリティを維持しつつ、他者によるサービスを受けられる住宅を提供する。【解決手段】住宅1は、共用部2と専有部3との境界に設置される第一出入り口7であって、第一出入... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ