図面 (/)

技術 微粉末回収装置

出願人 古河機械金属株式会社CorsoIdea株式会社
発明者 林元和智竹島克哉加藤正人鈴木孝司長門貴
出願日 2004年4月20日 (16年10ヶ月経過) 出願番号 2004-124672
公開日 2005年11月4日 (15年3ヶ月経過) 公開番号 2005-305278
状態 特許登録済
技術分野 固体相互の分離 ガス中の分散粒子の濾過
主要キーワード エアマニホールド 内部気圧 回収ホッパー 衝撃振動 半径方向外周側 粉砕作業 エアバルブ パルスジェット
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2005年11月4日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (3)

課題

ホッパー内の気圧を急激に変動させずに微粉末の払い落としを行い、微粉末製造装置微粉砕機気流に悪影響を及ぼさないようにして、操業条件が不安定になるのを防止する。

解決手段

微粉砕機で原料微粉砕気流分級して微粉末を製造する気流分級式の微粉末製造装置の微粉末回収装置10に、内部気圧の変化で変形可能な濾過材で外周を構成した微粉末の回収ホッパー12L、12Rを複数基設けると共に、微粉砕機から各回収ホッパー12L、12Rへの気流の供給を所定時間ごと切替える切替バルブ14L、14Rを設ける。

概要

背景

従来、微粉砕機農産物鉱物等の各種原料微粉砕気流分級して微粉末を製造する気流分級式微粉末製造装置において、微粉末を含む気流中から微粉末を分離回収するために用いられている微粉末回収装置の代表的なものとしては、パルスジェット式のバグフィルターがある。
パルスジェット式のバグフィルターは、外周がステンレススチール等の金属製のホッパー内に籠状フィルターエレメント円筒状の濾布を収容し、ホッパーの所定位置に設けられた流入口から流入する微粉末を含む気流中から微粉末をフィルターエレメントや濾布に付着させて分離し、微粉末が除去された空気は排出口から大気中へ排出する。

フィルターエレメントや濾布に付着した微粉末は、高圧空気ノズルからフィルターエレメントや濾布にパルスジェットとして吹きつけ、フィルターエレメントや濾布に高圧空気を通過させると共に衝撃振動を与えることにより強制的に払い落とし、ホッパー底部に設けたバルブから取出し、製品として回収する。(特許文献1参照)。
ところが、パルスジェット式のバグフィルターは、高圧空気の発生装置エアマニホールドエアバルブ、ノズル等の機器が必要で大がかりな装置となるうえ、パルスジェットによる微粉末の払い落としの際に、ホッパー内の気圧が急激に変動するため、微粉末製造装置の微粉砕機の気流に大きな影響を及ぼし、操業条件を不安定にする。

また、このような微粉末製造装置では、粉砕作業終了後に微粉砕機内の清掃を行う必要がある。清掃は、粉砕作業を終了する際に、吸引ファンの回転はそのままで原料の供給を停止し、次に微粉砕機の回転翼回転数を徐々に落としながら圧気を導入するという手順で行う。
このときに排出される微粉末は、完全には粉砕されていないものを含むので、ホッパーに回収され製品に混入すると、製品の品質が低下するという問題がある。
実開平6−85016号公報

概要

ホッパー内の気圧を急激に変動させずに微粉末の払い落としを行い、微粉末製造装置の微粉砕機の気流に悪影響を及ぼさないようにして、操業条件が不安定になるのを防止する。 微粉砕機で原料を微粉砕し気流分級して微粉末を製造する気流分級式の微粉末製造装置の微粉末回収装置10に、内部気圧の変化で変形可能な濾過材で外周を構成した微粉末の回収ホッパー12L、12Rを複数基設けると共に、微粉砕機から各回収ホッパー12L、12Rへの気流の供給を所定時間ごと切替える切替バルブ14L、14Rを設ける。

目的

本発明は、従来の微粉末回収装置における上記問題を解決するものであって、ホッパー内の気圧を急激に変動させることなく微粉末の払い落としを行うことができ、微粉末製造装置の微粉砕機の気流に悪影響を及ぼして操業条件を不安定にすることのない、微粉末回収装置を提供することを目的とする。また、製品の品質を低下させることなく微粉砕機内の清掃を容易に行えるようにする微粉末回収装置を提供することを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

微粉砕機原料微粉砕気流分級して微粉末を製造する気流分級式微粉末製造装置微粉末回収装置であって、内部気圧の変化で変形可能な濾過材で外周を構成した微粉末の回収ホッパーを複数基設けると共に、微粉砕機から各回収ホッパーへの気流の供給を所定時間ごと切替える切替バルブを設けたことを特徴とする微粉末回収装置。

請求項2

切替バルブが、回収ホッパーへの気流の供給を切替える際、気流の供給を中止する回収ホッパーへ、気流を短時間断続的に供給することを特徴とする請求項1記載の微粉末回収装置。

請求項3

切替バルブが、微粉砕機内の清掃を行う前に回収ホッパーへの気流の供給を切替えることを特徴とする請求項1又は請求項2記載の微粉末回収装置。

技術分野

0001

本発明は、微粉砕機農産物鉱物等の各種原料微粉砕気流分級して微粉末を製造する気流分級式微粉末製造装置において、気流中の微粉末を回収するために用いられる微粉末回収装置に関するものである。

背景技術

0002

従来、微粉砕機で農産物や鉱物等の各種原料を微粉砕し気流分級して微粉末を製造する気流分級式の微粉末製造装置において、微粉末を含む気流中から微粉末を分離回収するために用いられている微粉末回収装置の代表的なものとしては、パルスジェット式のバグフィルターがある。
パルスジェット式のバグフィルターは、外周がステンレススチール等の金属製のホッパー内に籠状フィルターエレメント円筒状の濾布を収容し、ホッパーの所定位置に設けられた流入口から流入する微粉末を含む気流中から微粉末をフィルターエレメントや濾布に付着させて分離し、微粉末が除去された空気は排出口から大気中へ排出する。

0003

フィルターエレメントや濾布に付着した微粉末は、高圧空気ノズルからフィルターエレメントや濾布にパルスジェットとして吹きつけ、フィルターエレメントや濾布に高圧空気を通過させると共に衝撃振動を与えることにより強制的に払い落とし、ホッパー底部に設けたバルブから取出し、製品として回収する。(特許文献1参照)。
ところが、パルスジェット式のバグフィルターは、高圧空気の発生装置エアマニホールドエアバルブ、ノズル等の機器が必要で大がかりな装置となるうえ、パルスジェットによる微粉末の払い落としの際に、ホッパー内の気圧が急激に変動するため、微粉末製造装置の微粉砕機の気流に大きな影響を及ぼし、操業条件を不安定にする。

0004

また、このような微粉末製造装置では、粉砕作業終了後に微粉砕機内の清掃を行う必要がある。清掃は、粉砕作業を終了する際に、吸引ファンの回転はそのままで原料の供給を停止し、次に微粉砕機の回転翼回転数を徐々に落としながら圧気を導入するという手順で行う。
このときに排出される微粉末は、完全には粉砕されていないものを含むので、ホッパーに回収され製品に混入すると、製品の品質が低下するという問題がある。
実開平6−85016号公報

発明が解決しようとする課題

0005

本発明は、従来の微粉末回収装置における上記問題を解決するものであって、ホッパー内の気圧を急激に変動させることなく微粉末の払い落としを行うことができ、微粉末製造装置の微粉砕機の気流に悪影響を及ぼして操業条件を不安定にすることのない、微粉末回収装置を提供することを目的とする。また、製品の品質を低下させることなく微粉砕機内の清掃を容易に行えるようにする微粉末回収装置を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0006

本発明の微粉末回収装置は、微粉砕機で原料を微粉砕し気流分級して微粉末を製造する気流分級式の微粉末製造装置の微粉末回収装置であって、内部気圧の変化で変形可能な濾過材で外周を構成した微粉末の回収ホッパーを複数基設けると共に、微粉砕機から各回収ホッパーへの気流の供給を所定時間ごと切替える切替バルブを設けることにより上記課題を解決している。

0007

濾過材としては、柔軟な濾布や防水透湿性シート等が用いられる。
この微粉末回収装置では、各回収ホッパーへの気流の供給は、切替バルブによって所定時間ごとに切替えられる。気流が供給されている回収ホッパーでは、内部気圧が高くなって外周が膨らむ。空気は外部へ排出され微粉末は分離捕集される。
気流の供給が中止された回収ホッパーでは、回収ホッパーの内部気圧が低下し外周が収縮変形するので、付着していた微粉末は剥離して底部へ落下する。底部に落下した微粉末は取出バルブを開いて取出し、製品として回収する。

0008

ホッパー内の気圧を急激に変動させることなく微粉末の払い落としを行うことができるので、微粉砕機の気流に悪影響を及ぼして操業条件を不安定にすることはない。
切替バルブが、回収ホッパーへの気流の供給を切替える際、気流の供給を中止する回収ホッパーへ、気流を短時間断続的に供給すると、回収ホッパーの外周の膨らみと収縮が繰り返して行われるので、微粉末の払い落としがより効果的に行われる。
また、微粉砕機内の清掃を行う前に、切替バルブが回収ホッパーへの気流の供給を切替えれば、清掃のときに排出される、完全には粉砕されていないものを含む低品質の微粉末は製品に混入せず、製品の捕集されていたものと異なる回収ホッパーで捕集し分別回収できるので、製品の品質の低下が防止される。

発明の効果

0009

本発明の微粉末回収装置は、ホッパー内の気圧を急激に変動させることなく微粉末の払い落としを行うことができ、微粉末製造装置の微粉砕機の気流に悪影響を及ぼして操業条件を不安定にすることはない。また、製品の品質を低下させることなく微粉砕機内の清掃を容易に行えるようにすることができる。

発明を実施するための最良の形態

0010

図1は本発明の実施の一形態である微粉末回収装置を備えた気流分級式の微粉末製造装置の構成図、図2は本発明の実施の一形態を示す微粉末回収装置の構成図である。
気流分級式の微粉末製造装置は、原料を微粉砕し気流分級する微粉砕機1と、微粉砕された微粉末を空気と共に吸引して微粉砕機1から排出させる吸引ファン2と、吸引ファン2から送られた気流中の微粉末を回収する微粉末回収装置10と、吸引ファン2と微粉末回収装置10を接続する輸送管3とで構成されている。輸送管3の途中には、開閉バルブ4が設けられている。

0011

微粉末回収装置10は、ホッパーフレーム11で支持された2基の回収ホッパー12L、12Rを備えている。回収ホッパー12L、12Rは、内部気圧が高くなって膨らんだとき、上部が円筒状で下部が円錐状となる防水透湿性シートで外周が構成されており、その側面に形成された気流の流入口13L、13Rが、それぞれ切替バルブ14L、14Rを介して輸送管3に接続されている。
切替バルブ14L、14Rは、左右の回収ホッパー12L、12Rへの気流の供給を所定時間ごとに交互に切替えるためのものであり、一方が開のとき他方が閉となるように操作される。

0012

また、回収ホッパー12L、12Rの底部には、微粉末を取出して回収するための取出バルブ15L、15Rが設けられている。
回収ホッパー12L、12Rに使用する防水透湿性シートは、平均孔径が0.01〜10μm、好ましくは0.1〜1μmの範囲のものが良い。平均孔径が0.01μmより小さいと製造上の困難さを伴い、10μmより大きいと通気性が大きくなりすぎて微粉末が透過してしまうおそれがある。空孔率は50%より小さいと必要な透湿性の確保が困難であり、逆に98%を超えると膜の強度が低下してしまうため、空孔率は50〜98%、好ましくは60〜95%とするのが良い。

0013

微粉末製造装置において、微粉砕機1の内部には第一回転翼と第二回転翼(図示略)が所定距離互いに離隔した状態で取付けられており、微粉砕機用モータ5によって回転が与えられる。
微粉砕機1に投入された原料は、第一回転翼と第二回転翼の回転により粒子径の大きなもの程大きい遠心力が作用して周速の速い半径方向外周側集まり、主として粒子同士の摩砕により、また粒子同士の衝突による破砕も生じて微粉砕される。微粉砕により生じた微粉末は、吸引ファン2で吸引され、空気と共に輸送管3を経て微粉末回収装置10へ輸送される。

0014

切替バルブ14L、14Rは、輸送管3から左右の回収ホッパー12L、12Rへの気流の供給を所定時間ごとに交互に切替える。
微粉末回収装置10の回収ホッパー12L、12Rは、防水透湿性シートで構成されているので、微粉末を含む気流が流入すると、空気は防水透湿性シートを透過して回収ホッパー12L、12Rから大気中に流出し、微粉末は回収ホッパー12L、12Rの底部へ緩やかに降下する。

0015

切替バルブ14L、14Rの切替えで気流の供給が中止された回収ホッパー12L、12Rでは、底部に設けた取出バルブ15L、15Rを開いて、微粉末を取出し、製品として回収する。
気流の供給が中止されると、回収ホッパー12L、12Rの内部気圧が低下し防水透湿性シートが収縮変形するので、防水透湿性シートに付着していた微粉末は剥離されて底部へ落下する。微粉末を払落すために回収ホッパーに衝撃を与える必要はないので騒音振動は生じない。

0016

回収ホッパー12L、12R内の気圧を急激に変動させることなく微粉末の払い落としを行うことができるので、微粉末製造装置の微粉砕機1の気流に悪影響を及ぼして操業条件を不安定にすることはない。
切替バルブ14L、14Rが、回収ホッパー12L、12Rへの気流の供給を切替える際、気流の供給を中止する方の回収ホッパー12L、12Rへ、気流を短時間のうちに1〜数回断続的に供給すると、回収ホッパーの外周の膨らみと収縮が1〜数回繰り返して行われるので、微粉末の払い落としがより効果的に行われる。
切替バルブ14L、14Rによる気流の供給の切替えが行われる際に、若干の抵抗が発生するが、これは微粉砕機1の気流に悪影響を及ぼす程ではない。

0017

また、微粉末製造装置では、粉砕作業を終了するとき、微粉砕機1内の清掃を行うが、その直前に切替バルブ14L、14Rで、回収ホッパー12L、12Rへの気流の供給を切替えてから、吸引ファン2の回転はそのままで原料の供給を停止し、次に微粉砕機1の回転翼の回転数を徐々に落としながら圧気を導入する。
この切替操作により、清掃のときに排出される、完全には粉砕されていないものを含む低品質の微粉末は製品に混入せず、製品が捕集されていたものと異なる回収ホッパーで捕集されるので、製品の品質の低下が防止される。

図面の簡単な説明

0018

本発明の実施の一形態である微粉末回収装置を備えた気流分級式の微粉末製造装置の構成図である。
本発明の実施の一形態を示す微粉末回収装置の構成図である。

符号の説明

0019

1微粉砕機
2吸引ファン
3輸送管
4開閉バルブ
5 微粉砕機用モータ
10微粉末回収装置
11ホッパーフレーム
12L、12R回収ホッパー
13L、13R 流入口
14L、14R切替バルブ
15L、15R取出バルブ

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社日立ハイテクノロジーズの「 ウエハ搬送装置」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題】ウエハ搬送装置の性能を向上させる。【解決手段】ウエハ搬送装置10は、ウエハを搬送するロボット(搬送機構部)20と、天井部31、天井部31と対向する底部32、および天井部31と底部32との間に位... 詳細

  • アイ・ホーム株式会社の「 吸気口フィルタシステム」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題】火山灰が舞う地域において、建物の外壁に設けられた換気装置の故障や、室内に火山灰が侵入することを防止する吸気口フィルタシステムを提供すること。【解決手段】吸気口フィルタシステム1は、建物100の... 詳細

  • 株式会社アンレットの「 ヒューム回収機」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題】溶接作業を中断してフィルタ洗浄する作業を少なくするヒューム回収機を提供する。【解決手段】溶接トーチ24に着脱可能な吸引ノズル25を装着し、吸引ホース23に取付け、ヒューム粉塵の発生源となる溶接... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ