図面 (/)

技術 タンクの漏洩試験方法及び装置

出願人 日本タンク装備株式会社
発明者 加瀬薫
出願日 2004年7月13日 (16年5ヶ月経過) 出願番号 2004-205370
公開日 2006年2月2日 (14年11ヶ月経過) 公開番号 2006-029835
状態 特許登録済
技術分野 気密性の調査・試験
主要キーワード 演算記憶装置 減圧ホース 電車軌道 タイヤ音 貯蔵液体 漏洩試験装置 漏洩音 アナログノイズ
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2006年2月2日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (2)

課題

道路電車軌道から発せられる不要なノイズや、センサー信号アナログ回路のノイズがあっても漏洩音を正しく検知する。

解決手段

液体貯留されているタンク内を大気圧とした状態と減圧時とで、異なる時刻に上記タンク内に生ずる音圧を複数回測定し、記憶し、大気圧時の記憶した複数の音圧値のうちレベル近似した音圧値を所望の数だけ合計し基準値とし、減圧時の記憶した複数の音圧値のうちレベルの近似した音圧値を所望の数だけ合計し漏洩測定値とし、上記基準値と上記漏洩測定値とを比較し、比較値所定値以上となったとき漏洩ありと判断する。

概要

背景

従来、略無音室でドラム缶等の容器内を加圧又は減圧して、容器の内部から外部に又は外部から内部に空気が漏れる時に生ずる音をセンサーにより検知して、容器の漏洩検査する方法及び装置としては例えば、特許文献1に示すものがある。
特開平7−159270号公報(第1図)

概要

道路電車軌道から発せられる不要なノイズや、センサー信号アナログ回路のノイズがあっても漏洩音を正しく検知する。液体貯留されているタンク内を大気圧とした状態と減圧時とで、異なる時刻に上記タンク内に生ずる音圧を複数回測定し、記憶し、大気圧時の記憶した複数の音圧値のうちレベル近似した音圧値を所望の数だけ合計し基準値とし、減圧時の記憶した複数の音圧値のうちレベルの近似した音圧値を所望の数だけ合計し漏洩測定値とし、上記基準値と上記漏洩測定値とを比較し、比較値所定値以上となったとき漏洩ありと判断する。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
2件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

液体貯留されているタンク内を大気圧とした状態で、異なる時刻に上記タンク内に生ずる音圧を複数回測定し、記憶せしめる工程と、上記測定し、記憶した複数の音圧値のうちレベル近似した音圧値を所望の数だけ合計し基準値として記憶する工程と、上記タンク内を減圧する工程と、異なる時刻に上記タンク内に生ずる音圧を複数回測定し、記憶せしめる工程と、上記測定し、記憶した複数の音圧値のうちレベルの近似した音圧値を所望の数だけ合計し漏洩測定値として記憶する工程と、上記基準値と上記漏洩測定値とを比較し、比較値所定値以上となったとき漏洩ありと判断する工程とよりなることを特徴とするタンクの漏洩試験方法

請求項2

上記基準値及び漏洩測定値は、夫々上記測定した複数の音圧値のうち音圧値の小さいものから所望の数だけ選択し、これを合計した値である事を特徴とする請求項1記載のタンクの漏洩試験方法。

請求項3

液体が貯留されているタンク内を減圧する減圧装置と、上記タンク内に設けた音測定器と、上記タンク内が大気圧及び減圧状態とされた夫々における複数の異なる時刻に測定した複数の音圧値のうちレベルの近似したものを所望の数だけ合計し基準値及び漏洩測定値として記憶する演算記憶装置と、上記基準値と、漏洩測定値とを比較する比較手段とより成ることを特徴とするタンクの漏洩試験装置

請求項4

上記基準値及び漏洩測定値は、夫々上記測定した複数の音圧値のうち音圧値の小さいものから所望の数だけ選択し、これを合計した値である事を特徴とする請求項3記載のタンクの漏洩試験装置。

技術分野

0001

本発明はタンク漏洩試験方法及び装置、特に給油所等に埋設した、地下水に接していない地下タンク漏洩の有無の試験方法及び装置に関するものである。

背景技術

0002

従来、略無音室でドラム缶等の容器内を加圧又は減圧して、容器の内部から外部に又は外部から内部に空気が漏れる時に生ずる音をセンサーにより検知して、容器の漏洩を検査する方法及び装置としては例えば、特許文献1に示すものがある。
特開平7−159270号公報(第1図)

発明が解決しようとする課題

0003

然しながら、給油所等に埋設した地下タンクは道路電車軌道から発せられる突発的なノイズや、センサー自体にノイズがあると、従来のような略無音室で検査をする上記漏洩試験方法及び装置では空気の漏れを正しく検知できないという欠点があった。

0004

本発明は上記の欠点を除くようにしたものである。

課題を解決するための手段

0005

本発明のタンクの漏洩試験方法は、液体貯留されているタンク内を大気圧とした状態で、異なる時刻に上記タンク内に生ずる音圧を複数回測定し、記憶せしめる工程と、上記測定し、記憶した複数の音圧値のうちレベル近似した音圧値を所望の数だけ合計し基準値として記憶する工程と、上記タンク内を減圧する工程と、異なる時刻に上記タンク内に生ずる音圧を複数回測定し、記憶せしめる工程と、上記測定し、記憶した複数の音圧値のうちレベルの近似した音圧値を所望の数だけ合計し漏洩測定値として記憶する工程と、上記基準値と上記漏洩測定値とを比較し、比較値所定値以上となったとき漏洩ありと判断する工程とよりなることを特徴とする。

0006

また、本発明のタンクの漏洩試験装置は、液体が貯留されているタンク内を減圧する減圧装置と、上記タンク内に設けた音測定器と、上記タンク内が大気圧及び減圧状態とされた夫々における複数の異なる時刻に測定した複数の音圧値のうちレベルの近似したものを所望の数だけ合計し基準値及び漏洩測定値として記憶する演算記憶装置と、上記基準値と、漏洩測定値とを比較する比較手段とより成ることを特徴とする。

0007

上記基準値及び漏洩測定値は、夫々上記測定した複数の音圧値のうち音圧値の小さいものから所望の数だけ選択し、これを合計した値である事を特徴とする。

発明の効果

0008

本発明においては、個々のタンクごとに暗騒音を考慮した基準値を設定し、この基準値と漏洩測定値の差を求めて漏洩判断を行うので、地下タンクを設置する地域環境及び土壌環境に影響されることなく、漏洩判断ができるという大きな利益がある。

0009

また、平均化した音圧値のうち小さいものだけを選んで合計するので、車両が通過するタイヤ音等の一時的な大きい音は基準値や漏洩測定値から除外されるので、正確に漏洩判断ができる。

0010

漏洩時に発する気泡音の音圧が小さくても、測定した複数の音圧値を合計し、比較するので確実に漏洩判断ができる。

0011

また、測定した一つの音圧のみを採用してこれを増幅し基準値や漏洩測定値とするのではないので、誤測定を排除できる。

発明を実施するための最良の形態

0012

下図面によって本発明の実施例を説明する。

0013

図1において、1は給油所等に埋設した、地下水に接していない油貯蔵用の地下タンク、2は上記地下タンク1内に連通した通気管、3は地上に設置した油計量機、4は上記油計量機3と上記地下タンク1の下部間を連結する油吸入管、5は上記地下タンク1の天井部分に設けた計量管挿入用の開口部、6は地上に設置した減圧維持装置、7は上記通気管2に気密に接続した、上記減圧維持装置6の減圧ホース、8は上記減圧維持装置6を介して上記通気管2に接続した大気開放ホース、9は上記地下タンク1内に貯蔵したガソリン等の貯蔵液体、10は上記開口部5から上記地下タンク1内に気密に挿入し、上記地下タンク1内底部にまで達せしめた液中マイク、11は上記液中マイク10からの音を記録し、演算処理する演算記憶装置、12は上記地下タンク1内の圧力を計測する圧力計を示す。

0014

本発明のタンクの漏洩試験方法においては、まず地下タンク1内の貯蔵液体より上部の気相部におけるタンク壁の漏洩の有無を試験する。

0015

上記減圧維持装置6を駆動せず、上記大気開放ホース8を開放して上記地下タンク1内を大気圧とした状態で、例えば10秒間上記液中マイク10からの音を音圧として測定し、上記演算記憶装置11により上記10秒間の音圧を平均化して記憶せしめ、このような操作を例えば5秒間づつ置いて12回繰り返し、上記各平均化して記憶せしめた音圧値のうち音圧値の小さいものから例えば5つ選んで合計せしめ、これを基準値として上記演算記憶装置11に記憶せしめる。

0016

次に、上記大気開放ホース8を閉じ、上記減圧維持装置6を駆動せしめて、上記地下タンク1内を、減圧状態とし、上記と同様に上記液中マイク10からの音圧信号を測定し、同様に処理したものを漏洩測定値として上記演算記憶装置11に記憶せしめる。

0017

次に上記演算記憶装置11に記憶した上記基準値と上記漏洩測定値を比較手段(図示せず)によって比較して、例えばその差が6dB未満であれば異常なしと判断し、6dB〜9dB未満であれば再試験を行い、9dB以上の差がある場合には漏洩があると判断する。

0018

次に地下タンク1の液層部におけるタンク壁の漏洩の有無の試験を行う。

0019

この場合には、上記地下タンク1の気相部におけるタンク壁の漏洩の有無の試験と同じ方法でまず基準値を上記演算記憶装置11に記憶せしめる。

0020

次に、上記大気開放ホース8を閉じ、上記減圧維持装置6を駆動せしめて、上記地下タンク1内を減圧状態、例えば大気圧との差が貯蔵液体のヘッド以上となるようにし、その後は上記地下タンク1の気相部における壁の漏洩の有無の試験と同じ方法で漏洩測定値を得てこれを上記演算記憶装置11に記憶せしめ、記演算記憶装置11に記憶した上記基準値と上記漏洩測定値を比較して、例えばその差が6dB未満であれば異常なしと判断し、6dB〜9dB未満であれば再試験を行い、9dB以上の差がある場合には漏洩があると判断する。

0021

本発明においては基準値、漏洩測定値として、音圧値の小さいものから例えば5つ選んだが、音圧値のレベルの近似したものを例えば5つ選ぶようにしてもよい。

0022

上記のように本発明においては、個々の地下タンクごとに暗騒音として基準値を設定し、この基準値と漏洩測定値の差を求めて漏洩判断を行うようにしたので、地下タンクを設置する地域環境及び土壌環境に影響されることなく、漏洩判断ができるという大きな利益がある。

0023

また、平均化した音圧値のうちレベルの小さいものだけを選んで合計するので、車両が通過するタイヤ音等の一時的な大きい音は基準値又は漏洩測定値から除外されるので、正確に漏洩判断ができる。

0024

また、漏洩時に発する気泡音の音圧が小さくても、所定時間に亘り測定した音圧値を平均化し合計し、比較するので確実に漏洩を判断できる。

0025

なお、一定期間内に測定した音圧値を複数倍に増幅してこれを基準値や測定値とするのではなく、異なる時刻における一定期間内に測定した複数の音圧値を加算したものを基準値や測定値とするようにしたので、例えばマイク等のアナログノイズが高い状態でも漏洩を見逃してしまうなどの誤測定を排除できる。

図面の簡単な説明

0026

本発明のタンクの漏洩試験方法及び装置の説明図である。

符号の説明

0027

1地下タンク
2通気管
3 油計量機
4 油吸入管
5 開口部
6減圧維持装置
7減圧ホース
8大気開放ホース
9貯蔵液体
10液中マイク
11演算記憶装置
12 圧力計

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • コニカミノルタ株式会社の「 ガス検知システム」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題・解決手段】雨や雪から生じた水蒸気を監視対象のガスと区別することができるガス検知システムを提供する。ガス検知システム100は、赤外カメラ21と、赤外カメラ21によって撮影した画像がガスか否かを判... 詳細

  • 日本製鉄株式会社の「 鋼管用水圧試験のシール機構および鋼管用水圧試験機」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】弁体の円滑な摺動が可能な鋼管用水圧試験のシール機構を提供する。【解決手段】鋼管内に高圧水を充填して液漏れの有無を判定する鋼管用水圧試験において、高圧水を鋼管内に封止させるシール機構12であって... 詳細

  • 株式会社竹中工務店の「 既設配管の漏洩試験治具」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】施工が完了した既設配管に対して、管路の外側から配管の接続部での施工不良の有無を検査する。【解決手段】円筒状パッキン10に、第1管要素80の外周面に接触する第1シール面23,33及び第2管要素9... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ