図面 (/)

技術 携帯端末型のアルコール測定器の測定結果の表示方法及び付加機能既携帯端末型のアルコール測定器において、アルコールの測定結果を結果データ送信後に表示をする。また、GPSや携帯電話の基地局などで位置情報が測位できる場合、位置情報とアルコールの測定結果を測定器で同時に表示を行い、結果データに位置情報を付加する。測定の目的が飲酒のチェックなどでその測定結果が法律や規則に違反していた場合に、位置情報が変化した場合、違反しているにもかかわらず移動を行っているという警告を表示し、ネットワークに送信を行う。

出願人 東海電子株式会社
発明者 宇山寛
出願日 2004年11月19日 (15年11ヶ月経過) 出願番号 2004-335864
公開日 2006年6月8日 (14年4ヶ月経過) 公開番号 2006-146563
状態 特許登録済
技術分野 測定値信号、等のための伝送方式 無線による位置決定
主要キーワード 規準値 アルコール測定 測定結果データ 地点位置 地点位置情報 送信形式 飲酒状態 データ送信後
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2006年6月8日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

主に、飲酒運転の確認をするために携帯型のアルコール測定器遠隔地から測定者が測定する場合に、測定結果法律規則で業務が遂行できない量が検出された場合に、測定者が結果を管理側へ送信することを恐れ、測定器強制終了したり電源を切断したりする恐れがある。

解決手段

ネットワークに対応した携帯端末型のアルコール測定器、またはその結果を表示する表示機において、アルコールの測定結果を結果データ送信後に表示をする。

概要

背景

ネットワークに対応した携帯型のアルコール測定器商品の数は少ないものの、発明は数多く存在する。
特願2002−382234これらの発明を利用してアルコール測定を行った場合、通常は測定結果は測定後に表示をされる。この発明は測定結果をネットワークに正常に送信を行った後に測定結果を表示する表示方法についての発明である。また、アルコール測定結果と現在の位置情報を同時に表示または送信を行い、測定についての正当性を高める。さらに違反の結果が検出されているにもかかわらず移動した場合に警告を測定器に表示したりネットワークに送信を行い、安全性を高める。

概要

主に、飲酒運転の確認をするために携帯型のアルコール測定器で遠隔地から測定者が測定する場合に、測定結果が法律規則で業務が遂行できない量が検出された場合に、測定者が結果を管理側へ送信することを恐れ、測定器を強制終了したり電源を切断したりする恐れがある。ネットワークに対応した携帯端末型のアルコール測定器、またはその結果を表示する表示機において、アルコールの測定結果を結果データ送信後に表示をする。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

ネットワークに対応した携帯端末型のアルコール測定器、またはその結果を表示しネットーワークへ送信をする機器において、アルコール測定結果結果データ送信後に表示をする。GPSなどの地点位置情報測位できるアルコール測定器、またはアルコール測定システムにおいて、地点位置情報をアルコールの測定結果と合わせて画面上に表示する。また、測定結果データに地点位置情報を付加してネットワークに送信する。ネットワークの受信側の表示で地点位置情報とアルコールの測定結果を合わせて画面上に表示する。測定結果データはアルコール測定結果以外に社員番号測定日時通信個有識別番号などを付加する。

請求項2

GPSなどの地点位置情報が測位できるアルコール測定器、またはアルコール測定システムにおいて、測定の目的が飲酒チェックなどでその測定結果が法律規則違反していた場合に、位置情報が変化した場合、違反しているにもかかわらず移動を行っているという警告を表示部またはアルコール測定部に表示を行い、かつネットワークにその警告の送信を行う。

技術分野

0001

本発明は、特に飲酒チェックを用途としたアルコール測定器において、飲酒状態測定結果ネットワークを利用して管理側コンピュータに結果を送信する形の測定器で、飲酒状態の測定結果が滞りなく送信される表示方法である。また、GPSなどの位置情報を検出する機能に対応している場合、その測位結果アルコール測定結果と合わせて表示を行うことで飲酒チェックの正当性を高める。また、測定結果が法律規則違反していて位置情報が変化した場合、違反でありながら運行を行っている可能性があり、警告を測定器や管理側に表示することで危険から回避できる。

背景技術

0002

ネットワークに対応した携帯型のアルコール測定器は商品の数は少ないものの、発明は数多く存在する。
特願2002−382234これらの発明を利用してアルコール測定を行った場合、通常は測定結果は測定後に表示をされる。この発明は測定結果をネットワークに正常に送信を行った後に測定結果を表示する表示方法についての発明である。また、アルコール測定結果と現在の位置情報を同時に表示または送信を行い、測定についての正当性を高める。さらに違反の結果が検出されているにもかかわらず移動した場合に警告を測定器に表示したりネットワークに送信を行い、安全性を高める。

発明が解決しようとする課題

0003

主に、飲酒運転の確認をするために携帯型のアルコール測定器で遠隔地から測定者が測定する場合に、測定結果が法律や規則で業務が遂行できない量が検出された場合に、測定者が結果を管理側へ送信することを恐れ、測定器を強制終了したり電源を切断したりする恐れがある。この時に測定結果のデータが管理者側へ送信されなかったり、破損した形で認識できない状態で管理者側で受信されたりする可能性が発生する。この発明で測定者そのようなの行為で業務が円滑に進まなくなることや、記録が破損した形にならないように防止することができる。また、測定結果の表示や送信する結果データに位置情報を合わせることで飲酒チェックの正当性を高める。さらに測定結果が違反であった場合に位置情報が変化した時に警告を表示部で表示を行ったりネットワークに送信を行い安全性を高める。

課題を解決するための手段

0004

対象のシステムは携帯型のアルコール測定器とその測定結果を逐次保存するコンピュータが、ネットワークや通信ケーブルを介して接続されるシステムで、アルコール測定器でアルコール濃度を測定後、測定結果のデータをコンピューターへ送信する。この時、アルコール測定器での濃度表示は測定結果のデータ送信後に表示を行い、それまでは濃度の表示をしない。

発明の効果

0005

本発明により、アルコール測定値基準値以上の場合でも、測定者が危険を感じて勝手な操作をすることが無くなる。測定及び結果の送信が滞りなくスムーズに動くことでわずかではあるがシステム全体への負担を軽くすることができる。

発明を実施するための最良の形態

0006

この発明に適用される物は、図1の構成でできているアルコール測定システムの「アルコール測定器」の部分で、図2のような構成のアルコール測定システムが対象となる。アルコール測定システムではあらかじめ社員番号や測定時間、現在位置情報などの情報が入力及び測位され、保持している。

0007

測定者は図2の「アルコール測定部」でアルコールの測定を行う。測定結果は中央処理装置送信形式に整形され、通信部からネットワーク網に送信される。送信されたデータは管理側で受信を行う。

0008

図3はアルコールの測定から測定結果の表示までの流れ図である。まず、アルコールの測定が可能となった状態で、測定者がアルコールを測定する。測定が完了後、直ちに結果の送信を行い、送信が正常に完了をしたら測定結果を表示部に表示する。また図2の装置でGPSや携帯電話基地局を使った位置検出など、地点位置が測定できる機構が備わっていた場合、測定前ないしは測定中に位置情報を測位しアルコールの測定結果と同時に位置情報も合わせて表示部に表示を行う。管理者側でも同様に測定結果と位置情報を同時に表示を行う。

0009

アルコールの測定で測定の結果が規準値を越えていた(違反していた)場合、現在地の位置情報が変化した場合違反しているにもかかわらず運行(移動)を行っている危険性が高いので、警告を伝えるメッセージが表示部に表示される。またはネットワークに送信される。この流れ図を図4に示す。

図面の簡単な説明

0010

アルコール測定システムの全体イメージ
本実施形態のブロック構成
実地携帯の流れ図
測定の結果が基準値を超えていた場合の測定後の流れ図

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ