図面 (/)

技術 成形機の成形品把持装置

出願人 住友重機械工業株式会社
発明者 松丸敏郎
出願日 2004年9月9日 (16年3ヶ月経過) 出願番号 2004-262056
公開日 2005年12月8日 (15年0ヶ月経過) 公開番号 2005-335360
状態 特許登録済
技術分野 プラスチック等の成形用の型 プラスチック等のブロー成形,熱成形
主要キーワード 下端近傍部分 把持枠 駆動シリンダ装置 空圧シリンダ装置 係合ブロック 複合方式 係脱部材 カムブロック
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2005年12月8日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

成形機成形品把持装置成形品把持して搬送する際に動作確認を行う必要が無く、成形サイクルに要する時間を短縮することができ、かつ、装置コストを低くすることができる成形機の成形品把持装置の提供。

解決手段

成形品の把持装置を移動可能な支持枠に取り付けて、互いに対向して型閉及び型開を行う一対の成形型の間に配設する。支持枠は一対の成形型の少なくとも一方に接離するように型閉及び型開の方向に連動して移動する。

概要

背景

従来、射出成形によって試験管状プリフォーム成形する工程と、前記プリフォームを吹込成形、すなわち、ブロー成形する工程とを単一の成形機によって行うことができる射出吹込成形機においては、射出成形用雌型を支持する金型支持装置ブロー成形用の雌型を支持する金型支持装置との間に、射出成形用の雄型、プリフォームの支持部材等を支持する支持体が回転可能に配設されている。なお、2つの金型支持装置のうちの一方はフレームに固定された固定プラテンであり、他方は該固定プラテンに対して移動可能な可動プラテンである。そして、射出ステーションにおいて型閉した状態で射出成形が行われて試験管状のプリフォームが成形されると、型開した後に前記支持体を90度ずつ間欠的に回転させて、加熱ステーションで加熱した後にブローステーションに移動させ、前記プリフォームをブロー成形用の雌型内に装填てん)して型閉し、ブロー成形を行うようになっている。なお、ブロー成形によって成形された成形品は、排出ステーションにおいて、射出吹込成形機の外部へ排出される(例えば、特許文献1参照。)。

そのため、単一の成形機における射出ステーション及びブローステーションにおいて、射出成形とブロー成形とを同時に行うことができ、成形品のスループットが向上する。また、単一の成形機によって射出成形とブロー成形とを行うので、成形機全体がコンパクトになり、設置スペースを節約することができる。
特公昭61−3655号公報

概要

成形機の成形品把持装置が成形品を把持して搬送する際に動作確認を行う必要が無く、成形サイクルに要する時間を短縮することができ、かつ、装置コストを低くすることができる成形機の成形品把持装置の提供。成形品の把持装置を移動可能な支持枠に取り付けて、互いに対向して型閉及び型開を行う一対の成形型の間に配設する。支持枠は一対の成形型の少なくとも一方に接離するように型閉及び型開の方向に連動して移動する。

目的

本発明は、前記従来の問題点を解決して、成形機の成形品把持装置が取り付けられる把持枠を、型閉及び型開の動作に連動することができるようにして、成形機の成形品把持装置が成形品を把持して搬送する際に動作確認を行う必要が無く、成形サイクルに要する時間を短縮することができ、かつ、装置コストを低くすることができる成形機の成形品把持装置を提供することを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

(a)互いに対向して型閉及び型開を行う一対の成形型の間に配設され、成形品把持する成形機成形品把持装置であって、(b)移動可能な把持枠に取り付けられ、(c)該把持枠は、型閉及び型開に連動して、前記一対の成形型の少なくとも一方に接離するように、型閉及び型開の方向に移動することを特徴とする成形機の成形品把持装置。

請求項2

前記把持枠は、前記一対の成形型又は該成形型の支持装置の一方に取り付けられたガイドバーに沿って移動し、型開が終了したときには前記ガイドバーの先端部にロックされる請求項1に記載の成形機の成形品把持装置。

請求項3

(a)前記把持枠は把持枠係合部を備え、(b)該把持枠係合部は、前記一対の成形型又は該成形型の支持装置の他方に取り付けられた係脱部材によって作動させられ、前記ガイドバーの先端部と係合及び係合解除を行うとともに、前記係脱部材の先端部と係合解除及び係合を行う請求項2に記載の成形機の成形品把持装置。

請求項4

前記把持枠係合部は、前記ガイドバーの先端部及び前記係脱部材の先端部との係合及び係合解除を機械的手段によって行う請求項3に記載の成形機の成形品把持装置。

請求項5

(a)前記一対の成形型は、射出金型支持装置に取り付けられた固定金型吹込金型支持装置に取り付けられた可動金型、並びに、前記射出金型支持装置と前記吹込金型支持装置との間に配設される中間型支持装置に取り付けられ、射出用コア型及び吹込用ガイドを備える回転不能な中間型のうちの2つであり、(b)前記把持枠は前記中間型支持装置に回転可能に取り付けられる請求項1〜4のいずれか1項に記載の成形機の成形品把持装置。

請求項6

前記把持枠は、180度回転し、射出成形によって成形された中間成形品を、前記成形品把持装置に把持した状態で、前記固定金型と前記射出用コア型との間から、前記可動金型と前記吹込用ガイドとの間に移動させる請求項5に記載の成形機の成形品把持装置。

技術分野

0001

本発明は、成形機成形品把持装置に関するものである。

背景技術

0002

従来、射出成形によって試験管状プリフォーム成形する工程と、前記プリフォームを吹込成形、すなわち、ブロー成形する工程とを単一の成形機によって行うことができる射出吹込成形機においては、射出成形用雌型を支持する金型支持装置ブロー成形用の雌型を支持する金型支持装置との間に、射出成形用の雄型、プリフォームの支持部材等を支持する支持体が回転可能に配設されている。なお、2つの金型支持装置のうちの一方はフレームに固定された固定プラテンであり、他方は該固定プラテンに対して移動可能な可動プラテンである。そして、射出ステーションにおいて型閉した状態で射出成形が行われて試験管状のプリフォームが成形されると、型開した後に前記支持体を90度ずつ間欠的に回転させて、加熱ステーションで加熱した後にブローステーションに移動させ、前記プリフォームをブロー成形用の雌型内に装填てん)して型閉し、ブロー成形を行うようになっている。なお、ブロー成形によって成形された成形品は、排出ステーションにおいて、射出吹込成形機の外部へ排出される(例えば、特許文献1参照。)。

0003

そのため、単一の成形機における射出ステーション及びブローステーションにおいて、射出成形とブロー成形とを同時に行うことができ、成形品のスループットが向上する。また、単一の成形機によって射出成形とブロー成形とを行うので、成形機全体がコンパクトになり、設置スペースを節約することができる。
特公昭61−3655号公報

発明が解決しようとする課題

0004

しかしながら、前記従来の射出吹込成形機においては、プリフォームを移動させる際にプリフォームの支持部材が中間型から離れた状態となるように、油圧シリンダ装置が配設されている。そのため、プリフォームを移動させる毎に、前記油圧シリンダ装置の動作を確認してから、支持体を回転させてプリフォームを移動させる必要があり、時間がかかってしまい、成形サイクルに要する時間が長くなってしまう。また、各支持部材に対応して油圧シリンダ装置を配設する必要があるので、コストが高くなってしまう。

0005

本発明は、前記従来の問題点を解決して、成形機の成形品把持装置が取り付けられる把持枠を、型閉及び型開の動作に連動することができるようにして、成形機の成形品把持装置が成形品を把持して搬送する際に動作確認を行う必要が無く、成形サイクルに要する時間を短縮することができ、かつ、装置コストを低くすることができる成形機の成形品把持装置を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0006

そのために、本発明の成形機の成形品把持装置においては、互いに対向して型閉及び型開を行う一対の成形型の間に配設され、成形品を把持する成形機の成形品把持装置であって、移動可能な把持枠に取り付けられ、該把持枠は、型閉及び型開に連動して、前記一対の成形型の少なくとも一方に接離するように、型閉及び型開の方向に移動する。

0007

本発明の他の成形機の成形品把持装置においては、さらに、前記把持枠は、前記一対の成形型又は該成形型の支持装置の一方に取り付けられたガイドバーに沿って移動し、型開が終了したときには前記ガイドバーの先端部にロックされる。

0008

本発明の更に他の成形機の成形品把持装置においては、さらに、前記把持枠は把持枠係合部を備え、該把持枠係合部は、前記一対の成形型又は該成形型の支持装置の他方に取り付けられた係脱部材によって作動させられ、前記ガイドバーの先端部と係合及び係合解除を行うとともに、前記係脱部材の先端部と係合解除及び係合を行う。

0009

本発明の更に他の成形機の成形品把持装置においては、さらに、前記把持枠係合部は、前記ガイドバーの先端部及び前記係脱部材の先端部との係合及び係合解除を機械的手段によって行う。

0010

本発明の更に他の成形機の成形品把持装置においては、さらに、前記一対の成形型は、射出金型支持装置に取り付けられた固定金型吹込金型支持装置に取り付けられた可動金型、並びに、前記射出金型支持装置と前記吹込金型支持装置との間に配設される中間型支持装置に取り付けられ、射出用コア型及び吹込用ガイドを備える回転不能な中間型のうちの2つであり、前記把持枠は前記中間型支持装置に回転可能に取り付けられる。

0011

本発明の更に他の成形機の成形品把持装置においては、さらに、前記把持枠は、180度回転し、射出成形によって成形された中間成形品を、前記成形品把持装置に把持した状態で、前記固定金型と前記射出用コア型との間から、前記可動金型と前記吹込用ガイドとの間に移動させる。

発明の効果

0012

本発明によれば、成形機の成形品把持装置は、互いに対向して型閉及び型開を行う一対の成形型の間に配設され、成形品を把持する成形機の成形品把持装置であって、移動可能な把持枠に取り付けられ、該把持枠は、型閉及び型開に連動して、前記一対の成形型の少なくとも一方に接離するように、型閉及び型開の方向に移動する。そのため、成形品を把持して搬送する際に動作確認を行う必要が無く、成形サイクルに要する時間を短縮することができ、かつ、装置コストを低くすることができる。

発明を実施するための最良の形態

0013

以下、本発明の実施の形態について図面を参照しながら詳細に説明する。

0014

図1は本発明の実施の形態における射出吹込成形機の平面図、図2は本発明の実施の形態における射出吹込成形機の正面図、図3は本発明の実施の形態における射出吹込成形機の平断面図であり図2のA矢視断面図、図4は本発明の実施の形態における射出吹込成形機の縦断面図であり図1のB矢視断面図である。

0015

図において、10は射出吹込成形機であり、支持フレーム18に固定された射出金型支持装置としての固定プラテン11、前記支持フレーム18上のガイド部材18aにスライド可能に取り付けられた吹込金型支持装置としての可動プラテン12、及び、前記固定プラテン11と前記可動プラテン12との間において前記支持フレーム18上のガイド部材18aにスライド可能に取り付けられた中間型支持装置としての中間型支持枠21を有する。前記射出吹込成形機10は、射出成形によって試験管状の中間成形品としての後述されるプリフォーム61を成形する工程と、吹込成形、すなわち、ブロー成形によって前記プリフォーム61を後述される最終成形品62に成形する工程とを行う装置である。そして、前記射出吹込成形機10においては、固定プラテン11と中間型支持枠21との間における射出ステーションにおいて射出成形が行われ、可動プラテン12と中間型支持枠21との間における吹込ステーションにおいてブロー成形が行われる。なお、固定プラテン11と中間型支持枠21との間を吹込ステーションとし、可動プラテン12と中間型支持枠21との間を射出ステーションとすることもできる。前記最終成形品62は、いかなる形状のものであってもよいが、ここでは、細い径の開放された口部を備える瓶状又はボトル状有底容器であり、前記口部の外周に雄ねじが形成されたものであるとして説明する。

0016

そして、前記固定プラテン11の金型取り付け面(図における左側の面)には、射出金型としての固定金型13が取り付けられている。また、前記中間型支持枠21に回転不能に取り付けられた中間型としてのコア型枠41における固定プラテン11側の面には、射出用コア型42が配設されている。該射出用コア型42は、根本部42a及び雄型部42bを備え、前記固定金型13と射出用コア型42とが密着して型閉した状態において、前記固定金型13との間にプリフォーム61の形状を備えるキャビティを形成する。なお、図1〜4は、前記固定金型13と射出用コア型42とが開放されて型開した状態を示している。

0017

また、前記固定プラテン11の背面(図1、3及び4における右側の面)側には、加熱シリンダ16の一部のみが図示され、他の部分が図示されない射出装置が配設されている。ここで、該射出装置は、前記加熱シリンダ16を備え、該加熱シリンダ16には、樹脂ペレット等の原料樹脂を加熱シリンダ16内に投入するための原料ホッパが取り付けられている。また、前記加熱シリンダ16内には、スクリュが回転可能に、かつ、進退可能に配設されている。そして、前記加熱シリンダ16の後方には、前記スクリュを加熱シリンダ16内で回転させるとともに前進又は後退させるための射出駆動装置が配設されている。

0018

そして、計量工程においては、前記射出駆動装置が駆動してスクリュを回転させ樹脂をスクリュの前方に溜(た)めることによって、該スクリュが所定の位置まで後退(図1〜4における右方向に移動)する。このとき、原料ホッパから供給された原料樹脂は、加熱シリンダ16内において加熱され、溶融させられ、スクリュの前方(図1〜4における左方)に溜められた樹脂の圧力によってスクリュは後退させられる。続いて、射出工程においては、前記加熱シリンダ16の先端のノズル16aを固定金型13に押し付け、前記射出駆動装置が駆動してスクリュが前進(図1〜4における左方向に移動)させられる。これにより、該スクリュの前方に溜められた樹脂はノズル16aの先端から射出され、固定金型13と射出用コア型42との間に形成されたキャビティ内に充填される。

0019

また、前記可動プラテン12の金型取り付け面(図1〜4における右側の面)には、ブロー成形用の吹込金型、すなわち、可動金型としての可動割型14が取り付けられている。該可動割型14は、駆動側可動部14a、従動側可動部14b及び固定底部14cを備え、割型駆動装置としての割型駆動シリンダ装置17によって、前記駆動側可動部14a及び従動側可動部14bが横方向(図1及び3における上下方向)に移動させられる。この場合、前記駆動側可動部14aは、割型駆動シリンダ装置17のピストンロッド17aに接続され、前記割型駆動シリンダ装置17によって直接移動させられ、前記従動側可動部14bは他の組の駆動側可動部14aに接続され、自組の駆動側可動部14aと対向する方向に移動させられる。また、前記中間型支持枠21に取り付けられたコア型枠41における可動プラテン12側の面には、吹込用ガイド43が配設されている。該吹込用ガイド43は、根本部43aを備え、駆動側可動部14aと従動側可動部14bとが密着して形成される後述されるブロー成形用雌型58の入口に密着して型閉した状態において、最終成形品62の形状を備えるブロー成形用の空間を形成する。なお、図1〜4は、可動割型14の駆動側可動部14aと従動側可動部14bとが開放され、かつ、前記可動割型14と吹込用ガイド43とが開放されて型開した状態を示している。

0020

そして、前記可動プラテン12の背面(図における左側の面)側には、図示されない型締装置が配設されている。該型締装置は、可動プラテン12を駆動するための型締用シリンダ装置、及び、該型締用シリンダ装置が取り付けられたサポートプレートを有する。そして、前記固定プラテン11とサポートプレートとは、複数、例えば、4本のタイバー15によって連結され、可動プラテン12及び中間型支持枠21は前記タイバー15に沿って前進又は後退(図における右方向又は左方向に移動)するように配設される。なお、前記固定プラテン11は、ボルト等の固定部材によって支持フレーム18に固定されている。また、前記可動プラテン12及び中間型支持枠21は、主として、前記ガイド部材18aによって下方から支えられてスライドする。

0021

なお、本実施の形態において、型締装置及び該型締装置の駆動源はいかなるものであってもよく、前記型締用シリンダ装置に代えて、トグルリンクを利用したトグル機構方式のものであってもよいし、リンク機構シリンダ装置とを組み合わせた複合方式のものであってもよい。また、駆動源も油圧シリンダ装置であってもよいし、電動モータボールねじとを組み合わせたものであってもよい。

0022

また、固定プラテン11には、中間型駆動装置としての中間型駆動シリンダ装置22が取り付けられ、該中間型駆動シリンダ装置22のピストンロッドに接続された連結ロッド23に中間型支持枠21が取り付けられている。そして、前記中間型駆動シリンダ装置22を作動させることによって、固定プラテン11に対して中間型支持枠21を前進又は後退させることができる。これにより、中間型支持枠21を固定プラテン11に対して移動させることができ、射出ステーション及び吹込ステーションにおいて、別個のタイミングで型閉、型締及び型開を行って、射出成形及びブロー成形を行うことができる。

0023

本実施の形態において、前記中間型支持枠21は略門型の形状を有し、下端部がガイド部材18aにスライド可能に取り付けられ、垂直方向に延在する左右の脚部と、該脚部の上端部分を接続する横方向に延在する天板部とを備える。そして、前記左右の脚部の間に前記コア型枠41が配設されている。ここで、該コア型枠41は、前記左右の脚部を貫通して取り付けられた円筒状の支持コラム47に固定されている。すなわち、コア型枠41は、前記中間型支持枠21に回転不能に取り付けられている。

0024

そして、前記支持コラム47における前記中間型支持枠21の左右両外側に、把持枠としての回転枠31が回転可能に取り付けられている。図1〜4に示される状態において、前記回転枠31の前側及び後側(図1〜4における左右両側)の側面には、前方及び後方に延在する円柱状のガイドバー33が取り付けられている。該ガイドバー33の数は任意に設定することができるが、図1〜4に示される例においては、左右の回転枠31において前後方向に各2本ずつ取り付けられている。そして、前記ガイドバー33には、中間成形品としてのプリフォーム61の口部の外周を把持するための後述される成形品把持装置52を支持する把持枠32が、ガイドバー33の軸方向にスライド可能に、かつ、ガイドバー33の先端部33aにロック及び開放可能に取り付けられている。図1〜4に示される状態において、前記把持枠32は、把持枠係合部32aによってガイドバー33の先端部33aにロックされており、前記ガイドバー33の軸方向にスライドしないようになっている。なお、前記把持枠係合部32aと先端部33aとの係合が解除されると、前記把持枠32は開放されて、ガイドバー33の軸方向にスライド可能となる。

0025

前記把持枠係合部32aは、固定プラテン11に取り付けられた係脱部材としての射出側係脱部材54の先端部とも解除可能に係合するともに、前記射出側係脱部材54の先端部によって作動させられて、ガイドバー33の先端部33aと係合又は係合解除を行うようになっている。さらに、前記把持枠係合部32aは、可動プラテン12に取り付けられた係脱部材としての吹込側係脱部材55の先端部とも解除可能に係合するともに、該吹込側係脱部材55の先端部によって作動させられて、ガイドバー33の先端部33aと係合又は係合解除を行うようになっている。

0026

また、前記中間型支持枠21の一方の脚部には、前記回転枠31を回転させるための駆動源として電気モータ34が取り付けられている。そして、該電気モータ34を作動させることによって、前記回転枠31が支持コラム47を中心として回転する。

0027

前記コア型枠41の上側の外表面及び下側の外表面には、前記成形品把持装置52を作動させて把持状態を解除させるための把持解除部材48を駆動する駆動源としての把持解除用駆動装置45が、それぞれ、取り付けられている。該把持解除用駆動装置45は、油圧シリンダ装置であってもよいし、電動モータとボールねじとを組み合わせたものであってもよいが、ここでは、空圧シリンダ装置であり、該空圧シリンダ装置のピストンロッドに前記把持解除部材48が取り付けられているとして説明する。そして、前記把持解除用駆動装置45が作動すると、前記把持解除部材48が進退させられる。なお、該把持解除部材48は突起部材48aを備える。

0028

ところで、前記吹込用ガイド43には、延伸ロッド44が根本部43aから突出することができるように取り付けられている。そして、前記コア型枠41の上側の外表面及び下側の外表面には、前記延伸ロッド44を作動させて根本部43aから突出させるための駆動源としての延伸ロッド用駆動装置46が、それぞれ、取り付けられている。該延伸ロッド用駆動装置46は、油圧シリンダ装置であってもよいし、電動モータとボールねじとを組み合わせたものであってもよいが、ここでは、空圧シリンダ装置であるとして説明する。そして、前記延伸ロッド用駆動装置46が作動すると、該延伸ロッド用駆動装置46のピストンロッドに接続された連結板46aが移動し、該連結板46aに根本部分が取り付けられている延伸ロッド44が突出し、前記プリフォーム61を延伸させる。すなわち、本実施の形態においては、前記プリフォーム61内に延伸ロッド44を突出させ、前記プリフォーム61を延伸させながら高圧空気を吹き込んでブロー成形を行う延伸ブロー成形によって、前記プリフォーム61から最終成形品62を成形するようになっている。この場合、吹込用ガイド43、延伸ロッド44、又は、その間には、ブロー成形用の高圧空気を供給するための図示されない空気流路空気噴出孔(こう)等が形成されている。

0029

なお、必要に応じて、延伸ロッド44を突出させることなく、高圧空気を吹き込むだけのブロー成形によって、前記プリフォーム61を最終成形品62に成形することもできる。この場合、前記延伸ロッド44、延伸ロッド用駆動装置46等を省略することもできる。なお、前記把持解除用駆動装置45及び延伸ロッド用駆動装置46に作動流体としての高圧空気を供給するための配管、ブロー成形用の高圧空気を供給するための配管、各種装置に電力を供給する電線センサ等からの信号を伝達する信号線等は、中空な支持コラム47の内部を通るように配設することができる。

0030

また、前記射出吹込成形機10は図示されない制御装置を有する。該制御装置は、CPU、MPU等の演算手段、磁気ディスク半導体メモリ等の記憶手段、入出力インターフェイス等を備える一種コンピュータであり、前記射出装置、型締装置、中間型駆動シリンダ装置22、電気モータ34、把持解除用駆動装置45、延伸ロッド用駆動装置46等の動作を含む、射出吹込成形機10のすべての動作を制御する。なお、前記制御装置は、キーボードジョイスティックタッチパネル等を備え、オペレータが操作して、各種データ、動作指令等を入力する入力部、CRT液晶ディスプレイLED(Light Emitting Diode)ディスプレイ等を備える表示部等を有するものであってもよい。また、前記制御装置は、成形品取り出し装置の制御装置等の他の制御装置と一体的に構成されたものであってもよいし、大型のコンピュータ内に構築された複数の制御システムの中の1つであってもよい。

0031

次に、前記射出吹込成形機10の各部の構成を詳細に説明する。

0032

図5は本発明の実施の形態における射出吹込成形機の平断面図であり図2のC矢視断面図、図6は本発明の実施の形態における射出吹込成形機の縦断面図であり図1のD矢視断面図、図7は本発明の実施の形態における射出吹込成形機の正面部分断面図であり型閉した状態を示す図、図8は本発明の実施の形態における射出吹込成形機の要部拡大図であり図7のE部拡大図、図9は本発明の実施の形態における射出吹込成形機の要部拡大図であり図7のF部拡大図である。

0033

図5及び6に示されるように、固定金型13の金型合わせ面、すなわち、パーティング面には、キャビティプレート13eによって、射出金型としての雌型部51が取り付けられている。該雌型部51は単数であってもよいし、複数であってもよいが、本実施の形態においては、上下方向に6個並んだ列が2列形成され、12個の雌型部51が固定金型13に取り付けられている。この場合、吹込ステーションにおいて可動プラテン12の金型取り付け面に取り付けられた可動割型14によって形成されるブロー成形用雌型58も、前記雌型部51と同様に、上下方向に6個並んだ列を2列形成する。

0034

そして、前記固定金型13内には、加熱シリンダ16のノズル16aの先端が押し付けられるノズルタッチ部13a、該ノズルタッチ部13aから延在する樹脂流路としてのスプルー13b、該スプルー13bから枝分かれした樹脂流路としてのランナ13c、及び、該ランナ13cの先端部に形成され、各雌型部51の内部に連通するホットランナノズル13dが形成されている。これにより、前記加熱シリンダ16のノズル16aの先端から射出された樹脂は、スプルー13b、ランナ13c及びホットランナノズル13dを通過して、各雌型部51と対応する雄型部42bとの間に形成されたキャビティ内に充填される。なお、射出用コア型42は雌型部51の各列に対応する位置に2列形成され、各射出用コア型42の各雌型部51に対応する位置に根本部42a及び雄型部42bが配設されている。すなわち、前記根本部42a及び雄型部42bはそれぞれ12個である。

0035

また、把持枠32には、成形品把持装置52が取り付けられている。該成形品把持装置52は、ねじ用割型52a及び該ねじ用割型52aが取り付けられたスライド板52bを有する。そして、前記ねじ用割型52aは、各雌型部51に対応する位置に、上下方向に6個並んだ列が2列形成され、12個のねじ用割型52aが把持枠32に取り付けられている。そして、前記ねじ用割型52aは、内周面に雄ねじを形成するための螺(ら)旋溝が形成され、雌型部51の入口近傍部分に嵌(は)まり込み、対応する雄型部42bとの間にプリフォーム61の口部に対応するキャビティを形成する。これにより、前記プリフォーム61の口部の外周に雄ねじが形成される。

0036

なお、前記ねじ用割型52aは、横方向(図5における上下方向)に分割可能な構成を備え、各ねじ用割型52aの半割部分がスライド板52bの半割部分に、それぞれ、取り付けられている。前記スライド板52bは、上下方向(図5に対して垂直方向)に延在して2枚が把持枠32に取り付けられ、それぞれが横方向に分割可能な構成を備え、各スライド板52bの半割部分が横方向にスライド可能に前記把持枠32に取り付けられている。そして、各スライド板52bの半割部分は、ばね部材等の後述される付勢部材52dによって中心方向に付勢され、相互に結合するようになっている。これにより、各ねじ用割型52aの半割部分も、中心方向に付勢され、相互に結合するようになっている。

0037

また、各スライド板52bの上下端近傍部分には、把持解除従動部材52cが取り付けられている。該把持解除従動部材52cは、横方向に分割可能な構成を備え、各把持解除従動部材52cの半割部分がスライド板52bの半割部分に、それぞれ、取り付けられている。そして、スライド板52bの半割部分が中心方向に付勢されて相互に結合すると、把持解除従動部材52cの半割部分も相互に結合し、結合箇所に、図5に示されるようなくさび)状のノッチが形成される。該ノッチは、把持解除部材48の突起部材48aに対応する位置にあり、前記把持解除部材48が前進すると、前記突起部材48aがノッチに進入し、把持解除従動部材52cが横方向に押し広げられるようになっている。これにより、各スライド板52bの半割部分及び各ねじ用割型52aの半割部分も、横方向に押し広げられて分割されるので、吹込ステーションにおいて、ブロー成形が終了した後、最終成形品62の口部の把持を解除することができる。

0038

そして、前記把持枠32が取り付けられているガイドバー33を支持する左右の回転枠31は、図5に示されるようにボールベアリングローラベアリング等から成る軸受部材47aを介して、支持コラム47の外周に回転可能に取り付けられている。そして、一方の回転枠31の側面には、環状の従動ギヤ31aが取り付けられ、電気モータ34の回転軸34aに取り付けられた駆動ギヤ34bが前記従動ギヤ31aに噛(か)み合っている。これにより、前記電気モータ34を作動させることによって、前記回転枠31が支持コラム47を中心として回転させることができる。

0039

また、前記コア型枠41は、一部の壁面が開放された略直方体状の形状を有し、内部には、連結板46aが可動割型14側に進退可能に配設されている。該連結板46aは、上下端近傍の一部分がコア型枠41の上側の外表面及び下側の外表面に突出し、それぞれの延伸ロッド用駆動装置46に連結されて取り付けられている。また、連結板46aには、各延伸ロッド44の根本部分が取り付けられ、各延伸ロッド44を同時に突き出すことができるようになっている。なお、前記延伸ロッド44は、可動割型14によって形成されるブロー成形用雌型58のそれぞれに対応する位置に配設され、上下方向に6個並んだ列を2列形成する。

0040

本実施の形態において、可動割型14の駆動側可動部14a及び従動側可動部14bは、横方向(図5における上下方向)にスライド可能に可動プラテン12の金型取り付け面に取り付けられている。この場合、左右の組の駆動側可動部14aは、割型駆動シリンダ装置17のピストンロッド17aに接続され、前記割型駆動シリンダ装置17によって直接横方向に移動させられる。また、左右の組の従動側可動部14bは、連結部材14dによって他の組の駆動側可動部14aに接続され、自組の駆動側可動部14aと対向する方向に移動させられる。そして、左右の割型駆動シリンダ装置17を同期して作動させることによって、各組における駆動側可動部14aと従動側可動部14bとを対向する方向に移動させて結合させ、ブロー成形用雌型58を形成させることができる。なお、固定底部14c内には可動底部材14eが中間型支持枠21側に移動可能に取り付けられている。該可動底部材14eは、ブロー成形が終了して、前記駆動側可動部14aと従動側可動部14bとの結合を解除して型割りする際に、固定底部14cからわずかに突出(図5及び6における右方向に移動)し、最終成形品62を突き出して離型させるようになっている。

0041

また、前記射出吹込成形機10が射出ステーション及び吹込ステーションにおいて型閉すると、図7に示されるように、固定プラテン11に中間型支持枠21が接し、該中間型支持枠21に可動プラテン12が接した状態になる。この場合、把持枠係合部32aとガイドバー33の先端部33aとの係合は解除されており、射出ステーション及び吹込ステーションにおける把持枠32は、ガイドバー33の軸方向にスライドして、コア型枠41に接触している。

0042

そして、射出ステーションにおいては、図9に示されるように、固定金型13に取り付けられた各雌型部51の中に各雄型部42bが進入している。また、半割部分が相互に結合されたねじ用割型52aは、雌型部51の入口近傍部分に嵌まり込んだ状態で、雌型部51と射出用コア型42との間に挟み込まれている。これにより、雌型部51及びねじ用割型52aの内面と雄型部42bの外面との間にキャビティが形成される。なお、図9に示される例においては、既にキャビティ内に樹脂が充填され、プリフォーム61が形成されている。該プリフォーム61は、略試験管状の細長い有底容器であるが、開口する口部の外周にはねじ用割型52aの内面によって雄ねじが形成され、口部の境界にはねじ用割型52aと雌型部51との間の隙(すき)間によって鍔(つば)部が形成されている。

0043

また、吹込ステーションにおいては、図8に示されるように、駆動側可動部14a及び従動側可動部14bとが結合して、ブロー成形用雌型58が形成されている。この場合、前記駆動側可動部14a及び従動側可動部14bは、左右から固定底部14cを包み込むように結合するので、前記ブロー成形用雌型58の内面は、駆動側可動部14a、従動側可動部14b、固定底部14c及び可動底部材14eによって構成され、瓶状又はボトル状の有底容器の形状を有する。なお、可動底部材14eは、突出しておらず、奥側(図8における左側)に引っ込んだ状態となっている。

0044

そして、駆動側可動部14a及び従動側可動部14bによって形成されるブロー成形用雌型58の開口部には、プリフォーム61を把持している状態のねじ用割型52aが押し付けられている。そのため、前記プリフォーム61の鍔部がブロー成形用雌型58の開口部外面に押し付けられ、鍔部より先の部分は、ブロー成形用雌型58内部に進入している。この状態で、延伸ロッド用駆動装置46を作動させると、延伸ロッド44がブロー成形用雌型58の奥側に向かって突出し、前記プリフォーム61の内部に進入して、該プリフォーム61をブロー成形用雌型58の奥側に向かって延伸させる。そして、同時に図示されない空気流路を介して、高圧空気を前記プリフォーム61の内部に吹き込むことによって、該プリフォーム61を膨張させて、ブロー成形用雌型58の内面に押し付ける。これにより、ブロー成形用雌型58内面の形状を有する瓶状又はボトル状の有底容器を成形することができる。

0045

次に、把持枠32がガイドバー33の先端部33aにロックされ、また、ロックが解除されて開放されるための構成について詳細に説明する。

0046

図10は本発明の実施の形態における射出吹込成形機の把持枠、ガイドバー及び射出側係脱部材の関係を示す平面図、図11は本発明の実施の形態における射出吹込成形機の把持枠、ガイドバー及び射出側係脱部材の関係を示す側面図、図12は本発明の実施の形態における射出吹込成形機の把持枠、ガイドバー及び射出側係脱部材の関係を示す横断面図であり図11のI矢視図、図13は本発明の実施の形態における射出吹込成形機の把持枠、ガイドバー及び射出側係脱部材の関係を示す側断面図であり図10のH矢視図である。

0047

なお、本実施の形態において、把持枠32の把持枠係合部32aがガイドバー33の先端部33aと係合し、また、係合解除するための構成及び動作は、射出ステーション及び吹込ステーションにおいて同様であるので、ここでは、射出ステーションにおける前記構成及び動作についてのみ説明し、吹込ステーションにおける前記構成及び動作についての説明は省略する。この場合、前記把持枠係合部32aは、固定プラテン11に取り付けられた射出側係脱部材54の先端部とも解除可能に係合するともに、前記射出側係脱部材54の先端部によって作動させられて、ガイドバー33の先端部33aと係合又は係合解除を行う。そして、図10〜13は、射出ステーションにおいて型閉が行われているときに、前記把持枠係合部32aが射出側係脱部材54の先端部と係合している状態を示している。また、図11〜13に示されるように、ガイドバー33上方の把持枠係合部32aとガイドバー33下方の把持枠係合部32aとでは構成が相違するので、ここでは、ガイドバー33上方の把持枠係合部32aを把持枠係合部32a−1として説明し、ガイドバー33下方の把持枠係合部32aを把持枠係合部32a−2として説明する。

0048

ここで、射出側係脱部材54は、先端部のガイドバー33側の側面上部に、ガイドバー33方向に突出する係合突起部65を有する。該係合突起部65は、先端近傍の上面に係合凹部65a、及び、該係合凹部65aの先端側に隣接して係合爪(つめ)部65bを備える。また、射出側係脱部材54は、先端部のガイドバー33側の側面下部に、ガイドバー33方向に突出する回転軸66aに回転可能に取り付けられたローラであるカムフォロア66を有する。

0049

そして、把持枠係合部32a−1は、把持枠32における回転枠31と反対側の面に取り付けられたホルダ69、及び、該ホルダ69の空洞部69a内にガイドバー33の軸線に対して垂直方向に移動可能に取り付けられた係合ブロック67を有する。該係合ブロック67は、ガイドバー33側に前記係合爪部65bと係合する係合爪部67a、該係合爪部67aの後方に隣接して係合凹部67b、及び、ガイドバー33方向に突出する係合解除カム部67cを備える。なお、係合ブロック67の係合爪部67a及び係合凹部67bは、係合突起部65の係合凹部65a及び係合爪部65bと互いに係合する。そして、前記係合ブロック67は、前記空洞部69aにガイドされホルダ69に形成された挿入孔69bに挿入されたスライド軸68aを備え、コイルばね等の付勢部材68bによって、ガイドバー33に向けて付勢されている。これにより、図10〜13に示される状態において、係合ブロック67の係合爪部67a及び係合凹部67bと、係合突起部65の係合凹部65a及び係合爪部65bとは、外れることなく係合した状態を維持することができる。

0050

また、把持枠係合部32a−2は、把持枠32における回転枠31と反対側の面に取り付けられたホルダ71、及び、該ホルダ71の空洞部71a内にガイドバー33の軸線に対して垂直方向からわずかに傾斜した方向に移動可能に取り付けられたカムブロック72を有する。該カムブロック72は、ガイドバー33側に傾斜カム面72a及び係合凸部72bを備える。そして、前記カムブロック72は、前記空洞部71aにガイドされホルダ71に形成された挿入孔71bに挿入されたスライド軸73aを備え、コイルばね等の付勢部材73bによって、ガイドバー33に向けて付勢されている。なお、図10〜13に示される状態において、前記カムフォロア66が傾斜カム面72aに当接し、付勢部材73bの付勢力に抗して、カムブロック72をガイドバー33から引き離している。

0051

一方、ガイドバー33の先端部33aは、ナット76によってガイドバー33の先端に固定されたガイドバー係合ブロック75を有する。該ガイドバー係合ブロック75は、射出側係脱部材54方向に突出する係合解除カム75bを備える。そして、該係合解除カム75bは、把持枠係合部32a−1における係合ブロック67の係合解除カム部67cと当接し、前記係合ブロック67をガイドバー33から離れる方向に移動させるようになっている。また、前記ガイドバー係合ブロック75は、把持枠係合部32a−2方向に突出するロックプレート75aを備える。なお、該ロックプレート75aは、把持枠係合部32a−1及び把持枠係合部32a−2の両方向に突出していてもよい。そして、前記ロックプレート75aは、把持枠係合部32a−2におけるカムブロック72の係合凸部72bと係合し、該係合凸部72bと把持枠32とに挟み込まれ、該把持枠32と先端部33aとをロックされた状態とするようになっている。

0052

次に、前記把持枠係合部32aが先端部33aと係合する動作について説明する。

0053

図14は本発明の実施の形態における射出吹込成形機の把持枠、ガイドバー及び射出側係脱部材の関係を示す側面図であり動作を示す第1の図、図15は本発明の実施の形態における射出吹込成形機の把持枠、ガイドバー及び射出側係脱部材の関係を示す側面図であり動作を示す第2の図、図16は本発明の実施の形態における射出吹込成形機の把持枠、ガイドバー及び射出側係脱部材の関係を示す側面図であり動作を示す第3の図である。

0054

まず、射出ステーションにおいて型閉が行われているとき、図10〜13に示されるように、係合ブロック67の係合爪部67a及び係合凹部67bと、係合突起部65の係合凹部65a及び係合爪部65bとが係合し、把持枠係合部32aが射出側係脱部材54の先端部と係合している。そして、射出ステーションにおいて型開が行われると、中間型支持枠21が固定プラテン11から離れるように移動するので、中間型支持枠21に取り付けられた回転枠31と固定プラテン11との間隔が拡大し、射出側係脱部材54の先端部が回転枠31から離れてガイドバー33の先端部33aの方向に移動する。この場合、把持枠係合部32aが射出側係脱部材54の先端部と係合しているので、図14に示されるように、把持枠32は回転枠31から離れてガイドバー33の先端部33aの方向に移動する。

0055

そして、図15に示されるように、把持枠係合部32a−1における係合ブロック67の係合解除カム部67cが、ガイドバー33の先端部33aにおけるガイドバー係合ブロック75の係合解除カム75bと当接すると、前記係合ブロック67が、付勢部材68bの付勢力に抗して、ガイドバー33から離れる方向(図15における上方向)に移動させられる。そのため、係合ブロック67の係合爪部67a及び係合凹部67bと、射出側係脱部材54における係合突起部65の係合凹部65a及び係合爪部65bとの係合が解除され、把持枠係合部32aと射出側係脱部材54の先端部との係合が解除される。すると、射出側係脱部材54のカムフォロア66が把持枠係合部32a−2のカムブロック72から傾斜カム面72aに沿って遠ざかるので、前記カムブロック72は、付勢部材73bの付勢力によって、ガイドバー33の方向(図15における上方向)に移動する。

0056

そのため、図16に示されるように、ガイドバー33の先端部33aにおけるガイドバー係合ブロック75のロックプレート75aは、把持枠係合部32a−2におけるカムブロック72の係合凸部72bと係合し、該係合凸部72bと把持枠32における回転枠31と反対側の面とによって挟み込まれる。これにより、把持枠32がガイドバー33の先端部33aにロックされた状態となる。したがって、前記把持枠32はガイドバー33に沿ってスライドすることがなく、支持コラム47の中心から把持枠32までの距離が一定に維持される。

0057

なお、射出ステーションにおいて型閉が行われる場合には、前述した動作と逆の動作によって、把持枠32とガイドバー33の先端部33aとのロックが解除され、把持枠係合部32aと射出側係脱部材54の先端部とが係合されて、図10〜13に示されるような状態になる。

0058

次に、前記構成の射出吹込成形機10全体の動作について説明する。

0059

図17は本発明の実施の形態における射出吹込成形機の縦断面図であり動作を示す第1の図、図18は本発明の実施の形態における射出吹込成形機の縦断面図であり動作を示す第2の図、図19は本発明の実施の形態における射出吹込成形機の縦断面図であり動作を示す第3の図、図20は本発明の実施の形態における射出吹込成形機の縦断面図であり動作を示す第4の図、図21は本発明の実施の形態における射出吹込成形機の縦断面図であり動作を示す第5の図、図22は本発明の実施の形態における射出吹込成形機のねじ用割型の動作を示す第1の図であり図6のG矢視図、図23は本発明の実施の形態における射出吹込成形機のねじ用割型の動作を示す第2の図であり図22のJ矢視図、図24は本発明の実施の形態における射出吹込成形機のねじ用割型の動作を示す第3の図であり図23のK矢視図、図25は本発明の実施の形態における射出吹込成形機の動作シーケンスを示す図である。

0060

本実施の形態において、射出吹込成形機10の各部は、図25に示されるように作動する。この場合、1回の成形サイクルにおいて、射出ステーションでは射出成形によって雌型部51の数に等しい数のプリフォーム61、例えば、12個のプリフォーム61が成形され、吹込ステーションでは、前回の成形サイクルにおいて射出ステーションで成形された12個のプリフォーム61を使用して、ブロー成形が行われ、12個の最終成形品62が成形されるようになっている。

0061

まず、前記図1〜4に示されるように、射出ステーション及び吹込ステーションで型開された状態から、図示されない型締装置が作動して型閉が開始される。これにより、可動プラテン12が開の状態から閉の状態に向けて、すなわち、固定プラテン11に近付くように移動する。そして、前記可動プラテン12が開の状態から閉の状態に向けて移動する間に、中間型駆動シリンダ装置22が作動して、中間型支持枠21が開の状態から閉の状態に向けて、すなわち、固定プラテン11に近付くように移動する。

0062

また、前記可動プラテン12が開の状態から閉の状態に向けて移動する間に、中間型支持枠21が固定プラテン11に近付くことによって、回転枠31の固定プラテン11側の側面に取り付けられたガイドバー33の先端部33aと係合している把持枠32の把持枠係合部32aが、固定プラテン11に取り付けられた射出側係脱部材54の先端部に接触する。これにより、前記把持枠係合部32aとガイドバー33の先端部33aとの係合が解除され、把持枠32とガイドバー33とのロックが開放される。

0063

同様に、前記可動プラテン12が開の状態から閉の状態に向けて移動する間に、中間型支持枠21が可動プラテン12に近付くことによって、回転枠31の可動プラテン12側の側面に取り付けられたガイドバー33の先端部33aと係合している把持枠32の把持枠係合部32aが、可動プラテン12に取り付けられた吹込側係脱部材55の先端部に接触する。これにより、前記把持枠係合部32aとガイドバー33の先端部33aとの係合が解除され、把持枠32とガイドバー33とのロックが開放される。なお、前記把持枠32におけるねじ用割型52aは、前回の成形サイクルにおいて射出ステーションで成形された12個のプリフォーム61を把持している。

0064

さらに、前記可動プラテン12が開の状態から閉の状態に向けて移動する間に、割型駆動シリンダ装置17が作動して、駆動側可動部14a及び従動側可動部14bが横方向(図17〜21に対して垂直方向)に移動させられて結合して閉じ、固定底部14cとともにブロー成形用雌型58を形成する。これにより、図8に示されるように、駆動側可動部14a及び従動側可動部14bによって形成されるブロー成形用雌型58の開口部には、プリフォーム61を把持している状態のねじ用割型52aが押し付けられた状態となる。そのため、前記プリフォーム61の鍔部がブロー成形用雌型58の開口部外面に押し付けられ、鍔部より先の部分は、ブロー成形用雌型58内部に進入している。

0065

そして、前記可動プラテン12が閉の状態になると、図17に示されるように、射出ステーション及び吹込ステーションにおいて型閉が完了する。この場合、射出ステーション及び吹込ステーションにおける把持枠32は、ガイドバー33とのロックが開放されているので、射出側係脱部材54及び吹込側係脱部材55の先端部によって押されてガイドバー33の軸方向にスライドし、コア型枠41に接触している。

0066

この場合、射出ステーションにおいては、固定金型13に取り付けられた各雌型部51の中に各雄型部42bが進入している。また、半割部分が相互に結合されたねじ用割型52aは、雌型部51の入口近傍部分に嵌まり込んだ状態で、雌型部51と射出用コア型42との間に挟み込まれている。これにより、雌型部51及びねじ用割型52aの内面と雄型部42bの外面との間にキャビティが形成される。また、吹込ステーションにおいては、ブロー成形用雌型58の開口部外面に前記プリフォーム61の鍔部が押し付けられ、該鍔部より先の部分がブロー成形用雌型58内部に進入している。

0067

続いて、射出ステーションにおいて射出工程が行われ、加熱シリンダ16の先端のノズル16aが固定金型13のノズルタッチ部13aに押し付けられ、前記ノズル16aの先端から樹脂が射出される。そして、射出された樹脂は、スプルー13b、ランナ13c及びホットランナノズル13dを通過して、雌型部51と対応する雄型部42bとの間に形成されたキャビティ内に充填される。なお、樹脂の充填が完了した後も、型閉した状態を継続し、キャビティ内の樹脂を冷却する。

0068

また、吹込ステーションにおいてブロー成形が行われ、延伸ロッド用駆動装置46が作動し、延伸ロッド44がブロー成形用雌型58の奥側に向かって突出する。これにより、前記プリフォーム61の内部に進入して、該プリフォーム61をブロー成形用雌型58の奥側に向かって延伸させる。同時に、吹込用ガイド43、延伸ロッド44、又は、その間に形成された図示されない空気流路、空気噴出孔等から高圧空気を前記プリフォーム61の内部に吹き込むことによって、該プリフォーム61を膨張させて、ブロー成形用雌型58の内面に押し付ける。これにより、ブロー成形用雌型58内面の形状を有する瓶状又はボトル状の有底容器を最終成形品62として成形することができる。なお、延伸が終了すると、延伸ロッド44は突出した状態から元の位置に戻される。

0069

そして、ブロー成形が終了すると、型締装置が作動して可動プラテン12が、図18において矢印で示される方向に、すなわち、閉の状態から開の状態に向けて移動する。なお、ブロー成形が開始されてから終了するまでの時間は、プリフォーム61や最終成形品62の材質、大きさ、肉厚等によって変化するが、ここでは、約0.2〔秒〕であるものとして説明する。この時点では、中間型支持枠21が中間型駆動シリンダ装置22によって固定金型13と閉の状態に保たれているので、図18に示されるように、射出ステーションにおいて型閉の状態が維持され、キャビティ内の樹脂の冷却が継続している。なお、中間型駆動シリンダ装置22が発生する力は、型締装置が発生する力よりも弱いが、キャビティ内の樹脂の冷却する際に型閉の状態が維持するには十分なものとなっている。

0070

ここで、把持枠32の把持枠係合部32aは、吹込側係脱部材55の先端部と係合しているので、可動プラテン12が開の状態に向けて移動すると、ガイドバー33の軸方向にスライドし、該ガイドバー33の先端部33aに到達する。すると、前記把持枠係合部32aは、吹込側係脱部材55の先端部との係合を解除し、ガイドバー33の先端部33aと係合するので、把持枠32とガイドバー33とがロックされる。この場合、中間型支持枠21と把持枠32との間隔は、図18に示されるように距離αとなっている。

0071

続いて、把持解除用駆動装置45が作動し、把持解除部材48が前進、すなわち、可動プラテン12に向けて移動する。これにより、図24の下半分に示されるように、把持解除部材48の突起部材48aが、把持枠32に取り付けられた成形品把持装置52の把持解除従動部材52cのノッチに進入し、把持解除従動部材52cの半割部分を横方向に押し広げる。これにより、成形品把持装置52の各スライド板52bの半割部分及び各ねじ用割型52aの半割部分も、横方向に押し広げられて分割されるので、最終成形品62の口部の把持を解除することができる。

0072

ところで、成形品把持装置52は、図22〜24に示されるように、ねじ用割型52a及び該ねじ用割型52aが取り付けられたスライド板52bを有する。そして、前記ねじ用割型52aは、図22に示されるように、上下方向に6個並んだ列が2列形成されている。ここで、ねじ用割型52aは、内周面に雄ねじを形成するための螺旋溝が形成され、雌型部51の入口近傍部分に嵌まり込み、対応する雄型部42bとの間にプリフォーム61の口部に対応するキャビティを形成する。また、前記ねじ用割型52aは、横方向(図22における左右方向)に分割可能な構成を備え、各ねじ用割型52aの半割部分がスライド板52bの半割部分に、それぞれ、取り付けられている。前記スライド板52bは、上下方向に延在して2枚が把持枠32に取り付けられ、それぞれが横方向に分割可能な構成を備え、各スライド板52bの半割部分における上下端部分が把持枠32の溝に嵌まり込み、横方向にスライド可能に取り付けられている。そして、各スライド板52bの半割部分は、図22に示されるように、ばね部材等の付勢部材52dによって中心方向に付勢され、相互に結合するようになっている。これにより、各ねじ用割型52aの半割部分も、中心方向に付勢され、相互に結合するようになっている。なお、図22においては、説明の都合上、左半分にねじ用割型52aの半割部分及びスライド板52bの半割部分が相互に結合した状態を示し、右半分にねじ用割型52aの半割部分及びスライド板52bの半割部分が押し広げられて分割された状態を示している。

0073

また、各スライド板52bの上下端近傍部分には、把持解除従動部材52cが取り付けられている。該把持解除従動部材52cは、横方向に分割可能な構成を備え、各把持解除従動部材52cの半割部分がスライド板52bの半割部分に、それぞれ、取り付けられている。そして、スライド板52bの半割部分が中心方向に付勢されて相互に結合すると、把持解除従動部材52cの半割部分も相互に結合し、結合箇所に、図24の上半分に示されるような楔状のノッチが形成される。該ノッチは、把持解除部材48の突起部材48aに対応する位置にあり、前記把持解除部材48が前進すると、前記突起部材48aがノッチに進入し、把持解除従動部材52cの半割部分が横方向に押し広げられるようになっている。これにより、各スライド板52bの半割部分及び各ねじ用割型52aの半割部分も、横方向に押し広げられて分割されるので、吹込ステーションにおいて、ブロー成形が終了した後、最終成形品62の口部の把持を解除することができる。なお、図24においては、説明の都合上、上半分にねじ用割型52aの半割部分、スライド板52bの半割部分及び把持解除従動部材52cの半割部分が相互に結合した状態を示し、下半分に把持解除部材48の突起部材48aが前進して把持解除従動部材52cの半割部分を押し広げ、ねじ用割型52aの半割部分、スライド板52bの半割部分及び把持解除従動部材52cの半割部分が分割された状態を示している。また、図23においては、説明の都合上、上方の把持解除部材48が前進しておらず、下方の把持解除部材48が前進し、突起部材48aが把持解除従動部材52cの半割部分を押し広げている状態を示している。

0074

そして、可動プラテン12が、図18に示される位置から、開の状態に向けて更に移動して、型閉を開始した時の位置にまで復帰すると、図19に示されるように、可動プラテン12と把持枠32との間隔が距離βとなる。なお、射出ステーションにおいては固定金型13との型閉の状態が維持され、キャビティ内の樹脂の冷却が継続している。そして、前記距離βは、成形品取り出し装置の成形品把持部材63が進入して、可動割型14から最終成形品62を取り出して射出吹込成形機10の外部に搬出する動作を行うのに十分な距離となっている。

0075

なお、前記成形品取り出し装置は、通常の射出成形機等において成形品を取り出すために使用されるマニュピュレータロボットハンド等と同様の装置である。そして、前記成形品把持部材63は、射出吹込成形機10の側方又は上方において待機しており、可動割型14から最終成形品62を取り出すタイミングになると、上下又は左右のタイバー15の間を通過して、図19に示されるように、可動割型14と把持枠32との間に進入する。続いて、前記成形品把持部材63は、可動割型14に接近し、ブロー成形用雌型58の開口部から外側(図19における右側)に突出している最終成形品62の口部を把持する。

0076

このとき、左右の割型駆動シリンダ装置17が同期して作動し、駆動側可動部14aと従動側可動部14bとを反対方向に移動させて分割させる。また、可動底部材14eが図示されない駆動装置によって駆動されて固定底部14cからわずかに突出し、最終成形品62を突き出して離型させる。これにより、12個の最終成形品62は、すべて、駆動側可動部14a、従動側可動部14b、固定底部14c及び可動底部材14eによって構成されるブロー成形用雌型58の内面に付着することなく、成形品把持部材63によって把持される。そして、該成形品把持部材63は、12個すべての最終成形品62を把持した状態で、可動割型14から離れる方向、すなわち、把持枠32の方向に移動し、続いて、上下又は左右のタイバー15の間を通過して、射出吹込成形機10の外部に退出する。この場合、前記距離βの値が十分に大きいので、成形品把持部材63は、最終成形品62を把持した状態で可動割型14から離れる方向に移動して退出することができる。その後、最終成形品62は、成形品把持部材63によって搬送され、図示されない所定の載置場所に載置される。なお、前記成形品取り出し装置の成形品把持部材63が可動プラテン12と把持枠32との間に進入して、可動割型14から最終成形品62を取り出して射出吹込成形機10の外部に搬出するまでの時間は、成形品取り出し装置の種類、最終成形品62の大きさ等によって変化するが、ここでは、約2.0〔秒〕であるものとして説明する。

0077

そして、最終成形品62の取り出しが終了すると、中間型駆動シリンダ装置22が作動して、中間型支持枠21が閉の状態から開の状態に向けて、すなわち、固定プラテン11から離れるように移動する。このときには、キャビティ内の樹脂は十分に冷却され、プリフォーム61が成形されている。なお、射出成形が開始されてから樹脂が十分に冷却されるまでの時間は、プリフォーム61の材質、大きさ、肉厚等によって変化するが、ここでは、約6.0〔秒〕であるものとして説明する。前記中間型支持枠21とともにコア型枠41も移動するので、雄型部42bは、固定金型13に取り付けられた雌型部51から引き出される。また、射出ステーションにおける把持枠32の把持枠係合部32aが射出側係脱部材54の先端部と係合しているので、中間型支持枠21が開の状態に向けて移動しても、把持枠32はガイドバー33の軸方向にスライドし、ねじ用割型52aは雌型部51の入口近傍部分に嵌まり込んだ状態を維持する。そして、把持枠32がガイドバー33の先端部33aに到達すると、把持枠係合部32aは、射出側係脱部材54の先端部との係合を解除し、ガイドバー33の先端部33aと係合するので、把持枠32とガイドバー33とがロックされる。

0078

続いて、中間型支持枠21が固定プラテン11から離れるように更に移動すると、把持枠32もともに移動するので、ねじ用割型52aは雌型部51から引き出される。この場合、ねじ用割型52aの半割部分は、付勢部材52dによって中心方向に付勢され、相互に結合しているので、プリフォーム61の口部を把持している。この場合、ねじ用割型52aは内周面に雄ねじを形成するための螺旋溝を備え、前記プリフォーム61の口部には前記螺旋溝によって雄ねじが成形され、前記螺旋溝と雄ねじとが係合している。また、プリフォーム61の軸方向に力が加えられても、ねじ用割型52aによる前記プリフォーム61の口部に把持が外れることがない。したがって、前記プリフォーム61は、雌型部51の内面に付着していても、前記ねじ用割型52aによって確実に雌型部51から引き出される。

0079

これにより、図20に示されるように、射出ステーションにおける把持枠32は、ねじ用割型52aが12個すべてのプリフォーム61を把持した状態で、固定金型13から離れた位置に到達する。なお、可動プラテン12が停止している状態で、中間型支持枠21が固定プラテン11から離れるように移動したので、可動プラテン12と把持枠32との間隔は、図19に示される距離βよりも小さくなっている。この場合、支持コラム47の中心から固定金型13までの距離、及び、支持コラム47の中心から可動割型14までの距離は、互いにほぼ等しく、支持コラム47を中心に回転枠31が回転しても、把持枠32が固定金型13及び可動割型14のいずれにも接触しない程度の距離である。

0080

図20に示されるように、左右2つの把持枠32がガイドバー33の先端部33aにロックされた状態において把持枠32を回転させた場合、回転半径が最大となるのは、2つの把持枠32の外面(支持コラム47から離れた方の面)における上下端部分である。そのため、支持コラム47の中心から固定金型13までの距離、及び、支持コラム47の中心から可動割型14までの距離を、支持コラム47の中心から2つの把持枠32の外面における上下端部分までの距離よりも長くすれば、支持コラム47を中心に回転枠31が回転しても、プリフォーム61も含めた把持枠32が固定金型13及び可動割型14のいずれにも接触することがない。なお、支持コラム47の中心から固定金型13までの距離、及び、支持コラム47の中心から可動割型14までの距離を、支持コラム47の中心から左右の把持枠32の外面における上下端部分までの距離よりもあまり長くすることは、射出吹込成形機10の全長が長くなるので、好ましくない。

0081

続いて、電気モータ34が作動して、図21に示されるように、支持コラム47を中心に回転枠31が回転させられる。該回転枠31は、図21において矢印で示される方向(反時計回り方向)に180度回転させられる。これにより、ねじ用割型52aがプリフォーム61を把持した把持枠32は、射出ステーションから吹込ステーションに移動し、他方の把持枠32は、吹込ステーションから射出ステーションに移動する。

0082

なお、コア型枠41は回転しないようになっている。この場合、図3及び5に示されるように、回転枠31及びガイドバー33は、前記コア型枠41の左右外側に位置するので、回転しても前記コア型枠41及び該コア型枠41の外表面に取り付けられた把持解除用駆動装置45、延伸ロッド用駆動装置46等の部材に接触することがない。しかし、把持枠32は、左右のガイドバー33を結んでいるので、支持コラム47の中心からの距離が短いと把持枠32の内面(支持コラム47に近い方の面)が把持解除用駆動装置45、延伸ロッド用駆動装置46等に接触してしまう可能性がある。そこで、把持枠32の内面が把持解除用駆動装置45、延伸ロッド用駆動装置46等に接触することがない程度にガイドバー33の長さが設定されている。

0083

前記2つの把持枠32がガイドバー33の先端部33aにロックされた状態において回転枠31を回転させた場合、回転半径が最小となるのは、2つの把持枠32の内面における中央部分である。一方、コア型枠41及び該コア型枠41の外表面に取り付けられた部材において、支持コラム47の中心からの距離が最も長いのは、把持解除部材48の突起部材48aの先端部分、最上位及び最下位に配設された延伸ロッド44の先端部分、最上位及び最下位に配設された雄型部42bの先端部分、延伸ロッド用駆動装置46の後方外側端部分等である。そこで、支持コラム47の中心から把持解除部材48の突起部材48aの先端部分、最上位及び最下位に配設された延伸ロッド44の先端部分、最上位及び最下位に配設された雄型部42bの先端部分、延伸ロッド用駆動装置46の後方外側端部分等までの距離よりも、支持コラム47の中心から把持枠32の内面における中央部分までの距離が長くなるようにガイドバー33の長さが設定される。この場合、該ガイドバー33の長さをあまり長くすることは、射出吹込成形機10の全長が長くなるので、好ましくない。なお、回転枠31を回転させる場合には、把持枠32がガイドバー33の先端部33aにロックされているので、回転中に前記把持枠32がガイドバー33に沿ってスライドすることがなく、支持コラム47の中心から把持枠32までの距離は一定に維持される。

0084

そして、前記回転枠31の回転が終了すると、当初のように、射出ステーション及び吹込ステーションで型開された状態となる。これにより、1回の成形サイクルが終了する。以降は、前述の動作を繰り返して実行し、所定回数の成形サイクルが繰り返される。

0085

このように、本実施の形態においては、把持枠32が射出ステーション及び吹込ステーションにおける型閉及び型開に連動して、ガイドバー33の先端部33aとのロック又はロック解除を行うようになっている。そのため、射出ステーションにおいて型開が終了して、プリフォーム61を吹込ステーションに搬送する際には、把持枠32が機械的手段によって、自動的にガイドバー33の先端部33aにロックされているので、動作確認を行う必要がない。したがって、成形サイクルに要する時間を短縮することができ、かつ、装置コストを低くすることができる。

0086

また、ガイドバー33の把持枠係合部32aは、射出側係脱部材54及び吹込側係脱部材55によって作動させられ、前記ガイドバー33の先端部33aと係合及び係合解除を行うとともに、前記射出側係脱部材54及び吹込側係脱部材55の先端部と係合解除及び係合を行う。この場合、カムフォロア66、係合解除カム部67c、付勢部材68b、傾斜カム面72a、付勢部材73b、係合解除カム75b等を備えるカム機構によって、係合ブロック67及びカムブロック72が作動して、ガイドバー33の先端部33a及並びに射出側係脱部材54及び吹込側係脱部材55の先端部と係合解除及び係合を行うようになっている。そのため、簡単な構成によって、確実に係合及び係合解除を行うことができる。したがって、装置の製造コストを低減することができ、また、メンテナンスも容易となり、動作確認を行う必要もない。

0087

なお、本実施の形態においては、射出ステーションと吹込ステーションとにおいて型開のタイミングが異なる場合の動作についてのみ説明したが、射出ステーションと吹込ステーションとにおける型開のタイミングを一致させることもできる。

0088

また、ブロー成形を行う際に、延伸ロッド44によってプリフォーム61を延伸させる場合の動作について説明したが、延伸ロッド44によるプリフォーム61の延伸を省略することもできる。

0089

さらに、本発明は前記実施の形態に限定されるものではなく、本発明の趣旨に基づいて種々変形させることが可能であり、それらを本発明の範囲から排除するものではない。

図面の簡単な説明

0090

本発明の実施の形態における射出吹込成形機の平面図である。
本発明の実施の形態における射出吹込成形機の正面図である。
本発明の実施の形態における射出吹込成形機の平断面図であり図2のA矢視断面図である。
本発明の実施の形態における射出吹込成形機の縦断面図であり図1のB矢視断面図である。
本発明の実施の形態における射出吹込成形機の平断面図であり図2のC矢視断面図である。
本発明の実施の形態における射出吹込成形機の縦断面図であり図1のD矢視断面図である。
本発明の実施の形態における射出吹込成形機の正面部分断面図であり型閉した状態を示す図である。
本発明の実施の形態における射出吹込成形機の要部拡大図であり図7のE部拡大図である。
本発明の実施の形態における射出吹込成形機の要部拡大図であり図7のF部拡大図である。
本発明の実施の形態における射出吹込成形機の把持枠、ガイドバー及び射出側係脱部材の関係を示す平面図である。
本発明の実施の形態における射出吹込成形機の把持枠、ガイドバー及び射出側係脱部材の関係を示す側面図である。
本発明の実施の形態における射出吹込成形機の把持枠、ガイドバー及び射出側係脱部材の関係を示す横断面図であり図11のI矢視図である。
本発明の実施の形態における射出吹込成形機の把持枠、ガイドバー及び射出側係脱部材の関係を示す側断面図であり図10のH矢視図である。
本発明の実施の形態における射出吹込成形機の把持枠、ガイドバー及び射出側係脱部材の関係を示す側面図であり動作を示す第1の図である。
本発明の実施の形態における射出吹込成形機の把持枠、ガイドバー及び射出側係脱部材の関係を示す側面図であり動作を示す第2の図である。
本発明の実施の形態における射出吹込成形機の把持枠、ガイドバー及び射出側係脱部材の関係を示す側面図であり動作を示す第3の図である。
本発明の実施の形態における射出吹込成形機の縦断面図であり動作を示す第1の図である。
本発明の実施の形態における射出吹込成形機の縦断面図であり動作を示す第2の図である。
本発明の実施の形態における射出吹込成形機の縦断面図であり動作を示す第3の図である。
本発明の実施の形態における射出吹込成形機の縦断面図であり動作を示す第4の図である。
本発明の実施の形態における射出吹込成形機の縦断面図であり動作を示す第5の図である。
本発明の実施の形態における射出吹込成形機のねじ用割型の動作を示す第1の図であり図6のG矢視図である。
本発明の実施の形態における射出吹込成形機のねじ用割型の動作を示す第2の図であり図22のJ矢視図である。
本発明の実施の形態における射出吹込成形機のねじ用割型の動作を示す第3の図であり図23のK矢視図である。
本発明の実施の形態における射出吹込成形機の動作シーケンスを示す図である。

符号の説明

0091

11固定プラテン
12可動プラテン
13固定金型
14可動割型
21中間型支持枠
31回転枠
32把持枠
32a、32a−1、32a−2 把持枠係合部
33ガイドバー
33a 先端部
41コア型枠
42射出用コア型
43吹込用ガイド
51雌型部
52成形品把持装置
54射出側係脱部材
55 吹込側係脱部材
61 プリフォーム

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 信越化学工業株式会社の「 タイヤ成型用離型剤組成物およびタイヤ成型用ブラダー」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】一度離型剤を塗布した後、再度離型剤を塗布することなく、従来よりも大幅に多く繰り返し連続してタイヤの成型加硫が可能となる、離型性に優れたタイヤ成型用離型剤組成物を提供する。【解決手段】(A)1分... 詳細

  • アズビル株式会社の「 金型」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】異物を挟み込んだ場合でも、型かじりを防止することができる金型を提供する。【解決手段】固定側金型10と、固定側金型10に対して進退可能に設けられる可動側金型20と、固定側金型10及び可動側金型2... 詳細

  • 株式会社ブリヂストンの「 ベントホール清掃装置及びベントホール清掃方法」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】タイヤ加硫用モールドのベントホールを清掃する際に、ベントホールに挿入する清掃工具が折れるのを防止する。【解決手段】ベントホール清掃装置100は、タイヤ加硫用モールド1の姿勢を検出するモールド検... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ