図面 (/)

技術 互いに結び付けられた友人およびグループのリアルタイムのグラフィック探索のためのツール

出願人 マイクロソフトコーポレーション
発明者 ブレンダンケー.レビルダンビー.クロイマンファブリスオデロジェフリーディー.ヘンショウジェフリーエル.アレン
出願日 2005年10月27日 (12年0ヶ月経過) 出願番号 2005-312950
公開日 2006年6月22日 (11年5ヶ月経過) 公開番号 2006-164241
状態 特許登録済
技術分野 電子ゲーム機 オンライン・システム オンライン・システム デジタル計算機のユーザインターフェイス デジタル計算機のユーザインターフェイス
主要キーワード アルノー CPUサイクル 問題解決法 オーバーレイ領域 マルチメディアコンソール ワイヤレスアダプタ アダプタコンポーネント 外部メモリデバイス

この技術の活用可能性のある市場・分野

関連する未来課題
重要な関連分野

この技術に関連する成長市場

関連メディア astavision

  • 画像診断・生体イメージング

    医療の診断において、非侵襲的あるいは低侵襲的な検査方法として、生体組織を可視化するin vivoイメ…

  • 燃料電池車

    水素を燃料とし、空気中から取り込んだ酸素と反応させることで生み出した電気エネルギーを駆動力に利用する…

  • CCS(CO2の分離・回収、地下・海底貯留)

    CCS(Carbon dioxide Capture and Storage:二酸化炭素回収・貯蔵技…

後で読みたい技術情報を見つけたら、ブックマークしておきましょう!

ページの右上にあるブックマークボタンからこのページをブックマークできます。
あなたがブックマークした技術情報は、いつでもマイページのリストから閲覧することが出来ます。

この項目の情報は公開日時点(2006年6月22日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (7)

課題

ユーザゲームコンソール上で互いに結び付けられた友人ウェブグラフィックスナビゲートすることを可能にするライブネットワークエクスプローラ(LNE)を提供すること。

解決手段

中央ノードは、ユーザの友人達を表すノードで囲まれる。リアルタイムアニメーションが使用されて、ユーザが個人から個人へナビゲートするにつれ、遷移が表される(202)。LNEは、このグラフィックスで互いに結び付けられたウェブの中で、グループをビジュアルノードとして表して、個人が属するグループにユーザが移動することができ、結び付きによってグループ内のすべての人々を見ることができるようにする(204)。ユーザは、グループ内のそれらの人々のいずれにもナビゲートすることができる。ユーザは、個人の上でクリックして、そのデジタル身元詳細を表示できる(206)。

背景

Web上における通常の友人の友人探索は、Webサイトナビゲートし、しばしば、人々のフラットリストを調べることに関わるため、主流のユーザには、フレンドリな体験ではない。通常、それらのWebサイトは、人々に、友人、または友人の友人、または友人の友人の友人などを参照させるサービスを提供する。ユーザは、サインアップする際、関心のリストのリストを提供し、友人、および友人の電子メールアドレスのリストを求められる。ユーザの友人もサインアップした場合、友人は、招待者(inviter)に対する自身の関係を確認するように求められる。それらの社会的リンク確立されると、ユーザは、連絡先のWeb全体を点検して、会いたい人々を探し出し、メッセージをその人々に送信することができる。招待機能は、社会的関係を検証するシステムを作成し、ランダム連絡から参加者を保護する一種仮想保証(vouch)」を提供する。

概要

ユーザがゲームコンソール上で互いに結び付けられた友人のウェブグラフィックスでナビゲートすることを可能にするライブネットワークエクスプローラ(LNE)を提供すること。中央ノードは、ユーザの友人達を表すノードで囲まれる。リアルタイムアニメーションが使用されて、ユーザが個人から個人へナビゲートするにつれ、遷移が表される(202)。LNEは、このグラフィックスで互いに結び付けられたウェブの中で、グループをビジュアルノードとして表して、個人が属するグループにユーザが移動することができ、結び付きによってグループ内のすべての人々を見ることができるようにする(204)。ユーザは、グループ内のそれらの人々のいずれにもナビゲートすることができる。ユーザは、個人の上でクリックして、そのデジタル身元詳細を表示できる(206)。

目的

上記のサービスは、リアルタイムでなく、グラフィックナビゲーションを欠き、友人以外の関係を規定しないという点で、これらのサービスのいくつかの限界存在する。必要とされているのは、以上、およびその他の限界を克服して、ユーザが、互いに接続されたノードのグラフィックWebをシミュレートすることを可能にし、関係のユーザによる視覚化品質を向上させるシステムである。本発明は、そのような問題解決法を提供する。

効果

実績

技術文献被引用数
2件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

メモリと、マイクロプロセッサと、ネットワークインターフェースと、ライブネットワークエクスプローラモジュールとを含み、該モジュールは、ユーザ友人達、または該ユーザが属するグループを示す第1の追加ノードで囲まれた、該ユーザを示す第1のノードを表すグラフィカルユーザインターフェースを提供することを特徴とするゲームコンソール

請求項2

前記ライブネットワークエクスプローラモジュールは、オンラインサービスクエリを行って、前記友人達および前記グループのプレゼンス情報を特定することを特徴とする請求項1のゲームコンソール。

請求項3

前記ライブネットワークエクスプローラモジュールは、前記グラフィカルユーザインターフェースを、前記第1の追加のノードのうち選択されたノードである第2のノードの中心に合わせることを特徴とする請求項1のゲームコンソール。

請求項4

前記ライブネットワークエクスプローラモジュールは、前記グラフィカルユーザインターフェースを更新して、前記第2のノードに関連する個人の友人達、または該個人が属するグループを示す第2の追加のノードをイラストすることを特徴とする請求項3のゲームコンソール。

請求項5

前記ライブネットワークエクスプローラモジュールは、前記グラフィカルユーザインターフェースを更新して、前記第1の追加のノードの1つとして表示された選択されたグループに関連するユーザ達を示す、第2の追加のノードを表すことを特徴とする請求項3のゲームコンソール。

請求項6

前記友人達、または前記ユーザが属するグループに関するデジタル本人情報は、前記第1の追加のノードのうちの1つの選択を介してアクセス可能であることを特徴とする請求項1のゲームコンソール。

請求項7

前記ユーザは、前記第1の追加のノードのうちの1つの選択を介して、前記友人達、または前記ユーザが属するグループと共有されるセッションに入ることを特徴とする請求項1のゲームコンソール。

請求項8

友人友人関係リアルタイムグラフィック表現を提供する方法であって、ユーザを識別する入力を受け取るステップと、前記グラフィック表現の中で、前記ユーザを表し、前記グラフィック表現の中で実質的に中央に位置する第1のノードを表示するステップと、前記ユーザの友人達、または前記ユーザが属するグループを示す、前記第1のノードを囲む第1の追加のノードを表示するステップとを含むことを特徴とする方法。

請求項9

オンラインサービスにクエリを行って、前記友人達および前記グループのプレゼンス情報を特定するステップをさらに含むことを特徴とする請求項8の方法。

請求項10

前記グラフィック表現を、前記第1の追加のノードのうち選択されたノードである第2のノードの中心に合わせるステップをさらに含むことを特徴とする請求項8の方法。

請求項11

前記グラフィック表現を更新して、前記第2のノードに関連する個人の友人達、または該個人が属するグループを示す第2の追加のノードを表すステップをさらに含むことを特徴とする請求項10の方法。

請求項12

前記グラフィック表現を更新して、前記第1の追加のノードの1つとして表示された選択されたグループに関連するユーザ達を示す、第2の追加のノードを表すステップをさらに含むことを特徴とする請求項10の方法。

請求項13

前記友人達、または前記ユーザが属するグループに関するデジタル本人情報を取得するステップをさらに含むことを特徴とする請求項8の方法。

請求項14

前記友人達、または前記ユーザが属するグループと共有されるセッションに入るステップをさらに含むことを特徴とする請求項8の方法。

請求項15

関係をグラフィック表現でナビゲートするためにゲームコンソール上でユーザインターフェースレンダリングする方法であって、ユーザを識別する入力を受け取るステップと、前記インターフェースの中で、前記ユーザを示す中央に位置する第1のノードを表すステップと、前記ユーザの友人達、または前記ユーザが属するグループを示す、前記第1のノードを囲む第1の追加のノードを表すステップとを含むことを特徴とする方法。

請求項16

受け取られた入力に応答して、前記グラフィック表現を、前記第1の追加のノードのうち選択されたノードである第2のノードの中心に合わせるステップをさらに含むことを特徴とする請求項15の方法。

請求項17

前記グラフィック表現を更新して、前記第2のノードに関連する個人の友人達、または該個人が属するグループを示す第2の追加のノードを表すステップをさらに含むことを特徴とする請求項16の方法。

請求項18

前記グラフィック表現を更新して、前記第1の追加のノードの1つとして表示された選択されたグループに関連するユーザ達を示す、第2の追加のノードを表すステップをさらに含むことを特徴とする請求項16の方法。

請求項19

前記友人達、または前記ユーザが属するグループに関するデジタル本人情報を表示するステップをさらに含むことを特徴とする請求項15の方法。

請求項20

前記友人達、または前記ユーザが属するグループと共有されるセッションに入るステップと、前記ユーザインターフェースの中で共有されるセッションを表示するステップとをさらに含むことを特徴とする請求項15の方法。

技術分野

0001

本発明は、一般に、ゲームデバイスおよびマルチメディアデバイスの分野に関する。詳細には、本発明は、ユーザおよびグループの関係をグラフィックスで探索する方法を対象とする。

背景技術

0002

Web上における通常の友人の友人探索は、Webサイトナビゲートし、しばしば、人々のフラットリストを調べることに関わるため、主流のユーザには、フレンドリな体験ではない。通常、それらのWebサイトは、人々に、友人、または友人の友人、または友人の友人の友人などを参照させるサービスを提供する。ユーザは、サインアップする際、関心のリストのリストを提供し、友人、および友人の電子メールアドレスのリストを求められる。ユーザの友人もサインアップした場合、友人は、招待者(inviter)に対する自身の関係を確認するように求められる。それらの社会的リンク確立されると、ユーザは、連絡先のWeb全体を点検して、会いたい人々を探し出し、メッセージをその人々に送信することができる。招待機能は、社会的関係を検証するシステムを作成し、ランダム連絡から参加者を保護する一種仮想保証(vouch)」を提供する。

発明が解決しようとする課題

0003

上記のサービスは、リアルタイムでなく、グラフィックナビゲーションを欠き、友人以外の関係を規定しないという点で、これらのサービスのいくつかの限界存在する。必要とされているのは、以上、およびその他の限界を克服して、ユーザが、互いに接続されたノードのグラフィックWebをシミュレートすることを可能にし、関係のユーザによる視覚化品質を向上させるシステムである。本発明は、そのような問題解決法を提供する。

課題を解決するための手段

0004

本発明は、ユーザが、ゲームコンソール上で、互いに結び付けられた友人のウェブをグラフィックスでナビゲーションすることを可能にする、ライブネットワークエクスプローラ(LNE)を対象とする。LNEは、現在、閲覧されているユーザをスクリーン中央のビジュアルノードとする、友人の友人関係のリアルタイムのグラフィック表現を提供する。中央ノードは、そのユーザの友人達を示すノード(複数)で囲まれる。リアルタイムアニメーションが使用されて、ユーザが個人から個人へナビゲートするにつれ、遷移が表される。LNEは、このグラフィックスで互いに結び付けられたウェブの中で、グループをビジュアルノードとして表して、ユーザが、個人が属するグループに移動することができ、結び付きによってグループ内のすべての人々を見ることができるようにもする。ユーザは、グループ内のそれらの人々のいずれにもナビゲートすることができる。ユーザは、個人の上でクリックして、その個人のデジタル身元詳細を表示させる(bring up)ことができる。

0005

本発明のさらなる特徴および利点は、添付の図面を参照して行う、例示的な実施形態の以下の詳細な説明から明白となろう。

発明を実施するための最良の形態

0006

以上の概要並びに好ましい諸実施形態の以下の詳細な説明は、添付の図面と併せて読むことで、よりよく理解される。本発明を例示する目的で、図面には、本発明の典型的な構成が示されている。ただし、本発明は、開示する特定の方法および手段(instrumentalities)に限定されない。

0007

図1は、本発明の一部の態様を実施することができるマルチメディア/ゲームコンソール100の機能コンポーネントを示す。マルチメディアコンソール100は、レベル1キャッシュ102、レベルキャッシュ104、およびフラッシュROM(読取り専用メモリ)106を有する中央処理装置(CPU)101を有する。レベル1キャッシュ102およびレベル2キャッシュ104は、データを一時的に格納し、したがって、メモリアクセスサイクルの数を減らして、処理速度およびスループットを向上させる。複数のコアを有し、このため、追加のレベル1キャッシュ102およびレベル2キャッシュ104を有するCPU101を提供することができる。フラッシュROM106は、マルチメディアコンソール100の電源がONにされると、ブートプロセス初期段階中に読み込まれる実行可能コードを格納することができる。

0008

グラフィックス処理装置(GPU)108およびビデオエンコーダビデオコーデック符号器復号器)114が、高速高解像度グラフィックス処理のためのビデオ処理パイプラインを形成する。データは、バスを介して、グラフィックス処理装置108からビデオエンコーダ/ビデオコーデック114に伝送される。ビデオ処理パイプラインは、テレビ、または他のディスプレイに伝送するために、データをA/V(オーディオビデオポート140に出力する。メモリコントローラ110がGPU108に接続されて、RAM(ランダムアクセスメモリ)などの、ただし、これには限定されない、様々なタイプメモリ112へのプロセッサアクセスを円滑にする。

0009

マルチメディアコンソール100は、好ましくは、モジュール118上に実装される、入出力コントローラ120、システム管理コントローラ122、オーディオ処理装置123、ネットワークインターフェースコントローラ124、第1のUSBホストコントローラ126、第2のUSBコントローラ128、およびフロントパネル入出力サブアセンブリ130を含む。USBコントローラ126および128は、周辺コントローラ142(1)〜142(2)、ワイヤレスアダプタ148、および外部メモリデバイス146(例えば、フラッシュメモリ、外部CD/DVDROMドライブリムーバブル媒体など)のホストの役割をする。ネットワークインターフェース124および/またはワイヤレスアダプタ148は、ネットワーク(例えば、インターネットホームネットワークなど)へのアクセスを提供し、イーサネット登録商標カードモデムBluetoothモジュールケーブルモデムなどを含む、多種多様な様々な有線または無線アダプタコンポーネントのいずれであってもよい。

0010

ブートプロセス中に読み込まれるアプリケーションデータを格納するシステムメモリ143が提供される。メディアドライブ144が提供され、DVD/CDドライブハードドライブ、またはその他のリムーバブルなメディアドライブなどを含むことが可能である。メディアドライブ144は、マルチメディアコンソール100の内部にあることも、外部にあることも可能である。アプリケーションデータは、実行、再生などのために、マルチメディアコンソール100によって、メディアドライブ144を介してアクセスされることが可能である。メディアドライブ144は、Serial ATAバス、またはその他の高速接続(例えば、IEEE1394)などのバスを介して、入出力コントローラ120に接続される。

0011

システム管理コントローラ122は、マルチメディアコンソール100の利用可能性を確実にすることに関連する様々なサービス機能を提供する。オーディオ処理装置123およびオーディオコーデック132は、高い忠実度およびステレオ処理の対応するオーディオ処理パイプラインを形成する。オーディオデータが、通信リンクを介して、オーディオ処理装置123とオーディオコーデック132の間で伝送される。オーディオ処理パイプラインは、外部オーディオプレーヤ、またはオーディオ機能を有するデバイスによる再生のために、A/Vポート140にデータを出力する。

0012

フロントパネル入出力サブアセンブリ130は、電源ボタン150および取り出しボタン152の機能、並びにマルチメディアコンソール100の外面上に露出した任意LED(発光ダイオード)、または他のインジケータサポートする。システム電源モジュール136が、マルチメディアコンソール100のコンポーネント(複数)に電力を供給する。ファン138が、マルチメディアコンソール100内部の回路冷却する。

0013

CPU101、GPU108、メモリコントローラ110、並びにマルチメディアコンソール100内部の他の様々なコンポーネントは、様々なバスアーキテクチャのいずれかを使用する、シリアルバスおよびパラレルバスメモリバス周辺バス、およびプロセッサバス、またはローカルバスを含む、1つまたは複数のバスを介して、互いに接続される。例として、そのようなアーキテクチャには、ペリフェラルコンポーネントインタコネクツ(Peripheral Component Interconnects)(PCI)バス、PCI−Expressバスなどが含まれることが可能である。

0014

マルチメディアコンソール100の電源がONにされると、アプリケーションデータが、システムメモリ143からメモリ112および/またはキャッシュ102、104に読み込まれ、CPU101上で実行されることが可能である。アプリケーションは、マルチメディアコンソール100上で利用可能な異なる媒体タイプにナビゲートする際、一貫したユーザ体験をもたらすグラフィカルユーザインターフェース提示することができる。動作の際、メディアドライブ144内部に含まれるアプリケーション(複数)および/またはその他の媒体が、メディアドライブ144から起動され、または再生されて、さらなる機能をマルチメディアコンソール100に与えることが可能である。

0015

マルチメディアコンソール100は、システムをテレビ、または他のディスプレイに単に接続することにより、スタンドアロンシステムとして動作させることができる。このスタンドアロンモードでは、マルチメディアコンソール100は、1名または複数名のユーザがシステムと対話すること、映画を観ること、または音楽を聴くことを可能にする。ただし、ネットワークインターフェース124またはワイヤレスアダプタ148を介して利用可能にされるブロードバンド接続統合で、マルチメディアコンソール100は、より広いネットワークコミュニティにおける参加者として、さらに動作させることもできる。

0016

マルチメディアコンソール100の電源がONにされると、マルチメディアコンソールオペレーティングシステムによって、一定の量のハードウェアリソースが、システム使用のために確保される。それらのリソースには、メモリ(例えば、16MB)、CPUサイクルおよびGPUサイクル(例えば、5%)、ネットワーキング帯域幅(例えば、8kbs)などの確保が含まれることが可能である。それらのリソースは、システムブート時に確保されるので、確保されたリソースは、アプリケーションから見て、存在しない。

0017

詳細には、メモリ確保は、好ましくは、起動カーネル同時実行システムアプリケーション(複数)、およびドライバ(複数)を含むだけ十分に大きい。CPU確保は、好ましくは、一定であり、したがって、確保されたCPU使用率がシステムアプリケーション(複数)によって使用されない場合、アイドルスレッドが未使用のサイクルを消費する。

0018

GPU確保に関して、システムアプリケーション(複数)によって生成されたライトウェイト(lightweight)メッセージ(例えば、ポップアップ)が、GPU割り込みを使用して、ポップアップをオーバーレイ(overlay)にレンダリングするコードをスケジュールすることにより、表示される。オーバーレイに要求されるメモリの量は、オーバーレイ領域サイズに依存し、オーバーレイは、好ましくは、スクリーン解像度合わせスケール変更される。完全な(full)ユーザインターフェースが、同時実行のシステムアプリケーションによって使用される場合、アプリケーション解像度とは独立の解像度を使用することが好ましい。スケーラ(scaler)を使用して、周波数を変更してTVを再同期させる必要性をなくすように、その解像度を設定することができる。

0019

マルチメディアコンソール100が起動し、システムリソースが確保された後、同時実行のシステムアプリケーション(複数)が実行されてシステム機能を提供する。システム機能は、前述した、確保されたシステムリソースの範囲内で実行されるシステムアプリケーションのセットの中にカプセル化される。オペレーティングシステムカーネルゲームアプリケーションスレッドに対するシステムアプリケーションスレッドであるスレッドを識別する。システムアプリケーション(複数)は、好ましくは、アプリケーションに矛盾のないシステムリソースビューを与えるために所定の時刻および所定の間隔でCPU101上で実行されるようにスケジュールされる。スケジューリングは、コンソール上で実行されるゲームアプリケーションに関するキャッシュの阻害最小限に抑えるためである。

0020

同時実行のシステムアプリケーションがオーディオを必要とする場合、オーディオ処理は時間にセンシティブ性質(time sensitivity)のため、ゲームアプリケーションとは非同期にスケジュールされる。マルチメディアコンソールアプリケーションマネージャ(以下に説明する)が、システムアプリケーション(複数)がアクティブである場合に、ゲームアプリケーションオーディオレベル(例えば、ミュート減衰)を制御する。

0021

例えばコントローラ142(1)および142(2)などの入力デバイス群(複数)が、ゲームアプリケーション(複数)およびシステムアプリケーション(複数)によって共用される。入力デバイス(複数)は、確保されたリソースではなく、システムアプリケーション(複数)とゲームアプリケーションの間で切り替えられて、それぞれが、デバイスのフォーカスを有するようにする。アプリケーションマネージャは、好ましくは、ゲームアプリケーションの知識なしに、入力ストリームの切り替えを制御し、ドライバが、フォーカス切り替えに関する状態情報を保持する。

0022

本発明は、人々が、コンソール100上で、互いに結び付けられた友人のウェブをグラフィックスでナビゲートすることを可能にする、ライブネットワークエクスプローラ(LNE)を提供する。より具体的には、LNEは、現在、閲覧中のユーザをスクリーン中央のビジュアルノードとする、友人の友人関係のリアルタイムのグラフィック表現を提供する。ユーザは、ユーザの友人達を示すノード(複数)で囲まれ、ユーザが個人から個人にナビゲートするにつれ、リアルタイムのアニメーションを使用して、遷移が示される。

0023

LNEは、グラフィックスで互いに結び付けられたウェブの中で、グループをビジュアルノードとして表して、ユーザが、個人が属するグループに移動することができるようにもする。ユーザは、結び付きによって、グループ内のすべての人々を見た後、それらの人々のいずれにもナビゲートすることができる。ユーザは、個人の上でクリックして、その個人のデジタル身元詳細を表示させることができる。

0024

コンソール100上で実行されるソフトウェアは、LNEを含むモジュールを実行する。図2,3は、本発明の動作の流れを示し、図4〜6は、いくつかの典型的なグラフィカルユーザインターフェースを提示する。図2,3を次に参照すると、LNEは、ユーザのグラフィック表現を含むノードをスクリーンの中央に提示する(ステップ200)。LNEは、例えば、インターネットを介して、ユーザの友人達、並びにその友人達が属するグループのリストに関して、オンラインサービスサーバ(複数)にクエリを行い、中央においてユーザを伴う第1の表示をレンダリングする(符号300)。中央ノードを囲むノード(複数)は、ユーザの友人達、並びにそのユーザが属するグループを示す。周囲のノード(複数)は、関連するユーザのグラフィック表現も含み、そのユーザの現在のステータス、例えば、そのユーザがオンラインであるか、オフラインであるかを示すようにレンダリングされる。グループを表すノード(複数)は、グループのグラフィック表現も含む。

0025

任意の時点で、ユーザは、ノードの1つを強調表示することができる。ユーザが、個人のノードを強調表示した場合、ユーザは、その個人のノードに「移動する(travel)」ことを選択することができる(ステップ202)。選択された個人のノードが中央ノードになり、周囲のノードのすべてが、その個人の友人達、およびその友人達が属するグループを示す視覚的遷移が生じる(ステップ204、符号302)。LNEは、各ユーザの「プレゼンス(presence)」情報に関して、オンラインサービスサーバ(複数)にクエリを行い、各ユーザがオンラインであるか、オフラインであるか、ゲームを行っているかなどを判定することも行う。移動を続けることにより、ユーザは、友人、友人の友人、友人の友人の友人などを探索することができる。

0026

ユーザがグループのノードに移動することを選択した場合も、グループノードが中央ノードである場合、周囲のノード(複数)は、そのグループに属するユーザ達を表すこと以外、動作は同様である(符号304)。この場合も、LNEは、やはり、グループの各ユーザの「プレゼンス」情報に関してオンラインサービスサーバ(複数)にクエリを行う。

0027

個人のノード、またはグループのノードに移動した後、ユーザは、個人またはグループのデジタル身元についての情報を獲得すること(ステップ206、符号306)、または個人またはグループのセッションに参加して(ステップ208、符号308)、「ラウンジ環境でオンライン体験を共有することを選択することができる。中央ノードから周囲のノード(複数)にコネクタを引くことにより、ユーザが、それらの結び付きの間を移動するにつれ、ユーザの互いに結び付けられた「ウェブ」または「グラフ」を視覚的に暗示することが可能になる。

0028

本発明を、様々な図の好ましい諸実施形態に関連して説明したが、本発明を逸脱することなく、本発明の同一の機能を実行するために、他の類似した諸実施形態を使用すること、あるいは説明した実施形態に変更および追加を行うことができることを理解されたい。

図面の簡単な説明

0029

本発明の諸態様を実施することができるゲームコンソールを示すブロック図である。
ユーザ体験の流れの高レベル抽象化を示す図である。
ゲームコンソール上で実行されるアプリケーション、ライブネットワークエクスプローラモジュール、およびオンラインサービスからのデータ取得の間における呼び出しを示す呼び出しシーケンスの図である。
本発明による様々なグラフィカルユーザインターフェースを示す図である。
本発明による様々なグラフィカルユーザインターフェースを示す図である。
本発明による様々なグラフィカルユーザインターフェースを示す図である。

符号の説明

0030

100マルチメディアコンソール
101中央処理装置
102レベル1キャッシュ
104レベル2キャッシュ
108グラフィックス処理装置
110メモリコントローラ
112メモリ
114ビデオエンコーダ/ビデオコーデック
120入出力コントローラ
122システム管理コントローラ
123オーディオ
126,128USBコントローラ
130フロントパネル入出力サブアセンブリ
132オーディオコーデック
136システム電源モジュール
138ファン
140 A/Vポート
142(1)、142(2)コントローラ
143システムメモリ
144メディアドライブ
146メモリユニット
148ワイアレスアダプタ

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する未来の課題

関連する公募課題

ページトップへ

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • IoT/M2M (InternetOfThings / MachinetoMachine)

    「Software-Defined Car(ソフトウェアで定義されるクルマ)」。そう呼ばれる米国Te…

  • がん医療

    国立がん研究センターの統計予測は、2015年の国内全がん罹患者数を982,100人、同死亡数を370…

  • 音声認識・音声合成・ボーカロイド

    米国Apple社は、2011年、iPhone向け知能型音声認識サービスSiriを市場に試験投入して以…

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

( 分野番号表示ON )※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

新着 最近公開された関連が強い技術

この技術と関連性が強い人物

この技術と関連する未来の課題

関連する未来の課題一覧

この技術と関連する公募課題

公募課題一覧

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ