図面 (/)

技術 録画再生装置およびその映像編集方法

出願人 株式会社日立製作所
発明者 福間克哉
出願日 2004年12月24日 (14年10ヶ月経過) 出願番号 2004-373978
公開日 2006年7月6日 (13年4ヶ月経過) 公開番号 2006-180407
状態 未査定
技術分野 記録のためのテレビジョン信号処理 デジタル記録再生の信号処理 記録担体の情報管理、編集
主要キーワード 編集種別 編集バー 映像劣化 対象動画 対象動画像 時間位置情報 小型端末 コンテンツ保護情報
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2006年7月6日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (9)

課題

動画像データを、記録された媒体から移動や複製することなく外部編集装置編集可能とし、映像編集の操作性を改善する録画再生装置およびその映像編集方法を提供する。

解決手段

録画再生装置101において、デジタル記録された動画像の編集を行う外部編集装置102が接続され、外部編集装置102からの静止画像列送信要求に基づいて、動画像から複数枚静止画像各静止画像時間情報からなる静止画像列を作製し、作製した静止画像列を外部編集装置102に送信する静止画像列生成機能205と、外部編集装置102からの、静止画像列による動画像の編集命令を受信し、編集命令の実行処理を制御する外部編集制御機能202とを備えた。

概要

背景

従来、デジタル記録された動画像編集するには、動画像データを録画した録画再生装置使い編集する。

近年、パーソナルコンピュータといった小型端末は、処理速度の高速化や表示画面の高解像度化により、デジタル記録された動画像の編集において利用されることが普及している。コンピュータ外部編集装置として利用した編集を行うには、まず録画再生装置から動画像の全データを外部編集装置に移動や複製した後に編集を開始する。データの移動時間を配慮し低解像度の動画像を利用するものもある(例えば、特許文献1参照)。

また、インデックスファイルを作成し、これを編集することで、編集データの増加を防止したものもある(特許文献2参照)。

一方で、デジタル放送の開始にともない、デジタル放送を受信し録画できる録画再生装置では、映像劣化のないデジタル録画が可能となった。デジタル録画された動画像は映像劣化なく複製を作製できるため、録画再生装置では著作権保護を目的としたコピーコントロールによる管理機能を持つ。

コピーワンス属性放送された映像は、録画再生装置で1回のみ録画可能であり、録画された映像は複製禁止(No More Copy)属性のデータとして管理される。このようにコピーコントロールされた映像は録画再生装置から移動する場合、CPRM(Content Protection for Recordable Media)、DTCP(Digital Transmission Content Protection)、DTCP−IP(DTCP over Internet Protocol)、CGMS(Copy Generation Management System)といったコンテンツ保護される。このためデータ移動の際に移動先機器媒体に制限をうける。

また、デジタル放送を低解像度で変換録画した場合にも、コピーコントロールによる制限をうける。
特開2004−72476号公報
特開平11−260039号公報

概要

動画像データを、記録された媒体から移動や複製することなく外部編集装置で編集可能とし、映像編集の操作性を改善する録画再生装置およびその映像編集方法を提供する。 録画再生装置101において、デジタル記録された動画像の編集を行う外部編集装置102が接続され、外部編集装置102からの静止画像列送信要求に基づいて、動画像から複数枚静止画像各静止画像時間情報からなる静止画像列を作製し、作製した静止画像列を外部編集装置102に送信する静止画像列生成機能205と、外部編集装置102からの、静止画像列による動画像の編集命令を受信し、編集命令の実行処理を制御する外部編集制御機能202とを備えた。

目的

そこで、本発明の目的は、動画像データを、記録された媒体から移動や複製することなく外部編集装置で編集可能とし、映像編集の操作性を改善する録画再生装置およびその映像編集方法を提供することにある。

効果

実績

技術文献被引用数
2件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

動画像デジタル記録および前記デジタル記録された動画像の再生を行う録画再生装置であって、前記デジタル記録された動画像の編集を行う外部編集装置が接続され、前記外部編集装置からの静止画像列送信要求に基づいて、前記動画像から複数枚静止画像と前記各静止画像時間情報からなる静止画像列を作製し、作製した前記静止画像列を前記外部編集装置に送信する静止画像列生成手段と、前記外部編集装置からの、前記静止画像列による動画像の編集命令を受信し、前記編集命令の実行処理を制御する外部編集制御手段とを備えたことを特徴とする録画再生装置。

請求項2

請求項1記載の録画再生装置において、前記静止画像列生成手段は、前記外部編集装置から編集位置の時間情報を含む静止画像列の送信要求を受信し、前記編集位置の時間情報に基づいて、前記静止画像列を作製する前記動画像の範囲を変更することを特徴とする録画再生装置。

請求項3

請求項1または2記載の録画再生装置において、前記動画像に対してコピーコントロール管理を行うコピーコントロール管理手段と、前記動画像のコピーコントロール情報から、作製する前記静止画像列に含まれる静止画像に対し、画像保護処理を行う静止画像保護手段とを備えたことを特徴とする録画再生装置。

請求項4

請求項1、2または3記載の録画再生装置において、前記外部編集装置より受信した前記編集命令を実行し、前記編集命令からプレイリストを作製し、作製された前記プレイリストに従い動画像の再生を行う、または、編集された動画像を作製する編集処理手段を備えたことを特徴とする録画再生装置。

請求項5

動画像のデジタル記録および前記デジタル記録された動画像の再生を行う録画再生装置の映像編集方法であって、前記デジタル記録された動画像の編集を行う外部編集装置からの静止画像列の送信要求に基づいて、前記動画像から複数枚の静止画像と前記各静止画像の時間情報からなる静止画像列を作製し、作製した前記静止画像列を前記外部編集装置に送信し、前記外部編集装置からの、前記静止画像列による動画像の編集命令を受信し、前記編集命令の実行処理を制御することを特徴とする録画再生装置の映像編集方法。

技術分野

0001

本発明は、動画デジタル記録が可能な録画再生装置に関し、特に、動画像データの移動もしくは複製を行うことなく外部編集装置から編集作業ができるようにした録画再生装置およびその映像編集方法に関するものである。

背景技術

0002

従来、デジタル記録された動画像を編集するには、動画像データを録画した録画再生装置を使い編集する。

0003

近年、パーソナルコンピュータといった小型端末は、処理速度の高速化や表示画面の高解像度化により、デジタル記録された動画像の編集において利用されることが普及している。コンピュータを外部編集装置として利用した編集を行うには、まず録画再生装置から動画像の全データを外部編集装置に移動や複製した後に編集を開始する。データの移動時間を配慮し低解像度の動画像を利用するものもある(例えば、特許文献1参照)。

0004

また、インデックスファイルを作成し、これを編集することで、編集データの増加を防止したものもある(特許文献2参照)。

0005

一方で、デジタル放送の開始にともない、デジタル放送を受信し録画できる録画再生装置では、映像劣化のないデジタル録画が可能となった。デジタル録画された動画像は映像劣化なく複製を作製できるため、録画再生装置では著作権保護を目的としたコピーコントロールによる管理機能を持つ。

0006

コピーワンス属性放送された映像は、録画再生装置で1回のみ録画可能であり、録画された映像は複製禁止(No More Copy)属性のデータとして管理される。このようにコピーコントロールされた映像は録画再生装置から移動する場合、CPRM(Content Protection for Recordable Media)、DTCP(Digital Transmission Content Protection)、DTCP−IP(DTCP over Internet Protocol)、CGMS(Copy Generation Management System)といったコンテンツ保護される。このためデータ移動の際に移動先機器媒体に制限をうける。

0007

また、デジタル放送を低解像度で変換録画した場合にも、コピーコントロールによる制限をうける。
特開2004−72476号公報
特開平11−260039号公報

発明が解決しようとする課題

0008

録画再生装置にある動画像を外部装置により編集を行う場合、編集作業の開始前に、対象となる動画像データ全てを移動する必要があり、データの移動に時間を費やす。また、低解像度の動画像を利用する場合には、あらかじめ低解像度の第二動画像を記録する必要があり、また動画像データを移動する必要もある。

0009

録画再生装置において編集作業を行うと、録画再生装置に接続されたテレビを使用しながら編集確認を行うため、テレビを占有してしまう。また、録画再生装置固有操作の入力装置を使い編集作業を行う必要があり、操作内容によって入力装置を選べないという問題もある。

0010

また、コピーコントロール管理された動画像であれば、動画像の複製時に複製回数の制限や、動画像の移動時に移動先装置機器認証移動元の動画像データを削除するコピー制御の制限がある。

0011

そこで、本発明の目的は、動画像データを、記録された媒体から移動や複製することなく外部編集装置で編集可能とし、映像編集の操作性を改善する録画再生装置およびその映像編集方法を提供することにある。

課題を解決するための手段

0012

本発明による録画再生装置は、動画像のデジタル記録およびデジタル記録された動画像の再生を行う録画再生装置であって、デジタル記録された動画像の編集を行う外部編集装置が接続され、外部編集装置からの静止画像列送信要求に基づいて、動画像から複数枚静止画像各静止画像時間情報からなる静止画像列を作製し、作製した静止画像列を外部編集装置に送信する静止画像列生成手段と、外部編集装置からの、静止画像列による動画像の編集命令を受信し、編集命令の実行処理を制御する外部編集制御手段とを備えたものである。

0013

また、本発明の映像編集方法は、動画像のデジタル記録およびデジタル記録された動画像の再生を行う録画再生装置の映像編集方法であって、デジタル記録された動画像の編集を行う外部編集装置からの静止画像列の送信要求に基づいて、動画像から複数枚の静止画像と各静止画像の時間情報からなる静止画像列を作製し、作製した静止画像列を外部編集装置に送信し、外部編集装置からの、静止画像列による動画像の編集命令を受信し、編集命令の実行処理を制御するものである。

発明の効果

0014

本発明によれば、動画像データの移動を行わず、動画像データよりデータ量の少ない静止画を外部編集装置へ送信するため、外部編集装置で静止画像を確認しながら編集作業を行うことができる。

0015

また、本発明によれば、録画再生装置に接続する表示装置を必要とせず、外部編集装置を使い編集作業を行えるため、編集作業にあわせた入力装置や環境を選ぶことができる。

0016

また、本発明によれば、編集対象の動画像データの移動および複製を行わないため、コピーコントロール管理された動画像も編集することができる。

発明を実施するための最良の形態

0017

以下、本発明の実施の形態を図面に基づいて詳細に説明する。なお、実施の形態を説明するための全図において、同一の部材には原則として同一の符号を付し、その繰り返しの説明は省略する。

0018

<録画再生装置の外部編集装置による映像編集の概要
図1により、本発明の一実施の形態に係る録画再生装置の外部編集装置による映像編集の概要について説明する。図1は本発明の一実施の形態に係る録画再生装置の外部編集装置による映像編集の概要について説明するための説明図である。

0019

図1において、録画再生装置101には動画像データが記録されており、編集者は外部編集装置102を使用し、動画像の編集作業を行う構成となっている。

0020

録画再生装置101と外部編集装置102は通信回線103を通して接続され、編集者は外部編集装置102に表示された静止画像を確認しながら編集作業を行う。

0021

録画再生装置101より送信される映像データは、例えばDTCPによりコンテンツ保護104されている。

0022

通信回線103は、例えば、IEEE1394、イーサネット登録商標)、USB、ブルートゥース電話回線網により構成され、録画再生装置101と外部編集装置102との間の通信を媒介する。

0023

静止画像とは、例えば、JPEG、BMP、GIF、PNG、TIFF形式画像フォーマットMPEG動画像に含まれるIピクチャのことである。

0024

<録画再生装置および外部編集装置の機能>
次に、図2により、本発明の一実施の形態に係る録画再生装置および録画再生装置上の映像編集を行う外部編集装置の機能について説明する。図2は本発明の一実施の形態に係る録画再生装置および録画再生装置上の映像編集を行う外部編集装置の機能を説明するための説明図である。

0025

図2において、録画再生装置101は、編集処理手段である編集処理機能203、動画コーデック204、静止画エンコーダ206、静止画像列生成手段である静止画像列生成機能205、ストリーミング機能207、外部編集制御手段である外部編集制御機能202、コピーコントロール管理手段であるコピーコントロール管理218、静止画像保護手段である静止画像保護機能219を有する。録画再生装置101は編集対象となる動画像データ201を再生できる状態にある。

0026

編集処理機能203は、対象となる動画像データ201を読み出しデータ加工を行い新たな動画像データの作製保存や、プレイリストの作成を行う。

0027

動画コーデック204は動画像データ201の圧縮伸張を行うアルゴリズムで、動画像データの再生や作製を補助するものである。

0028

静止画エンコーダ206は静止画像データの圧縮を行うアルゴリズムで静止画像の作製を補助するものである。

0029

静止画像列生成機能205は、動画像データ201を読み出し、動画像データ201から一定時間間隔ごとに静止画像を作製し、静止画像と時間情報からなる静止画像列216を作製するものである。

0030

ストリーミング機能207は、動画像データ201を読み出し、コピー制御や暗号化処理され、コンテンツ保護された動画像データをストリーミング映像215として外部編集装置102に送信するものである。

0031

外部編集制御機能202は、外部編集装置102から編集命令213もしくは、静止画像要求214、ストリーミング要求217を受け付け、録画再生装置101の各機能の実行処理を制御するものである。

0032

コピーコントロール管理218は、動画像データ201のコンテンツ保護情報を制御し、データの保護管理をするものである。

0033

静止画像保護機能219は、静止画像列の作成時に、静止画に対しコンテンツ保護処理を行うものである。

0034

また、録画再生装置101上の映像編集を行う外部編集装置102は、映像要求機能208、編集命令生成機能209、静止画像列表示機能210、静止画デコーダ211、ストリーミング再生機能212を有する。

0035

映像要求機能208は録画再生装置101に対して、静止画像列216もしくはストリーミング映像215の送信要求をするものである。

0036

編集命令生成機能209は編集者が入力した編集操作解析し、録画再生装置101に送信する編集命令213を生成するものである。

0037

静止画像列表示機能210は録画再生装置101から送信された静止画像列216から静止画像と時間情報をサムネイル表示するものである。

0038

静止画デコーダ211は圧縮された静止画像データの伸張を行うアルゴリズムで、静止画の表示を行う静止画像列表示機能210を補助するものである。

0039

ストリーミング再生機能212は録画再生装置101から送信されたストリーミング映像215を再生表示するものである。映像データを記録媒体へ保存できないようにコンテンツ保護も行う。

0040

また、外部編集装置102から録画再生装置101には編集命令213または、静止画像要求214、ストリーミング要求217が送信される。

0041

編集命令213は、編集対象の動画像の指定、編集種別編集コマンド編集位置の時間情報から構成される。

0042

静止画像要求214は、要求データの形式対象動画像の指定、静止画像枚数、編集位置の時間情報から構成される。

0043

ストリーミング要求217は、要求データの形式、対象動画の指定から構成される。

0044

外部記憶装置の編集画面例>
次に、図3および図4により、本発明の一実施の形態に係る録画再生装置上の映像編集を行う外部編集装置の編集画面例について説明する。図3および図4は、本発明の一実施の形態に係る録画再生装置上の映像編集を行う外部編集装置の編集画面例を説明するための表示例であり、図3は映像編集する映像全体を等間隔で静止画表示した例、図4図3において指定された一部分を等間隔で静止画表示した例を示している。

0045

図3において、外部編集装置の編集画面は、静止画像と時間位置を表示したサムネイル701〜710と、動画像のタイムバー編集情報を付加して表示した編集バー721から構成され、サムネイル701〜710は時系列順に並べて表示されている。

0046

また、編集バー721の編集情報としては、例えば、図3に示す例では、斜線で示される箇所は、映像編集によりスキップする箇所と指定された情報となっている。

0047

また、編集バー721の上方には、現在表示されている各サムネイル701〜710の時間位置を示す三角印711〜720が表示されている。

0048

図3において、編集者がサムネイル701とサムネイル702の間の時間にある映像を表示し編集作業を行うには、サムネイル701とサムネイル702を選択し、表示の更新操作を行う。この変更操作は、例えば、画面上に表示された変更ボタン(図示せず)や、外部編集装置102のキーボードなどに設けられた変更ボタン(図示せず)などにより行うことができるようになっている。

0049

外部編集装置102では、編集位置の時間情報を含めた静止画像要求214を録画再生装置101に送信し、新規に静止画像列216を録画再生装置101より受信し、サムネイル701〜710を更新表示する。

0050

この更新表示された編集画面は、図4に示すように、更新された静止画像と時間位置を表示したサムネイル801〜810は、図3に示すサムネイル701の時間位置とサムネイル702の時間位置の間の時間位置を持つ。

0051

また、編集バー721の上方には、更新されたサムネイル801〜810の時間位置を示す三角印811が表示されている。編集者は更新されたサムネイル801〜810を確認しながら編集作業を行っていく。

0052

<録画再生装置および外部編集装置の動作>
次に、図5図8により、本発明の一実施の形態に係る録画再生装置および録画再生装置上の映像編集を行う外部編集装置の動作について説明する。図5および図6は本発明の一実施の形態に係る録画再生装置および録画再生装置上の映像編集を行う外部編集装置の動作を説明するための説明図であり、図5は外部編集装置が、録画再生装置より静止動画列を取得する場合の例を示し、図6は録画再生装置が外部編集装置から編集命令を取得し、編集を実行処理する場合の例を示している。

0053

図7は本発明の一実施の形態に係る録画再生装置の静止画像列生成機能の処理を示すフローチャート図8は本発明の一実施の形態に係る録画再生装置の編集処理機能の処理を示すフローチャートである。

0054

まず、外部編集装置102が、録画再生装置101より静止動画列を取得する動作としては、図5に示すように、外部編集装置102を使用している編集者が編集操作を開始すると、外部編集装置102は映像要求機能208により、録画再生装置101に静止画像要求214を送信する(ステップS10)。

0055

次に、録画再生装置101は外部編集制御機能202により、静止画像要求214を受信すると、静止画像列生成機能205を呼び出し実行し(ステップS11)、静止画像列生成機能205は対象となる動画像データ201から編集位置の時間にあたるデータ部コピーコントロール情報を読み出す(ステップS12,ステップS13)。

0056

次に、静止画エンコーダ206と静止画像保護機能219を利用して読み出した動画像データから静止画像を指定枚数生成する(ステップS14)。

0057

そして、ステップS14で生成した静止画像と各静止画の時間情報からなる静止画像列216を生成し、外部編集装置102に送信する(ステップS15)。

0058

次に、外部編集装置102は、静止画像列表示機能210により、受信した静止画像列216を、例えば図3に示すような、編集画面に静止画像と時間のサムネイル一覧として表示する。

0059

作成される静止画像列216の静止画像は、外部編集装置102がDTCPに対応していれば、静止画像保護機能219が静止画に対して暗号化を行うので、静止画枚数と画像の大きさを任意に設定する。

0060

また、外部編集装置102がDTCPに対応していないときは、例えば動画像データ201が映像サイズ:720×480、フレームレート:30fpsで録画され、コピーコントロールされた映像であるとすると、この映像の1秒間に対して、各フレーム30枚それぞれの静止画像を送信してしまうと静止画像からもとの映像が再現できてしまう。これを防ぐため、映像の1秒間に対して静止画1枚まで、サイズも144×96と小さくする制限をかける処理を行い、コンテンツ保護(コピーが意味ないようにする)を行う。

0061

また、録画再生装置101が外部編集装置102から編集命令を取得し、編集を実行処理する動作としては、図6に示すように、まず、外部編集装置102を使用している編集者が編集の実行操作を行うと、外部編集装置102は、編集命令生成機能209が生成した編集命令213を録画再生装置101に送信する(ステップS20)。

0062

次に、録画再生装置101は編集命令213を受信すると、外部編集制御機能202により編集処理機能203を呼び出す(ステップS21)。

0063

次に、編集処理機能203は編集命令213を基に編集作業を逐次実行処理し、編集した動画像データ51もしくは編集プレイリスト52を作製し編集処理を終了する(ステップS22,ステップS23)。

0064

また、図5における静止画像列生成機能205の処理としては、図7に示すように、まず、ステップS40において、静止画像列生成機能205が読み出され、処理を開始する。

0065

次に、ステップS41において、送信要求に編集位置の時間情報があるかを判別する。ステップS41において、時間情報がない場合は、対象動画像に対する最初の静止画像列要求と判断し、ステップS42の処理に移る。ステップS41において、時間情報があるときはステップS43に移る。

0066

ステップS42において対象となる動画像を読み出し、映像の先頭時間と最後部を編集位置の時間情報としステップS43に進む。

0067

次に、ステップS43において、編集対象の動画像がコピーコントロールされている映像かを判別する。ステップS43において、コピーコントロールされた映像の場合はステップS44に移る。ステップS43において、コピーコントロール対象外の映像の場合はステップS45に移る。

0068

ステップS44において、コピーコントロールされた映像の場合、静止画の枚数と、画像の大きさを変更しステップS45に移る。

0069

次に、ステップS45において、編集位置の時間情報と静止画像枚数から各静止画像の時間位置を計算処理する。

0070

次に、ステップS46において、対象となる動画像を読み込み、ステップS43で計算された時間位置にあたるフレーム映像から、静止画像を生成する。

0071

次に、ステップS47において、コピーコントロール情報をもとに生成された静止画像に対し静止画像の保護処理を行う。この静止画像の保護処理は、例えば、静止画像に電子透かしを挿入するなどして行われる。

0072

次に、ステップS48において、生成された静止画像と、ステップS43で計算された各静止画像の時間位置情報を静止画像枚数分まとめ、静止画像列を生成する。

0073

次に、ステップS49において、静止画像列を外部編集装置に送信し処理を終了する。

0074

また、図6における編集処理機能203の処理としては、図8に示すように、まず、ステップS60において、編集処理機能が読み出され、処理を開始する。

0075

ステップS61において、図6に示す編集命令213が実行可能か判別する。ステップS61において、実行できない命令がある場合、録画再生装置101に搭載されてない編集機能が編集命令に含まれるためステップS62に移る。ステップS61において、可能な場合、ステップS63に移る。

0076

ステップS62において、エラー処理を行い、編集処理を終了する。

0077

次に、ステップS63において、編集種別を判別する。ステップS63において、編集種別がプレイリスト作成であれば、ステップS64に移る。

0078

ステップS64において、編集命令からプレイリストを作成する。実際の動画像データの編集は行わない。

0079

次に、ステップS67において編集処理を終了する。

0080

また、ステップS63において、編集種別がプレイリスト作成ではなく、新規に動画像データを作成する必要がある編集であれば、ステップS65に移る。

0081

ステップS65において、編集対象の動画像がコピーコントロールにより複製禁止されているか判別する。ステップS65において、複製禁止の場合、ステップS62に移りエラー処理をして編集を終了する。

0082

ステップS65において複製可能であれば、ステップS66に移る。

0083

ステップS66において、編集対象の動画像を読み出し、編集命令の編集処理を逐次実行して、編集処理された新規の動画像データを作製する。

0084

次に、ステップS67において、編集処理を終了する。

0085

編集者が編集結果を動画像映像として確認したい場合、図2において外部編集装置102からストリーミング要求217を送信し、録画再生装置101からストリーミング映像215を受信する。これを再生表示し編集結果を確認する。

0086

以上のように、本実施の形態では、録画再生装置101から外部編集装置102への動画像データの移動を行わず、動画像データよりデータ量の少ない静止画を外部編集装置102へ送信して編集を行うようにしたので、外部編集装置102で静止画像を確認しながら編集作業を行うことができる。

0087

また、録画再生装置101に接続する表示装置を必要とせず、外部編集装置102を使い編集作業を行えるため、編集作業にあわせた入力装置や環境を選ぶことができる。

0088

また、編集対象の動画像データの移動および複製を行わないため、コピーコントロール管理された動画像も編集することができる。

0089

以上、本発明者によってなされた発明を実施の形態に基づき具体的に説明したが、本発明は前記実施の形態に限定されるものではなく、その要旨を逸脱しない範囲で種々変更可能であることはいうまでもない。

図面の簡単な説明

0090

本発明の一実施の形態に係る録画再生装置の外部編集装置による映像編集の概要について説明するための説明図である。
本発明の一実施の形態に係る録画再生装置および録画再生装置上の映像編集を行う外部編集装置の機能を説明するための説明図である。
本発明の一実施の形態に係る録画再生装置上の映像編集を行う外部編集装置の編集画面例を説明するための表示例である。
本発明の一実施の形態に係る録画再生装置上の映像編集を行う外部編集装置の編集画面例を説明するための表示例である。
本発明の一実施の形態に係る録画再生装置および録画再生装置上の映像編集を行う外部編集装置の動作を説明するための説明図である。
本発明の一実施の形態に係る録画再生装置および録画再生装置上の映像編集を行う外部編集装置の動作を説明するための説明図である。
本発明の一実施の形態に係る録画再生装置の静止画像列生成機能の処理を示すフローチャートである。
本発明の一実施の形態に係る録画再生装置の編集処理機能の処理を示すフローチャートである。

符号の説明

0091

51…編集した動画像データ、52…編集プレイリスト、101…録画再生装置、102…外部編集装置、103…通信回線、104…コンテンツ保護、201…動画像データ、202…外部編集制御機能、203…編集処理機能、204…動画コーデック、205…静止画像列生成機能、206…静止画エンコーダ、207…ストリーミング機能、208…映像要求機能、209…編集命令生成機能、210…静止画像列表示機能、211…静止画デコーダ、212…ストリーミング再生機能、213…編集命令、214…静止画像要求、215…ストリーミング映像、216…静止画像列、217…ストリーミング要求、218…コピーコントロール管理、219…静止画像保護機能、701〜710…サムネイル、711〜720…三角印、721…編集バー、801〜810…サムネイル、811…三角印。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 三菱電機株式会社の「 記録再生装置」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】後変換処理待ちの番組を効率的に処理することが可能な記録再生装置を提供することを目的とする。【解決手段】記録再生装置100は、ストリーム抽出部102と、ストリーム蓄積部107と、ストリーム蓄積部... 詳細

  • 株式会社JVCケンウッドの「 車両用記録装置、車両用記録方法及びプログラム」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】コストの大幅な増加を招くことなく、車両の全周囲において適切に映像を記録することができる。【解決手段】車両用記録装置は、車両の前方または後方を撮影する第1カメラの映像、および車両の前後左右の下方... 詳細

  • キヤノン株式会社の「 撮像装置およびその制御方法、並びにプログラム」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】連続して撮影された複数の画像の情報を、個々の画像から取得することができる技術を実現する。【解決手段】撮像装置は、撮像手段と、前記撮像手段により撮像された画像から画像ファイルを生成する生成手段と... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ