図面 (/)

技術 洋傘の支柱に骨の先端を収集する保持具

出願人 外立武義
発明者 外立武義
出願日 2004年3月31日 (16年10ヶ月経過) 出願番号 2004-132193
公開日 2005年10月20日 (15年4ヶ月経過) 公開番号 2005-288074
状態 拒絶査定
技術分野 杖,傘,扇
主要キーワード 帽子状 汎用ゴム 合成樹脂製シート 割出し 締り嵌め 乗り物 ホック 合成ゴム
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2005年10月20日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (6)

課題

本発明は洋傘支柱に洋傘の骨先収集する保持具であり、いかなる様式の洋傘にも対応できる保持具として提供することを目的とするものである。

解決手段

洋傘の骨先を支柱に収集してその外周の直径よりゆとりをつけて針金リング体を作り軟質汎用ゴム若しくは合成ゴムで吊状に形成しその裾部に前記リング体を包みこみ上部は洋傘の柄に締リ嵌めの保持筒を形成した保持具

概要

背景

従来洋傘支柱に骨の先端を収集する保持具は、洋傘の支柱に骨に嵌めこむ柄の端に金属の筒状のリング挿着させて上下に摺動させて収集遊離の操作をさせているが、様式が変わり保持具を組込まれた洋傘も少なくなっている。其の外に骨の上部の一箇所にを固着させ骨先を纏めて括りホック等で止めるものがある。保持具を組込まれた洋傘、保持具のない洋傘、ことごとく洋傘の布の中間に紐を付着しておき布を折り畳み付着した紐で括りホック等で止められている。

従来洋傘の骨の先端を収集する操作は、柄に取付られた金属の筒状のリングを上から下に摺動させて骨の先端を収集させてから布を折り畳まれ付着した紐で括りホックで止められていたが、柄が手軽に持てる様に細くなり、又骨の先端に帽子状ピースを固着される様に変り金属の筒状のリング体取付けができなくなり、保持具を取付けた洋傘は少なくなっている。洋傘を折り畳む順序として洋傘の骨先を収集して安定させて布に付着した雨水を払い除ける間をおいてから、折り畳み布に付着した紐で括る操作は順序だが、骨先を収集する保持具がないと雨水を付着した布を括る様になる。洋傘も支柱の中間にコイルばねが挿着されているのでコイルばねの弾性で骨の先端は完全に閉じることができずばらつく雨水が飛び散り手も汚れる、周囲に當り又絡みつくなどの迷惑がかかる。洋傘に使用されている金具にも悪い影響を与える。合成樹脂製シートの洋傘も雨水に濡れたまま折り畳むと雨水の張力張りつき開くのに手間がかかる。柄に取付られた金属の筒状のリングも雨水等に晒されたり衝撃などにより変形されて上下に摺動がきつくなり装着されても使用されなくなっている。本発明は保持具を組込まれた洋傘、保持具の装着されていない洋傘のそれぞれの障害を取り除くため洋傘の柄の大小に関係なくどんな様式の洋傘に挿着できる保持具の提供を目的とするものである。

概要

本発明は洋傘の支柱に洋傘の骨先を収集する保持具であり、いかなる様式の洋傘にも対応できる保持具として提供することを目的とするものである。 洋傘の骨先を支柱に収集してその外周の直径よりゆとりをつけて針金でリング体を作り軟質汎用ゴム若しくは合成ゴムで吊状に形成しその裾部に前記リング体を包みこみ上部は洋傘の柄に締リ嵌めの保持筒を形成した保持具

目的

洋傘を使用するのは降雨の際屋外に一歩踏み出してからはじまる。洋傘の支柱にコイルばねが挿着されて瞬時に開く様になっている。洋傘の骨の閉じる時も間をおかず瞬時に収集できる保持具を求められている。特に乗り物に乗る時など人混みに入る時などバラつく骨先を纏めて安定させて持つことは望ましいが保持具が備えられれておらず又保時具の不具合使用されずにいる。洋傘の柄の大小に関係なく又骨の先端のどんな様式にも対応でき安全に容易にして迅速に収集できる保時具を提供することを目的としている。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

洋傘シートを折り畳み骨の先端を支柱収集して、その外周の直径より余裕をつけて針金リング体製作する。軟質汎用ゴム若しくは合成ゴムで前記リング体を裾部としてリング体を包みこんで吊状体に形成する。吊鐘状体の頭部の中芯に洋傘の柄に締り嵌めの穴を明け締り嵌めの保持筒を形成する。吊鐘状体に形成した軟質の汎用ゴム体若しくは合成ゴム体を洋傘の柄に嵌めこみ包みこんだリング体は洋傘の骨の先端を収集できる位置にして固着する。リング体を上に持上げて洋傘の骨先を収集してリング体を下に落とすと骨先はリング体内に納まり安定する。リング体を上に持上げると軟質汎用ゴム若しくは合成ゴムは捲り上り洋傘の骨先は遊離する。軟質の汎用ゴム若しくは合成ゴムは復元力が作動するが包みこまれた針金のリング体で阻止される。軟質の汎用ゴム若しくは合成ゴムで裾部に針金のリング体を包みこんで吊鐘状に形成された頭部の中芯に洋傘の柄に締り嵌めの穴をあけ締り嵌めの保持筒を形成されたことを特徴とした洋傘の支柱に骨の先端を収集する保持具

技術分野

0001

本発明は洋傘支柱に骨の先端を収集遊離、する保持具に関するものである。

背景技術

0002

従来洋傘の支柱に骨の先端を収集する保持具は、洋傘の支柱に骨に嵌めこむ柄の端に金属の筒状のリング挿着させて上下に摺動させて収集遊離の操作をさせているが、様式が変わり保持具を組込まれた洋傘も少なくなっている。其の外に骨の上部の一箇所にを固着させ骨先を纏めて括りホック等で止めるものがある。保持具を組込まれた洋傘、保持具のない洋傘、ことごとく洋傘の布の中間に紐を付着しておき布を折り畳み付着した紐で括りホック等で止められている。

0003

従来洋傘の骨の先端を収集する操作は、柄に取付られた金属の筒状のリングを上から下に摺動させて骨の先端を収集させてから布を折り畳まれ付着した紐で括りホックで止められていたが、柄が手軽に持てる様に細くなり、又骨の先端に帽子状ピースを固着される様に変り金属の筒状のリング体取付けができなくなり、保持具を取付けた洋傘は少なくなっている。洋傘を折り畳む順序として洋傘の骨先を収集して安定させて布に付着した雨水を払い除ける間をおいてから、折り畳み布に付着した紐で括る操作は順序だが、骨先を収集する保持具がないと雨水を付着した布を括る様になる。洋傘も支柱の中間にコイルばねが挿着されているのでコイルばねの弾性で骨の先端は完全に閉じることができずばらつく雨水が飛び散り手も汚れる、周囲に當り又絡みつくなどの迷惑がかかる。洋傘に使用されている金具にも悪い影響を与える。合成樹脂製シートの洋傘も雨水に濡れたまま折り畳むと雨水の張力張りつき開くのに手間がかかる。柄に取付られた金属の筒状のリングも雨水等に晒されたり衝撃などにより変形されて上下に摺動がきつくなり装着されても使用されなくなっている。本発明は保持具を組込まれた洋傘、保持具の装着されていない洋傘のそれぞれの障害を取り除くため洋傘の柄の大小に関係なくどんな様式の洋傘に挿着できる保持具の提供を目的とするものである。

発明が解決しようとする課題

0004

洋傘を使用するのは降雨の際屋外に一歩踏み出してからはじまる。洋傘の支柱にコイルばねが挿着されて瞬時に開く様になっている。洋傘の骨の閉じる時も間をおかず瞬時に収集できる保持具を求められている。特に乗り物に乗る時など人混みに入る時などバラつく骨先を纏めて安定させて持つことは望ましいが保持具が備えられれておらず又保時具の不具合使用されずにいる。洋傘の柄の大小に関係なく又骨の先端のどんな様式にも対応でき安全に容易にして迅速に収集できる保時具を提供することを目的としている。

課題を解決ための手段

0005

本発明は上述の課題を達成するために洋傘のシートを折り畳み骨の先端を支柱に収集してその外周の直径より余裕をつけて針金でリング体を製作する軟質汎用ゴム若しくは合成ゴムで前記リング体を裾部として、リング体を包みこんで吊状体に形成する。吊鐘状体の頭部の中芯に洋傘の柄に締リ嵌めの穴を明け締リ嵌めの保持筒を形成する。吊鐘状体に形成した軟質の汎用ゴム体若しくは合成ゴム体を洋傘の柄に嵌めこみ包みこんだリング体は洋傘の骨の先端を収集できる位置にして固着する。リング体を指先にて上に持上げて洋傘の骨先を収集してリング体を下に落とすと骨先はリング体内に納まり安定する。リング体を上に持上げると軟質汎用ゴム若しくは合成ゴムは捲り上り洋傘の骨先は遊離する。軟質の汎用ゴム若しくは合成ゴムは復元力が作動するが包みこまれた針金のリング体で阻止される。軟質の汎用ゴム若しくは合成ゴムで裾部に針金のリング体を包みこんで吊鐘状に形成され頭部の中芯に洋傘の柄に締リ嵌めの穴をあけ締リ嵌めの保持筒を形成されたことを特徴とした洋傘の支柱に骨の先端を収集する保持具。

発明の効果

0006

洋傘の骨の先端を収集する保持具は洋傘の様式が変り取り除かれてきている。洋傘の柄に取付けられた金属の筒状のリング体の保持具は上下に摺動される関係で内筒外筒の隙間に精度を求められる洋傘の骨先の外周の直径から割出して金属の筒状の直径を求められて柄の大きさが決まる関係でスタイルが無視される。筒状も雨水に晒らされたり衝撃などにより変形すると摺動がきつくなる。洋傘の骨組の変形にも骨先の収集した外周にゆとりをとられていない関係で筒状のリング内に納めるのも手間がかかる。上述の障害などにより筒状のリングの保持具は取入れなくなってきている。保持具の装着されない洋傘は又いろいろと障害がある乗りものに乗る際など骨の先端が他に當るとか絡みつくなどの迷惑になることがある。幼い学童などの使用する際も注意して気配りが必要だ。本発明は洋傘の柄の大小に関係なく骨の先端の様式を選ばずに対応できる保持具として装着されるならば上述のいろいろな障害を避けられる。手に優しく簡単にして迅速に収集遊離することのできる効果のある保持具として提供できるものである。

発明を実施するための最良の形態

0007

図1〕は本発明の保持具を洋傘の骨先を収集して保持具内に納めて安定保持した形態を示す断面図

0008

図2〕は本発明の保持具を洋傘に装着して保持具を捲きリ上げて骨先を遊離させて洋傘を開いた断面図

図面の簡単な説明

0009

保持具を洋傘に装着して骨先を収集した形態を示す断面図保持具を洋傘に装着して骨先を遊離させ洋傘を開いた形態を示す断面図保持具の裾部に包み込む針金のリング体の正面図保持具の正面図保持具の側面図

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 尾関 哲也の「 傘の持ち手の先端の滑り止め」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題】傘をテーブルなどに引っ掛ける時、設置面が滑り、不安定になることを解消する。【解決手段】傘の持ち手1の先端に滑り止め2を付けたことを特徴とする。... 詳細

  • フジホーム株式会社の「 」が 公開されました。( 2020/12/10)

    【課題】ロアグリップ部又はアッパグリップ部のいずれか一方が損傷又は汚損した場合、その損傷等した部品を交換すれば済み、修理費用を低減でき、グリップのデザインのバリエーションを増やすことができる。【解決手... 詳細

  • 口野紘一の「 模様替え傘」が 公開されました。( 2020/12/10)

    【課題】傘本体の生地を簡単に交換する事を可能とする傘を提供する。【解決手段】傘本体の生地4を交換できるようにするため、傘本体の石突き1部をネジ式へ変更し、傘本体の生地4脱着を可能とする。生地4交換作業... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ