図面 (/)

技術 受信装置およびユーザ所望番組構成方法

出願人 パナソニック株式会社
発明者 小林利大古田晃一平林永行
出願日 2004年2月25日 (16年4ヶ月経過) 出願番号 2004-049962
公開日 2005年9月8日 (14年9ヶ月経過) 公開番号 2005-244472
状態 未査定
技術分野 TV送受信機回路 放送分配方式 TV信号の記録
主要キーワード 蓄積媒体内 現在構成 サスペンス 紹介データ デジタルテレビ受信装置 合計ポイント 番組情報検索 本受信装置
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2005年9月8日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (18)

課題

BS/CSデジタル放送CATV地上波デジタル放送により、ユーザには多くのコンテンツが提供されている。ユーザにとっては、多くのコンテンツの中から自分が視聴したいコンテンツを選び出すことは手間がかかる作業と言える。

解決手段

蓄積媒体を効率的に使うことにより、多くのコンテンツデータの中からユーザが視聴したいコンテンツデータだけを選出し、ユーザが視聴しやすいように、ユーザが所望するコンテンツデータだけで編成されたユーザ所望番組を構成するように構成された受信装置、およびユーザ所望番組構成方法である。

概要

背景

現在のデジタル放送では、BS/CSデジタル放送、CATV地上波デジタル放送等が行われており、ユーザに提供されるコンテンツが増加する傾向にある。ユーザにとっては、視聴できるコンテンツが多くなるにつれて、その膨大な量のコンテンツの中から自分が視聴したいコンテンツを選び出さなければならず、大変に煩わしいという問題が生じる。

このような問題を鑑みて、自動的にユーザが所望するコンテンツを検索し、該当するコンテンツだけを放送する技術が特許文献1において開示されている。この技術は、現在、デジタル放送で用いられているMPEG2−TS(Transport Stream)方式を利用したものである。このMPEG2−TS方式では、1本のトランスポートストリームの中に複数の映像音声パケット単位多重化して送信を行う。多重化を行う際、映像・音声以外にも、番組名、コンテンツの放送時間、番組内容紹介データ等の番組情報も同じストリーム内に多重化することが可能である。この番組情報に対してユーザが所望するコンテンツのジャンル、番組名を入力することによって、視聴するコンテンツを絞り込む。結果として、ユーザは所望するコンテンツデータを選出しやすくなる。

また近年、HDD(Hard Disk Drive)やDVD(DigitalVersatile Disk)に代表される蓄積媒体を備えた受信装置が開発されており、デジタル放送のストリームを番組情報も含めた形式蓄積することが可能となっている。これらの装置では、ユーザが所望するコンテンツの番組情報を受信装置側自動検索し、蓄積媒体に蓄える(例えば、特許文献2参照)。
特開平11−187324号公報(第6頁、第1図)
特開平11−196385号公報(第6−8頁、第1図)

概要

BS/CSデジタル放送、CATV、地上波デジタル放送により、ユーザには多くのコンテンツが提供されている。ユーザにとっては、多くのコンテンツの中から自分が視聴したいコンテンツを選び出すことは手間がかかる作業と言える。蓄積媒体を効率的に使うことにより、多くのコンテンツデータの中からユーザが視聴したいコンテンツデータだけを選出し、ユーザが視聴しやすいように、ユーザが所望するコンテンツデータだけで編成されたユーザ所望番組を構成するように構成された受信装置、およびユーザ所望番組構成方法である。

目的

本発明の目的は、このような問題に鑑みて、蓄積媒体を備え、ユーザが視聴したいコンテンツデータを自動で選出する機能を有する受信装置において、選出されたコンテンツデータから、ユーザが視聴したいように自動的にユーザ所望番組を構成する装置、および構成方法を提供することである。

効果

実績

技術文献被引用数
2件
牽制数
2件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

コンテンツデータおよび番組情報を受信するデータ受信部と、前記データ受信部で受信した前記コンテンツデータをデコードし、外部に出力するデコード・出力部と、蓄積媒体に前記コンテンツデータおよび番組情報を蓄える蓄積部とを備えた受信装置において、ユーザの嗜好を入力するためのユーザ嗜好入力部と、前記データ受信部で受信した前記番組情報に対して、前記ユーザ嗜好入力部で入力されたユーザ嗜好に合致するコンテンツデータを選出し、合致するコンテンツデータが存在しない時間帯では前記蓄積媒体内のコンテンツデータを選出するユーザ所望番組選出部とを備え、前記デコード・出力部では前記ユーザ所望番組選出部において選出されたコンテンツデータを独自のチャンネルとして出力することを特徴とする受信装置。

請求項2

さらに、ユーザが視聴可能な時間帯を入力するユーザ視聴時間入力部を備え、前記ユーザ所望番組選出部は、前記データ受信部で受信した前記番組情報に対して、前記ユーザ嗜好入力部で入力されたユーザ嗜好および前記ユーザ視聴時間入力部で入力された時間帯に合致するコンテンツデータを選出することを特徴とする請求項1に記載の受信装置。

請求項3

さらに、前記データ受信部において受信されたコンテンツデータを前記デコード・出力部に送出するかまたは前記蓄積部に送出するかを切り替えデータ出力切り替え部を備え、前記ユーザ所望番組選出部において選出されたコンテンツデータを前記蓄積部に送出して前記蓄積媒体に蓄えることを特徴とする請求項1または請求項2に記載の受信装置。

請求項4

さらに、前記蓄積媒体内のコンテンツデータ、番組情報に対して追加または削除を行った場合に、前記追加または削除されたコンテンツデータの番組情報を前記ユーザ所望番組選出部に通知する蓄積媒体変更通知部を備え、前記ユーザ所望番組選出部は、前記蓄積媒体変更通知部からの通知に従ってユーザ所望のコンテンツデータを再選出することを特徴とする請求項1から請求項3までのいずれかに記載の受信装置。

請求項5

さらに、前記ユーザ所望番組選出部によって選出されたコンテンツデータの番組情報を用いることにより、前記デコード・出力部において出力するコンテンツデータの情報リストであるユーザ所望番組リストを作成し、モニタに出力するユーザ所望番組リスト作成部を備え、電子番組情報に前記ユーザ所望番組リストを付加して表示することを特徴とする請求項1から請求項4までのいずれかに記載の受信装置。

請求項6

請求項4に記載の蓄積媒体変更通知部を備え、前記蓄積媒体変更通知部からのコンテンツデータの変更の通知を前記ユーザ所望番組選出部が受けた場合に、前記ユーザ所望番組リスト作成部は前記ユーザ所望番組リストを再編成することを特徴とする請求項5に記載の受信装置。

請求項7

受信されたコンテンツデータおよび蓄積媒体に蓄積されているコンテンツデータの中からユーザが所望する複数のコンテンツデータの再生する順序を構成するユーザ所望番組構成方法であって、前記受信されたコンテンツデータを優先的に再生し、ユーザが所望するコンテンツデータが再生されていない場合は、前記蓄積媒体に蓄積されているコンテンツデータを再生することを特徴とするユーザ所望番組構成方法。

請求項8

前記ユーザ所望のコンテンツデータを選出した結果、同一時間帯に複数のユーザ所望のコンテンツデータが選出された場合、そのうちの1つのコンテンツデータをリアルタイム放送し、その他のユーザ所望のコンテンツデータを前記蓄積媒体に蓄え、蓄えられたコンテンツデータはユーザ所望のコンテンツデータの放送空き時間に組み込むことを特徴とする請求項7記載のユーザ所望番組構成方法。

請求項9

リアルタイムで放送するユーザ所望のコンテンツデータを選出した結果、そのコンテンツデータの放送空き時間において前記蓄積媒体に蓄えられた各コンテンツデータを埋め込むには十分な放送空き時間がない場合、リアルタイムで放送予定のユーザ所望のコンテンツデータを前記蓄積媒体に蓄積することによって放送時間を遅らせ、前記蓄積媒体に蓄えられているコンテンツデータを組み込むための時間を確保することを特徴とする請求項7または請求項8に記載のユーザ所望番組構成方法。

請求項10

リアルタイムで放送するユーザ所望のコンテンツデータを選出した結果、そのコンテンツデータの放送空き時間において前記蓄積媒体に蓄えられた各コンテンツデータを埋め込むには十分な放送空き時間がない場合、前記蓄積媒体内のコンテンツデータを分割することによってユーザ所望のコンテンツデータの放送空き時間に組み込むことを特徴とする請求項7または請求項8に記載のユーザ所望番組構成方法。

請求項11

リアルタイムで放送するユーザ所望のコンテンツデータを選出した結果、そのコンテンツデータの放送空き時間において前記蓄積媒体に蓄えられた各コンテンツデータを埋め込む際に、各コンテンツデータに対して番組情報から優先度を付加することによって、前記蓄積媒体内のコンテンツデータの埋め込み方を変更することを特徴とする請求項9または請求項10記載のユーザ所望番組構成方法。

請求項12

ユーザ所望のコンテンツデータとして選出されている蓄積媒体内のコンテンツデータ、番組情報が削除された場合、削除されたコンテンツデータ以降のユーザ所望のコンテンツデータを再選出することを特徴とする請求項7から請求項11までのいずれかに記載のユーザ所望番組構成方法。

請求項13

蓄積媒体に新たなコンテンツデータ、番組情報が追加された場合、そのコンテンツデータをユーザ所望のコンテンツデータとして選出するかどうかを決定し、新たにユーザ所望のコンテンツデータを再選出することを特徴とする請求項7から請求項11までのいずれかに記載のユーザ所望番組構成方法。

技術分野

0001

本発明は、音声映像を含むマルチメディアコンテンツデータに、放送時間、番組名等を含む番組情報多重化された放送システムに関し、特に番組情報からユーザの所望するコンテンツデータを自動的に選出して放送する受信装置、およびユーザ所望番組構成方法に関するものである。

背景技術

0002

現在のデジタル放送では、BS/CSデジタル放送、CATV地上波デジタル放送等が行われており、ユーザに提供されるコンテンツが増加する傾向にある。ユーザにとっては、視聴できるコンテンツが多くなるにつれて、その膨大な量のコンテンツの中から自分が視聴したいコンテンツを選び出さなければならず、大変に煩わしいという問題が生じる。

0003

このような問題を鑑みて、自動的にユーザが所望するコンテンツを検索し、該当するコンテンツだけを放送する技術が特許文献1において開示されている。この技術は、現在、デジタル放送で用いられているMPEG2−TS(Transport Stream)方式を利用したものである。このMPEG2−TS方式では、1本のトランスポートストリームの中に複数の映像・音声をパケット単位で多重化して送信を行う。多重化を行う際、映像・音声以外にも、番組名、コンテンツの放送時間、番組内容紹介データ等の番組情報も同じストリーム内に多重化することが可能である。この番組情報に対してユーザが所望するコンテンツのジャンル、番組名を入力することによって、視聴するコンテンツを絞り込む。結果として、ユーザは所望するコンテンツデータを選出しやすくなる。

0004

また近年、HDD(Hard Disk Drive)やDVD(DigitalVersatile Disk)に代表される蓄積媒体を備えた受信装置が開発されており、デジタル放送のストリームを番組情報も含めた形式蓄積することが可能となっている。これらの装置では、ユーザが所望するコンテンツの番組情報を受信装置側自動検索し、蓄積媒体に蓄える(例えば、特許文献2参照)。
特開平11−187324号公報(第6頁、第1図)
特開平11−196385号公報(第6−8頁、第1図)

発明が解決しようとする課題

0005

しかしながら、上記特許文献2において開示されている技術のように自動録画機能を有する受信装置では、ユーザが所望したコンテンツデータを蓄積媒体に機械的に蓄積していくものであり、蓄積媒体内に蓄えられたコンテンツデータをユーザが視聴しやすいように構成する機能は実現されていない。

0006

また、コンテンツデータを蓄積する機能を有することによって、ユーザにとってはリアルタイムに放送されているものに加え、蓄積媒体内に蓄積されたコンテンツデータも視聴対象となることになる。つまり、ユーザが現在最も視聴したいコンテンツデータを探し出すことはますます困難になるといえる。

0007

本発明の目的は、このような問題に鑑みて、蓄積媒体を備え、ユーザが視聴したいコンテンツデータを自動で選出する機能を有する受信装置において、選出されたコンテンツデータから、ユーザが視聴したいように自動的にユーザ所望番組を構成する装置、および構成方法を提供することである。

課題を解決するための手段

0008

上記の目的を達成するために、本発明は以下の構成を採用した。

0009

本発明における第1の受信装置(請求項1相当)は、従来の受信装置が備えるデータ受信部、デコード・出力部および蓄積部に加え、ユーザ所望番組選出部およびユーザ嗜好入力部を備える。データ受信部では、複数の映像・音声を含むコンテンツデータと、番組名、番組内容等の番組情報が1つのストリームに多重化されたストリームデータを受信する。ユーザ嗜好入力部においてユーザが視聴したいコンテンツデータの番組名、コンテンツのジャンル等のユーザ嗜好を入力し、ユーザ所望番組選出部において、入力されたユーザ嗜好に従って上記番組情報を検索することによって所望のコンテンツデータをユーザ所望のコンテンツデータとして選出する。ユーザが所望するコンテンツデータが放送されていない時間帯には、蓄積媒体内の番組情報に対して、ユーザ嗜好に合致するコンテンツデータを検索し、合致するものが存在すればその番組情報に対応するコンテンツデータをユーザ所望のコンテンツデータとして組み込む。

0010

本発明における第2の受信装置(請求項2相当)は、上記第1の受信装置において、さらに、ユーザが視聴する時間帯を入力するためユーザ視聴時間入力部を備える。前記ユーザ所望番組選出部は、データ受信部で受信した番組情報に対して、ユーザ嗜好入力部で入力されたユーザ嗜好およびユーザ視聴時間入力部で入力された時間帯に合致するコンテンツデータを選出するように構成されている。ユーザ視聴時間入力部において入力されたユーザ視聴時間をユーザ所望番組選出部に通知することによって、番組情報検索の際、視聴時間にユーザが最も視聴したいコンテンツデータを優先的に選出する。

0011

本発明における第3の受信装置(請求項3相当)は、上記第1または第2の受信装置において、データ受信部において受信されたデータを蓄積媒体に蓄積するか、デコード・出力部に出力するかを切り替えデータ出力切り替え部を備える。データ出力切り替え部には、ユーザ所望番組選出部において選出された結果を受けて、選出されたコンテンツデータをデコード・出力部に送出しユーザ所望のコンテンツデータとして放送するか、蓄積部に送出して蓄積媒体に蓄積するかを切り替える。蓄積部に送出する場合は、蓄積されるコンテンツデータに対応する番組情報も共に蓄積する。

0012

本発明における第4の受信装置(請求項4相当)は、上記第1〜第3の受信装置において、蓄積媒体内のコンテンツデータに対して追加または削除を行ったことをユーザ所望番組選出部に通知するための蓄積媒体変更通知部を備える。蓄積媒体内のコンテンツデータをユーザが追加または削除した場合、その変更されたコンテンツデータの番組情報と、蓄積媒体内のコンテンツデータが変更されたという通知を、蓄積媒体変更通知部からユーザ所望番組選出部に対して送信する。その通知を受け取ったユーザ所望番組選出部はユーザ所望のコンテンツデータの再構成を行う。

0013

本発明における第5の受信装置(請求項5相当)は、上記第1〜第4の受信装置において、さらに、ユーザ所望のコンテンツデータの構成を示したユーザ所望番組リストを作成し、電子番組情報EPG)に付加して表示するためのユーザ所望番組リスト作成部を備える。ユーザ所望番組リスト作成部では、ユーザ所望番組選出部において選出されたコンテンツデータの番組情報を受け取り、ユーザ所望番組リストを作成する。

0014

本発明における第6の受信装置(請求項6相当)は、上記第4の受信装置の蓄積媒体変更通知部と上記第5の受信装置のユーザ所望番組リスト作成部とを備えた受信装置において、蓄積媒体内のコンテンツデータが変更された場合に、ユーザ所望番組リストを再構成する。蓄積媒体内のコンテンツデータをユーザが追加または削除した場合、その変更されたコンテンツデータの番組情報と、蓄積媒体内のコンテンツデータが変更されたという通知を、蓄積媒体変更通知部からユーザ所望番組選出部に通知する。蓄積媒体の変更通知を受けたユーザ所望番組選出部では、ユーザ所望のコンテンツデータの再構成を行う。再構成を行った結果、選出されたユーザ所望のコンテンツデータの番組情報をユーザ所望番組リスト作成部に通知することによって、更新されたユーザ所望番組リストが表示される。

0015

本発明における第1のユーザ所望番組構成方法(請求項7相当)は、ユーザが入力したユーザ嗜好に合致したコンテンツデータの番組情報を検索した結果から、ユーザ所望のコンテンツデータを構成する方法である。本方法では、データ受信部で受信されたコンテンツデータの番組情報を検索することにより、ユーザ嗜好に合致したコンテンツデータを選出し、時系列リスト化する。ユーザ所望のコンテンツデータの放送空き時間に蓄積媒体内のコンテンツデータを組み込むために、蓄積媒体内のコンテンツデータの番組情報を検索し、ユーザ嗜好に合致するコンテンツデータを選出する。選出された結果に従い、ユーザ所望のコンテンツデータの放送空き時間には選出された蓄積媒体内のコンテンツデータを組み込む。

0016

本発明における第2のユーザ所望番組構成方法(請求項8相当)は、上記第1のユーザ所望番組構成方法において、ユーザ所望のコンテンツデータを構成する際、放送時間が重なったコンテンツデータを選出した場合におけるユーザ所望番組構成方法である。データ受信部で受信されたコンテンツデータの番組情報を検索した結果、放送時間が重なったコンテンツデータを複数選出した場合、それらのコンテンツデータの中で最もユーザ嗜好に合致したコンテンツデータを選出する。その結果、選出されたユーザ所望のコンテンツデータは、リアルタイムで放送するものとし、それ以外のコンテンツデータと、それに対応する番組情報は蓄積媒体内に蓄えられるようデータ出力切り替え部に通知する。

0017

本発明における第3のユーザ所望番組構成方法(請求項9相当)は、上記第1、第2のユーザ所望番組構成方法において、蓄積媒体内のコンテンツデータを組み込むための放送空き時間が十分にない場合の番組構成方法である。ユーザ所望のコンテンツデータを時系列にリスト化し、その放送空き時間を計算する。蓄積媒体内のコンテンツデータの放送時間に対して、ユーザ所望のコンテンツデータの放送空き時間が短い場合は、先のユーザ所望のコンテンツデータの検索において選出されたコンテンツデータを一旦、蓄積媒体に蓄え、そのコンテンツデータの放送時間をずらすことによって蓄積媒体内のコンテンツデータを組み込むための時間を確保する。

0018

本発明における第4のユーザ所望番組構成方法(請求項10相当)は、上記第1のユーザ所望番組構成方法において、蓄積媒体内のコンテンツデータを組み込むための放送空き時間が十分にない場合の番組構成方法である。前記請求項7記載の構成方法において、ユーザ所望のコンテンツデータを時系列にリスト化し、その放送空き時間を計算する。蓄積媒体内のコンテンツデータの放送時間に対して、ユーザ所望のコンテンツデータの放送空き時間が短い場合は、蓄積媒体内のコンテンツデータの中から選出されたコンテンツデータを、時間的に分割することによってユーザ所望のコンテンツデータの放送空き時間に組み込む。

0019

本発明における第5のユーザ所望番組構成方法(請求項11相当)は、ユーザ所望番組においてリアルタイムで放送されるコンテンツデータが決定され、蓄積媒体内のコンテンツデータを埋め込む際に、番組情報とユーザ嗜好から、各コンテンツデータに優先度を付加することによって、蓄積媒体内のコンテンツデータの埋め込み方を変更する。

0020

本発明における第6のユーザ所望番組構成方法(請求項12相当)は、上記第6の受信装置においてユーザが蓄積媒体内のコンテンツデータを削除した場合に対するユーザ所望番組再構成方法である。本方法では、ユーザが蓄積媒体内のコンテンツデータを削除した通知を受けた場合、まず削除したコンテンツデータがユーザ所望番組に登録されているかどうかを判断する。ユーザ所望番組に登録されていなければ、ユーザ所望のコンテンツデータを再構成する必要はない。削除されるコンテンツデータがユーザ所望番組に登録されている場合は、削除されるコンテンツデータをユーザ所望番組から削除し、その時間をユーザ所望のコンテンツデータの放送空き時間とする。削除した結果、放送空き時間となった箇所には、前記第3〜第5の方法を用いることにより蓄積媒体内のコンテンツデータを組み込む処理を行う。

0021

本発明における第7のユーザ所望番組構成方法(請求項13相当)は、上記第6の受信装置においてユーザが蓄積媒体に対して新たなコンテンツデータを追加した場合に対する、ユーザ所望番組再構成方法である。本方法では、ユーザが蓄積媒体に対して新たなコンテンツデータを追加した場合、追加されたコンテンツデータの優先度をユーザ嗜好に照らし合わせることにより設定する。追加されたコンテンツデータがユーザ所望番組に登録するに値するものであれば、追加された時刻以降のユーザ所望のコンテンツデータを再構成する。なお、本方法においてコンテンツデータを追加する際は、常に番組情報も共に蓄積されるものとする。

発明の効果

0022

第1の受信装置によれば、ユーザは多くのコンテンツデータの中から自分が視聴したいコンテンツデータを探す手間なしに、自分が視聴したいコンテンツデータのキーワード(番組名、コンテンツのジャンル等)を入力するだけで、所望のコンテンツのみを視聴することができる。また、ユーザが所望するコンテンツデータが放送されていないときには、蓄積媒体内に蓄えられたコンテンツデータを自動的に視聴することが可能となる。

0023

第2の受信装置によれば、ユーザが視聴可能な時間帯を入力することにより、第1の受信装置より詳細な番組検索を行うことが可能となり、また、入力されたユーザ嗜好とユーザ視聴時間とを組み合わせることにより、時間帯によって視聴するコンテンツの種類を指定することが可能となる。

0024

第3の受信装置によれば、時間的に重なったユーザ所望のコンテンツデータが複数選出された場合において、ユーザ嗜好に最も合致したコンテンツを視聴しながら、その他のコンテンツデータを蓄積媒体に蓄えることにより、ユーザが所望したコンテンツを漏らさず視聴することが可能となる。

0025

第4の受信装置によれば、ユーザがユーザ所望番組に登録されているコンテンツデータを削除した場合や、新たなコンテンツデータを蓄積媒体に追加した場合においても、ユーザの手を煩わせることなく、ユーザ所望のコンテンツデータの再構成を行うことが可能となる。その効果の一例として、ユーザ所望番組にユーザ嗜好に合わないコンテンツデータが含まれていると判断した場合、そのコンテンツデータを削除するだけで、それ以降のユーザ所望のコンテンツデータの再構成を行うことが可能となる。

0026

第5の受信装置によれば、受信装置内で自動的に選出されたユーザ所望のコンテンツデータの今後の構成をあらかじめユーザ所望番組リストとして表示することにより、ユーザはユーザ所望のコンテンツを実際に視聴する前に、どのようなコンテンツが放送されるのかを知ることができる。また、ユーザはあらかじめユーザの嗜好に合うものでないと判断することができる。その結果として、新たなユーザ嗜好を入力すれば、ユーザ所望のコンテンツデータの再構成を行うことが可能となる。

0027

第6の受信装置によれば、ユーザの嗜好に合うように蓄積媒体に対してコンテンツデータを追加、削除し、その結果、ユーザ所望のコンテンツデータの構成が変更された場合において、ユーザは実際にユーザ所望のコンテンツを視聴する前に、ユーザ所望番組リストを参照するだけで、その後のユーザ所望のコンテンツデータの構成を知ることが可能となる。

0028

第1のユーザ所望番組構成方法によれば、ユーザは蓄積媒体内に蓄えられたコンテンツデータや、データ受信部で受信した多くのコンテンツデータの中から、自分の視聴したいコンテンツデータだけを選び出すことをせずに、自分の視聴したいコンテンツだけを視聴することが可能となる。

0029

第2のユーザ所望番組構成方法によれば、ユーザ嗜好に合致したコンテンツデータを選出した結果、時間的に重なったものが複数選出された場合、ユーザはそれらのコンテンツの何れも見逃すことなく視聴することが可能となる。

0030

第3または第4のユーザ所望番組構成方法によれば、ユーザが所望するコンテンツデータの放送空き時間がいかに短くても、なるべく放送空き時間が少なくなるように、またユーザがその時間帯に最も視聴したいコンテンツを放送できるように、ユーザ所望のコンテンツデータの構成を行うことが可能となる。

0031

第5のユーザ所望番組構成方法によれば、ユーザ所望のコンテンツデータの放送空き時間において蓄積媒体の組み込み方をユーザが指定する手間を省け、ユーザはユーザ嗜好を入力するだけで、自動的にユーザ嗜好に合った番組構成のコンテンツを視聴することが可能となる。

0032

第6のユーザ所望番組構成方法によれば、ユーザが蓄積媒体内のコンテンツデータを削除した場合、ユーザ所望番組に登録されているのにコンテンツデータが存在しないといった不具合が発生することなく、また、ユーザにとっては、ユーザ所望番組に嗜好に合わないコンテンツデータが存在した場合にそのコンテンツデータを削除するだけで、ユーザ嗜好により合致した番組構成を得ることが可能となる。

0033

第7のユーザ所望番組構成方法によれば、蓄積媒体に新たなコンテンツデータを追加した場合、追加されたコンテンツデータを含めたユーザ所望のコンテンツデータの再構成を行うことにより、ユーザはデータ受信部で受信したコンテンツデータを見逃すことなく、追加されたコンテンツを視聴することが可能となる。

発明を実施するための最良の形態

0034

以下、本発明にかかわる受信装置およびユーザ所望番組構成方法の実施の形態を図面に基づいて詳細に説明する。

0035

(第1の実施形態)
以下、図面を参照して、本発明の第1の実施形態に係わる受信装置について説明する。第1の実施形態における受信装置の構成を示すブロック図を図1に、そのときのユーザ所望番組構成方法の概念図を図2に示す。

0036

本実施形態の受信装置0100は、データ受信部0101、デコード・出力部0102、蓄積部0103、ユーザ嗜好入力部0104、ユーザ所望番組選出部0105からなる。データ受信部0101では、複数の映像・音声を含んだコンテンツデータと、番組名、番組放送時間、番組内容等のデータを含んだ番組情報を受信する。データ受信部0101で受信されたコンテンツは、デコード・出力部0102に送信される。デコード・出力部0102においては、データ受信部0101で受信されたコンテンツデータの中から、ユーザが指定するチャンネルのコンテンツデータだけを抜き出し、音声データは音声として、映像データは映像としてデコードされ、本受信装置0100から出力される。本受信装置0100に接続されるTVモニタスピーカ0106は、本受信装置0100内に取り込まれていてもよいし、外部に接続される形態でもよい。また、データ受信部0101で受信した番組情報は、ユーザ所望番組選出部0105に送信される。ユーザ所望番組選出部0105では、ユーザ嗜好入力部0104において入力されたユーザ嗜好に合致するコンテンツデータの番組情報を検索し、ユーザ嗜好に合致するコンテンツデータに対しては、ユーザ所望のコンテンツデータとしてデコード・出力部0102に通知する。

0037

図2の概念図において、ユーザ嗜好に合致したコンテンツデータは、番組リスト0201のリアルタイムコンテンツRTC-1およびRTC-2である。また、ユーザ所望番組選出部0105においてユーザ所望のコンテンツデータを選出した結果、ユーザ嗜好に合致するコンテンツデータが存在しない時間帯に対しては、蓄積部0103内の蓄積媒体に蓄えられているコンテンツデータ、およびその番組情報を検索し、ユーザ所望のコンテンツデータの放送空き時間に組み込んで放送するよう、デコード・出力部0102に通知する。通知を受けたデコード・出力部0102では、ユーザ所望番組選出部0105から指定されたコンテンツデータを外部に映像・音声として送出する。図2の概念図において、選出された蓄積媒体内のコンテンツデータはSC-1、およびSC-2である。最終的に作成されるユーザ所望番組は、0203に示したものとなり、ユーザは自分が所望したコンテンツを、自分が多くのコンテンツの中から探すことなく、視聴することが可能となる。

0038

また、図1の受信装置において、ユーザがユーザ所望のコンテンツを視聴する時間を入力するユーザ視聴時間入力部を付け加えた受信装置を図3に示す。符号0300〜0306までは、図1の0100〜0106の構成と同様である。新たに追加したユーザ視聴時間入力部0307では、ユーザ嗜好だけでなく、ユーザがユーザ所望のコンテンツを視聴する時間帯を入力するためのブロックである。ユーザ視聴時間を入力し、ユーザ嗜好と組み合わせることにより、ユーザが指定した時間帯によって選出するコンテンツデータのジャンルを変更することも可能となる。

0039

図4において、ユーザ視聴時間入力部0307とユーザ嗜好入力部0304とを用いてユーザ嗜好を入力した場合の1例を示す。図4では、ユーザ視聴時間をユーザ視聴時間Aと、ユーザ視聴時間Bに設定し、ユーザ視聴時間Aにおいては“スポーツ”“野球”というユーザ嗜好を設定し、ユーザ視聴時間Bにおいては、“映画”“サスペンス”というユーザ嗜好を設定した。本受信装置では、データ受信部0301で受信された番組情報から上記の“スポーツ”、“野球”、“映画”、“サスペンス”というユーザ嗜好に合致したコンテンツデータを選出し、それぞれのユーザ視聴時間のユーザ嗜好に合致したコンテンツデータを構成することが可能となる。なお、本発明では、入力するユーザ嗜好数、およびユーザ所望番組数は規定しない。

0040

ユーザ所望のコンテンツデータの構成方法について図5フローチャートを用いて説明する。ここでの説明は、データ受信部0101,0301で受信した番組情報からユーザ嗜好に合致したコンテンツデータを選出したものを入力とし、放送の放送空き時間となった時間帯に対して蓄積媒体内のコンテンツデータを組み込む方法を説明するものである。ステップS0501において、現在取得している番組情報を全て検索したかを判定する。現在取得している番組情報全てを検索したら構成処理終了、未検索部分が存在するならばステップS0502へ進む。ステップS0502では、現在構成されているユーザ所望番組において放送空き時間が存在するかを判定し、放送空き時間がなければ構成処理を終了し、一方、放送空き時間が存在すればステップS0503へ進む。ステップS0503では、現在構成しているユーザ所望のコンテンツデータの放送空き時間を計算し、ステップS0504において蓄積媒体内の番組情報から、蓄積媒体内に蓄えられているコンテンツデータの放送時間を取得する。ステップS0505において、放送空き時間と、蓄積媒体内のコンテンツデータの放送時間を比較し、放送空き時間内に収まるものがあれば、ステップS0506において、そのコンテンツデータをユーザ所望のコンテンツデータとして、その時間に登録する。放送空き時間に収まるものがなければ、ステップS0501に戻り、次の放送空き時間に組み込むための蓄積媒体内のコンテンツデータの検索を行う。放送空き時間に収まるコンテンツデータが複数ある場合には、その中で最もユーザ嗜好に合致したコンテンツデータを組み込むものとする。

0041

(第2の実施形態)
以下、図面を参照して、本発明の第2の実施形態に係わる受信装置について説明する。第2の実施形態における受信装置の構成を示すブロック図を図6に示す。

0042

本実施形態の受信装置は、上記の第1の実施形態の受信装置に、データの出力先を切り替えるためのデータ出力切り替え部0608を備えたものであり、その他のブロック構成は、図3に記載の符号0300〜0307と同様の構成である。

0043

データ出力切り替え部0608は、ユーザ所望番組選出部0605において選出された結果、そのコンテンツデータを蓄積部0603に送出するか、デコード・出力部0602に送出するかの切り替えを行う。

0044

このように構成することにより、ユーザ所望番組選出部0605において選出されたコンテンツデータをユーザが視聴できない場合等において、一旦、蓄積媒体に蓄積することが可能となり、ユーザにとってはユーザ所望のコンテンツデータを見逃すことを少なくすることが可能となる。その1例として図7を用いて説明する。

0045

図7の番組リスト0701においてリアルタイムコンテンツRTC-1,RTC-2の2つのコンテンツデータがユーザ嗜好に合致しユーザ所望のコンテンツデータとして選出された場合、放送時間が重なっているため、2つのコンテンツデータを同時に放送することは不可能である。本実施形態では、リアルタイムコンテンツRTC-1,RTC-2の各コンテンツデータの番組情報からユーザ嗜好により合致するものを選出し、リアルタイムで視聴したいものを優先的にリアルタイムで放送するようにユーザ所望番組に登録する。それ以外のコンテンツデータ(図7の場合、リアルタイムコンテンツRTC2)は、一旦、蓄積媒体0702に蓄積し、リアルタイムコンテンツRTC-1の放送が終了した後の時間帯で放送する。

0046

上記の方法で、ユーザ嗜好に合致したコンテンツデータをより多くユーザ所望番組0703として登録することができ、ユーザにとっては、嗜好に合ったコンテンツをより多く視聴することが可能になる。

0047

ユーザ嗜好の入力の際に、“リアルタイムでしか視聴しない”、また“必ず視聴したいので、後まわしでもよい”いうようなフラグを作成することによって、リアルタイム性が要求される、例えばニュースや、スポーツ番組を優先的にリアルタイムで視聴し、例えば映画や、ドラマのような、後まわしでもよいから、必ず視聴したいというものは蓄積媒体に蓄えてでも、必ずユーザ所望番組に登録するといったことも可能となる。

0048

以下では、第2の実施形態の受信装置を用いて、蓄積媒体内のコンテンツデータを放送空き時間に組み込む際、蓄積媒体内のコンテンツデータに対して十分な放送空き時間がなかった場合の操作方法を、図を用いて説明する。

0049

図8では、番組リスト0801から、ユーザ所望番組選出部0605においてリアルタイムコンテンツRTC-1およびRTC-2がリアルタイムで放送するユーザ所望のコンテンツデータとして選出されている。その後、リアルタイムコンテンツRTC-1,RTC-2の間の放送空き時間に、蓄積媒体0802内のコンテンツデータを組み込むとする。このとき、蓄積媒体0802内に蓄えられているどのコンテンツデータも、放送空き時間以上のものである。そのような場合において、リアルタイムに放送する予定のリアルタイムコンテンツRTC-2の優先度と、蓄積媒体0802内のコンテンツデータSC-2の優先度を比較し、もし、コンテンツデータSC-2の方がユーザ嗜好に合致すると判断した場合、またリアルタイムコンテンツRTC-2をリアルタイムで放送する必要がないと判断できた場合は、リアルタイムコンテンツRTC-2を一旦、蓄積媒体0802に蓄積することによって、コンテンツデータSC-2を組み込むための放送空き時間を確保することが可能となる。

0050

ここで言う優先度とは、ユーザ嗜好にどちらが合致しているかを表すものである。例えばユーザ嗜好入力部0604で入力されたユーザ嗜好1つ1つにポイントを付加し、各コンテンツに合致したユーザ嗜好の合計ポイントが多い方をより優先度の高いコンテンツデータであると判断しても良い。また、“このユーザ嗜好を含むコンテンツは必ずリアルタイムで視聴する”というような絶対条件を付け加えることも可能である。本発明は、ユーザ嗜好の種類、コンテンツデータの優先度の付け方に関しては制限を持つものではない。

0051

図8を用いて説明したユーザ所望番組構成方法に関して、図9のフローチャートを用いて説明する。ここでの説明は、データ受信部0601で受信したデータの中で、ユーザ嗜好に合致し、リアルタイムで放送するコンテンツデータを既に選出したユーザ所望のコンテンツデータを入力とする。

0052

ステップS0901において、現在取得している番組情報を全て検索したかを判定する。現在取得している番組情報全てを検索していたら構成処理を終了し、一方、未検索部分が存在するならばステップS0902へ進む。ステップS0902では、現在構成済みのユーザ所望番組において放送空き時間が存在するかを判定し、放送空き時間がなければ構成処理を終了し、一方、放送空き時間が存在すれば、ステップS0903へ進む。ステップS0903では、現在構成しているユーザ所望番組で次のリアルタイムコンテンツ(RTC)までの時間を計算し、ステップS0904において蓄積媒体内の番組情報から、蓄積媒体内に蓄えられているコンテンツデータの放送時間を取得する。ステップS0905において、放送空き時間と、蓄積媒体0802内のコンテンツデータの放送時間を比較し、放送空き時間に収まるコンテンツデータがあれば、ステップS0906においてそのコンテンツデータをユーザ所望のコンテンツデータのその時間に登録する。一方、放送空き時間に収まるものがなければ、ステップS0907において、現在の放送空き時間を決定しているリアルタイムコンテンツと蓄積媒体0802内のコンテンツデータの優先度を比較し、リアルタイムコンテンツよりもその時間において視聴したい蓄積媒体内コンテンツデータが存在した場合は、ステップS0908において、蓄積媒体0802内のそのコンテンツデータをその時間のユーザ所望のコンテンツデータとして登録し、放送時間をずらしたリアルタイムコンテンツは、ステップS0909において蓄積媒体0802内のコンテンツデータとして登録すると共に、実際にコンテンツデータを蓄積媒体0802に蓄える。一方、ステップS0907において、リアルタイムコンテンツよりも優先度の高い蓄積媒体内コンテンツデータが存在しなかった場合は、その放送空き時間に組み込むコンテンツデータは存在しないとして、ステップS0901に戻る。

0053

図9を用いて説明したユーザ所望番組構成方法では、一旦、蓄積媒体に蓄積されたリアルタイムコンテンツがユーザ所望のコンテンツデータとして選出されるかどうかは不明であるが、リアルタイムコンテンツを蓄積媒体に蓄える際、その優先度を高い値に設定するか、リアルタイムコンテンツに取って代わった蓄積媒体内のコンテンツデータ直後に放送することを表す情報を付加して蓄積することによって、リアルタイムコンテンツの放送時間が後回しになることを防ぐことも可能である。

0054

次に、蓄積媒体内のコンテンツデータに対して十分な放送空き時間がなかった場合の操作方法に関して、本発明で提案するもう1つの方法を、図を用いて説明する。

0055

図10は、番組リスト1001から、ユーザ所望番組選出部0105,0305,0605においてリアルタイムコンテンツRTC-1およびRTC-2がリアルタイムで放送するユーザ所望のコンテンツデータとして選出されている。その後、リアルタイムコンテンツRTC-1,RTC-2の間の放送空き時間に、蓄積媒体1002内のコンテンツデータを組み込むとする。このとき、蓄積媒体1002内に蓄えられているどのコンテンツデータも、放送空き時間以上のものである。そこで、蓄積媒体1002内のコンテンツデータの中から、ユーザ嗜好に合致するコンテンツデータを選出し、それらを放送空き時間に組み込める大きさに分割する。この分割によって、放送空き時間を埋めていくものである。図10では、蓄積媒体1002内から選出されたコンテンツデータをSC-2として、コンテンツデータSC-2をSC-2′とSC-2″とに分割することによって、リアルタイムコンテンツRTC-1,RTC-2の間の放送空き時間を埋めることを実現している。

0056

本方法では、蓄積媒体内のコンテンツデータが任意の大きさに分割できることが前提である。現在のデジタル放送で主に用いられているMPEG2−TS方式では、トランスポートストリームで送られてきたデータをエレメンタリーストリームES)形式まで落とし込み、そのエレメンタリーストリームをデコードすることによって、映像や音声、番組情報を取得している。このMPEG2−TS方式の放送では、映像や音声のデータをある程度の大きさで分割することが可能である。また、図10で説明したユーザ所望番組構成方法は、図1または図3で説明したデータ出力切り替え部を備えない受信装置でも実現できるものである。

0057

図10を用いて説明したユーザ所望番組構成方法に関して、図11のフローチャートを用いて説明する。ここでの説明は、データ受信部0101,0301,0601で受信したデータの中で、ユーザ嗜好に合致し、リアルタイムで放送するコンテンツデータがユーザ所望のコンテンツデータとして既に選出されているものとする。

0058

ステップS1101において、現在取得している番組情報を全て検索したかを判定する。現在取得している番組情報全てを検索していたら構成処理を終了し、一方、未検索部分が存在するならば、ステップS1102へ進む。ステップS1102では、現在構成済みのユーザ所望番組において放送空き時間が存在するかを判定し、放送空き時間がなければ構成処理を終了し、一方、放送空き時間が存在すれば、ステップS1103へ進む。ステップS1103において次のリアルタイムコンテンツまでの放送空き時間を取得し、ステップS1104において蓄積媒体内の番組情報から、蓄積媒体内に蓄えられているコンテンツデータの放送時間を取得する。ステップS1105において、放送空き時間と、蓄積媒体内のコンテンツデータの放送時間を比較し、放送空き時間に収まるコンテンツデータが存在すれば、ステップS1106においてそのコンテンツデータをユーザ所望のコンテンツデータのその時間に登録する。一方、放送空き時間に収まるものがなければ、ステップS1107において、蓄積媒体内のコンテンツデータの中で分割可能なコンテンツデータが存在するかを判定する。分割可能な蓄積媒体内コンテンツデータが存在すれば、ステップS1108においてそのコンテンツデータを分割し、ステップS1109において現在のリアルタイムコンテンツの前後に登録する。ステップS1107において、分割できる蓄積媒体内コンテンツデータが存在しない場合は、放送空き時間を埋めるコンテンツデータが存在しなかったとして、ステップS1101に戻り、次の放送空き時間の探索を行う。

0059

本実施形態の説明においては、図8図9のユーザ所望番組構成方法と図10図11のユーザ所望番組構成方法とは互いに別のものとして説明したが、上記の2つの方法を組み合わせて用いることも可能である。また、番組情報とユーザ嗜好を参照し、各コンテンツデータに対して視聴優先度を指定することによって、蓄積媒体内のコンテンツデータの組み込み方を自動的に変更することによって、ユーザに負担をかけずして、ユーザ嗜好に合致したコンテンツデータを得ることが可能となる。

0060

(第3の実施形態)
以下、図面を参照して、本発明の第3の実施形態にかかわる受信装置について説明する。第3の実施形態における受信装置の構成を示すブロック図を図12に示す。

0061

本実施形態の受信装置は、上記の第2の実施形態の受信装置に対して、蓄積媒体に対して新たなコンテンツデータが追加されたこと、および、蓄積媒体内のコンテンツデータが削除されたことを、ユーザ所望番組選出部1205に対して通知するための蓄積媒体変更通知部1209を備えたものであり、そのほかのブロック構成は、図6に記載の符号0600〜0608と同様の構成である。

0062

蓄積媒体変更通知部1209を備えることにより、ユーザが任意のタイミングで蓄積媒体内のコンテンツデータを削除した場合や、蓄積媒体内に新たなコンテンツデータを追加した場合においても、即座にユーザ所望のコンテンツデータを再構成することが可能となっている。

0063

以下では、蓄積媒体内のコンテンツデータを削除した場合と、蓄積媒体に新たなコンテンツデータを追加した場合について図を用いて説明する。

0064

まず、蓄積媒体内のコンテンツデータを削除した場合のユーザ所望番組再構成方法について説明する。図13は、蓄積媒体内のコンテンツデータで、ユーザ所望番組に登録されているコンテンツデータを削除した場合の、ユーザ所望番組再構成方法の概念図である。蓄積媒体1302内のコンテンツデータを削除する前は、番組リスト1301からユーザ所望番組1303が構成されていたものとする。ユーザによって、蓄積媒体1302内のコンテンツデータからコンテンツデータSC-2が削除された場合を想定する。コンテンツデータの削除後は、ユーザ所望番組において大きな放送空き時間が空いてしまうので、再構成する必要性が発生する。コンテンツデータSC-2を削除し、ユーザ所望のコンテンツデータの再構成を行った結果、新たなユーザ所望番組1304が再構成される。

0065

図13で説明した蓄積媒体内のコンテンツデータを削除した場合のユーザ所望番組再構成方法の手順を、図14に示したフローチャートにより説明する。本方法では、ユーザ所望のコンテンツデータが既に構成済みであることを想定している。ステップS1401において、削除された蓄積媒体内コンテンツデータは、ユーザ所望番組であるかを判定する。ユーザ所望番組でなければ、再構成を行う必要はなく、ユーザ所望番組再構成処理は終了する。削除された蓄積媒体内コンテンツデータがユーザ所望番組であれば、ステップS1402において、削除されたコンテンツデータをユーザ所望番組から削除する。ステップS1403において、次のリアルタイムコンテンツまでの放送空き時間を計算し、ステップS1404において蓄積媒体内コンテンツデータの放送時間を取得する。ステップS1405において、放送空き時間と蓄積媒体内コンテンツデータの放送時間とを比較し、放送空き時間に収まる蓄積媒体内コンテンツデータがあれば、ステップS1406においてその蓄積媒体内コンテンツデータをユーザ所望のコンテンツデータとして登録する。一方、放送空き時間に収まる蓄積媒体内コンテンツデータがなければ、その放送空き時間に組み込む蓄積媒体内コンテンツデータは存在しないとして、ユーザ所望番組再構成処理を終了する。

0066

図14のユーザ所望のコンテンツデータの再構成方法では、放送空き時間において組み込む蓄積媒体内コンテンツデータが存在しなかったら処理を終了するとしたが、図11の場合と同様にして、蓄積媒体内コンテンツデータを分割して、放送空き時間に組み込むことも可能である。

0067

次に、蓄積媒体に対して新たなコンテンツデータを追加した場合の再構成方法について説明する。図15は、新たなコンテンツデータを蓄積媒体に追加することによって、ユーザ所望のコンテンツデータを再構成する場合の構成方法を表した概念図である。

0068

蓄積媒体1502に対して、新たなコンテンツデータを追加する前は、番組リスト1501からユーザ所望番組1503が構成されていたものとする。ユーザによって、蓄積媒体1502に新たな蓄積媒体内コンテンツデータSC-4が追加された場合を想定する。また、図15に示した例は、コンテンツデータSC-4が追加された時間は、リアルタイムコンテンツRTC-1を視聴している間とする。ユーザによりコンテンツデータSC-4が追加された場合、蓄積媒体変更通知部1209により新たなコンテンツデータが追加されたことを通知されたユーザ所望番組選出部1205では、追加した時刻以降のユーザ所望のコンテンツデータを再構成する。再構成を行った結果、ユーザ所望番組は、新たなユーザ所望番組1504に更新される。

0069

図15で説明した蓄積媒体1502に対して新たなコンテンツデータを追加した場合のユーザ所望のコンテンツデータの再構成方法の手順を、図16に示したフローチャートにより説明する。本方法では、図14に示したフローチャート同様、ユーザ所望のコンテンツデータが既に構成済みであることを想定している。ステップS1601において、新たに追加されたコンテンツデータの番組情報からそのコンテンツデータの優先度を設定し、またユーザ所望番組1503に登録されているその他の蓄積媒体内コンテンツデータをユーザ所望番組から削除する。ステップS1602において、現在取得している番組情報を全て検索したかを判定する。全ての番組情報を検索していれば、再構成処理を終了する。番組情報の中でまだ未検索のものがあるならば、ステップS1603において次のリアルタイムコンテンツまでの放送空き時間を計算し、ステップS1604において蓄積媒体内の番組情報から優先度順を探索する。ステップS1605において、放送空き時間と蓄積媒体内コンテンツデータの放送時間とを比較し、放送空き時間に収まるコンテンツデータが存在するならば、ステップS1606においてその蓄積媒体内コンテンツデータをユーザ所望のコンテンツデータとして登録する。一方、放送空き時間に収まるコンテンツデータが存在しないならば、その放送空き時間に組み込む蓄積媒体内コンテンツデータは存在しないとして、ステップS1602に戻る。

0070

図16のフローチャートでは、放送空き時間に収まる蓄積媒体内コンテンツデータが存在しない場合は、次の放送空き時間に組み込む処理に移るものであったが、図9に示したように、リアルタイムコンテンツの放送時間を遅らせることによって、蓄積媒体内コンテンツデータの放送時間を確保する方法や、図11に示したように、放送空き時間に蓄積媒体内コンテンツデータを組み込むために、蓄積媒体内コンテンツデータを分割する方法を利用することも可能である。

0071

(第4の実施形態)
以下、図面を参照して、本発明の第4の実施形態にかかわる受信装置について説明する。第4の実施形態における受信装置の構成を示すブロック図を図17に示す。

0072

本実施形態の受信装置は、上記の第3の実施形態の受信装置に対して、ユーザ所望のコンテンツデータの構成を従来のEPGにユーザ所望番組リストとして出力するためのユーザ所望番組リスト作成部1710を備えたものである。ユーザ所望番組リストを表示することにより、ユーザは実際にユーザ所望のコンテンツを視聴することなく、ユーザ所望のコンテンツデータの構成を知ることができる。さらには、ユーザ所望のコンテンツデータの中にユーザの嗜好に合致しないコンテンツデータが含まれている場合は、そのコンテンツデータを削除して新たなユーザ所望のコンテンツデータを再構成することも可能となる。

0073

本発明にかかる受信装置は、複数の映像・音声(コンテンツ)、番組情報が多重化されたデータを受信し、その中からユーザが視聴したいと欲するコンテンツだけを取り出すことができる受信装置、例えばHDDを備えたデジタルテレビ受信装置等の用途に適用できる。

図面の簡単な説明

0074

本発明の第1の実施の形態における受信装置の構成を示すブロック図
第1の実施形態におけるユーザ所望番組構成方法の概念図
第1の実施形態においてユーザ視聴時間入力部を備えた場合の構成を示すブロック図
第1の実施形態においてユーザ視聴時間入力部を備えた場合のユーザ嗜好入力例
第1の実施形態におけるユーザ所望番組構成方法を示すフローチャート
本発明の第2の実施の形態における受信装置の構成を示すブロック図
第2の実施形態において同一時間帯にユーザ所望のコンテンツデータが重なっていた場合のユーザ所望番組構成方法の概念図
第2の実施形態においてリアルタイムコンテンツを時間的にずらすユーザ所望番組構成方法の概念図
第2の実施形態における図8の場合のユーザ所望番組構成方法を示すフローチャート
第2の実施形態において蓄積媒体内のコンテンツデータを分割するユーザ所望番組構成方法の概念図
第2の実施形態における図10の場合のユーザ所望番組構成方法を示すフローチャート
本発明の第3の実施の形態における受信装置の構成を示すブロック図
第3の実施形態における蓄積媒体内のコンテンツデータを削除した場合のユーザ所望番組再構成方法の概念図
第3の実施形態における図13の場合のユーザ所望番組再構成方法を示すフローチャート
第3の実施形態における蓄積媒体に対して新たなコンテンツデータを追加した場合のユーザ所望番組再構成方法の概念図
第3の実施形態における図15の場合のユーザ所望番組再構成方法を示すフローチャート
本発明の第4の実施の形態における受信装置の構成を示すブロック図

符号の説明

0075

0100,0300,0600,1200,1700受信装置
0101,0301,0601,1201,1701:データ受信部
0102,0302,0602,1202,1702:デコード・出力部
0103,0303,0603,1203,1703蓄積部
0104,0304,0604,1204,1704:ユーザ嗜好入力部
0105,0305,0605,1205,1705:ユーザ所望番組選出部
0106,0306,0606,1206,1706:TVモニタ・スピーカ
0307,0607,1207,1707:ユーザ視聴時間入力部
0608,1208,1708:データ出力切り替え部
1209,1709:蓄積媒体変更通知部
1710:ユーザ所望番組リスト作成部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 山口放送株式会社の「 同期放送用測定器」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】同期放送システムにおいて、放送品質の測定を容易にする技術を提供する。【解決手段】同期放送用測定器1において、二つのアンテナ41、51は、指向性を有し、それぞれが互いに異なる送信元から同期放送の... 詳細

  • 山口放送株式会社の「 同期放送用測定器」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】同期放送システムにおいて、放送品質の測定を容易にする技術を提供する。【解決手段】同期放送用測定器1において、二つのアンテナ41、51は、指向性を有し、それぞれが互いに異なる送信元から同期放送の... 詳細

  • 山口放送株式会社の「 同期放送用測定器」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】同期放送システムにおいて、放送品質の測定を容易にする技術を提供する。【解決手段】同期放送用測定器1において、二つのアンテナ41、51は、指向性を有し、それぞれが互いに異なる送信元から同期放送の... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ