図面 (/)

技術 扁平苔癬の予防剤及び/又は治療剤

出願人 大鵬薬品工業株式会社
発明者 大井綱郎
出願日 2005年1月21日 (14年6ヶ月経過) 出願番号 2005-014131
公開日 2006年8月3日 (13年0ヶ月経過) 公開番号 2006-199642
状態 特許登録済
技術分野 化合物または医薬の治療活性 非環式または炭素環式化合物含有医薬
主要キーワード 米粒大 発砲体 STEP 化学物質過敏症 好発部位 排尿障害治療剤 塩酸プロピトカイン 軟質塩化ビニル
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2006年8月3日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

扁平苔癬予防剤又は治療する医薬を提供する。

解決手段

下記式(1):

化1

で表される(±)−[2−{4−(3−エトキシ−2−ハイドロキシプロポキシフェニルカルバモイルエチル]ジメチルスルホニウムp−トルエンスルホネートを有効成分とする扁平苔癬の予防剤及び/又は治療剤

概要

背景

扁平苔癬とは、皮膚と粘膜とにおける炎症性の単一な発疹丘疹、ときに水疱)を原発疹とし、炎症、痒み、特徴的な皮膚病変を起こす皮膚と粘膜の疾患である。扁平苔癬の病因は、ウイルス説、自己免疫説、酵素異常説などが知られているが、いずれも決定的なものではなく、不明である。写真現像液抗マラリア剤、金製剤、ビスマス剤などの中毒疹で、本症に類似の発疹が出現することもあることから、何かの中毒による皮膚の酵素異常か、それより続発した自己免疫疾患の可能性はあるといわれている(非特許文献1)。

扁平苔癬は、一般に中年又は中年以降に発病する。最初の発作が数週間から数ヶ月続き、消長し、それから何年も再発することがある。扁平苔癬の臨床像は、痒みを伴う、光沢のある扁平な、皮溝で囲まれた多角形の、紫がかった紅色丘疹であることが特徴である。個々の丘疹の大きさは点状から、えんどう豆大と幅がある。これらの丘疹は孤立性のこともあるが、線状や環状、又は帯状に配列することもある。なお、環状の丘疹は、扁平苔癬の一つの大型の丘疹が、中心治癒することによっても生じる。全身どこの皮膚にも生じ得るが、特に手首腰部アキレス腱周囲が好発部位とされ、まれに紅皮症化する。粘膜部、特に頬粘膜は好発部位で、その他、肛門、陰部、喉頭などにも生じ得る(非特許文献2)。

痒み、紅斑などの扁平苔癬と類似した皮膚症状を示し、病因が明らかでない疾患として、化学物質過敏症が知られているが、扁平苔癬はこれとは明らかに異なる疾患である。すなわち、化学物質過敏症は、(1)慢性的状態である、(2)症状が再現性を持って現れる、(3)低濃度物質曝露に反応する、(4)関連のない多種類の化学物質に反応を示す、(5)刺激物質の除去で、改善又は治癒する、(6)症状が多数の器官系にわたる、と定義されているが(非特許文献3)、扁平苔癬は、再現性のある特定しうる原因物質がないため、(2)、(3)、(4)、(5)には該当せず、皮膚に限局した疾患であるため、(6)にも該当しないことから、両者は異なる疾患であるといえる。
また、アトピー性皮膚炎・Vidal苔癬などの慢性化した湿疹でみられる症状には、皮膚の「苔癬化」が観られるが、扁平苔癬はこれとも明らかに異なる。すなわち、「苔癬化」は、皮膚が硬く肥厚し、皮溝・皮丘の形成が顕著になることをいうが、扁平苔癬は、紅色丘疹が、孤立性か、又は線状や環状、或いは帯状に配列する皮膚症状を示し、両者の病態は異なる(非特許文献4)。また、アトピー性皮膚炎が、I型アレルギー反応、すなわち抗原特異的IgE抗体により引き起こされる反応であるのに対し、扁平苔癬においては、特異的抗原は存在せず、両者は異質の疾患である。

扁平苔癬の治療方法としては、対症治療が主であり、痒感に対する治療により増悪を予防し、抗炎症製剤で炎症の軽減や消長が行われている。具体的には、副腎皮質ホルモン抗ヒスタミン剤放射線照射外科的治療等のほか、粘膜疹にはビタミンA口内錠局所麻酔剤の塗布などが行われている。しかしながら、斯かる薬剤には抵抗性を示すことも多く、優れた治療効果を有し、副作用の少ない、扁平苔癬の予防剤及び/又は治療剤の開発が医療立場から望まれている。

(±)−[2−{4−(3−エトキシ−2−ハイドロキシプロポキシフェニルカルバモイルエチル]ジメチルスルホニウムp−トルエンスルホネート(以下、「トシル酸スプラタスト」と称す)は、優れたIgE抗体産生抑制作用を有し、気管支喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎治療薬として公知であり(例えば、特許文献1参照)、排尿障害治療剤透析に伴う掻痒治療薬C型又は非B非C型肝炎ウイルスによる肝機能異常改善剤として有用であること(例えば、特許文献2〜4参照)、更には化学物質過敏症に対して有効であることも知られている(特許文献5参照)。
しかしながら、トシル酸スプラタストが、扁平苔癬の予防剤及び/又は治療剤として優れた効果を有することは全く知られていない。
特公平3−70698号公報
国際特許公開第00/27383号パンフレット
特開平11−315019号公報
特開2002−114672号公報
特開2004−292407号公報
医科学大事典(講談社)43, p.179〜181
皮膚科専門医に聞く最新の臨床(中外医学社)p.24〜25
Arch. Environ. Health 54, p.147-149, 1999
STEP皮膚科(海馬書房) p.32

概要

扁平苔癬を予防剤又は治療する医薬を提供する。 下記式(1):で表される(±)−[2−{4−(3−エトキシ−2−ハイドロキシプロポキシ)フェニルカルバモイル}エチル]ジメチルスルホニウムp−トルエンスルホネートを有効成分とする扁平苔癬の予防剤及び/又は治療剤。なし

目的

本発明は、優れた扁平苔癬の予防剤及び/又は治療剤を提供することを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

下記式(1):で表される(±)−[2−{4−(3−エトキシ−2−ハイドロキシプロポキシフェニルカルバモイルエチル]ジメチルスルホニウムp−トルエンスルホネートを有効成分とする扁平苔癬予防剤及び/又は治療剤

技術分野

0001

本発明は、トシル酸スプラタストを有効成分とする扁平苔癬予防剤及び/又は治療剤に関する。

背景技術

0002

扁平苔癬とは、皮膚と粘膜とにおける炎症性の単一な発疹丘疹、ときに水疱)を原発疹とし、炎症、痒み、特徴的な皮膚病変を起こす皮膚と粘膜の疾患である。扁平苔癬の病因は、ウイルス説、自己免疫説、酵素異常説などが知られているが、いずれも決定的なものではなく、不明である。写真現像液抗マラリア剤、金製剤、ビスマス剤などの中毒疹で、本症に類似の発疹が出現することもあることから、何かの中毒による皮膚の酵素異常か、それより続発した自己免疫疾患の可能性はあるといわれている(非特許文献1)。

0003

扁平苔癬は、一般に中年又は中年以降に発病する。最初の発作が数週間から数ヶ月続き、消長し、それから何年も再発することがある。扁平苔癬の臨床像は、痒みを伴う、光沢のある扁平な、皮溝で囲まれた多角形の、紫がかった紅色丘疹であることが特徴である。個々の丘疹の大きさは点状から、えんどう豆大と幅がある。これらの丘疹は孤立性のこともあるが、線状や環状、又は帯状に配列することもある。なお、環状の丘疹は、扁平苔癬の一つの大型の丘疹が、中心治癒することによっても生じる。全身どこの皮膚にも生じ得るが、特に手首腰部アキレス腱周囲が好発部位とされ、まれに紅皮症化する。粘膜部、特に頬粘膜は好発部位で、その他、肛門、陰部、喉頭などにも生じ得る(非特許文献2)。

0004

痒み、紅斑などの扁平苔癬と類似した皮膚症状を示し、病因が明らかでない疾患として、化学物質過敏症が知られているが、扁平苔癬はこれとは明らかに異なる疾患である。すなわち、化学物質過敏症は、(1)慢性的状態である、(2)症状が再現性を持って現れる、(3)低濃度物質曝露に反応する、(4)関連のない多種類の化学物質に反応を示す、(5)刺激物質の除去で、改善又は治癒する、(6)症状が多数の器官系にわたる、と定義されているが(非特許文献3)、扁平苔癬は、再現性のある特定しうる原因物質がないため、(2)、(3)、(4)、(5)には該当せず、皮膚に限局した疾患であるため、(6)にも該当しないことから、両者は異なる疾患であるといえる。
また、アトピー性皮膚炎・Vidal苔癬などの慢性化した湿疹でみられる症状には、皮膚の「苔癬化」が観られるが、扁平苔癬はこれとも明らかに異なる。すなわち、「苔癬化」は、皮膚が硬く肥厚し、皮溝・皮丘の形成が顕著になることをいうが、扁平苔癬は、紅色丘疹が、孤立性か、又は線状や環状、或いは帯状に配列する皮膚症状を示し、両者の病態は異なる(非特許文献4)。また、アトピー性皮膚炎が、I型アレルギー反応、すなわち抗原特異的IgE抗体により引き起こされる反応であるのに対し、扁平苔癬においては、特異的抗原は存在せず、両者は異質の疾患である。

0005

扁平苔癬の治療方法としては、対症治療が主であり、痒感に対する治療により増悪を予防し、抗炎症製剤で炎症の軽減や消長が行われている。具体的には、副腎皮質ホルモン抗ヒスタミン剤放射線照射外科的治療等のほか、粘膜疹にはビタミンA口内錠局所麻酔剤の塗布などが行われている。しかしながら、斯かる薬剤には抵抗性を示すことも多く、優れた治療効果を有し、副作用の少ない、扁平苔癬の予防剤及び/又は治療剤の開発が医療立場から望まれている。

0006

(±)−[2−{4−(3−エトキシ−2−ハイドロキシプロポキシフェニルカルバモイルエチル]ジメチルスルホニウムp−トルエンスルホネート(以下、「トシル酸スプラタスト」と称す)は、優れたIgE抗体産生抑制作用を有し、気管支喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎治療薬として公知であり(例えば、特許文献1参照)、排尿障害治療剤透析に伴う掻痒治療薬C型又は非B非C型肝炎ウイルスによる肝機能異常改善剤として有用であること(例えば、特許文献2〜4参照)、更には化学物質過敏症に対して有効であることも知られている(特許文献5参照)。
しかしながら、トシル酸スプラタストが、扁平苔癬の予防剤及び/又は治療剤として優れた効果を有することは全く知られていない。
特公平3−70698号公報
国際特許公開第00/27383号パンフレット
特開平11−315019号公報
特開2002−114672号公報
特開2004−292407号公報
医科学大事典(講談社)43, p.179〜181
皮膚科専門医に聞く最新の臨床(中外医学社)p.24〜25
Arch. Environ. Health 54, p.147-149, 1999
STEP皮膚科(海馬書房) p.32

発明が解決しようとする課題

0007

本発明は、優れた扁平苔癬の予防剤及び/又は治療剤を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0008

本発明者らは、鋭意研究を重ねた結果、トシル酸スプラタストが扁平苔癬の予防及び/又は治療に対して有用であり、しかも副作用が殆どないことを見出した。

0009

すなわち本発明は、下記式(1):

0010

0011

で表される(±)−[2−{4−(3−エトキシ−2−ハイドロキシプロポキシ)フェニルカルバモイル}エチル]ジメチルスルホニウムp−トルエンスルホネートを有効成分とする扁平苔癬の予防剤及び/又は治療剤に関する。

発明の効果

0012

本発明の扁平苔癬の予防剤及び/又は治療剤は、優れた臨床効果を有し、しかも長期投与により扁平苔癬発現予防効果も示し、かつ副作用が殆どない。

発明を実施するための最良の形態

0013

本発明で用いられるトシル酸スプラタストは、公知の方法、例えば、特公平3−70698号公報に記載の方法によって製造することができる。具体的には、(±)−[2−[4−(3−エトキシ−2−ヒドロキシプロポキシ)フェニルカルバモイル]エチル]メチルスルフィドp−トルエンスルホン酸メチルとを反応させる方法等が挙げられる。

0014

後記実施例に示すように、トシル酸スプラタストは、扁平苔癬に対して優れた臨床効果を発揮する。すなわち、グルオフルビン等の抗真菌薬デキサメタゾンフランカルボン酸モメタゾン等のステロイド剤に対して効果のなかった症例について、紅斑、褐色調紅斑、褐色調色素斑等の軽快掻痒消失上皮化の促進等の顕著な治療効果を示す。また、長期投与しても副作用は殆どみられない。従って、トシル酸スプラタストは、扁平苔癬の予防剤及び/又は治療剤として有用である。

0015

本発明の扁平苔癬の予防剤及び/又は治療剤の投与形態は、特に限定されず、錠剤カプセル剤散剤顆粒剤細粒剤液剤丸剤乳剤懸濁剤等の経口剤注射剤、座剤、軟膏剤硬膏剤貼付剤等の非経口剤のいずれでもよく、それぞれ当業者公知慣用の製造方法により製造できる。

0016

経口用固形製剤を調製する場合には、本発明の有効成分に賦形剤、必要に応じて結合剤崩壊剤滑沢剤着色剤矯味剤矯臭剤等を加えた後、常法により錠剤、カプセル剤、散剤、顆粒剤、細粒剤等を製造することができる。賦形剤としては、例えば乳糖マンニトール蔗糖澱粉タルクステアリン酸マグネシウム結晶セルロースメチルセルロースカルボキシメチルセルロースヒドロキシプロピルセルロースグリセリンアルギン酸ナトリウムアラビアゴム等が、結合剤としてはポリビニルアルコールポリビニルエーテルエチルセルロース、アラビアゴム、シェラック白糖等が、崩壊剤としては乾燥澱粉、アルギン酸ナトリウム、寒天末、炭酸水素ナトリウム炭酸カルシウムラウリル硫酸ナトリウムステアリン酸モノグリセリド、乳糖等が、滑沢剤としてはステアリン酸マグネシウム、タルク等が、矯味剤としては白糖、橙皮、クエン酸酒石酸等が使用できる。その他、着色剤、矯臭剤等は公知のものを用いることができる。なお、錠剤とする場合は周知の方法によりコーティングしてもよい。

0017

経口用液体製剤を調製する場合には、本発明の有効成分に矯味剤、緩衝剤安定化剤、矯臭剤等を加えて常法により内服液剤シロップ剤エリキシル剤等を製造することもできる。この場合、矯味剤としては上記のものが、緩衝剤としてはクエン酸ナトリウム等が、安定化剤としてはトラガント、アラビアゴム、ゼラチン等が挙げられる。

0018

注射剤を調製する場合は、本発明の有効成分にpH調整剤、緩衝剤、安定化剤、等張化剤、局所麻酔剤等を添加し、常法により静脈内、筋肉内、皮下、皮内又は腹腔内用注射剤を製造できる。pH調整剤及び緩衝剤としてはクエン酸ナトリウム、酢酸ナトリウムリン酸ナトリウム等が、安定化剤としてはピロ亜硫酸ナトリウムエチレンジアミン四酢酸チオグリコール酸チオ乳酸等が使用できる。等張化剤としては塩化ナトリウムブドウ糖等が、局所麻酔剤としては塩酸プロカイン塩酸リドカイン等が挙げられる。

0019

坐剤を調製する場合は、本発明の有効成分に通常使用される基剤、更に必要に応じて界面活性剤等を加えた後、常法により製造することができる。基剤としては、例えばマクロゴールラノリンカカオ油、脂肪酸トリグリセライドウィテップゾールダイナマイトノーベル社製)等の油性基剤を用いることができる。

0020

軟膏剤を調製する場合は、本発明の有効成分に通常使用される基剤、安定化剤、湿潤剤保存剤等が必要に応じて配合され、常法により混合、製造化される。基剤としては流動パラフィン白色ワセリンサラシミツロウオクチルドデシルアルコールパラフィン等が、保存剤としてはパラオキシ安息香酸メチルパラオキシ安息香酸エチルパラオキシ安息香酸プロピル等が挙げられる。

0021

貼付剤を製造する場合は、通常の支持体に前記軟膏クリームゲルペースト等を常法により塗布すればよい。支持体としては綿、スフ化学繊維からなる織布、不織布や軟質塩化ビニルポリエチレンポリウレタン等のフィルム或いは発砲体シートが挙げられる。

0022

上記の各投与単位形態中に配合されるべきトシル酸スプラタストの量は、扁平苔癬の症状により或いはその剤型等により一定ではないが、一般に投与単位形態あたり経口剤では5−1000mg、注射剤及び経皮投与剤では0.1−500mg、坐剤では5−1000mgとするのが望ましい。また、上記投与形態を有する薬剤の投与量は、患者の症状、体重、年齢性別、その他の条件等に応じて適宜選択されるが、通常成人1回あたり経口剤では5−1000mg、注射剤及び経皮投与剤では0.1−1000mg、坐剤では5−1000mgの範囲で、それぞれ1日1回から数回投与するのが好ましい。

0023

本発明の扁平苔癬の予防剤及び/又は治療剤は、1)扁平苔癬に対する予防・治療効果の補完及び/又は増強、2)トシル酸スプラタストの動態吸収改善、投与量の低減、3)副作用の軽減、等のために放射線照射、外科的治療と組み合わせて投与してもよく、他の薬剤と組み合わせて、併用剤として投与してもよい。

0024

本発明の扁平苔癬の予防剤及び/又は治療剤と他の薬剤の併用は、1つの製剤中に両成分を配合した配合剤の形態で投与してもよく、また別々の製剤にして投与する形態をとってもよい。別々の製剤にして投与する場合には、同時投与及び時間差による投与が含まれる。また、時間差による投与は、トシル酸スプラタストを先に投与し、他の薬剤を後に投与してもよいし、他の薬剤を先に投与し、トシル酸スプラタストを後に投与してもかまわず、それぞれの投与方法は同じでも異なっていてもよい。

0025

上記併用により、トシル酸スプラタストの扁平苔癬に対する予防及び/又は治療効果の補完及び/又は増強せしめる他の薬剤としては、例えば、副腎皮質ホルモン、抗真菌剤、ステロイド剤、抗ヒスタミン剤、ビタミンA製剤、局所麻酔剤が挙げられる。以下にこれらの具体例を示すが、これらに限定されるものではなく、同様のメカニズムを持つ既存の薬剤の他、今後見出される同種の薬剤も使用できる。

0026

抗真菌剤:例えば、アムホテリシンBナイスタチンフルシトシンミコナゾールフルコナゾールイトラコナゾール塩酸テルビナフィン、ミカファンギンナトリウム、グルセオフルビン等が挙げられる。

0029

ビタミンA製剤:例えば、パルミチン酸レチノール等が挙げられる。

0030

局所麻酔剤:例えば、塩酸ロピバカイン水和物、リドカイン、塩酸リドカイン、塩酸プロカイン、塩酸プロピトカイン塩酸ブピバカイン塩酸メピバカイン塩酸ジブカイン、塩酸ジブカイン・塩酸パラブチルアミノ安息香酸エチルアミノエチル、塩酸テトラカイン塩酸オキシブプロカイン等が挙げられる。非ステロイド系抗炎症薬としては、例えば、サリチル酸ナトリウムアスピリンアセチルサリチル酸)、サリチルアミドフルフェナム酸アルミニウムメフェナム酸トルフェナム酸ジクロフェナクナトリウムスリンダクフェンブフェンアンフェナクナトリウムインドメタシン、インドメタシンファルネシルマレイン酸プログルメタシンアセメタシンナブメトンエトドラクモフェゾラクイブプロフェンケトプロフェンフルルビプロフェン、フルルビプロフェンアキセチルオキサプロジンフェノプロフェンカルシウムチアプロフェン酸ナプロキセンプラノプロフェンロキソプロフェンナトリウムアルミノプロフェンザルトプロフェンブコロームピロキシカムアンピロキシカムテノキシカムメロキシカムロルノキシカムエピリゾール(メピリゾール)、塩酸チアラミドエモルファゾン等が挙げられる。

0031

トシル酸スプラタストと上記他の薬剤の重量比は特に限定されず、また他の薬剤は、任意の2種以上を組み合わせて用いてもよい。

0032

次に製剤例及び試験例を示して本発明を更に説明するが、本発明はこれらの実施例に限定されるものではない。

0033

製剤例1 錠剤

0034

0035

製剤例2 カプセル剤

0036

0037

製剤例3 顆粒剤

0038

0039

製剤例4 細粒剤

0040

0041

製剤例5 シロップ剤

0042

0043

製剤例6 注射剤

0044

0045

製剤例7 坐剤

0046

0047

実施例1 症例1
患者:65男性
病歴初診2年前より下口唇皮疹出現し、扁平苔癬と診断された。デキサルチン軟膏(デキサメタゾン:日本化薬)外用チョコラA(ビタミンA:エーザイ内服投与したが軽快しなかった。
症状;初診時、下口唇中央半分に白色調角落屑及び発赤がみられ、中央部はびらん化していた。口腔内両頬粘膜は軽度スレート状の色調であった。
治療;乾燥すると疼痛があったため、グリビンFP(グルセオフルビン:三共)375mg/日の内服、デキサルチン軟膏外用としたところ、1〜2週間で自覚症状は軽快し、角化も軽減したが、その後もびらん及びヒリヒリ感を繰り返した。このため、グリソビンFP750mg/日に増量したところ、自覚症状の改善と皮疹の改善が見られたが、一進一退の状況であった。
初診から3年2ヶ月経過後にグリソビンFP投与を中止し、アイピーディ(トシル酸スプラタスト:大鵬薬品)300mg/日に変更したところ、4日目には上皮化し、ピリピリした自覚症状も軽快した。3ヶ月服用しても再燃がないため、200mg/日に変更し、3ヶ月経過観察したが、略治状態のままであった。

0048

実施例2 症例2
患者:46歳男性
病歴;初診2年前より、自覚症状の無い皮疹が亀頭部にあることを自覚していた。初診時、老人性色素斑が疑われたため経過観察となっていた。その後、3年10ヶ月後に再診した。
症状;再診時、亀頭部に米粒大までの軽度角化症のわずかに隆起する紅斑が散在しており、扁平苔癬と診断した。
治療;再診時より、グリソビンFP(グルセオフルビン:三共)500mg/日を投与したところ、軽快傾向を示したが、消長を繰り返していた。8ヶ月経過後、グリソビンFP投与を中止し、アイピーディ(トシル酸スプラタスト:大鵬薬品)300mg/日に変更したところ、1ヶ月後の再診時には、紅斑軽快し、4ヶ月20日間投薬して経過観察したところ、再燃を認めないため治癒と判断した。なお、アイピーディ投与期間の併用薬シナ−ル(ビタミンC:塩野義)3.0g/日のみであった。

0049

実施例3 症例3
患者:68歳女性
病歴;初診の数ヶ月前から下口唇が白色調となり扁平苔癬と診断された。
治療;アイピーディ(トシル酸スプラタスト:大鵬薬品)300mg/日で処方したところ、投与後10日目より軽快傾向出現し、2ヵ月後には略治の状態になった。

0050

実施例4 症例4
患者:54歳男性
病歴;初診の1ヶ月前に亀頭部の掻痒性に気付いた。
治療;初診時より、フルメタ軟膏(フランカルボン酸モメタゾン:塩野義)5g投与したが不変であった。1ヶ月後、アイピーディ(トシル酸スプラタスト:大鵬薬品)300mg/日14日分投与したところ、掻痒消失し紅斑軽快した。その後もアイピーディ300mg/日14日分、アイピーディ300mg/日21日分、アイピーディ300mg/日28日分と順次投与により治癒した。アイピーディ300mg/日内服開始1週間前後で、自覚症状(掻痒)消失、紅斑軽快し、以降、褐色調紅斑、褐色調色素斑も漸次軽快となった。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ