図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2006年6月29日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (4)

課題

情報化核酸を含有することにより、どのような出所履歴製品であるかを個別具体的に特定できる艶消し塗料組成物及び艶消し塗膜を提供する。

解決手段

艶消し塗料原料に、任意且つ既知塩基配列を有する部位を備える情報化核酸を含有した艶消し塗料組成物である。情報化核酸を樹脂固形分100gに対して0.5〜500μg含める。情報化核酸が単独で艶消し塗料原料に含まれ、水中で2次凝集しないように分散されている。情報化核酸を平均粒径が0.01〜40μmの微粒子担持させる。微粒子を樹脂固形分に対して5〜50%の割合で含める。上記の艶消し塗料組成物を固化して成る艶消し塗膜である。

概要

背景

従来から、個別認証には、ナンバープレート紙幣などの透かし印刷ICチップ及びクレジットカード写真などが利用されている。しかし、これらの個別認証手段は、剥離、切断、消去などにより製品から除去できるという欠点があった。このため、製品から取り除くことのできない、即ち消失しない認証情報の開発が期待されていた。

一方、DNAは、元来全ての生物が保有し、それぞれの生物において、全ての遺伝情報を含む情報生体分子である。その多くは多数のタンパク質アミノ酸配列に対応するものである。即ち、デオキシアデノシン(dA)、デオキシグアノシン(dG)、デオキシシトシン(dC)及びデオキシチミン(dT)がリン酸エステル結合を介し一定の方向性をもって結合して成り、その塩基数をn個とすると、その長さのDNAは4n種類存在することになる。従って、例えばわずか16種類の塩基数でも約43億種類のそれぞれ区別できるDNAが存在し得る。現在では、数十塩基配列を有するDNAであれば、どのような配列のものでも任意に合成することができる。また、DNAは、ある程度以上の量があれば、自動配列読み取り装置シーケンサー)で自動的にその配列を決定することができる。

このような背景から、水不溶性媒体にDNAを含ませた偽造防止ラベルを製品に用いることにより、該DNAの存在・不存在を手掛かりにして、その製品の真偽を明らかにすることが提案されている(特許文献1参照)。
特開2004−159502号公報

概要

情報化核酸を含有することにより、どのような出所履歴の製品であるかを個別具体的に特定できる艶消し塗料組成物及び艶消し塗膜を提供する。艶消し塗料原料に、任意且つ既知の塩基配列を有する部位を備える情報化核酸を含有した艶消し塗料組成物である。情報化核酸を樹脂固形分100gに対して0.5〜500μg含める。情報化核酸が単独で艶消し塗料原料に含まれ、水中で2次凝集しないように分散されている。情報化核酸を平均粒径が0.01〜40μmの微粒子担持させる。微粒子を樹脂固形分に対して5〜50%の割合で含める。上記の艶消し塗料組成物を固化して成る艶消し塗膜である。なし

目的

本発明は、このような従来技術の有する課題に鑑みてなされたものであり、その目的とするところは、情報化核酸を含有することにより、どのような出所・履歴の製品であるかを個別具体的に特定できる艶消し塗料組成物及び艶消し塗膜を提供することにある。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

艶消し塗料原料に、任意且つ既知塩基配列を有する部位を備える情報化核酸を含有して成ることを特徴とする艶消し塗料組成物

請求項2

上記情報化核酸が、樹脂固形分100gに対して0.5〜500μg含まれることを特徴とする請求項1に記載の艶消し塗料組成物。

請求項3

上記情報化核酸を微粒子担持して成ることを特徴とする請求項1又は2に記載の艶消し塗料組成物。

請求項4

上記微粒子の平均粒径が、0.01〜40μmであることを特徴とする請求項3に記載の艶消し塗料組成物。

請求項5

上記微粒子の含有量が、樹脂固形分に対して5〜50%の割合であることを特徴とする請求項3又は4に記載の艶消し塗料組成物。

請求項6

上記艶消し塗料原料が、親油性液体親水性液体及び粉体のうちのいずれかであることを特徴とする請求項1〜5のいずれか1つの項に記載の艶消し塗料組成物。

請求項7

請求項1〜6のいずれか1つの項に記載の艶消し塗料組成物を固化して成ることを特徴とする艶消し塗膜

技術分野

0001

本発明は、艶消し塗料組成物及び艶消し塗膜係り、更に詳細には、個別認証に利用できる情報化核酸を用いた艶消し塗料組成物及び艶消し塗膜に関する。

背景技術

0002

従来から、個別認証には、ナンバープレート紙幣などの透かし印刷ICチップ及びクレジットカード写真などが利用されている。しかし、これらの個別認証手段は、剥離、切断、消去などにより製品から除去できるという欠点があった。このため、製品から取り除くことのできない、即ち消失しない認証情報の開発が期待されていた。

0003

一方、DNAは、元来全ての生物が保有し、それぞれの生物において、全ての遺伝情報を含む情報生体分子である。その多くは多数のタンパク質アミノ酸配列に対応するものである。即ち、デオキシアデノシン(dA)、デオキシグアノシン(dG)、デオキシシトシン(dC)及びデオキシチミン(dT)がリン酸エステル結合を介し一定の方向性をもって結合して成り、その塩基数をn個とすると、その長さのDNAは4n種類存在することになる。従って、例えばわずか16種類の塩基数でも約43億種類のそれぞれ区別できるDNAが存在し得る。現在では、数十塩基配列を有するDNAであれば、どのような配列のものでも任意に合成することができる。また、DNAは、ある程度以上の量があれば、自動配列読み取り装置シーケンサー)で自動的にその配列を決定することができる。

0004

このような背景から、水不溶性媒体にDNAを含ませた偽造防止ラベルを製品に用いることにより、該DNAの存在・不存在を手掛かりにして、その製品の真偽を明らかにすることが提案されている(特許文献1参照)。
特開2004−159502号公報

発明が解決しようとする課題

0005

しかし、特許文献1に記載の技術は、基本的にはDNAと水不溶媒体混合方法に係るものであり、製品の真偽確認方法としては、PCR法によるリボ核酸増幅の有無を確認することにより、リボ核酸入り対象製品を同定することが示されている。また、DNAの存在・不存在を検定指標とする真偽確認データは元より、DNAの配列を検定指標とし、同種製品であっても個々の製品毎の認証を可能とする、個別認証に関するデータは開示されていない。

0006

一方、車両など物品盗難損壊事件においては、事件現場に残された物品の塗料片から対象物品を早期に特定したいという要請がある。

0007

本発明は、このような従来技術の有する課題に鑑みてなされたものであり、その目的とするところは、情報化核酸を含有することにより、どのような出所履歴の製品であるかを個別具体的に特定できる艶消し塗料組成物及び艶消し塗膜を提供することにある。

課題を解決するための手段

0008

本発明者らは、上記課題を解決すべく鋭意検討を重ねた結果、DNAに代表される核酸を一つの認証情報としてとらえ、艶消し塗膜中の情報化核酸を後から検出することにより、上記課題が解決できることを見出し、本発明を完成するに至った。

発明の効果

0009

本発明によれば、工業製品などの量産品であっても、含まれる情報化核酸の配列を決定することにより、対象となる製品を個別的に認証できる。

発明を実施するための最良の形態

0010

以下、本発明の艶消し塗料組成物について詳細に説明する。なお、本明細書及び特許請求の範囲において、「%」は特記しない限り質量百分率を示す。

0011

本発明の艶消し塗料組成物は、艶消し塗料原料に、任意且つ既知の塩基配列を有する部位を備える情報化核酸を含有して成る。これより、艶消し塗料として容易に製品に塗布できるとともに、塗膜形成後は該製品から除去することが困難となるので、優れた個別認証手段として使用できる。

0012

ここで、上記情報化核酸とは、DNA(デオキシリボ核酸)、RNA(リボ核酸)及びこれらの誘導体をいい、天然型でも人工型でも良いが、使用環境が厳しい艶消し塗料組成物中に含めることを考慮すると、構造的に安定している人工型を使用するのが好ましい。人工型においては天然型には存在しない結合様式の(例えばヌクレオシド同士の結合がリン酸エステル結合だけでなくチオリン酸エステル結合のような非天然型を含むなどの)配列を形成できる。

0013

また、上記情報化核酸において、塩基配列部位が任意であるとは、検出可能な塩基配列である限り無作為に選択され得ることを示し、塩基配列部位が既知であるとは、個別認証に用いられる塩基配列が予め把握されていることを示す。

0014

上記情報化核酸の大きさは、核酸全体における塩基数が200以下であることが好ましい。200を超えると合成の段階でごくわずかずつ未反応部位が生成し、塩基欠けたものの含有量が増大し易い。より好ましくは100塩基程度であることが良い。 更に、上記塩基配列においてチミン同士が隣接しないことが好ましい。これより、チミンがダイマー化するのを抑制できる。

0015

また、上記情報化核酸は、OH基と反応する化合物と併用する場合や厳しい環境下で使用される場合の安定性を向上させる観点から、保護基により誘導化されていることが好ましい。具体的には、5´位、3´位のいずれか一方又は双方にある水酸基を、リン酸エステル基アシル基アルコキシカルボニル基ベンジル基置換ベンジル基及びアリル基などを用いて誘導化することができる。図1の(A)に天然型DNA、(B)に5´位を誘導化したDNAを示す。

0016

更に、単離や精製の利便性を高める観点から、5´位の水酸基をビオチン又は蛍光分子により誘導化することが好ましい。具体的には、ビチオンを用いるとアビジンというタンパク質を結合したカラムに選択的に吸着され易くなる。一方、フルオレセインなどの蛍光分子を用いると核酸自体が蛍光をもつようになるため、感度よく検出でき精製等が容易になる。このように、単離や精製の利便性を高めると、個別認証が極めて容易になる。

0017

なお、上記情報化核酸としてRNAを用いるときは、安定性を向上させる観点から2´位の水酸基を上記保護基により誘導化することもできる。

0018

また、上記情報化核酸は、艶消し塗料組成物中の含有量が少ない場合でも効率良く検出されるようにする観点から、上記塩基配列部位が該情報化核酸の増幅に用いられる部位であることが好ましい。かかる情報化核酸の増幅方法としては、相乗的に増幅させることのできるポリメラーゼ連鎖反応PCR)が適宜採用できる。

0019

代表的には、情報化核酸が極微量であっても極度に増幅できるPCR法を採用することが望ましい。この方法では、例えば、DNAの末端数十塩基と相補的な塩基(プライマー)の存在下に温度制御を行いつつ耐熱性DNAポリメラーゼを作用させると、元のDNAを倍増させることができる。これを例えば30回繰り返せば数億倍に増幅させることができる。この増幅により微量のサンプルからでもその配列を決定するのに十分な量を得ることができるようになり、ひいては配列に対応する情報から該情報化核酸が含まれていた製品(艶消し塗料組成物)の「身元」が判明することになる。

0020

また、このときは、上記増幅に用いられる部位として、両端にポリメラーゼ連鎖反応(PCR)に必要なプライマー対応部位を有することが好ましい。情報化核酸はプライマーを備えていなくても使用できるが、プライマーを備えることにより短時間で識別できるようになるからである。

0021

かかるプライマー対応部位について、塩基数の下限は5以上であることが好ましい。より好ましくは10以上であることが良い。塩基数が5未満では、区別できる核酸の数が減少し、特に多くの製品(艶消し塗料組成物)が混在するときは識別に時間がかかってしまう。一方、塩基数の上限は100以下であることが好ましい。塩基数が100を超えるといずれかの位置の塩基を欠いた副生成物比率が高くなり、精製に手間がかかるか、場合によっては精製困難となってしまう。

0022

なお、情報化核酸としてRNAを用いるときは、逆転写酵素を用いて配列の相補的なDNAを得、このDNAを用いてPCR法を行うことができる。

0023

また、上記情報化核酸は、上記塩基配列部位の他に更に認証情報部位を有することが好ましい。このときは、より詳細な情報設定により個別認証を実行できる。

0024

例えば、図2に示すように、両端にプライマー対応部位を備えた情報化DNAであれば、中央にm個の塩基数の配列を置き(B1〜Bm)、この部分の配列情報を認証情報に対応させる。その両端には、それぞれl(エル)個、n個のプライマーに相補的な配列(X1〜Xl,P1〜Pn)を連結する。この部分が存在することにより初めてPCR法の採用が可能となる。情報化DNAはこの1本鎖のもの又はそれと相補的な配列のDNAと複合体を形成した2本鎖のものを情報素子として用いることができる。このプライマー対応部位の配列は、できるだけ相補的配列の結合が安定になり且つPCR法による増幅が円滑に進行するように工夫できる。

0025

更に、上記情報化核酸は、樹脂固形分100gに対して0.5〜500μg含まれることが、情報化核酸の検出精度及び艶消し塗料原料への分散性などを良好とする観点から好適である。より好ましくは50〜100μg、特に好ましくは75〜100μgであることが良い。添加量が0.5μgより少ないと、艶消し塗膜から情報化核酸を識別することが困難となり易い。500μgを超えると、付着性が低下し易い。なお、上記樹脂固形分とは、艶消し塗料組成物が固化した艶消し塗膜を示す。

0026

上記艶消し塗料原料としては、一般的な艶消し塗料を用いることができ、代表的には、親油性液体であるアクリル系塗料メラミン系塗料及びウレタン系塗料など、親水性液体である親水化アクリル系塗料、ウレタン系塗料及びメラミン系塗料など、粉体であるポリエステル系塗料及びアクリル系塗料などが挙げられる。また、上記親油性液体は、一液型であっても良いし、二液型(例えばウレタン樹脂塗料)などを用いても良い。

0027

なお、本発明の艶消し塗料組成物には、上記艶消し塗料原料及び上記情報化核酸の他にも各種添加剤を含有することができる。例えば、有機顔料無機顔料分散剤硬化促進剤などの各種添加剤を適宜含有できる。

0028

また、上記情報化核酸は、微粒子担持することが好適である。これより、艶消し塗料原料に含有させた情報化核酸が、該艶消し塗料原料から流出するのを抑制でき、艶消し塗料組成物を長寿命化できる。

0029

更に、上記微粒子の平均粒径は、0.01〜40μmであることが、情報化核酸の検出精度及び艶消し塗料原料への分散性などを良好とする観点から好適である。より好ましくは0.02〜10μm、特に好ましくは0.02〜5μmであることが良い。この平均流径が0.01μmより小さいと検出精度が低下し易く、40μmより大きいと平滑性が低下し易い。

0030

更にまた、上記微粒子の含有量は、上記樹脂固形分に対して5〜50%の割合であることが、情報化核酸の検出精度及び艶消し塗料原料への分散性などを良好とする観点から好適である。より好ましくは5〜30%であり、特に好ましくは5〜10%であることが良い。含有量が5%より少ないと、サンプリングされた艶消し塗膜中の微粒子の量が少な過ぎるために、検出の精度が低下する可能性がある。50%を超えると、付着性が低下し易い。

0031

上記微粒子としては、例えば、シリカ酸化亜鉛の他、酸化チタン酸化モリブデン酸化タングステンチタン酸バリウムなどが好適に用いられる。また、上記微粒子は、滅菌蒸留水中に分散させて懸濁液となし、この懸濁液に上記情報化核酸をそのまま、あるいは当該情報化核酸を滅菌蒸留水に溶解させた情報化核酸水溶液を加え、乾燥することによって製造することができる。このとき、上記情報化核酸については、一部を水溶液とすることなくそのままの状態で加え、残部を水溶液の状態で加えるようにしても何ら差し支えない。

0032

また、このとき、上記懸濁液には、アルコール(例えば、メタノールエタノールプロパノールブタノールペンタノールヘキサノールヘプタノールオクタノールノナノールなど)、エステル(例えば、酢酸エチル酢酸ブチル酢酸プロピルなど)、ケトン(例えば、アセトンジメチルケトンメチルエチルケトンジエチルケトンなど)及び芳香族溶剤トルエンヘキサンシクロヘキサンキシレンなど)の溶媒を更に添加することが望ましく、これによって上記微粒子の懸濁液中における分散性が向上すると共に、情報化核酸が添加された後の水分及び溶剤分の揮発が促進されることになる。

0033

なお、これら溶媒は1種のみに限定されず、2種以上の溶媒を併用することも可能である。また、これら溶媒は、情報化核酸と同時、あるいは情報化核酸を加えた後に添加しても、特に差し支えはない。

0034

上記溶媒の添加量としては、アルコールの場合には、滅菌蒸留水/アルコールの容量比を1〜99の範囲とすることが好ましく、アルコール以外の溶媒の場合、即ちエステル、ケトン、芳香族溶剤の場合には、滅菌蒸留水/溶媒の容量比を1〜75の範囲とすることが好ましい。

0035

即ち、溶媒の添加量が少な過ぎると、溶媒添加による上記効果が十分に得られず、逆に多過ぎても、水との相溶性低下によって水が揮発せずに残り易くなり、上記効果が十分に得られないようになる傾向がある。

0036

次に、本発明の艶消し塗膜について詳細に説明する。艶消し塗膜は、上述した艶消し塗料組成物を任意の基材に配設し固化して成る。例えば、図3に示すように、下塗り塗膜層1とベースコート層2と艶消し塗膜層3から成る積層塗膜が挙げられ、この艶消し塗膜層3に、プライマー対応部位を備えた情報化DNAを含有できる。

0037

また、艶消し塗膜の膜厚としては、特に限定されるものではないが、20〜30μm程度とすることが情報化核酸の検出精度などの観点から好ましい。

0038

なお、上記任意の基材としては、代表的には鉄、アルミニウム及び銅などの各種金属材ポリプロピレン及びポリカーボネートなどの各種有機材石英及びセラミックス炭化カルシウム他)などの各種無機材が挙げられる。また、これらに艶消し塗料組成物を被覆する方法としては、公知慣用の方法が採用できる。例えば、はけ塗り法、吹付け法静電塗装法電着塗装法、更にはスパッタ法などが挙げられる。更に、上記艶消し塗膜は、情報化核酸が検出できる範囲で被覆されていれば良く、基材の全体又は一部に被覆できる。

0039

以上説明した艶消し塗料組成物及び艶消し塗膜においては、情報化核酸を検出することにより、個別認証を行うことができる。

0040

このとき、塩基配列を決定するに当たり、艶消し塗料組成物又は艶消し塗膜から抽出される該情報化核酸のデータと、該情報化核酸のデータを少なくとも含む情報化核酸データベースとを対比することが望ましい。予め把握された情報化核酸のデータベースと比較することにより製品認証にかかる時間を大幅に減らすことが可能となる。

0041

かかるデータベースに蓄えられるデータとしては、例えば電気泳動時間やゲル濾過した際の移動距離(これは、情報化核酸自体をコントロールレーンに流せば足りる)などを挙げることができる。

0042

また、上記個別認証方法において、PCR法により情報化核酸を増幅させるに当たり、抽出された情報化核酸の溶液、PCR緩衝液、滅菌蒸留水、少なくとも1種のプライマー、2,3−ジデオキシヌクレオシド三リン酸(dNTP)及びポリメラーゼを混合し、(1)92〜95℃で2〜5分間加熱し、次いで、(2a)92〜95℃で30〜60秒間、(2b)20〜50℃で30〜60秒間、(2c)70〜80℃で30〜120秒間、の加熱サイクルを20〜50回繰り返し、しかる後、(3)70〜80℃で1〜10分間加熱処理することが好ましい。なお、情報化核酸の塩基配列の任意性を高めるという観点からはより2種のプライマーを用いることが好ましい。

0043

(1)において、94℃で5分が特に好ましい。92℃で2分より短いとDNAの2本差への分離が困難になり、95℃で5分より長いと、酵素失活するからである。なお、艶消し塗料組成物又は艶消し塗膜に含まれる情報化核酸が1本鎖である場合には不要である。

0044

また、(2a)において94℃で30秒が特に好ましい。92℃で30秒より短いと増幅率が低下し、95℃で60秒より長いと、酵素が失活する。

0045

更に、(2b)において40℃で30秒が特に好ましい。20℃で30秒より短いとプライマーとDNAの結合が困難になり、50℃で60秒より長いと、酵素が失活する。

0046

また、(2c)において72℃で30秒が特に好ましい。70℃で30秒より短いと伸長が不十分になり、80℃で120秒より長いと酵素が失活する。

0047

更に、(3)において72℃で7分が特に好ましい。70℃で1分より短いと伸長が不十分になり、80℃で10分より長いと時間の無駄になる。

0048

更にまた、加熱サイクル(2a)〜(2c)の繰り返しは、30回が特に好ましく、20回より少ないと増幅率が低下し、50回より多いと時間の無駄になる。

0049

図4に、上記個別認証方法の一実施形態のフロー図を示す。図示のように、S1において、艶消し塗料組成物又は艶消し塗膜から情報化DNAを抽出する。S2において、凍結乾燥により濃縮する。S3において、2種類のプライマーとポリメラーゼを加える。S4において、PCRを繰り返すことによりDNAを増幅する。S5において、残った余分なプライマーを一本鎖DNA開烈酵素により分解する。S6において、二本鎖である情報化DNAをゲル濾過で精製する。S7において、シーケンサーにより配列決定を行う。

0050

ここで、S1においては、例えば艶消し塗膜を粉末にして少量の水と混ぜればよいが、例えば情報化DNAを微粒子に担持させる際に化学的結合させた場合には、加水分解などすることにより効率良く抽出することができる。また、S2においては、例えば遠心エバポレーターを用いて濃縮してもよい。更に、S5においては、一本鎖DNA切断酵素として、例えばTaq DNAポリメラーゼ、TthDNAポリメラーゼ、Tfl DNAポリメラーゼ、Ventポリメラーゼ、Pfuポリメラーゼ、Bca BESTポリメラーゼ、KODDNAポリメラーゼなどを使用できる。また、S6とS7との間に、更にS3及び4と同様の操作を繰り返して、目的のDNAを増幅させてもよい。S7においては、質量分析装置によって配列決定を行ってもよく、シーケンサーによる配列決定と組み合わせてもよい。

0051

また、情報化核酸の単離や精製の利便性を高める観点から、5´位の水酸基をビオチン又は蛍光分子により誘導化することが好ましい。具体的には、ビチオンを用いるとアビジンというタンパク質を結合したカラムに選択的に吸着され易くなる。一方、フルオレセインなどの蛍光分子を用いると核酸自体が蛍光をもつようになるため、感度よく検出でき精製等が容易になる。このように、単離や精製の利便性を高めると、個別認証が極めて容易になる。

0052

更にまた、例えば5´位を硫黄置換した場合には、水で抽出したものを更に金(Au)をコーティングした担体のカラムを通すことで容易に分離をすることができる。

0053

以下、本発明を実施例により更に詳述するが、本発明はこれらの実施例に限定されるものではない。

0054

1.プライマー対応部位を備えた情報化DNAを含有する艶消し塗料組成物の調製
粒径が異なる情報化DNAを固定させた微粒子及び情報化DNAを固定させた微粒子と同じ微粒子を艶消し剤として、クリヤー塗料日本ペイント(株)製スーパーラック0−130 GN3)に攪拌しながら規定量を添加し、1時間攪拌した。

0055

2.使用した微粒子
(1)平均粒径0.02μm:昭和電工(株)製 ZS−032(酸化亜鉛)
(2)平均粒径40μm:(株)マイクロン製 AW40−74(酸化アルミニウム
(3)平均粒径60μm(株)マイクロン製 AW50−74(酸化アルミニウム)

0056

3.積層塗膜の形成
リン酸亜鉛処理した厚み0.8mm、70mm×150mmのダル鋼板に、カチオン電着塗料商品名「パワートップU600M」、日本ペイント社製カチオン型電着塗料)を、乾燥膜厚が20μmとなるように電着塗装した後、160℃で30分間焼き付けた。その後、日本油脂社製のグレー中塗り(商品名:ハイエピコNo.500)を30μm塗装し、140℃で30分間焼き付けた。

0057

次に、ベースコート(日本ペイント(株)製スーパーラックM180 BKH3)を塗装後、情報化DNAを含有する艶消し塗料を30μm塗装し、140℃で30分間焼き付けた。

0058

得られた実施例1〜22の積層塗膜について、DNAの検出、耐湿性(付着性)及びを以下のようにして評価した。

0059

<情報化DNAの検出>
(1)上記情報化核酸組成物試験片カッターを用いて、細かく裁断した。
(2)試験細片に滅菌蒸留水5mLを加え、マグネチックスターラーにより攪拌して、DNAを水層に抽出した。
(3)遠心機を用いて、試験細片と水層を分離し、水層を遠心エバポレータを用いて濃縮した。
(4)溶出回収したDNA溶液(5μL)、PCRbuffer(5μL)、Taq polymerase(0.25μL)、滅菌蒸留水(24.75μL)、5μMのプライマー1(5μL)、5μMのプライマー2(5μL)、及び2mM dNTP(5μL)を混合した。
・プライマー1 …5´−TGCACGACCGTGTACTC−3´
・プライマー2 …5´−CCGACCAACGTGTCCACT−3´
(5)94℃で5分間加熱後、[94℃で30秒→40℃で30秒→72℃で30秒]を30回繰り返した。
(6)72℃で7分処理後、4℃で保存した。
(7)1本鎖DNA開裂酵素S1ヌクレアーゼ)を用いて、余分なプライマーを分解し、目的の2本鎖情報化DNAをゲル濾過で精製した。
(8)精製した情報化DNAに一種類のプライマー(プライマー1:5´−TGCACGCACCGTGTACTC−3´)及び蛍光標識した2,3−ジデオキシヌクレオシド三リン酸を混合した。
(9)上記工程(4)〜(6)と同様の操作を行った。
(10)ゲル濾過精製後、自動シーケンサーに供し、配列決定を行った。
表1及び表2に示すように、これらの工程を行い情報化DNAの検出を試みたところ、情報化DNAの識別が容易であったものを○、更にPCR処理が必要であったものを△とした。

0060

<耐湿性(付着性)の評価>
50℃、相対湿度95%の雰囲気中に500時間放置後に取り出し、密着力を確認した。密着力は、塗膜カッターナイフ(JIS K 5400の7.2(2)(e)に規定)で塗膜素地に達する直交する縦横11本ずつの平行線を2mmの間隔で引き、正方形碁盤目を形成した。碁盤目状の塗膜の上にセロハンテープ(JIS Z 1522に規定)を密着させ上方に一気に引き剥がし、100個の碁盤目中の塗膜の残った碁盤目の数を測定した。この結果を表1及び表2に示す。

0061

<艶の評価>
スガ試験機(株)製のデジタル角光沢計UGV−5Kを用いて、60度光沢を測定した。40以下を○、40〜60を△、60以上を×とした。この結果を表1及び表2に示す。

0062

0063

0064

表1及び表2から明らかなように、実施例1〜12の艶消し塗膜は、いずれも情報化DNAが良好に識別でき、また良好な外観及び良好な密着性を示している。言い換えれば、通常の塗装と同様の作業性で目的の外観が得られ、艶消し塗膜の識別が可能である。

0065

これに対して、実施例13〜16の艶消し塗膜は、情報化DNAの含有量が本発明の好適範囲よりも少ないため、情報化DNAの識別性が低下する結果となり、実施例17〜22の艶消し塗膜は、情報化DNAの含有量、微粒子の粒径及び使用量のいずれかが本発明の好適範囲を逸脱しているため、情報化DNAの識別性の低下、防湿性の低下又は外観(艶)の低下が生じた。

図面の簡単な説明

0066

天然DNAとこの5´位を誘導化したDNAを示す構造式である。
認証情報部位に両端にプライマーを有する情報化核酸を示す概略図である。
艶消し塗膜を含む積層塗膜の一例を示す断面概略図である。
個別認証方法の一例を示すフロー図である。

符号の説明

0067

1下塗り塗膜層
2ベースコート層
3プライマーを備えた情報化DNA含有艶消し塗膜層

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 国立大学法人東北大学の「 相同組換え修復活性の定量法」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題・解決手段】細胞における相同組換え修復活性の測定方法は、部位特異的ヌクレアーゼにより、細胞内の標的ゲノムDNA領域の二本鎖を特定部位で切断すること、細胞にタグ配列を含むドナーベクターを導入し、相... 詳細

  • 長瀬産業株式会社の「 エルゴチオネインの製造方法」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題・解決手段】安価かつ大量にエルゴチオネインを製造する方法および該方法に使用する細菌を提供する。エルゴチオネインもしくはその関連物質、またはこれらの混合物の製造方法であって、エルゴチオネイン生産能... 詳細

  • 神戸天然物化学株式会社の「 形質転換植物、およびその利用」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題・解決手段】本発明の目的は、活性型VD3の前駆体である7−デヒドロコレステロールの産生量が増加した形質転換植物およびその利用技術を提供することである。異なる2種類の第1および第2の7−デヒドロコ... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ