図面 (/)

技術 電気洗濯機

出願人 日立グローバルライフソリューションズ株式会社
発明者 服部直幾細川敦志
出願日 2005年1月14日 (14年10ヶ月経過) 出願番号 2005-007006
公開日 2006年7月27日 (13年3ヶ月経過) 公開番号 2006-197738
状態 特許登録済
技術分野 洗濯一般 インバータ装置 交流電動機の制御一般 交流電動機の一次周波数制御
主要キーワード 起動所要 最大負荷状態 主駆動回路 底部側壁 空気循環ファン 電源電圧検出信号 直流電圧発生回路 直流源
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2006年7月27日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (3)

課題

制御回路に素早い立上りで且つ安定した直流電圧を供給することができる電気洗濯機直流電源を実現する。

解決手段

比較的小さな静電容量の平滑コンデンサ20dを使用して起動時間を短縮するように構成した制御回路用直流電源発生回路20における平滑コンデンサの電圧負荷の増加によって低下したときには、大きな静電容量の平滑コンデンサ18bを使用した主回路用直流電源発生回路18における平滑コンデンサから補給電して制御回路用直流電源発生回路の出力電圧を安定に維持する。

概要

背景

電気洗濯機洗濯乾燥機)は、基本的には、洗濯槽洗濯兼脱水槽)内の洗濯物洗濯水撹拌翼によって撹拌して洗濯(洗いと濯ぎ)し、洗濯槽を回転させて洗濯物を遠心脱水(および乾燥)する構成である。

このような電気洗濯機は、撹拌翼や洗濯槽を回転駆動するモータクラッチ機構を内蔵した主駆動装置給排水電磁弁洗濯水循環ポンプ風呂水給水ポンプ乾燥空気循環ファン操作パネルなどを備え、制御装置は、操作パネルからの指示入力に基づいて洗濯・脱水・乾燥工程の実行内容を設定し、前記主駆動装置,給排水電磁弁,洗濯水循環ポンプ,風呂水給水ポンプ,乾燥空気循環ファンを制御して洗濯・脱水・乾燥工程を実行し、操作パネルの表示素子を制御して工程の設定および進行状態を表示する。

また、ドラム式の電気洗濯機(洗濯乾燥機)は、洗濯槽が撹拌翼としても機能し、洗濯および乾燥工程では前記洗濯槽をモータによって低速回転させて洗濯物を撹拌し、脱水工程では前記洗濯槽をモータによって高速回転させて洗濯物を遠心脱水する構成が前記電気洗濯機と異なる構成であり、その他の構成は前記電気洗濯機と同様である。

概要

制御回路に素早い立上りで且つ安定した直流電圧を供給することができる電気洗濯機の直流電源を実現する。 比較的小さな静電容量の平滑コンデンサ20dを使用して起動時間を短縮するように構成した制御回路用直流電源発生回路20における平滑コンデンサの電圧負荷の増加によって低下したときには、大きな静電容量の平滑コンデンサ18bを使用した主回路用直流電源発生回路18における平滑コンデンサから補給電して制御回路用直流電源発生回路の出力電圧を安定に維持する。

目的

本発明の1つの目的は、起動所要時間を短くするために比較的小さな静電容量の平滑コンデンサを使用しても比較的大きな負荷に直流電源を安定に供給することができる電源装置を提案することにある。

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
3件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

洗濯物を入れる洗濯槽と、前記洗濯槽を回転駆動するためのモータを備えた主駆動装置と、商用電源から入力した交流電圧整流してコンデンサで平滑することにより主回路用直流電源電圧を生成する主回路用直流電源発生回路と、前記主回路用直流電源発生回路の出力電圧電源として前記モータへの給電を制御するインバータ回路と、給水電磁弁および排水電磁弁と、前記インバータ回路と給水電磁弁および排水電磁弁を制御して洗い工程,濯ぎ工程を実行させる制御回路と、商用電源から入力した交流電圧を整流した後にコンデンサで平滑して得た直流電圧を入力とする制御回路用直流電源発生回路を備えた電気洗濯機において、前記制御回路用直流電源発生回路は、前記直流電圧入力の他に前記主回路用直流電源発生回路の平滑用のコンデンサから直流電圧を取得するように構成したことを特徴とする電気洗濯機。

請求項2

洗濯物を入れる洗濯槽と、前記洗濯槽を回転駆動するためのモータを備えた主駆動装置と、商用電源から入力した交流電圧を整流してコンデンサで平滑することにより主回路用直流電源電圧を生成する主回路用直流電源発生回路と、前記主回路用直流電源発生回路の出力電圧を電源として前記モータへの給電を制御するインバータ回路と、給水電磁弁および排水電磁弁と、指示入力スイッチ群および表示素子群を備えた操作パネルと、前記インバータ回路と給水電磁弁および排水電磁弁を制御して洗い工程,濯ぎ工程を実行させると共に表示素子群を点灯制御する制御回路と、商用電源から電源スイッチを介して入力した交流電圧を整流した後にコンデンサで平滑して得た直流電圧を入力とする制御回路用直流電源発生回路を備えた電気洗濯機において、前記制御回路用直流電源発生回路は、前記電源スイッチを介して入力した交流電圧を整流した後にコンデンサで平滑して得た直流電圧の他に前記主回路用直流電源発生回路の平滑用のコンデンサから直流電圧を取得するように構成し、電源スイッチ投入時には該電源スイッチからの入力に基づいた直流電圧を電源として前記表示素子群の制御を実行し、前記工程制御時には電源スイッチからの入力に基づいた直流電圧と前記主回路用直流電源発生回路の平滑用のコンデンサの直流電圧を電源として制御を実行するようにしたことを特徴とする電気洗濯機。

技術分野

0001

本発明は、電気洗濯機係り、特に制御回路用直流電源発生回路に関する。

背景技術

0002

電気洗濯機(洗濯乾燥機)は、基本的には、洗濯槽洗濯兼脱水槽)内の洗濯物洗濯水撹拌翼によって撹拌して洗濯(洗いと濯ぎ)し、洗濯槽を回転させて洗濯物を遠心脱水(および乾燥)する構成である。

0003

このような電気洗濯機は、撹拌翼や洗濯槽を回転駆動するモータクラッチ機構を内蔵した主駆動装置給排水電磁弁洗濯水循環ポンプ風呂水給水ポンプ乾燥空気循環ファン操作パネルなどを備え、制御装置は、操作パネルからの指示入力に基づいて洗濯・脱水・乾燥工程の実行内容を設定し、前記主駆動装置,給排水電磁弁,洗濯水循環ポンプ,風呂水給水ポンプ,乾燥空気循環ファンを制御して洗濯・脱水・乾燥工程を実行し、操作パネルの表示素子を制御して工程の設定および進行状態を表示する。

0004

また、ドラム式の電気洗濯機(洗濯乾燥機)は、洗濯槽が撹拌翼としても機能し、洗濯および乾燥工程では前記洗濯槽をモータによって低速回転させて洗濯物を撹拌し、脱水工程では前記洗濯槽をモータによって高速回転させて洗濯物を遠心脱水する構成が前記電気洗濯機と異なる構成であり、その他の構成は前記電気洗濯機と同様である。

発明が解決しようとする課題

0005

このような電気洗濯機における制御装置は、主駆動装置,給排水電磁弁,洗濯水循環ポンプ,風呂水給水ポンプ,乾燥空気循環ファン,操作パネルを制御する制御回路電源回路電源装置)を備える。この電源装置は、主駆動回路のモータである直流ブラシレスモータ給電するインバータ回路電源としての主回路用直流発生回路と、制御回路におけるマイクロコンピュータや洗濯水循環ポンプ,風呂水給水ポンプ,乾燥空気循環ファン,操作パネルなどの負荷に給電する電源としての制御回路用直流電源発生回路を備える。

0006

これらの両直流電源発生回路は、何れも、商用交流電圧整流・平滑して直流電圧を発生する構成であり、主回路用直流発生回路は、全波整流回路と比較的大きな静電容量の平滑コンデンサを備え、制御回路用直流電源発生回路は、半波整流回路と比較的小さな静電容量の平滑コンデンサと該平滑コンデンサに発生した直流電圧を各負荷への給電に適した電圧に変換する電圧変換回路を備える。

0007

制御回路用直流電源発生回路における平滑コンデンサは、最大負荷状態においても電圧変換回路の入力側の電圧リップル許容値に入るように平滑することができる静電容量であり、また、誤って電源コードコンセントが抜かれたり、商用電源に瞬停が生じた場合にも電気洗濯機の安全性を確保するために、商用電源の供給が停止した後も電圧変換回路の出力側の所定の電圧を所定時間維持することができるような電荷を蓄えることができる静電容量であることが望ましい。

0008

しかしながら、最大負荷商用交流電源供給停止状態を考慮すると、制御回路用直流電源発生回路における平滑コンデンサには大きな静電容量が必要となり、平滑コンデンサが大型化し、且つ高価なものになる。

0009

しかも、制御回路用直流電圧発生回路における平滑コンデンサの静電容量を大きくすると該平滑コンデンサを所定の安定した電圧まで充電するための所要時間が長くなり、電源スイッチ投入から制御装置が動作状態となるまでの電圧上昇起動)所要時間が長くなることから、電源スイッチ投入から操作パネルが動作状態となって表示素子が点灯するまでの遅れ時間が長くなったり、電気洗濯機の使い勝手が悪くなるという問題がある。このような問題は、制御回路用直流電源発生回路の負荷が大きくなると平滑コンデンサの静電容量を大きくしなければならないことから顕著になる。

0010

本発明の1つの目的は、起動所要時間を短くするために比較的小さな静電容量の平滑コンデンサを使用しても比較的大きな負荷に直流電源を安定に供給することができる電源装置を提案することにある。

0011

本発明の他の目的は、電源スイッチ投入時に操作パネルを素速く動作状態に立ち上げて表示素子を点灯することができるようにすると共に比較的大きな負荷に直流電源を安定に供給することができる電源装置を提案することにある。

課題を解決するための手段

0012

本発明は、比較的小さな静電容量の平滑コンデンサを使用して起動時間を短縮するように構成した制御回路用直流電源発生回路における前記平滑コンデンサの電圧が負荷の増加によって低下したときには、大きな静電容量の平滑コンデンサを使用した主回路用直流電源発生回路における前記平滑コンデンサから補給電することによって制御回路用直流電源発生回路の出力電圧を安定に維持するものである。

0013

具体的には、洗濯物を入れる洗濯槽と、前記洗濯槽を回転駆動するためのモータを備えた主駆動装置と、商用電源から入力した交流電圧を整流してコンデンサで平滑することにより主回路用直流電源電圧を生成する主回路用直流電源発生回路と、前記主回路用直流電源発生回路の出力電圧を電源として前記モータへの給電を制御するインバータ回路と、給水電磁弁および排水電磁弁と、前記インバータ回路と給水電磁弁および排水電磁弁を制御して洗い工程,濯ぎ工程を実行させる制御回路と、商用電源から入力した交流電圧を整流した後にコンデンサで平滑して得た直流電圧を入力とする制御回路用直流電源発生回路を備えた電気洗濯機において、
前記制御回路用直流電源発生回路は、前記直流電圧入力の他に前記主回路用直流電源発生回路の平滑用のコンデンサから直流電圧を取得するように構成したことを特徴とし、
または、洗濯物を入れる洗濯槽と、前記洗濯槽を回転駆動するためのモータを備えた主駆動装置と、商用電源から入力した交流電圧を整流してコンデンサで平滑することにより主回路用直流電源電圧を生成する主回路用直流電源発生回路と、前記主回路用直流電源発生回路の出力電圧を電源として前記モータへの給電を制御するインバータ回路と、給水電磁弁および排水電磁弁と、指示入力スイッチ群および表示素子群を備えた操作パネルと、前記インバータ回路とクラッチ機構と給水電磁弁および排水電磁弁を制御して洗い工程,濯ぎ工程を実行させると共に表示素子群を点灯制御する制御回路と、商用電源から電源スイッチを介して入力した交流電圧を整流した後にコンデンサで平滑して得た直流電圧を入力とする制御回路用直流電源発生回路を備えた電気洗濯機において、
前記制御回路用直流電源発生回路は、前記電源スイッチを介して入力した交流電圧を整流した後にコンデンサで平滑して得た直流電圧の他に前記主回路用直流電源発生回路の平滑用のコンデンサから直流電圧を取得するように構成し、電源スイッチ投入時には該電源スイッチからの入力に基づいた直流電圧を電源として前記表示素子群の制御を実行し、前記工程制御時には電源スイッチからの入力に基づいた直流電圧と前記主回路用直流電源発生回路の平滑用のコンデンサの直流電圧を電源として制御を実行するようにしたことを特徴とする。

発明の効果

0014

本発明によれば、制御回路用直流電源生成回路の入力側に使用する平滑コンデンサの静電容量を小さくすることができるので、電源スイッチ投入時の立ち上りを早くすることができ、しかも、制御回路用直流電源生成回路の負荷が増加して前記平滑コンデンサの電圧が低下したときには、大きな静電容量の平滑コンデンサを使用する主回路用直流電源発生装置における前記平滑コンデンサから補給電を受けることができるので、増加した負荷に対して安定な給電を継続することができる。また、電源コンセントが抜き取られたり、商用電源が瞬停したときにも制御回路が所定の制御処理をするための電力供給を継続することができる。

発明を実施するための最良の形態

0015

本発明は、洗濯物を入れる洗濯槽と、前記洗濯槽を回転駆動するためのモータを備えた主駆動装置と、商用電源から入力した交流電圧を整流してコンデンサで平滑することにより主回路用直流電源電圧を生成する主回路用直流電源発生回路と、前記主回路用直流電源発生回路の出力電圧を電源として前記モータへの給電を制御するインバータ回路と、給水電磁弁および排水電磁弁と、指示入力スイッチ群および表示素子群を備えた操作パネルと、前記インバータ回路と給水電磁弁および排水電磁弁を制御して洗い工程,濯ぎ工程を実行させると共に表示素子群を点灯制御する制御回路と、商用電源から電源スイッチを介して入力した交流電圧を整流した後にコンデンサで平滑して得た直流電圧を入力とする制御回路用直流電源発生回路を備えた電気洗濯機において、
前記制御回路用直流電源発生回路は、前記電源スイッチを介して入力した交流電圧を整流した後にコンデンサで平滑して得た直流電圧の他に前記主回路用直流電源発生回路の平滑用のコンデンサから直流電圧を取得するように構成し、電源スイッチ投入時には該電源スイッチからの入力に基づいた直流電圧を電源として前記表示素子群の制御を実行し、前記工程制御時には電源スイッチからの入力に基づいた直流電圧と前記主回路用直流電源発生回路の平滑用のコンデンサの直流電圧を電源として制御を実行することができるように構成する。

0016

本発明の実施例1の電気洗濯機を図面を参照して説明する。図1は、この実施例1の電気洗濯機の縦断側面図、図2は、その制御装置の電気回路図である。

0017

外枠1の内部に複数のサスペンション2で支持して外槽3を設置し、この外槽3内に洗濯兼脱水槽である洗濯槽4を回転可能に設置し、この洗濯槽4内の底部に撹拌翼5を回転可能に設置する。洗濯槽4と撹拌翼5は、外槽3を貫通させた同心2重軸内端に結合して設置し、外槽3の外側に取り付けた主駆動装置6のモータによって回転するように構成する。

0018

主駆動装置6は、図示説明は省略するが、直流ブラシレスモータとクラッチ機構と減速歯車機構を内蔵し、洗濯(および乾燥)工程では洗濯槽4を静止させた状態で撹拌翼5を緩速回転駆動し、脱水工程では洗濯槽4と撹拌翼5を一体的に高速回転駆動する駆動系を形成ように構成する。

0019

外枠1の上端には衣類投入口7aを有するトップカバー7を固着し、衣類投入口7aは外蓋8によって開閉可能に覆う。このトップカバー7内の前部には指示入力スイッチ群および表示素子群を備えた操作パネル(基板)9や主制御基板10や水位センサ11を収納し、後部には給水電磁弁12や風呂水給水ポンプ(図示省略)を収納する。

0020

外槽3の下部に設けたエアトラップ3aはエアチューブ13を介して前記水位センサ11に接続し、排水口3bは排水電磁弁14を介して排水ホース15に接続する。更に、排水口3bは、洗濯水循環ポンプに接続して洗濯水を洗濯槽4の上方から該洗濯槽4内に振り掛けるように循環させる洗濯水循環系(図示省略)を構成する。また、乾燥機能付きの電気洗濯機とするときには、外槽3の底部側壁排気口を形成し、外槽内の空気を空気循環ファンによって吸い出して冷却除湿した後に加熱して洗濯槽4の上方から該洗濯槽4内に吹き込む乾燥空気循環系(図示省略)を構成する。

0021

図2を参照して制御装置を具体的に説明する。この制御装置は、主として、主制御基板10に実装して構成する。

0022

制御装置は、主駆動装置6のモータである直流ブラシレスモータ6aに給電するインバータ回路17の直流電源となる主回路用直流電源発生回路18と制御回路19に給電する制御回路用直流源発生回路20を備える。

0023

主回路用直流電源発生回路18は、全波整流回を構成するように接続した全波整流ダイオードブリッジ回路18aと該全波整流ダイオードブリッジ回路18aの直流端子から出力する全波整流の脈動電圧を平滑して直流電圧にする比較的大きな静電容量(450μF〜1000μμF)の平滑コンデンサ18bを備える。全波整流ダイオードブリッジ回路18aの交流端子は、常開の電源リレー接点RY1,RY2を介して商用交流電源21に接続する。

0024

制御回路用直流電源発生回路20は、電源リレー接点RY1の上流側から半波整流ダイオード20aと電流制限抵抗20bと電源スイッチ20cを通して出力する半波整流の脈動電圧を平滑して直流電圧にする比較的小さな静電容量(30μF〜35μμF)の平滑コンデンサ20dと、前記電源リレー接点RY1の下流側から前記平滑コンデンサ20dを充電する半波整流ダイオード20eと、電圧変換回路(スイッチング電源回路)を構成するスイッチング電源コントロールIC20f,スイッチングトランジスタ20g,1次巻線20hと3つの2次巻線20i,20j,20kを備えた変圧器20mと、2次巻線20i〜20kに発生電圧を整流する3つの半波整流ダイオード20n,20o,20pと、3つの平滑コンデンサ20q,20r,20sを備える。

0025

ダイオード22は、前記制御回路用直流電源発生回路20の平滑コンデンサ20dの直流電圧が前記主回路用直流電源発生回路18の平滑コンデンサ18bの直流出圧よりも低くなったときに該平滑コンデンサ18bに蓄積された電荷を前記平滑コンデンサ20dに移動する向きに制御回路用直流電源発生回路20の平滑コンデンサ20dと主回路用直流電源発生回路18の平滑コンデンサ18bの間に接続する。

0026

制御回路19は、主制御回路であるマイクロコンピュータ19aと負荷駆動回路19bを備え、前記制御回路用直流電源発生回路20から出力される直流電圧を電源として作動する。マイクロコンピュータ19aは、この電気洗濯機の機能を実現するための制御処理プログラムを内蔵し、作動状態になると、電源リレー接点RY1,RY2を閉合制御して主回路用直流電源発生回路18の交流端子を商用交流電源20に接続し、操作パネル9に設けた指示入力スイッチ9aからの指示入力に従って制御定数を設定すると共に設定状態を表示するように表示素子群9bを制御し、主駆動装置6のクラッチ機構操作ソレノイド6bを制御して洗濯駆動するようにクラッチ機構を操作すると共にインバータ回路17を制御することによって直流ブラシレスモータ6aを運転して撹拌翼5を回転駆動することにより該回転駆動負荷に基づいて布量検出し、検出した布量に応じた洗剤量を表示するように操作パネル9の表示素子群9bを制御し、水位センサ11から出力する水位検出信号とダイオード23および保護抵抗24を介して入力する全波整流ダイオードブリッジ回路18aの交流端子への商用交流電圧の消失の有無を示す電源電圧検出信号を参照して、給水電磁弁12を開放して洗濯水を所定の水位まで給水し、主駆動装置6のクラッチ機構操作ソレノイド6bを制御して洗濯駆動するようにクラッチ機構を操作し、インバータ回路17を制御することによって直流ブラシレスモータ6aを運転して撹拌翼5を回転駆動すると共に洗濯水循環ポンプ25を運転して洗濯水を循環させる洗濯工程制御を実行し、排水電磁弁14を開放して洗濯水を排水し、主駆動装置6のクラッチ機構を脱水駆動とするようにクラッチ機構操作ソレノイド6bを制御すると共にインバータ回路17を制御することによって直流ブラシレスモータ6aを運転して洗濯槽4と撹拌翼5を一体的に回転駆動する洗濯工程制御を実行し、更に、乾燥機能付きの電気洗濯機においては、外槽3内の空気を空気循環ファンによって吸い出して冷却除湿した後に加熱して洗濯槽4の上方から該洗濯槽4内に吹き込む乾燥工程を実行し、各工程の進行状態を表示するように操作パネル9の表示素子群9bを制御する。

0027

マイクロコンピュータ19aを始めとする制御回路19はDC+5V、リレーおよび電気部品の一部はDC+12V,DC+24Vを駆動電源としており、これらの直流電源は制御回路用直流電源生成回路20によって生成しているが、制御回路用直流電源生成回路20の出力(負荷)は、電気洗濯機の運転工程によって動作する負荷が変化するために工程によって大きく変動し、最大出力時は約50Wほどになる。

0028

一方、電気洗濯機の電源スイッチ投入時のような起動時には、制御回路19はマイクロコンピュータ19aや極少数回路が動作しているのみであり、制御回路用直流電源発生回路20の負荷は最小となり約0.5W程度の消費電力である。従って、制御回路用直流電源発生回路20の入力は、効率を約80%として、出力の変動に応じて0.62W〜62.5Wの範囲で変化する。

0029

この実施例1における制御回路用直流電源発生回路20は、電源スイッチ20cの投入時は、半波整流ダイオード20a,電流制限抵抗20b,電源スイッチ20cを介して入力する半波整流脈動電圧によって最小負荷に対応するだけの電力供給を可能とする電荷を蓄えることのできる小さな静電容量(30μF〜35μF)の平滑コンデンサ20dを充電して短時間に安定した直流電圧を生成することによって立ち上がる。

0030

平滑コンデンサ20dの充電電圧がスイッチング電源回路のスイッチング電源コントロールIC20fおよびスイッチングトランジスタ20gの起動電圧まで上昇すると該スイッチング電源回路が動作して変圧器20mの2次巻線20i〜20kに交流電圧が発生し、この交流電圧を3つの半波整流ダイオード20n〜20pを整流することによって3つの平滑コンデンサ20q〜20sに直流電圧が発生し、この電圧がマイクロコンピュータ19aの動作電圧まで上昇すると該マイクロコンピュータ19aがリセットを行なって制御処理動作を開始する。電源スイッチ20cが投入されてからマイクロコンピュータ19aが制御処理動作を開始するまでの遅れ時間は、主として平滑コンデンサ20dの充電遅れ時間となるが、この実施例1における平滑コンデンサ20dを小さな静電容量としていることから該平滑コンデンサ20dの充電は極めて短時間(約0.2秒)に完了し、マイクロコンピュータ19aは、電源スイッチ20cが投入されてから極めて短い時間で制御処理動作を開始し、電源スイッチ20cが投入されると操作パネル9の表示素子群9bにおける電源表示素子を直ちに点灯する。

0031

マイクロコンピュータ19aは、次に、電源リレー接点RY1を閉合し、その後は、電源スイッチ20cが開放しても制御回路用直流電源発生回路20の平滑コンデンサ20dの充電は半波整流ダイオード20eを介して継続し、以後、制御回路用直流電源発生回路20による制御回路19への直流電源の供給が継続する。

0032

マイクロコンピュータ19aは、次に、電源リレー接点RY2を閉合して主回路用直流電源発生装置18における全波整流ダイオードブリッジ18aに商用交流電圧を供給する。これにより、全波整流ダイオードブリッジ18aは交流電圧を全波整流して平滑コンデンサ18bを充電し、インバータ回路17に安定した所定の直流電圧を供給する状態となり、洗濯,脱水,乾燥の工程制御が可能な状態となる。

0033

そして、マイクロコンピュータ19aが洗濯,脱水,乾燥工程の制御処理を開始すると、制御回路用直流源発生回路20の負荷が増加することから該制御回路用直流源発生回路20の小さな静電容量の平滑コンデンサ20dでは負荷の増加に対応することができずに端子電圧が低下し、そのままでは制御回路用直流源発生回路20から該制御回路用直流源発生回路20の負荷への電力供給が不安定になってしまう。しかし、平滑コンデンサ20dの端子電圧が主回路用直流電源発生回路18の平滑コンデンサ18bの端子電圧よりも低くなるとダイオード22が導通して平滑コンデンサ18bから平滑コンデンサ20dおよびスイッチング電源回路への電力供給(補給)が行われるようになることから、マイクロコンピュータ19aが洗濯,脱水,乾燥工程の制御処理を開始しても制御回路用直流源発生回路20から該制御回路用直流源発生回路20の負荷へ安定した電力供給を継続することができる。

0034

また、誤って電源コンセントが抜き取られたり、商用交流電源21に瞬停が生じた場合も、同様に、主回路用直流電源発生回路18の平滑コンデンサ18bから制御回路用直流電源発生回路20の平滑コンデンサ20dに電力供給が行われることから該制御回路用直流電源発生回路20は安定した制御用電圧の発生を継続し、この間に、マイクロコンピュータ19aは、ダイオード23から保護抵抗24を介して入力する電源電圧検出信号に基づいて商用交流電圧の消失を認識し、電気洗濯機の安全性を確保するための制御処理を実現することが可能となる。

0035

本発明の実施例2は、前記実施例1における洗濯槽4を横軸や斜め軸に設置するドラム式に変形すると共に撹拌翼5を省略した構成のドラム式の電気洗濯機である。主駆動装置6は、クラッチ機構を省略して可変速モータによって構成して洗濯槽を低速または高速で回転駆動することができるように構成し、制御装置は、洗濯および乾燥工程では前記洗濯槽を低速回転させて洗濯物を撹拌し、脱水工程では前記洗濯槽を高速回転させて洗濯物を遠心脱水するように主駆動装置(モータ)6を制御するように構成する。その他の構成は実施例1の電気洗濯機と同様である。

図面の簡単な説明

0036

本発明の実施例1の電気洗濯機の縦断側面図である。
本発明の実施例1の電気洗濯機における制御装置の電気回路図である。

符号の説明

0037

1…筐体、2…サスペンション、3…外層、4…洗濯槽、5…撹拌翼、6…主駆動部、6a…直流ブラシレスモータ、6b…クラッチ機構操作ソレノイド、9…操作パネル、9a…指示入力スイッチ群、9b…表示素子群、10…主制御基板、12…給水電磁弁、14…排水電磁弁、17…インバータ回路、18…主回路用直流電源発生回路、18a…全波整流ダイオードブリッジ回路、18b…平滑コンデンサ、19…制御回路、19a…マイクロコンピュータ、19b…負荷駆動回路、20…制御回路用直流電源発生回路、20a…半波整流ダイオード、20c…電源スイッチ、20d…平滑コンデンサ、20g…スイッチングトランジスタ、20m…変圧器、22…ダイオード、RY1,RY2…電源リレー接点。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • シャープ株式会社の「 モータ駆動制御装置および自律走行装置」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】回生抵抗に回生電流を流す時間を減少させて、長い下り坂などでも、走行を中断させることを低減させ、連続走行時間を拡大させることを課題とする。【解決手段】モータと、モータを駆動するための駆動信号を生... 詳細

  • 株式会社日立製作所の「 回転機駆動システム」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】 接点アークが発生することなく回転機の回転域を変更すること。【解決手段】 複数の巻線を有する回転機と、回転機に供給される相電流を検出する相電流検出回路と、直流電源からの直流電力を交流電力に... 詳細

  • パナソニックIPマネジメント株式会社の「 電動工具の駆動回路及び電動工具」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】小型であってサージ電圧を低減できる電動工具の駆動回路等を提供する。【解決手段】回路基板上に実装されかつモータを駆動する複数のスイッチング素子を備えた電動工具の駆動回路において、複数のスイッチン... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ