図面 (/)

技術 男性軽失禁用尿吸収ふくろ

出願人 奥美智子
発明者 奥美智子
出願日 2004年5月18日 (16年1ヶ月経過) 出願番号 2004-177636
公開日 2005年12月2日 (14年7ヶ月経過) 公開番号 2005-329202
状態 拒絶査定
技術分野 吸収性物品とその支持具 整形外科、看護、避妊
主要キーワード 防水素材 伸縮素材 放尿後 下着パンツ 活性炭シート 保水層 サラサラ 男性用下着
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2005年12月2日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (4)

課題

男性の軽い尿漏れに因る下着濡れ汚れ尿臭を防ぐ為の、使い捨て男性軽失禁用尿吸収くろを提供する。

解決手段

肌側から順にサラサラとした使用感繊維層吸水保水層防水層、及び外側にサラサラとした使用感の繊維層を構成する各機能の素材を重ねて接着し、1枚のシート状にし、そのシートで、男性局部の先端から数センチを挿入するに足る寸法の開口縁と深さを有する尿吸収ふくろを形成し、その尿吸収ふくろの開口縁の一端には、上部片面に接着材を施した支持固定帯を接続したことを特徴とする男性軽失禁用尿吸収ふくろ。

概要

背景

従来、下着パンツ自体の前面に吸水保水層防水層を施した男性用下着はあった。

概要

男性の軽い尿漏れに因る下着濡れ汚れ尿臭を防ぐ為の、使い捨て男性軽失禁用尿吸収くろを提供する。肌側から順にサラサラとした使用感繊維層、吸水保水層、防水層、及び外側にサラサラとした使用感の繊維層を構成する各機能の素材を重ねて接着し、1枚のシート状にし、そのシートで、男性局部の先端から数センチを挿入するに足る寸法の開口縁と深さを有する尿吸収ふくろを形成し、その尿吸収ふくろの開口縁の一端には、上部片面に接着材を施した支持固定帯を接続したことを特徴とする男性軽失禁用尿吸収ふくろ。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
2件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

肌側から順にサラサラとした使用感繊維層吸水保水層防水層、及び外側にサラサラとした使用感の繊維層を構成する各機能の素材を重ねて接着し、1枚のシート状にし、そのシートで、男性局部の先端から数センチを挿入するに足る寸法の開口縁と深さを有する尿吸収くろを形成し、その尿吸収ふくろの開口縁の一端には、上部片面に接着材を施した支持固定帯を接続したことを特徴とする男性軽失禁用尿吸収ふくろ。

技術分野

0001

本発明は、男性の軽い尿漏れに因る下着濡れ汚れ尿臭を防ぐ為の、使い捨て男性軽失禁用尿吸収くろに関するものである。

背景技術

0002

従来、下着パンツ自体の前面に吸水保水層防水層を施した男性用下着はあった。

発明が解決しようとする課題

0003

そのために、次のような問題点があった。
(イ)下着自体に尿吸収保水層、防水層を形成してあるので、吸収した尿まるごと洗 濯機に入れて洗濯しなければならないと云う不潔さがあった。
(ロ)厚み部分洗濯後の乾きが遅いし、尿の色で黄ばんでしまった。
(ハ)長時間尿吸収した下着を着けていると、回りに尿臭が漂っていた。
(ニ)下着前面の厚みは、尿吸収後は、内感外観的に、もこもここんもりしていて不快感があった。
(ホ)市場調査及び通信販売を検討して見ると、非常に高価であり不経済であった。
本発明は、これらの問題点を解決するためになされたものである。

課題を解決するための手段

0004

肌側から順にサラサラとした使用感繊維層、吸水保水層、防水層、及び外側にサラサラとした使用感の繊維層を構成する各機能の素材を重ねて接着し、1枚のシート状にする。そして、そのシートで、男性局部の先端から数センチを挿入するに足る寸法の開口縁と深さを有する尿吸収ふくろを形成する。その尿吸収ふくろの開口縁の一端には、上部片面に接着材を施した支持固定帯を接続する。以上を特徴とする男性軽失禁用尿吸収ふくろである。

発明の効果

0005

吸水保水層、防水層など各優れた機能を有する素材で形成された尿吸収ふくろに、男性局部の先端から数センチを挿入して尿を吸収する仕組みであるから、下着とは分離させてある。適宜尿吸収後に取り替えて使い捨てとする事により、下着の濡れや汚れ、尿臭などの不快要素等は解決する。肌側層も外側層も、サラサラとした使用感の繊維素材であるから、粘膜や皮膚などデリケート部分はかぶれかぶれにくい。外出スポーツ旅行等では、数個の尿吸収ふくろを携帯交換するだけで一日中快適である。洗濯の手間も省け、しかも、安価で経済的である。

発明を実施するための最良の形態

0006

以下、本発明の実施の形態について説明する。
本発明は、図1の通り尿吸収ふくろ(1)と支持固定帯(2)を接続したものを以て本体とする。
まず、尿吸収ふくろ(1)の構成について説明する。
(イ)肌側層(3)は、粘膜に接する部分であるので、サラサラとした使用感の繊維素材である。 (
(ロ)吸水保水層(4)は、例えば、厚みの綿又は合成繊維の他に、尿を凝固させる吸収ポリマーシートとか又は消臭作用のある活性炭シートなどが使われること もある。
(ハ)防水層(5)は、水分を外に漏らさず下着を濡らさない作用をする防水素材で ある。
(ニ)外側層(6)は、睾丸内股に接する皮膚部分であるので、サラサラとした使 用感の繊維素材である。
(ホ)(イ)〜(ニ)までの各層の素材を肌側層(3)から順に重ねて接着し、1枚 のシート状にする。
(ヘ)そのシートで、大小長短の異なる男性局部の先端から数センチ、例えば、6セ ンチ内外挿入可能なふくろを形成するに足る標準寸法割り出し、肌側層( 3)を内側にして、開口縁と深さを有する筒形とか角形のふくろになるように 、接着剤又は縫製などで接続し、尿吸収ふくろ(1)を形成する。
次に、支持固定帯(2)の構成について説明する。
例えば、布又は合成繊維等の微伸縮性素材で、例えば、幅3センチ長さ10数センチ内外の帯を形成し、その上部片面に、両面テープとかマジックテープなどの接着材(7)を施した支持固定帯(2)を形成する。
本発明は、以上の構成よりなっている。
本発明を使用するときは、下着を履いてから、尿吸収ふくろ(1)に男性局部の先端から数センチを挿入し、支持固定帯(2)の接着材(7)を下着内側に圧着して支持固定する。適宜尿吸収後、新しい尿吸収ふくろと取り替える事により、軽失禁による数々の不快要素を解消する。
なお、放尿するときは、通常のとおり下着前開きから尿吸収ふくろ(1)を挿入したまま取り出した後、ふくろを外す。放尿後よく尿を振り落とす。残尿や尿切れの悪い人ほど素早く本発明に挿入して下着内に収める事により、下着に尿を漏らさない濡らさない効果が得られる。又、支持固定帯(2)の微伸縮素材の作用で、その着脱は簡単容易である。

図面の簡単な説明

0007

本発明の正面斜視図本発明の断面図本発明の使用状態を示す斜視図

符号の説明

0008

1尿吸収ふくろ
2支持固定帯
3肌側層
4吸水保水層
5防水層
6外側層
7 接着材

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 國枝武彦の「 医療用圧迫器具」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】患部への不必要な刺激を防ぎ、圧迫の強さを適切に調整可能な医療用圧迫器具を提供することを目的とする。【解決手段】医療用圧迫器具は、体の部位に巻き付くと共に、前記部位に対して一部開いた形状を形成す... 詳細

  • 大薮正子の「 下着」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】 本発明者は、被介護者が、大便処理にともなう不快感を覚えたり、便意を感じたときに看護師のような介護者を煩わせることを気にしたりすることがなくなればよいと感じている。そして、本発明者は、大便処... 詳細

  • 日本製紙クレシア株式会社の「 吸収性補助パッド」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】軟便の漏れを適切に防止することができる低コストの吸収性補助パッドを提供する。【解決手段】長手形状の吸収性本体11と吸収性本体11の短手方向Xの一方の側縁11aに設けられたフラップ部15とを備え... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ