図面 (/)

技術 撮影日時連動挿絵付き名刺フォトカード印刷システム

出願人 株式会社サンクエスト株式会社ななせ
発明者 岡田光広
出願日 2004年3月20日 (16年3ヶ月経過) 出願番号 2004-120887
公開日 2005年9月29日 (14年9ヶ月経過) 公開番号 2005-269588
状態 未査定
技術分野 FAX原画の編集
主要キーワード 誕生石 携帯物 商業施設内 インクジェット型プリンタ 世界時計 縦横比率 写真サイズ 有名人
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2005年9月29日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (4)

課題

デジタルカメラ内に記録させた撮影画像撮影日時の情報を、名刺用紙印刷し、デジタルカメラ内の画像の比率と名刺用紙のサイズの比率の差から生じる余白に撮影日時と連動して印刷内容が挿し変わる事を可能にする。

解決手段

デジタルカメラ内に利用者が記録している撮影画像を名刺サイズの用紙に印刷し、デジタルカメラ内の撮影画像の縦横比率と名刺用紙のサイズの縦横比率の差から生じる余白に対し、撮影日時に連動した内容を合成し印刷するシステム及び方法を提供する。

概要

背景

近年、デジタルカメラの性能や機能は増加の一途にあり、携帯性の向上、画質の向上等、利用者に多大な便宜を供与しているといえる。

デジタルカメラ内に記録できるメディア等の情報量も著しく向上しており、デジタルカメラの利用者は、大量の撮影画像を記録させる事ができ、様々な撮影用途にデジタルカメラを利用しているといえる。

そのため、デジタルカメラによって記録された撮影画像は閲覧する用途以外に、印刷用途が要求されているといえる。

これらのデジタルカメラの撮影画像は、家庭にてメディア読み取り装置等を使って、パーソナルコンピュータに取り込み、そのコンピュータに接続されたプリンタ等を使った普通サイズの用紙への印刷する事や、写真として現像する事が普及し始めている。

また、撮影画像は印刷物として携帯する事は日常的であり、頻繁に携帯するサイズのものとして名刺のサイズは、財布等の他の収納機能のついた携帯物などの多くに対応しており、携帯するサイズとして普及しているといえる。

そのため、デジタルカメラ内のメディアに記録された撮影画像は印刷物として携帯する際に、名刺サイズに印刷する用途が考えられる。

概要

デジタルカメラ内に記録させた撮影画像や撮影日時の情報を、名刺用紙に印刷し、デジタルカメラ内の画像の比率と名刺用紙のサイズの比率の差から生じる余白に撮影日時と連動して印刷内容が挿し変わる事を可能にする。デジタルカメラ内に利用者が記録している撮影画像を名刺サイズの用紙に印刷し、デジタルカメラ内の撮影画像の縦横比率と名刺用紙のサイズの縦横比率の差から生じる余白に対し、撮影日時に連動した内容を合成し印刷するシステム及び方法を提供する。

目的

本発明の請求項1、請求項2、請求項3、請求項4、請求項5、請求項6、請求項7、請求項8、請求項9、請求項10、請求項11及び請求項12を実装したプログラムを用い、通信できるインクジェット型プリンタ及び昇華型プリンタ等の印刷装置を用い、専用の名刺用紙に印刷する事で本発明の目的とする

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

本発明は、デジタルカメラ内利用者が記録している撮影画像名刺サイズの用紙に印刷し、デジタルカメラ内の画像の縦横比率名刺用紙のサイズの縦横比率の差から生じる余白に対し、撮影日時に連動した内容を合成し印刷するシステム及び方法に関する。

請求項2

請求項1において、前記余白部分には撮影日時を印刷できる特徴を持つ。

請求項3

請求項1において、前記余白部分には撮影日をマークした月のカレンダーを印刷できる特徴を持つ。

請求項4

請求項1において、上記余白部分には、撮影日を日捲りカレンダーとして印刷できる特徴を持つ。

請求項5

請求項1において、上記余白部分には、撮影日時に関係する記念日や、その季節に合わせたイラストが印刷できる特徴を持つ。

請求項6

請求項1において、上記余白部分には、撮影の季節や時間帯、記念日によって、それに関係した背景、イラストが印刷できる特徴を持つ。

請求項7

請求項1において、上記余白部分には、撮影の年に関係する干支が印刷できる特徴を持つ。

請求項8

請求項1において、上記余白部分には、撮影の月又は日に関係する誕生石や花、星座が印刷できる特徴を持つ。

請求項9

請求項1において、上記余白部分には、撮影の時間帯によって背景が変わる特徴を持つ。

請求項10

請求項1において、上記余白部分には、撮影日と同じ月日に起きた過去の出来事有名人誕生日などの情報が入れられる特徴を持つ。

請求項11

請求項1において、上記余白部分には、撮影日の月齢が印刷できる特徴を持つ。

請求項12

請求項1において、上記余白部分には、撮影日の時間帯に連動し、地図付きの世界時計を印刷できる特徴を持つ。

請求項13

請求項1において、上記余白部分には、請求項2、請求項3、請求項4、請求項5、請求項6、請求項7、請求項8、請求項9、請求項10、請求項11及び請求項12を組み合わせて印刷できる特徴を持つ。

請求項15

請求項1において、本発明は一般の家庭や企業のパーソナルコンピュータアプリケーションソフトウェアとして組み込む事ができる特徴を持つ。

請求項16

請求項1において、本発明はキオスク端末として商業施設内に設置し、課金装置を搭載する事によって利用料金徴収できる事が可能な特徴を持つ。

発明の詳細な説明

技術分野

0001

本発明は、デジタルカメラ内利用者が記録している撮影画像を、名刺サイズの用紙に印刷し、デジタルカメラ内の画像の縦横比率と、名刺用紙のサイズの縦横比率の差から生じる余白に対し、撮影日時に連動してイラスト背景などが挿し変わるシステム及び方法に関する。

背景技術

0002

近年、デジタルカメラの性能や機能は増加の一途にあり、携帯性の向上、画質の向上等、利用者に多大な便宜を供与しているといえる。

0003

デジタルカメラ内に記録できるメディア等の情報量も著しく向上しており、デジタルカメラの利用者は、大量の撮影画像を記録させる事ができ、様々な撮影用途にデジタルカメラを利用しているといえる。

0004

そのため、デジタルカメラによって記録された撮影画像は閲覧する用途以外に、印刷用途が要求されているといえる。

0005

これらのデジタルカメラの撮影画像は、家庭にてメディア読み取り装置等を使って、パーソナルコンピュータに取り込み、そのコンピュータに接続されたプリンタ等を使った普通サイズの用紙への印刷する事や、写真として現像する事が普及し始めている。

0006

また、撮影画像は印刷物として携帯する事は日常的であり、頻繁に携帯するサイズのものとして名刺のサイズは、財布等の他の収納機能のついた携帯物などの多くに対応しており、携帯するサイズとして普及しているといえる。

0007

そのため、デジタルカメラ内のメディアに記録された撮影画像は印刷物として携帯する際に、名刺サイズに印刷する用途が考えられる。

発明が解決しようとする課題

0008

しかし、元来、デジタルカメラ内の撮影画像は一般的な写真サイズで出力し、携帯するのが日常である。

0009

元来、携帯物のサイズとして、頻繁に利用される名刺サイズは、デジタルカメラの撮影画像の縦横比が3:4に対して、名刺サイズが55:91と縦横比率が異なり、名刺サイズにデジタルカメラで撮影した画像を印刷した場合、名刺用紙の横側の約5分の1が余白になってしまう。

0010

本発明は上記課題に鑑みてなされたものであり、請求項1のデジタルカメラによる撮影画像を名刺サイズに印刷する際にできる余白部分を撮影日時や年に連動してイラストや背景等の印刷を可能とする。

課題を解決するための手段

0011

0012

デジタルカメラに搭載されたメディア等からコンピュータ及びキオスク端末に撮影画像を取り込み、その撮影日時の情報を取得し、本発明の請求項1、請求項2、請求項3、請求項4、請求項5、請求項6、請求項7、請求項8、請求項9、請求項10、請求項11及び請求項12を実装したプログラムを用い、通信できるインクジェット型プリンタ及び昇華型プリンタ等の印刷装置を用い、専用の名刺用紙に印刷する事で本発明の目的とする名刺サイズの印刷を可能とする。

発明を実施するための最良の形態

0013

図1図2図3は本発明のシステムの一つであり、キオスク端末にデジタルカメラの撮影画像の転送手段としてデジタルカメラに搭載された記録メディアをコンピュータに接続されたメディア読み取り装置より撮影画像を転送し、請求項10による撮影日と同じ月日に起きた過去の出来事を選択した場合の構成例を示す。

0014

図1は、上記システム例のチャートを示す。

0015

図2は、上記システム例の構成を示し、図中(8)は本発明のキオスク端末であり、(9)は本発明に搭載された記録メディア読み取り装置であり、(7)は記録メディアであり、(10)はデジタルカメラを示す。

0016

図3は、本実施例の印刷サンプルを示す。

0017

本発明のキオスク端末に付属するタッチパネル等の操作装置から操作し、デジタルカメラ内に記録されている撮影画像を受信準備状態にする。(1)

0018

本発明のキオスク端末とデジタルカメラを、記録メディアや、赤外線通信や、通信ケーブル等から取り込み可能にする。実施例では、デジタルカメラに搭載された記録メディアを、本発明のキオスク端末に搭載された記録メディア読み取り装置に挿入する。(2)

0019

本発明のキオスク端末に付属するタッチパネル等の操作装置から操作する事でデジタルカメラから撮影画像や撮影日時等の情報の転送を開始する。(3)

0020

本発明のキオスク端末に付属するタッチパネル等の操作装置から操作する事で、撮影日時に関連する余白部分へのデザイン等を選択し(4)印刷を決定する。(6)

発明の効果

0021

0022

撮影日時に連動したイメージを印刷する事によって撮影画像に付加価値を付ける事ができる。

0023

名刺サイズの用紙にデジタルカメラの撮影画像を印刷する事によって、携帯性が向上する。

図面の簡単な説明

本システムのチャートを示す。
本システムの構成例を示す。
本発明による印刷例を示す。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • キヤノン株式会社の「 画像形成装置」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】タブを有するような一様な矩形ではない様々な転写材に応じ最適な画像形成可能領域を設定することができる画像形成装置を提供する。【解決手段】原稿を読み取ることで第1の画像情報を得るための原稿読み取り... 詳細

  • 京セラドキュメントソリューションズ株式会社の「 画像形成装置及び画像形成方法」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】印刷対象の画像から所定のオブジェクト画像を削除して印刷することによりトナー消費量を削減し、かつユーザーが前記所定のオブジェクト画像を把握することが可能な画像形成装置及び画像形成方法を提供するこ... 詳細

  • 京セラドキュメントソリューションズ株式会社の「 画像形成装置」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】ユーザーの利便性を向上させる画像形成装置を提供する。【解決手段】画像形成装置1は、読取部20と、抽出部101と、割当部102とを備える。読取部20は、予め定められた順番で並べられている複数の読... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ