図面 (/)

技術 保湿剤、細胞賦活剤、美白剤、及びコラゲナーゼ阻害剤

出願人 株式会社ノエビア
発明者 木元規文奥村由美子
出願日 2004年9月1日 (17年0ヶ月経過) 出願番号 2004-253750
公開日 2006年3月16日 (15年5ヶ月経過) 公開番号 2006-069939
状態 特許登録済
技術分野 食品の着色及び栄養改善 酵素・酵素の調製 化粧料 植物物質含有医薬 化合物または医薬の治療活性
主要キーワード 月桂樹葉 弾性低下 ヨウ素液 超臨界抽出装置 有意確率 白鶴霊芝 亜臨界流体 表皮細胞賦活作用
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2006年3月16日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

本発明は、優れた細胞賦活作用美白作用抗酸化作用コラゲナーゼ阻害作用アミラーゼ阻害作用などを有する有効成分を見出し、皮膚外用剤飲食品などの分野に幅広く応用が可能な保湿剤細胞賦活剤美白剤、及びコラゲナーゼ阻害剤を提供することを目的とする。

解決手段

優れた細胞賦活作用、美白作用、抗酸化作用、コラゲナーゼ阻害作用、アミラーゼ阻害作用などを有するノボタン科植物より選ばれる1種又は2種以上の植物の抽出物を保湿剤、細胞賦活剤、美白剤、コラゲナーゼ阻害剤、及びアミラーゼ阻害剤として用いる。また、ノボタン科植物の1種または2種以上の植物の抽出物を皮膚外用剤や食品等の組成物に配合することにより、シワタルミ、肌のハリシミクスミといった種々の皮膚症状糖尿病肥満症動脈硬化症等の血糖値上昇が原因となる疾患の予防・改善に優れた効果を発揮する様々な組成物を提供することができる。

概要

背景

天然由来成分は、様々な薬理作用美容効果を有することが知られ、これまでにも数多くの植物や菌類などが皮膚外用剤飲食品などの分野に幅広く応用されている。特に、皮膚外用剤の分野においては、シワシミクスミ、皮膚の弾性低下といった皮膚症状の予防・改善のために、保湿剤細胞賦活剤美白剤コラゲナーゼ阻害剤として様々な有効成分の検索及び配合検討が従来なされている。また、飲食品の分野においては、血糖上昇を抑制することによって糖尿病肥満症動脈硬化症等を予防・改善するために、アミラーゼ阻害剤として様々な有効成分の検討がなされている。これまでに知られている細胞賦活剤としては、ポンカンエッセンス(特許文献1参照)、美白剤としては、白鶴霊芝の水および/または有機溶媒抽出物(特許文献2参照)、コラゲナーゼ阻害剤としては、ジャツイバラ属植物の抽出物(特許文献3参照)、アミラーゼ阻害剤としては、月桂樹葉親水性溶媒抽出物質(特許文献4参照)が知られている。

なお、ノボタン科植物の抽出物を有効成分とする保湿剤、細胞賦活剤、美白剤、及びコラゲナーゼ阻害剤に関する先行技術は認められなかった。

特開2001−131045号公報
特開2003−89630号公報
特開2003−286179号公報
特開平4−27389号公報

概要

本発明は、優れた細胞賦活作用美白作用抗酸化作用コラゲナーゼ阻害作用アミラーゼ阻害作用などを有する有効成分を見出し、皮膚外用剤や飲食品などの分野に幅広く応用が可能な保湿剤、細胞賦活剤、美白剤、及びコラゲナーゼ阻害剤を提供することを目的とする。 優れた細胞賦活作用、美白作用、抗酸化作用、コラゲナーゼ阻害作用、アミラーゼ阻害作用などを有するノボタン科植物より選ばれる1種又は2種以上の植物の抽出物を保湿剤、細胞賦活剤、美白剤、コラゲナーゼ阻害剤、及びアミラーゼ阻害剤として用いる。また、ノボタン科植物の1種または2種以上の植物の抽出物を皮膚外用剤や食品等の組成物に配合することにより、シワ、タルミ、肌のハリ、シミ、クスミといった種々の皮膚症状や糖尿病、肥満症、動脈硬化症等の血糖値上昇が原因となる疾患の予防・改善に優れた効果を発揮する様々な組成物を提供することができる。 なし

目的

天然由来成分は、様々な薬理作用や美容効果を有することが知られ、これまでにも数多くの植物や菌類などが皮膚外用剤や飲食品などの分野に幅広く応用されている。しかし、天然由来成分の中には未だその効果が知られていないものも数多く存在し、優れた細胞賦活作用、美白作用、コラゲナーゼ阻害作用、アミラーゼ阻害作用などを有する有効成分の開発が期待されていた。本発明は、このような有効成分を見出すためになされたものであり、皮膚外用剤や飲食品などの分野に幅広く応用が可能な保湿剤、細胞賦活剤、美白剤、コラゲナーゼ阻害剤、及びアミラーゼ阻害剤を提供することを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

ノボタン科(Melastomataceae)植物より選ばれる1種又は2種以上の植物の抽出物を有効成分とすることを特徴とする保湿剤

請求項2

ノボタン(Melastomacandidum)を有効成分とすることを特徴とする請求項1に記載の保湿剤。

請求項3

ノボタン科(Melastomataceae)植物より選ばれる1種又は2種以上の植物の抽出物を有効成分とすることを特徴とする細胞賦活剤

請求項4

ノボタン(Melastomacandidum)を有効成分とすることを特徴とする請求項3に記載の細胞賦活剤。

請求項5

ノボタン科(Melastomataceae)植物より選ばれる1種又は2種以上の植物の抽出物を有効成分とすることを特徴とする美白剤

請求項6

ノボタン(Melastomacandidum)を有効成分とすることを特徴とする請求項5に記載の美白剤。

請求項7

ノボタン科(Melastomataceae)植物より選ばれる1種又は2種以上の植物の抽出物を有効成分とすることを特徴とするコラゲナーゼ阻害剤

請求項8

ノボタン(Melastomacandidum)を有効成分とすることを特徴とする請求項7に記載のコラゲナーゼ阻害剤。

請求項9

ノボタン科(Melastomataceae)植物より選ばれる1種又は2種以上の植物の抽出物を有効成分とすることを特徴とするアミラーゼ阻害剤

請求項10

ノボタン(Melastomacandidum)を有効成分とすることを特徴とする請求項9に記載のアミラーゼ阻害剤。

技術分野

0001

本発明は、保湿剤細胞賦活剤美白剤、及びコラゲナーゼ阻害剤に関する。さらに詳しくは、ノボタン科植物より選ばれる1種又は2種以上の植物の抽出物を含有する保湿剤、細胞賦活剤、美白剤、コラゲナーゼ阻害剤、アミラーゼ阻害剤に関する。

背景技術

0002

天然由来成分は、様々な薬理作用美容効果を有することが知られ、これまでにも数多くの植物や菌類などが皮膚外用剤飲食品などの分野に幅広く応用されている。特に、皮膚外用剤の分野においては、シワシミクスミ、皮膚の弾性低下といった皮膚症状の予防・改善のために、保湿剤、細胞賦活剤、美白剤、コラゲナーゼ阻害剤として様々な有効成分の検索及び配合検討が従来なされている。また、飲食品の分野においては、血糖上昇を抑制することによって糖尿病肥満症動脈硬化症等を予防・改善するために、アミラーゼ阻害剤として様々な有効成分の検討がなされている。これまでに知られている細胞賦活剤としては、ポンカンエッセンス(特許文献1参照)、美白剤としては、白鶴霊芝の水および/または有機溶媒抽出物(特許文献2参照)、コラゲナーゼ阻害剤としては、ジャツイバラ属植物の抽出物(特許文献3参照)、アミラーゼ阻害剤としては、月桂樹葉親水性溶媒抽出物質(特許文献4参照)が知られている。

0003

なお、ノボタン科植物の抽出物を有効成分とする保湿剤、細胞賦活剤、美白剤、及びコラゲナーゼ阻害剤に関する先行技術は認められなかった。

0004

特開2001−131045号公報
特開2003−89630号公報
特開2003−286179号公報
特開平4−27389号公報

発明が解決しようとする課題

0005

天然由来成分は、様々な薬理作用や美容効果を有することが知られ、これまでにも数多くの植物や菌類などが皮膚外用剤や飲食品などの分野に幅広く応用されている。しかし、天然由来成分の中には未だその効果が知られていないものも数多く存在し、優れた細胞賦活作用美白作用コラゲナーゼ阻害作用アミラーゼ阻害作用などを有する有効成分の開発が期待されていた。本発明は、このような有効成分を見出すためになされたものであり、皮膚外用剤や飲食品などの分野に幅広く応用が可能な保湿剤、細胞賦活剤、美白剤、コラゲナーゼ阻害剤、及びアミラーゼ阻害剤を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0006

本発明者らは、皮膚外用剤や飲食品などの分野に幅広く応用が可能な保湿剤、細胞賦活剤、美白剤、コラゲナーゼ阻害剤、及びアミラーゼ阻害剤を見出すために、天然由来の種々の物質について検討を行った。その結果、ノボタン科植物より選ばれる1種又は2種以上の植物の抽出物に優れた保湿作用、細胞賦活作用、美白作用、コラゲナーゼ阻害作用、及びアミラーゼ阻害作用を見出し、さらに検討を重ね、本発明を完成するに至った。すなわち、本発明は、ノボタン科植物より選ばれる1種又は2種以上の植物の抽出物を有効成分とする保湿剤、細胞賦活剤、美白剤、コラゲナーゼ阻害剤、及びアミラーゼ阻害剤を提供するものである。

発明の効果

0007

本発明によれば、優れた効果を有する保湿剤、細胞賦活剤、美白剤、及びコラゲナーゼ阻害剤を提供することができ、これらを皮膚外用剤や食品等の組成物に配合することにより、シワ、タルミ、肌のハリ、シミ、クスミといった種々の皮膚症状の防止や改善に優れた効果を発揮する様々な組成物を提供することができる。また、本発明により優れた効果を有するアミラーゼ阻害剤を提供することができ、これを飲食品等の組成物に配合することにより、血糖値の上昇を抑え、糖尿病、肥満症、動脈硬化症等の予防・改善に優れた効果を発揮する組成物を提供することができる。

発明を実施するための最良の形態

0008

本発明の原料として用いられる植物は、ノボタン科(Melastomataceae)の植物であればよい。ノボタン科植物としては、ノボタン属(Melastoma)、ヒメノボタン属(Osbeckia)、ハシカンボク属(Bredia)、ミヤマハシカンボク属(Blastus)などが知られており、ノボタン属植物としてはノボタン(Melastoma candidum)、ヒメノボタン属としてはヒメノボタン(Osbeckia chinensis)、ハシカンボク属としてはハシカンボク(Bredia hirsuta)、ミヤマハシカンボク属としてはミヤマハシカンボク(Blastus cochinchinensis)などが知られている。

0009

本発明に用いられる原料となる植物は、ノボタン科植物であれば特に限定されないが、入手が比較的容易であることや有効性などの理由から、ノボタン属、ヒメノボタン属を好適に用いることが出来る。ノボタン属植物としてはノボタンを、ヒメノボタン属植物としてはヒメノボタンを用いることが好ましく、ノボタンを用いることが有効性の点から特に好ましい。

0010

これらノボタン科植物を使用する際は、そのまま乾燥・粉砕して使用することもできるが、抽出物を用いるとよい。抽出には、ノボタン科植物の、枝、葉、花、種子、樹皮樹液、根、などのいずれの部位を用いても構わないが、簡便に利用するには、葉、茎、種子、枝を用いるとよく、有効性の点からは葉や茎を用いるとよい。抽出の際は、生のまま用いてもよいが、抽出効率を考えると、細切、乾燥、粉砕等の処理を行った後に抽出を行うことが好ましい。抽出は、抽出溶媒に浸漬するか、超臨界流体亜臨界流体を用いた抽出方法でも行うことができる。抽出効率を上げるため、撹拌や抽出溶媒中でホモジナイズしてもよい。抽出温度としては、5℃程度から抽出溶媒の沸点以下の温度とするのが適切である。抽出時間は抽出溶媒の種類や抽出温度によっても異なるが、1時間〜14日間程度とするのが適切である。

0011

抽出溶媒としては、水の他、メタノールエタノールプロパノールイソプロパノール等の低級アルコール、1、3−ブチレングリコールプロピレングリコールジプロピレングリコールグリセリン等の多価アルコールエチルエーテルプロピルエーテル等のエーテル類酢酸ブチル酢酸エチル等のエステル類アセトンエチルメチルケトン等のケトン類などの溶媒を用いることができ、これらより1種又は2種以上を選択して用いる。また、生理食塩水リン酸緩衝液リン酸緩衝生理食塩水等を用いてもよい。さらに、水や二酸化炭素エチレンプロピレン、エタノール、メタノール、アンモニアなどの1種又は2種以上の超臨界流体や亜臨界流体を用いてもよい。

0012

ノボタン科植物の上記溶媒による抽出物は、そのままでも使用することができるが、濃縮乾固した物を水や極性溶媒に再度溶解して使用することもでき、これらの生理作用を損なわない範囲で脱色、脱臭脱塩等の精製処理カラムクロマトグラフィー等による分画処理を行った後に用いてもよい。ノボタン科植物の前記抽出物やその処理物及び分画物は、各処理及び分画後に凍結乾燥し、用時に溶媒に溶解して用いることもできる。

0013

ノボタン科植物の抽出物は、優れた保湿作用、細胞賦活作用、美白作用、コラゲナーゼ阻害作用、及びアミラーゼ阻害作用を有し、保湿剤、細胞賦活剤、美白剤、コラゲナーゼ阻害剤、アミラーゼ阻害剤、皮膚外用剤、及び食品として利用することができる。また、ノボタン科植物の抽出物を有効成分とする保湿剤、細胞賦活剤、美白剤、コラゲナーゼ阻害剤、及びアミラーゼ阻害剤は、皮膚に外用するだけではなく、毛髪に利用することや経口摂取も可能であり、食品、飲料、あるいは医薬品などにも応用することが可能である。

0014

ノボタン科植物の抽出物を有効成分とする保湿剤は、皮膚や毛髪に対して優れた保湿作用を発揮し、特に皮膚に対する保湿効果が高い。

0015

ノボタン科植物の抽出物を有効成分とする細胞賦活剤は、種々の細胞に対して優れた賦活作用を発揮するが、特に真皮線維芽細胞表皮細胞に対して優れた効果を発揮する。

0016

ノボタン科植物の抽出物を有効成分とする美白剤は、シミ・ソバカスといった色素沈着症状の改善に効果を発揮し、特にチロシナーゼ活性阻害に基づくメラニンの産生抑制に対して優れた効果を発揮する。

0017

ノボタン科植物の抽出物を有効成分とするコラゲナーゼ阻害剤は、優れたコラゲナーゼ阻害作用を発揮するが、特にマトリックスメタロプロテアーゼ1の阻害作用に優れた効果を発揮する。

0018

ノボタン科植物の抽出物を有効成分とするアミラーゼ阻害剤は、優れたアミラーゼ阻害作用を発揮するが、特にα−アミラーゼの阻害作用に優れた効果を発揮する。

0019

また、ノボタン科植物の抽出物を皮膚外用剤に配合することにより、シワ、タルミ、肌のハリ、シミ、クスミ、乾燥、小じわ等の皮膚症状の防止・改善に優れた効果を発揮する皮膚外用剤を得ることができ、老化防止改善用皮膚外用剤美白用皮膚外用剤としても用いることができる。

0020

さらに、ノボタン科植物の抽出物は、糖尿病、肥満症、動脈硬化症等の予防・改善や一般的な健康維持や栄養補給を目的とするような医薬品、食品、及び飲料にも用いることもできる。

0021

ノボタン科植物の抽出物を皮膚外用剤や食品などの組成物に配合する際の配合量は、種類や使用目的等によって調整することができるが、効果や安定性などの点から、全量に対して0.0001〜50.0重量%が好ましく、より好ましくは、0.001〜25.0重量%である。

0022

ノボタン科植物の抽出物を配合する組成物の剤型は任意であり、例えば、ローションなどの可溶化系クリーム乳液などの乳化系カラミンローション等の分散系として提供することができる。さらに、噴射剤と共に充填したエアゾール軟膏剤粉末顆粒などの種々の剤型で提供することもできる。

0023

なお、ノボタン科植物の抽出物を配合する組成物には、ノボタン科植物の抽出物の他に、必要に応じて、通常医薬品医薬部外品皮膚化粧料浴用剤洗浄剤,食品などに配合される油性成分,保湿剤,粉体色素乳化剤可溶化剤,洗浄剤,紫外線吸収剤増粘剤薬剤香料樹脂アルコール類栄養強化物質調味料などを適宜配合することができる。また、本発明の効果を損なわない範囲において、他の細胞賦活剤、美白剤、コラゲナーゼ阻害剤、アミラーゼ阻害剤との併用も可能である。

0024

以下に、ノボタン科植物の抽出物の製造例、各作用を評価するための試験、皮膚外用剤や食品としての処方例、使用試験についてさらに詳細に説明するが、本発明の技術的範囲はこれによって何ら限定されるものではない。

0025

[製造例1]
ノボタン科植物の全草の乾燥粉砕物1kgに50重量%エタノール水溶液を10リットル加え、室温で7日間浸漬した。抽出液をろ過して回収し、溶媒を除去した後、ノボタン科植物抽出物を得た。

0026

[製造例2]
ノボタン科植物の全草の乾燥粉砕物1kgに水を9リットル加え、90℃にて6時間還流して抽出した。抽出液をろ過して回収し、溶媒を除去した後、ノボタン科植物抽出物を得た。

0027

[製造例3]
ノボタン科植物の全草の乾燥粉砕物1kgにメタノールを9リットル加え、室温で7日間浸漬した。抽出液をろ過して回収し、溶媒を除去した後、ノボタン科植物抽出物を得た。

0028

[製造例4]
超臨界抽出装置にノボタン科植物の全草を投入し、40℃において15MPaの気圧下で二酸化炭素の超臨界流体を用いて抽出した。抽出物を回収し、ノボタン科植物抽出物を得た。

0029

まず、ノボタン科植物抽出物の真皮線維芽細胞の賦活作用について示す。試料には、ノボタンの葉を製造例1に従って抽出し、試料1として評価を行った。

0030

評価は、以下の手順で行った。正常ヒト真皮線維芽細胞を1ウェル当たり2.0×104個となるように96穴マイクロプレート播種した。播種培地には、ダルベッコ改変イーグル培地DMEM)に1%のウシ胎児血清を添加したものを用いた。24時間培養後、任意の濃度の試料を添加した試験培地交換し、さらに48時間培養した。次いで3−(4,5−ジメチル−2−チアゾリル)−2,5−ジフェニルテトラゾリウムブロミドMTT)を400μg/mL含有する培地に交換して2時間培養し、テトラゾリウム環の開環により生じるフォルマザン2−プロパノールにて抽出し、マイクロプレートリーダーにて550nmの吸光度を測定した。同時に濁度として650nmにおける吸光度を測定し、両測定値の差により細胞賦活作用を評価した。評価結果を、試料無添加ブランクにおける細胞賦活作用を100とした相対値にて表1に示す。なお、表中の*及び**は、t検定における有意確率P値に対し、有意確率5%未満(P<0.05)を*で、有意確率1%未満(P<0.01)を**で表したものである(以下の表においても同様とする)。

0031

0032

表1より明らかなように、ノボタン抽出物を添加した培地では、有意な真皮線維芽細胞賦活作用が認められた。特に、試料1を0.06〜0.5mg/mL添加した場合には、ブランクと比較して、危険率1%未満で有意な真皮線維芽細胞賦活作用が認められた。このことから、ノボタン抽出物は、優れた真皮線維芽細胞賦活作用を有することが明らかとなった。

0033

次に、ノボタン科植物抽出物の表皮細胞の賦活作用について示す。試料には、ノボタンの茎と根の混合物を製造例1に従って抽出し、試料2として評価を行った。

0034

評価は、以下の手順で行った。正常ヒト表皮細胞を1ウェル当たり2.0×104個となるように96穴マイクロプレートに播種した。播種培地には、市販のクラボウ社製Humedia−KG2を用いた。24時間培養後、試料を添加した試験培地に交換し、さらに24時間培養した。次いで3−(4,5−ジメチル−2−チアゾリル)−2,5−ジフェニルテトラゾリウムブロミド(MTT)を100μg/mL含有する培地に交換して2時間培養し、テトラゾリウム環の開環により生じるフォルマザンを2−プロパノールにて抽出し、マイクロプレートリーダーにて550nmの吸光度を測定した。同時に濁度として650nmにおける吸光度を測定し、両測定値の差により細胞賦活作用を評価した。評価結果を、細胞賦活剤が無添加の場合の細胞賦活作用を100とした場合の相対値にて表2に示す。

0035

0036

表2より明らかなように、ノボタン抽出物を添加した培地では、有意な表皮細胞賦活作用が認められた。特に、試料2を0.125〜0.25mg/mL添加した場合には、ブランクと比較して、危険率1%未満で有意な表皮細胞賦活作用が認められた。このことから、ノボタン抽出物は、優れた表皮細胞賦活作用を有することが明らかとなった。

0037

次に、ノボタン科植物抽出物のメラニン産生抑制作用の評価を示す。試料には、ノボタンの葉を製造例1に従って抽出したものを試料1とし、ノボタンの葉と根の混合物より製造例1に従って抽出したものを試料2として評価を行った。

0038

評価は、以下の手順で行った。B16マウスメラノーマF0ストレイン(B16F0)細胞を35mmディッシュに1ディッシュあたり2000個にて播種した。24時間培養後、任意の濃度の試料を添加した5重量%ウシ胎児血清(FCS)添加ダルベッコ改変イーグル培地(DMEM)に交換した。7日間培養後、0.25%トリプシンを用いて細胞を回収し、1.5mLマイクロチューブに移して遠心操作して細胞沈殿物を得た。さらに、試料を添加した培地の代わりに、ダルベッコ改変イーグル培地(DMEM)に5重量%ウシ胎児血清(FCS)を添加したものをブランクとし、同様に目視判定を行った。また、目視判定は、表3に示す通り、5段階評価によって行った。表4に判定の結果を示した。

0039

0040

0041

表4より明らかなように、ノボタン抽出物を0.01mg/mL添加した培地を用いた場合には、ほとんど黒化は認められず、0.1mg/mL添加した場合には全く黒化は認められなかった。このことから、ノボタン抽出物は、優れたメラニン産生抑制作用を有することが明らかとなった。

0042

次に、ノボタン科植物抽出物のコラゲナーゼ阻害作用について示す。試料には、ノボタンの葉を製造例1に従って抽出したものを試料1とし、ノボタンの葉と根の混合物より製造例1に従って抽出したものを試料2として評価を行った。

0043

評価は、以下の手順で行った。I型コラゲナーゼと0.25mg/mlのフルオレセインイソチオシアネートFITC)で標識した1型コラーゲントリス塩酸緩衝液に、溶解した試料溶液を混合し、37℃で2時間インキュベートした。これに酵素反応停止液を添加し、37℃で30分間インキュベーションした後、エタノール沈殿法により分解されたコラーゲンを含む上清を回収した。蛍光分光光度計を用いて上清の蛍光強度励起波長495nm,蛍光波長520nm)を測定し、以下の式を用いてコラゲナーゼ阻害率を算出した。それぞれの評価結果を表5に示す。
コラゲナーゼ阻害率(%)=[(試料未添加時の蛍光強度)−(試料添加時の蛍光強度)]/(試料未添加時の蛍光強度)×100

0044

0045

表5より明らかなように、ノボタン抽出物はマトリックスメタロプロテアーゼ1(MMP1)阻害作用に基づいて、優れたコラゲナーゼ阻害作用を有することが明らかとなった。

0046

次に、ノボタン科植物抽出物のアミラーゼ阻害作用について示す。試料には、ノボタンの葉を製造例1に従って抽出したものを試料1とし、ノボタンの葉と根の混合物より製造例1に従って抽出したものを試料2として評価を行った。

0047

評価は、以下の手順で行った。2%デンプン溶液(0.1M Tris−HCl緩衝液pH7.0)1mLに同じ緩衝液で溶解したサンプル溶液1mLを添加し、37℃で5分間インキュベーションした。α−アミラーゼ(膵臓由来,SIGMA社製)溶液を0.1mL(10Units)加え、37℃で60分間インキュベーションした。その後、発色液(0.01Nヨウ素液)1mLを添加後、蒸留水にて20倍希釈し、660nmの吸光度を測定した。緩衝液のみを添加した場合の吸光度を(A)、サンプル溶液を添加した場合の吸光度を(B)としたとき、以下の式を用いてアミラーゼ阻害率を算出した。それぞれの評価結果を表6に示す。
アミラーゼ阻害率(%)=[1−(B)/(A)]×100

0048

0049

表6より明らかなように、ノボタン抽出物はα−アミラーゼ阻害作用に基づいて、優れたアミラーゼ阻害作用を有することが明らかとなった。

0050

続いて、本発明に係るノボタン科植物抽出物を配合した皮膚外用剤の処方例を示す。

0051

[処方例1]乳液
(1)スクワラン10.0(重量%)
(2)メチルフェニルポリシロキサン4.0
(3)水素添加パーム核油0.5
(4)水素添加大豆リン脂質0.1
(5)モノステアリン酸ポリオキシエチレン
ソルビタン(20E.O.) 1.3
(6)モノステアリン酸ソルビタン1.0
(7)グリセリン4.0
(8)パラオキシ安息香酸メチル0.1
(9)カルボキシビニルポリマー0.15
(10)精製水53.85
(11)アルギニン(1重量%水溶液) 20.0
(12)ノボタン抽出物[製造例1] 5.0
製法:(1)〜(6)の油相成分を80℃にて加熱溶解する。一方(7)〜(10)の水相成分を80℃にて加熱溶解する。これに前記油相成分を攪拌しながら加え、ホモジナイザーにより均一に乳化する。乳化終了後、冷却を開始し、(11)と(12)を順次加え、均一に混合する。

0052

[処方例2]化粧水
(1)エタノール15.0(重量%)
(2)ポリオキシエチレン(40E.O.)硬化ヒマシ油0.3
(3)香料0.1
(4)精製水78.38
(5)クエン酸0.02
(6)クエン酸ナトリウム0.1
(7)グリセリン1.0
(8)ヒドロキシエチルセルロース0.1
(9)ノボタン抽出物[製造例3] 5.0
製法:(1)に(2)及び(3)を溶解する。溶解後、(4)〜(8)を順次添加した後、十分に攪拌し、(9)を加え、均一に混合する。

0053

[処方例3]クリーム
(1)スクワラン10.0(重量%)
(2)ステアリン酸2.0
(3)水素添加パーム核油0.5
(4)水素添加大豆リン脂質0.1
(5)セタノール3.6
(6)親油型モノステアリン酸グリセリン2.0
(7)グリセリン10.0
(8)パラオキシ安息香酸メチル0.1
(9)アルギニン(20重量%水溶液) 15.0
(10)精製水40.7
(11)カルボキシビニルポリマー(1重量%水溶液) 15.0
(12)ノボタン抽出物[製造例1] 1.0
製法:(1)〜(6)の油相成分を80℃にて加熱溶解する。一方(7)〜(10)の水相成分を80℃にて加熱溶解する。これに前記油相成分を攪拌しながら加え、ホモジナイザーにより均一に乳化する。乳化終了後、(11)を加え、冷却を開始し、40℃にて(12)を加え、均一に混合する。

0054

[処方例4]美容液
(1)精製水27.45(重量%)
(2)グリセリン10.0
(3)ショ糖脂肪酸エステル1.3
(4)カルボキシビニルポリマー(1重量%水溶液) 17.5
(5)アルギン酸ナトリウム(1重量%水溶液) 15.0
(6)モノラウリンポリグリセリル1.0
(7)マカデミアナッツ油脂肪酸フィトステリル3.0
(8)N-ラウロイル-L-グルタミン酸
ジ(フィトステリル−2−オクチルドデシル) 2.0
(9)硬化パーム油2.0
(10)スクワラン(オリーブ由来) 1.0
(11)ベヘニルアルコール0.75
(12)ミツロウ1.0
(13)ホホバ油1.0
(14)1、3−ブチレングリコール10.0
(15)L−アルギニン(10重量%水溶液) 2.0
(16)ノボタン抽出物[製造例1] 5.0
製法:(1)〜(6)の水相成分を混合し、75℃にて加熱溶解する。一方、(7)〜(14)の油相成分を混合し、75℃にて加熱溶解する。次いで、上記水相成分に油相成分を添加して予備乳化を行った後、ホモミキサーにて均一に乳化する。乳化終了後に冷却を開始し、50℃にて(15)を加える。さらに40℃まで冷却し、(16)を加え、均一に混合する。

0055

[処方例5]水性ジェル
(1)カルボキシビニルポリマー0.5(重量%)
(2)精製水86.7
(3)水酸化ナトリウム(10重量%水溶液) 0.5
(4)エタノール10.0
(5)パラオキシ安息香酸メチル0.1
(6)香料0.1
(7)ノボタン抽出物[製造例4] 2.0
(8)ポリオキシエチレン(60E.O.)硬化ヒマシ油0.1
製法:(1)を(2)に加え、均一に攪拌した後、(3)を加える。均一に攪拌した後、(4)に予め溶解した(5)を加える。均一に攪拌した後、予め混合しておいた(6)〜(8)を加え、均一に攪拌混合する。

0056

[処方例6]クレンジング料
(1)スクワラン81.0(重量%)
(2)イソステアリン酸ポリオキシエチレングリセリル15.0
(3)精製水3.0
(4)ノボタン抽出物[製造例4] 1.0
製法:(1)と(2)を均一に溶解する。これに、(3)と(4)を順次加え、均一に混合する。

0057

[処方例7]洗顔フォーム
(1)ステアリン酸16.0(重量%)
(2)ミリスチン酸16.0
(3)親油型モノステアリン酸グリセリン2.0
(4)グリセリン20.0
(5)水酸化ナトリウム7.5
(6)ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン1.0
(7)精製水36.5
(8)ノボタン抽出物[製造例3] 1.0
製法:(1)〜(4)の油相成分を80℃にて加熱溶解する。一方(5)〜(7)の水相成分を80℃にて加熱溶解し、油相成分と均一に混合撹拌する。冷却を開始し、40℃にて(8)を加え、均一に混合する。

0058

[処方例8]メイクアップベースクリーム
(1)スクワラン10.0(重量%)
(2)セタノール2.0
(3)グリセリントリ2−エチルヘキサン酸エステル2.5
(4)親油型モノステアリン酸グリセリル1.0
(5)プロピレングリコール11.0
(6)ショ糖脂肪酸エステル1.3
(7)精製水69.4
(8)酸化チタン1.0
(9)ベンガラ0.1
(10)黄酸化鉄0.4
(11)香料0.1
(12)ノボタン抽出物[製造例2] 1.2
製法:(1)〜(4)の油相成分を混合し、75℃にて加熱溶解する。一方、(5)〜(7)の水相成分を混合し、75℃にて加熱溶解し、これに(8)〜(10)の顔料を加え、ホモミキサーにて均一に分散させる。この水相成分に前記油相成分を加え、ホモミキサーにて乳化する。乳化終了後に冷却を開始し、40℃にて(11)と(12)の成分を加え、均一に混合する。

0059

[処方例9]乳液状ファンデーション
(1)メチルポリシロキサン2.0(重量%)
(2)スクワラン5.0
(3)ミリスチン酸オクチルドデシル5.0
(4)セタノール1.0
(5)ポリオキシエチレン(20E.O.)
ソルビタンモノステアリン酸エステル1.3
(6)モノステアリン酸ソルビタン0.7
(7)1、3−ブチレングリコール8.0
(8)キサンタンガム0.1
(9)パラオキシ安息香酸メチル0.1
(10)精製水57.4
(11)酸化チタン9.0
(12)タルク7.4
(13)ベンガラ0.5
(14)黄酸化鉄1.1
(15)黒酸化鉄0.1
(16)香料0.1
(17)ノボタン抽出物[製造例4] 1.0
製法:(1)〜(6)の油相成分を混合し、75℃にて加熱溶解する。一方、(7)〜(10)の水相成分を混合し、75℃にて加熱溶解し、これに(11)〜(15)の顔料を加え、ホモミキサーにて均一に分散する。油相成分を加え、乳化を行う。乳化終了後に冷却を開始し、40℃にて(16)と(17)の成分を順次加え、均一に混合する。

0060

[処方例10]油中水型エモリエントクリーム
(1)流動パラフィン30.0(重量%)
(2)マイクロクリスタリンワックス2.0
(3)ワセリン5.0
(4)ジグリセリンオレイン酸エステル5.0
(5)塩化ナトリウム1.3
(6)塩化カリウム0.1
(7)プロピレングリコール3.0
(8)1、3−ブチレングリコール5.0
(9)パラオキシ安息香酸メチル0.1
(10)ノボタン抽出物[製造例1] 1.0
(11)精製水47.4
(12)香料0.1
製法:(5)と(6)を(11)の一部に溶解して50℃とし、50℃に加熱した(4)に撹拌しながら徐々に加える。これを混合した後、70℃にて加熱溶解した(1)〜(3)に均一に分散する。これに(7)〜(10)を(11)の残部に70℃にて加熱溶解したものを撹拌しながら加え、ホモミキサーにて乳化する。乳化終了後に冷却を開始し、40℃にて(12)を加え、均一に混合する。

0061

[処方例11]パック
(1)精製水58.9(重量%)
(2)ポリビニルアルコール12.0
(3)エタノール17.0
(4)グリセリン5.0
(5)ポリエチレングリコール(平均分子量1000) 2.0
(6)ノボタン抽出物[製造例2] 5.0
(7)香料0.1
製法:(2)と(3)を混合し、80℃に加温した後、80℃に加温した(1)に溶解する。均一に溶解した後、(4)と(5)を加え、攪拌しながら冷却を開始する。40℃まで冷却し、(6)と(7)を加え、均一に混合する。

0062

[処方例12]入浴剤
(1)香料0.3(重量%)
(2)ノボタン抽出物[製造例1] 1.0
(3)炭酸水素ナトリウム50.0
(4)硫酸ナトリウム48.7
製法:(1)〜(4)を均一に混合する。

0063

[処方例13]ヘアーワックス
(1)ステアリン酸3.0(重量%)
(2)マイクロクリスタリンワックス2.0
(3)セチルアルコール3.0
(4)高重合メチルポリシロキサン2.0
(5)メチルポリシロキサン5.0
(6)ポリオキシエチレンオキシプロピレン
メチルポリシロキサン共重合体1.0
(7)パラオキシ安息香酸メチル0.1
(8)1、3−ブチレングリコール7.5
(9)アルギニン0.7
(10)精製水73.6
(11)ノボタン抽出物[製造例1] 2.0
(12)香料0.1
製法:(1)〜(6)の油相成分を混合し、75℃にて加熱溶解後する。一方、(7)〜(10)の水相成分を75℃にて加熱溶解し、前記油相成分を加え、ホモミキサーにて乳化する。乳化終了後に冷却を開始し、40℃にて(11)と(12)の成分を加え、均一に混合する。

0064

[処方例14]ヘアートニック
(1)エタノール50.0(重量%)
(2)精製水48.9
(3)ノボタン抽出物[製造例3] 1.0
(4)香料0.1
製法:(1)〜(4)の成分を混合、均一化する。

0065

[処方例15]飲料
(1)ノボタン抽出物[製造例1] 8.0(重量%)
(2)エリスリトール1.0
(3)クエン酸0.1
(4)ステビア0.01
(5)精製水90.89
製法:(1)〜(5)を均一に混合する。

0066

次に、ノボタン科植物抽出物を配合した処方を用いて使用試験を行い、乾燥による肌荒れについて改善効果を評価した。その際、処方例1に示した乳液の処方に表7に記載するノボタン科植物抽出物をそれぞれ配合し、実施例1〜5として使用試験を行った。また、ノボタン科植物抽出物を精製水に代替し、比較例1として同時に使用試験を行った。

0067

0068

各試料について、肌荒れ症状が顕著に認められる30〜50代の乾燥肌女性パネラー20名をそれぞれ一群とし、ブラインドにて1週間使用させ、使用前後の皮膚状態の変化を観察して評価した。皮膚症状の指標として、乾燥による肌荒れについて、「改善」、「やや改善」、「変化なし」の三段階で評価し、表8に各評価を得たパネラー数にて示した。

0069

0070

表8より、ノボタン科植物抽出物を含有しない比較例使用群においては、6割以上のパネラーに改善は認められなかったが、ノボタン科植物抽出物を配合した実施例使用群においては、6割以上のパネラーに明確な肌荒れの改善が認められた。このことから、ノボタン科植物抽出物は優れた保湿効果を有することが明らかとなった。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い法人

関連性が強い法人一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ