図面 (/)

技術 DVDデータにアクセスするための方法

出願人 聯發科技股ふん有限公司
発明者 黄維宏
出願日 2005年6月15日 (15年8ヶ月経過) 出願番号 2005-174732
公開日 2005年11月17日 (15年3ヶ月経過) 公開番号 2005-322406
状態 特許登録済
技術分野 デジタル記録再生の信号処理 エラー検出又は訂正、試験
主要キーワード 読出しフラグ データ記憶構成 POデータ 外部コード アナログ信号プロセッサ 各時間毎 ウエハ構造 読出しヘッド
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2005年11月17日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (11)

課題

DVDデータへのアクセスに必要なメモリの量を削減し、再復号を選択的に行うことによりアクセス効率を高める。

解決手段

読出し信号を受信した場合、読み出されるべきデータセクタが読出し信号により見出される。データセクタが再読出しされており、かつデータセクタの誤り検出符号訂正されている場合、そのデータセクタはスキップされる。これとは逆に、データセクタが再読出しされていないか、あるいはデータセクタの誤り検出符号が誤っている場合、そのデータセクタにおいてルーチン処理が行われる。その後、データセクタがECCブロックの最後のセクタであるか否かが判定される。そのデータセクタが最後のセクタではない場合には、現在のデータセクタに続くデータセクタのデータが処理され、最後のデータセクタである場合には、再読込み状態解除される。

概要

背景

近年、CD−ROM記憶システムが、その応用及び技術においていずれも急速に発展してきている。動作速度に関しては、初期モデル標準(1倍速)速度から、現在のモデルはその50倍以上速い標準速度となっている。容量も650M(メガバイトから4G(ギガ)バイトまで増加してきている。今日では、DVDが重要な役割を果たしている。現在、DVD−ROMは4倍速に近づいてきている。CD−ROMの発展に応じて、非常に高速のDVD−ROMの予測も可能である。動作速度に加えて、DVD−ROMの性能はデータアクセス能力も含む。すなわちディスクスクラッチあるいは他の欠陥を含む場合にも、DVD−ROMはディスクのデータに正確にアクセスすることができる。

DVDデータにアクセスするための簡単な説明を以下において行う。

DVDでは、2048バイトの元のデータがデータセクタに格納される。図1は、データセクタにそれぞれデータを格納するためのフォーマットを示す。図1の例では、各データセクタは12のデータ行を備える。4バイトの長さを有するID102は、データセクタの順序に従って順次増加する数である。2バイトの長さを有する識別誤り検出符号IEDC: identification error detection code)104は、ID102のデータ保護として用いられる。6バイトの長さを有する著作権管理情報(CPR−MA1)は、著作権に関連するデータを格納するために用いられる。2048バイトの全数を有する主データが同様に図1に示される。ID102のスクランブル動作後、主データは順次主データセグメント108〜130に格納される。

主データセグメント108に160バイトのデータを格納し、かつ主データセグメント116に168バイトのデータを格納してさらに、110〜128の主データセグメントの残りはそれぞれ172バイトのデータを格納する。主データセグメント108〜130に格納されたこれらのデータの和は2048バイト(D0〜D2047)である。

したがって、図1の最後の行では、その行はデータセグメント130を有しており、4バイトの長さを有する誤り検出符号(EDC: error detection code)が存在する。この誤り検出符号118は、ID102、IEDC104、CPR−MA1106及び主データセグメント108〜130に格納された2060バイトのデータに応じて得られる。したがって、データセクタの全データ長は2064バイトである。

データセクタ内に格納されたデータを保護するために、DVDでは、16データセクタ、すなわち192のデータ行が、リードソロモン積符号(RSPC)に従ってECCブロックに符号化されたユニットとして取り扱われる。図2Aに示されるように、192行×172バイトのデータ、すなわちデータb0,0〜b191,171が、データセクタ内のデータのシーケンスに従ってアセンブルされる。図2Bを参照すると、各172データ列はそれぞれRSPCに従ってRS(208,192,17)により符号化され、それにより16バイト長外部コードパリティ(PO)が、16列のPOデータb192,0〜b207,171として各列に加えられる。

POデータを生成した後の、データの全セクタが図2Cに示される。全セクタは、208のデータ行を含み、各データ行は、各列内に10バイト長、すなわちデータb0,172〜b0,181からデータb207,172〜b207,181を有する内部コードパリティ(PI)データを加えるためにRS(182,172,11)により符号化される。加えられたPIデータは208行×10バイトのデータを含む。こうしてECCブロックがアセンブルされる。

図2Dは、DVDディスクデータ記憶構成を示す。図に示されるように、各データセクタの最後には、POデータのセグメントが加えられ、一方PIデータはデータセクタの各行の直ぐ後に加えられる。例えば0番目のデータセクタ210の12行それぞれの後に、10バイトのPIデータが加えられる。0番目のデータセクタ210の後及び第1のデータセクタ220の前には、PO0データ215が加えられる。第2のセクタから15番目のセクタ240まで、第1のセクタ220と同様である。

図3AはDVDのデータにアクセスするための構造を示しており、図3BはDVDのデータにアクセスするためのフローチャートを示す。図3Aでは、読出しヘッド311によりディスク310から読み出されたアナログ信号が、アナログ信号プロセッサ312によりデジタルFMデータ313に変換される。EFMPLU復調器314により復調されると、EFMデータ313は、複数バイト一単位を構成する行データ315になる。行データ315のIDに従って、行データインタフェース316は、メモリコントローラの制御下でメモリ321に必要なセクタデータを格納する。行データインタフェース316によりメモリ321に格納されたデータはECCブロックとしてアセンブルされることができるが、RSPC復号器317は、エラーデータ訂正するように、メモリコントローラ320を介してメモリ321に格納されたデータにアクセスしてPIデータ及びPOデータを復号化する。

RSPC復号器317がECCブロック内のPI及びPOデータの復号化をそれぞれ終了した時点で、誤り検出符号プロセッサ318がメモリコントローラ320を介してメモリ321に格納されたデータにアクセスする。ECCブロックの16データセクタの各セクタにおいて誤り検出符号が計算される。全ての誤り検出符号が正しい場合には、ホストインタフェース319がスクランブルを外し、主データをホスト322に送出する。16の誤り検出符号のいずれかが誤っている場合には、2通りの処理方法がある。1つは再度RSPC復号器317によりPI及びPOデータの復号化を繰返し、その後全ての誤り検出符号が正しくなるまで、EDCプロセッサ318により新しい誤り検出符号を再計算することである。もう1つの方法は、読出しヘッド311によりディスク310を再度読出すことによりECCブロックにアクセスすることである。同じフローを通して、全ての誤り検出符号が正しくなるまで、誤り検出符号が再計算される。

上記記載に従って、メモリ321に対するアクセス時間が、図3Bのフローチャートから得られるようになる。ステップS330において、EFMPLUS復調を実行した後に、必要とされるシーケンシャルステップは、ステップ331において行データインタフェース316によりデータをメモリに321に書込む過程と、ステップS332及びS333においてRSPC復号器317を用いてPIデータ及びPOデータを復号化し、訂正を実行する過程と、ステップS334において誤り検出符号を計算する過程と、ステップS335においてデータをホスト322に送出する過程とを有する。こうしてメモリ321にアクセスするためのステップは、ステップ331においてメモリ321に書込む過程と、ステップS332、S333、S334及びS335においてメモリを読出す過程と、ステップS332及びS333においてメモリを訂正する過程とを有する。

したがって、データの流れに対する計算は以下のように表すことができる。

ECCブロックにおいてそれぞれ読出しを行う時点で、(192+16)×(172+10)=38038バイトの全量がメモリに(図2Cに示されるように)書込まれることになる。

ステップS332では、PIデータを復号化すると共に、(192+16)×(172+10)=38038バイトの量が読み出されることになる。

ステップS333では、POデータを復号化すると共に、(192+16)×172=35776バイトの量が読み出されることになる。

ステップS334では、誤り検出符号を計算すると共に、16データセクタが読み出されることになる。各データセクタは2064バイトからなり、そのため全量は16×2064=33024バイトである。

ステップS335においてホスト322にデータを送出する際に、必要な量のデータは16×2048=32768バイトである。

ステップS332及びS333では、PIデータ及びPOデータの訂正のためにアクセスされるメモリを無視できるので、その量は計算されない。

上記計算に従って、ホストが16×2048(すなわち32768)バイトのデータを得る際に、メモリの少なくとも177624バイトがアクセスされる。DVD仕様の定義により、DVDのデータ転送のための標準速度は、1.385Mバイト/秒である。すなわち標準速度の場合、メモリに対するデータアクセス量は1.385×177624/32768=7.507Mバイト/秒である。したがって、DVDが12倍速に近づく際に、データアクセス速度は90Mバイト/秒であり、16倍速の場合には120Mバイト/秒である。

概要

DVDデータへのアクセスに必要なメモリの量を削減し、再復号を選択的に行うことによりアクセス効率を高める。読出し信号を受信した場合、読み出されるべきデータセクタが読出し信号により見出される。データセクタが再読出しされており、かつデータセクタの誤り検出符号が訂正されている場合、そのデータセクタはスキップされる。これとは逆に、データセクタが再読出しされていないか、あるいはデータセクタの誤り検出符号が誤っている場合、そのデータセクタにおいてルーチン処理が行われる。その後、データセクタがECCブロックの最後のセクタであるか否かが判定される。そのデータセクタが最後のセクタではない場合には、現在のデータセクタに続くデータセクタのデータが処理され、最後のデータセクタである場合には、再読込み状態解除される。

目的

本発明はDVDのデータにアクセスするための方法を提供する。データにアクセスするために必要とされるメモリの全体量が低減される。さらに、部分的に再復号することにより、データアクセスの効率を高められる。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

DVDデータアクセスするための方法であって、読出し信号を受信する過程と、前記読出し信号に従って読み出されるべきデータセクタを見出し、前記データセクタが再読出しされており、かつ前記データセクタの誤り検出符号が正しい場合には、前記データセクタをスキップする過程と、前記データセクタが再読出しされていない場合、あるいは前記誤り検出符号が誤っている場合には、前記データセクタを読出し、かつ前記データセクタにおいてルーチン処理を実行する過程と、前記データセクタをスキップした後、あるいは前記ルーチン処理の後、前記データセクタが現在読み出されたECCブロックの最後のセクタであるか否かを判定する過程と、前記データセクタが前記最後のセクタでない場合には、後続するデータセクタのデータを継続して処理する過程と、前記データセクタが前記最後のセクタである場合には、前記再読出しされている状態を解除する過程と、を有することを特徴とするDVDデータにアクセスするための方法。

請求項2

前記読出し信号が読み出されるべき前記データセクタのIDと、データを読出す前記過程が前記誤り検出符号の誤りにより発生するか否かを判定するための再読出しフラグとを有することを特徴とする請求項1に記載のDVDデータにアクセスするための方法。

請求項3

前記再読出し過程を行うか否かが、前記再読出しフラグにおいて判定されることを特徴とする請求項1に記載のDVDデータにアクセスするための方法。

請求項4

前記誤り検出符号が誤っている場合、RSPC復号器により外部コードパリティ復号化を実行して、前記誤り検出符号を訂正することを特徴とする請求項1に記載のDVDデータにアクセスするための方法。

技術分野

0001

本発明は、全般的にはDVD装置及びその動作方法に関する。より詳細には、本発明はDVDデータアクセスするための方法に関する。

背景技術

0002

近年、CD−ROM記憶システムが、その応用及び技術においていずれも急速に発展してきている。動作速度に関しては、初期モデル標準(1倍速)速度から、現在のモデルはその50倍以上速い標準速度となっている。容量も650M(メガバイトから4G(ギガ)バイトまで増加してきている。今日では、DVDが重要な役割を果たしている。現在、DVD−ROMは4倍速に近づいてきている。CD−ROMの発展に応じて、非常に高速のDVD−ROMの予測も可能である。動作速度に加えて、DVD−ROMの性能はデータアクセス能力も含む。すなわちディスクスクラッチあるいは他の欠陥を含む場合にも、DVD−ROMはディスクのデータに正確にアクセスすることができる。

0003

DVDデータにアクセスするための簡単な説明を以下において行う。

0004

DVDでは、2048バイトの元のデータがデータセクタに格納される。図1は、データセクタにそれぞれデータを格納するためのフォーマットを示す。図1の例では、各データセクタは12のデータ行を備える。4バイトの長さを有するID102は、データセクタの順序に従って順次増加する数である。2バイトの長さを有する識別誤り検出符号IEDC: identification error detection code)104は、ID102のデータ保護として用いられる。6バイトの長さを有する著作権管理情報(CPR−MA1)は、著作権に関連するデータを格納するために用いられる。2048バイトの全数を有する主データが同様に図1に示される。ID102のスクランブル動作後、主データは順次主データセグメント108〜130に格納される。

0005

主データセグメント108に160バイトのデータを格納し、かつ主データセグメント116に168バイトのデータを格納してさらに、110〜128の主データセグメントの残りはそれぞれ172バイトのデータを格納する。主データセグメント108〜130に格納されたこれらのデータの和は2048バイト(D0〜D2047)である。

0006

したがって、図1の最後の行では、その行はデータセグメント130を有しており、4バイトの長さを有する誤り検出符号(EDC: error detection code)が存在する。この誤り検出符号118は、ID102、IEDC104、CPR−MA1106及び主データセグメント108〜130に格納された2060バイトのデータに応じて得られる。したがって、データセクタの全データ長は2064バイトである。

0007

データセクタ内に格納されたデータを保護するために、DVDでは、16データセクタ、すなわち192のデータ行が、リードソロモン積符号(RSPC)に従ってECCブロックに符号化されたユニットとして取り扱われる。図2Aに示されるように、192行×172バイトのデータ、すなわちデータb0,0〜b191,171が、データセクタ内のデータのシーケンスに従ってアセンブルされる。図2Bを参照すると、各172データ列はそれぞれRSPCに従ってRS(208,192,17)により符号化され、それにより16バイト長外部コードパリティ(PO)が、16列のPOデータb192,0〜b207,171として各列に加えられる。

0008

POデータを生成した後の、データの全セクタ図2Cに示される。全セクタは、208のデータ行を含み、各データ行は、各列内に10バイト長、すなわちデータb0,172〜b0,181からデータb207,172〜b207,181を有する内部コードパリティ(PI)データを加えるためにRS(182,172,11)により符号化される。加えられたPIデータは208行×10バイトのデータを含む。こうしてECCブロックがアセンブルされる。

0009

図2Dは、DVDディスクデータ記憶構成を示す。図に示されるように、各データセクタの最後には、POデータのセグメントが加えられ、一方PIデータはデータセクタの各行の直ぐ後に加えられる。例えば0番目のデータセクタ210の12行それぞれの後に、10バイトのPIデータが加えられる。0番目のデータセクタ210の後及び第1のデータセクタ220の前には、PO0データ215が加えられる。第2のセクタから15番目のセクタ240まで、第1のセクタ220と同様である。

0010

図3AはDVDのデータにアクセスするための構造を示しており、図3BはDVDのデータにアクセスするためのフローチャートを示す。図3Aでは、読出しヘッド311によりディスク310から読み出されたアナログ信号が、アナログ信号プロセッサ312によりデジタルFMデータ313に変換される。EFMPLU復調器314により復調されると、EFMデータ313は、複数バイト一単位を構成する行データ315になる。行データ315のIDに従って、行データインタフェース316は、メモリコントローラの制御下でメモリ321に必要なセクタデータを格納する。行データインタフェース316によりメモリ321に格納されたデータはECCブロックとしてアセンブルされることができるが、RSPC復号器317は、エラーデータ訂正するように、メモリコントローラ320を介してメモリ321に格納されたデータにアクセスしてPIデータ及びPOデータを復号化する。

0011

RSPC復号器317がECCブロック内のPI及びPOデータの復号化をそれぞれ終了した時点で、誤り検出符号プロセッサ318がメモリコントローラ320を介してメモリ321に格納されたデータにアクセスする。ECCブロックの16データセクタの各セクタにおいて誤り検出符号が計算される。全ての誤り検出符号が正しい場合には、ホストインタフェース319がスクランブルを外し、主データをホスト322に送出する。16の誤り検出符号のいずれかが誤っている場合には、2通りの処理方法がある。1つは再度RSPC復号器317によりPI及びPOデータの復号化を繰返し、その後全ての誤り検出符号が正しくなるまで、EDCプロセッサ318により新しい誤り検出符号を再計算することである。もう1つの方法は、読出しヘッド311によりディスク310を再度読出すことによりECCブロックにアクセスすることである。同じフローを通して、全ての誤り検出符号が正しくなるまで、誤り検出符号が再計算される。

0012

上記記載に従って、メモリ321に対するアクセス時間が、図3Bのフローチャートから得られるようになる。ステップS330において、EFMPLUS復調を実行した後に、必要とされるシーケンシャルステップは、ステップ331において行データインタフェース316によりデータをメモリに321に書込む過程と、ステップS332及びS333においてRSPC復号器317を用いてPIデータ及びPOデータを復号化し、訂正を実行する過程と、ステップS334において誤り検出符号を計算する過程と、ステップS335においてデータをホスト322に送出する過程とを有する。こうしてメモリ321にアクセスするためのステップは、ステップ331においてメモリ321に書込む過程と、ステップS332、S333、S334及びS335においてメモリを読出す過程と、ステップS332及びS333においてメモリを訂正する過程とを有する。

0013

したがって、データの流れに対する計算は以下のように表すことができる。

0014

ECCブロックにおいてそれぞれ読出しを行う時点で、(192+16)×(172+10)=38038バイトの全量がメモリに(図2Cに示されるように)書込まれることになる。

0015

ステップS332では、PIデータを復号化すると共に、(192+16)×(172+10)=38038バイトの量が読み出されることになる。

0016

ステップS333では、POデータを復号化すると共に、(192+16)×172=35776バイトの量が読み出されることになる。

0017

ステップS334では、誤り検出符号を計算すると共に、16データセクタが読み出されることになる。各データセクタは2064バイトからなり、そのため全量は16×2064=33024バイトである。

0018

ステップS335においてホスト322にデータを送出する際に、必要な量のデータは16×2048=32768バイトである。

0019

ステップS332及びS333では、PIデータ及びPOデータの訂正のためにアクセスされるメモリを無視できるので、その量は計算されない。

0020

上記計算に従って、ホストが16×2048(すなわち32768)バイトのデータを得る際に、メモリの少なくとも177624バイトがアクセスされる。DVD仕様の定義により、DVDのデータ転送のための標準速度は、1.385Mバイト/秒である。すなわち標準速度の場合、メモリに対するデータアクセス量は1.385×177624/32768=7.507Mバイト/秒である。したがって、DVDが12倍速に近づく際に、データアクセス速度は90Mバイト/秒であり、16倍速の場合には120Mバイト/秒である。

発明が解決しようとする課題

0021

DVDの設計に関して、16ビット長データバスを有するメモリが、図3Aに示されるようなメモリ321として用いられる。データバスの長さは16ビットであり、そのため各時間毎に2バイトがアクセスされる。さらにSDRAMの場合、各組メモリデータにアクセスする間に、クロックサイクルを超えなければならない。したがって、16倍速DVD−ROMの場合、従来の設計に従えば、120MHzのSDRAMが必要となる。メモリの周波数がより高くなれば、コストが上昇し、電力消費が大きくなる。さらに信号が高周波数になると、システム設計の難しさが増す。

0022

したがって、DVDのデータにアクセスするための従来の設計では、以下の欠点を有する。
1.メモリに対するアクセス量が大きく、DVDのデータにアクセスするための速度に影響を与える。高周波数の装置が必要となるので、コストが増加し、電力消費の上昇を招く。さらに設計が難しい。
2.復号中に誤り検出符号の誤りを訂正するための方法が、再読込みすることにより多量のリソース消費する。再読込み手順のために、DVDのデータにアクセスするための全体的な速度も低下する。したがって、高速度に関する要件満足することができない。

0023

本発明はDVDのデータにアクセスするための方法を提供する。データにアクセスするために必要とされるメモリの全体量が低減される。さらに、部分的に再復号することにより、データアクセスの効率を高められる。

課題を解決するための手段

0024

本発明はDVDデータにアクセスするための方法を提供する。DVDの読出し装置読出しコマンドを待つ。読出し信号を受信した場合、読み出されるべきデータセクタが読出し信号により見出される。データセクタが再読出しされており、かつデータセクタの誤り検出符号が訂正されている場合、そのデータセクタはスキップされる。これとは逆に、データセクタが再読出しされていないか、あるいはデータセクタの誤り検出符号が誤っている場合、そのデータセクタにおいてルーチン処理が行われる。

0025

データセクタをスキップした後、あるいはルーチン処理の後、データセクタがECCブロックの最後のセクタであるか否かが判定される。そのデータセクタが最後のセクタではない場合には、現在のデータセクタに続くデータセクタのデータが処理される。そのデータセクタが最後のデータセクタである場合には、再読込み状態解除される。

0026

上記記載から、バッファを加えることにより、メモリのデータにアクセスするために必要とされるデータの量は低減される。したがって、DVDデータは下側動作周波数でアクセスされるようになる。さらに、本発明は、誤りを有するデータセクタのみを復号化し、その結果データアクセスの効率が高められる。

0027

本発明によるDVDのデータにアクセスするための方法を実施するための装置は、行データインタフェース、行データバッファ、内部コードパリティ復号器、誤り検出符号発生器及び誤り検出符号ファイルを備える。行データインタフェースは行データをデータ記憶セクションに格納するために用いられる。行データバッファは、行データインタフェースからの行データを格納するものである。さらに行データバッファ内の行データが内部コードパリティ符号としてアセンブルされることが可能である場合、内部コードパリティ復号器は内部コードパリティ符号を復号化し、内部コード復号化データを生成するようにする。内部コード復号化データが誤り検出符号を生成するために必要とされるデータである場合、内部コード復号化データは、誤り検出符号を生成するための誤り検出符号発生器に送出される。

0028

さらに、誤り検出符号発生器が内部コード復号化データを受信した後に、かつ誤り検出符号を計算した後に、誤り検出符号がメモリに格納される。誤り検出符号ファイルは、メモリ内に格納された誤り検出符号を記録し、誤りが生じる場合に、誤り検出符号ファイル内の誤り検出符号を訂正する。

0029

上記の全般的な記載及び以下の詳細な記載のいずれについても、例示及び説明にのみ役立つものであり、本発明を制限するものではない。

発明の効果

0030

本発明は少なくとも、メモリにアクセスするために必要とされるデータ量が低減されるという利点を有する。

0031

したがって、DVDのデータアクセス速度は、低い動作速度で実行することが可能になる。

0032

さらに、DVDデータにアクセスするための本発明の方法は、誤った部分のみを復号化する方法に変更され、それによりデータアクセスの効率が高められる。

発明を実施するための最良の形態

0033

図4Aは本発明によるDVDデータにアクセスするためのハードウエハ構造の実施の形態を示す。

0034

図4Aでは、読出しヘッド411によりディスク410から読み出されたアナログ信号が、アナログ信号プロセッサ412によりデジタルEFMデータ413に変換される。EFMデータはEFMPLUS復調器414により複数バイトで一単位を構成する行データ415に復調される。

0035

行データ415は、行データインタフェース及び第1の内部コードパリティ復号器416を介して行バッファ418に格納される。行バッファ418に格納されたデータが1組の内部コードパリティにアセンブルされることが可能な場合、内部コードパリティ復号化動作が、行データインタフェース及び第1の内部コードパリティ復号器416によりその組のデータにおいて実行される。1組の内部コードデータはこの復号化ステップにより得られる。その組の内部コードデータはメモリ421に格納される。

0036

その組の内部コードデータがメモリ421に格納される際に、その組の内部コード復号化データが誤り検出符号を生成するために必要とされるデータである場合には、その組の内部コード復号化データも誤り検出符号(EDC)発生器417に送出される。こうしてそのデータセクタの誤り検出符号が生成される。全データセクタのデータがメモリ421にそれぞれ格納される時点で、誤り検出符号発生器417により生成される誤り検出符号もメモリ421に格納され、RSPC復号器426により用いられる。

0037

メモリ421に格納されたデータが、メモリコントローラ420により制御され、完全なデータブロックとしてアセンブルされることが可能な場合、RSPC復号器426は、行データインタフェース及び第1の内部コードパリティ復号器416により処理される16データセクタの誤り検出符号をメモリ421から読み出す。誤り検出符号(EDC)プロセッサ424により、これらの誤り検出符号は誤り検出符号(EDC)ファイル422に格納される。

0038

その後、RSPC復号器426が、外部コードパリティデータのうちの任意のデータを読み出し、外部コードパリティ復号化を実行する。外部コードパリティ復号化のステップにおいて誤りが発生する場合、メモリ421に格納されたデータはリフレッシュされる。

0039

さらに、米国特許出願第08/823423号に開示される誤り訂正の結果を本明細書の一部としており、誤り検出符号(EDC)ファイル422に対応するデータセクタの誤り検出符号が訂正される。

0040

RSPC復号器426により全ての外部コードパリティを復号化した後、ホストインタフェース428は、16データセクタに対応する誤り検出符号ファイル422の誤り検出符号が正しいか否かを検査する。誤り検出符号が正しい場合には、メモリ421に格納されたデータがホスト430に送出される。

0041

図4Bを参照すると、DVDデータにアクセスするための方法のフローチャートが示される。その方法は以下に図4A及び図4Bの両方を参照して説明する。読み出された後に、EFMデータは、ステップS470においてEFMPLUS復調器414により行データ415に復調される。ステップS472では、行データインタフェース及び第1の内部コードパリティ復号器416が行データバッファ418にその行データ415を書き込む。ステップS474では、行データが行データバッファ418から読み出される。行データインタフェース及び第1の内部コードパリティ復号器416において内部コードパリティ復号化を実行した後に、内部コード復号化データが得られる。

0042

ステップS476では、内部コード復号化データを取得した後に、誤り検出符号が誤り検出符号発生器417により計算される。その後そのデータはメモリ421に格納される。ステップS478では、メモリ421に格納されたデータがその際読み出され、その後RSPC復号器426により外部コードパリティ復号化が行われ、メモリ421のデータ及び誤り検出符号ファイル422の誤り検出符号において訂正が実行される。ステップS480では、訂正後、その訂正されたデータがホスト430に送出される。

0043

ECCブロックのメモリに対するデータアクセスの量は以下のように計算される。

0044

ステップS476では、メモリに書き込まれたデータは38038バイト+16×4バイト(誤り検出符号がそれぞれ4バイトを有する)を含む。全体として、メモリに書き込まれるデータ長は38028+64=38092バイトである。

0045

ステップS478では、外部コードパリティ復号化のために読み出す必要があるアクセスデータは172×208=35776バイトである。

0046

ステップS480では、ホストにデータを送出するためにアクセスする必要があるデータは、16×2048=32768バイトである。

0047

こうして、各ECCブロックに対して、アクセスされるために必要とされるデータは、38092+35776+32768=106636バイト長である。従来の構造と比較すると、データフローの60%しか使用していない。したがって、従来の構造を用いる16倍速DVDの場合、120MHzのSDRAMが必要とされるが、本発明により提供される構造では、72MHzのSDRAMを使用するのみである。

0048

行データバッファ418及び誤り検出符号ファイル422の大きさは注記するに値する。16組の誤り検出符号のみが誤り検出符号ファイル422に格納されるため、64バイトのみしか必要としない。内部コードパリティ復号化手順の間に、行データが連続して確実に転送されるためには、364バイトの2つの内部コードパリティ符号のための空間が必要とされる。この2つの領域は大きくないため、SRAMをDVD集積回路に組み込むことにより達成することができる。

0049

図5は本発明によるDVDデータにアクセスするための方法のフローチャートを示す。

0050

ステップS500において、コマンドを読み出す場合にのみそのフローは開始する。読出し信号は、最初に読み出されるはずのデータセクタのIDのようなデータを含む。誤り検出符号の誤りに起因するデータ読出しのための繰返し読出しフラグがあるか否かも含まれる。

0051

ステップS505では、読出し信号に従って、読み出されるべきデータセクタが見出される。実施の形態では、現在読み出されたデータが必要とされたデータか否かが、行データインタフェースからの行データにより判定される。その行データが読み出されるべきデータセクタのIDと同じである場合、その読出しデータセクタが必要とされたセクタであるか否かが判定される。

0052

読出しデータセクタが再読出しされており、かつ現在読み出されたデータセクタの誤り検出符号が正しい場合には、ステップS520により制御されて、現在読出しデータセクタがスキップされる。現在読出しデータセクタが再読出しされていない場合、あるいは誤り検出符号が誤っている場合には、ステップS515における制御により、そのデータセクタが読み出され、現在の読出しデータセクタにおいてルーチン処理が行われる。いわゆる「ルーチン処理」は、データをメモリに書き込み、そのデータをホストに送出するための手順である。

0053

ステップS520では、現在読み出されたデータセクタがスキップされるか、あるいはルーチン処理が実行されるステップS515の後、ステップS525において、読出しデータセクタがECCブロックの最後のセクタであるか否かが判定される。すなわち、読出しデータセクタを表すIDのフラグが15であるか否かが判定される(各ECCブロックはID0〜15の16データセクタを含む)。

0054

最後のセクタでない場合には、ステップS535においてフラグに1が加算される。このデータセクタに後続するデータセクタは処理されることになる。

0055

これに対して、ECCブロックの最後のセクタである場合には、読み出される後続データは、別のECCブロックのデータであることを示す。こうしてステップS535では、フラグは0として設定され、次のECCブロックのデータにアクセスする。

0056

RSPC復号化ステップを実行する場合、以前のRSPC復号化ステップにおいて正しかったデータを訂正するのを避けるために、各外部コードパリティ復号化後に誤りが発生し、その誤りが図2Aに示されるようなデータセクタで発生する場合には、その結果は信頼性がないものとして取り扱われる。その復号化結果は、いかなる訂正をも実行することなく破棄されなければならない。

0057

本発明の他の実施の形態は、ここで開示された本発明の仕様及び実施の形態を考察することにより当業者には明らかになるであろう。本発明の仕様及び実施の形態は、例示としてのみ考慮されるべきであり、本発明の正確な範囲及び精神は、添付する特許請求の範囲により示されるものである。

図面の簡単な説明

0058

各データセクタのデータ記憶のフォーマットを示す図である。
ECCブロックのデータ形成プロセスを示す図である。
ECCブロックのデータ形成プロセスを示す図である。
ECCブロックのデータ形成プロセスを示す図である。
ECCブロックのデータ形成プロセスを示す図である。
DVDデータにアクセスするための従来のハードウエア構造を示す図である。
DVDデータにアクセスし、かつそれを復号化するためのフローチャートである。
本発明の実施の形態におけるDVDデータにアクセスするためのハードウエア構造を示す図である。
図4Aに示されるハードウエア構造を用いてDVDにアクセスするプロセスを示すフローチャートである。
DVDデータにアクセスするための方法のフローチャートである。

符号の説明

0059

102 ID
104IEDC
106 CPR−MA1
108主データ160バイト
110〜130 主データ172バイト
132誤り検出符号
210,220,230,240セクタ
215,225,235,245POデータ
310ディスク
311読出しヘッド
312アナログ信号プロセッサ
313 EFMデータ
314 EFMPLUS復調器
315 行データ
316行データインタフェース
317 RSPC復号器
318 EDCプロセッサ
319ホストインタフェース
320メモリコントローラ
321メモリ
322 ホスト
410 ディスク
411 読出しヘッド
412 アナログ信号プロセッサ
413 EFMデータ
414 EFMPLUS復調器
415 行データ
416 行データインタフェース及び第1のPI復号器
417 誤り検出符号(EDC)発生器
418 行データバッファ
420 メモリコントローラ
421 メモリ
422 誤り検出符号(EDC)ファイル
424 誤り検出符号(EDC)プロセッサ
426 RSPC復号器
428 ホストインタフェース
430 ホスト

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • キヤノン株式会社の「 時限メディアデータを生成する方法、装置、およびコンピュータプログラム」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題・解決手段】時限メディアデータを生成するための装置および方法が提供され、時限メディアデータはサンプルを含み、方法は、時限メディアデータのサンプルを取得し、取得されたサンプルの少なくとも1つの少な... 詳細

  • 株式会社デンソーの「 車載制御システム」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題】ユーザに違和感を与えにくい車載制御システムを提供する。【解決手段】車両Cの乗員に向けた視聴覚情報を出力するスピーカ5と、スピーカ5に視聴覚情報を出力させるための再生信号を生成するDSP3とを備... 詳細

  • 森田良明の「 音声処理装置および音声処理方法」が 公開されました。( 2020/12/10)

    【課題】デジタル音声データによる再生音を効果的に改質することができる音声処理装置および音声処理方法を得る。【解決手段】取得部11により、デジタル音声データを取得し、処理部12により、取得部11によって... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ