図面 (/)

技術 ハイヒール下駄

出願人 丈達聡子
発明者 丈達聡子
出願日 2005年2月15日 (15年10ヶ月経過) 出願番号 2005-073880
公開日 2006年8月31日 (14年4ヶ月経過) 公開番号 2006-223796
状態 未査定
技術分野 履物及びその付属品、製法、装置
主要キーワード 和装用 ハイヒール ベルベット ビロード かかと ニーズ 雰囲気
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2006年8月31日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (4)

課題

従来の下駄は、日本国独特雰囲気はあったが、おしゃれ感にかけていた。

解決手段

下駄のかかと部分を高くすることにより、おしゃれ感を持ち合わせ、これにより、特に、若い女性ニーズとおしゃれ意識を深めることが出来るとともに、和服洋服にも合う下駄となる。

概要

背景

従来の下駄は底面が二本歯の物やかかとの低い物である。

概要

従来の下駄は、日本国独特雰囲気はあったが、おしゃれ感にかけていた。 下駄のかかと部分を高くすることにより、おしゃれ感を持ち合わせ、これにより、特に、若い女性ニーズとおしゃれ意識を深めることが出来るとともに、和服洋服にも合う下駄となる。 1

目的

本発明は、このような従来の問題を解決しようとするものであり、和風でありながら洋風的な感覚を実現することを目的とするものである。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

従来の和装用木製下駄を、かかとを高くすることにより洋風感覚とした下駄。

技術分野

0001

本発明は、特に若い女性のおしゃれを図った下駄に関する。

背景技術

0002

従来の下駄は底面が二本歯の物やかかとの低い物である。

発明が解決しようとする課題

0003

以上に述べた従来の下駄ではおしゃれ感がない。

0004

本発明は、このような従来の問題を解決しようとするものであり、和風でありながら洋風的な感覚を実現することを目的とするものである。

課題を解決するための手段

0005

そして、本発明は上記目的を達成するために、日本国独特の木製の下駄で、従来のビロードベルベットビニールなどの鼻緒をすげた物に、かかとを高くしハイヒールを付けることにより、洋風感覚とおしゃれ感を持ち合わせ、和風、洋風にも合う下駄として履けようにしたものである。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 广州衆力針織品有限公司の「 工場用の安全靴」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】工場用の安全靴を提供する。【解決手段】工場用の安全靴は、靴主体11を含み、前記靴主体の下端には靴底12が固定的に設置され、前記靴主体の左端にはプルストラップ14が設置され、前記靴主体の靴の甲の... 詳細

  • 高橋大司朗の「 履物およびかかと構造」が 公開されました。( 2020/10/22)

    【課題】高さの異なるかかと部を持ち歩くことなく外出先で自由にかかと部の高さを変更することができる履物を提供する。【解決手段】上側セル402内には下側セル401が収納されている。下側セル401の上部には... 詳細

  • 株式会社イノアックコーポレーションの「 ポリウレタン発泡体」が 公開されました。( 2020/10/22)

    【課題】高反発性及び強度が求められる用途、例えばバットやスポーツ用靴底などに好適な高反発性を有し、かつ品質が安定したポリウレタン発泡体の提供を目的とする。【解決手段】イソシアネート成分と、発泡剤と、触... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ