図面 (/)

技術 超精密鏡面加工方法及びその装置

出願人 森勇藏
発明者 森勇藏
出願日 2004年7月9日 (15年8ヶ月経過) 出願番号 2004-203423
公開日 2006年1月26日 (14年1ヶ月経過) 公開番号 2006-021295
状態 特許登録済
技術分野 3次曲面及び複雑な形状面の研削,研磨等 仕上研磨、刃砥ぎ、特定研削機構による研削 洗浄、機械加工
主要キーワード ウエイト体 偏心円板 加工容器内 加工面近傍 偏心駆動軸 圧力ホース 加工容器 設置板
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2006年1月26日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (9)

課題

半導体ウエハ及び薄膜基板等の被加工物の加工面を、歪み、クラック及び熱変質等を全く生じさせずに鏡面加工することができ、しかも量産性に適した超精密鏡面加工方法及びその装置を提供する。

解決手段

被加工物Kの加工面を水平にして加工容器W内に保持するとともに、該加工容器内水分子吸着させた超微粉体を収容して前記加工面上に位置させ、前記加工容器を水平面内で二次元的に加振することにより被加工物の加工面に超微粉体を流動接触させ、超微粉体と加工面界面での相互作用により鏡面加工を進行してなる。

概要

背景

従来、超微粉体を分散した懸濁液を被加工物の加工面に沿って流動させて、該超微粉体を加工面上に略無荷重の状態で接触させ、その際の超微粉体と加工面界面での相互作用一種化学結合)により、加工面原子原子単位に近いオーダで除去して加工する、いわゆるEEM(Elastic Emission Machining)による超精密鏡面加工は既に知られている。

従来のEEMを使った加工では、特許文献1〜3に示されているように、加工用球体を被加工物の加工面に押圧しながら回転駆動手段により回転させて加工面近傍に懸濁液流を発生させるとともに、その動圧によって加工面に対して非接触状態を維持し、そして球体を加工面全面に走査して、加工面上の微小領域に形成されるスポット加工痕を連続させて、全面を精密に加工するのである。

しかし、このような加工用球体と被加工物を相対的に走査し、スポット加工痕を連続させる加工方法は、加工面を任意の形状に超精密に加工することができるといった利点があるものの、加工速度が遅いため半導体ウエハ等の被加工物の加工面全面を均一に鏡面加工するには適していない。

尚、特許文献4には、定盤の下方に定盤に対して垂直姿勢並列配置され、それぞれが固定軸受により定位置に回転自在に支持されると共に、同方向に同期回転駆動される複数本の軸と、複数本の軸の各上端部に中心位置から離れた位置でそれぞれ結合されると共に、中心位置から離れた位置を中心とする偏心回転が定盤に伝達されるように、定盤の下面に設けられた凹形に回転自在に嵌合し、複数本の軸の同期回転に伴って凹形内で同方向に同期偏心回転を行うことにより、定盤に回転運動を伴わない円運動をさせる複数の偏心円板を具えた駆動機構が開示されている。
特公平2−25745号公報
特公平7−16870号公報
特公平6−44989号公報
特許第2717124号公報

概要

半導体ウエハ及び薄膜基板等の被加工物の加工面を、歪み、クラック及び熱変質等を全く生じさせずに鏡面加工することができ、しかも量産性に適した超精密鏡面加工方法及びその装置を提供する。 被加工物Kの加工面を水平にして加工容器W内に保持するとともに、該加工容器内水分子吸着させた超微粉体を収容して前記加工面上に位置させ、前記加工容器を水平面内で二次元的に加振することにより被加工物の加工面に超微粉体を流動接触させ、超微粉体と加工面界面での相互作用により鏡面加工を進行してなる。

目的

そこで、本発明が前述の状況に鑑み、解決しようとするところは、半導体ウエハ及び薄膜用基板等の被加工物の加工面を、歪み、クラック及び熱変質等を全く生じさせずに鏡面加工することができ、しかも量産性に適した超精密鏡面加工方法及びその装置を提供する点にある。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

被加工物の加工面を水平にして加工容器内に保持するとともに、該加工容器内に水分子吸着させた超微粉体を収容して前記加工面上に位置させ、前記加工容器を水平面内で二次元的に加振することにより被加工物の加工面に超微粉体を流動接触させ、超微粉体と加工面界面での相互作用により鏡面加工を進行してなることを特徴とする超精密鏡面加工方法

請求項2

前記加工容器を水平面内で回転運動を伴わない円運動をさせて加振する請求項1記載の超精密鏡面加工方法。

請求項3

前記加工容器を水平面内で回転運動を伴わない円運動と直線往復運動とを組み合わせて加振する請求項1記載の超精密鏡面加工方法。

請求項4

平面視円形のベース体の周囲にリング状のウエイト体を固定した定盤体を、該ウエイト体の直下を振動吸収体により支持して浮遊状態で水平に配置し、前記定盤体の重心を通る鉛直に中心を一致させて前記ベース体に軸受孔貫通形成し、前記ベース体の下面中心部に駆動モータ取付けてその駆動軸を前記軸受孔に回転可能に支持するとともに、前記駆動軸の周囲のベース体に該駆動軸と同一回転姿勢で複数の従動軸を回転可能に支持し、前記ベース体の上位に円板状の振動体を水平に配し、該振動体の重心位置を前記駆動軸の上端に延設した偏心駆動軸で回転可能に支持すると同時に、該振動体の周囲を前記従動軸の上端に延設した偏心従動軸で前記偏心駆動軸に同期して回転可能に支持し、前記振動体の上面に固定した加工容器内に被加工物の加工面を水平にして保持するとともに、該加工容器内に水分子を吸着させた超微粉体を収容して前記加工面上に位置させ、前記加工容器を加振することにより被加工物の加工面に超微粉体を流動接触させ、超微粉体と加工面界面での相互作用により鏡面加工を進行してなることを特徴とする超精密鏡面加工装置

請求項5

前記振動吸収体として空気バネを用い、該空気バネを設置板上に設けるとともに、該空気バネが作動しないときに前記定盤体を載支する支持棒を前記設置板に複数立設してなる請求項4記載の超精密鏡面加工装置。

請求項6

前記振動体を前記ベース体とリング状のウエイト体とで囲まれる空間内に配置するとともに、該振動体の上下位置を前記定盤体の重心近傍に設定してなる請求項4又は5記載の超精密鏡面加工装置。

請求項7

前記振動体に対する前記定盤体の重量比を100倍以上に設定した請求項4〜6何れかに記載の超精密鏡面加工装置。

技術分野

0001

本発明は、超精密鏡面加工方法及びその装置に係わり、更に詳しくはシリコンウエハSOI等の半導体ウエハ及び薄膜基板等の被加工物の加工面に超微粉体流動接触させて歪み、クラック及び熱変質等を全く生じさせずに鏡面加工を進行させる超精密鏡面加工方法及びその装置に関するものである。

背景技術

0002

従来、超微粉体を分散した懸濁液を被加工物の加工面に沿って流動させて、該超微粉体を加工面上に略無荷重の状態で接触させ、その際の超微粉体と加工面界面での相互作用一種化学結合)により、加工面原子原子単位に近いオーダで除去して加工する、いわゆるEEM(Elastic Emission Machining)による超精密鏡面加工は既に知られている。

0003

従来のEEMを使った加工では、特許文献1〜3に示されているように、加工用球体を被加工物の加工面に押圧しながら回転駆動手段により回転させて加工面近傍に懸濁液流を発生させるとともに、その動圧によって加工面に対して非接触状態を維持し、そして球体を加工面全面に走査して、加工面上の微小領域に形成されるスポット加工痕を連続させて、全面を精密に加工するのである。

0004

しかし、このような加工用球体と被加工物を相対的に走査し、スポット加工痕を連続させる加工方法は、加工面を任意の形状に超精密に加工することができるといった利点があるものの、加工速度が遅いため半導体ウエハ等の被加工物の加工面全面を均一に鏡面加工するには適していない。

0005

尚、特許文献4には、定盤の下方に定盤に対して垂直姿勢並列配置され、それぞれが固定軸受により定位置に回転自在に支持されると共に、同方向に同期回転駆動される複数本の軸と、複数本の軸の各上端部に中心位置から離れた位置でそれぞれ結合されると共に、中心位置から離れた位置を中心とする偏心回転が定盤に伝達されるように、定盤の下面に設けられた凹形に回転自在に嵌合し、複数本の軸の同期回転に伴って凹形内で同方向に同期偏心回転を行うことにより、定盤に回転運動を伴わない円運動をさせる複数の偏心円板を具えた駆動機構が開示されている。
特公平2−25745号公報
特公平7−16870号公報
特公平6−44989号公報
特許第2717124号公報

発明が解決しようとする課題

0006

そこで、本発明が前述の状況に鑑み、解決しようとするところは、半導体ウエハ及び薄膜用基板等の被加工物の加工面を、歪み、クラック及び熱変質等を全く生じさせずに鏡面加工することができ、しかも量産性に適した超精密鏡面加工方法及びその装置を提供する点にある。

課題を解決するための手段

0007

本発明は、前述の課題解決のために、被加工物の加工面を水平にして加工容器内に保持するとともに、該加工容器内に水分子吸着させた超微粉体を収容して前記加工面上に位置させ、前記加工容器を水平面内で二次元的に加振することにより被加工物の加工面に超微粉体を流動接触させ、超微粉体と加工面界面での相互作用により鏡面加工を進行してなる超精密鏡面加工方法を構成した(請求項1)。

0008

ここで、前記加工容器を水平面内で回転運動を伴わない円運動をさせて加振すること(請求項2)、若しくは前記加工容器を水平面内で回転運動を伴わない円運動と直線往復運動とを組み合わせて加振すること(請求項3)が好ましい。

0009

また、本発明は、平面視円形のベース体の周囲にリング状のウエイト体を固定した定盤体を、該ウエイト体の直下を振動吸収体により支持して浮遊状態で水平に配置し、前記定盤体の重心を通る鉛直に中心を一致させて前記ベース体に軸受孔貫通形成し、前記ベース体の下面中心部に駆動モータ取付けてその駆動軸を前記軸受孔に回転可能に支持するとともに、前記駆動軸の周囲のベース体に該駆動軸と同一回転姿勢で複数の従動軸を回転可能に支持し、前記ベース体の上位に円板状の振動体を水平に配し、該振動体の重心位置を前記駆動軸の上端に延設した偏心駆動軸で回転可能に支持すると同時に、該振動体の周囲を前記従動軸の上端に延設した偏心従動軸で前記偏心駆動軸に同期して回転可能に支持し、前記振動体の上面に固定した加工容器内に被加工物の加工面を水平にして保持するとともに、該加工容器内に水分子を吸着させた超微粉体を収容して前記加工面上に位置させ、前記加工容器を加振することにより被加工物の加工面に超微粉体を流動接触させ、超微粉体と加工面界面での相互作用により鏡面加工を進行してなる超精密鏡面加工装置を構成した(請求項4)。

0010

ここで、前記振動吸収体として空気バネを用い、該空気バネを設置板上に設けるとともに、該空気バネが作動しないときに前記定盤体を載支する支持棒を前記設置板に複数立設してなることが好ましい(請求項5)。

0011

更に、前記振動体を前記ベース体とリング状のウエイト体とで囲まれる空間内に配置するとともに、該振動体の上下位置を前記定盤体の重心近傍に設定してなることがより好ましい(請求項6)。

0012

そして、前記振動体に対する前記定盤体の重量比を100倍以上に設定し、定盤体の振動を抑制して振動体に予期しない振動を与えないようにすることが好ましい(請求項7)。

発明の効果

0013

以上にしてなる請求項1に係る発明の超精密鏡面加工方法は、加工容器内に被加工物の加工面を水平にして保持するとともに、該加工容器内に水分子を吸着させた超微粉体を収容して前記加工面上に位置させ、該加工容器を水平面内で二次元的に加振するだけで、半導体ウエハ及び薄膜用基板等の被加工物の加工面を、歪み、クラック及び熱変質等を全く生じさせずに鏡面加工することができ、しかも同時に多数の加工容器を加振することができるので量産性に適している。

0014

請求項2によれば、被加工物の加工面と超微粉体とを、相対的に回転運動を伴わない円運動円運動をさせることによって均一な加工を行うことができる。

0015

請求項3によれば、被加工物の加工面と超微粉体とを、相対的に回転運動を伴わない円運動円運動と直線運動組合わせた運動させることによって、被加工物の加工面と超微粉体との相対運動において加速度運動を伴うので、加工速度を速くすることができる。

0016

請求項4に係る発明の超精密鏡面加工装置は、振動体の上面に固定した加工容器内に被加工物の加工面を水平にして保持するとともに、該加工容器内に水分子を吸着させた超微粉体を収容して前記加工面上に位置させ、前記加工容器を加振するだけで、半導体ウエハ及び薄膜用基板等の被加工物の加工面を、歪み、クラック及び熱変質等を全く生じさせずに鏡面加工することができ、しかも振動体の上面に多数の加工容器を装着して同時に多数の加工容器を加振することで、同時に多数枚の半導体ウエハ等の被加工物を加工することができるので、量産性に適し、更に振動体の振動を定盤体の大きな慣性質量によって振幅を小さくし、該定盤体を振動吸収体により浮遊状態で支持するので、設置床面への振動伝達遮断することができる。

0017

請求項5によれば、設置板上に設けた空気バネによって定盤体を支持するので、振動体の振動が設置床面に殆ど伝達することがなく、また停電時やメンテナンス時に空気バネに対する加圧空気の供給を停止した際にも、前記定盤体や振動体の全荷重を支持棒で支持することができる。

0018

請求項6によれば、振動体及び定盤体の上下振動を極めて小さくでき、それにより被加工物の加工面に対する超微粉体の運動において法線方向成分が少なくなるので、良好な加工を行うことができる。

0019

請求項7によれば、定盤体の振動を抑制して振動体に予期しない振動を与えないようにして良好な加工を行うことができ、更に定盤体自体の振動振幅も小さくすることができるので、設置床面を介した他の装置への振動の影響を最小限に抑制することができる。

発明を実施するための最良の形態

0020

次に、添付図面に示した実施形態に基づき、本発明を更に詳細に説明する。図1は、本発明の係る超精密鏡面加工装置の全体斜視図、図2図6は要部を示し、図中符号Kは加工容器、Wは被加工物、1は定盤体、2は設置板、3は振動吸収体、4は駆動モータ、5は振動体、6はベース体、7はウエイト体をそれぞれ示している。

0021

本発明に係る超精密鏡面加工装置は、慣性質量の大きな定盤体1を、床面に設置した設置板2上に同心円上に配設した複数の振動吸収体3,…にて浮遊状態で水平に支持し、前記定盤体1に対して固定した駆動モータ4による偏心回転により振動体5を加振し、もって該振動体5に上置して固定した加工容器Kを加振する構造である。そして、前記加工容器K内に被加工物Wの加工面を水平にして保持するとともに、該加工容器K内に水分子を吸着させた超微粉体を収容して前記加工面上に位置させ、前記加工容器Kを加振することにより被加工物Wの加工面に超微粉体を流動接触させ、超微粉体と加工面界面での相互作用により鏡面加工を進行させるのである。尚、加工速度は遅くなるが、超純水に超微粉体を分散した懸濁液を加工容器K内に収容して前記加工面上に位置させることも可能である。

0022

更に詳しくは、本発明に係る超精密鏡面加工装置は、平面視円形のベース体6の周囲にリング状のウエイト体7を固定した定盤体1を、該ウエイト体7の直下を振動吸収体3,…により支持して浮遊状態で水平に配置し、前記定盤体1の重心を通る鉛直腺に中心を一致させて前記ベース体6に軸受孔8を貫通形成し、前記ベース体6の下面中心部に駆動モータ4を取付けてその駆動軸9を前記軸受孔8に回転可能に支持するとともに、前記駆動軸9の周囲のベース体6に該駆動軸9と同一回転姿勢で複数の従動軸10,…を回転可能に支持し、前記ベース体6の上位に円板状の振動体5を水平に配し、該振動体5の重心位置を前記駆動軸9の上端に延設した偏心駆動軸11で回転可能に支持すると同時に、該振動体5の周囲を前記従動軸10,…の上端に延設した偏心従動軸12,…で前記偏心駆動軸11に同期して回転可能に支持した構造を有している。

0023

また、前記振動吸収体3として空気バネを用い、該空気バネを設置板2上に設けるとともに、該空気バネが作動しないときに前記定盤体1を載支する支持棒13,…を前記設置板2に複数立設している。

0024

そして、前記振動体5を前記ベース体6とリング状のウエイト体7とで囲まれる空間内に配置するとともに、該振動体5の上下位置を前記定盤体1の重心近傍に設定すると、前記定盤体1及び振動体5の縦振動を抑制することができる。更に、前記振動体5に対する前記定盤体1の重量比を100倍以上に設定し、定盤体1の振動を抑制して振動体5に予期しない振動を与えないようにすることができる。

0025

ここで、前記加工容器を水平面内で回転運動を伴わない円運動をさせて加振すること、若しくは前記加工容器を水平面内で回転運動を伴わない円運動と直線往復運動とを組み合わせて加振することが好ましい。

0026

次に、各部の詳細を説明する。本実施形態では、前記定盤体1は、前記ベース体6とウエイト体7とで構成し、またベース体6は外側の保持リング14とその内側に嵌合して固定される円板状の定盤15とで構成し、前記保持リング14の上部に前記ウエイト体7を凹凸合状態で連結するとともに、下部にリング状の支持リング16を取付けている。そして、前記支持リング16を前記設置板2上に配した6つの前記振動吸収体3,…で支持するのである。ここで、前記定盤体1のウエイト体7の外径は1200mm、内径は820mm、上下寸法はウエイト体7と支持リング16を合わせて345mm、定盤15の外径は820mm、厚さは85mmとしている。このように定盤体1はスチール製で非常に重量が重く、また寸法も大きいので、加工性及び取扱性を考慮して複数の部品に分割して構成したのである。また、前記振動体5は、アルミニウム製で、外径は800mm、前記偏心駆動軸11と偏心従動軸12,…で支持する中心部側の厚さは40mm、周辺部側の厚さは10mmとして剛性を保ちながら軽量化を図っている。

0027

前記保持リング14の内周面は、若干上方へ向けて広がったテーパー面17となっており、また前記定盤15の外周面は、若干下方へ向けて狭まったテーパー面18となっており、該定盤15を上方から保持リング14の内部に嵌合し、両テーパー面17,18を密着させた状態で、前記保持リング14の下面に下方からボルト19にて固定した前記支持リング16の内周部に、上方からボルト20にて引き付けて固定している。尚、前記ウエイト体7は、前記保持リング14の上面に載置した状態で、下方よりボルト21にて連結している。

0028

図3に示すように、前記駆動軸9は、前記定盤15の中心に形成した軸受孔8を貫通させ、複数のアンギュラベアリング22,…によって、定位置で回転可能に支持している。また、前記従動軸10も前記定盤15の半径部に形成した軸受孔23に複数のアンギュラベアリング24,…によって、定位置で回転可能に支持している。そして、前記偏心駆動軸11は、前記振動体5の中心に形成した軸孔25に複数のアンギュラベアリング26,…によって回転可能に取付けている。また、前記偏心従動軸12も前記振動体5の半径部に形成した軸孔27に複数のアンギュラベアリング28,…によって回転可能に取付けている。ここで、前記駆動軸9の中心に対する前記偏心駆動軸11の中心の偏差は、本実施形態では5mmに設定するとともに、前記従動軸10の中心に対する前記偏心従動軸12の中心の偏差も5mmに設定している。従って、前記振動体5の最大振幅は10mmとなっている。

0029

また、前記駆動軸9の下端は、カップリング29を介して前記駆動モータ4の回転軸30に連結されている。尚、前記カップリング29として、非接触で前記駆動軸9と前記回転軸30を回転に対して連結できるマグネットカップリングを採用することで、前記駆動モータ4の振動が駆動軸9を介して加工容器K、ひいては被加工物Wに直接伝達しないようにしている。また、前記駆動モータ4は、前記定盤15の下面に、制振構造の取付部材31を介して取付けている。

0030

また、図1に示すように、前記振動吸収体3として空気バネを用いた場合、エアーポンプ32から複数の圧力ホース33,…で各空気バネ3に圧縮空気を供給し、前記定盤体1を浮遊状態で支持するようになっている。

0031

そして、前記駆動軸9を回転させると、偏心駆動軸11が偏心回転し、それに同調して全ての偏心従動軸12,…が偏心回転することで、前記振動体5を水平面内で揺動させるのである。従って、前記振動体5の上面のどの位置に加工容器Kを装着しても同じ振動を付与することができる。前記駆動軸9の回転数(振動体5の振動周期)は、500〜2000rpmの範囲とすることが好ましい。また、本発明で使用する超部粉体は、被加工物の材質に応じて加工速度が異なるので、被加工物に応じて最適な表面物性を有するものを使用すべきである。例えば、被加工物がシリコンウエハである場合には、平均粒径が100nm〜50μm、好ましくは1μm〜10μmのSiO2やZrO2を用いることが好ましい。尚、前述の超部粉末は、内部まで均一な物性を有するものでなくても、比較的粒度が揃い、入手が容易なAl2O3やGeO2などの核となる超微粒子の表面に目的の物性を有する材料をコーティングして作製したものでも良い。本実施形態の装置では、前記振動体5の上面の垂直方向への振動は、1800rpmの回転で最大振幅が15μm以内となっている。

0032

尚、前記加工容器Kを水平面内で回転運動を伴わない円運動と直線往復運動とを組み合わせて加振する場合には、前記振動体5の上面に図示しない直線往復運動装置を取付け、その上に加工容器Kを装着する。若しくは、直線往復運動装置の上に回転装置を載せて円運動と直線往復運動とを組み合わせて加振する。また、前記振動体5の上面で加工容器Kをゆっくりと回転させても良い。

0033

次に、前述の超精密鏡面加工装置を用いて、Siウエハの加工を行った結果を以下に示す。大きさが50mm×100mmのSiウエハを、平面形状が50mm×100mmの加工容器Kの底面に固定し、その上に平均粒径が約6μmの水分子を吸着させたSiO2の粉末約20gを載せ、駆動軸9の回転数1800rpmで12時間の加工条件で行った。ここで、前記SiO2の粉末を上面が解放した容器に入れ、それを密封容器内に超純水を入れて実現した飽和水蒸気中に12〜24時間曝し、SiO2の粉末に水分子を吸着させた状態で使用する。加工中、前記加工容器Kは密閉し、SiO2の粉末が乾燥しないようにしている。乾燥したSiO2の粉末を用いると、Siウエハの表面は殆ど加工されないことが確認されている。

0034

Siウエハの表面を加工前(図7)と加工後(図8)について原子間力顕微鏡AFM)で観察した結果を示す。(a)はSiウエハの表面AFM像を示し、(b)は表面凹凸線分布を示している。図7の未加工面のPV値は2.397nm、RMSは0.213nmであったのが、図8の加工面のPV値は1.130nm、RMSは0.077nmとなり、本発明の超精密鏡面加工方法及び装置の優れた効果を確認できた。ここで、PV値は凹凸の最大値最小値の差、RMSは二乗平均平方根粗さを表している。

図面の簡単な説明

0035

本発明の超精密鏡面加工装置の全体斜視図である。
同じく縦断面図である。
要部の拡大縦断面図である。
各部品の平面配置を示す説明図である。
本発明の超精密鏡面加工装置の平面図である。
振動体の振動の様子を示す説明用平面図である。
Siウエハの加工前の表面観察結果を示し、(a)は表面AFM像、(b)は表面凹凸の線分布を示している。
Siウエハの加工後の表面観察結果を示し、(a)は表面AFM像、(b)は表面凹凸の線分布を示している。

符号の説明

0036

K加工容器W被加工物
1定盤体 2設置板
3振動吸収体(空気バネ) 4駆動モータ
5振動体6ベース体
7ウエイト体8軸受孔
9駆動軸10従動軸
11偏心駆動軸12偏心従動軸
13支持棒14保持リング
15 定盤 16支持リング
17テーパー面 18 テーパー面
19ボルト20 ボルト
21 ボルト 22アンギュラベアリング
23 軸受孔 24 アンギュラベアリング
25軸孔26 アンギュラベアリング
27 軸孔 28 アンギュラベアリング
29カップリング30回転軸
31取付部材32エアーポンプ
33 圧力ホース

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ