図面 (/)

技術 無線通信用複合機

出願人 株式会社エム-10技術
発明者 梁翰模
出願日 2005年5月26日 (15年7ヶ月経過) 出願番号 2005-153359
公開日 2006年6月8日 (14年6ヶ月経過) 公開番号 2006-148860
状態 未査定
技術分野 送受信機
主要キーワード 壁付け型 近接線 統合端末 通信用プラグ 電源用プラグ 通信ジャック 通信線用 電気線
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2006年6月8日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (8)

課題

室内の空間活用面や外観面から優れた効果を期待することができ、さらに事務室家庭で使われる全ての無線通信機器を単一の複合機にまとめて運用できることから、無線通信機器の使用効率性を高められる無線通信用複合機を提供する。

解決手段

単一のケース内無線電話機の制御・運用のためのソフトウェア及びパソコンの動作のための公衆網送信ソフトウェアが内蔵されており、外部には無線電話機及びパソコン側に信号を供給するためのアンテナが取り付けられると共に、電源接続のための電源用プラグ及びコンセント上の通信線及び電話線の接続のための通信用プラグ配備されるが、これら電源用プラグ及び通信用プラグは、ケースの背面に一体に直接的に取り付けられ、これらと対応する位置に電源コンセント及び通信コンセントが設けられてなる壁付け型プレートの構造を有する複合型コンセントに差込自在であることを特徴とする。

概要

背景

現在、家庭または事務室で使われる無線電話機の場合、これを制御・運用するためにソフトウェアを搭載した別のキープレート付き有線本体、及びこれを置くための置き台を設置して使用している。さらに、近年、インターネット及び無線通信手段の補給が急速に増えるに伴い、パソコン、特にノート型パソコンなど公衆網を用いるパソコンの使用が増えつつある。

通常、無線電話機の有線本体及び置き台やパソコンは、図7に示すように、家庭や事務室に敷設される通信線コンセント通信ジャックなどにより別途配線を接続して使用している。これと共に、電源を供給されるためのコンセントに別途のプラグ一緒に差し込んで使用している。すなわち、通信用プレート100及び電気用プレート200をそれぞれ別々に設けて使用している。これは、現在、通信配線が非遮蔽撚線UTP:unshielded twisted pair)となっているため、通信線と電流が流れる電気線が同時に敷設できないのが現状であり、もし、これらを単一線に形成する場合、通信線に高い電流が流れて通信電波に悪影響を及ぼし、その結果、ともすればパソコンなど有無線機器故障及び安全事故つながりがちであるからである。

今後、家庭や事務室などで使われる無線通信機器が増える見込みであり、これを考慮したとき、次第に増える一方である無線通信機器関連の配線処理、あるいは、周辺機器の効果的な処理は、空間活用面や外観面からみたとき、必ず解決しなければならない必須課題となっている。この理由から、将来、通信線と電気線を単一の近接線にまとめられる安全な光ケーブル線が普及されると見られる。

概要

室内の空間活用面や外観面から優れた効果を期待することができ、さらに事務室や家庭で使われる全ての無線通信機器を単一の複合機にまとめて運用できることから、無線通信機器の使用効率性を高められる無線通信用複合機を提供する。単一のケース内に無線電話機の制御・運用のためのソフトウェア及びパソコンの動作のための公衆網送信ソフトウェアが内蔵されており、外部には無線電話機及びパソコン側に信号を供給するためのアンテナが取り付けられると共に、電源接続のための電源用プラグ及びコンセント上の通信線及び電話線の接続のための通信用プラグ配備されるが、これら電源用プラグ及び通信用プラグは、ケースの背面に一体に直接的に取り付けられ、これらと対応する位置に電源コンセント及び通信コンセントが設けられてなる壁付け型プレートの構造を有する複合型コンセントに差込自在であることを特徴とする。

目的

本発明は、上記事情に鑑みてなされたもので、その目的は、電源プラグ及び無線電話機/パソコン用コネクタなどを備えると共に、無線電話機の制御・運用のためのソフトウェアやパソコンの動作のための公衆網送信ソフトウェアなどを搭載して事務室や家庭で使われる全ての無線通信機器を単一の複合機にまとめて運用することにより、既存の有線及び無線電話機やパソコンなどによる通信に求められていた配線や無線電話機のキープレート付き本体および置き台などが省けることから、室内の空間活用面や外観面から優れた効果を期待することができ、さらに、事務室や家庭で使われる全ての無線通信機器を単一の複合機にまとめて運用できることから、無線通信機器の使用効率性を高められる無線通信用複合機を提供することにある。

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

単一のケース(10)内に無線電話機の制御・運用のためのソフトウェア及びパソコンの動作のための公衆網送信ソフトウェアが内蔵されており、外部には無線電話機及びパソコン側に信号を供給するためのアンテナ(11)が取り付けられると共に、電源接続のための電源用プラグ(12)及びコンセント上の通信線及び電話線の接続のための通信用プラグ(13)が配備されるが、これら電源用プラグ(12)及び通信用プラグ(13)は、ケース(10)の背面に一体に直接的に取り付けられ、これらと対応する位置に電源コンセント(19)及び通信コンセント(20)が設けられてなる壁付け型プレートの構造を有する複合型コンセント(18)に差込自在であることを特徴とする無線通信用複合機

請求項2

前記ケースの背面に取り付けられる電源用プラグ(12)及び通信用プラグ(13)は分離型であって、所定の長さを有する電線(14)を介して接続されることを特徴とする請求項1記載の無線通信用複合機。

請求項3

前記ケース(10)は、電話機またはパソコンを有線により接続するための電話機/パソコンコネクタ(15)をさらに備えることを特徴とする請求項1または2記載の無線通信用複合機。

請求項4

前記ケース(10)の前面には、熱を外部に放出するための放熱口(16)が取り付けられることを特徴とする請求項1または2記載の無線通信用複合機。

請求項5

前記ケース(10)の前面には、電話またはデータの受信を確かめるための多数の受信ランプ(17)が設けられることを特徴とする請求項1または2記載の無線通信用複合機。

請求項6

前記ケース(10)には、無線電話機やパソコン以外の無線通信機器を運用するためのソフトウェアがさらに搭載可能であることを特徴とする請求項1記載の無線通信用複合機。

技術分野

0001

本発明は、無線電話機ノート型パソコンなどの無線通信機器に対する外部からの伝送信号を単一の端末本体により供給できるようにした無線通信用複合機係り、詳しくは、電源プラグ及び無線電話機/パソコン用コネクタなどを備えると共に、無線電話機の制御・運用のためのソフトウェアパソコンの動作のための公衆網送信ソフトウェアなどを搭載した無線通信用複合機を提供することにより、既存の無線電話機やパソコンなどによる通信に求められていた配線を無くすことができ、とりわけ、無線電話機の置き台及び有線本体などが省けることから、室内の空間活用面や外観面から優れた効果を期待することができ、なによりも、事務室家庭で使われる全ての無線通信機器を単一の複合機にまとめて運用できることから、無線通信機器の使用効率性を高めることができる無線通信用複合機に関する。

背景技術

0002

現在、家庭または事務室で使われる無線電話機の場合、これを制御・運用するためにソフトウェアを搭載した別のキープレート付き有線本体、及びこれを置くための置き台を設置して使用している。さらに、近年、インターネット及び無線通信手段の補給が急速に増えるに伴い、パソコン、特にノート型パソコンなど公衆網を用いるパソコンの使用が増えつつある。

0003

通常、無線電話機の有線本体及び置き台やパソコンは、図7に示すように、家庭や事務室に敷設される通信線コンセント通信ジャックなどにより別途の配線を接続して使用している。これと共に、電源を供給されるためのコンセントに別途のプラグ一緒に差し込んで使用している。すなわち、通信用プレート100及び電気用プレート200をそれぞれ別々に設けて使用している。これは、現在、通信配線が非遮蔽撚線UTP:unshielded twisted pair)となっているため、通信線と電流が流れる電気線が同時に敷設できないのが現状であり、もし、これらを単一線に形成する場合、通信線に高い電流が流れて通信電波に悪影響を及ぼし、その結果、ともすればパソコンなど有無線機器故障及び安全事故つながりがちであるからである。

0004

今後、家庭や事務室などで使われる無線通信機器が増える見込みであり、これを考慮したとき、次第に増える一方である無線通信機器関連の配線処理、あるいは、周辺機器の効果的な処理は、空間活用面や外観面からみたとき、必ず解決しなければならない必須課題となっている。この理由から、将来、通信線と電気線を単一の近接線にまとめられる安全な光ケーブル線が普及されると見られる。

発明が解決しようとする課題

0005

本発明は、上記事情に鑑みてなされたもので、その目的は、電源プラグ及び無線電話機/パソコン用コネクタなどを備えると共に、無線電話機の制御・運用のためのソフトウェアやパソコンの動作のための公衆網送信ソフトウェアなどを搭載して事務室や家庭で使われる全ての無線通信機器を単一の複合機にまとめて運用することにより、既存の有線及び無線電話機やパソコンなどによる通信に求められていた配線や無線電話機のキープレート付き本体および置き台などが省けることから、室内の空間活用面や外観面から優れた効果を期待することができ、さらに、事務室や家庭で使われる全ての無線通信機器を単一の複合機にまとめて運用できることから、無線通信機器の使用効率性を高められる無線通信用複合機を提供することにある。

0006

さらに、本発明の目的は、前記無線通信用複合機を接続するに当たり、通信用プレート及び電気用プレートが単一体にまとめられる複合型コンセントを備える無線通信用複合機を提供することにある。

課題を解決するための手段

0007

前記目的を達成するために、本発明に係る無線通信用複合機は、単一のケース内に無線電話機の制御・運用のためのソフトウェア及びパソコンの動作のための公衆網送信ソフトウェアが内蔵されており、外部には無線電話機及びパソコン側に信号を供給するためのアンテナが取り付けられると共に、電源接続のための電源用プラグ及びコンセント上の通信線及び電話線の接続のための通信用プラグ配備されるが、これら電源用プラグ及び通信用プラグは、ケースの背面に一体に直接的に取り付けられ、これらと対応する位置に電源コンセント及び通信コンセントが設けられてなる壁付け型プレートの構造を有する複合型コンセントに差込自在であることを特徴とする。

0008

また、前記電源用プラグ及び通信用プラグは、ケースの背面に直接的に取り付けられるか、あるいは、所定の長さを有する電線を介して接続されることを特徴とする。

0009

さらに、前記ケースは、電話機またはパソコンを有線により接続するための電話機/パソコンコネクタをさらに備えることを特徴とする。

0010

さらに、前記ケースの前面には、熱を外部に放出するための放熱口が取り付けられることを特徴とする。

0011

さらに、前記ケースの前面には、電話またはデータの受信を確かめるための多数の受信ランプが設けられることを特徴とする。

0012

さらに、前記ケースには、無線電話機やパソコン以外の無線通信機器を運用するためのソフトウェアがさらに搭載可能であることを特徴とする。

発明の効果

0013

本発明によれば、事務室や家庭で使われる全ての無線通信機器を単一の複合機にまとめて運用できる無線通信用複合機を提供することにより、既存の無線電話機やパソコンなどによる通信に求められていた配線や無線電話機のキープレート付き本体および置き台などが省けることから、室内の空間活用面や外観面から優れた効果を期待できるというメリットがあり、とりわけ、全ての無線通信機器を単一の複合機にまとめて運用できることから、無線通信機器の使用効率性を高められるという効果が奏せられる。

発明を実施するための最良の形態

0014

以下、添付図に基づき、本発明を詳細に説明する。

0015

本発明からは、無線電話機を使用するための信号処理、パソコンのインターネットを使用するための信号処理などの信号体系の制御を単一の統合端末手段により行う無線通信用複合機が提供される。

0016

このために、本発明に係る無線通信用複合機には、薄肉小型のケース10が備えられ、このケース10内には、無線電話機を制御・運用するための一連プログラムを含むソフトウェアと、無線電話機の各動作を制御すると共に、ソフトウェアの各プログラムの運用を司るか、あるいは、インターネット使用に関するデータ信号入出力すると共に、所定の無線データ信号の処理を司る主制御部と、データ信号を増幅して送るハブとなどが内蔵される。

0017

これらのソフトウェア、主制御部及びハブなどとしては、既存の無線電話機、またはパソコンのインターネット使用のための通常の制御プログラムがそのまま採用可能である。

0018

例えば、既存の無線電話機の有線本体及び置き台からソフトウェアの部分だけを取ってケース10内のプリント回路基板(PCB)の上に組み立てることにより、無線電話機とケース10との間の信号通信体系を構築することができる。あるいは、外部のインターネット通信網から入ってくるデータ信号を受け取り、これを信号処理してノート型パソコンなどのインターネットを動作するための信号を得た後、外部インタフェースを介して出力を行う通常のデータ通信用制御ロジック(プログラムまたは回路)をPCB上に組み付けることにより、パソコンとケース10との間の信号通信体系を構築することができる。

0019

これらの以外にも、家庭や事務室などで使われる別の無線通信機器やホーム自動化システムなどを動作するための通常の制御プログラムやソフトウェアも採用可能である。今後家庭や事務室などに敷設される全ての通信回線が単一線にまとめられる見込みであることを考慮したとき、このような複合機能を有するアセンブリタイプのケース10には、多数の無線通信機器などを一層効率よく運用できるというメリットがある。

0020

これにより、一種複合端末タイプよりなるケース10は、家庭や事務室などに設けられたコンセント上の通信線を介して入力される通信データを受信し、これに所定の信号処理を施した後、外部に設けられたインターフェースを介して無線電話機側やパソコン側と送受信体系を構築することが可能になる。

0021

前記ケース10は、薄肉小型の四角形を呈し、電源を供給されるための電源用プラグ12と、コンセント上の通信線及び電話線と接続されてデータ信号を受信するための通信用プラグ13と、を備える。

0022

これらの電源用プラグ12と通信用プラグ13は、図1及び図2に示すように、ケース10の背面に直接的に取り付けられてもよく、図3及び図4に示すように、所定の長さを有する電線14を介して接続されても良い。

0023

ここで、前記通信用プラグ13は、電話機やパソコンなどの各無線通信機器の数に合わせて多数個設けられてもよいが、好ましくは、今後の通信回線の統合時に備えて、すなわち、光ケーブルの補給に備えて単一のプラグに全ての無線通信機器を収容させる。

0024

さらに、ケース10の上部には、外部インタフェースとしてのアンテナ11が取り付けられ、このアンテナ11を介して電話機やパソコンの動作を制御する制御信号の送信、及び電話機及びパソコン側の操作信号の受信が行われる。

0025

さらに、前記ケース10の上部の一側には、電話機またはパソコンを有線により接続するための電話機/パソコンコネクタ15が取り付けられ、この電話機/パソコンコネクタ15に電話機のジャックやパソコンのジャックを差し込むことにより、有線電話機や一般パソコンも便利に使用することができる。

0026

もちろん、このとき、ケース10は、既存の有無線電話機の動作、あるいは無線ノート型パソコン及び一般パソコンの動作に関わる信号通信体系を構築するためのソフトウェアや主制御部などを含むことができる。

0027

さらに、前記ケース10の前面の一側には放熱口16が設けられることにより、内部の電子素子から発せられる熱を効率よく外部に放出することができる。さらに、前面の他側には電話またはデータの受信を確かめるための多数の受信ランプ17が設けられることにより、電話機の使用者やパソコンの使用者は、該当機器使用有無目視で手軽に確認することができる。

0028

このような構造を有するケース10は、図5及び図6に示すように、複合型コンセント18に差し込んで使用することができる。

0029

例えば、電源用プラグ12及び通信用プラグ13が一体に取り付けられてなるケース10の場合、コンセントが設けられている壁面上に直接的に取り付けることができる。これに対し、電源用プラグ12及び通信用プラグ13が電線14を介して接続されてなるケース10の場合、コンセントの近傍に取り付けることができる。

0030

これにより、家庭や事務室などでケースを簡潔に処理することができ、しかも外観もきれいに仕上げられる。

0031

前記複合型コンセント18は壁付け型プレートであって、下側には電源コンセント19が配設され、上側には通信コンセント20が配設されるような構造を有する。

0032

このとき、通信コンセント20は、電話コンセント、データコセント(UTP)、光接続コンセントなどを含む。

0033

この通信コンセントは、1ヶ所あるいは2ヶ所など、無線通信機器の取り付け数1対1に対応して取り付けられる。

0034

現在には、電話線、UTP通信線、TVケーブルのための通信配線と電気配線がそれぞれ別々の配線に使い分けられているため、コンセントの場合にも通信線用コンセントと電気線用コンセントを別々に設けているが、今後単一の光通信ケーブルに通信線と電気線がまとめられる見込みであり、その場合には、単一のコンセントを設けて使用することができる。これにより、本発明に係る無線通信用複合機は、以上の統合化の傾向に積極的に対応できるというメリットがある。

図面の簡単な説明

0035

本発明に係る一体型無線通信用複合機の前面斜視図である。
本発明に係る一体型無線通信用複合機の背面斜視図である。
本発明に係る分離型無線通信用複合機の前面斜視図である。
本発明に係る分離型無線通信用複合機の背面斜視図である。
本発明に係る無線通信用複合機を接続するための壁付け型プレートの一具現例を示す正面図である。
本発明に係る無線通信用複合機を接続するための壁付け型プレートの他の具現例を示す正面図である。
従来の壁付け型プレートの構成図である。

符号の説明

0036

10ケース
11アンテナ
12電源用プラグ
13通信用プラグ
14電線
15電話機/パソコンコネクタ
16放熱口
17受信ランプ
18複合型コンセント
20 電源コンセント

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • アルプスアルパイン株式会社の「 通信システム、及び、無線センサシステム」が 公開されました。( 2020/10/22)

    【課題・解決手段】アンテナのインピーダンスを容易に調整できる通信システム、及び、無線センサシステムを提供する。通信システムは、第1アンテナと、前記第1アンテナのインピーダンスを調整する可変素子とを有す... 詳細

  • 三菱電機株式会社の「 サーキュレータ及び通信システム」が 公開されました。( 2020/10/22)

    【課題・解決手段】第1の遅延線路(9)、第2の遅延線路(10)、第3の遅延線路(11)、第4の遅延線路(12)、第5の遅延線路(13)及び第6の遅延線路(14)のそれぞれが、高周波信号の遅延時間の調整... 詳細

  • 株式会社ポコアポコネットワークスの「 ローカル基地局」が 公開されました。( 2020/10/22)

    【課題】本発明は、系統電源の確保が困難な場所であっても、安定して動作可能なローカル基地局の提供を目的とする。【解決手段】本発明のローカル基地局は、電源部と、アンテナ部と、上記電源部からの給電により動作... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ